過食嘔吐ブログ。 【過食嘔吐】吐くために食べてもいいと思う。その理由。

過食嘔吐~これまでの経緯や頻度・私が過食嘔吐をする理由~

過食嘔吐ブログ

他人に見られたくない姿は数あれど、「過食嘔吐している姿」は間違いなくベスト3に入る関口さなえです、皆さまごきげんよう! ここ20年くらい、付かず離れず、時に仲良く、過食嘔吐と付き合っています。 #過食嘔吐とは、常軌を逸する量をドガ食いして自己誘発的に嘔吐すること。 #正式には?こう呼ぶらしい Wikipedia: 毎日毎食の重症な方もいらっしゃるし、私のように、1年でゼロの時もあれば、週1,2回の時もあるというような、ライトな方?も実はたくさんいらっしゃると思います。 知らない方は、全く理解できない行為だと思うのですが、本人は結構ツライものだったりします。 激烈な過食嘔吐の体験談は本で読んだりするけれど、私くらいの過食嘔吐で苦しんでいる方もいらっしゃるかなと思いつつ、自分の過食嘔吐について書いて行きたい思います。 いわゆる砂糖中毒でもあります、えぇ。 今までの過食嘔吐歴 19歳でひとり暮らしを始めるまでは、多少の過食はあっても「嘔吐」までは至っていなかったと思いますが、20代半ばくらいで定着していたかなと。 直接的な引き金となることもあったのですが、プライベート過ぎるので控えておきます。 ただ、頻度は低く、年に多くても3,4回とか数える程で、そういえばこの一年、一度もなかったなぁという年もありました。 一方、週に2,3回という時期もありましたが、それはこれまで3,4回くらいで、ストレスに比例している感じです。 去年2019年前半は多発した ここ数年、精神状態があまり良くなかったので、やはり頻度は上がりました。 特に、今年に入って心の闇にメスを入れたことで、逆に無意識が活性化されて過食が増えました・・・それでも、嘔吐は週に1回、多くても2回程度だったと思います。 10日間の瞑想合宿に行ったのも、そういう繰り返しに疲れて、何かこう人知を超えたものにすがるような気持ちがあったからかもしれません。 ・ しかし、帰って来てからも過食嘔吐は続き、8月は常に過食していて、嘔吐の頻度も高くなってしまいました。 この頃から、過食したときその内容をメモに残す(自分を責める材料にはしない、ただただ機械的に記録する)ようにしてみました。 バウムクーヘン8個って! 私、スイッチ入ると食パン食べ出すんですよね・・・この日は1枚でよかった。 夫に過食嘔吐を告白した 夫に話す・・・これがどれだけのことなのかは、当事者じゃないと分からないと思うのですが、バンジージャンプ並み(やったことないけど)であることは確かです。 何事もキッチリと真面目な夫だし、「お菓子の食べ過ぎ」については、しばしば話題に上がっていたので、なおさら。 過食嘔吐の概要と、止めたくても止められなくて辛いこと、心の問題であること等説明し、過食を責めたり怒ったり(されたことないけど)するのは逆効果なので見守って欲しい、と伝えました。 黙って聴いてくれて、そっとしておいてくれる夫には感謝しかありません。 私にとってはものすごく大きな一歩でした。 「隠す」ことから精神的に解放されたこと、それ自体がとても大きかったです。 こんなこと知られたら、嫌われちゃう・・・とか、毎回思うのすごいストレスですから。 まあ、今でも派手に過食してしまった時は、お菓子の袋とか隠して捨てることもあるので、偉そうなことは言えませんが・・・少しずつ、そんな自分をも受け入れていくしかありません。 最後の過食嘔吐は去年2019年の10月 一番最後に嘔吐に至ったのは、10月に何もできなくなって家に引きこもり、こう、何もしてないのに涙が出る、みたいな状態の自分にヤバさを感じて、心療内科に行った日でした。 ・ この時 診察を終えて「理解してもらえなかった」という悲しみだけが残り、それも自業自得だという自責の念が積もって、源氏パイを一気に一袋全部食べちゃって・・・・・ 気持ち悪くなっても止まらないんですよ、多分、自傷行為的な快感があるんです、食べ物を口に運んでいる間。 9月は1度も嘔吐してなかったので、より自分に落胆し、ものすごく悲しい気持ちになりました・・・私なにやってるんだろう?バカなの?って。 でも、この日前後に「底」を打ち、心の学びや各種セラピーが少しずつ実を結んで来て、嘔吐は出ていません。 苦しみを抱えられるように~なぜ過食嘔吐するのか~ 放送大学の心理療法の授業で、カウンセリングの目指すところは、苦しみをなくすとか、感じないようにする、とかではなく「苦しみを抱えられるようになること」と学びました。 何らかの精神的苦しみに襲われる時、その「苦しみを感じること」から逃げるために過食をし、「過食の後悔」から逃げるために嘔吐し、そして「嘔吐の後悔」から自責の念にもがき苦しむ・・・ でも、 過食嘔吐を後悔している限り、そもそもの苦しみからは目を背け続けることができる。 私にとっては、体形云々より、これが過食嘔吐をする大きな理由だと思います。 であるならば、最初の時点で、苦しみを自分の感情として受け入れることができるなら、こんなおかしな展開にはならないはずなんです。 言うほど簡単にできることではないけれど、少しずつ、近づけていけたらなと思っています。 もし、あなたが摂食障害に悩んでいるなら、こちらおススメの記事です。 精神科医水島広子先生: この著書の一部が公開されているものですが、なんかホッとできると思います。

次の

過食嘔吐の神食材、鬼食材|摂食障害ブログ|食べ吐き、辞めました

過食嘔吐ブログ

過食嘔吐のメカニズムは? 過食症を持つ人の中でも、自分の容姿・スタイルの良さを常に追求していたいと思う人に特有な症状が、過食嘔吐です。 たくさん食べてしまったことから起きる罪悪感をなくすために、嘔吐をします。 本当のことをいうと…、嘔吐をすることで罪悪感がなくなることは稀なのですが、その悪循環が習慣化されてしまうと抜け出せなくなってしまうのです。 「過食をしてしまったから太るかもしれない…」、「それなら嘔吐をすれば大丈夫! 」、この流れが体に刻み込まれてしまうのが、過食嘔吐のメカニズムなのです。 過食嘔吐の危険性は? 過食嘔吐は不健康な行動だと一番分かっているのは、過食症にかかっている本人です。 本人自身も、嘔吐を無理やり続けていくことが、長期的に体の負担になっていることについては、きちんと分かっているのです… 嘔吐の後は気分がすっきりする…という人もいますが、嘔吐という行動自体が苦しくない…という人はいないはずです。 嘔吐はとても苦しいものです。 ですから、その危険については、本人がきちんと分かっている場合のほうが多いのです。 ちなみに過食嘔吐は、感染症や胃腸炎などによる嘔吐とはまったくの別物です。 感染症や胃腸炎などによる嘔吐は、体の自然なはたらきで行われます。 ですが過食嘔吐は、体の自然なはたらきで行われるわけではありません。 人間の体は、摂取した栄養をきちんと吸収するようにできています。 生物としての自然なプロセスです。 ですが過食嘔吐は、この自然なプロセスと逆行したことをしています。 食道を傷つけますし、胃にも負担が大きくかかります。 将来的には、胃や食道の病気を起こしてしまう危険があります。 また、嘔吐の際には、胃酸のせいで歯が傷付き、虫歯になりやすくなります。 スポンサーリンク 摂食障害における嘔吐の位 置付けは? 「過食嘔吐」という言い方が一般的になされますが、実際には拒食症の人でも嘔吐はします。 体に食べ物が入ることを拒絶する手段として、嘔吐はよく行われるものなのです。 拒食症の人が全く食べ物を食べなくなる段階までに、嘔吐は繰り返される可能性もあります。 従って、 過食症から拒食症に一変してしまうことは珍しくありません。 必然的な結末…ということになります。 過食嘔吐が、拒食症の兆候になる場合もあるので、嘔吐の症状は絶対に見逃すことはできないのですね。 過食嘔吐の克服法は? 一般的には、一回分の食事量を調節すれば治る…と言われていますがそう簡単にはいきません。 「一回分の食事量が少なくなれば、たくさん食べた気はしなくなるはず…。 それならば、嘔吐はしなくなる…」という考え方は、とても合理的です。 ですが、摂食障害の人は過食症の人も拒食症の人も関係なく、食堂で出される一人前の食事であっても、量が多く感じるのです。 食事の量を変えることは、嘔吐の克服法にはつながりにくいのです。 嘔吐を繰り返すことで、体はぼろぼろになってきます。 そんな中で起きてくる症状のひとつが慢性疲労です。 この慢性疲労は、嘔吐によって起きてしまっているもので、嘔吐をやめると回復するのです。 嘔吐を止めるためには、今起きている別の症状にも目を向ける必要があります。 「慢性疲労から抜け出すために、嘔吐をやめる必要がある…」、そう意識付けをするのが、嘔吐をやめるきっかけになります。 過食嘔吐は、食べた分のカロリーをなかったことにするために行われるものです。 ですが嘔吐をしたら、食べた分のカロリーがなくなって終わるわけではないのです。 すっきりするのは嘔吐の直後だけで、嘔吐には重大な「副作用」がたくさんあるのです。 慢性疲労や頭痛などがついてまわります。 過食嘔吐をやめるには、専門医の指導が必要です。 また、綿密な治療計画も必要になります。 ですから、お医者さんの受診は不可欠です。 かかりつけ医から、摂食障害専門の先生がいる病院を紹介していただき、そこで嘔吐をやめる治療プランを練っていただくのがベストです。 過食嘔吐をひとりで治すことは難しいです。 更に症状を泥沼化させてしまいかねません。 まとめ 過食症の治療には、自分が過食症だと自覚することからまず始まります。 嘔吐の症状があるならば、自分が過食症であると認めなければなりません。 そのためにはやはり病院へ行かなければなりません。 それから、この記事は、お医者さんの治療の代わりになるものではありません。 ですので、きちんとした診断をいただた上で、治療計画を練ってもらってください。 おすすめ記事: スポンサーリンク.

次の

過食嘔吐~吐きやすい食べ物~

過食嘔吐ブログ

他人に見られたくない姿は数あれど、「過食嘔吐している姿」は間違いなくベスト3に入る関口さなえです、皆さまごきげんよう! ここ20年くらい、付かず離れず、時に仲良く、過食嘔吐と付き合っています。 #過食嘔吐とは、常軌を逸する量をドガ食いして自己誘発的に嘔吐すること。 #正式には?こう呼ぶらしい Wikipedia: 毎日毎食の重症な方もいらっしゃるし、私のように、1年でゼロの時もあれば、週1,2回の時もあるというような、ライトな方?も実はたくさんいらっしゃると思います。 知らない方は、全く理解できない行為だと思うのですが、本人は結構ツライものだったりします。 激烈な過食嘔吐の体験談は本で読んだりするけれど、私くらいの過食嘔吐で苦しんでいる方もいらっしゃるかなと思いつつ、自分の過食嘔吐について書いて行きたい思います。 いわゆる砂糖中毒でもあります、えぇ。 今までの過食嘔吐歴 19歳でひとり暮らしを始めるまでは、多少の過食はあっても「嘔吐」までは至っていなかったと思いますが、20代半ばくらいで定着していたかなと。 直接的な引き金となることもあったのですが、プライベート過ぎるので控えておきます。 ただ、頻度は低く、年に多くても3,4回とか数える程で、そういえばこの一年、一度もなかったなぁという年もありました。 一方、週に2,3回という時期もありましたが、それはこれまで3,4回くらいで、ストレスに比例している感じです。 去年2019年前半は多発した ここ数年、精神状態があまり良くなかったので、やはり頻度は上がりました。 特に、今年に入って心の闇にメスを入れたことで、逆に無意識が活性化されて過食が増えました・・・それでも、嘔吐は週に1回、多くても2回程度だったと思います。 10日間の瞑想合宿に行ったのも、そういう繰り返しに疲れて、何かこう人知を超えたものにすがるような気持ちがあったからかもしれません。 ・ しかし、帰って来てからも過食嘔吐は続き、8月は常に過食していて、嘔吐の頻度も高くなってしまいました。 この頃から、過食したときその内容をメモに残す(自分を責める材料にはしない、ただただ機械的に記録する)ようにしてみました。 バウムクーヘン8個って! 私、スイッチ入ると食パン食べ出すんですよね・・・この日は1枚でよかった。 夫に過食嘔吐を告白した 夫に話す・・・これがどれだけのことなのかは、当事者じゃないと分からないと思うのですが、バンジージャンプ並み(やったことないけど)であることは確かです。 何事もキッチリと真面目な夫だし、「お菓子の食べ過ぎ」については、しばしば話題に上がっていたので、なおさら。 過食嘔吐の概要と、止めたくても止められなくて辛いこと、心の問題であること等説明し、過食を責めたり怒ったり(されたことないけど)するのは逆効果なので見守って欲しい、と伝えました。 黙って聴いてくれて、そっとしておいてくれる夫には感謝しかありません。 私にとってはものすごく大きな一歩でした。 「隠す」ことから精神的に解放されたこと、それ自体がとても大きかったです。 こんなこと知られたら、嫌われちゃう・・・とか、毎回思うのすごいストレスですから。 まあ、今でも派手に過食してしまった時は、お菓子の袋とか隠して捨てることもあるので、偉そうなことは言えませんが・・・少しずつ、そんな自分をも受け入れていくしかありません。 最後の過食嘔吐は去年2019年の10月 一番最後に嘔吐に至ったのは、10月に何もできなくなって家に引きこもり、こう、何もしてないのに涙が出る、みたいな状態の自分にヤバさを感じて、心療内科に行った日でした。 ・ この時 診察を終えて「理解してもらえなかった」という悲しみだけが残り、それも自業自得だという自責の念が積もって、源氏パイを一気に一袋全部食べちゃって・・・・・ 気持ち悪くなっても止まらないんですよ、多分、自傷行為的な快感があるんです、食べ物を口に運んでいる間。 9月は1度も嘔吐してなかったので、より自分に落胆し、ものすごく悲しい気持ちになりました・・・私なにやってるんだろう?バカなの?って。 でも、この日前後に「底」を打ち、心の学びや各種セラピーが少しずつ実を結んで来て、嘔吐は出ていません。 苦しみを抱えられるように~なぜ過食嘔吐するのか~ 放送大学の心理療法の授業で、カウンセリングの目指すところは、苦しみをなくすとか、感じないようにする、とかではなく「苦しみを抱えられるようになること」と学びました。 何らかの精神的苦しみに襲われる時、その「苦しみを感じること」から逃げるために過食をし、「過食の後悔」から逃げるために嘔吐し、そして「嘔吐の後悔」から自責の念にもがき苦しむ・・・ でも、 過食嘔吐を後悔している限り、そもそもの苦しみからは目を背け続けることができる。 私にとっては、体形云々より、これが過食嘔吐をする大きな理由だと思います。 であるならば、最初の時点で、苦しみを自分の感情として受け入れることができるなら、こんなおかしな展開にはならないはずなんです。 言うほど簡単にできることではないけれど、少しずつ、近づけていけたらなと思っています。 もし、あなたが摂食障害に悩んでいるなら、こちらおススメの記事です。 精神科医水島広子先生: この著書の一部が公開されているものですが、なんかホッとできると思います。

次の