久保 一孝。 警察と検察の違いについて

教職員人事異動 : 熊本県 県立学校 教職員 採用・転任・退職 2019/03/23

久保 一孝

ハイドレート [ハイドレート工学分野] ハイドレート [ハイドレート工学分野] 研究紹介(ハイドレート研究室) 天然ガスハイドレートは、将来のエネルギー資源として、また一方では地球環境問題(メタンは温室効果ガス)の観点から注目されている物質です。 ハイドレート研究室()は、天然ガスハイドレートに関する研究を進めています。 バイカル湖(ロシア)やオホーツク海、日本海(特にサハリン島沖や北海道沖)における海底・湖底調査を継続しており、天然ガスハイドレートの産状について調べています。 また、実験室内での人工ガスハイドレート生成実験を通じて、結晶物性や生成条件などに関する理解を深めています。 担当教員 ( 教授) はこちら はこちら はこちら 主な研究テーマ 天然ガスハイドレートのガス組成および安定同位体分析 天然ガスハイドレートのゲストガスはメタンを主成分とし、エタンやプロパン、硫化水素などが含まれます。 これらのガス組成、および炭化水素ガスの炭素・水素安定同位体比から、ガス起源に関する情報を得ることができます。 ガスクロマトグラフおよび安定同位体比質量分析装置でバイカル湖・サハリン島沖の天然ガスハイドレートのゲストガスを調べた結果、堆積層表層の微生物起源メタンが主体であり、地点によってはエタン・プロパン濃度のやや高い熱分解起源ガスが堆積層深部から供給されて、表層型ガスハイドレートを形成していることがわかりました。 バイカル湖の天然ガスハイドレート採取地点とメタン安定同位体比 混合ガスハイドレートの熱分析 ガスハイドレートを分解させるのに必要な熱量(解離熱)は、同じ重量の氷の融解熱より大きく、メタンハイドレートの解離熱は氷の融解熱の約1. 3倍です。 天然ガスは混合ガスであり、ガス組成によってハイドレートの結晶構造や物性は大きく変化します。 ところが、混合ガスハイドレートの解離熱はほとんど調べられていません。 ハイドレート研究室では、ガスハイドレート研究に特化した熱量計を用いて、メタン・エタン系、メタン・プロパン系、メタン・硫化水素系の混合ガスハイドレートの解離熱測定を進めてきました。 (左)サハリン島沖天然ガスハイドレートの熱分析結果 (右)メタン・エタン系混合ガスハイドレートの解離熱 ガスハイドレートのラマン分光分析 ラマン分光分析装置を用いると、ガスハイドレートのゲストガス(水分子でできたカゴに入っているガス分子、メタンなど)に関する情報が得られます。 資源量推算に関わる重要な数値であるメタンハイドレートの水和数(ガスハイドレートを構成する水分子・ガス分子のモル比)は、ラマンスペクトルの面積から求めることができます。 また、ラマンスペクトルのピーク位置の違いから結晶構造の変化を知ることも可能です。 エタンに富むバイカル湖ガスハイドレートのラマンスペクトル 積雪およびガスハイドレートの比表面積(SSA)測定 約15年前にフランスで開発されたメタン吸着式のSSA測定装置は、ハイドレート研究室で大幅に改良され、小型化・少労力化に成功しています。 本来は、積雪のアルベド(反射率、雪氷圏では極めて重要)の決定要因である積雪SSAを直接測定するのが目的ですが、この装置はガスハイドレート研究にも応用可能です。 メタンハイドレートの表面では、極めて微細な凹凸の存在が電子顕微鏡で観察されているのに対し、メタンハイドレートのSSA測定値は比較的小さい、という結果が得られています。 (左)メタンハイドレート表面の電子顕微鏡写真 (右)自作の比表面積(SSA)測定装置 主な研究業績 学術論文(査読付)• Kim, J. , A. Hachikubo, M. Kida, H. Minami, D. Lee, Y. Jin, J. Ryu, Y. Lee, J. Hur, M. Park, Y. Kim, M. Kang, S. Park, M. Chen, S. Kang, S. Kim: , Journal of Natural Gas Science and Engineering, 76, 103223, 2020. Manakov, A. , O. Khlystov, A. Hachikubo, H. Minami, S. Yamashita, A. Khabuev, A. Ogienko, A. Ildyakov, G. Kalmychkov, T. Rodionova: , Journal of Structural Chemistry, 60 9 , 1437-1455, doi: 10. Yamaguchi, S. , M. Ishizaka, H. Motoyoshi, S. Nakai, V. Vincent, T. Aoki, K. Yamashita, A. Hashimoto, A. Hachikubo: , The Cryosphere, 13, 2713-2732, doi: 10. Takeya, S. , A. Hachikubo: , ChemPhysChem, 20, 2518-2524, doi: 10. 201900591, 2019. Khlystov, O. , J. Poort, A. Mazzini, G. Akhmanov, H. Minami, A. Hachikubo, A. Khabuev, A. Kazakov, M. De Batist, L. Naudts, A. Chensky, S. Vorobeva: , Marine and Petroleum Geology, 102, 580-589, doi: 10. marpetgeo. 2019. 005, 2019. 坂上 寛敏, 八久保 晶弘, 南 尚嗣, 山下 聡, 髙橋 信夫, 庄子 仁: , 石油技術協会誌, 84 2 , 162-165, 2019. Khlystov O. , A. Khabuev, H. Minami, A. Hachikubo, A. Krylov: , Limnology and Freshwater Biology, 1, 66-70, doi: 10. Morgunova, I. , P. Semenov, A. Krylov, A. Kursheva, I. Litvinenko, S. Malyshev, H. Minami, A. Hachikubo, T. Zemskaya, O. Khlystov: , Neftegazovaya Geologiya. Teoriya I Praktika, 13 4 , doi: 10. 渋谷 義顕, 山下 聡, 八久保 晶弘, 小西 正朗, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 仁科 健二, 内田 康人: , 土木学会論文集B3(海洋開発), 74 2 , 868-873, doi:10. Minami, H. , A. Hachikubo, S. Yamashita, H. Sakagami, R. Kasashima, M. Konishi, H. Shoji, N. Takahashi, T. Pogodaeva, A. Krylov, A. Khabuev, A. Kazakov, M. De Batist, L. Naudts, A. Chensky, N. Gubin, O. Khlystov: , Geo-Marine Letters, 38 5 , 403-415, doi: 10. Krylov, A. , A. Hachikubo, H. Minami, T. Pogodaeva, T. Zemskaya, M. Krzhizhanovskaya, J. Poort, O. Khlystov: , International Journal of Earth Sciences, 107 6 , 2011-2022, doi:10. Ozeki, T. , Y. Kikuchi, S. Takeya, A. jced. 8b00203, 2018. Fuseya, G. , S. Takeya, A. Khlystov, O. , H. Minami, A. Hachikubo, S. Yamashita, M. De Batist, L. Naudts, A. Khabuev, A. Chenskiy, N. Gubin, S. Vorobyeva: , Geodynamics and Tectonophysics, 8 4 , 923-932, doi:10. 八久保 晶弘: , 雪氷, 79 4 , 339-348, 2017. Goto, S. , M. Yamano, S. Morita, T. Kanamatsu, A. Hachikubo, S. Kataoka, M. Tanahashi, R. Matsumoto: , Marine Geophysical Research, 38 4 , 393-407, doi:10. Krylov, A. , O. Khlystov, A. Hachikubo, H. Minami, T. Pogodaeva, T. Zemskaya, M. Krzhizhanovskaya, L. Muzafarova, R. Atanyazov: , Neftegazovaya Geologiya. Teoriya I Praktika, 12 1 , doi:10. Kalmychkov, G. , B. Pokrovsky, A. Hachikubo, O. Khlystov: , Lithology and Mineral Resources, 52 2 , 102-110, doi:10. Yanagawa, K. , A. Tani, N. Yamamoto, A. Hachikubo, A. Kano, R. Matsumoto, Y. Suzuki: , Microbes and Environments, doi:10. ME15204, 2016. 南 尚嗣, 坂上 寛敏, 八久保 晶弘, 山下 聡, 庄子 仁, 髙橋 信夫: , 低温科学, 74, 153-161, doi:10. 153, 2016. Hachikubo, A. , K. Yanagawa, H. Tomaru, H. Lu, R. Matsumoto: , Energies, 8, 4647-4666, doi:10. Derkachev, A. , N. Nikolaeva, B. Baranov, N. Barinov, A. Mozherovskiy, H. Minami, A. Hachikubo, H. Shoji: , Oceanology, 55 3 , 390-399, doi:10. Tanikawa, T. , M. Hori, T. Aoki, A. Hachikubo, K. Kuchiki, M. Niwano, S. Matoba, S. Yamaguchi, K. Stamnes: , Journal of Geophysical Research: Atmospheres, doi:10. Takeya, S. , H. Fujihisa, A. Hachikubo, H. Sakagami, Y. Gotoh: , Chemistry A European Journal, 20, doi:10. 201403575, 2014. Hachikubo, A. , S. Yamaguchi, H. Arakawa, T. Tanikawa, M. Hori, K. Sugiura, S. Matoba, M. Niwano, K. Kuchiki, T. Aoki: , Bulletin of Glaciological Research, 32, 47-53, doi:10. 47, 2014. Yanagawa, K. , M. Kouduka, Y. Nakamura, A. Hachikubo, H. Tomaru, Y. Suzuki: , Journal of Asian Earth Sciences, 90, 243-249, doi:10. jseaes. 2013. 019, 2014. Minami, H. , A. Hachikubo, H. Sakagami, S. Yamashita, Y. Soramoto, T. Kotake, N. Takahashi, H. Shoji, T. Pogodaeva, O. Khlystov, A. Khabuev, L. Naudts, M. De Batist: , Geo-Marine Letters, 34 2-3 , 241-251, doi:10. Hori, M, T. Aoki, T. Tanikawa, A. Hachikubo, K. Sugiura, K. Kuchiki, M. Niwano: , Applied Optics, 52, 7243-7255, doi:10. 007243, 2013. Takeya, S. , H. Fujihisa, Y. Gotoh, V. Istomin, E. Chuvilin, H. Sakagami, A. Hachikubo: , Journal of Physical Chemistry C, 117, 7081-7085, doi:10. Manakov, A. , O. Khlystov, A. Hachikubo, A. Ogienko: , Russian Geology and Geophysics, 54, 475-482, doi:10. rgg. 2013. 009, 2013. 八久保 晶弘: , 低温科学, 71, 141-151, 2013. Khlystov, O. , M. De Batist, H. Shoji, A. Hachikubo, S. Nishio, L. Naudts, J. Poort, A. Khabuev, O. Belousov, A. Manakov, G. Kalmychkov: , Journal of Asian Earth Sciences, 62, 162-166, doi:10. jseaes. 2012. 009, 2013. 山下 聡, 出羽 寛信, 八久保 晶弘, 南 尚嗣, 片岡 沙都紀, 川口 貴之, 坂上 寛敏, 高橋 信夫, 庄子 仁: , 地盤工学ジャーナル, 7 4 , 503-516, doi:10. 503, 2012. Minami, H. , K. Tatsumi, A. Hachikubo, S. Yamashita, H. Sakagami, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, A. Obzhirov, N. Nikolaeva, A. Derkachev: , Geo-Marine Letters, 32 5-6 , 525-534, doi:10. Sakagami, H. , N. Takahashi, A. Hachikubo, H. Minami, S. Yamashita, H. Shoji, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. Grachev, M. De Batist: , Geo-Marine Letters, 32 5-6 , 465-472, doi:10. Hachikubo, A. , O. Khlystov, M. Kida, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, G. Kalmychkov, J. Poort: , Geo-Marine Letters, 32 5-6 , 419-426, doi:10. Poort, J. , O. Khlystov, L. Naudts, A. Duchkov, H. Shoji, S. Nishio, M. De Batist, A. Hachikubo, M. Kida, H. Minami, A. Manakov, M. Kulikova, A. Krylov: , Geo-Marine Letters, 32 5-6 , 407-417, doi:10. 八久保 晶弘, 柳川 勝紀, 戸丸 仁, 松本 良: , 石油技術協会誌, 77 4 , 268-273, doi:10. 268, 2012. 戸丸 仁, 八久保 晶弘, 柳川 勝紀, 村松 康行, 安齋 博哉, G. Snyder, 松本 良: , 石油技術協会誌, 77 4 , 262-267, doi:10. 262, 2012. Hachikubo, A. , S. Takeya, E. Chuvilin, V. Istomin: , Physical Chemistry Chemical Physics, 13, 17449-17452, doi:10. 海原 拓哉, 八久保 晶弘, 尾関 俊浩, 西村 浩一, 秋田谷 英次: , 雪氷, 73 2 , 133-142, 2011. Hachikubo, A. , S. Takeya, E. Chuvilin, V. Istomin: , Physics and Chemistry of Ice 2010, 12th International Conference on the Physics and Chemistry of Ice, 5-10 September, 2010, Sapporo, 197-202, 2011. Krylov, A. , O. Khlystov, A. Hachikubo, H. Minami, Y. Nunokawa, H. Shoji, T. Zemskaya, L. Naudts, T. Pogodaeva, M. Kida, G. Kalmychkov, J. Poort: , Geo-Marine Letters, 30, 427-437, doi:10. Hachikubo, A. , O. Khlystov, A. Krylov, H. Sakagami, H. Minami, Y. Nunokawa, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, S. Nishio, M. Kida, T. Ebinuma, G. Kalmychkov, J. Poort: , Geo-Marine Letters, 30, 321-329, doi:10. Hachikubo, A. , A. Krylov, H. Sakagami, H. Minami, Y. Nunokawa, H. Shoji, T. Matveeva, Y. Jin, A. Obzhirov: , Geo-Marine Letters, 30, 313-319, doi:10. Hachikubo, A. , O. Khlystov, A. Manakov, M. Kida, A. Krylov, H. Sakagami, H. Minami, N. Takahashi, H. Shoji, G. Kalmychkov, J. Poort: , Geophysical Research Letters, 36, L18504, doi:10. 八久保 晶弘, 木田 真人, 奥田 充, 坂上 寛敏, 庄子 仁: , 雪氷, 71 5 , 341-351, 2009. Mazurenko, L. , T. Matveeva, E. Prasolov, H. Shoji, A. Obzhirov, Y. Jin, J. Poort, E. Logvina, H. Minami, H. Sakagami, A. Hachikubo, A. Salomatin, A. Salyuk, E. Prilepskiy, CHAOS2003 Scientific Team: , From: D. Long, M. Lovell, J. Rees and C. Rochelle eds Sediment-hosted gas hydrates: New Insights on Natural and Synthetic Systems, The Geological Society, London, Special Publications, 319, 51-72, doi:10. 5, 2009. Kida, M. , A. Hachikubo, H. Sakagami, H. Minami, A. Krylov, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, J. Poort, H. Narita: , Geochemistry Geophysics Geosystems, 10, Q05003, doi:10. 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 布川 裕, 庄子 仁, T. Matveeva, Y. Jin and A. Obzhirov: , 地学雑誌, 118 1 , 207-221, doi:10. 118. 207, 2009. 南 尚嗣, A. Krylov, 坂上 寛敏, 八久保 晶弘, 百武 欣二, 戸丸 仁, 木田 真人, 高橋 信夫, 庄子 仁, T. Matveeva, Y. Jin, A. Obzhirov and J. Poort: , 地学雑誌, 118 1 , 194-206, doi:10. 118. 194, 2009. 庄子 仁, Y. Jin, A. Obzhirov, A. Salomatin, B. Baranov, V. Gladysh, 八久保 晶弘, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫: , 地学雑誌, 118 1 , 175-193, doi:10. 118. 175, 2009. 尾関 俊浩, 八久保 晶弘, 岩花 剛, 中村 一樹, 樋口 和生, 大西 人史, 佐々木 大輔, 秋田谷 英次: , 雪氷, 70 6 , 571-580, 2008. Krylov, A. , O. Khlystov, T. Zemskaya, H. Minami, A. Hachikubo, H. Shoji, M. Kida, T. Pogodaeva, L. Naudts, J. Poort: , Geochemistry International, 46 10 , 985-995, doi:10. Krylov, A. , O. Khlystov, T. Zemskaya, H. Minami, A. Hachikubo, Y. Nunokawa, M. Kida, H. Shoji, L. Naudts, J. Poort, T. Pogodaeva: , Geophysical Research Letters, 35, L05405, doi:10. Hachikubo, A. , T. Kosaka, M. Kida, A. Krylov, H. Sakagami, H. Minami, N. Takahashi, H. Shoji: , Geophysical Research Letters, 34, L21502, doi:10. Aoki, T. , M. Hori, H. Motoyoshi, T. Tanikawa, A. Hachikubo, K. Sugiura, T. Yasunari, R. Storvold, A. Eide, K. Stamnes, W. Li, J. Nieke, Y. Nakajima, F. Takahashi: , Remote Sensing of Environment, 111, 274-290, doi:10. rse. 2007. 035, 2007. Kida, M. , H. Sakagami, N. Takahashi, A. Hachikubo, H. Shoji, Y. Kamata, T. Ebinuma, H. Narita, S. Takeya: , Journal of the Japan Petroleum Institute, 50 3 , 132-138, doi:10. 132, 2007. Kida, M. , O. Khlystov, T. Zemskaya, N. Takahashi, H. Minami, H. Sakagami, A. Krylov, A. Hachikubo, S. Yamashita, H. Shoji, J. Poort, L. Naudts: , Geophysical Research Letters, 33, L24603, doi:10. Tanikawa, T. , T. Aoki, M. Hori, A. Hachikubo, O. Abe and M. Aniya: , Applied Optics, 45 21 , 5310-5319, doi:10. 005310, 2006. Hori, M. , T. Aoki, T. Tanikawa, H. Motoyoshi, A. Hachikubo, K. Sugiura, T. Yasunari, H. Eide, R. Storvold, Y. Nakajima, F. Takahashi: , Remote Sensing of Environment, 100 4 , 486-502, doi:10. rse. 2005. 001, 2006. Takeya, S. , M. Kida, H. Minami, H. Sakagami, A. Hachikubo, N. Takahashi, H. Shoji, V. Soloviev, K. Wallmann, N. Biebow, A. Obzhirov, A. Salomatin, J. Poort: , Chemical Engineering Science, 61, 2670-2674, doi:10. ces. 2005. 049, 2006. Kataoka, S. , O. Kitamura, K. Hyakutake, K. Abe, A. Hachikubo, H. Shoji: , Polar Meteorology and Glaciology, 19, 42-49, 2005. Takeya, S. , T. Uchida, Y. Kamata, J. Nagao, M. Kida, H. Minami, H. Sakagami, A. Hachikubo, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, M. Grachev, V. Soloviev: , Angewandte Chemie International Edition, 44, 6928-6931, doi:10. 200501845, 2005. Kokhanovsky, A. , T. Aoki, A. Hachikubo, M. Hori, E. Zege: , IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing, 43 7 , 1529-1535, doi:10. 2005. 848414, 2005. Shoji, H. , V. Soloviev, T. Matveeva, L. Mazurenko, H. Minami, A. Hachikubo, H. Sakagami, K. Hyakutake, V. Kaulio, V. Gladysch, E. Logvina, A. Obzhirov, B. Baranov, O. Khlystov, N. Biebow, J. Poort, Y. Jin, Y. Kim, other CHAOS project members: , Eos, Transactions, American Geophysical Union, 86 2 , 13-24, doi:10. Hirashima, H. , K. Nishimura, E. Baba, A. Hachikubo, M. Lehning: , Annals of Glaciology, 38, 123-129, doi:10. Hachikubo, A. , K. Yamada, T. Miura, K. Hyakutake, K. Abe, H. Shoji: , Ocean and Polar Research, 26 3 , 515-521, doi:10. 2004. 515, 2004. Ozeki, T. , K. Kose, T. Haishi, S. Nakatsubo, K. Nishimura, A. Hachikubo: , Cold Regions Science and Technology, 37 3 , 385-391, doi:10. Aoki, T. , A. Hachikubo, M. Hori: , Journal of Geophysical Research, 108 D19 , 4616, doi:10. Hachikubo, A. : , Annals of Glaciology, 32, 27-32, doi:10. McElwaine, J. , A. Hachikubo, M. Nemoto, T. Kaihara, T. Yamada, K. Nishimura:. Cold Regions Science and Technology, 31 3 , 235-247, doi:10. Hachikubo, A. , H. Arakawa, K. Nishida, T. Fukuzawa, E. Akitaya: , Polar Meteorology and Glaciology, 14, 103-109, 2000. Hachikubo, A. , S. Hashimoto, M. Nakawo, K. Nishimura: , Polar Meteorology and Glaciology, 14, 1-7, 2000. 八久保 晶弘, 橋本 重将, 中尾 正義, 本山 秀明, 鈴木 啓助, 西村 浩一: , 雪氷, 62 3 , 265-277, doi:10. 265, 2000. Aoki, Te. , Ta. Aoki, M. Fukabori, A. Hachikubo, Y. Tachibana, F. Nishio: , Journal of Geophysical Research, 105 D8 , 10219-10236, doi:10. Hachikubo, A. , E. Akitaya: , Annals of Glaciology, 26, 22-26, doi:10. Hachikubo, A. , H. Motoyama, K. Suzuki, E. Akitaya: , Proceedings of the NIPR Symposium on Polar Meteorology and Glaciology, 11, 94-102, 1997. Hachikubo, A. , E. Akitaya: , Journal of Geophysical Research, 102 D4 , 4367-4373, doi:10. 国際会議発表(研究室関連、2010年以降)• Hachikubo, A. , A. , S. Yamaguchi, T. Aoki: Improved apparatus for measuring specific surface area of snow by the methane adsorption method, International Snow Science Workshop, 7-12 October, 2018, Innsbruck, Austria, 2018年10月. Hachikubo, A. , Y. Oota, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, A. Manakov, G. Kalmychkov, M. Hachikubo, A. , S. Takeya, M. Konishi, H. Sakagami, S. Yamasaki, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Hachikubo, A. , Y. Oota, S. Takeya, M. Konishi, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, O. Vereshchagina, A. Hachikubo, A. , Y. Jin, S. Takeya, O. Vereshchagina, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, A. Obzhirov: Characteristics of natural gas hydrates retrieved from Tatarsky Trough, off the south western Sakhalin Island, The 8th International Conference on Asian Marine Geology ICAMG-8 , 5-10 October, 2015, Jeju Island, Korea, 2015年10月. Oota, Y. , A. Hachikubo, S. Takeya: Micro-pore effect on dissociation process of methane hydrate and isotopic fractionation of guest molecules, The 6th Vereshchagin Baikal Conference, 7-12 September, 2015, Irkutsk, Russia, 2015年9月. Oota, Y. , A. Hachikubo, S. Takeya: Secondary formation of sII gas hydrate during dissociation of sI mixed-gas hydrate composed of methane and ethane, The 6th Vereshchagin Baikal Conference, 7-12 September, 2015, Irkutsk, Russia, 2015年9月. Hachikubo, A. , Y. Oota, Y. Shimizu, S. Takeya, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, M. De Batist: Effect of water depth on hydration number of methane hydrate, The 6th Vereshchagin Baikal Conference, 7-12 September, 2015, Irkutsk, Russia, 2015年9月. Hachikubo, A. , Y. Oota, Y. Shimizu, S. Takeya, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, M. De Batist: Regional characteristics of hydrate-bound hydrocarbons in Lake Baikal, The 6th Vereshchagin Baikal Conference, 7-12 September, 2015, Irkutsk, Russia, 2015年9月. Hachikubo, A. , H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: Gas hydrate characteristics retrieved off southeastern and southwestern Sakhalin Island, 12th International Conference on Gas in Marine Sediments, 1 — 6 September, 2014, Taipei, Taiwan, 2014年9月. Hachikubo, A. , S. Yamaguchi, T. Aoki: BET method by Japanese Team, Intercomparison of Snow Grain Size Measurements Workshop, 4-5 August, 2014, Reading, UK, 2014年8月. Hachikubo, A. , S. Hachikubo, A. , S. Yamaguchi, H. Arakawa, T. Tanikawa, M. Hori, K. Sugiura, M. Niwano, K. Kuchiki, T. Aoki: Investigation of adsorbent for a measurement of snow specific surface area by the gas-adsorption method, International Snow Science Workshop, 7-11 October, 2013, Grenoble, France, 2013年10月. Hachikubo, A. , H. Arakawa, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, M. Hori, K. Sugiura, M. Niwano, K. Kuchiki, T. Hachikubo, A. : Measurement of the specific surface area of snow by using gas adsorption method, The 3rd Snow Impurity and Glacial Microbe effects on the abrupt warming in the Arctic SIGMA Workshop in Tazawako, 6-8 March, 2013, Tazawako, Japan, 2013年3月. Hachikubo, A. , H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: Characteristics of hydrate-bound gas and dissolved gas in pore water off Sakhalin Island, Sea of Okhotsk, 11th International Conference on Gas in Marine Sediments, 4 — 7 September, 2012, Nice, France, 2012年9月. Hachikubo, A. , H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, O. Vereshchagina, A. Hachikubo, A. , H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: Molecular and isotopic signatures of hydrate-bound gases retrieved from offshore of Sakhalin Island, Sea of Okhotsk, International Workshop on the Korea-Russia-Japan Sakhalin Slope Gas Hydrate SSGH Project, 12-16 December, 2011, Jeju, Korea, 2011年12月. Hachikubo, A. , H. Tomaru, R. Matsumoto: Molecular and isotopic characteristics of hydrocarbons in sediments and gas hydrate at eastern margin of Japan Sea, 7th International Conference on Gas Hydrates, 17-21 July, 2011, Edinburgh, UK, 2011年7月. Hachikubo, A. , K. Tatsumi, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: Molecular and isotopic compositions of hydrate-bound hydrocarbons in subsurface sediments from offshore Sakhalin Island, Sea of Okhotsk, 7th International Conference on Gas Hydrates, 17-21 July, 2011, Edinburgh, UK, 2011年7月. Hachikubo, A. , H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, M. DeBatist, Y. Jin, A. Obzhirov: Molecular and isotopic compositions of gas hydrates at the Sea of Okhotsk and Lake Baikal, 3rd International Workshop on Gas Hydrate Studies and Other Related Topics — Okhotsk Sea and Lake Baikal -, 25 January, 2011, Kitami, Japan, 2011年1月. Hachikubo, A. , O. Khlystov, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, G. Kalmychkov, J. Poort: Isotopic fractionation of hydrate-bound hydrocarbons in the subbottom sediments of Lake Baikal, 2010 AGU Fall Meeting, 13-17 December, 2010, San Francisco, USA, 2010年12月. Okuda, M. , A. Hachikubo, H. Shoji: Dissociation heat of mixed-gas hydrate composed of methane, ethane and propane, 10th International Conference on Gas in Marine Sediments, 6 — 12 September, 2010, Listvyanka, Russia, 2010年9月. Hachikubo, A. , O. Khlystov, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, G. Kalmychkov, J. Poort: Crystallographic properties of natural gas hydrate in the southern and central Lake Baikal, 10th International Conference on Gas in Marine Sediments, 6 — 12 September, 2010, Listvyanka, Russia, 2010年9月. Hachikubo, A. , H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. Jin, A. Obzhirov: Heterogeneous molecular composition of hydrate-bound gas in subsurface sediments from offshore Sakhalin Island, Sea of Okhotsk, 10th International Conference on Gas in Marine Sediments, 6 — 12 September, 2010, Listvyanka, Russia, 2010年9月. Hachikubo, A. , S. Takeya, E. Chuvilin, V. Istomin: Calorimetric studies on dissociation of methane hydrate in porous media, 12th International Conference on the Physics and Chemistry of Ice, 5 — 10 September, 2010, Sapporo, 2010年9月. Hachikubo, A. : Natural gas hydrates in submarine and sublacustrine sediment, 4th Annual Japanese-French Frontiers of Science Symposium, 21-24 January, 2010, Futuroscope — Poitiers, France, 2010年1月. 国内学会発表(研究室関連、2010年以降)• 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: D 2Oをホストとしたガスハイドレートのラマン分光分析, 氷科学研究会研究集会「H 2Oを科学する・2019」, 札幌, 2019年12月. 八久保 晶弘, 木村 宏海, 菊池 優樹, 松田 純平, 竹谷 敏: アイソトポログをゲストとしたガスハイドレート平衡圧とゲストガス安定同位体分別との関係, 氷科学研究会研究集会「H 2Oを科学する・2019」, 札幌, 2019年12月. 池浦 有希, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 長谷 優之介, 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 池浦 有希, 八久保 晶弘, 山口 悟, 青木 輝夫: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 松田 純平, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 池浦 有希, 八久保 晶弘, 山口 悟, 青木 輝夫: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 木村 宏海, 八久保 晶弘, 舘山 一孝: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 鎌田 諒也, 松田 純平, 長谷 優之介, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 木村 宏海, 菊池 優樹, 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 白倉 翔大, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月. 杉森 笑海, 池浦 有希, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2019・山形, 山形, 2019年9月• 伏屋 豪, 八久保 晶弘: , 日本エネルギー学会第28回大会, 大阪, 2019年8月. 伏屋 豪, 八久保 晶弘: , 日本エネルギー学会第28回大会, 大阪, 2019年8月. 木村 宏海, 松田 純平, 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 池浦 有希, 矢作 大輔, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 長谷 優之介, 松田 純平, 池浦 有希, 八久保 晶弘, 小西 正朗, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 長谷 優之介, 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 松田 純平, 菊池 優樹, 八久保 晶弘, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 菊池 優樹, 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 八久保 晶弘, 松田 純平, 山下 聡, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 仁科 健二, 坂口 健司: , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張, 2019年5月. 池浦 有希, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2019年5月. 長谷 優之介, 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2019年5月. 松田 純平, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2019年5月. 池浦 有希, 八久保 晶弘, 山口 悟, 青木 輝夫: , 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2019年5月. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: メタン・硫化水素混合ガスハイドレートのラマン分光分析, 氷科学研究会研究集会「H 2Oを科学する・2018」, 札幌, 2018年12月. 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: ガスハイドレートに包接されたゲスト分子の分子振動の温度依存性, 氷科学研究会研究集会「H 2Oを科学する・2018」, 札幌, 2018年12月. 奥山 ほのか, 矢作 大輔, 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 山口 悟, 青木 輝夫: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 矢作 大輔, 菊池 優樹, 奥山 ほのか, 吉野 雄作, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 木村 宏海, 松田 純平, 二階堂 亜美, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 半田 智大, 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 長谷 優之介, 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 二階堂 亜美, 松田 純平, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 岡本 陵, 菊池 優樹, 木田 真人, 八久保 晶弘, 百武 欣二, 小西 正朗, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 松田 純平, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 菊池 優樹, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2018・札幌, 札幌(誌上開催), 2018年11月. 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本エネルギー学会第27回大会, 東京, 2018年8月. 八久保 晶弘, 伏屋 豪, 竹谷 敏: , 日本エネルギー学会第27回大会, 東京, 2018年8月. 伏屋 豪, 竹谷 敏, 八久保 晶弘: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 松田 純平, 川口 瑞樹, 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 松田 純平, 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 菊池 優樹, 八久保 晶弘, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist, Y. Jin, A. Obzhirov, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 菊池 優樹, 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 柿崎 圭人, 矢作 大輔, 奥山 ほのか, 吉野 雄作, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 仁科 健二: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 小関 貴弘, 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 八久保 晶弘, 柿崎 圭人, 奥田 駿, O. Khlystov, G. Kalmychkov, A. Manakov, M. De Batist, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 八久保 晶弘, 柿崎 圭人, 松田 純平, 百武 欣二, 小西 正朗, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 仁科 健二: , 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月. 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2018年5月. 松田 純平, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2018年5月. 八久保 晶弘, 矢作 大輔, 山口 悟, 青木 輝夫: , 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2018年5月. 松田 純平, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: メタン・エタン系混合ガスハイドレートのエタン水素同位体分別, 第9回メタンハイドレート総合シンポジウム CSMH-9 , つくば, 2017年10月. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 菊池 優樹, 竹谷敏: 海底・湖底環境下におけるメタンハイドレートの水素同位体分別過程解明を目指した実験的研究, 第9回メタンハイドレート総合シンポジウム CSMH-9 , つくば, 2017年10月. 八久保 晶弘, 柿崎 圭人, 松田 純平, 吉野 勇作, 百武 欣二, 小西 正朗, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 仁科 健二, 美坂 正, 板谷 和彦: オホーツク海枝幸沖および網走沖のガスプルームに関する地球化学的特徴, 第9回メタンハイドレート総合シンポジウム CSMH-9 , つくば, 2017年10月. 八久保 晶弘, 柿崎 圭人, 松田 純平, 菊池 優樹, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist: バイカル湖南湖盆に産する天然ガスハイドレートの特徴について, 第9回メタンハイドレート総合シンポジウム CSMH-9 , つくば, 2017年10月. 松田 純平, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 佐藤 洸介, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 川口 瑞樹, 八久保 晶弘, 柿崎 圭人, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 吉野 雄作, 八久保 晶弘, 山口 悟. 青木 輝夫: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 八久保 晶弘, 菊池 優樹, 竹谷 敏: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 八久保 晶弘, 山口 悟, 白川 龍生, 青木 輝夫: , 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏, Y. Jin, A. Obzhirov, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: , 日本エネルギー学会第26回大会, 名古屋, 2017年8月. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 大野 浩, 竹谷 敏: , 日本エネルギー学会第26回大会, 名古屋, 2017年8月. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: , 日本地球惑星科学連合-アメリカ地球物理学連合2017年合同大会, 幕張, 2017年5月.

次の

スーパーティーチャー

久保 一孝

被取締役(有機交流電灯)さん 、「気がつけば、明日で仕事納め、とはいうものの未だ仕事が終わらないのでDSトレーニングで遊ぶ」にコメントありがとうございます。 最近、やたらと題名は長いのは 被取締役さんのブログの影響であります。 ついでに、 閑話休題 のしるしである >>>>>>> も、まねをしています。 》>>>>>>>>>>>>>>> で、「死亡事案は200万、一般事案は40万からスタート・・・ 」のアドバイスありがとうございます。 実は、社長は高校のときの同級生であります。 何年か前に、いろいろとありまして、相談に乗ったのがきっかけで、 「ほんとうに何もしていないような状態」というのは、ホントです。 色んなひずみが出てきている業界で、それなりに大変なようであります。 あちこち、社労士のブログはだんだん増えてきてますが、社労士が知りたい社労士の情報って少ないのですね。 業務に関する生の情報に関して書いているところは少ないのですね。 ホントは、制度のうえに乗っかって、濡れ手に粟状態で顧問料を稼いでいる大先生あたりの実情を知りたいのですが・・・ あわよくば、何とか仕事に結びつかないかと・・・いや、それが悪いと言うのではなく、動機が同じようなものだと似たようなブログになるのかと・・・ で、考えなければならない金額は ・会社が支払いたい損害賠償額 ・被災者と家族が望む、十分な慰謝料と損害賠償額 ・私の報酬・・・・ いずれも重要だ!! 時間があれば、 「あっせん申請書」 申請人陳述書(事業主側) 被申請人陳述書(労働者側) を作りたいと思います。 長丁場になりそうなので、折を見てコメントしていきます。 0038. 貴職の著作本は未だ拝読致しておりませんし、河野順一先生の『特定社労士・・・』の本も未だ拝読致しておりません。 ただ、ご自身が検証も述べられず誤認と断定なさるのは如何なものかと存じます。 誤認と述べられるからにはその箇所を記載され、ご自身の意見を述べてからではないと他者の批評などできないと存じます。 場合によっては名誉毀損にもなる行為であるかと存じます。 誤認と仰った箇所全てに関して説明責任が生ずると考えます。 この掲示板においてご回答をお待ちしております。 当職もお蔭さまで、自身の掲示板において毎日500~1200HITを頂いております。 日弁連からも能力担保措置のときはアクセスを頂いておりました。 (アクセス解析を搭載しております) 貴職のご回答を掲示板でもご紹介致したいと思っております。 宜しくお願い申し上げます。 39 の記事への、早速の投稿ありがとうございます。 他のみなさんも、気がつかれたところを、ぜひともお願いいたします。 さて、 研究目的などからすれば、異なった意見の討論をする前に、事実確認程度の正確妥当な「事柄の認識」が必要だと思います。 議論が進んでから、「不正確な認識」であったことが判明すれば、せっかくの討論が無駄になるのではないですか。 受講受験者の学習効率を高めることは、今の時期、大切かと存じます。 39 の記事で指摘した部分は、事実確認程度の課題なのです。 (私も意見が異なる部分で論議したいところが存在します。 ) 少し本などを調べれば、すぐに判明するような誤認ですから、みなさんそれぞれ、自力で発見されてからの議論しませんか。 また、いくつかの誤認部分は、あっせん制度とか法律構成の基本的なものなのですから、これをチャンスと思って、認識を深める学習は必要だと思います。 相互に学習すればよいのです。 最後に、 誤認部分を他人から指摘・批判される前に、この本を執筆された方が早急に訂正されることが、私たち社会保険労務士全体の学習や能力向上にとって、効率的かつ妥当ではないでしょうか。 本を出版するときは、幾人もが関わりますから、どうしても校正ミス程度は生じます。 私の本の296p下から10行目「他人の良心によって、私の良心を侵されない。 」への(専門用語に因る)校正ミス、訂正願います。 昨日発見しましたが、訂正行為とは、こんな程度のことを指すのですよ。 では、他のみなさんの投稿も待ちしております。 みんなで学習しましょう。 昔、青労会の掲示板で多数のご意見を掲載されていた方です。 下記のHPに掲示板があります。 t-kubo. html たいへんお元気の方のようであります。 内容はともかく、前に前に進む意気込みは見習いたいと思います。 方向性が正しければ・・・(いや、あの、自分の方向性であります・・・) というわけで、久保先生のHPの掲示板 からのコピペです。 《以下、引用、一切手を加えておりません。 河野順一先生の著作本について、誤認の箇所についてご回答くださることでしょう。 早速、明日は丸善に行って2冊買って検証しなければ(笑)。 貴職の著作本は未だ拝読致しておりませんし、河野順一先生の『特定社労士・・・』の本も未だ拝読致しておりません。 ただ、ご自身が検証も述べられず誤認と断定なさるのは如何なものかと存じます。 誤認と述べられるからにはその箇所を記載され、ご自身の意見を述べてからではないと他者の批評などできないと存じます。 場合によっては名誉毀損にもなる行為であるかと存じます。 誤認と仰った箇所全てに関して説明責任が生ずると考えます。 この掲示板においてご回答をお待ちしております。 当職もお蔭さまで、自身の掲示板において毎日500~1200HITを頂いております。 日弁連からも能力担保措置のときはアクセスを頂いておりました。 (アクセス解析を搭載しております) 貴職のご回答を掲示板でもご紹介致したいと思っております。 宜しくお願い申し上げます。 NPO・青労会は辞したが師であることに違いはない。 河野先生は、こういう方は取り合わないかもしれないが、弟子の一人として気分が悪いものは悪い。 どれ程業界の為に尽力してきたか、どれ程貢献したかは否めない事実である。 その師をこういう人達に汚されたくない。 烏滸がましいにもほどがある。

次の

ハイドレート [ハイドレート工学分野]

久保 一孝

被取締役(有機交流電灯)さん 、「気がつけば、明日で仕事納め、とはいうものの未だ仕事が終わらないのでDSトレーニングで遊ぶ」にコメントありがとうございます。 最近、やたらと題名は長いのは 被取締役さんのブログの影響であります。 ついでに、 閑話休題 のしるしである >>>>>>> も、まねをしています。 》>>>>>>>>>>>>>>> で、「死亡事案は200万、一般事案は40万からスタート・・・ 」のアドバイスありがとうございます。 実は、社長は高校のときの同級生であります。 何年か前に、いろいろとありまして、相談に乗ったのがきっかけで、 「ほんとうに何もしていないような状態」というのは、ホントです。 色んなひずみが出てきている業界で、それなりに大変なようであります。 あちこち、社労士のブログはだんだん増えてきてますが、社労士が知りたい社労士の情報って少ないのですね。 業務に関する生の情報に関して書いているところは少ないのですね。 ホントは、制度のうえに乗っかって、濡れ手に粟状態で顧問料を稼いでいる大先生あたりの実情を知りたいのですが・・・ あわよくば、何とか仕事に結びつかないかと・・・いや、それが悪いと言うのではなく、動機が同じようなものだと似たようなブログになるのかと・・・ で、考えなければならない金額は ・会社が支払いたい損害賠償額 ・被災者と家族が望む、十分な慰謝料と損害賠償額 ・私の報酬・・・・ いずれも重要だ!! 時間があれば、 「あっせん申請書」 申請人陳述書(事業主側) 被申請人陳述書(労働者側) を作りたいと思います。 長丁場になりそうなので、折を見てコメントしていきます。 0038. 貴職の著作本は未だ拝読致しておりませんし、河野順一先生の『特定社労士・・・』の本も未だ拝読致しておりません。 ただ、ご自身が検証も述べられず誤認と断定なさるのは如何なものかと存じます。 誤認と述べられるからにはその箇所を記載され、ご自身の意見を述べてからではないと他者の批評などできないと存じます。 場合によっては名誉毀損にもなる行為であるかと存じます。 誤認と仰った箇所全てに関して説明責任が生ずると考えます。 この掲示板においてご回答をお待ちしております。 当職もお蔭さまで、自身の掲示板において毎日500~1200HITを頂いております。 日弁連からも能力担保措置のときはアクセスを頂いておりました。 (アクセス解析を搭載しております) 貴職のご回答を掲示板でもご紹介致したいと思っております。 宜しくお願い申し上げます。 39 の記事への、早速の投稿ありがとうございます。 他のみなさんも、気がつかれたところを、ぜひともお願いいたします。 さて、 研究目的などからすれば、異なった意見の討論をする前に、事実確認程度の正確妥当な「事柄の認識」が必要だと思います。 議論が進んでから、「不正確な認識」であったことが判明すれば、せっかくの討論が無駄になるのではないですか。 受講受験者の学習効率を高めることは、今の時期、大切かと存じます。 39 の記事で指摘した部分は、事実確認程度の課題なのです。 (私も意見が異なる部分で論議したいところが存在します。 ) 少し本などを調べれば、すぐに判明するような誤認ですから、みなさんそれぞれ、自力で発見されてからの議論しませんか。 また、いくつかの誤認部分は、あっせん制度とか法律構成の基本的なものなのですから、これをチャンスと思って、認識を深める学習は必要だと思います。 相互に学習すればよいのです。 最後に、 誤認部分を他人から指摘・批判される前に、この本を執筆された方が早急に訂正されることが、私たち社会保険労務士全体の学習や能力向上にとって、効率的かつ妥当ではないでしょうか。 本を出版するときは、幾人もが関わりますから、どうしても校正ミス程度は生じます。 私の本の296p下から10行目「他人の良心によって、私の良心を侵されない。 」への(専門用語に因る)校正ミス、訂正願います。 昨日発見しましたが、訂正行為とは、こんな程度のことを指すのですよ。 では、他のみなさんの投稿も待ちしております。 みんなで学習しましょう。 昔、青労会の掲示板で多数のご意見を掲載されていた方です。 下記のHPに掲示板があります。 t-kubo. html たいへんお元気の方のようであります。 内容はともかく、前に前に進む意気込みは見習いたいと思います。 方向性が正しければ・・・(いや、あの、自分の方向性であります・・・) というわけで、久保先生のHPの掲示板 からのコピペです。 《以下、引用、一切手を加えておりません。 河野順一先生の著作本について、誤認の箇所についてご回答くださることでしょう。 早速、明日は丸善に行って2冊買って検証しなければ(笑)。 貴職の著作本は未だ拝読致しておりませんし、河野順一先生の『特定社労士・・・』の本も未だ拝読致しておりません。 ただ、ご自身が検証も述べられず誤認と断定なさるのは如何なものかと存じます。 誤認と述べられるからにはその箇所を記載され、ご自身の意見を述べてからではないと他者の批評などできないと存じます。 場合によっては名誉毀損にもなる行為であるかと存じます。 誤認と仰った箇所全てに関して説明責任が生ずると考えます。 この掲示板においてご回答をお待ちしております。 当職もお蔭さまで、自身の掲示板において毎日500~1200HITを頂いております。 日弁連からも能力担保措置のときはアクセスを頂いておりました。 (アクセス解析を搭載しております) 貴職のご回答を掲示板でもご紹介致したいと思っております。 宜しくお願い申し上げます。 NPO・青労会は辞したが師であることに違いはない。 河野先生は、こういう方は取り合わないかもしれないが、弟子の一人として気分が悪いものは悪い。 どれ程業界の為に尽力してきたか、どれ程貢献したかは否めない事実である。 その師をこういう人達に汚されたくない。 烏滸がましいにもほどがある。

次の