スーパー トコジラミ。 トコジラミ(スーパー南京虫)駆除は害虫バスターズにお任せ!

南京虫の見つけ方!発生原因と予防対策

スーパー トコジラミ

トコジラミはこれまで海外での被害報告が多く、海外旅行の際に注意すれば良いというイメージでしたが、2000年を過ぎたあたりから海外からの荷物に紛れて日本国内での被害も増加しつつある害虫となっています。 これまで海外旅行に行ったことがない人でも国内で利用した宿泊先、移動先がきっかけでトコジラミの被害に遭う可能性もあるのかもしれません。 トコジラミはどのように発生するのでしょうか。 そしてどのように対策をすればよいのかをまとめてみました。 トコジラミの生態について トコジラミは床虫という別の呼び方もあり、名前にシラミがついていますが、カメムシ目のトコジラミ科の虫になります。 吸血性の寄生する昆虫で、 人間を吸血する種類として主にトコジラミとタイワントコジラミなどがいます。 トコジラミの種類 トコジラミ トコジラミの 体長は5㎜位で、生涯を通して翅(はね)は持っていません。 体の色は薄黄色から赤褐色系の色をしていますが、吸血をすると体内に入った血液が影響して濃い茶色となり、体も伸びるので吸血後は7、8㎜位の大きさになります。 タイワントコジラミ ネッタイトコジラミという別の呼び方もあります。 タイワントコジラミの体長はトコジラミとそれほど変わりませんし、生涯を通して翅は持っていません。 トコジラミとの違いはわずかに胸部の形が違うだけで、トコジラミに比べて タイワントコジラミの方が胸部がやや細いという程度なので、目視では区別しにくいです。 日本国内では南西諸島で生息が確認されています。 トコジラミのライフサイクルと生態 トコジラミの成虫は温度や吸血状態にもよりますが、 1日に5~6個の卵を産み、一生のうちに200〜500個ほど産卵します。 卵の大きさは1㎜程で色は乳白色です。 幼虫と成虫の見た目はほとんど同じ形で大きさが違うだけです。 幼虫は1. 5㎜ぐらいなので見つけにくいですが、5回ほど脱皮を繰り返して大きくなり、成虫になると5㎜程の体長になるので目視でも見つける事が出来るようになります。 明るい場所を嫌う トコジラミは夜間、吸血をして活動していますが、明るい場所を嫌い、暗い場所を好むという習性から、暗ければ昼間でも活動できます。 環境状況が悪いと休眠する トコジラミは自分にとって環境が悪い状況になると休眠する習性があります。 例えば気温が上がりすぎている時期や逆に冬に気温が下がりすぎている時期、吸血できずに栄養源とするものが無くなった時などです。 ちなみに トコジラミはこの休眠のおかげで1年以上吸血をしなくても生き延びる場合があるため、一見、トコジラミを見かけなくなって駆除できたと思っていても完全に駆除しきれていないということもあります。 進化して薬が効かない種類も トコジラミは第二次大戦前後から1960年ごろにかけては日本でも一般的な害虫として知られていました。 第二次世界大戦後に散布されたDDTという殺虫剤により1970年代に一度、姿を消しつつありました。 ところがトコジラミはここ最近、海外からの荷物で持ち込まれるようになり、日本国内でもまた増えてきているのです。 そして トコジラミに対して効果があるといわれていたピレスロイド系の殺虫成分でも抵抗性を持つように進化して殺虫剤が効きにくいスーパーナンキンムシと呼ばれているトコジラミも出てきて問題になっています。 病気の媒介の心配は? トコジラミは吸血するため、心配になるのは吸血を介して病気を媒介する事はないかという部分だと思います。 今のところトコジラミが媒介する伝染病は報告されていません。 トコジラミによる被害について トコジラミによる吸血被害はかなり厄介で強いかゆみが発生します。 また、トコジラミはスーパーナンキンムシのように殺虫成分が効きにくいものもいるため、駆除するのに時間がかかるといった問題点もあるので被害が続く事もあります。 吸血被害 トコジラミによる一番の被害は吸血被害です。 1回につき平均15分前後、吸血します。 個人差はありますが、最初に刺されたばかりの時にはかゆみを感じない事も多く、2回目以降に吸血された人は抗体が作られるため、数時間から数日後にかゆみが発生します。 この かゆみは吸血時に一緒に体に入ってくるトコジラミの唾液によるアレルギー反応のためです。 トコジラミに刺されると肌にはっきりとした1円玉ぐらいの大きさの赤い斑点が出現し、この跡は2週間以上残ります。 そのかゆみの強さは眠れない事もあるぐらいです。 また、トコジラミは移動しながら吸血していくので刺された跡がいくつも広範囲に出来てしまいます。 商業施設への被害 トコジラミは荷物に潜り込み移動する事から宿泊施設等で発生する事もあります。 多くの人が利用する施設での発生は一定期間の駆除が必要になります。 そのため駆除が完了するまでの間に施設を営業停止にしなければならないといった被害も出てきます。 トコジラミが発生する原因について 害虫の発生原因の多くは衛生面が関係していますが、トコジラミに関して衛生面はあまり関係がありません。 主に人間が持ちこむ トコジラミは翅を持っていないので飛んで移動する事は出来ません。 またジャンプする事も出来ませんし、一晩で這って移動したとしても30mぐらいだといわれています。 そのため、トコジラミは荷物などに潜り込んで人間と一緒に移動をし、暗い場所でエサがないかを探して活動しています。 海外からの観光客が訪れる地域のホテルや旅館などで被害が報告されるようになりました。 他にも海外旅行に行った人の荷物に紛れ込んだものが自宅での繁殖につながる事もあります。 物資、家具が原因になる事も 海外から買い付けた物資やビジネスにより海外から持ち込んだものの隙間に潜り込み被害が広がる事もあります。 中古の家具にトコジラミが潜んでいた事がきっかけでトコジラミの被害に遭うという例もあります。 トコジラミが潜入しやすい家具として椅子やソファー、中古のベッドなどがあります。 トコジラミが発生しているかを確認するには トコジラミが数匹という少ない数の場合、気がつきにくいです。 交尾をして孵化しても小さすぎて見つけにくいですし、成虫になってから繰り返し繁殖をして増えてから発見される例があります。 トコジラミが繁殖しながら3ヶ月くらい経過したあたりから、大量発生して気がつく事が多いです。 刺されている箇所がダニとも違う、もしかしてトコジラミかもしれないと思った時にまず確認したいのはトコジラミが発生している場所があるかです。 今、自分の家にトコジラミが発生しているのか、もし生息しているとしたらどのあたりなのかを探す際の参考にしてみて下さい。 トコジラミが好む場所 トコジラミは一般的に夜行性の昆虫なので、暗くて狭い場所を好む傾向があります。 衣類や布団、ベッドの間やマットレスの間、畳どうしのすき間や下、壁と壁紙の間、カーペットの下、家電製品の中、柱と天井の隙間、床板の隙間、ベッドやタンスといった家具の隙間、本や棚の隙間、カーテンの裏やつなぎ目、カーテンレールなど暗くて狭い場所であればトコジラミが潜んで繁殖するのに適した場所になります。 糞による汚れがあるかを探す トコジラミは紙一枚分ぐらいの隙間があれば入り込んでしまうので色々な場所に潜む可能性があります。 トコジラミが繁殖した場所に黒褐色の糞がついて汚れるようになります。 衣類などにつくカビとも違う濃い汚れが出てくるようになったと思った場合、トコジラミが汚れのある場所付近で生息している可能性が高いので、隙間などに成虫がいないかを確認するようにしてみましょう。 トコジラミの被害に遭わないために トコジラミは荷物などに潜り込んで運ばれるという特徴があります。 旅行時の荷物への入り込みや吸血被害への対策を行うようにしましょう。 旅行時の対策 海外旅行の時の荷物にトコジラミが潜り込む事で自宅に持ち帰ってしまう可能性もあります。 トコジラミの被害が多い地域に旅行される際には対策の一つとしてカバンを大きな袋に入れておくようにするのもおすすめです。 袋に入れて密閉しておくことでカバンの中、衣服などに入り込む事も防げます。 また、帰ってきてから持って行った衣服類は全て熱処理をすると良いです。 虫よけを利用する トコジラミは夜、活動して人間を吸血しようとします。 虫よけスプレーの中にはトコジラミにも効果がある商品もありますので、使用して吸血被害を避けるという方法もあります。 自宅でトコジラミに刺される、旅行先でトコジラミの心配があるという場合は吸血被害の対策になるので安心です。 トコジラミを見つけた時には トコジラミによる被害が出た、またはトコジラミを発見したという場合、大量発生する前に駆除をするようにしましょう。 トコジラミに刺された箇所への対処 トコジラミに刺されると強いかゆみの影響で仕事や睡眠にも影響が出るほどです。 二次感染がないようであれば ステロイド系の軟膏を塗ったり、抗ヒスタミン剤の内服で症状を緩和させる事が出来ます。 殺虫剤の使用 トコジラミに効果のある殺虫剤を利用して駆除します。 トコジラミを見つけたらスプレータイプのもので駆除をして、その後の見逃したトコジラミがいないかも含め対策をすると良いです。 念のため1週間ぐらいしてから再び殺虫剤での駆除作業をおすすめします。 それは卵があった場合を想定しているからです。 トコジラミの卵は殺虫剤では効果がありません。 卵は1週間ぐらいでかえります。 幼虫は小さすぎて見つけにくいので、成虫だけ駆除しても幼虫や卵を見逃したために駆除しきれなかったという場合も考えておいた方が良いでしょう。 2回、もしくは3回ぐらいは毎週、殺虫剤での駆除をして卵や幼虫対策をしておくと良いです。 最近では一度すき間などに散布したら1か月ほど効果が持続する殺虫剤もありますので、予防対策も兼ねる事が出来ます。 状況に合わせて併用してみると良いでしょう。 駆除して効果がなかった場合は業者へ相談を 殺虫剤を利用しても効果がなかった、トコジラミが死ななかったという場合、殺虫成分に対して抵抗性を持っているトコジラミの可能性もあります。 この場合は害虫駆除業者へ相談してみると良いでしょう。 また数が多すぎて駆除しきれなかったという場合も早めに業者に相談してみて下さい。 早めに駆除したほうが被害が少なく済みます。 まとめ トコジラミは知らない間に衣類や荷物に潜り込み人間が運ぶ事で新しい場所で繁殖していきます。 気がつかないうちに繁殖している、異常なかゆみのせいでする事が手につかない、場合によっては殺虫成分が効きにくく駆除しきれないものもいるなど、トコジラミはかなり厄介な害虫ともいえます。 寝ている間に虫に刺されてかゆみがひどいという場合はトコジラミも疑ってみて下さい。 そしてトコジラミを見つけた場合は早めに駆除するようにしましょう。

次の

虫退治.COM / トコジラミ駆除に バルサン まちぶせスプレー 300ml 南京虫 スーパートコジラミ駆除

スーパー トコジラミ

トコジラミに刺されるとツライ症状なのが、強烈なかゆみです。 また、広範囲にわたる赤い湿疹や悪臭が特徴です。 今回は、トコジラミに刺された時の症状と、予防する方法をまとめました。 蚊やダニなどの虫に刺された時との比較や見分け方のポイントも紹介します。 海外旅行先のホテルで、猛烈なかゆみに襲われたという方はいませんか? その症状は、もしかしたら トコジラミかもしれません。 トコジラミに刺されたら、楽しい旅行も台無しです。 しかし、トコジラミの対策をしておけば、被害を防げるかもしれません。 今回は トコジラミ(南京虫)の生態や、トコジラミ(南京虫)に刺された時の症状、旅行先のホテルでトコジラミを予防する方法について紹介します。 トコジラミ(南京虫)の生態や、正しいトコジラミ(南京虫)予防する方法を知っているのと、知らないのとでは安心感が違いますよ。 別名南京虫とも言われる虫で、海外だけじゃなくて日本にも生息しているよ! トコジラミは別名、 南京虫(なんきんむし)や、 床虫(とこむし)とも呼ばれます。 カメムシ目のため、触るとカメムシと同様に嫌な臭いを発生させるのも特徴です。 世界中の温帯地域に生息しており、 日本でも北海道から九州と、ほぼ全国的に生息しています。 トコジラミは成虫になると、 5~7mm程度の大きさで目に見えます。 1匹の雌が、 1日に5~6個の 卵を産むため繁殖力は強いです。 また、 トコジラミは人間の血を吸います。 血を吸う前は薄黄色から、やや赤褐色をしていますが血を吸った後には濃い茶色に変化します。 最後に、トコジラミはハネがないため飛べません。 そのため室内に侵入する時には、 人間の服やカバンなどにくっついて侵入します。 他にも古いアンティークの家具や、古本などにくっついて侵入することもあります。 トコジラミは大衆浴場や、タクシー、電車など多くの人が利用する場所で偶然もらってしまうこともあります。 室内に侵入したトコジラミは、 マットレスの隅や家具の隙間など狭くて暗い場所に隠れるのが特徴です。 トコジラミ(南京虫)に刺されたらどんな症状があるの? トコジラミ(南京虫)に刺されると、どのような症状がでるのか紹介します。 主な症状としては かゆみや、湿疹が挙げられます。 また、 悪臭がするのも特徴です。 トコジラミ(南京虫)に刺されたら強烈なかゆみが出る! トコジラミ(南京虫)に刺されたら、 最もつらい症状は強烈なかゆみです。 トコジラミに刺された時のかゆみは、眠れないほど強いものです。 このかゆみは血を吸われる時にトコジラミの唾液が体内に入り、 アレルギー症状を起こすためだといわれています。 強烈なかゆみはトコジラミ(南京虫)に刺されて 数時間後~2日程度経った後に生じ、そのかゆみは 1~2週間以上続くこともあるようです。 初めてトコジラミ(南京虫)に刺された時は、かゆみが出てこないという方もいるようですが、個人差があるようです。 刺されて数日後に、かゆみが出てくる人もいるそうです。 トコジラミ(南京虫)は夜行性で、 人間が寝ている間に血を吸います。 そのため無意識のうちに刺された部分を掻きむしり、流血することもあります。 首や手足などの服に覆われていない場所を刺されることが多いのですが、服の上から刺されることもあります。 また袖口などから、衣服の中に入り込んでくることもあります。 トコジラミ(南京虫)に刺されたら湿疹ができる! トコジラミ(南京虫)に刺されると、 赤い湿疹ができます。 その大きさは、 1円玉くらいの大きさです。 さらにトコジラミ(南京虫)に特徴的なのは、赤い湿疹が全身に何箇所もできる点にあります。 トコジラミ(南京虫)は一度血を吸うだけでは満足できず、移動しながら何回も血を吸います。 そのため湿疹は並んでできたり、近くにできたりすることが多いです。 ダニやノミなどは皮膚の柔らかい部分を狙って刺すのですが、 トコジラミは肌の露出した部分ならどこでも刺します。 そのため顔や、腕、脚など刺される場所は広範囲にわたります。 トコジラミ(南京虫)に刺されたら悪臭が発生します! トコジラミ(南京虫)は、 血を吸うと同時に肛門から悪臭を放ちます。 この臭いによって仲間を呼び寄せます。 トコジラミ(南京虫)は血を吸った後に、体内の水分を糞として排出しないと住みかに戻れません。 吸血によりトコジラミ(南京虫)の腹部が大きく膨れ上がるためです。 この性質により、 刺されると嫌な臭いが発生します。 トコジラミ(南京虫)に刺された?見分ける5つのポイント 室内でなにかに刺されて痒くなったら、トコジラミ(南京虫)?と思うかもしれませんが、他にも同じ症状になる虫はいます。 主な虫は、 蚊、ノミ、ダニ、ツツガムシ、アリガタバチです。 症状が重くなったり、感染症を引き起こしたりする可能性があるのは、 ダニの中でもイエダニ、ツツガムシ、アリガタバチです。 どの虫に刺されたのか見分けるポイントを 5つ紹介します。 刺し傷の数でトコジラミ(南京虫)に刺されたか確認する! 刺し傷がひとつであれば、蚊かアリガタバチと考えられます。 複数の刺された箇所がある場合は、トコジラミ、ノミ、イエダニ、ツツガムシの可能性があります。 刺された時の痛みでトコジラミ(南京虫)に刺されたか確認する! 刺し傷がひとつで刺された時に痛みを感じたのであればアリガタバチ、感じなければ蚊と判断できます。 刺されている箇所でトコジラミ(南京虫)に刺されたか確認する! 刺されている箇所が、足だけならノミの可能性が高いです。 身体中の広範囲に刺されている場合は、トコジラミと考えていいでしょう。 かゆみでトコジラミ(南京虫)に刺されたか確認する! 複数の刺し傷があるのにかゆくないという場合は、ツツガムシの可能性が高いです。 水泡やしこりでトコジラミ(南京虫)に刺されたか確認する! 複数の刺し傷があり、水泡やしこりまで生じた場合には、イエダニだと考えられます。 トコジラミに刺された時の特徴は、身体中広範囲に刺し傷ができ、強烈なかゆみを伴う点だよ! トコジラミ(南京虫)に刺されたらどうしたらいいの? トコジラミ(南京虫)の症状についてわかりましたが、 実際に刺された時にはどうしたらいいでしょうか? 蚊のように身近ではないので、対処方法がわからないと困ります。 トコジラミに刺されたら強烈なかゆみとの闘いになりますが、 可能な限りかかないというのが大切です。 トコジラミ(南京虫)に刺された箇所を強い力でかいてしまうと、化膿してしまうこともあります。 また、傷跡が残ることもあります。 トコジラミ(南京虫)に刺されたら皮膚科に受診し、かゆみを抑える薬を処方してもらいましょう。 病院に行くまで耐えられないという時は、市販薬を使ってかゆみを和らげましょう。 抗ヒスタミン剤はアレルギー性のかゆみを緩和するので、効果が期待できるでしょう。 また、 ステロイド系の軟膏を塗ることで炎症を抑えられます。 もちろん医師の診察によって病院で出る薬は、市販薬よりも効果が強いため早めに皮膚科を受診してくださいね。 【駆除方法】もうトコジラミ(南京虫)に刺されたくない! トコジラミ(南京虫)が発生した時には、なんとか退治したいですよね? 自分でできるトコジラミ(南京虫) 退治方法や、予防する方法について紹介します。 殺虫剤を使ってトコジラミ(南京虫)を駆除する方法を知ろう! トコジラミには、 市販の殺虫剤が効かないスーパーナンキンムシが多くいます。 スーパーナンキンムシは、ピレスロイドという物質に対する抵抗性を持っているためです。 ピレスロイド抵抗性を持つトコジラミに有効な殺虫剤は、第二類医薬品である 「トコジラミゴキブリアース」です。 殺虫剤を購入する時には注意しましょう。 掃除機でトコジラミ(南京虫)を吸い取って駆除する方法を知ろう! 紙パック式の掃除機を使って吸い取れば、トコジラミごと捨てられるので便利です。 シーツや衣類など、 布製品は熱いお湯につけ置きをして洗濯をするのも効果的です。 トコジラミ(南京虫)が潜みやすい隙間を封鎖する方法を知ろう! トコジラミは壁の隙間や、ベッドやカーペットの裏、家具の隙間など 狭くて暗い場所に隠れていることが多いです。 そのような場所を作らないように封鎖するか、整理整頓をしましょう。 清潔な環境を保つことが大切です。 【予防方法】旅行先こそトコジラミ(南京虫)対策しよう! 海外旅行好きな人は、特に注意してほしいのですが、 海外旅行先のホテルからトコジラミを持ち帰ってしまうケースが増えています。 旅行先の部屋に到着したらベッドやマットレス、ベッド近くの家具を確認しましょう。 マットレスに乾いた血液の跡がないか確認する• カビのような黒い斑点(糞の跡)がないか確認する これらの痕跡を発見した場合には、部屋を変えてもらうようにしましょう。 また、ベッドにトコジラミが侵入しないようにするには、 鉄製のツルツルしたベッドフレームのベッドを選ぶといいです。 トコジラミはつるつるとした場所を登れないんです。 他にもシーツや、バッグがベッドと地面の両方に触れている状態を作らないようにしましょう。 旅行時に寝る時は、 長袖長ズボンを着て肌の露出を減らし、ディートが主成分の虫除け剤を塗っておくといいでしょう。 トコジラミを持ち帰らない工夫も大切です。 ホテルに着いたら旅行用のバッグや、スーツケースをまとめてビニール袋に入れておきましょう。 あらかじめバッグや、スーツケースに防虫剤を入れておくのもオススメです。 トコジラミ(南京虫)の駆除は業者に依頼するのがオススメ! 今回は トコジラミ(南京虫)の生態や、トコジラミ(南京虫)に刺された時の症状、旅行先のホテルでトコジラミを予防する方法について紹介しました。 近年、日本でも問題になるケースが増えてきたトコジラミですが、 海外旅行先の宿では特に注意が必要です。 宿泊費用が安いホテルに潜んでいることが多い傾向にありますが、その他のホテルでも安心はできません。 トコジラミ対策をしっかりして、 海外旅行を楽しんでくださいね。 ご家庭でトコジラミによる被害がでた場合、自分で完全に退治するのは難しいかもしれません。 なるべく早急に業者に駆除を相談しましょう。 を探す時は、を使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。 まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。 トコジラミ駆除をプロに依頼するなら トコジラミ駆除を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。 すまいのほっとラインなら、簡単にの業者を探すことができます。

次の

子どもに蔓延しているアタマジラミ « 江東区医師会

スーパー トコジラミ

トコジラミは吸血害虫で別名ナンキンムシやベッドバグと呼びます。 人が吸血されると非常に強い痒みを伴います。 【トコジラミの生態的特徴】 ・トコジラミは卵から孵化すると幼虫から成虫に至る全てのステージで吸血し血液を栄養とします。 ・寿命は1年ほどで、その間最大500程度の産卵をします。 ・夜行性と言われていますが、日中でも暗所では普通に活動します。 ・トコジラミはカメムシの仲間で営巣場所では独特な臭気があります。 ・吸血後、栄養分を体に取り込み水分を排泄します。 それを血糞と呼び跡が残ります。 【トコジラミ】 トコジラミ成虫 トコジラミ幼虫 トコジラミ卵 トコジラミの成虫は5〜7mm程度に成長します。 不完全変態で幼虫、成虫共に形態に大きな差異はありません。 成虫は赤褐色をしていて目に付きますが幼虫は齢が若いほど色素が薄く小さいため肉眼では確認しづらくなります。 空腹時はとても扁平で隙間に入り込むのに適しています。 現在、国内で頻発するトコジラミの被害はほぼ、この種でアメリカやオーストラリアで大発生しているものの一部は観光や国外の移動により持ち込まれ既に定着しています。 ピレスロイド系の薬剤に抵抗性を持つ個体群が多く難防除種になっています。 成虫は全身褐色で胸部側縁は複眼後端にかかります。 【ネッタイトコジラミ】 ネッタイトコジラミ成虫 胸部背面側縁 ネッタイトコジラミ成虫 ネッタイトコジラミ2齢幼虫 ネッタイトコジラミ4齢幼虫 ネッタイトコジラミ脱皮殻 台湾などの温暖な地域に生息する種で生態的な特徴はトコジラミと同様です。 本種はピレスロイド系殺虫剤への抵抗性はなく国内では南西諸島に多く分布し人への被害よりコウモリ等の獣類への寄生が多くあります。 外見的なトコジラミとの区別は難しく胸部側縁が複眼後端にかからないのが特徴の一つです。 トコジラミに刺咬され痒みが生じるのは唾液を宿主の体内に注入し、この中に含まれる物質がアレルギー反応として痒みとなります。 刺し痕は1ヶ所ですが吸血時に何度か場所を変えることがあり複数個所腫れることがあります。 痒みの持続性や刺し痕が消えるのは人それぞれで1〜2週間程度です。 成虫吸血中 成虫飽血 幼虫飽血 トコジラミは暗所、閉所、暖所を好みますが基本的に人が長時間居座る場所の近くに潜伏します。 布団やベッド、ソファー、寝室のカーテンや和室の畳の隙間、絨毯の裏、雑誌などあらゆる場所に営巣します。 営巣場所にはたくさんの血糞と産卵がされているため容易に発見ができます。 トコジラミは成虫になるまでに5回脱皮をします。 寿命は約1年ですが生息条件により成長の速度は変化します。 通常、卵が孵化するのに1週間、幼虫期間は1〜3ヶ月になります。 トコジラミ成虫の雌は交尾をすると約5日で産卵を開始します。 1日に5〜6個産み落とし生涯300〜500個程度産卵します。 卵は1週間程度で孵化するため繁殖力はとても旺盛です。 1人の旅行者に付着したトコジラミから3ヶ月後には数十匹増殖し1年後には数え切れない程の数になってしまいます。 【スーパーナンキンムシ】 現在、日本に定着しているトコジラミのほとんどがアメリカや東南アジアから移入してきたものだと考えられています。 特にアメリカではトコジラミが猛威を振るい大きな社会問題になっています。 そこでアメリカでは駆除をする際ピレスロイド剤を多用することによりトコジラミがピレスロイド剤に対して強い抵抗性を身に付けてしまいました。 ピレスロイド剤が効かないトコジラミ(南京虫)をスーパーナンキンムシと呼びます。 【トコジラミの食性】 吸血害虫には蚊やノミなどが居ます。 蚊の場合、雌の成虫、ノミの場合は成虫しか吸血しません。 しかしトコジラミの場合は卵から孵化すると成虫・幼虫、雌雄共に生涯吸血に頼ります。 飢餓に強く飼育下では無吸血状態で18ヶ月も生存した記録もあります。 【伝染病の媒介】 トコジラミはカメムシに近縁な昆虫でオオサシガメ類などはシャーガス病を媒介するものも存在しますが現在トコジラミが媒介する伝染病は確認されていません。 刺されるとただひたすら痒いのみです。 【トコジラミに対する様々な駆除方法】 トコジラミの駆除方法は様々で寝室の数か所にドライアイスを設置して誘引する方法があります。 これはトコジラミが二酸化炭素に誘引される性質を利用したものですが、確かに刺される数は減りますが人自身も自ら二酸化炭素を放出しているので刺されてしまい根本的な解決にはなりません。 また、トコジラミトラップの設置はトコジラミの生息調査に使用するもので全てのトコジラミがトラップに掛かるわけではありません。 エアベッドの上で寝るとトコジラミが滑って登れないため刺されなくなるとも言いますが天井から落ちて来ることもあれば、一時的に刺されないようになるだけで解決にはなりません。 現在では殺虫剤(有機リン剤)と熱処理で駆除するほかに方法はありません。 【トコジラミによる吸血】 【トコジラミの歩行速度】 【トコジラミ幼虫の隠れ家】 【飽血状態のトコジラミ】.

次の