相撲 送り吊り落とし。 吊り落とし

吊り落とし

相撲 送り吊り落とし

相撲のルール 相撲のルールはシンプルです。 相撲をする人は「 力士」、相撲の試合は「 取組」といいます。 取り組みでは、 廻しを締めたふたりの力士が競い合って勝敗を決めますが、それには3つのパターンがあります。 ひとつは、 相手に土俵の外に足を置かせること、もうひとつは 相手に足以外の場所を土に触らせること 、そして 反則をした場合 は負けとなります。 判定は、「 行司」と呼ばれる審判が行います(アマチュア相撲では主審)。 一般的には勝敗は1分以内に決まりますが、 相撲にはレスリングやボクシングのような重量制限がないので、体重差が倍ほどもある力士同士が取組をする場合もあり、勝負が決まるまでに数分かかる場合もあります。 相撲をするためのリングは、「土俵」と呼ばれ、リングの直径は4.55メートルで、高さは0.6メートル、土俵の上には神道の神社のような屋根があります。 相撲のトーナメントは「 場所」と呼ばれ、その中でもプロのトーナメントは「 本場所」と呼ばれて、 1年間に6回あります(東京では3回、大阪、名古屋、九州ではそれぞれ1回)。 場所は 15日間続き、力士たちは1日1回の取り組みをし、場所の終わりに最も多く勝利した力士が 優勝力士となります。 試合開始から決定には決まった流れがあります。 「塵を切る」「手水(ちょうず)を切る」とも言います。 「 私は武器を持っていません、素手で正々堂々と勝負します」という意味だそうです。 立ち会いが成立するまで繰り返す。 仕切りは何度行ってもよいが、HNKのラジオ放送の放送時間の都合上、現在の制限時間は 幕内4分、十両3分 と決められています。 また、繰り返さなくても良いです。 この「 立会い」は、世界では見られない、日本独自の方法で、その開始は 両者の暗黙の合意だけで決まります。 仕切りを繰り返すうちに、両者の気合いが乗り、 共にその気になった瞬間に立ち上がるのが本来の形で、行司は一般のスポーツのように開始を宣言するのではなく、確認するだけです。 相手の体のうちで、 足の裏以外の部分を土俵の土に触れさせた場合。 投げて背中を着けても、引っ張って掌を着けてもよく、極端な場合には相手の髪の毛が着いてもその時点で相手の負けが決まります。 相手を土俵の外に出した場合。 相手の体の一部が土俵の外の地面に着いた時点で勝ちが決まる。 以上が相撲のルールです。 思った以上にシンプルなんですね。 大相撲の番付• 横綱 最高の地位。 いなくてもよい。 大関 2番目に優秀な地位。 必ず1名はいます。 関脇 東西に1名ずつ。 必ず1名はいます。 小結 東西に1名ずつ。 必ず1名はいます。 前頭 東西1~ 16枚目まで32名。 小結以上の力士数によって前頭の枚数は違います。 十両 東西1~ 13枚目まで26名。 正式には「十枚目」と言います。 幕下 東西1~ 60枚目まで120名。 三段目 東西1~ 100枚目まで200名。 序二段 約350名。 人数は固定していません。 力士数が最も多い• 序ノロ 約100名。 人数は固定していません。 昇・降格は、 番付編成会議で決定され、基本的には 勝ち越せ(15場所中8勝以上)ば上がり、負け越せ(15場所中7勝以下)ば下がる、いう仕組みになっていますが、同じ地位で同じ成績をあげても、他の力士の成績との兼ね合いによる運不運が生じて、特に十両や幕内、三役への昇進のかかるケースもあり、問題視されています。 大相撲ではこの 「番付」が全てと言っても良いほどで、階級によって給料だけでなく、待遇も大きく異なっています。 階級別の給料と待遇の違い 給料は月給制で、十両以上の力士に支給され、幕下以下にはないそうです。 月給の内訳は、「基本給」と「手当」に分かれており、これを合わせた額は次のようになっています。 ・横綱:2,820,000円 ・大関:2,347,000円 ・三役:1,693,000円 ・平幕:1,309,000円 ・十両:1,036,000円 力士の収入は、月給や褒賞金など協会から公表されているもの以外に、協会の理事会の裁断によるものや公表されていないもの、タニマチと呼ばれる後援者からのご祝儀などがあって、全貌をとらえるのは大変難しく、正確にいくらかわかりませんが、目安として月給はこのくらいと考えていいようです。 また、褒賞金は 以下の金額を4000倍したものが支払われるそうです。 ・ 十両以上の力士は大銀杏を結えるが、幕下以下は、原則として結えない。 幕下以下はチョンマゲだけ。 ・序ノロと序二段は冬でもウールー重の着物だけで、 マフラーやコートは幕下以上の力士だけが着用できる。 場所入りも十両以上は着物だが、幕下以下は浴衣。 ・ 幕下以上の力士だけが足袋だが、三段日以下は素足。 履物も、序ノロと序二段は素足の下駄で、三段日以上は雪駄。 ・土俵で締める廻し(締め込み)は、幕下以下は土俵でも稽古廻しと同じものを締めるが、 十両以上は稽古廻しと異なる締め込みを締めることができる。 また、 十両以上の締め込みは「絹」でできている。 ・ 十両以上の力士だけが土俵入りできる。 ・ 十両以上には付け人がつくが、幕下以下にはつかない。 本場所では十両で2~3人、幕内で2~5人、横綱で7~10人以上の付け人がつく。 このように、階級によって待遇の違いがあります。 これは日々の稽古にも身が入りますよね。

次の

相撲の決まり手はいくつあるの?珍しいものやド派手なものも含めて一覧を紹介

相撲 送り吊り落とし

平成19年大相撲秋場所12日目、小結安馬(8勝3敗)が、新入幕の前頭14枚目豪栄道(10勝1敗)を「送り吊り落とし」で土俵に叩きつけたのは、三役の意地を見せる豪快な相撲には違いないが、私は、朝青龍の意図的な「吊り落とし」を常々不快に思っていたので、「安馬よ、おまえもか」と失望した。 たかが新入幕力士に対して、小結が、「三役の意地」もないだろう。 相撲好きの私の念頭には、「吊り」といえば、明歩谷清(関脇・昭和44年引退)の得意技、決まり手の見本のような美しい「吊り出し」しか存在しない。 高々と吊り上げて、徳俵の外へ運ぶのである。 大相撲では、技に、力強さや敏捷さだけでなく、品格が伴わなければならない、と私はいつも望んでいる。 「どうだ」と言わんばかりの強引な見せつけは見苦しいだけである。 初代若乃花幹士(元横綱・昭和37年引退)の「呼び戻し」は、「どうだ」の典型的な技だった。 格段に力の差がある力士を相手に、「どうだ」と威張ってどうだというのか。 大関・関脇を相手に使ってみろと言いたい。 「呼び戻し」は、「仏壇返し」ともいい、投げを打つと見せて、相手力士を自分に呼び込んでおいて、差し手を突きつけて後方へひっくり返す豪快なな技である。 初代若乃花幹士の場合は、強引さだけが目立ち、品格もなにもなかった。 強さを見せつける意図しか感じられない。 現役力士の中で、勝てば何でもよいとばかりに、強引な危険技を平気で使うのは魁皇博之(大関)である。 力まかせの「小手投げ・きめ出し・逆とったり」で、どれほどの力士が怪我を負わせられたことか。 いま、尾羽打ち枯らして引退寸前の姿を見ても、同情する気にはならない。 <写真は、いずれも、雑誌『相撲10月号』第56巻10号(ベースボール・マガジ ン社)からの転載>.

次の

相撲技名・相撲技一覧

相撲 送り吊り落とし

吊り落としといえば、かつて寺尾の張り手に怒った千代の富士の豪快な吊り落としがありました。 後ろから抱え上げて叩き落とすような吊り落とし。 日馬富士も新入幕で優勝争いに加わっていたときの豪栄道を、後ろから叩き落としたことがありましたね。 朝青龍の吊り落としもすぐに思い浮かびますが、これは両差しになってから、さらに下手を深く引き直し、相手の斜め後ろ気味のところから吊り落とすものです。 一見豪快な荒業のようですが、正直ピンとこないのです。 それは後ろを制したり、両差しからだったりと、完全に有利な体勢で決めているからです。 まったく五分の四つ身の体勢で真正面から吊り落としてこそ、本物の豪快な荒業といえるでしょう。 「 東北の暴れん坊」、 陸奥嵐の吊り落としは本物の荒業でした。 昭和42年春場所新入幕、いきなり13勝を上げます。 177cm・115kgは当時としても大きい方ではありませんでしたが、相手を組みとめると、ほぼ真上に吊り上げるのが得意技。 この体勢で、本当にいきなりという感じで正面に放り投げてしまうのですから、豪快無比。 若手の頃から少し老け顔で、いつも不機嫌そうな表情は、まさに暴れん坊と呼ぶにふさわしいものでした。 河津掛けも強烈で、後ろにつかれた絶体絶命の体勢から強引に左足を掛け、踏ん張るところを右から真後ろに突き倒すように決め、やられた相手は派手な弧を描いて裏返しになりました。 「足を掛けたら、自分から倒れ込むように決める」、ということなのですが、「相手は痛いので、我慢できずに倒れる」ようですね。 相手が痛がるのがうれしそうなのは、さすが「東北の暴れん坊」です。 吊り落としの画像も痛そうです。 陸奥嵐という四股名と相撲振りも、ニックネーム同様に見事にマッチングした、そんな力士でした。 : :.

次の