あんスタ music bp。 3Dで踊る!『あんさんぶるスターズ!! Music』の内容と魅力、レビュー評価は?

あんスタmusicのファン人数増やし方は?効率的で早く増やす方法公開!

あんスタ music bp

この時点で無理な人はページを閉じましょう。 また、ヲタクのこじつけ感満載の妄想を許容できない人も読むのはやめた方がいいです。 唐突の推しテロと新規絵の作画の良さ、推しと「恋」というワードとのマリの衝撃に、毎度の如く職場のトイレで15時のお知らせを見た俺は便座にを落としかけた。 あまりの推しの良さに息をすることを忘れ10分は微動だにせず、ザ・ワールドを漂った。 ヲタクは常に推しの供給を欲する生き物ではあるが、かといって急にタイムラインに推しの絵画が流されると、「顔がいい!!!」と一通り褒め讃えた後に、予定外の出費に「聞いてないんだが?!?!?!?」とキレだすし、預金残高、クレカ利用可能額を恐る恐る確認し「金がねぇぇぇぇ」と暴れだす。 一方で「…」と連呼しながら感謝を捧げて金を投げ続けるヲタクはいいヲタクである。 私は完全に前者であるが。 イベントストーリーのあらすじを引用する。 「シャッフルユニットを組むことになった千秋たち。 デートプランを考えてくれそうなメンバーが集められるが難航。 薫もいつもどおりでない様子で……」(公式より引用) エーーーーッ????????二次創作やん????????? 私は「拙者、男女のイチャイチャを壁のシミとなって鑑賞するのが大好物侍で候www」タイプの人間であり、あんスタNLリングの中では薫とあんず(あんスタの主人公でプレイヤー的存在)の所謂薫あんというリングを最も好んでいる。 今回のイベストのあらすじはそんな薫あんの煌きを匂わせ、二次創作で何度も読んだような展開に俺の妄想が具現化したのか?と錯覚させた。 そんな「特技:女の子の嗅ぎ分け」な羽風薫が所属するのは、過激で背徳的と謳われる夜闇の魔物たちというキャッチフレーズの「UNDEAD」。 おいおい見た目のまんまやないかい。 だが、このエロエロお兄さん本命(あんず)に関することになると、途端に幼女と化すのである。 薫あんの概要についてはpixiv百科事典が懇切丁寧に説明してくれているので、詳細は省くが、薫あんというものは「百戦錬磨(自称)の男がテクになびかないし、塩対応でかわされてしまう女に興味を持ってしまい、落とすつもりが落とされマジになってしまう」という3本くらい乙女ゲーをプレイすれば、必ず出てくるテンプレリングだ。 ギャップに弱いタイプのヲタクなので薫あんに堕ちないわけがなかった。 出会った当初は余裕の表情をしていく羽風薫が、あんずへの好感度が高まっていくにつれて、表情が和らいでいき頬を染め完全に恋する男になっていくのである。。 薫あん (また、泉あんにもハマっていた時期もあった。 瀬名泉は春は「てめーを屋上から突き落とす」と脅迫をかけてくるが、親交を深めるとどういうわけか妹扱いを仕出し、冬にはでコートしてくれるという完全に別人へと変貌を遂げる。 だが、レオ泉の波動が強すぎ(「追憶 モノクロの」参照)て、このカプからは撤退せざる得なかった。 好きになった男に彼氏いたという悲劇はあんスタでは頻繁に発生する) また、羽風薫が女遊びをする理由が、幼い頃に亡くなった母への渇望だったことにもグサグサ刺さる。 お姉ちゃんの結婚を前にして泣いちゃう薫も満塁ホームラン級である。 優勝決定。 私は母性に飢えた男に弱い。 加えて静かによく泣く男というだけでオリンピック性癖競技金メダルである。 長髪には食指が動かないが金髪であるというだけ3980413倍は顔が良く見えてしまう。 私は関係性のエモさによって好きが比例していく。 よって羽風薫を推している。 もうこんなの走るっきゃねぇ。 推しカプが待ってんだ。 話が逸れすぎた。 本題に戻ろう。 イベ告知がされた後、私の目指す先は完凸しかなかった。 目標獲得ptは22,000,000pt なるほど、数字の規模がデカすぎてイメージができない。 というわけで、情報収集(「あんスタ イベント 完凸 費用」の)した結果、以下のことが判明した。 ・人権と時間のために、イベントポイントアップ効果のある特攻ガチャをまわすべき(完凸が望ましい) ・完凸するためには、ガチャ含め7万以上かかる(1枚手に入れるのも1万必要) 私の知ってるあんさんぶるくんじゃない。 目眩がする。 これまでがぬるま湯だったとしてもギアあげすぎじゃありませんか。 特攻ガチャ必須もなんだそりゃ。 20連に留めたとは言え、貴重な備蓄をここで手を出してしまった。 ガチャのご利用は計画的にしろとあれほど。。。 なぜ、完凸を目指すのか、であるが、完凸すると「SCR衣装」なるものが出に入るからだ。 なんの略かは知らんが、セクシーでキュートなレア衣装なのだろう。 そんなんめちゃくちゃ欲しいが、理性が強すぎて完凸までの課金をすることが躊躇われた。 告知直後は「完凸目指して頑張るぞ~~~」意気揚々を宣言していたが、完凸情報ををすればするほど気持ちが暗くなってしまい、イベント開始直後まで「どうする…?ホントにやるの…?」と不安だらけのツイートを垂れ流すという見苦しい体たらくを晒した。 そして、イベント開始時には「3枚取り(11,000,000pt)を目指す」という弱腰姿勢をキメこんだ。 見苦しすぎる。 孫の代まで笑い者にされそう。 Wednesday) イベント開始直前まで、どうにか報酬ポイントのハードルが低くならないものかと祈ったが、勿論ハードルは下がることはなく、それどころか回復アイテムが配布されないというバグが起こり大いに我々を沸かせてくれた。 仕方がないので(?)特攻ガチャを20連回した。 千秋はこなかった。 光くんがきたが、特攻ではなかった。 すり抜けという洗礼も受け気持ちが弱くなり、千秋を手に入れるより、石をイベントのために消費したほうがいいと考え、特攻なしでイベントを走ることに。 自然回復分のBPを保持したいため、6BPでライブに臨んだ。 初日の結果は、 1,446,061pt 薫1枚目の半分にも満たない点数である。 プレイした曲数は約50曲。 ダイヤも600個近くは割っただろう。 長時間のリズムゲーの動きに右手の筋が痛み、過量のに侵され頭痛を催した。 により、この時点で「11,000,000pt(薫3枚)」すら無理じゃね?と弱気になり1日目を終えた。 情けないぜ助けてくれ。 Thursday 昼休み。 職場にて唐突に理性を失った。 回してしまったんだな、ガチャを。 この時点で3万円が消えている。 6BP走りもしゃらくせぇので10BPで走るようになった。 3枚目指して頑張るぞ〜〜〜〜」 この日は35曲程度しかプレイしなかったが、前日の倍近くのポイントを稼ぐことができ、早い段階でガチャに手を出した己の行動は正しかったと実感した。 2日目にして薫を1枚獲得〜〜〜〜〜。 ひ〜〜〜〜ん顔がえっちだ。 ちなみに薫が抱えてる花束にはピンクと紫の薔薇が7本ある。 7本の薔薇のは「密かな愛。 片思いのあの人に」 ピンクの薔薇は「温かい心。 恋の誓い」 紫は「誇り、気品、尊敬」 つまり、薫は誇りと気品を持ち尊敬できるあんずに密かな愛を抱き、温かい心で包み、恋を誓ってるってことですかね 泣 泣 泣 その日イベストを読み、随所随所に散りばめられた通りの薫あん要素にをした。 また、薫のアイドルとして、人間としての成長にプロデューサーは泣く。 との絡みも年頃の男の子感があって良すぎる。 Friday 獲得ポイントは 5,592,315pt とりあえず薫を1枚キープできたことでかなりの精神的な安定を得た。 Saturday 6,494,948pt 失速している。 なぜなら、あつ森をしていたからだ。 1枚手に入れたことで一程度の満足感を得、意欲も低下していたのも否めない。 Sunday) 11,699,252pt 前日差+5,204,304pt。 オイオイ、どうした急にと自分でも思う。 日曜日の夕方4時ごろ急にやる気が出てしまい、2枚目を通りすぎ3枚目を獲得したし、開始前に弱腰になった目標「11,000,000pt」も達成してしまったのである。 ここまできたらやるしかない。 完凸へと不退転を覚悟を固め、その日3万円を投入した。 6日目〜8日目は覚悟を決めてプレイしたため、感情の動揺がない。 ので、獲得ptの結果のみ。 完凸した瞬間、「この世界で俺が1番偉い」感情で包まれた。 偉すぎる。 これでようやく、腰痛腱鞘炎眼精課金も成仏した。 おめでとう、俺。 これは元々2500個の貯蓄があったのがデカイ。 リリース開始時から迂闊にガチャ(巽編以外)を回さなかった自分を褒めたい。 イベントを走るためには理性を失うことが求められるが、ガチャを回すときは回す前に理性を保つことが重要であると学んだ(今後実行できるとは言ってない)。 国から10万円給付されるのに、4万円もの黒字をたたき出してしまった。 今回の勤労は思い出すだけで泣けてしまう。 しかし、苦労を重ねて手に入れた完凸した薫はめちゃくちゃ可愛い。 SCR(セクシーキュートレア)衣装も結婚式みたいで良い。 曲も最高。 毎回ハートがキュンキュン、尊死へと急接近。 此度の栄えある勝利は、何もかも私自身の努力、曲の素晴らしさ、推しの見目麗しさ、薫あん関係のエモさ、なによりも前回のknights猫ガチャで私以上にお金を溶かして溜飲を下げてくれたランドの仲間たちのおかげである。 また、日ごろから「何かを最後までやり遂げる」ことが極端に苦手な自分に対して、成功体験をあたえてくれた「!Music」にも5ミリくらいは感謝を表したい。 余談 今回のイベントで辛かったことランキング2位(1位は運営への不信感)、好きな男のために別の男に金を払わなければならなかったこと(=特攻ガチャを回す)であった。 今回の特攻男・守沢千秋のことは作品を構成するキャターとしては好きであるが、平時ガチャが来たら回すことはない。 だから、1枚出した時点で撤退したのだが、これが別の推してる男たち(茨、斑、司)だったらと何度も考えた。 イベント終了の翌日、二番目の推しの茨のガチャが来てしまった。 衣装と表情がめちゃくちゃシコである。 あんさんぶるくんとの和解の日は遠い。 文字数5128 nichi3nichi.

次の

あんスタMUSIC・BASICのアイテム入手方法と使い方、アイテム一覧を徹底解説

あんスタ music bp

2015年にリリースされ、マンガ化・アニメ化も果たしている大人気の アイドル育成ゲーム『あんさんぶるスターズ! あんスタ 』のシリーズ版とでも言うべき存在。 大ヒットを収めた 『あんさんぶるスターズ!』は使いやすさとストーリーなどが強化された『あんさんぶるスターズ!! Basic』としてバージョンアップされ、分家のような形で 3DダンスMVなどの音楽要素メインの『あんさんぶるスターズ!! Music』が新たに作られたという形になっています。 本家がアイドルをプロデュースする育成型アドベンチャーゲームに分類されるのに対して 『あんさんぶるスターズ!! Music』はミュージック 音楽&リズム というカテゴライズ。 配信元のHappy Elements株式会社さんはあんスタのシリーズが代表的。 どちらにせよ、 グラフィックの綺麗さ・ストーリーの良さは折り紙付きと言っても良いのではないかと。 『あんスタ!! しかし『あんさんぶるスターズ!! Music』と『あんさんぶるスターズ!!Basic』は「!」のメインストーリーから一年後、アイドル業界の中心となっている アンサンブルスクエア(ES)に存在する 四つの事務所を軸にストーリーが進んでいきます。 プレイヤーも夢ノ咲学院プロデュース科の生徒ではなく、アイドルをプロデュースするための『P機関』所属スタッフという設定になっています。 ストーリーの詳細はネタバレになってしまうので書きませんが、大雑把なストーリーや世界観は他のアイドルプロデュースゲームやアニメと大差無いかなと。 それぞれのキャラクター・ユニットの個性がメイン だと個人的には思う。 『あんさんぶるスターズ!! Music』の方は音ゲー特化型と紹介されていますが、 ストーリーモードや育成要素もあります。 結構ボリュームがあり制限なく読み進めることが出来ますが、前作「!」のストーリは公開されていません。 はじめから読みたい、キャラクター達のことをもっと知りたいという時は『あんさんぶるスターズ!!Basic』をプレイしてねってことでしょう。 『あんさんぶるスターズ!』からのデータ引継ぎもBasicでは可能ですが、Musicの方へは出来ません。 今後BasicとMusic間で同じカードが追加されていく予定ですが、2つのアプリ間で連動させることもできません。 『あんスタ!Music』のゲームシステムと魅力 リズムゲームは3DMV演出 凄さは動画じゃないと伝わらないはず。 『あんさんぶるスターズ!! Music』一の目玉と言えるのが、この 3Dモデルのキャラクター達が歌って踊るMV。 リズムゲームとしてプレイするときのバックグラウンドがこれなんです。 こんな素敵なシーンが後ろにあったら集中できない! さらに 楽曲オリジナルのメンバーだけではなく 自分の好きなアイドルたちに変更したり、衣装をチェンジしたりも出来るという…ファン待望の仕様。 推しだけを集めたユニットを作るという野望も叶います。 音ゲー苦手勢も楽しめる 『あんさスタ!! Music』のリズムゲームパートでは、同じ楽曲でも Easy・Normal・Hard・Expertの4段階に難易度が設定されています。 上で貼らせていただいた動画のプレイヤー様はタップ部分が9箇所ありますが、 Easyモードの場合はノーツ数が少ないだけではなくタップ部分も7箇所に。 もちろん他の音ゲーと同じくノーツ速度の調節も可能。 リズムゲームが苦手・初チャレンジという方から、ExpertでのフルコンやAP・高スコアを狙う上級者まで楽しむことが出来ます。 また、 低難易度であっても楽曲をクリアすることで新しい曲が開放されたり、報酬がもらえます。 なのですが、 BPゼロでもプレイできちゃうんです。 なので消費BPゼロでプレイしても報酬は獲得できるんです。 倍率は• 他のゲームで言うところのライフ回復待ちをする必要が無いので、リズムゲームが苦手でミスが多いという方も気にせずプレイできるのも嬉しいポイントですね。 コンテンツは大きく3パート 『あんさんぶるスターズ!! しかし、 リズムゲーム部分だけではなく育成パートとストーリーパートもかなり充実しており、キャラクターを育てることが高スコアのカギになっていきます。 ストーリーパート こちらはほぼ説明不要。 ストーリーパートは大きく• メインストーリー• アイドルストーリー• イベントストーリー の3つに分けられており、メインストーリーはアイドルをプロデュースするための『P機関』所属スタッフとなったプレイヤーと、個性豊かなアイドルたちとの物語。 解放条件などなく、1話読み終わるごとにダイヤが貰えます。 アイドルストーリーは個別でそれぞれのアイドルのストーリーを読むことが出来ます。 ロードの開放には素材もしくはダイヤが必要になるので、そのためにもメインストーリーは読み進めておきたいところ。 アイドルの育成パート スマホ向け音ゲーでは一般的なシステムですが、高いスコアをとるためにはキャラクターを強化する必要があります。 『あんさんぶるスターズ!! Music』でも同様にアイドルを育成する必要があります。 アイドル(カード)自体の入手と育成 スカウトと呼ばれているのが、一般的に言われるガチャ機能。 ダイヤを使用してガチャを引き、キャラクター(アイドル)達を獲得します。 あんスタ!! 攻略サイトなどで「才能開花」という言葉が出てきますが、これもアイドルロードのマスを進めていった先にあるものです。 お仕事に参加させたアイドルは全員ファン数がアップするほか、アイドル自身のステータスが上がるというメリットも。 お仕事はミニゲーム的なものではなく、 画面をタップすることでアイドルに作業やファンサービスを進めてもらうだけ。 瞬殺で終わります。 らくちん。 お仕事に参加するには「 お仕事チケット」が必要。 ライブと同じく BPを消費すると獲得できるアイテムやステータスアップ率が高まりますが、BP消費無しで行うこともできます。 事業部を強化するメリットは• アイテムの配置は箱庭要素というか趣味のデコっぽいですが、オフィスにアイドルを配置しておくと限定会話が見られることもあるようです。 『あんスタ!! Music』のレビュー レビューで見る評価点と不満点 あんスタ!からファンが多かったゲームとということもあり、リリース開始から短期間でかなりのDL数を達成している『あんさんぶるスターズ!! Music』。 この記事を書いている現時点では• App Store:星5つ中 4. 4 評価件数1. 2万件• Google Play:星5つ中 4. 4 評価件数3,910件 と高評価を得ているゲームでもあります。 マイナスのレビューはあまり多くありませんが、意見としては 「前作からキャラクターの雰囲気・性格が変わっている」ことと「育成が難しい(課金しないと無理)」という二つが大半を占めています。 前作と比べるとアイドルの強化もMAXと言える「虹色開花」まで持っていくには必要アイテム数が多く大変。 あとは 前作『あんさんぶるスターズ! 』で集めたカードをMusicに引き継げない点、basicとmusicで連携出来ない点も挙げられています。 ストーリーなどは共通なのに連携できないとなると、ダブルで課金させようという目論見があるのではと疑われても仕方ない部分はありそうですよね。 良い評価としては キャラクターやストーリーについての評価、3Dで推しが動くことについての感動の声が大多数を占めています。 3Dの作りこみも細かく、ファン歴が長い方たちからも高く評価されています。 ガチでイベントを走ろうと思うと辛い部分もあるようですが、推しアイドルたちの雄姿を愛でるには絶好のゲーム。 Music から始めてもキャラの魅力は伝わりますので、あんスタに興味がある・音ゲーをこれから始めてみたいという方には良いのではないでしょうか。

次の

あんスタMUSIC・BASICのアイテム入手方法と使い方、アイテム一覧を徹底解説

あんスタ music bp

あんさんぶるスターズMusic 以下、あんスタMusic では月に2回、イベントが開催されています。 今回は、 あんスタMusicのイベントの進め方について説明していきます。 シャッフルイベントについては今回紹介するイベントの進め方と同じですが、ツアーイベントについては仕組みが異なっています。 あんスタMusicのイベントの進め方 通常ライブ楽曲プレイでイベント楽曲参加パスを集める あんスタMusicのイベントを効率よく進めるためには、イベント楽曲をプレイすることが重要です。 ただ、 イベント楽曲をプレイするためにはイベント楽曲参加PASS パス が必要になるため、まずは通常ライブかお仕事をこなして、参加PASSを集めていきます。 通常楽曲をBPを消費してプレイすると、 参加PASSを入手することができます。 イベント楽曲に比べると少ないものの、 イベントポイントも獲得できます。 イベントポイントは、ポイント数固定の「 基本イベントpt ポイント 」と楽曲のスコアによってポイントが上下する「 スコアボーナス」、そして特効ガチャ 後述します のカードがある場合に上乗せされる「 イベントスキルボーナス」の 3つの合計の数値となります。 そして、 使用できるBPは1以外にも2・3・6・10と選択することが可能です。 消費BP数 獲得イベントポイント・獲得参加PASSの倍率 アイテムドロップ率・入手EXPの倍率 BP1 1倍 5倍 BP2 2倍 8倍 BP3 3倍 10倍 BP6 6倍 15倍 BP10 10倍 20倍 上の表に消費BP数と倍率をまとめましたが、BPの消費数を多くすることで 一度に獲得できる参加パス・イベントポイントがその分倍になります。 一方、アイテムドロップ率・EXP 経験値 については倍率の増え方がBPの消費数には比例していません。 参加PASSはBP1消費で10入手できるので、 BP10消費なら100入手できるということになります。 なお、 ライブを失敗してしまうと参加パス・ポイントが獲得できない上に端末のタスクキルでやり直す…という手段が通用しない仕組みとなってしまっているため、 確実にクリアできる難易度・楽曲で遊ぶことを心がけましょう。 お仕事でも参加PASS&イベントポイントが入手できる 通常ライブではBPを消費しない場合参加PASSのとイベントポイントが獲得できませんでしたが、 お仕事の場合はBPを消費しない場合でも参加PASS・イベントポイントを獲得することが可能です。 お仕事もBPを消費することで、獲得できる数を増やすことが可能です。 消費BP数 獲得イベントポイント・獲得参加PASSの倍率 アイテムドロップ率・入手EXPの倍率 BP1 4倍 2倍 BP2 8倍 3倍 BP3 12倍 4倍 BP0でお仕事した場合、獲得参加PASSは1・イベントポイントが250となりますので、BP1消費であれば獲得参加PASSは4・イベントポイントが1000ということになります。 通常ライブに比べると、獲得できる参加PASS・イベントポイントは少ないため、 わざわざお仕事にBPを使うのはもったいないです。 ただし、 用事などでなかなか通常ライブがプレイ出来ない時には、お仕事もしっかりプレイしてBPを満タンで放置しないようにすることをおすすめします。 参加PASSが集まったらイベント楽曲をプレイする 通常ライブ楽曲プレイやお仕事で 参加PASSが集まったら、イベント楽曲をプレイしましょう。 イベント楽曲は1回につき参加PASSが100必要です。 参加PASSを500消費して一気にイベントポイントを稼ぐことも可能で、 イベント後半からは1000も選択可となります。 私の編成だと、 通常ライブでBP1で2000弱のポイント獲得でしたが、 イベント楽曲は参加PASS100消費で10,000を超えるポイントが獲得できました。 画像見づらくてごめんなさい いかに、この イベント楽曲を数多くこなせるかがイベントを進める上で重要となります。 なお、 イベント楽曲クリアの際は参加PASSは貰えません。 イベントポイントを集めて報酬を入手 獲得したイベントポイントの数によって報酬が貰えるのですが、さまざまなアイテムが貰えるようになっています。 なお、 イベントストーリーは30万ポイントで全てのストーリーが開放可能 イベント後半に開放されるストーリー有 でした。 ランキング報酬はカードは無し 「あんさんぶるスターズ!」でのイベントでは、ランキング報酬にもポイント報酬カードとは別のキャラの報酬カードがラインナップされていました。 しかし、 あんスタMusic Basicも では、ランキング報酬にはイベント報酬カードが無くなりました。 イベントポイントのランキングの他に、イベント楽曲のハイスコアランキングもありますが、こちらにもカード報酬はありませんでした。 【2020年6月30日追記】集めたリボンとアイテムが交換可能に 2020年6月30日~7月8日に開催されるイベント「再開・成長見せてハイタッチ!」より、 リボン交換所が開設されました。 このイベントより、 楽曲 通常ライブ・イベント楽曲 をクリアすることでリボンが入手できるようになりました。 上の画像は1BPで通常ライブをプレイした時のリザルト画面ですが、4個のリボンが入手できているのがわかります。 3BPで数回プレイした際、7~10個とばらつきがあったので、入手できる個数には差があるものと思われます。 リボンの交換期限は7月14日24時までとなっているため、 入手したリボンを次のイベントに持ち越すことは不可能です。 イベント特効の期間限定スカウトあり これは「あんさんぶるスターズ!」の頃と変わらないですが、 イベント前のタイミングから新しく開催される期間限定スカウトのカードを入手すると、イベントで獲得できるポイントを増やすことができます。 イベントはあんスタBasicでも同じ内容で開催 あんスタMusicと同じタイミングで「 あんさんぶるスターズ!! Basic あんスタBasic 」というアプリが配信開始になっています。 このあんスタBasicは、「あんさんぶるスターズ!」をリニューアルしたものとなりますが、 リニューアル後のストーリーや登場するカードはあんスタMusicと同じものになっています。 この あんスタBasicでも、あんスタMusicと同様にTrickstarのイベントが開催されています。 あんスタBasic版では、イベント終了が4月9日とMusicより1日遅かったり、イベント報酬のカードが貰えるポイントに違いがありました。 リズムゲームが苦手な方、元々あんスタ!を遊んでいて手持ちのカードが育っている方は、あんスタBasicでイベントを頑張ることを検討してみても良いかもしれませんね。 個人的なイベントの感想 オーソドックスだけど楽しい 通常の楽曲でイベント限定楽曲を遊ぶためのアイテム あんスタMusicでいうところの参加PASS を集め、イベント限定楽曲でポイントを稼いでいく。 この方式のイベントは、他のリズムゲームでもよく見かけるものですので、新鮮なイベントというよりは オーソドックスなタイプのイベントだな…というのが最初に見た時の印象でした。 ただ、オーソドックスというのは良い意味で使っていまして、 馴染んでいる仕組みの分、落ち着いて進められるのは良かったと思っています。 イベント楽曲は1曲だけですが、通常ライブやお仕事を楽しみながら遊べるので、 この形式は大歓迎です。 あんスタMusicでは、 BPの数が上限10に固定されていて、レベルが上っても上限は変わらない仕組みとなっています。 イベントポイント報酬やログインボーナスでBPが回復できるアイテム メガホン 10回復 、ホイッスル 1回復 は貰えるのですが、このアイテム達には期限があり、次のイベントには持ち越せないようになっているんですよね。 BPもすぐに満タンになってしまいますし、 リズムゲームが遊べない時はあまりポイントの稼げないお仕事しかできないのも厳しいですね…ポイントを稼ぐ手段があるだけ良いのですけど。 マイペースに楽しんでいきます! ランキングの順位を見る限りでは多くの方がイベントを楽しんでいるようで、好調なスタートを切った と勝手に思ってる あんスタMusic。 大まかな仕組みはご紹介できましたが、効率の良いイベントポイントの稼ぎ方など、まだまだわからないところも沢山あります。 いくつもイベントをこなしていくことで、見えてくるものもあると思いますので、またいつか「 効率」に重点を置いたあんスタMusicのイベントについての記事も書けたらいいなと思います。 お気に入りキャラのイベント報酬カードが入手できるように、まずは手持ちカードの強化を頑張っていきたいと思っています! それでは、今回はこのへんで。

次の