ヒトラー 最後。 【帰ってきたヒトラー感想・ネタバレ】コメディが最後ゾッとする作品だった

第5回 ヒトラーが最後の日々を過ごした地下壕 ドイツ・ベルリン

ヒトラー 最後

かつてのドイツの総統で独裁者として 悪名をはせるアドルフ・ヒトラー。 第二次世界大戦の中心にいた彼が ユダヤ人を大量虐殺したことは最も 有名です。 学生は必ず授業で彼のことを学びますが 史上最も恐ろしいと言われるヒトラーの 生い立ちはご存知ですか? 彼自身がユダヤ人だとする説や、最後は どのようにして死んだのか、謎を追ってみます。 Sponsored Link ヒトラーの生い立ち~私生児として ヒトラーといえば、ナチス・ドイツを築き上げ アウシュビッツ収容所で ユダヤ人を大量虐殺した 恐ろしい人物として知られています。 でも意外な事に、そんなヒトラー自身も ユダヤ人 ではないかとする説があります。 ヒトラーの生まれについては謎が多く、実父の アロイス・ヒトラーがその鍵を握っています。 アロイス・ヒトラーは母マリア・アンナ シックルグルーバーの私生児として産まれています。 母親が粉ひき職人のヨハン・ゲオルク・ヒードラーと 結婚した後に、アロイスは 「Hiedler」姓に改姓しますが 読み方については公証人がわかりやすく 「ヒトラー」 と記載しています。 この アロイス・ヒトラーの本当の父親が ユダヤ人であると言われているそうです。 マリア・アンナは、アロイス・ヒトラーが生まれる前 グラーツ(ウィーン南方)でユダヤ人のフランケン ベルガー家に家政婦として雇われていました。 そしてそこで赤子を産みます。 それがアロイス(ヒトラー)であるといいます。 マリア・アンナは事実を一切語らなかった為、現在も アロイスの父はわからないままですが、これにより アドルフ・ヒトラーがユダヤ人ではないかという説が 噂されるようになります。 手塚治虫の作品 『アドルフに告ぐ』でも ヒトラーはユダヤ人だったという題材で有名です。 ヒトラーのユダヤ人説の真相 フランケンベルガー実父説は1950年頃まで 信じられていましたが、次第に史学上の根拠に 欠けると指摘されるようになります。 フランケンベルガー家の存在が確認できてない またフランケンベルガー家があったとされる地域は 当時ユダヤ人の居住は認められていませんでした。 しかし、2010年にドイツのジャーナリスト、ジーン ポール・マルダーズと歴史学者のマルク・フィルメレン により大規模な遺伝子検査が行われます。 ヒトラーの親族40人程から遺伝子を摂取した結果 彼らのDNAの系統が 『Y染色体ハプログループE1b1b』 であると確認されました。 これは、北方アフリカが起源とされていて、ドイツ人や オーストリア人にはほとんど含まれていないそうです。 この染色体を持つのは、アルジェリアやチュニジア等に 暮らす人々、そしてユダヤ人が確認されています。 この結果からヒトラーの家計にやユダヤ人の 血が流れていると結論。 ただ、もともとユダヤ人は民族や人種を表すものでは ないことから、それがヒトラーがユダヤ人である証拠には ならないというのが公式の見解です。 Sponsored Link ヒトラーの子孫が無い驚愕理由 ヒトラーは死の直前、16年前に出会ったエヴァ ブラウンと結婚しますが、子孫がいないと 言われています。 その理由はいくつか語られています。 ヒトラーは パーキンソン病を患っており、遺伝で 子供が発症するのを恐れたと言われています。 冷酷非道なヒトラーですが、子供が 好きだったといいます。 自分の背負っている運命を子に背負わせたく なかったとする説もあります。 当時既に、ドイツの敗戦の可能性が高く なっていて子供が大好きなヒトラーですから 今後を背負わせるのは厳しいものと判断したと されます。 エヴァ・ブラウンが自殺した時に妊娠していたとも 言われており、ヒトラーの子孫を名乗る人物も いることから、この件もわからないままです。 ヒトラーの最後 ヒトラーは、ナチスの崩壊と共に、 ベルリンの 総統官邸の地下壕で銃を使い自殺します。 死の1日前、 長年付き添ってくれたエヴァ・ブラウンと 小さな結婚式を挙げます。 秘書に遺言状を口述筆記させていました。 死の当日、ヒトラーは2人の秘書官と料理人と ともに、最後の昼食をとります。 その後、ヒトラーとエヴァは地下壕のスタッフや 秘書官、ドイツ国防軍の将校らと無言で握手を 交わし、別れを告げます。 ヒトラーとエヴァは、自室に入ります。 エヴァは青酸カリを飲み、ヒトラーは青酸カリを 飲んだ上で銃で頭を撃ち抜きました。 「亡骸を見世物にしたくないからすぐに焼却処分してくれ」 ヒトラーの生前の命令のとおり、部下に焼かれました。 後にソ連軍が現場に到着し、数日の探索の末に ようやくヒトラーの遺体が発見されます。 燃えずに残っていた 義歯で判明したそうです。 ヒトラーの最期に関しても様々な説があり、影武者を 使った、生存していたとする説まであります。 第二次世界大戦のさなかユダヤ人大虐殺で世界を 震撼させ悪魔と呼ばれた男の最後はあまりにも あっけない終わり方だったようですね。 しかも散々残忍な方法でユダヤ人を虐殺して自分が いざ死を覚悟した時 『見世物になりたくない』と 言い放ったヒトラーの何とも身勝手な生涯は56歳 でその幕を閉じたのです。 Sponsored Link おわりに 結局彼は、多くの謎を残したままこの世から去ってしまいました。 今もまだ戦争を引き起こした史上最悪の独裁者として語られ続けていますが、人々に人種差別や戦争の事を考えさせた彼は今となってはある意味魅力的な存在なのかもしれません。

次の

ヒトラー最後の代理人 : 作品情報

ヒトラー 最後

1944年12月、ドイツ軍は追い詰められていた。 同年6月のノルマンディー上陸以降、連合軍はヨーロッパで快進撃を続け、ドイツ国境まであと一歩というところへ迫っていたが、その頃はもう何週間もヒトラーの軍と本格的な戦闘を交えていなかった。 (参考記事: ) ベルギーのアルデンヌの森で、仲間とともにいた米軍歩兵のクリス・カラワン氏は、道に迷ったと思われる2人のドイツ兵を捕らえた。 そのうちのひとりは、ほぼ完璧な英語を話した。 「今すぐここを撤退した方が身のためだぞ」。 そのドイツ人はカラワン氏に警告した。 「お前らを海へ追い落とそうと準備中なんだ」 カラワン氏らはこの警告を上官に伝えたが、取り合ってもらえなかったという。 負け犬が大きな口を叩いているだけだと、鼻で笑われた。 国境の向こうの森で機械音が鳴り響いていたが、それは第三帝国(ナチス・ドイツ)が退却する音であり、ヒトラーはもう終わったと考えていたのだ。 (参考記事: ) 1944年12月25日から1945年1月31日まで、バルジの戦いの進展を描いた米国陸軍の公式地図。 (CREDIT: MATTHEW W. CHWASTYK, NGM STAFF. SOURCE: LIBRARY OF CONGRESS) 「第2次世界大戦のなかでも、最も激しい集中砲火だったと思います」と語るのは、75年前に起こったバルジの戦いを記録した『The Longest Winter(最も長い冬)』の著者アレックス・カーショウ氏だ。 「大地を揺るがす、衝撃的な戦いでした」 今年94歳になったカラワン氏は、米サウスカロライナ州コロンビアにある自宅のソファーに座り、反対側に座る74歳の妻アルマさんへ向かって小さく微笑んだ。 しかし、その時カラワン氏の目に映っていたのは、20歳のあの日に目にした光景だったのだろう。 近代戦上、最大規模の激戦を前にして、若い兵士は恐怖に打ち震えていただろう。

次の

【帰ってきたヒトラー感想・ネタバレ】コメディが最後ゾッとする作品だった

ヒトラー 最後

解説 第2次世界大戦中にアウシュビッツ強制収容所の所長を務め、終戦後に死刑に処された実在の人物ルドルフ・フェルディナント・ヘスの自叙伝をもとに描いた歴史ドラマ。 ナチス・ドイツ敗戦後の1946年。 アウシュビッツ強制収容所で最も長く所長を務めたルドルフ・ヘスは、ポーランドの刑務所で裁判にかけられるのを待っていた。 ヘスの取り調べを担当する若き判事アルバートは、ヘスが持ち込んだシアン化合物系の殺虫剤ツィクロンBによって101万人もの人間が虐殺されたことなど、収容所で行われていた恐ろしい行為の数々を明らかにしていく。 ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。 2016年製作/84分/PG12/イスラエル 原題:The Interrogation 配給:ファインフィルムズ スタッフ・キャスト 「仕事をすれば自由になれる」と横断幕に書かれている写真が何度も登場する。 取り調べる若き捜査官兼判事アルバートは「本当にそう思っていたのか?」という質問を何度も繰り返す。 ヘス自身が投獄されたこともあり、ヒムラーから収容所の所長をやってみないかと誘われ、総統のため命令には何でも従うようになった経緯が語られる。 アウシュビッツ所長になってからは、ソ連将校の虐殺は何にも感じなかったが、ユダヤ人大量虐殺の命を受けてからは若干人間性を取り戻したような説明をする。 特に、ガス室に女性と子どもが送られるときには家族を思い出したなど。 ほぼ語りだけで進む映画で、時折アルバートの行動も挿入されるが、なんだか意味を為してないような気もする。 ヘスの絞首刑はあっけなかった。 ほんの数秒で絶命したような感じ。 映画そのものも呆気ない。 歴史上類を見ないほどの残酷な強制収容所で大量虐殺をしていたと思えぬ淡々とした語り。 終わってもなお、自分のしたことの過ちをまるで他人事のように捉えるその雰囲気は、異常性に満ちていて、逆にとてもリアルだった。 仕方なかった、命令は絶対だった、あれは仕事だった そうではなくて、ことの重大さに気付き、犯した罪の大きさに押し潰されて、罪の意識に苛まれ過ぎて心を病んでよ…その方がまだマトモ。 何で大丈夫なの? 死ぬまでナチスの党員のままだったんだね。 それとも、そういなければ平常心すら保てなかったのか。 最後の方で、刑事を暴力に走らせたものは、彼らを狂気に走らせたものと同じか。 人の善悪や道徳は脆く、暴力性や残酷さは、容易く顔を出すのか?それを言いたくてあのシーンを入れたのだろうか。 本日、日本は終戦記念日。 世界ではまた戦争が始まりそうな不穏な情勢の中、この作品の持つ淡々とした不気味さと、人類の過去の大失態を思う。 【賛否両論チェック】 賛:実体験から語られる痛ましい収容所の真実に、思わず背筋が凍るよう。 戦争の悲惨さを痛感させられる。 否:物語はほぼ対話だけなので、興味があっても思わず退屈してしまいそう。 物語は、ほぼほぼ2人が取調室で語り合う場面で進むので、映画としてはかなり退屈です。 興味を持って観ようとしても、正直辛いかも知れません。 ただその内容たるや、非常におぞましい強制収容所の真実が語られているのも、見逃せないところです。 ルドルフ達が、善悪を判断することすら許されず、命令をただ実行するだけだったという実態にも驚かされます。 」 という言葉には、身も凍るようです。 戦争の悲惨さを痛感することが出来る作品ですので、深く考えたい方にはイイかも知れません。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の