また 明日 っ て 言える こと が こんなにも 幸せ なん だ と 歌。 「アイドリッシュセブン」2nd LIVEに約16万人が熱狂! TVアニメ2期新情報も飛び出した初日レポ

DIARY

また 明日 っ て 言える こと が こんなにも 幸せ なん だ と 歌

7月16日。 とても大切な日。 松野莉奈、あなたが生まれた素敵な日。 りななん、生まれてきてくれてありがとう。 あなたに出会えてよかった。 ありがとう。 私があなたに伝えようとして、伝えられなかった言葉です。 あなたが私の背に合わせて身をかがめて笑顔で言ってくれた言葉です。 私はりななんの事を知ってからずっと、生きていく希望を貰っていました。 辛いことがあっても、りななんに支えられて今まで生きてきたような。 りななんのおかげで私の毎日は色で溢れていました。 感情を素直に出すあなたの事を見ていると私も素直になれました。 りななんが大きく口を開けて笑っていてくれるだけで私は幸せでした。 見た目は大人中身は子供。 本当にキャッチフレーズ通り、中身は子供…? もちろんいつも無邪気で、楽しいこと美味しいことみんなで一緒にいることが大好きでなんでも素で楽しんじゃう子供らしさ。 本当にありのまま素直に感情を表現しているりななんは、いつも自然に私の心を素敵な色で染めてくれて、私も幸せに笑ってました。 ただただ楽しかった。 甘えん坊でとにかく優しくて、こんな人がいるんだぁなんて思うくらい純粋な女の子。 家族のこともエビ中のこともきっと友達のこともみんな愛していたんだろうな、だいすきなんだろうなって見ていて本当に分かります。 ファンにもとっても優しくてたくさん笑顔を見せてくれたね、その笑顔に何度も何度も救われました。 ありがとう。 それでも、ただ天真爛漫な子供なだけじゃなくて。 自分の考えや意思を強く強く持っていた。 限界なんてないんだよ、努力は裏切らない!、あなたを見てるとそう思えました。 自分が苦手なこと、できないこと。 すぐに諦めないで陰でたくさん努力している。 みんなには決して見せないし、インタビューでもあんまり語らなかったけれど、できるかな?で終わらないで人一倍努力していたんだと思います。 できなくても絶対に諦めないで、まっすぐ自分の夢へ突き進んでいく芯の強さが私は大好きです。 うそーん。 そうかなぁ?そんなことないよぉうふふっなんて照れ隠ししてて…。 かわいいなぁ、またその心からの笑顔が見たいなぁ。 そして、まっすぐだからこそなのかなぁ、はじめてりななんが歌ってる姿を見た時、こんなに自分の想いをこの歌に乗せて、感情のままに歌っている人をはじめて見た、と思ったんです。 その表情は見せるための薄っぺらい表情なんかじゃなくて本当に心の底からこの歌が大好きなんだなぁ、まるでこの歌の主人公になっているみたいに思いが溢れ出てきている感じで。 だからどんどん歌も上手くなっていって。 クリスマス大学芸会でイイトモを聴いた時、誰に向けて歌っていたのかな、最初から最後まで誰かに訴えかけるように、それでもずっとずっとあったかい笑顔で歌うあなたの姿を見て涙がこぼれました。 私の大好きな歌、落ちサビを自信満々に歌うあなたは本当にかっこよかった、言葉じゃ表せない表したくないくらい私の心に今もずっと残っています。 聴けてよかった。 でもまた聴きたいんだ、心から幸せに包み込まれたい。 あったかくて包み込まれるような、幸せな歌声が大好きだよ。 歌だけじゃなくて、色んなことに挑戦して、その分努力してきてたなぁ、モデルのお仕事も沢山してきたね、その時は"エビ中のりななん"じゃなくて1人の女性"松野莉奈"として出ていました。 ポージングも表情も、どれも美しくて、今も何度も見返しています。 次はどんな表情が見れるかな、と毎月の楽しみでした。 そのモデルのお仕事も、やっぱりりななんは毎日毎日ひとつひとつ、研究して勉強して得たものなんでしょう。 自分の夢を決めている、自分の限界なんて作らない。 誰にも見せなかったその努力。 ちゃんと伝わってるよ。 だからこそ、必死に努力しているからこそあなたの表情は誰よりもかっこよくて本当に輝いているよ。 それでも今の自分に満足しないでどんどん上を目指してたね、力強い言葉が綴られていたあなたの18歳の誕生日のブログ。 今でも覚えています。 改めてあなたのことを応援しようと思えた。 雑誌の表紙を飾ること。 写真集やスタイルブックを出すこと。 大きな目標だけど、りななんなら大丈夫。 あなたなら必ず実現するだろうな。 おめでとう!なんて言える立場じゃないけど叶ったら本当に自分の事のように嬉しくてただただ幸せでありがとう!こんな気持ちははじめてだよ!なんてすぐに伝えに行きたいよ。 そして、こっちは何もしてないのに、照れながらありがとう!ってきっと言ってくれる愛くるしいあなたに会いに行ってもいいですか。 なんてずっと考えていました。 今も変わらずそのまま。 りななんのフォトブックが出ると聞いた時、ただただ嬉しかったと言ったら嘘になってしまいます。 悔しくてたまらなかった。 喜びに満ち溢れるみんなの姿、言葉。 更新されることのないブログ。 辛くて苦しくて悔しくて。 あなたは絶対に夢を実現したよ、私が何よりも誰よりも大好きなあなたを思うとただ悔しくて、おめでとうと素直に言えなくて。 ごめんね、私は素直じゃないからいろんなことを考えてしまった。

次の

狂気覗かす男役─表現者 明日海りお─

また 明日 っ て 言える こと が こんなにも 幸せ なん だ と 歌

さる2019年9月30日、ひとりのがを卒業した。 トップスター、明日海りおである。 その後2008年のバウ・ワークショップ『』でバウ初主演、同年の『ME AND MY GIRL』で新人公演初主演と、まさしく路線に乗った彼の人生は抜擢に抜擢が続き、順風満帆と言えるものだった。 新人公演は『』、『』、『ラストプレイ』と4連続で主演、バウ公演『二人の貴公子』ではとダブル主演、2011年には『人』で入団9年目にして東特初主演を果たしている。 同年には『THE SCARLET PIMPERNEL』のショーヴランを役替わりで演じ、新たな一面を示している。 彼の躍進はそれだけにとどまらない。 2012年、当時のトップスターが退団し、その羽根をが引き継いだタイミングで、彼は2番手ではなく「準トップ」に就任したのだ。 この「準トップ」はの歴史上初の措置で、彼は・愛希れいかのトップコンビ大劇場お披露目公演『』でなんとロミオとティボルトの2役を、続く翌年の『』でもオスカルとの2役をトップスターとの役替わりで演じたのである。 これはまさに異例だ。 正式に2番手になるよりも前に準トップとして大劇場で主演を務めているのだから、常識では計れないスケールの男役と言っていいだろう。 振り返れば、彼の経歴は「宝塚初」とか、そういった言葉によって彩られている。 2013年には率いるに組替えし、『愛と革命の詩』、『』を経て2014年にトップスターに就任した。 それからの彼の活躍は目覚ましく、元トップスター柚希礼音が退団して以降は彼のことを「トップオブトップ」と呼ぶ人も増えたように思う。 かく言う私もその一人で、なんというか「宝塚のトップスターといえば明日海りお」という風に考えていた。 数多くの作品に主演する中で、トップスターとして円熟期を迎えた彼が2018年に行ったにおける公演『Delight Holiday』は同劇場初めての宝塚作品であり、2019年にはこれも劇団初となるでのコンサート『恋するARENA』を成功させている。 宝塚に新たな歴史を刻んだトップスター、それが明日海りおなのだ。 では、明日海りおがここまでの輝かしい足跡を残すことが出来たのはなぜだろう。 美貌?歌唱力?人柄?もちろんそのすべてが彼には備わっている。 特に「フェアリー系」と称されるその麗しさは筆舌に尽くしがたい。 研究科3年目や4年目時代にステージの後ろの方で踊っているだけなのになぜか明日海りおは輝いているように見えるし、なぜか視線を奪われる。 「トップスターは光を当てられるのではなくて自分から光を出す」という言葉も、彼を見ていると「あぁ、そうかな」と納得してしまう。 しかし個人的には、明日海りおというトップスターをトップスターたらしめているのは、「表現力」だと思う。 それも会話や歌といった「声による演技」ではない、「立ち姿」とか「所作」、「ダンス」などの「声に頼らない演技」において彼の右に出る者はいない。 明日海りおという役者は、ただ立っているだけで役のすべてを表現することが出来るのだ。 やり直しのきかない舞台の上で、そしておよそ3か月におよぶ公演期間をシングルキャストで走り抜ける中で、彼の表現はどこまでも、どこまでも鈍ることがない。 特に、「人間ではない役」を演じているときの明日海りおには、鬼気迫るものがある。 『』のトートで彼はまさしく「死」だった。 「死そのもの」だった。 の死を望みながらも自分では手を下せず、さらに彼女のネガティブな死では満足することの出来ないトートの揺らぎ。 「黄泉の帝王、トート閣下。 またの名を、死」。 これは個人的な考察になるが、トートは「死」であって、決して「死神」ではない。 だからこそ彼は死んだ人間を迎えることして出来ないし、猫を殺したというルドルフの告白に悲痛な表情を見せるのだ。 セリフの少ないトートという役柄を演じる明日海りおのパフォーマンスは見事なものだった。 そして、明日海りおというの力がひとつの頂に至った作品が、『』だと私は思う。 の同名作品を原作にした初の舞台化を務めたのは、やはり明日海りおだった。 をして、ポスター撮影で「そこにガーはいた。 明日海りおだった」と言わしめる彼のパフォーマンスは見事だった。 まず、ヴィジュアル面。 なんというか、絵が動いているのだ。 ガーが、動いている。 明日海りお、ついに二次元に食い込みだしたかぁ、という感覚。 そしてなにより、緞帳が上がってからの表現力。 プロローグ、舞台の中心からバラを持ってせりあがってくる明日海りお、いや、ガーの美しさ。 それも、こちらに寒気を覚えさせるほどの美しさ。 ただ立っているだけなのだ。 彼は、ただそこに立っているだけ。 それだけでこちらにすべてが伝わってくる。 ガーという少年が永遠の命を生きていることが、というを超えた存在であることが。 物語の序盤、まだ人間だったガーは望まぬ形でになってしまう。 そして時は進み、同じくとなったシーラやメアとともに、にあるホテルの階段から降りてくる。 その立ち姿。 ガーがもはや人間ではなくなってしまったことを、ただその立ち姿だけで伝える明日海りおの力量。 あの作品のハイライトはあの場面にあったと言っても過言ではないかもしれない。 再演の機会に恵まれることが多かった明日海りおという男役にあって、彼の代表作はこの『』ではないだろうか。 あの作品を観て、私の人生はまるっきり変わってしまったのだ。 明日海りおの特徴であるこの表現力を存分に発揮していたのが、先日の『青い薔薇の精』大劇場千秋楽の後に行われた『明日海りおサヨナラショー』である。 私は映画館でのライブ中継を観ていたのだが、号泣してしまった。 凄まじいの一言だった。 プロローグから怒涛のメドレーが続く構成で、大劇場主演12作という彼の歴史を感じさせた。 このメドレーでも、明日海りおは一切手を抜くことがなかった。 「明日海りお」の神髄が、そこにあった。 『』に始まり、『カリスタの海に抱かれて』、『新』、『金色の砂漠』、『MESSIAH』、『CASANOVA』、『』、『ファンタジア』、『エキサイター』といった、トップスターとしての歴史を振り返る名曲の数々。 しかしこのメドレーで特筆すべきは、明日海りおが曲ごとにそのキャターを演じていた、ということである。 『カリスタ』ではシャルルとして、『金色』ではギィとして、『MESSIAH』ではとして、『CASANOVA』ではとして、『ポー』ではガーとして。 彼が今誰を演じているかが、私自身の記憶を呼び起こし、すぐに分かるのだ。 明日海りおは、入り切っていた。 舞台の転換はもちろん、衣装も、メイクも変えることなく、ただ立っているだけで、今彼がどれほどの深さで役に入っているかが分かる。 すごいとしか言えないパフォーマンスを、涼しい顔で見せるのだから、こちらとしては涙で応えるしかない。 こんなにもすばらしい役者を、宝塚の舞台で見ることができなくなる。 そのことが本当に寂しい。 11月24日の退団まで、明日海りおは進み続けるだろう。 最後に。 同じ時代に生まれ、明日海りおという男役として活躍するあなたを観られたこと。 こんなに幸せなことはありません。 本当にありがとうございました。 Maholo2611.

次の

【back number名曲】おすすめ人気曲をシーン別で紹介!

また 明日 っ て 言える こと が こんなにも 幸せ なん だ と 歌

今若者を中心に人気を集めているロックバンド「 back number(バックナンバー)」。 多数のテレビドラマや映画とタイアップしており、彼らの曲を聴く機会も多くなりましたよね。 back numberは2004年に結成したスリーピースロックバンドで、デビューから現在まででCDショップ大賞やドラマアカデミー賞など数々の受賞歴を持っています。 彼らの作る楽曲は恋愛をテーマにしたものが多く、その等身大の歌詞がファンたちの心を射止めています。 老若男女誰もが共感できる気持ちを歌い上げ、自然と泣けてきてしまう楽曲が満載です。 また、 ライブでも安定感のある歌声に定評があり、フェスにも多数出演しています。 今回はそんな大人気ロックバンドback numberのおすすめ人気曲をシーン別で紹介します。 Contents• 恋愛曲ならback numberがおすすめ!その魅力とは 曲紹介をする前に、人気バンドbacknumberの魅力について解説します。 back numberの楽曲は恋愛ソングが非常に多く、心に迫る歌詞が話題を呼びました。 作詞作曲を担当しているのが、ギター兼ボーカルの清水依与吏。 彼は「彼女を他のバンドマンにとられた」ことなど、 自身の実体験をもとに楽曲を手がけることが多く、その リアルな感情が投影された楽曲が彼らを人気ロックバンドへと押し上げました。 メジャーデビューから徐々に人気を集め、音楽番組の出演やドラマとのタイアップなどを経てさらに人気に火がつき、カラオケでも常に上位にランクインする大ヒットナンバーを作り続けています。 片思いや失恋ソングが多い back numberは、ミニアルバムのタイトルにも「 あとのまつり」や「 逃した魚」とつけるほど、片思いや失恋ソングを多く手がけています。 別れた彼女への後悔や、失恋から前に進めないという想いを綴ったものが多く、「 女々しい」と表現されることもしばしば。 しかしそんな「女々しい」恋愛観こそが彼らの真骨頂で、人の感情に寄り添うことができるのかもしれません。 男女問わず共感できる胸に刺さる歌詞と、安定感があり柔らかい歌声にハマる人続出中です。 ストーリー性のある歌詞 back numberの作る歌詞には、楽曲それぞれのストーリーがあります。 ただ恋愛観を綴るだけでなく、 聴く人に曲の背景を想像させるようなものが多く、 そのストーリー性こそが、聴く人を曲の世界観にさらに引き込んでいくのです。 とくに作詞作曲を務める清水依与吏の経験をもとに作られた多数の楽曲には、 自然と涙が溢れてしまうほどの影響力があり、「失恋したときに聴きたいロックバンド」といわれています。 歌詞が沁みる…切なくて苦しい恋の歌 back numberの真骨頂ともいえる「 切なくて苦しい恋の歌」。 そのなかでも選りすぐりの曲をピックアップしました。 悲しくも美しいストーリーが垣間見える歌詞の数々に注目です。 恋 僕は君の事が好きだけど 君は僕を別に好きじゃないみたい 答えがあまりにシンプル過ぎて もう何も言えないね ぐうの音も出ないってこの事だね でも気が済むまで 好きでいるけど あんまり気にしないで 好きな人が自分を好きになるとは限らないことに、落ち込みながらも前を向く男性の前向きな気持ちを歌った曲。 想いを寄せる相手が自分のことを好きでなくても、恋は止められるものではありませんよね。 別れた時に聴きたい失恋ソング お互い好き合って恋人になったはずなのに、いつの間にか終わってしまった恋。 そんな悲しい思いを引きずっている人も多いのではないでしょうか? 失恋して辛い気持ちをback numberの曲で乗り切った!というファンも多いほどです。 そんな失恋にピッタリなback number珠玉の名曲を紹介します。 繋いだ手から 青いまま枯れてゆく あなたを好きなままで消えてゆく 私みたいと手に取って 奥にあった想いと一緒に握り潰したの 大丈夫 大丈夫 今すぐに抱きしめて 私がいれば何もいらないと それだけ言ってキスをして なんてね 嘘だよ ごめんね 映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の主題歌に起用された曲。 女性目線で失恋を歌い上げて、人気を集めました。 本音の後につけられた「嘘だよ」という言葉が切ないですね。 backnumberの女性目線のおすすめソング back numberは男性3人組で構成されたロックバンドですが、実は女性目線の曲も多数あるのです。 女性も共感できると話題の楽曲を紹介します。 助演女優症 あぁいま隣で 雪が綺麗と笑うのは君がいい でも寒いねって嬉しそうなのも 転びそうになって掴んだその手の先で ありがとうって楽しそうなのも それも君がいい JR「SKISKI」のCMソングにも起用された1曲。 どんな毎日も愛する彼女と過ごしていきたい…そんな男性の愛に満ちた想いを歌ったこの楽曲は、back numberの楽曲のなかでも定番ソングとなっています。 歌詞に激しく共感!メロディと歌声も魅力のback numberがおすすめ! back numberは、 恋愛におけるさまざまなシーンを、リアルに、そして感情豊かに歌ったラブソングが多くの人の心を掴んで話さない今大人気のロックバンドです。 シングル曲はもちろんのこと、アルバム収録曲の中にも名曲は多く、それらはライブでも披露されています。 また、back numberには、この記事では紹介していない曲の中にも、魅力あふれる作品がまだまだあります。 動画サイトなどでも視聴できるので、ぜひ聴いてみてはいかがでしょうか?.

次の