俺ガイル ss クロスオーバー。 『俺ガイル』主人公、比企谷八幡を描いたおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

シュタゲおすすめSSまとめ【オカクリ中心】

俺ガイル ss クロスオーバー

概要 端的に言えば、古くから続く 「」や 「」の系譜。 創作物のとしても用いられるが、元ネタと同様、どちらかと言えば稚拙な創作物を揶揄する言葉としての用法が主である。 いざこざの原因となるので、作者以外の人が勝手にこのタグを付ける事はあまりお勧めしない。 『』のをベースとしながらも、し、した キャラクターがHACHIMANである。 なお、設定改変がなかった場合でも、原作と比べて明らかにキャラがズレすぎていたり、何故か目が腐っていなかったりすれば対象となる。 にはよくある事だが、主にやなどの「ユーザー間の交流に重点を置いたSS投稿サイト」に現れる傾向がある。 作者がをと誤認していて、八幡が青春ライトノベルの高校生男子に過ぎないにも関わらずパロディ先で大活躍している場合十中八九HACHIMANである。 以下、敢えて「クロスオーバー」と誤表記したまま説明を続ける。 クロスオーバーの要素を含むHACHIMANものSSの場合、 女性キャラを根こそぎ略奪し、世界観を蹂躙し、クロス先の主人公に成り変わってハーレムを築いては、すぐに他の作品に寄生するかのように新しい連載を始めるという事例が起こりやすい。 主な被害作品• (下の2つの作品は別人物より) クロス先のヒロインは 原作において恋人がいようと関係なくHACHIMANに惚れさせられ、絶対服従する信者に仕立て上げられる。 また、その過程で他キャラクターの踏み台化、キャラ改変、それに伴う原作で行っていない悪事の捏造などを行う。 作者(視聴者)目線でクロス先のキャラに何らかの落ち度があると感じた場合(も含む)、そうしたキャラに対してSEKKYOU、DANZAIなどのハラスメント行為に及び、暴力で屈服させる、弱み(捏造)を握るなどして、やはり信者に貶める。 他にも• 「クロス先のキャラが原作で身につけた技や能力はHACHIMANの劣化。 HACHIMANはそれ以上の事ができる」と設定し、HACHIMANより劣っているとみなす• クロス先のキャラが原作で見出した結論をそのままコピペし、さも自分が先に思いついたかのように指摘する• クロス先のキャラに作者の私見を代弁させ、敵対者として設定したキャラを過度に攻撃する• 人格・能力など、俺ガイル側のキャラがクロス先のキャラと比べて全体的に劣っているかのように扱う(HACHIMANと作者が贔屓にしているキャラを除く) など、俺ガイル、クロス作品を問わず作品やキャラクターを乱雑に扱う事が多い。 その結果、読者の怒りを買ったり、無用なトラブルを起こしたりする。 編集者視点でのHACHIMAN厨の特徴 キャラクターとしてのHACHIMANとは別に、下記に記したような行為を主に行う作者・読者をHACHIMAN厨と呼称する場合もある。 とにかくHACHIMANを信奉し、それを否定するものは許さない。 自分が嫌っているキャラが創作物内でHACHIMANに制裁を受けた場合、 「ざまあ」「当然の結果」といった趣旨のコメントをする。 特にというキャラに憎悪の感情を抱いており、葉山が出ていなかったとしてもコメント欄で 「葉山死ね」だの 「屑山消えろ」だのと頻繁に叩く。 HACHIMAN厨が葉山を憎む理由は大半は捏造によるものだが、HACHIMAN厨はそれを原作設定だと信じ込んでおり、葉山が原作でそのような行動を取ったかのように語り、貶める事に余念がない。 深読みの仕方を間違えている。 修学旅行での一件は 「葉山が八幡を貶めるために仕掛けた罠だ」と本気で信じ込んでいるため、SSがその件を扱った内容になると、コメント欄が賑やかになる。 その他、、、など、俺ガイル側のキャラに対してとにかく攻撃的な意見を述べ、邪険に扱う。 (時々 普通に登場する場合もあるようだ 別人より)• 中でも由比ヶ浜については葉山と同レベルで憎悪の対象としているようで、キャラそのものを全く別人にする、特定の台詞のみを抽出して貶めるなどかなり手が込んでいる。 平塚も暴力表現のみに焦点を当てられ、誤った印象を与えるよう仕向けたうえで断罪の対象としている。 原作を読まない。 アニメしか見ていなかったり、SS(大抵はHACHIMANものである)かWikipediaを読んだだけで済ませる。 仮に原作を読んでいたとしても、八幡の心情を一切理解していなかったり、都合よく歪曲させHACHIMANに仕立て上げる。 特に修学旅行の一幕から始まるものは、アニメ2期の影響が大きい。 キャプションやタグで「駄文」「原作未読(アニメは見た)」「原作知識なし」などとことさらにアピールするが、内心ではそれを恥とも思っていない。 のような事をする時もある。 例えば 「ハチ」や 「八」という風に、 HACHIMANと被害作品のヒロインのを表すタグを安易に作り、追加するなどの痛々しい行動がそれである。 注意点 本当に俺ガイルという「作品」が好きでHACHIMANものを書いている人や、 上記の特徴を含まない真っ当なクロスSSを書いている人もいるので、そういった人に対して安易にHACHIMAN厨と決めつけて攻撃するべきではない。 (残念ながら、特に渋のクロスSSの9割はHACHIMAN厨の作品であるが) 「(不快な思いをするのが)嫌なら読むな」「(批判されるのが)嫌なら書くな、載せるな」という言葉は正論だが、一方的に指示するのはコミュニケーションとして不適切である。 読者側は、作者側はクロス作品のタイトルやキャラ名のタグを付けないようにしたりマイピク限定公開にするなどで 自衛を行い、互いの目に触れないように努める事が大切なのだ。 そのため、書いている作者がそうした配慮をしないのも、明らかに不適切である。 最後に一つ… あなたの理想のHACHIMANが他の人、何より本来の比企谷八幡という人間から見たらどのように受け止められるのか、よく考えてほしい。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

『俺ガイル』主人公、比企谷八幡を描いたおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

俺ガイル ss クロスオーバー

youtube. vip2ch. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube.

次の

【俺ガイルSS・雪乃】結衣「戻りたいな高校時代に・・・奉仕部に・・・」

俺ガイル ss クロスオーバー

SSで特に好きなのは、シュタインズ・ゲート(通称シュタゲ)シリーズです。 アニメや原作を最後まで見ると、シュタゲの世界観にもっと触れていたい、浸かっていたい、という思う方も多いと思いますが、その方法の1つが「SS」だと思います。 元々がノベルゲームですので、そのまま移行しやすいのではないでしょうか。 これまでシュタゲSSを数百作品と読んできた中から、おすすめの作品達を紹介します。 オススメ作品 個人的名作・特におすすめの作品 この作者、間違いなくSS巧者です。 違和感のない台詞回しにしっかりと起承転結の流れがあります。 「オカクリ」としては最高峰。 作者の愛が感じられます。 かなり甘めなので、そこはご留意を。 レベル高し。 オリキャラが躍動していて全然気にならない。 むしろ厨二病まゆりが可愛く見えてくる。 かなりのSS巧者の作品とお見受けしました。 シュタゲゼロもの。 とても「いい意味で」騙されました。 好きですね、こういう作品。 牧瀬紅莉栖・オカクリ好きにおすすめの作品 久しぶりにシュタゲSSを読みたいと思えた作品。 ババ抜きの心理戦をコミカルに描きます。 独自解釈で展開されるオリジナルストーリー。 読み応えがありますが、結構長いです。 これはいいイチャラブもの。 よくあるオリジナル未来ガジェットもの。 ラボメンにいろいろ質問をします。 好意を数値化するオリジナル未来ガジェットもの。 バレンタインデーものです。 これは2つでセットの作品。 まゆりを助けるため、バカ正直に何度もタイムリープを繰り返すお話。 コメディです。 少し長めの作品。 各キャラクタたちがのほのぼのとしたやりとりがうまく表現されている良作です。 不思議と違和感なく設定が飲み込め、こんな世界線もあるのか、と思わされます。 コンパクトによくまとまった秀作。 紅莉栖のデレ分がやや多め。 これはいいオカクリSS。 短いですが、起承転結がうまくできています。 ちょっと変化球。 こういう作品もアリですね。 タイトルからは想像できない感動作。 ややくどい表現もあるのですが、シュタゲSSを読むならぜひ一読してほしい名作です。 とてもいい意味でバカバカしいコメディの良作です。 紅莉栖に対して素直になれない岡部がダルに相談するお話。 後半のラブラブぶりが素晴らしいです。 岡部は紅莉栖の誕生日にサプライズを企画するが、、、 最初は読んでて辛いところがあるのですが、そうなってしまった理由がわかってからはグイグイと引き込まれます。 後半は好みが分かれるかもしれません。 エイプリルフールネタ。 独自解釈が許容できるなら・・・なかなかの力作です。 甘々です。 序盤から中盤にかけて畳み掛ける感じが最高です。 よくある会話形式のSSではなく地の文が岡部の語りとなっています。 内容は、ラボに扇風機を導入すべくフェイリスを頼ったところ条件として、紅莉栖がメイドコスプレをすることになり・・・というもの。 pixivは甘いオカクリ小説の宝庫です。 こちらはラボメンがジェンガをするお話。 ラボメンたちのやりとりが楽しそうです。 紅莉栖が入院してしまい、RSの影響を疑う岡部は心配で・・・というお話。 ラストシーンがいいですね。 胸が熱くなりました。 pixivで連載されています。 いわゆるアフターストーリーでオリキャラ要素もあるのですが、作者の方の筆力が十分で普通に読み物としてのレベルが高いです。 劇場版アフターとなっており、ほぼ全編オカクリのみの、とても甘々な内容になっています。 長いですが、読み応えがあります。 椎名まゆり好きにおすすめの作品 まゆり派の方はこちらの作品をどうぞ。 ラボメンの絆が描かれており、心が温まります。 阿万音鈴羽好きにおすすめの作品 鈴羽好きな方に超オススメしたい作品。 桐生萌郁好きにおすすめの作品 萌郁好きにオススメの作品です。 萌郁好きにオススメの作品その2。 仕掛けが施してあり、なかなか読み応えがあります。 その他のおすすめ作品 タイトルそのまま。 オチがいいです。 シュタゲSSというよりはハルヒSS。 とにかく長いです。 うまく2作品がクロスオーバーされています。 独自解釈が多く難解なところもありますが、読み応えがあります。 ラボメンの短冊に書かれた願いとは・・・ホロッとするいいお話です。 「シュタインズゲート」と「DEATH NOTE」のクロスオーバー。 なかなかどうしてよくマッチしていて違和感がほとんどありませんでした。 タイトルそのまま。 ダルの語りのSSは珍しい。 ラボメンの絆が描かれるほのぼのとして良作。 カラオケの選曲を通して各ラボメンの特徴を上手く引き出している、ほのぼの良作です。 あらゆる世界線の記憶を保持することになった岡部のお話。 力作です。 数少ない貴重なシュタゲゼロのSS。 真帆が主人公なのも珍しいです。 長編かつ作者独自の解釈も含んでいますが、読み飽きさせない筆力ある作品です。 シュタゲゼロもの。 ラボメンがメガネをかけると・・・というお話。 とても平和な世界線です。 続けてシュタゲゼロもの。 公式外伝小説「無限遠点のアルタイル」を読んでいるとより楽しめます。

次の