定期券 suicaで購入。 モバイルSuicaで定期を購入する際に設定する方法【ビックカメラSuicaカード】

≪図解≫SuicaとPASMO―連絡定期券の作り方を2社・3社・4社ごとに解説しました

定期券 suicaで購入

連絡定期が買えるという前提で Suica モバイルを含む の場合 JR側を始点にすれば買えます。 私鉄側 つまり西武線の駅 を始点にすると PASMO定期になります。 SucaはJR東日本でJRの駅でしか扱いが無い PASMOは私鉄・地下鉄であり、JR以外の取り扱い なので、作る駅によってSuica定期か、PASMO定期となる訳です。 モバイルSuicaであれば、駅で購入する必要性がないので JR側を始点の駅として設定すれば買えます。 もちろん乗り換え可能かつ、連絡定期が購入可能な経由・区間のみです。 ちなみにモバイルSuicaの定期の場合 ・定期の購入にはクレジットカードが必須です。 ・クレジットカード必須の為、通学定期購入は大学・専門学生用のもののみです。 ・窓口で対応できないので、通学証明書を「郵送で送る必要」があります。 非常に面倒です。 カード型のSuica定期を作り モバイルSuicaに取り込むことは可能です。 ただし、継続にクレジットカードは必須なのと 新年度に通学証明書は郵送確認となります。

次の

Suica定期券の購入方法とメリットデメリットまとめ

定期券 suicaで購入

購入方法 購入方法 お手軽に使っていただくために。 Suicaの種類別購入方法を紹介します。 My Suica(記名式)・Suicaカードの購入 「My Suica(記名式)」「Suicaカード」は、Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の多機能券売機、みどりの窓口でお求めいただけます。 (Suica一部対応駅では発売いたしません。 )また、Suicaが破損した場合も再発行をいたします。 Suica定期券の購入 「Suica定期券」は、Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の指定席券売機、多機能券売機、みどりの窓口でお求めいただけます。 (Suica一部対応駅では発売いたしません。 )モバイルSuicaでもご購入いただけます。 パソコンや携帯電話から、新規定期券のお申込みができます。 Suica連絡定期券 JR東日本線と他の鉄道会社線にまたがって使用できるSuica連絡定期券は、JR東日本の駅の指定席券売機、多機能券売機、みどりの窓口でお求めいただけます。 (Suica一部対応駅では発売いたしません。 )モバイルSuicaでもご購入いただけます。 パソコンや携帯電話から、新規定期券のお申込みができます。 IC企画乗車券(おトクなきっぷ)の購入 一部のフリーパスタイプのおトクなきっぷをSuicaでご利用いただける「IC企画乗車券」 は、各商品のフリーエリア内JR東日本の駅のみどりの窓口、指定席券売機、多機能券売機、自動券売機でお求めいただけます。

次の

モバイルSuicaの通学定期券を購入したいのですが

定期券 suicaで購入

券売機のスタート画面から、定期券を選択し、新規をタッチ。 通勤定期券を選択肢、乗車駅・降車駅を入力し、路線や乗り換えを確認。 「新しいSuica定期券を発行」を選択し、期間(1・3・6ヶ月)や利用開始日を選ぶ。 規約に同意する• 氏名・性別・生年月日・電話番号• 内容を確認し、チャージ金額(1000~10000円)を選択。 チャージしなくてもOK• その場合、確認書類が必要なSuica定期券もあるので、以下をご確認下さい。 【大人用通学定期(中高生・大学生)】 ・通学証明書or通学定期券購入兼用証明書 【こども用定期券】 ・お子様の年齢確認できる書類 みどりの窓口では、係員にSuica定期券購入の意思を伝えるだけです。 窓口で定期券購入の申込書ももらえますが、記入用のデスクなどに申込書がある場合は、先に記入してから窓口に並ぶとスムーズです。 定期券購入の注意事項 記名式Suicaを持っている場合、後から定期券機能を追加する事もできますが、無記名Suicaではそれに対応していません。 Suica定期券を購入する際、個人情報入力を間違えて登録してしまうと、盗難・紛失時に再発行してもらえない可能性があります。 Suica定期券が購入できるのは、 利用開始日の14日前からです。 Suica定期券と普通の定期券の違いとは? もはや定期券を持っている人のほとんどがSuica定期券なのではないかと感じられる時代ですが、Suica定期券が発売される前に主流だった磁気定期券も、JR東日本では購入する事ができます。 磁気定期券とSuica定期券の大きな違いは、 改札の通り方です。 Suica定期券は、サイフやパスケースに定期券を入れたままでも、かざせば改札を通る事ができます。 磁気定期券は、切符のように改札の投入口に定期券を挿入しなければなりません。 長年、磁気定期券を使って慣れてしまえば、どうってことない動作かもしれませんが、一度Suica定期券を使ってしまうと、その便利さに驚かされます。 私の祖母も初めてSuicaを使った時に、スムーズに通れ過ぎて「これでお金払えてるの?大丈夫なの?こんなスーッと通っちゃっていいの?!」と驚き過ぎて慌てふためいていました事が忘れられません。 他にも磁気定期券とSuica定期券の違いはありますので、次の章でSuica定期券のメリットとしてご紹介しましょう。 これによって、例えば定期区間を越えていつもと違う駅で降りよう!となった時、通常ならば乗り越し精算として追加運賃を支払わなければならないところ、自動的に改札でチャージ分から運賃が差し引かれます。 例えば… 【通勤定期区間:西日暮里-池袋】 池袋駅を過ぎて新宿で降りた場合… 運賃:154円がSuicaから差し引かれる 改札を出る直前にある「のりこし精算機」に立ち寄る必要がなく、スムーズな乗り降りができます。 メリット2:再発行ができる! Suica定期券は、万が一盗難や紛失に遭っても、 再発行する事ができます。 これも、発行する際に個人情報を入力しており、チャージされている金額もJR東日本側で把握されている為、紛失前を同じチャージ額を、新しいSuicaに戻すことができます。 ただし、もし悪用されてSuicaを利用されてしまったらチャージ残高は減ってしまうので、失くした事に気付いたらすぐに対処しましょう。 ちなみに再発行手続きはネットなどではできないので、駅窓口で行って下さい。 メリット3:電車・バス以外にお買い物でも使える! 定期券としてだけでなく、電子マネーSuicaとしても役割も持つSuica定期券は、チャージさえしていればコンビニやスーパーでお買い物もできます。 「ちょっとジュース買ってから電車に乗ろう」とか、「帰宅前に電池だけ買わなきゃ」なんて、ちょっと小銭が必要という時にも、Suica定期券をかざすだけでお買い物できます。 Suica支払い可能店舗も多くなってきているので、電車利用のついでのお買い物に便利です。 では次から、デメリットをまとめてみます。 デメリット1:デポジットとして500円かかる Suica定期券の大きな特徴として、磁気定期券にはなかった デポジットというお金がかかります。 デポジットとはカードに対する保証金のようなもので、 一律500円かかります。 もしSuica定期券が不要になった時、駅の窓口にカード返却手続きをすれば、デポジット500円分は返金されるので、そこまでデメリットとは言わないかもしれません。 しかし、面倒なのはSuica定期券を失くした時です。 カードに対する保証金なので、 カードがなければデポジットも返金されません。 盗難・紛失については後ほど詳しくご説明しますが、再発行には手数料も約500円かかる為。 一度失くしてしまうと、手数料+戻ってこないデポジット=約1000円の出費になります。 また、再発行のSuica定期券に対して新たに500円のデポジットがかかるので、実際の出費は1500円ほどに。 この出費によって、次こそは絶対失くさないぞ!と心に決める人も多いでしょう。 デメリット2:混雑時の券売機で購入するのは気が引ける 駅の券売機は、時間帯によっては混雑しがちです。 そんな時に、特に券売機で時間のかかるSuica定期券を購入していると、並んでいる人に申し訳ない気持ちになります。 氏名や生年月日など入力項目も多いので、焦って間違えてしまう事も…。 間違えると再発行ができないので、アタフタしないようにできるだけ空いている時間帯やみどりの窓口を利用したり、事前手続きできるネットde定期を活用すると良いでしょう。 デメリット3:無記名Suicaには定期券機能が付けられない Suicaを初めて購入する時、よく分からないので簡単に発行できる無記名Suicaを選択した方も多いのではないでしょうか。 実は私もそのひとりで、最初は無記名Suicaを使っていましたが、 あとから定期券機能を付けられるのは、個人情報が入力してある記名式Suicaだという事を学びました。 そんなの新しいカードをまた発行すればいいじゃないか、と思われるかもしれませんが、無記名Suicaにチャージしてある残高を、Suica定期券に移行する事ができないのです。 これによって、一時期SuicaとSuica定期券を2枚持ち歩くという面倒な状況になってしまいました。 Suica定期券はどんな種類がある?それぞれどんなメリットや特徴がある? Suica定期券には、大人・こども用という違いだけでなく、新幹線用などの種類があります。 どの定期券も、毎日JRを利用した生活を送っていれば、普通に切符を買ったりSuicaで改札を通るより、安く購入できます。 また、種類関係なく、再発行ができるのも共通した特徴です。 大人用通勤定期券• 一般的で利用者の多い定期券• 大人運賃が適用される中学生以なら発行できる 2. 大人用通学定期券• 中学生・高校生・大学生等、通学証明書が発行される学校への通学で利用できる• 通勤定期券より割引率が高い 3. 大人用新幹線定期券(FREX)• 新幹線に乗る事ができる定期券• 東京-那須塩原・上毛高原・上越妙高、郡山-古川、長岡-新潟間の自由席で利用できる• 大人用新幹線定期券(FREXパル)• 特徴はSuica定期券FREXと同じで、通学用• 中学生・高校生・大学生等、通学証明書が発行される学校への通学で利用できる 5. こども用通学定期券• こども運賃で利用できる定期券• 発行時に身分証明が必要だが、安く購入できる 6. こども用通勤定期券• こども運賃で、通学用以外の利用者が購入する定期券• 通学証明書の出ない学校や、塾、習い事へ通う時に便利 Suica定期券を紛失した時の再発行手続きについて Suica定期券のメリットは、失くした時のままのSuica残高の状態で、再発行できるという点です。 ただし、再発行手続きの開始前にチャージ残高を悪用されてしまっていては、お金が戻ってこないので、定期がない!と思っても、焦らずまずは再発行手続きを行いましょう。 ちなみに、盗難に遭ったり紛失してから、新しい定期券が手元に来るまで、2日以上はかかる事は覚えておいて下さい。 紛失した時の再発行手順• Suica・PASMOエリアの最寄り駅やバス営業所へ行き、券売機ではなく窓口で手続きする• 氏名・生年月日・電話番号・定期区間を申請し、再発行の引換票をもらう• 翌日以降に窓口へ行き、再発行手数料・デポジットを支払い、新しいカードをもらう 申請した 翌日以降に新しいカードが発行されますが、時間帯や時期によっては、翌々日になる事もあるので、窓口で確認して下さい。 新しいSuica定期券は、2週間以内に受け取る必要があります。 また、受け取りの際、身分証明書も必要なので、忘れないようにしましょう。 iPhone7以降をお持ちの方はApplePayでSuica定期券が使えるのでおすすめ Suica定期券でスマートな移動はできるようになりましたが、更にスマートなのがiPhoneのApplePayを利用したSuica定期券の使い方です。 iPhone7以降の機種には、iPhoneをかざすだけで支払いができる機能がついています。 これを活用すれば、カードを持たずに、いつも持ち歩いているiPhoneだけで通勤・通学ができます。 ApplePayでのSuica利用方法• iPhoneにSuicaアプリをダウンロードする• 初期画面でSuica発行をタップ• Suica発行する画面で、Suica定期券をタップし、区間など必要事項を登録 ApplePayでのSuica定期券も、カード版と同じく利用開始日の 2週間前から購入できます。 購入方法はクレジットカードでの引き落としとなり、アプリ利用前に会員登録が必要です。 Suica定期購入前に、ApplePayでSuicaを利用している場合は、そのSuicaに定期券機能を追加できるので、定期券利用手続きが簡単になります。 最後に• 通勤・通学には、SuicaよりSuica定期券が断然便利でお得• Suica定期券には、区間によって新幹線で利用する事もできる• ApplePayでSuica定期券を利用すれば、カード不要でますますスマートに 詳しく調べてみると、毎日電車に乗るなら、無記名Suicaや記名式SuicaよりもSuica定期券を購入した方が便利でお得だと言う事はよく分かりました。 大人用のSuica通勤定期券なら、 利用者を選ばず誰でも購入できます。 無記名Suicaと違い、再発行もできるので、失くしてもすぐに対応すれば、定期券にチャージした残高も戻ってきます。 電車やバスに利用率がどれくらいなのか自分自身で把握し、損をしない自分に合ったSuicaを選べるようにしましょう。

次の