龍玄とし 読み方。 【金スマ】X Japan(エックスジャパン)のトシ(Toshi)を銀座の母が占う!改名「龍玄とし」の結果は

「龍玄

龍玄とし 読み方

まず1つ目の理由として、今までの自分のカテゴリー以外のところで仕事をするときに 苗字があったほうがいいと思ったからだそうです。 龍玄としっていう名前は、今年のお正月からですね。 作家活動をする時とか、コンサートの時とかに使っています。 今年に入って、テレビ番組とか音楽プロデュースとかいろんなことをやっていて。 実はいまも小説を書いたり、絵を描き始めたりしてるんです。 いままでの自分のカテゴリー以外のところに、どんどんチャレンジしていこうと。 「Toshl」っていう名前でもいいんですけど、苗字があった方が単純にいいかなって。 現在、X JAPANのボーカルや歌手活動だけでなく、バラエティ番組に出演したり、音楽をプロデュースしたりとマルチな活動が盛んになっているトシさん 音楽活動以外は他の名前で活動したい!って思ったのでしょうね! 理由2 世代でいろんな「トシ」さんがいる なぜ「龍玄とし」にしたの? — 龍玄とし Toshlofficial トシさんは宗教団体から脱退した2010年ごろから改名したいと考えていたそうです。 「龍玄とし」はその頃から使っている ペンネームだそうです。 2018年にその名前を 占い師に見てもらったところ、「すごくいい名前!」と太鼓判をもらったことがきっかけで、今回の改名に踏み切ったそうです! また、中国でも活動することを視野に入れて、漢字バージョンもあると語っています。 そうなんです。 心機一転、強そうな名前がいいなと。 「四神」が二つ入ってるので、縁起がいいですよね。 中国版は「玄」を弓へんの「弦」にして、としは「虎憧」としました。 虎は当然、「白虎」(四神の一つ)の意味もあります。 それから、僕はファンの人たちのことを「Toshlove(トシラブ)」と呼んでるんですけど、「トシラブ」を略して虎。 トシラブが憧れるToshlだから「虎憧」です。 これから中国でも活動していくなかで、ちょっと名前を考えてみようかなと。 そういうのも全部、遊びというか。 みんなが楽しく盛り上がれる感じで、名前がつけられたらいいなって。 御本人も「 強そうな名前がいい」とおっしゃっていますが、 龍も虎も入っていて本当に縁起が良さそうな名前です。 そんなトシさんが、 なぜ宗教にハマってしまったのでしょうか? トシが宗教団体へ 守谷香と結婚したトシは、そのまま ホームオブハートという宗教団体に入団してしまいます。 ホームオブハートのトップであった MASAYAという男性がトシを洗脳していった話は有名ですね。 後に、トシさんは「金スマ」に出演した際に、洗脳がどうされていったかという話を語られていますが、本当に恐ろしいです。 宗教団体のセミナーなどに参加するのにお金をどんどん注ぎ込み、X時代に稼いだお金は全て使ってしまったそうです。 宗教団体はトシさんの知名度を利用し広告塔にしました。 ですが、洗脳されたトシさんでは思うように資金が調達できず、そんなときX JAPANの再結成の話が舞い込んできました。 トシさんを洗脳したときは 「Xは悪魔の化身」とまで言っていたのに、契約金が3億円ということを聞いたMASAYAの目が変わって、再結成をものすごい勢いで勧めてきた姿を見て、おかしい、ということに気づき始めます。 改名をした理由は、トシさん自身も述べられているような理由で、新たに宗教に入ってしまったとか、洗脳されているからではないか、というわけではありません。 ですが、今回の トシさんの改名に宗教や洗脳は少なからず影響を与えていると思います。 2010年の宗教団体から脱退したとき、 「改名したい」と思ったのは、恐らく 宗教に入ってしまったときの自分と決別したいと感じたから、ではないかと思います。 現在のトシさんは、以前X JAPANの全盛期で活躍していた頃のトシさんとも違いますし、宗教で洗脳されていたときのトシさんとも異なります。 いろいろな経験を経て、本当の自分と向き合うことができるようになったトシさんは、これからまた前に向かって進んでいくときに、 toshiではない自分でありたい、と思ったように感じました。 「龍玄とし」はその前向きなトシさんであるための、1つの形を表したものなのではないかな、と感じます。

次の

龍玄とし(X JAPAN・Toshl)の由来

龍玄とし 読み方

蓮池潭は高雄の中心部から少し離れた場所にある人口の湖です。 1周すると約5kmほどの距離だとか。 ここには高雄で超有名な 『龍虎塔 虎と龍の塔 』をはじめ、春秋御閣、玄天上帝神像、孔子廟といった観光スポットが集まっているので、 高雄に訪れたら1番に来た方が良い観光地ですよ👍 ちなみにこの蓮池潭ですが、 私たちはだいたい2時間半くらいの時間をかけて半周しました。 半周というのは、上記で触れた 観光スポットが蓮池潭の半分に集中しているためです。 ここでご紹介する観光地をザっと回ろうと思ったら、最低でも所要時間は2時間ほど見ていただくのが良いと思います👍 龍虎塔 読み方:ロンフーター まずはやっぱりコレ、龍虎塔 ロンフーター ですよね。 龍虎塔は高雄で屈指の観光スポットの1つです。 1番有名と言ってもいいのではないでしょうか。 龍虎塔 読み方:ロンフーター 龍虎塔に入ってみる 巨大な龍と虎のオブジェとその隣に建つ7重の塔。 蓮池潭の入口とも言える場所に建っていて、文字通り「蓮池潭観光の顔」となっています。 気になる営業時間は表記が様々でイマイチ分かりませんでした笑 ザックリですが朝の8時頃~夕方18時頃だと思っておくのが良いと思います。 なんせ台湾の人たちは時間におおらかですので🤣 龍虎塔の出入り口は、この龍と虎の口。 出入り口になっている龍と虎の口の中は独特な、恐らく宗教の世界観が拡がっていました。 カラフルで立体的に描かれた壁画 恐らく中華圏における地獄の審判をストーリー仕立てで表しているように見えましたが、残念ながら私たちは詳しい話しは分かりません…。 宗教施設に入るたびに興味は持つのですが、いつの間にかスッカリ忘れてしまいますね…🤣 7重の塔の入口 塔の入口に到着すると、ここから7重の塔の階段を上っていくことになります…。 7階は立ち入り禁止だったので、実際には6階まででしたが、かなり疲れました…。 覚悟を決めておいてくださいね。 蓮池潭を見渡すことが出来ます 龍虎塔に入るまでの橋の形もハッキリ分かります 龍虎塔の2階には少し小さめの龍と虎のオブジェが。 龍虎塔に入る時の順序 龍虎塔に入る時には1つだけルールがあります。 それは 「龍の口から入って虎の口から出る」ということです。 中華圏のお廟のルールのようですね。 他に龍や虎の入口のある施設があるかどうかはよく分かりませんが…。 春秋御閣と五里亭 蓮池潭には龍虎塔の他にも回っておいて損はない観光スポットがあります。 その一つがこちらの春秋閣と五里亭。 この2つはセットです。 幕の中に入ると写真のように暗く、むしろ龍の口に迫力があります。 同じくカラフルで立体的な壁画 五里亭に続く橋を囲むように蓮が咲き乱れています 極楽浄土が頭に浮かんでくるような場所です…。 美しい湖の中にある黄金の建物に、周辺に咲き乱れる蓮が印象深い場所。 そんな中をずんずん進んでいくとゴールの五里亭です。 玄天上帝神像 — 高さ22mの巨大な像 奥の方に遠くに見えるだけでも巨大なことが分かる 恐らくこの蓮池潭の周辺で、龍虎塔の次に人気なのがこちらの 玄天上帝神像。 間近で見ると超巨大です。 湖の周囲を歩いている間も、ずっとその存在を確認できてしまう大きさです。 よく見ると足で亀と蛇を踏みつけているのが分かりますか? よく見ると左足で亀と蛇を踏みつけているんですよ。 玄天上帝の伝説を知っていると「おー、なるほど!」と頷くようなものですが、その話しはまたの機会に。 巨大な神像の中にもお廟があって、入って中を見学することが出来ます。 中は薄暗いので分かりづらいかもしれませんが、2階にあがる階段もありました。 私たちが行った時には2階では台湾式のお祈りをしている人が2組いらっしゃいました。 高雄左營孔子廟 — 台湾最大規模の孔子廟 龍虎塔の付近から蓮池潭を観光していると、恐らくこの 孔子廟が最終ポイントになるのではないかと思います。 2013年に改修工事も行われているらしく、全体的に新しくキレイです。 青空に映える屋根の色 ずっと続く廊下とその装飾がいかにも中華っぽいですね 孔子廟の全体像がありました。 孔子廟の内部。 広い空間。 芒果咖秋 ~蓮池潭グルメ~ こちらはオマケです😁 ランチも取らずに蓮池潭の観光に出かけて、かなり疲れてしまったので一息ついた場所。 なんと孔子廟の中にあるカフェです。 カフェの中は孔子廟と同じくカラフルでオシャレ。 中でもオシャレだったのがこちらの椅子とテーブル。 なんと太鼓です! マンゴー珈琲:180台湾ドル。 高いなぁ~ オレンジ珈琲:130台湾ドル。 こっちも高い…。 マンゴー珈琲とオレンジ珈琲というものを発見し、つい注文しちゃいました🤣 スターバックスのコーヒーよりも高いので少し躊躇しましたが、珍しいしせっかくなので! 味の方はというと…、マンゴーの方はまあまあ。 蓮池潭に行くなら検討したい! 挑戦してみたい流行アクティビティ 蓮池潭にはウェイクボード用の施設が完備 実はここ蓮池潭ではウェイクボードが大人気!アクティブな皆さんにオススメはコレ! 効率的に蓮池潭を回るツアー 日本語のガイドさんがついてくれるツアーです。 蓮池潭の周辺施設は写真映えするスポットとして有名ですが、実際には宗教施設です。 裏側にあるストーリーを交えて丁寧に解説してくれるガイドさんがいるとやっぱり楽しさが全然違います。 ここからまずは龍虎塔に向かって歩いて行く人が多いようですね。 蓮池潭は高雄の中心部から少し離れているので、徒歩で行かれる方は気を付けてくださいね。 何といっても高雄は台湾の中でも暑いエリアなので、熱射病や日射病、脱水症状になる人も多いようです。

次の

高雄のおすすめ観光地♪蓮池潭の龍虎塔と周辺スポット

龍玄とし 読み方

概要 [ ] 『』()にて、2016年4月号 から連載中。 を主人公とし、張良の視点からとを描く。 連載前となる『月刊少年マガジン』2016年3月号に、連載にあたっての川原のインタビューが掲載された。 学生時代にの『』を買って読んで以来、漫画の題材にしたかったと川原はインタビューで答えている。 本作における人名、表記は『』の記述を基本としており、「鉄槌」も「鐵槌」とで記述されている。 ただし、「項羽」「劉邦」のように表記が一般的に広まっていると考えられる場合は慣例に従う(『史記』では「羽」が旧字であり、劉邦の「邦」は『史記』に記載が無い)ことが、コミックス5巻の著者あとがきで記されている。 は本作について、時代考証が正確であることを挙げている。 中国古代史が専門で博士課程まで行った安田の友人に依れば、作中に登場する小物、登場人物の動作は裏付けが取られており、秦軍の鎧デザインも近い時代を描いている漫画『』()よりも正確とのことだが、時系列的に本作は『キングダム』後の秦の中国統一までを描いており、史実上の人物の去就について本作がになるのではないかと心配するむきがある。 「盾の裏側に角材が使われているように描かれているが、この時代に角材はなかったかもしれない」、「馬車の縦幅が、中国の戦国時代から出土した壺に描かれた馬車と比べて長い」というような不正確な点もあるが、こういった点を除いては明らかな誤りは少ないとのこと。 また、日本の歴史漫画はやの小説のストーリーを基本にしている作品も多いが、本作は正史である『』の「留侯世家」を基本として、大胆なアレンジを加えている。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2017年4月)() のが中国を統一してから2年が経った。 故国であるを滅ぼされた 張良は、始皇帝を討つという目的のため、東方の蛮地・滄海の村を訪れ、その途中で1人の赤子を拾い、と名付けた。 村に唯一残っていた若い男である窮奇の協力を得ると、張良は巡遊中の始皇帝を博浪沙で暗殺しようとするが失敗。 辛くも始皇帝の追手から逃れる。 張良らは偽名を使い、に潜伏。 として配下となる者を増やしていた。 始皇帝は病に倒れ、秦帝国は謀をもってを二代皇帝に建てたとが専横するようになり、国は乱れていった。 が起きるが、反乱の規模が大きすぎ、また頭目の器が小さいことを理由に、張良は動かなかった。 が叔父のと共に乱を起こしたことも張良の耳には入っていたが、こちらは下邳から遠すぎる。 黄石の言に従い、西へと向かう途中で、敗走中の率いる軍と出会う。 黄石が劉邦の器を「愚かな龍」と見抜いたこともあり、張良は劉邦の下に就くことを決意する。 弱兵ぞろいの劉邦軍を精鋭にするため、張良は窮奇とを争わせ、窮奇にわざと倒れさせて樊噲を勇将として兵たちの士気を上げた。 (以上、2巻まで) 主な登場人物 [ ] 実在の人物についてはも参照のこと。 実在の人物。 本作では張家一門の庶流の生まれであり、宗家先代当主である義父の死後、宗家の養子になったとされる。 体力はないが、実際の年齢よりは若く見え、本人の弁では(かなり独自にアレンジされた)導引法()の賜物とのこと。 よく知られるの逸話は、本作では張良自身がねつ造した話であり、後に伝説、史実として扱われるようになったとされている。 黄石 素性不明の幼女。 張良に拾われ、その元で育つ。 一目で相手の本質を見抜き、一言で評する才を持つが、項羽だけはわからなかった。 窮奇 の1つである「」を名乗る。 滄海(そうかい)の一族の唯一の生き残り(他は老人と女性のみ)。 大柄で膂力にも優れ、重さ120斤(約30)の鉄槌を片手で操ることもできる。 博浪沙で鉄槌を投げ狙った通りの車に命中させることができたものの、情報の誤りの(または始皇帝が偽情報を流していた)ために暗殺に失敗する。 中年のオヤジ。 黄石には「愚(ばか)」「でも」と評される。 無能で尊大だが、一度信じた相手には任せる器量を持つ。 糧食や馬の確保、輸送などに携わる。 楚の若き猛将。 力の信奉者で極めて尊大。 弱いものを蔑視するが、黄石には気さくで寛容な態度を取る。 項羽の伯父にあたる。 人を殺したかどで追われていたところを下邳潜伏中の張良に匿われる。 黄石の見立ては「大」。 (黥布) 初登場時は、楚軍の執戟(警護兵)。 黄石の評は「国士無双」。 「股くぐり」のエピソードは張良にも知られていた。 登場時で既に老人と呼べる年齢。 張良の見立てでは、秦の打倒などには興味はなく、己の奇策(策謀)をもって歴史に名を遺すことが目的。 滅んだ楚のの孫(本作では孫としているが、注釈で玄孫の可能性も説明されている)。 羊飼いとして暮らしていたが、范増をが容れたことで、楚王に即位させられた。 滅んだ韓の公子。 張良によって再興する韓の王となる。 自身でも認めるくらい武はなく、乗馬も危ういが、涙もろく韓の旧臣らを思う心は篤い。 陳留の県令を説得することを劉邦に申し出て、これを実行したことで、弟のともども劉邦の配下となる。 その後、劉邦に求められて酈食其は策を献じるが、これは失策となり、劉邦からは「軍帥ではなく説客。 使い方を誤った」と評される。 再興した韓の武将。 大柄なため、窮奇が行ったことの内のいくつかは姫信が行ったことになっている。 本名は「韓信」であるが楚軍に上記のように同名の者がいるため、祖姓の「」を名乗っている。 書誌情報 [ ]• 『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』 講談社〈〉、既刊15巻(2020年5月15日現在)• 2016年9月16日発売 、• 2016年10月17日発売 、• 2017年1月17日発売 、• 2017年4月17日発売 、• 2017年7月14日発売 、• 2017年10月17日発売 、• 2018年1月17日発売 、• 2018年4月17日発売 、• 2018年7月17日発売 、• 2018年10月17日発売 、• 2019年1月17日発売 、• 2019年4月17日発売 、• 2019年8月16日発売 、• 2020年2月17日発売 、• 2020年5月15日発売 、 出典 [ ]• 2016年3月5日. 2017年4月7日閲覧。 2016年2月5日. 2017年4月7日閲覧。 2016年2月9日. 2017年4月7日閲覧。 2018年10月27日. 2019年1月18日閲覧。 2016年10月19日. 2017年5月30日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年7月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年7月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年7月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年7月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年7月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年7月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年7月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年7月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年7月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年10月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年1月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年4月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年8月16日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2020年2月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 講談社. 2020年5月15日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の