コピペ 保存。 コピペ運動会

萌えた体験談コピペ保管庫

コピペ 保存

<目次>• Windowsのデスクトップ全体をスクリーンキャプチャ機能で保存する方法 まず、デスクトップ全体をキャプチャしてみましょう。 キャプチャ自体には特別なツールは必要ありません。 [Print Screen]キーを押すだけで、デスクトップ イメージがクリップボードにコピーされます。 しかし、クリップボードにコピーにされただけでは加工できませんから、次のようにWindows アクセサリの ペイントを起動します。 これで、デスクトップ全体をキャプチャできました。 キャンバスの大きさは貼り付けた画像の大きさに自動的に調整されます。 Windowsのデスクトップ画面・画像の一部を切り取って保存する方法 さらに、デスクトップ画像の一部を切り取って保存しましょう。 Webページでよく使用するGIF形式やJPEG形式で保存したいときは、次の方法で行ってください。 これで、デスクトップの一部を切り取った画像ができました。 さらに、指定したファイル形式で保存します。 [名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されたら、ファイル名を入力し、 ファイルの種類を指定してから[保存]ボタンをクリックします。 選択しているページ・アクティブウィンドウのみキャプチャする方法 今度はデスクトップ全体ではなく、選択されているウィンドウ アクティブ ウィンドウ をキャプチャしてみましょう。 まず、キャプチャしたいウィンドウの一部をクリックしてアクティブにします。 次に、 [Alt]キーを押しながら[Print Screen]キーを押します。 これで、アクティブ ウィンドウがクリップボードにコピーされました。 デスクトップ画面のキャプチャは、以上のように簡単な操作でできるのですが、意外に知られていないようです。 気に入ったWebページのスナップショットや操作マニュアルの作成など… かなり活用できます。 関連記事•

次の

装甲騎兵ボトムズってこんな話だったか? : 2chコピペ保存道場

コピペ 保存

複数のレジストリキーの場所を保存したり、クリップボードにコピーしたレジストリキーの場所を一発で開くことができるフリーソフト「RegistryOwnershipEx」の紹介です。 NET Framework が必要。 アクセス権に制限のあるキーでも、1クリックでフルアクセスが可能になる• クリップボードにコピーしたレジストリキーへ一発アクセスが可能になる• ツール起動後にキーをペーストして開くことも可能• 複数のレジストリキーを「お気に入り」に保存できる。 保存した後は一発でキーを開くことができるようになる。 簡単な使い方 レジストリキーの場所を一発で開来たい場合は、以下を覚えればOKです。 詳しい使い方はその次、このページの後半で紹介しています。 ツールの起動方法 RegistryOwnershipExは、「Windows 7版」「Windows 8版」「32bit版」「64bit版」に分かれています。 exe」を使用します。 このソフトはフリーである旨、再配布には許可が必要な旨、販売とリバースエンジニアリングは厳禁である旨が書いてあります。 問題がなければ「I Agree」をクリックしてツールを起動します。 サイト内関連ページ 同ツールの作者は、上記のようなスクリプトも公開しています。 利用目的が「regedit起動時にレジストリキーの場所を一発で開きたい」だけの場合は、こちらの方が便利かもしれません。 あとがき 冒頭でも書きましたが、頻繁にレジストリキーを変更するようなWindowsの使い方をしているユーザーの場合、これは非常に便利なツールです。 私の場合、長い間「OpenRegKey. exe」というツールを使っていましたが、コイツに乗り換えようと思います。

次の

無料コピペチェックツール【CopyContentDetector】

コピペ 保存

無料で回数制限なく利用できる CopyContentDetectorは、必要な機能を無料で利用することが可能になっています。 コンテンツマーケティングというマーケティング手法が企業に認識され、外部ライターに記事を発注することも多くなってきています。 外部ライターに記事を発注した際には、重複コンテンツを避けるためにもコピペチェックが必須となります。 CopyContentDetectorは、そのコピペチェックの機能を無料で提供しています。 無料で誰でも利用できるので、外注ライターに納品前に各自コピーチェックを実施してもらい、発注者のコピーチェックの手間を軽減することも可能です。 コピペチェック実績も現在80万記事をこえています。 高機能・高精度で簡単に使えるコピペチェック 有料のコピペチェックツールと比較しても、見劣りしない多機能なコピペチェックツールを提供しています。 「無料のコピペチェックツールだから、実際の運用にのらない」ということはありません。 無料のコピペチェックツールでは珍しい「コピーチェック回数無制限、文字数4000文字、文章間でのコピペチェック」を提供しています。 CSV一括登録機能もあり、大量の文章も簡単にコピーチェックをすることができます。 記事外注時に必須のコピーコンテンツチェックを無料で実施することが可能です。 高速でチェック!Web上のコピペチェック web上に似たような文章が存在しないかコピーチェックを行います。 独自アルゴリズムで対象Webページの類似度を計算しコピー判定を行います。 クラウドコピペチェックツールならではの、分散技術で並列コピーチェックを行い高速なコピペチェックを実現しています。 コピペチェックの結果は一覧で確認できます。 詳細画面では類似箇所がわかりやすく色分けされて表示され、誰でも簡単にコピペチェックを行うことができます。 似たような文章も検知!今まで登録した文章間でのコピペチェック機能 今までコピペチェックしたことがある文章同士でのコピペチェックを行います。 Cos類似度などの文章比較アルゴリズムを使い類似度を計算、類似している文章を探し出します。 同一ライターが同じような文章を納品してきた時に、Web上に公開する前にコピペチェックをすることができます。 知らずに重複コンテンツをアップロードしていたというリスクを回避することができます。 Web上のコピペチェックと並列でコピーチェックを行います。 そのため、一度文章を登録すれば待っているだけで文章間のコピーチェックが完了します。 対象サイトをクロールしてコピペチェックを行います コピーの疑いのあるサイトをクロールし、そのサイトの文章を取得しコピーチェックを行います。 対象のページの文章に対してのコピペチェックを行うことで、より精度の高いコピペチェック結果を得ることが可能です。 WEB上のチェック、テキスト間チェック、クロールチェックの3種類のコピペチェックで様々な角度からコピー文章を発見します。 コピペチェックの新機能。 簡易文章校正機能 YahooAPIである、【文章校正支援API】を使って文章の簡易校正を行います。 漢字の間違いから、文章としておかしい部分など、文章の間違いを見つけやすくすることが可能です。 本格的に校正をする前に、まずは機械的に分かる部分を校正することで、より精度の高い記事を作成することが可能です。 校正箇所は詳細ページで色分けされて表示されるので、誰でも簡単に文章校正をすることが可能です。 コピペチェック結果の絞込機能 コピペチェックした結果を見やすくする絞込機能を実装しています。 【コピーの疑い】【要注意】【良好】のステータスによる絞込から、登録日付の絞込、ソート機能など、コピーチェックの業務を運用をサポートする便利な機能が揃っています。 大量文章の一括コピペチェック!CSV一括登録機能 クラウドソーシングで大量に発注した文章などを、CSVから一括で登録することが可能です。 大量の文書を簡単にコピーチェックすることができます。 CSVは登録する列を選択する形式を採用しているため、どのような形式のCSVでも登録することができます。 CSVによる結果ダウンロード機能 今までにコピーチェックした文章のコピペチェック結果をCSVで一括ダウンロードすることができます。 CSVは指定した日付の期間のコピーチェック結果をダウンロードすることができます。

次の