腕枕で寝る犬。 犬が飼い主の頭の上あたりで寝る心理4つ

トイプードルと一緒に寝るのはあり?愛犬があなたにお尻を向けて寝る気持ち

腕枕で寝る犬

何をするわけでもなく、ポコの顔がすぐそばにあるのですが、寝顔が可愛く、じーっと見たまま横になってます。 腕枕をしたまま頭をなでたり、背中をなでたりしながら、顔を眺めています。 そんな静かな私とポコの時間が大好きです。 猫も腕枕をするのですが、枕をする動物って頭がいいそうですよ。 腕枕をしたいと思いがちです。 確かにそれもありますが、実は本能的に深い理由があったのです。 多分、犬は平和な環境で暮らしているので、敵とか考えながら行動しているわけではないと思いますが、 動物の本能でそういう行動をしているかと思います。 腕枕をしてそのまま寝るという事は、とても安心な環境にあるという表れでもあると思います。 もし、愛犬がそのような行動をとって、飼い主さんにお尻を向けて寝ても、嫌われていると思わないで下さいね。 逆にあなたを守ろうとしている行動なのです。 大好きな飼い主さんの腕枕で眠れて幸せなんですね!きっと楽しい夢を見るんでしょうね。 スポンサーリンク 犬に腕枕をする時の注意点とは? 腕枕をするというのは、ほんとに信頼関係がないとしないです。 無防備にすぐ傍で体を預けてくれて眠ってくれるなんて、野生の動物だったらそんな危ない事、絶対しません。 注意点としては、いくつかあります。 子犬の時に腕枕も可愛くていいですが、本来はベッドの上は飼い主さんが眠るところです。 犬は自分のハウスに戻って、眠るという事をしつけなければいけません。 そういうしつけが終わっていないうちに、ベッドの上で腕枕をしてしまうと、ベッドの上に上がっていいんだなという風に覚えてしまいます。 後で直そうと思っても、大変です。 腕枕はベッドではなく、畳の上、カーペットの上、ソファーでしてあげましょう。 私の親戚に甘やかしてしまった為に、飼い主さんがベッドに入ろうとすると、犬がウーと言って怒ってしまうそうです。 そうならないように注意しましょう。 けじめが大切です。 又、犬が腕枕で眠っていると、幸せな気分になってつい、飼い主さんの方までウトウトとする時があると思います。 熟睡してしまって、思わず寝返りを打ち、犬を下敷きにしてしまう事がないように・・ 子犬ならなおさらです。 まだ人間の体重が重いですからね。 注意してくださいね。 それも可愛い顔でスヤスヤされるとますます動けません。 普段、日中は一緒にいてあげられないので、休みの日は一緒になるべくいてあげたい、でも、家事等も忙しい・・・ そういったジレンマですね。 こういう時は時間を決めて、腕枕から降ろします。 出来る限り、時間を作って腕枕してあげて下さい。 スポンサーリンク - , ,.

次の

腕枕で眠ってくれる愛犬がとっても可愛くて困っちゃう

腕枕で寝る犬

確かに犬のしつけの面で考えると、マイナスになるという意見も多いよね。 実はアメリカの大学やクリニックでは犬や猫と一緒に寝ることで睡眠の質がどう変化するのかという研究を行っています。 多くの研究結果で犬と眠ることで睡眠の質が向上する、安眠出来る、リラックス出来るという結論に至っています。 でも実際に愛犬と眠っていると、専門的な分析結果に頼らなくても、いかに安眠でき、癒されるかはすでに実感できているでしょう。 犬を抱っこしたまま寝ることは、決して悪いことではありません。 ただダメだ、やめるべきだという意見があることも事実です。 なぜなら ・犬が分離不安になるから ・犬の抜け毛や体臭が寝具に付着し、不衛生だから ・犬が夜間に無駄吠えをしたり、いたずらをする心配があるから といった事が考えられるからです。 犬を抱っこしたまま寝るべきではないという主張には、犬はサークルやクレートで寝かせるべきという手法がセットになっています。 犬の訓練という意味では正しい手法ではありますが、家庭のペットには時には家族に一緒に眠るという甘えがあってもいいのではないでしょうか。 特に留守番時間が長い、共働き、一人暮らし世帯では日ごろはなかなか忙しく愛犬と一緒に過ごす時間も少ないでしょう。 愛犬をサークルに入れたままではなんだか罪悪感も増える一方です。 でも夜眠る時は、愛犬と一緒というスタイルにすれば、お互いに寂しさや不安を解消出来るのではないでしょうか? ペットとの生活は必ずしも正しく、理想的である必要はありません。 時には甘えや手抜きも許されていいと考えておきましょう。 犬が腕の中に入ってくるのはなぜ? やっぱり犬も大好きな飼い主には甘えたいと考えるのが普通なんだね。 野生の環境下では犬は夜間でも決して熟睡することはありません。 短く浅い眠りを繰り返し、常に危険から身を守らなければならないからです。 でもペットの犬達もそうでしょうか? 飼い主の腕の中でいびきをかいてはいませんか? 気が付くと仰向けになりお腹を見せてはいませんか? 中には飼い主より後に起きる犬もいるでしょう。 安心出来る相手、ぬくもりのある環境で眠ることで、気が付けば愛犬は本能を忘れ、熟睡出来てるのです。 愛犬の寝顔をみると、まるで子犬のよう!と感じませんか? 完全にリラックスして眠る姿は実は子犬そのものです。 何歳になっていても寝顔は子犬に戻ります。 なぜなら生まれた間もない子犬の頃だけは、母親のそばに寄り添い眠ることで熟睡が出来ていたからです。 抱っこしたまま寝る事で、愛犬は家族のぬくもりから母親や兄弟の事を思い浮かべ、安心して眠っているのです。 愛犬のそんな姿を目にすると、家族も安心した優しい気持ちで眠りにつくことが出来るでしょう。 犬を抱っこしたまま寝る時の注意点 ここからは、犬を抱っこしたまま寝る時の注意点について解説していくよ。 犬と抱っこしたまま寝る事には精神面では様々なメリットがありますが、衛生面の事を考えるとやはり注意が必要な所もあります。 抜け毛 室内で生活をする犬は年間を通じて常に抜け毛が大量に起こります。 気が付けば寝具にも大量の抜け毛がついているものです。 犬の抜け毛は飼い主の喘息やアレルギー発症の原因にもなるので、こまめに清掃、洗浄、殺菌を心掛けましょう。 体臭 空気や臭いがこもりがちな寝具や寝室は気が付けば愛犬の体臭も残留しがちです。 毎日使っているとつい臭いに無頓着になりがちですが、こまめに換気、洗浄をして臭い対策を万全にしておきましょう。 トイレの失敗 毎日使う寝具を自分の縄張りと意識する犬もいます。 いたずらやストレスからあえて寝具にトイレをしてしまうこともあるので、就寝時以外は寝具への出入りを制限することもおすすめします。 ノミダニの寄生 年間を通じて室温が保たれ、、適度な湿気がある寝室や寝具はノミダニの温床になりがちです。 愛犬のノミダニ予防は万全に済ませておきましょう。 愛犬の体を介してノミダニが寝具やカーペットに寄生してしまうことが最近増えているので、油断は禁物です。 最後に 犬を抱っこしたまま寝る事は飼い主にとっても愛犬にとっても至福の時となるのは間違いありません。 でも素敵な時間を満喫するためにも、寝具や寝室の衛生面はしっかりと済ませておきましょう。 以上、いぬさいとでした。

次の

猫が腕枕を要求する時の心理や仰向けで寝る理由は飼い主大好きの証?

腕枕で寝る犬

com 忙しかった一日を終えて、愛犬と一緒に布団で眠りに就く…。 犬好きにとって、一度は憧れを持つシチュエーションではないでしょうか。 しかも、ただ一緒に添い寝するだけではなくて、飼い主の腕枕が無いと寝ようとしない犬も少なくないんです。 愛犬に腕枕をせがまれるなんて、飼い主にとっては愛おしいことこの上ないでしょうね。 うらやましい! ところで、犬はどうして飼い主に添い寝したり、腕枕で寝ようとしたりするのでしょうか。 ただ飼い主に甘えたいだけなのでしょうか。 それとも何か別の意味があるのでしょうか? 飼い主と一緒に寝ようとする理由や犬の心理に迫ってみましょう。 腕枕で寝てくれる意味とは? L. com 愛犬が腕枕で寝るのは、飼い主が好きで信頼しきっている心理の表れです。 犬は信頼している人にしか添い寝しようとしません。 また、寂しがり屋の犬の中には、大好きな飼い主といつもくっついていたいという意味で、腕枕をされると安心して眠る犬もいます。 犬にとって飼い主は、親犬のように一緒にいると安心できる存在だと思っているのです。 甘えん坊な性格から、飼い主の腕枕で寝る犬もいるようです。 どんな理由であっても犬が飼い主と一緒に寝るということは「あなたが好きでとても信頼しているんです」という心理の表れです。 逆に犬がベッドや布団の上に陣取って、飼い主が入ろうとすると唸ったり吠えたりする場合は、注意が必要です。 信頼関係を築くどころか主従関係が逆転しているという意味ですので、しつけを見直す必要があるでしょう。 com 犬が飼い主にくっついて寝たり腕枕をしたりするのは、飼い主を信頼しているという以外にも理由があります。 犬は本来群れで暮らす動物です。 夜寝るときには、敵から身を守ったり寒さをしのいだりするために、仲間同士でくっついて寝るという習性があります。 その習性が飼い犬になっても残っているので、仲間だと認識している人とくっついて寝ようとするんですね。 冬の寒い時期だけ飼い主のそばに添い寝しにくる犬もいます。 犬が飼い主と添い寝しようとする理由は、添い寝するときの体勢からも知ることができます。 愛犬が鼻先を入口に向けて、お尻は飼い主に向けて寝ることがあります。 実はこの体勢は、異変が起きてもすぐ飼い主を守れるように準備している心理の表れなのです。 そして自然界では命取りにもなりかねない、背後を取られるような寝方をするのは、飼い主に背中を預けて完全に信頼しきっているという意味です。 ですからお尻を向けて寝ていても、怒らないであげてくださいね。 愛犬は、「飼い主を守るぞ!」と心に決めているのです。 com 愛犬が腕枕をしたり一緒に寝たりする場合の多くは、飼い主への信頼の表れだということがわかると、愛犬と寝る時間が一層嬉しくなりますね。 でも犬との添い寝は、嬉しい反面少し困ることもあります。 例えば、愛犬に腕枕をしていると、どんどん腕がしびれてくること。 だけど愛犬の気持ち良さそうな寝顔を見ると、腕を動かせない! そんな葛藤を日々感じて、嬉しいやら困るやらで悩む飼い主さんもいるようです。 他にも一緒に寝ているのがまだ子犬だった場合、寝がえりを打って間違って子犬を潰してしまわないか、ひやひやして落ち着いて寝られないという飼い主さんも…。 また、子犬の頃から添い寝をする場合、しつけ方を間違えると主従関係が逆転して、言うことを聞かない犬になってしまうこともあります。 ハウスで寝るというしつけも行って、飼い主がリーダーであるということをしっかり理解してから添い寝するようにしましょう。

次の