年収 チャンネル。 年収チャンネル、ヒカルの年収を暴露し炎上。狙い通りか

年収チャンネル、ヒカルの年収を暴露し炎上。狙い通りか

年収 チャンネル

YOUTUBER(ユーチューバー)の年収 YOUTUBER(ユーチューバー)の年収の平均は、 1億938万円でした。 (トップユーチューバー50人から算出) 以前は1動画再生の単価が0. 01~0. 1円あたりではといわれていたのですが、諸説ありトップユーチューバーの方たちになっては単価は高いようで、 uuumのクォーター決算から算出してみると1再生あたり0. 2~0. 3円の間となっていました。 お給料(月収)は480万円~(100位を基準に) 最大年収は1億円以上という結果になっています。 youtuberは企業に勤めるサラリーマンのように給料をもらうのではなく、ユーチューブに動画を投稿してその再生回数に応じた広告報酬がyoutuberの収入になります。 ユーチューブの広告報酬はyoutuberによっても異なるようですが、0. 05円~0. 3円からと言われています。 ただなかには自分の年収を公開しているyoutuberも結構いて例えばスカイピースの年収は1000万円を超えているようで、youtuberで年収が1000万円を超えるにはチャンネル登録者数がこれくらいいないと難しいようです。 YOUTUBER(ユーチューバー)の業種別年収 YOUTUBER(ユーチューバー)の業種別年収を調べてみました。 ゲーム実況ユーチューバーの年収:数万円~5000万円以上 KIDSユーチューバーの年収:数万円~7000万円 ガジェット・モノ紹介ユーチューバーの年収:数万円~4000万円以上 面白いことやるユーチューバーの年収:数万円~4000万円以上 youtuberの動画のジャンルもさまざまですが主にゲーム実況や子供が出演していろいろおもちゃで遊んだり、ガジェットや商品の紹介をしたり面白いことやるのが主流です。 ただyoutuberで年収1億円以上を稼ぐと言われているHIKAKINのようにゲームの実況動画チャンネルや商品紹介動画チャンネルや、面白いことやる動画チャンネルやビートボックス動画の4つチャンネルを持っている場合もあります。 同一ジャンルで圧倒的に稼いでいるのが3姉妹と末っ子の長男の4人の子供が出演している「Kan&Aki'sCHANNEL」でチャンネル登録者数は約253万人で、動画再生回数は累計で約54億3651万回で気になる 年収は約7000万円です。 ただいずれのジャンルであっても年収が数万円にも満たないyoutuberがほとんどで、年収1000万円以上を稼ぐyoutuberはほんの一握りです。 【参考】 ・ ・ YOUTUBER(ユーチューバー)収入まとめ YOUTUBER(ユーチューバー)のチャンネル別年収給料ランキング youtuberのチャンネルごとの動画再生数による年収や月収を算出してみました。 再生数で50位以内に入っていたものから算出しています。 軒並みキッズ系チャンネルの再生単価がかなり下がった(6分の1)になったというyoutuberのつぶやき等もあり年収ランキングからは外れてしまいました。 全体的なチャンネルの特徴はuuum勢が強いというのはもちろんですが、ヒゲダンやkingnhu(70位前後)などの音楽アーティスト単体のチャンネルもランキングに入るようになってきており これから芸能人などが参入することから芸能人チャンネルが伸びることが予想されます。 ランキング YOUTUBER名 月収 年収 月間再生数 1位 Fischer's-フィッシャーズ- 4630万円 5億5560万円 185199772 2位 東海オンエア 4143万円 4億9713万円 165709188 3位 HikakinTV 2324万円 2億7892万円 92974040 4位 avex 2239万円 2億6863万円 89542222 5位 日テレ公式チャンネル 1965万円 2億3575万円 78584976 6位 はじめしゃちょー(hajime) 1938万円 2億3255万円 77515573 7位 米津玄師 1731万円 2億0773万円 69243058 8位 水溜りボンド 1674万円 2億0083万円 66942878 9位 ボンボンTV 1649万円 1億9791万円 65968474 10位 HikakinGames 1567万円 1億8798万円 62661113 11位 湘南乃風 1494万円 1億7928万円 59759756 12位 Travel Thirsty 1476万円 1億7706万円 59020458 13位 ノッカーナアニメーション nokkana animation 1377万円 1億6527万円 55089197 14位 KahoSei Channel from Canada 1367万円 1億6405万円 54683555 15位 Official髭男dism 1351万円 1億6207万円 54022705 16位 スカイピース 1346万円 1億6146万円 53821236 17位 キヨ。 192万円 2315万円 ゲーム実況 34位 kougeisha 189万円 2276万円 キッズ 35位 東海オンエアの控え室 185万円 2229万円 面白ネタ、ゲーム実況 36位 釣りよかでしょう。 178万円 2144万円 面白ネタ、モノ紹介 37位 ジョーブログ【CRAZY CHALLENGER】 172万円 2070万円 面白ネタ 38位 キヨ。 ゲームの実況にしても面白いことやるにしてもできるだけ多くの視聴者に観てもらうために、他のyoutuberが考えないような企画を撮影方法や編集などにもこだわり動画をアップロードし続けることがyoutuberの仕事です。 最初は動画の再生回数が少なくても視聴者が増えるように、ユーチューブに撮影した動画をコンスタントにアップロードすることが大事です。 YOUTUBER(ユーチューバー)で高年収(年収1000万円以上)を稼ぐには? youtuberで年収1000万円以上を稼ぐ高年収になるには、月に平均で84万円以上を稼ぐ必要があります。 仮にユーチューブに動画を投稿してその再生回数に応じた広告報酬がワンクリックあたり0. 1円だとすれば月に平均で840万回以上の再生回数があれば、計算上は月に平均で84万円以上の広告報酬が入ってくるので年収1000万円以上を稼ぐことができます。 ただ世界中のyoutuberの動画再生回数の月平均は1000以下で、多くのyoutuberの年収は10万円以下なのでできるだけ多くの視聴者に観てもらう工夫をすることが大事です。 4つのチャンネルを持ち2017年5月の時点でチャンネルの合計登録者が約921万人で、累計再生回数が59億回のHIKAKINでさえ最初は視聴者がいませんでした。 時間は掛かっても動画をコンスタントにユーチューブに、アップすることが年収1000万円以上を稼ぐ第一歩です。 YOUTUBER(ユーチューバー)が所属している企業・職場学校法人など youtuberの多くは事務所などには所属しないでフリーランスとして活動していますが、なかには事務所に所属して活動しているyoutuberもいます。 日本国内でyoutuberの事務所として最も大きいのがUUUM(ウーム)で、「HIKAKIN」や「はじめしゃちょ」などのトップクラスのyoutuberをはじめ多くのyoutuberが所属しています。 「アバンティーズの名物食べに行っちゃうよ全国ツアー2017〜京都編〜」などのイベントの開催や、告知を行っている業界初のYouTuber向けのマネジメントプロダクションです。 YOUTUBER(ユーチューバー)になるには? youtuberになるには特に資格や学歴などは必要でなく、ユーチューブのパートナープログラムに登録すれば誰でもyoutuberになれます。 ユーチューブのパートナープログラムの登録の手順ですがユーチューブのホームページにアクセスし、「オンライン登録フォームの承認」にある「今すぐ申し込む」をクリックし必要事項に入力し「申込み内容の確認」ボタンをクリックします。 次に確認画面が表示されたならば、特に問題なければ「申込みを送信」をクリックすれば登録が完了します。 後はカメラで自分が好きな動画を撮影してユーチューブに動画をアップすれば誰でもyoutuberになれますが、youtuberとして生活するだけの収入を稼ぐことができるのはほんの一握りの人間だと知るべきでしょう。 また最近はuuumがユ-チューバーを育てるなども開設しておりそこに登録するのも近道かもしれません。 関連コンテンツ YOUTUBER(ユーチューバー)の口コミ年収 YOUTUBER(ユーチューバー)の年収の口コミを取り上げています。 20代 ゲーム実況 年収280万円 居酒屋でアルバイトをしながらyoutuberとして、ゲーム実況の動画をユーチューブに投稿しています。 ユーチューブからの収入はまだまだ少ないのが現状ですが、いずれHIKAKINのようなyoutuberになるのが夢です。 30代 商品紹介や生活全般 年収350万円 つい最近までは普通のサラリーマンでしたがサラリーマン時代の月収より、ユーチューブからの収入が上回ったので今はyoutuberとして生活しています。 ただ安易にyoutuberとして稼げると考えるのは危険で、人気があるyoutuberでも収入の保証があるわけではありません。 30代 歌動画 年収12万円 たまに歌動画を上げてます。 趣味程度なので月に1万円ぐらい。 3年ぐらいやってますがやっと月に1万円です。 20代 ゲーム実況 年収100万 初めて1年でやっとファンがついてきたかな…。 エンターテイメント、クリエイティブ系職種の年収•

次の

【公式】年収チャンネル植本涼太郎の年収と経歴を全て公開!

年収 チャンネル

本記事の目次• 前回のおさらい:ラファエルの収入源 前回「」ではラファエルさんから、 ラファエルさんはどうやって稼ぐの?についてお話を伺いました。 ユーチューバーの収入源は、ぷろたんさんやカブキンさんと同じく Googleからの広告収入と企業案件とのこと。 ただ、ラファエルさんは、カブキンさんのようにグッズ販売はしていないそうです。 ただ、会社を3つ経営しているため、また別の収入があるとのこと。 しかも、経営者がよくやる接待交際費枠を増やす目的で設立したわけではなく、しっかりと利益になり、バイアウトを目的にしている会社だそうです。 気になるラファエルさんの会社の仕事内容は、以下の通りです。 アプリ作成会社• コンサルタント会社• IT系アプリの会社 ちなみに、 会社の業務内容を暴露したのは、年収チャンネルが「初」だそうです!ありがとうございました! そして、YouTuberとしての収入の管理には、これとは別の法人を立ち上げたとのこと。 以前は、「VAZ」という会社に所属していましたが、今は独立して法人として収入の管理をしているそうです。 まずはYouTuberのメイン収入、Googleの広告収入はどれくらいなのか株本氏が切り込みました。 ラファエルさんの動画は約2,000本以上!これは前回のゲスト、ぷろたんさんの約1,200本を大きく上回る数ですね。 さらにラファエルさんは4つのチャンネルを持っているそうです。 クッキング• ゲーム• メイン そして、気になる再生数は、 月に約6,000万再生を獲得しているとのこと。 メインチャンネルの収入は、 先月1,500万円前後報酬があったそうです!つまり、 年間1億8,000万円ほどになるということですね! さらにサブチャンネルは 100万円~200万円レベルの収入があるそうです。 つまり、 ラファエルさんのアドセンス収入は月1,700万円ということですね!しかし、ラファエルさんは、それでも同レベルの登録者数のYoutuberの中では一番単価が安いと語りました。 では、企業からの案件動画の価格はどのくらいなのでしょうか? 株本氏がうまい棒20万~30万本分くらいですか?と聞いたところ、ラファエルさんは 「クラウン」くらいですね、と語りました。 そんな単価が過去最高で月に22本というと膨大な金額になりそうですね。 まとめると、ラファエルさんは アドセンス収入と案件動画だけでも月に4,000万円くらいの収入があるそうです。 また、スタッフは10人~12人ほどで、正社員ではなく完全成果報酬制。 社員はスタジオで寝ていたジャン君一人だそうです。 笑 YoutuberにとってのBANは死活問題! 2018年、有名YouTuberに対してアカウントBANが相次いでいます。 ラファエルさんも動画をアップする際には細心の注意を払っているそうです。 ラファエルさんの他の会社の報酬は意外に少ない!? ラファエルさんの最近立ち上げたアプリ開発会社はまだ赤字こそ出ていないものの、まだ大きな利益は出ていないそうです。 他の 三つの会社での役員報酬も200万円ほどだそうです。 メインのYouTuberとして収入を見ると少なく感じてしまいますね。 (それでも一般人より断然多いのですが) YouTuberは経費として落としやすいモノが多い YouTuberのお話で出るのは、経費として落としやすいモノが多いとのこと。 ラファエルさんは 「時計はダメだけどフェラリーOK」といった一般の会社の経営者からすれば驚くべきことを話してくれました。 しっかりと、私用と費用をの区別のために、自分の私服とラファエルとしての服はクローゼットも分けているなど工夫をしているそうです。 また、税金は難しいことはせず、健全に支払っているそうですが、使える経費を増やすことで結果、税金対策になっているそうです。 貴重なユーチューバーの年収に関わる情報。 そんな動画をそれこそ2,000本作成できれば、200万再生になるわけですから稼ぐという意味では悪くないですよね。 ではそもそも、 なぜYouTuberの動画はこれほどまでに再生されるのでしょうか?正直に言えば、どれも高額な予算を使った映画などと比べるとコンテンツとしてのレベルは落ちます。 それでもYouTuberは絶大な人気を誇っています。 その理由の一つにこのような情報が公開されました。 YouTuberのコンテンツは面白さから再生されているわけではなく、作り手の魅力をじかに感じることができ、コメント欄などを通じて画面の中にいる人と身近に触れ合うことができるからだといわれています。 これが 「自分がフォローするコンテンツ」ということですね。 例えば、自分は応援しているけど、周囲にはそんなに人気のないアイドルやひいきの居酒屋みたいなものですね。 また、 YouTuberに対する信頼感や共感などもファンと結びつける要因になります。 今は人と人との距離が遠ざかっている時代です。 腹を割って話す機会も少ないため、自分の価値観と合う人を探すのも難しい中、いつでもオープンな状態のYouTuberの中から自分が憧れる、共感できる、好きな人物を応援したいと思うのは自然な流れかもしれませんね。 YouTuberのアカウントBANの傾向と対策 YouTuberにとって最も怖いのは、アカウントBAN(削除)です。 今まで得ていた収入がゼロになるのはもちろんですが、YouTubeヘルプによるとアカウント停止されたユーザーは、他のYouTubeチャンネルの利用や新しいチャンネルの所有が禁止される場合があるそうです。 つまり、もう二度とYouTubeで収入を得る機会がなくなってしまうかもしれないのです。 そんなYouTuberにとって死活問題であるアカウントBAN規約にはどのようなものがあるのでしょうか?• ヌードや性的なコンテンツ• 有害で危険なコンテンツ• 不快なコンテンツ• 暴力的で生々しいコンテンツ• 嫌がらせやネットいじめ• スパム、誤解を招くメタデータ、詐欺• 著作権侵害• プライバシーの侵害• なりすまし• 子どもの安全を害するもの• 下品な言葉• 使われていないアカウント• 利用規約違反の扇動 基本的には、公序良俗に反するものはアカウントBANの対象になるということですね。 この禁止事項の共通点としては 「誰かへ攻撃」ではないかと考えられます。 それが無意識にせよ、助長しているにせよ、動画を見た結果がそうなるのならば、規約違反になってしまう可能性があるのです。 特に最近の YouTuberのアカウント削除で多いのが、過激な動画・発言でしょう。 確かに面白い人にとっては面白いのですが、不快に感じる人や子供を持つ人からすれば、あたかもそれを助長しているような攻撃的なコンテンツになってしまいます。 もちろん、人種差別や性差別も対象者にとっては攻撃的なコンテンツになってしまいます。 ただ、万人に受けるようなコンテンツを作るのはプロであっても難しいです。 しかし、客観的に見て不快と感じる方が多数派になってしまうコンテンツ作りを極力避けることはできるのではないでしょうか。 曖昧なので分からない、という場合でも YouTubeでは、2回の警告まではアカウントBANはされません。 しかも3か月間の間に3回されなければアカウントBANにはならないため、それまで傾向や対策を学べばいいのです。 これからYouTuberに挑戦したい、ということであれば、この辺りを意識しておきましょう。 まとめ:ラファエルさんの年収は4億円以上! ラファエルさんのメイン収入は Googleからの広告収入と案件収入です。 これだけで 月収約4,000万円とのことです。 ラファエルさんがこの収入を得るには以下のような仕事をしています。 月に約6,000万再生(動画本数2000本以上)• 企業の案件動画制作 さらにプラス3つの会社を経営するラファエルさんには、役員報酬として約200万円の月収もプラスされるとのこと。 そんな大きな金額もYouTuberは経費として扱えるモノが多いから、税金対策にもなっているそうです。 大きく儲かって、経費の金額も健全に多くできる、まさに夢の職業ですね! 次回は引き続きラファエルさんに 月4,000万円の使い道とラファエルさんのプライベートに株本氏が切り込んでいきます!是非、ご覧ください。

次の

YouTuber年収チャンネル、ホリエモンに論破され「バーカ」と罵倒される

年収 チャンネル

第1世代のトップYouTuber、マックスむらい氏。 自身が設立したAppBankの事業の一環としてYouTubeに動画投稿を始める。 チャンネル登録者数は約150万人。 撮影:西山里緒 YouTuberという生き方を最もよく知るのは、YouTuber本人しかいない。 今回、日本のYouTuber第1世代でトップYouTuberの世界を知る人物として、マックスむらい氏が「自身の経験範囲内でよければ」という前提でインタビューに応じた。 ネット上では有名な話だが、マックスむらい氏も2016年2月、自身が創業したAppBank社の元役員が起こした横領事件に関連して、「風評被害」から炎上騒ぎになったことがある。 事件の後マックスむらいチャンネルには低評価が殺到し、チャンネル登録者数は激減した(2017年2月、同元役員は詐欺罪での実刑判決が確定している)。 取材に対してマックスむらい氏は「2016年度、 人生で初めて会社が赤字を計上した。 正直ショックでした」と言い、炎上事件の影響は自分のコントロールできる範囲を超えている、と率直に語った。 「 (炎上は)何をしても止められません。 正直、休止する、以外にやれることはない。 私の場合はいろいろな理由で続けていましたが、罵倒の声は止まらず、周りからは人もサーッと離れていく。 自分では、本当にどうしようもなかった」 月7000万回再生なら1500万円以上の月収も 職業としてのYouTuberを語る上で必ずクローズアップされるのが、その年収だ。 トップYouTuberの一般的な収入の内訳は、一体どうなっているのか。 マックスむらい氏はBusiness Insider Japanの質問に、「 YouTuberの一般的な収支、というものを説明することはほぼ不可能ですよ。 YouTuberがグーグルから受け取る収益は再生回数で一概に計算できるものではないですから」と説明する。 YouTuberがグーグルから受け取る収益はAdSenseやDoubleClickといったさまざまな広告によるものがあり、その種類や動画に表示する広告の価格など多様な要素に左右される。 グーグル広報もこうした背景から「一概にお答えすることはできません」と回答する。 あるYouTuber関係者によると、 7000-8000万回再生で月に約1500万円以上の広告収入がある例もあるという。 換算すると、1PVあたり0. 2円近い数字だ。 その一方で、「1PVあたりの収益率が0. 1円未満のYouTuberも少なくない」と前出の関係者は語る。 もう1つの疑問である年収について。 トップYouTuberに限るとしても、年収2億や3億という数字はどこまで現実的なのだろうか? これについてマックスむらい氏は「 全然いけると思う」と即答する。 ただし、内訳は人によって違い、広告の繁忙期(12月や3月)と閑散期で収益が変動するため、x12カ月のような単純計算にはならない。 炎上でスポンサー企業は? ここまではYouTubeからの収益だが、インフルエンサーとして影響力が大きくなれば、企業からタイアップ動画のオファーも舞い込む。 YouTube上に「チャンネル」という独自のメディアを持つYouTuber。 芸能人であればスキャンダルが起きれば、テレビ番組の出演見合わせ、場合により降板になるが、YouTuberは自身が活動の中止や続行を決められる。 だが、スポンサー企業が広告を「降りる」ケースもあるのだろうか? Bizcast社の渡邉拓氏。 企業にとって不安が残りやすいYouTuberのマネジメントに強みがあり、タイアップ広告案件を多く手がける。 「大したことがない事件であれば問題視しないスポンサーもいますが、やはり 炎上の程度によっては、影響がないとは言いきれませんね」 YouTuberと企業のコラボレーションプラットフォーム「BitStar」を運営する株式会社BizcastCEOの渡邉拓氏はそう語る。 出演自体に対価が支払われるCMなどのマスメディア広告と違い、YouTuberのタイアップ動画は主に成果報酬型だ。 最近は、動画の再生回数の結果(CPV=Cost Per View)に応じて支払われるものが主流になっている。 近年急速に広まっている企業とYouTuberのタイアップ広告。 テレビと違い、「こういう事態が起きたら、広告打ち切り」といった業界慣習がまだ整備されていないため、トラブルとそうでないことの線引きもまだ難しいのが現状だ。 それでも、スポンサー企業にとって炎上のリスクは大きい。 タイアップ広告は1案件1500万円になることも タイアップ動画の収益は、YouTuberやスポンサー企業により異なるが、「ゲームなどジャンル特化型のYouTuberであれば 1PVあたり数円代後半から10円代。 さまざまなジャンルの動画を投稿するYouTuberであれば、 数円代前半から後半になる」と渡邉氏。 さらに、こう話す。 「YouTuberにタイアップ動画案件を出す主な業界は、 ゲーム会社と美容系企業。 この2つの業界はすでにタイアップ動画の『型』もできてきている」 YouTuber人気に伴い、ここ最近は旅行関連企業や飲食系などより広い業界の企業が案件を依頼するようになってきているという。 ソフトバンクが人気YouTuber、Fischer's-フィッシャーズ-とタイアップした広告の例。 動画:Fischer's-フィッシャーズ- 「いま、月に予算数千万円を出すクライアントもいる。 動画経由で(企業の)ウェブサイトに来るユーザーはそうでないユーザーと比べてページの滞在時間が3倍長いなど、数字に現れる効果も出ている。 他の業界に広がっていくのも時間の問題だと思います」(渡邉氏) ある業界関係者によると、トップレベルのYouTuberでは、1つのタイアップ動画での広告収入が1500万円ほどになることもあるという。 ここにYouTubeからの収入も入るのであれば、全盛期のヒカル氏なら「年収5億円」が見える世界になったとしても不思議ではない。 ヒカルさんには感謝しかない 奇しくも、VALU炎上騒動の1週間前にヒカル氏と「コラボ動画」を出していたマックスむらい氏。 動画では、AppBankの横領事件の詳細と以降の生活について語っていた。

次の