処方箋 fax。 基礎疾患持つ患者の新型コロナ感染避けるため、電話等による診療・処方、処方箋のFAX送信ルール明確化―厚労省

新型コロナウイルスの対応で、FAX処方せん調剤が可能に!│代官町調剤薬局

処方箋 fax

FAXで処方箋を送ってくれたら準備しておきますよって、アピールしている薬局はおおくあるけど受付日のルールちゃんと把握しているのかな? 受付日は、FAXもらった日ではなく実際に処方箋をもってきた日になります。 だから、FAXだけもらって数日後に処方箋持ってきた時に処方箋の有効期限4日をすぎていたらもうその処方箋は無効です。 いくら事前に準備していたとしても、お渡しすることはできません。 これが正式な対応です。 事前にちゃんと患者に説明しとかないと思わぬトラブルになるので、要注意。 だって、できてるとおもっていったら「無効です。 また病院へいって再発行してください」って言われるんですよ。 トラブルにならないはずがないです。 FAX受けた時を受付日にしてしまえばいいと思うんですが・・・。 正式にはこれダメなんです。 FAXもらった日を受付日にしたとしますよ、実際患者来なかったらどうするの?そのままレセプト送ったら架空請求になってしまいますね。 となると、事前に入力しておくことは難しそうです。 FAXもらったら薬だけ準備しておいて、原本を持参してもらったときに入力スタートって感じになりますね。 だとすると、処方が複雑だったら待ち時間5分くらい発生します。 簡単でも1分は発生します。 できていると思っている患者に追加5分の待ち時間はあまりに長い。 仮入力機能があればいいけど、ないし、困ったものです。 では、こうならないようにやっぱり事前に入力しておくべきですかね? その日のうちにくれば、受付日と原本受領日が同じになるのでなんら問題はありません。 問題は来なかった時です。 受付日が違ってくるので店閉めたあとに受付を削除しないといけない。 そして、翌日朝一に再度入力して原本がくるのを待ちます。 その日もこなければ翌日も同じことをします。 超面倒ですよね。 これがFAX処方箋の対応です。 おもうに仮受付機能があれば解決するんじゃないかなとおもいます。 今回の記事は、こちらの書籍で勉強しなが書きました。 こちらに受付日は処方箋原本を受領・確認したときとする旨が書いてあります。 28年度は大きな改定があった年なので最新のものを読むことをおすすめします。 領収証の日付はお金をもらった日付にしないとダメ 処方箋だけおいていって、後日くるってパターンのときの領収証の日付ってどうしてますか? 領収書だけを先に発行しておくと、金銭の受領日と領収書の日付が違ってきてしまうし、お金をもらっていないにもかかわらず領収書を発行したら売上もずれてきてしまいます。 だから、ホントはこれあんまりよくないです。 理想は、すぐに投薬できる状態に準備はしておきますが領収証だけは患者がきたときにその場で発行します。 たぶん、レセコンにそんな設定があると思います。 そしたら、売上も領収書を発行した日に計上されるから、未収金や回収金などとわけのわからないことをしないですむ。 通常は、処方箋受付日と領収書の日付は一致しますが、処方箋だけ預けて後日取りに来た場合は日付が一致しません。 でも、これは全く問題ないです。 本来領収証というものはお金と引き換えに発行するものだから、お金をもらった日付にするべきなんです。 領収証を発行するタイミング 領収書の発行は厳密に言うと投薬が終了したあとじゃないとダメです。 だって、投薬が完了しないと正確な会計がだせないですからね。 そもそも調剤録が投薬が終わったあとに発行すると決められています。 これも同様に投薬が終わるまで算定できる点数が確定しないからです。 たとえば、薬剤服用歴管理指導料は、副作用や併用薬など必要なことを聞き出した上で算定する点数なので、投薬の状況によって算定できるかどうかわかりませし、 ハイリスク加算や 乳幼児指導加算は特別な指導をしたら算定できる点数なので事前に算定しておくことはできません。 でも、調剤録や領収書は投薬前に事前に印刷してる薬局の方が多いんじゃないですかね? 薬剤服用歴管理指導料を自動算定でベタ取りして、事前に見込みで調剤報酬を計算してしまします。 ちなみに、ほんとは自動算定はやっちゃだめね。 >> あれは、あくまでも「仮」で入力の確認用で印刷しているだけ(建前)で、投薬中に変更が生じた場合は印刷しなおし、変更がない場合はそのまま確定します。 あくまでも「仮」で印刷しているってのがミソですね。 もし保健所の人とかに業務手順を聞かれたらちゃんと答えられるようにしましょう。 領収書の発行するタイミングは店舗によって異なるみたいで、ちゃんと投薬が終わったあとに発行してる薬局もたくさんあります。 大手とかこういうのしっかりしてますよね。 投薬後に領収書発行するのってなかなか大変なんです。 わたしの使っているレセコンは領収証の発行は処方箋入力とは別のソフトが備え付けられていて、投薬がおわったらエンターを押すことですぐに印刷される設定になっています。 つまり、レセコンと連動して領収証と一部負担金を管理するソフトが別にあるんです。 投薬がおわってから印刷するので微妙な待ち時間が発生するからやっぱり業務効率はだいぶおちますよね。 薬局知識を1日5分でアップデート! 薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません! 医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。 でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。 忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。 なんで勉強しないといけないのか? それは、 次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。 医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。 制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。 これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。 たとえば、いま注目されているのは「 リフィル処方箋」です。 このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか? つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。 要件に加えられてから焦っても遅いんです。 常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。 そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。 もし効率よく薬局情報を収集したいなら「 」を利用するのが1番。 「 」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。 たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。 通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。 利用するには登録が必要ですが、登録と利用は 無料で 1分もあればできます。

次の

処方せんFAXコーナー

処方箋 fax

happyyuuki1120さん こんばんは ご自身でFAX出来る様に公の場に設置してあるFAX機器が無い場合、カウンターの中またはその他の場所での患者さん自身が見えない場所からFAX送信する形になりますよね。 この場合、FAX番号間違いと言う事で決った薬局にFAXしてしまった場合でも、患者さん自身がFAXしない以上法律上は病院側が決った薬局に患者さんを回していると言う解釈となってしまうかも知れません。 法律上は、「FAX送信する者が病院側の人間で故意ではなく単なる勘違いでFAX番号を間違って送った時」と言う細かい規定がまだ無かったと思います。 多分「グレーゾーン」と言う事になるんでしょう。 この事が発端で裁判になった場合、裁判官がどう判断するかは疑問なわけです。 しかし間違いなく「白」では無いわけですから、100%法律に抵触してないとは言い切れないわけです。 以上の事を考えると、幾等感違いの間違いで云々と言ってもグレーゾーンはグレーゾーンなわけで100%安心出来ない事になります。 従って本来は違法でない範疇の内容でも「違法」と判断しておいた方が何かあった時に安心でしょう。 happyyuuki1120さん こんばんは 薬局を経営している薬剤師です。 全ての病院の院外処方箋は、患者さんの好き勝手でどこの薬局に行っても良いわけです。 例えば朝札幌の病院で貰った院外処方箋を昼に飛行機で飛んでいって夕方に那覇の薬局に持って行って調剤してもらうと言う事だってOKなわけです。 ところで、ずべての病院は、たとえば「病院の前のA薬局に持って行ってください」と言う様な固定した薬局に患者さんを誘導する事は法律で禁止されています。 従って患者さんご自身の手でFAXをすると言う形式ならば、患者さんご自身の好き勝手な薬局に対してFAX送信出来るわけですから、例えば病院の休憩所等の公の場にFAXを置いて有る、そして患者さんご自身で送信するなら認められます。 では待合室等の公の場にいつでも勝手に操作出来るFAXを置いてない場合は、カウンター等奥で送信する形になりますから、100%希望の薬局に送信されない場合も考えられます。 ですからそう言う場合は違法の可能性が高いですね。 従って待合室等の公の場に勝手にいつでも送信できるFAXが無い場合は、happyyuuki1120さんの行かれるクリニック式の「違法です」(正確には間違っていますが・・・。 )と言う解釈で居た方が法律違反にならない可能性100%で良いと思います。 現在は、あるメーカーから銀行の「振り込みカード」形式のカードを入れれば指定された番号にFAX送信する送信機を設置している病院も多くなってきています。 うちの近所の総合病院にはその送信機が設置してある為、うちを使って頂いている患者さんには「もし良かったらこのカードでうちに処方箋をFAXして下さい。 そうすれば待たずにお薬がお薬をお渡しできますよ。 」と言うサービスを行なっています。 #1です。 中途半端な内容に終わってしまったようなので・・・。 療担規則によって、特定の薬局への誘導は禁止されています。 平成元年、FAXは自由に自分の意思で使える待合室などに設けないといけない、という通知が発せられました。 受付カウンターの中で利用者が操作できない場所に設置されていたのならば、厳密には、そのクリニックの言うことは正しいと思います。 ただ、あくまで通知であって、違法と言えるかどうか、私には断定できないです。 ただ、利用者の意思によって送信先を選んでいるのであれば、療担規則には違反しておらず、通知内容に合っていない、これは違法とまでは言えないのではないかと思っています。 私見ですが。 ただし、指導対象にはなると思います。 グレーゾーンという感じでしょうか。 A ベストアンサー あくまで参考意見程度に見ていただければ。 療養担当規則で特定の薬局に誘導することが禁じられています。 (1)の医療関係者がFAXや持込をするのは駄目です。 患者さんに頼まれて行うのもグレーゾーンでして、監査が入った時に患者さん自身の意思でFAX機を操作できる位置に置いてないと指摘されます。 (2)については、患者さんの意思で先にFAXしたものを取りに行く分には問題ないと思います。 ただ、FAXはあくまで「調剤準備」の扱いですから、スタッフが処方箋の原本を持っていく事が最終的な意思決定と扱われる可能性があるのでグレーかもしれません。 (3)配達自体は問題ないですから、届け先が病院待合室でも自宅でも解釈としては変わらないと思います。 医療機関に対しての利益供与にはあたらないと思いますし、不当な患者サービスにも当たらないとは思います。 ただ、明確な答えが無いのがこの業界という感じもあります。 個人的にはグレーゾーンでも患者さんのためになるのであればやっていいと考えます。 この程度では大問題にはならずに指摘を受ける程度で済むでしょうから。 「あの人は届けてもらっているのだから、自分も」という流れが怖いですけど。 あくまで参考意見程度に見ていただければ。 療養担当規則で特定の薬局に誘導することが禁じられています。 (1)の医療関係者がFAXや持込をするのは駄目です。 患者さんに頼まれて行うのもグレーゾーンでして、監査が入った時に患者さん自身の意思でFAX機を操作できる位置に置いてないと指摘されます。 (2)については、患者さんの意思で先にFAXしたものを取りに行く分には問題ないと思います。 ただ、FAXはあくまで「調剤準備」の扱いですから、スタッフが処方箋の原本を持っていく事が最終的な意... Q 薬局に処方箋を持って行かなくても、調剤薬局にFAXするだけで、薬を配達します。 といった案内をネットで見たのですが、私の記憶では処方箋と調剤された薬は一瞬でも薬局に存在しなければならなかった(寝たきり高齢者など除く)と思うのですが、それが規制緩和されたのだとしたら、厚労省の見解などが書かれた資料をご存知の方はいらっしゃいますか?ネットで調べると下記の記事はあったのですが・・。 宜しくお願いします。 2005. 参考:朝日新聞1月12日 Q こんにちは。 高額療養費の多数該当のカウント方法がよく分からないので、教えてください。 1年間に3回以上高額療養費の支給を受けている場合は、4回目からは自己負担限度額が軽減されますが、そのカウント方法について、教えてください。 そしてその後、2012年12月に5万円の医療費がかかった場合、4回目となり、44,400円の負担ということになると思うのですが、、、 (1)翌月の2013年1月も、5万円の医療費がかかった場合、どうなりますか? 直近12ヵ月と考えると、2012年2~3月の2回と、12月の1回なので、2013年1月は4回目ということになりますが、12月は『44,400円』の負担です。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。 よろしくお願いいたします。 こんにちは。 高額療養費の多数該当のカウント方法がよく分からないので、教えてください。 1年間に3回以上高額療養費の支給を受けている場合は、4回目からは自己負担限度額が軽減されますが、そのカウント方法について、教えてください。 そしてその後、2012年12月に5万円の医療費がかかった場合、4回目とな... A ベストアンサー 回答2・回答3を書かせていただいた者です。 たいへん参考になるサイト(参考URL)が見つかりましたので、そちらを参考にしながら、もう1度丁寧に見てゆきたいと思います。 公的医療保険の医療費の自己負担は、通常、3割ですね。 また、2012年12月などその他の月についても、正しくは同じ書き方です。 なぜなら、計算式を考えてみても、「医療費」と書いたときは、どう考えても26万7000円を超えていなければならないためです。 当月である2012年12月を含めて、2012年1月から2012年12月までの直近12か月を見てゆきます。 ご質問の例では、「高額療養費に該当する月」の自己負担上限額は、以下のようになります。 (注:実際には端数処理などがありますが、無視して、計算式どおりに算出しています。 以下同じ。 ご質問の(1)は「2013年1月にも33万3334円の自己負担がかかった」という仮定です。 当月である2013年1月を含めて、2011年2月から2013年1月までの直近12か月を見てゆきます。 2012年12月については自己負担上限額の軽減(44,400円に)を受けてはいるものの「高額療養費に該当する月」であったことには間違いないので、直近12か月を見るときの1回にカウントするわけですね。 したがって、4回目の「高額療養費に該当する月」である2013年1月については、多数該当ということになります。 それでは、さらに、2013年3月が「高額療養費に該当する月」だったら? 2012年2月は該当しなかった、としてみましょう。 すると、当月である2013年3月を含めて、2012年4月から2013年3月までの12か月を直近12か月として見るので、次のようになります。 その上で、直近12か月を見てゆき、その12か月の中に4回目となる月があったとしたら、そこが「多数該当」として「自己負担上限額が軽減された月」になるというわけです。 なぜなら、そういった月が「高額療養費に該当する月」だからです。 但し、わかりにくくなってしまうので、この12か月の中に実際に「自己負担上限が軽減された月」があるのかどうかは、いったん無視して考えて下さい。 その上で、4回目の月が12か月以内に出てきたら、その月は「多数該当」になります。 ここで初めて、「その月(4回目とする多数該当の月)は自己負担上限額が軽減されるんだなー!」とわかります。 と、ここまで書くと、さすがに【特に注意が必要!】と書いた理由もおわかりいただけると思います。 html 回答2・回答3を書かせていただいた者です。 たいへん参考になるサイト(参考URL)が見つかりましたので、そちらを参考にしながら、もう1度丁寧に見てゆきたいと思います。 公的医療保険の医療費の自己負担は、通常、3割ですね。 Q 今日、ある会社で面接を受けてきました。 それで採用、不採用の結果は「一週間後、もしかしたら、もう一日二日、遅くなる場合もあるかもしれませんが、待っててください」と言われました。 未経験可と書かれており、もちろん私は未経験です。 まぁそれはいいとして、、、 一週間後、って長いな、、、って思いました。 その会社にはどうしても入りたかったんです。 一週間、不安な気持ちで過ごすのがついらです。 どうせなら、忘れたい。 このサイトで他の人の質問やその質問に対するアドバイスをばぁっと見たら、 『採用通知が遅いほど、合格の可能性は低くなる』、 『採用する方だけ早く連絡し、不採用は後回し』といった内容をいくつか見ることができました。 今、とても自信がないです。。 面接の時点で「通知は一週間後」と言われたその時点で、 「採用」の可能性は低いのかな。。 そう言えば、友達は「面接を受けたその日の夕方に採用の電話があった』とか『次の日に速達で送られてきた』などと言っていました。 それとも(この人は不採用だなぁ)となんとなく思った人には「採用通知」の日付を遅めに設定して言っているのでしょうか。。 不安で落ち着きません。。 (;;) お願いしますm(__)m 今日、ある会社で面接を受けてきました。 それで採用、不採用の結果は「一週間後、もしかしたら、もう一日二日、遅くなる場合もあるかもしれませんが、待っててください」と言われました。 未経験可と書かれており、もちろん私は未経験です。 まぁそれはいいとして、、、 一週間後、って長いな、、、って思いました。 その会社にはどうしても入りたかったんです。 一週間、不安な気持ちで過ごすのがついらです。 どうせなら、忘... A ベストアンサー 会社にもよるのですが、不安なら他会社の求人も考えてみて下さい。 私は病気になる前まで人事に十年勤務していましたが人を選ぶと言う作業は大変です。 みんな入れてあげたいのですがね。 monti55さんも万が一のことを考えて早めに手を打ってください。 今の会社はパートなのですが3月の求人では7名応募があって仕事に欠かせない計算その他教養問題、面接を同時に行って交通費千円と薄謝をお渡しして向いてない方には早急にTELしました。 monti55さんとことは逆ですね。 それが先代からの方針です。 その内3名に絞って1名採用しましたよ。 monti55さんも不安で大変でしょうけどがんばってくださいね。 応援してますよ。 Q こんにちは。 さて、表題の件ですが、私の父が喘息で私立の病院に薬を処方してもらってるですが、父が薬を紛失してしまいました。 それで、薬を再処方してもらうように病院に行ったのですが、病院は「紛失での再処方は保険がききません」の説明だけで、結局薬代として10割払いました。 急いでいたので、払ってきてしまったのですが(6000円程度)、「紛失での再処方は保険がきかない」は事実でしょうか。 もし、事実ならその法律を教えて下さい。 ちなみに父の加入してる保険は組合管掌の健康保険です。 私も社会保険を多少勉強していたのですが、保険が適用されないケースとして、「不正または偽りの手段」と「第3者の行為」だけだったような気がします。

次の

処方せんFAXコーナー

処方箋 fax

「薬局に処方箋をもっていく時間がない…」仕事や用事などの関係で、薬をもらいに薬局にいく時間を最小限にしたい人もいるはずです。 そのような人のために、一部の薬局では処方箋のFAXによる事前受付を行っているところがあります。 このサービスを利用すると薬局での待ち時間が短縮できるので便利です。 では、どうすれば利用できるのでしょうか。 まずFAX受付を行っている薬局を探さなければいけません。 処方箋をもらった医療機関の窓口やインターネットを利用して、FAX受付を行っている薬局を探しましょう。 FAXする際は紙を裏表などを間違えないようにしましょう。 持参し忘れると、原本を取りに帰ることになり面倒です。 FAX受付でよくある質問 処方箋のFAX受付に慣れていないとわからないことがいくつかあると思います。 以下でよくある質問とその回答をまとめています。 薬の受け取りはいつでもいいですか? 処方箋に記載されている使用期限までに薬局に行く必要があります。 処方箋の有効期間は発行から4日間です。 この期間の間に処方箋の原本を薬局に提出しなければいけません。 もし使用期限を過ぎてしまうと、薬を受け取ることはできなくなるので注意してください。 処方箋をFAXすれば不要ですか? 処方箋を薬局にFAXしても、処方箋の原本は処分してはいけません。 薬の受け取りは処方箋の原本と引き換えです。 代理人が取りにいくことはできますか? 家族や親戚などの代理人が薬を受け取ることができます。 その際は、代理人に本人の保険証やお薬手帳を持参させましょう。 薬局で問診票を代わりに記入してもらうので、服用中の薬や副作用の経験、体調などを伝えておくことも大切になります。 処方箋をFAXすれば薬はすぐに用意してもらえますか? 処方箋の受付の順番があるので、処方箋をFAXした直後に薬局に行かれても待つことがあります。 また、薬の在庫などの関係で準備に時間がかかることもあります。 薬局で待ちたくない」「薬局に行ったらすぐに薬を受け取りたい」という方は薬局に行く前に、薬の準備状況を電話で確認してみるといいでしょう。 ジェネリック医薬品に変更したい場合はどうすればいいですか ジェネリック医薬品に変更したい場合、処方箋をFAXした後で薬局に電話でその旨を伝えましょう。 処方箋の備考等に「ジェネリック医薬品に変更したい」などと記入しないようにしましょう。 投稿ナビゲーション.

次の