麻 婆 豆腐 冷凍 保存。 想炒出好吃的麻婆豆腐,豆腐要先放入鹽水中煮過?

麻婆豆腐能放几天 看保存方法

麻 婆 豆腐 冷凍 保存

この記事を流し読み• 麻婆豆腐は冷凍保存可能? 残ってしまった麻婆豆腐が後日食べるために冷凍保存をする事は可能です。 ですが、冷凍保存をする上での注意点がありますので、そのポイントをみていきましょう。 まず、豆腐を冷凍保存した経験はありますか? 豆腐を冷凍すると、豆腐の中の水分が凍って、解凍するときに蒸発してしまいます。 つまり、 豆腐に水分がない状態の高野豆腐のようになるのです。 麻婆豆腐も同様で、豆腐以外は問題ありませんが冷凍保存すると豆腐が高野豆腐のような食感になってしまいます。 こうなってしまうと、麻婆豆腐本来の風味ではなくなってしまうので、これが嫌ならば、豆腐だけ抜いて冷凍保存するか豆腐の形がほとんどなくなるぐらいぐちゃぐちゃにして冷凍保存のどちらかで冷凍保存をしてください。 麻婆豆腐の冷凍保存方法 冷凍保存するときは、タッパーかフリーザーバッグを用意しておきましょう。 そして、粗熱がとれた状態の麻婆豆腐の豆腐を抜くまたはつぶして混ぜたら、タッパーかフリーザーバッグにうつします。 フリーザーバッグの場合には空気を抜いておくのをお忘れなく。 また、解凍して食べる際にはタッパーやフリーザーバッグが耐熱の物ならばそのまま電子レンジでチン。 そうでない場合には、食べたいと思う日の前日から冷蔵庫へうつして自然解凍させておくようにしてくださいね。 おすすめは、自然解凍したものを鍋に移す時に新しいお豆腐を加えるという方法です。 冷凍保存期間 最後に冷凍保存した麻婆豆腐がどれくらいもつのかというお話ですが、 目安としては大体1か月程度です。 もちろん、1か月を超えてしまったから、すぐに食べられなくなるというわけではありません。 ですが、1か月を超えてしまうと、冷凍やけをしてしまうことも多く風味がかなり落ちてしまいます。 冷凍保存だとしても出来るだけ早く食べるにこしたことはありませんが、目安は1か月以内と覚えておいてくださいね。 まとめ 麻婆豆腐は冷凍保存が可能ですが、豆腐は冷凍すると高野豆腐のようになってしまうので、冷凍の際には豆腐を抜くまたはつぶすという作業をしてからフリーザーバックやタッパーで冷凍保存してください。 解凍はレンジでもいいですが、自然解凍した麻婆豆腐を鍋で温めながら新しい豆腐を入れた方がより美味しく食べられますよ。 冷凍保存した麻婆豆腐は1か月ぐらい保存できますが、それを超えると冷凍やけして美味しくなくなるので、1か月以内に食べきるようにしてくださいね。

次の

想炒出好吃的麻婆豆腐,豆腐要先放入鹽水中煮過?

麻 婆 豆腐 冷凍 保存

Q いつもお世話になっています。 鍋料理が便利なのですが、何日くらい痛まず食べられるのでしょうか。 一人暮らしで、何食にも分けて食べています。 一日目 夕食 鍋を肉、あさりなどでだしを取りながら、きのこ、玉ねぎ、にら、キムチなどで鍋を作る。 四人前くらい。 汁をなるべくすくわずに。 二日目 朝 残りの鍋を普通に火を通してたべる。 三日目 朝 水を足し袋ラーメンをいれてゆでる。 夜 お米をいれて、雑炊にする。 4皿は冷凍しておく。 こんな感じで、何食か分けているのです。 鍋からは直接食べていません。 麺類も具もほかの器にとって食べています。 ただ、うどんやラーメンはそのまま鍋でゆでてます。 家の中は寒いです。 夏にやるつもりはありません。 できれば面倒なので野菜の追加で、五日目、六日目と増やしていけたらいいのですが、 衛生面とかでこの料理はいいのでしょうか? A ベストアンサー 皆さんのおっしゃる通り加熱を十分して、しっかり冷まし、冷蔵庫で保管すれば1ヶ月だって持ちますよ。 鍋ごとでは難しいですが。 蓋やラップも完全に冷めないと、中が蒸れて腐る原因になります。 これで全く問題ないです。 問題は、鍋の材質です。 土鍋は染み込むので、長期間の使用は鍋を痛めます。 アルミ鍋もどちらかというと腐蝕しやすいのでステンレス鍋がお薦めです。 衛生面でしたら手洗いや清潔な食器を使うことの方が大切です。 人間なんて結構丈夫にできてるからあまり神経質にならなくても大丈夫です。 僕は調理師をしていて、賄いを自分の分だけ作ってます。 ほぼ同じようなことをしてます。 僕は冷凍すらめんどくさいので、食べ切るまで続けます。 出し汁や野菜、肉を足しながら、忙しい時は10日位。 ちなみに、常に室温で置いてます。 店の食材に匂いが移るといけないので。 調理場は暖房を使わないので、営業時間内は室温12、13度です。 火をしっかり加熱していれば、この室温でも1週間は大丈夫です。 僕は大鍋で作って、これには味付けはしません。 味のバリエーションが減るので。 水炊きの状態です。 疲れてめんどくさい時は、柚子ぽんや塩だれで水炊き風にします。 あとは、食べ切る分だけ小鍋に移し、そのつど味付けすればいろんな味が楽しめます。 無駄にしない限り経済的だと思います。 水や出し汁を足す時はある程度鍋の出しが減ってきてからの方が良いと思います。 皆さんのおっしゃる通り加熱を十分して、しっかり冷まし、冷蔵庫で保管すれば1ヶ月だって持ちますよ。 鍋ごとでは難しいですが。 蓋やラップも完全に冷めないと、中が蒸れて腐る原因になります。 これで全く問題ないです。 問題は、鍋の材質です。 土鍋は染み込むので、長期間の使用は鍋を痛めます。 アルミ鍋もどちらかというと腐蝕しやすいのでステンレス鍋がお薦めです。 衛生面でしたら手洗いや清潔な食器を使うことの方が大切です。 人間なんて結構丈夫にできてるからあまり神経質にならなくても大丈夫です... Q たびたびお世話になっています。 ありがとうございます。 最近、味噌汁を毎日飲むようにしているのですが、(一人暮らし) かなり大きい鍋に、かなりの量の味噌汁を作って それを毎日1-3回くらいずつ、飲もう(いただこう)という 感じで多めに作ってみたのです。 1日に何回か、火を通せば、それなりに日持ちするかな?と 考えて、たくさん作ったのですが、 『煮立てると風味が飛ぶ』というのは何かで見て知ってるのですが、 もう細かい風味などいいので、毎日作る手間を減らしたいのです。 ただ、やはり、朝など、長時間火を通さないままの状態で 鍋の中を見ると、 表面に浮いた具が、いやな臭い(生ゴミ臭)がして 心配になってしまいます。 その後、また全体に火を入れれば、 味そのものは全く問題無く、普通においしい味噌汁として 飲めるのですが、 とはいえなんか心配なので、質問させてください。 味噌汁というのは、どのくらい持つものなのでしょうか? ちなみに、具としては、木綿豆腐、ねぎ、大根、じゃがいもとにんじん少々と カットわかめ を入れてます。 よろしくお願いします たびたびお世話になっています。 ありがとうございます。 最近、味噌汁を毎日飲むようにしているのですが、(一人暮らし) かなり大きい鍋に、かなりの量の味噌汁を作って それを毎日1-3回くらいずつ、飲もう(いただこう)という 感じで多めに作ってみたのです。 1日に何回か、火を通せば、それなりに日持ちするかな?と 考えて、たくさん作ったのですが、 『煮立てると風味が飛ぶ』というのは何かで見て知ってるのですが、 もう細かい風味などいいので、毎日作る手間を減らしたいのです。 ただ、や... A ベストアンサー 多少煮立てて水分を飛ばして容量を減らしてから、タッパのような容器に移して、冷めてから「冷凍庫」にインです。 毎回食べる分だけ取り出します。 凝縮されて味が濃いので、再度火にかけた手鍋で、水を足しながら味を調整する必要があります。 あと、凍った状態で適量をスプーンでほじくるのは結構な手間なんで、羊羮を作る仕切りのついた容器、もしくは氷を作るマスが小さめなやつとかだと、大体ですが適量の見当がつきます。 保存日数は具にもよるかもしれません。 凍らせるマス目の大きさも考えて、大きな具材は入れられません。 では、まとめます。 ・凍らせるのは汁のみ。 味をある程度整え上記の手順で凍らせます。 ・具は3日分にとどめた量を加工して切っておく。 百均にあるような小さなタッパを数個用意し、それぞれの、例えば豆腐のサイコロ切り、水戻しワカメ、小間切りネギ、一口油揚げなどを冷蔵庫に保管する。 ・合体。 どうでしょう?参考になれば幸いです。 細かい注意点なんかはいっぱいありますが、味より手間って印象なんで、割愛します。 まず試して試行錯誤するのも楽しいと思います。 あ、味噌の臭いは強いので、凍らせる容器を裸にしたままだと、冷凍庫に臭いが伝播します。 二重にしてお試しください。 消費期限に関してですが、 具材にもよりますが、冷蔵庫による保存の状態で、真夏は30時間、真冬は80時間くらいで安全圏内だと思います。 多少煮立てて水分を飛ばして容量を減らしてから、タッパのような容器に移して、冷めてから「冷凍庫」にインです。 毎回食べる分だけ取り出します。 凝縮されて味が濃いので、再度火にかけた手鍋で、水を足しながら味を調整する必要があります。 あと、凍った状態で適量をスプーンでほじくるのは結構な手間なんで、羊羮を作る仕切りのついた容器、もしくは氷を作るマスが小さめなやつとかだと、大体ですが適量の見当がつきます。 保存日数は具にもよるかもしれません。 凍らせるマス目の大きさ... Q 豚汁など具入りの汁物の日持ち方法 こんにちは。 豚汁などの具入り汁物の日持ち方法についてお尋ねさせていただきます。 一人暮らしなのですが一人前だけ作る訳にもいかず、まとめて作って日持ちさせる事になるのですが、ある時に知人と料理話になって疑問が出てきました。 私は基本的に冷蔵庫に入れておき、食べる前に加熱して食べる、そして冷めたらまた冷蔵庫へ…を繰り返して日持ちさせています。 どちらが正しい方法なのでしょうか?(どっちでもOKと言えばそれまでですが) また今更ですが、具入りの汁物って何日ぐらい日持ちするのでしょうか? よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 私も学生時代に、台所に西日が差すアパートに住んでいましたが、 朝作った豚汁が夕方になると膜が張って異臭を放っていて、 悲しい思いをしたことが2度ほどあります。 量が多くなればなるほど、冷めるのに時間がかかるため 菌が繁殖しやすい温度域で長時間おかれることになり、 傷みやすいのです。 一度煮立てても、基本的には同じです。 夏場に大量に作った豚汁やみそ汁を何もせず放置すると、 よほど涼しい家でもない限り半日もたないと思ってください。 一番いいのは、作りたてをすぐ小分けするか、 または鍋ごと流水にあてて冷やし、冷蔵庫保存することです。 具や塩分濃度にもよりますが、素早く冷ましたものなら 経験上、冷蔵庫で3日くらいは大丈夫だと思います。 あと注意しないといけないのは、 もやしとか味噌とか豆腐とか(人によっては牛乳とか)を入れたあと、 料理本には「煮立てすぎないように火を止める」と 書いてあると思います。 これは味の面では正解ですが、 すぐ食べ切ることを前提とした調理法であって、 食品衛生の観点からは完全に間違いです。 作り置きしたいなら、多少の味落ちは我慢して、 保存前にはちゃんと煮立てましょう。 私はその日食べる分を取り分けたあと、残りを煮立てていました。 あるいは、味噌やもやし等を入れない(未完成の) 豚汁を大量に作って冷まして冷蔵庫保存。 食べる時に食べる量だけ取り出し、 温めてから必要量の味噌やもやしを投入すると、 味落ちの心配は回避できます。 そこまでこだわるかどうかは、その人次第ですが… 私も学生時代に、台所に西日が差すアパートに住んでいましたが、 朝作った豚汁が夕方になると膜が張って異臭を放っていて、 悲しい思いをしたことが2度ほどあります。 量が多くなればなるほど、冷めるのに時間がかかるため 菌が繁殖しやすい温度域で長時間おかれることになり、 傷みやすいのです。 一度煮立てても、基本的には同じです。 夏場に大量に作った豚汁やみそ汁を何もせず放置すると、 よほど涼しい家でもない限り半日もたないと思ってください。 一番いいのは、作りたてをすぐ小分けするか、 または鍋...

次の

麻婆豆腐の冷凍保存 一工夫しないと味が台無しに!

麻 婆 豆腐 冷凍 保存

お豆腐は木綿豆腐を使います。 しっかり水を切ったお豆腐をキッチンペーパーにくるみます。 軽く重しをして水分を抜きます。 一晩おくと、かなり弾力のある状態になります。 水分が抜けたお豆腐を使いやすい大きさに切ります。 ひとつずつラップにくるんで保存袋に入れて冷凍庫で冷凍します。 使うときは、この冷凍した豆腐を解凍して使います。 その時、しっかり水切りして使うのがポイントです。 凍らせることでそぼろ肉や高野豆腐のような食感になります。 冷凍豆腐は、1か月以内に食べきるようにしましょう。 また一度解凍させた豆腐を再度冷凍させることは避けましょう。 それでは、この冷凍豆腐を使ったレシピを紹介しましょう。 キャベツ、ニラはみじん切りにして冷凍豆腐は解凍してよく水を切ります。 キャベツ、ニラ 、水切りした冷凍豆腐、玉子、チューブのしょうが 、パン粉、醤油、ごま油、塩をボールに入れて均一に混ざるまでよく手で捏ねて餡を作ります。 餃子の皮のまわりにみずをつけて 餡を包みます。 油を入れたフライパンで餃子を焼き表面がきつね色になったら水を入れ蓋をしたら水分が蒸発するまで蒸し焼きにして出来上がりです。 肉を使ってないので低カロリーでダイエットにもおすすめです。 食物繊維の多いキャベツやビタミンE の豊富なごま油はお通じや美肌の効果もあります。 解凍後 水気をよく絞った冷凍豆腐1丁を崩してボールに入れます。 豚挽き肉 玉子 チューブの生姜とにんにく 片栗粉 味醤油 塩コショウを加えます。 これをよく捏ねたら4等分にして形を整えて フライパンで両面焼き色をつけます。 ここにレトルトのミートソースと水2分の1カップをいれます。 中まで火が通るまで煮込みます。 煮詰まってきたら 溶けるスライスチーズ乗せます。 蓋をしチーズが溶けたら出来上がりです。 煮込むことでしっかり味がつき淡泊なお豆腐もボリュミーになり満足感もあり節約にもなる料理です。 冷凍豆腐の水分を程よく切ります。 ボールで塩コショウと小麦粉を加えて良く練ります。 そこに枝豆を加えて、適当な大きさと形に整えます。 フライパンに油をひき中火の弱火で両面に焼き色を付けます。 レンジの500Wで1分半加熱し中まで温めます。 カットしたトマトにコンソメと水と少しの砂糖を加えて煮立たせます。 溶き片栗粉でとろみをつけたら、盛り付けたハンバーグにかけて出来上がりです。 疲れた時にも簡単に作ることができて、タンパク質も豊富。 トマトソースの旨みとの相性も良く、さっぱりとしながら美味しく頂けます。 冷凍豆腐は前日から冷蔵庫で解凍しておきます。 解凍してスポンジ状になった豆腐の水気をしっかりと絞ります。 ぽろぽろとしたそぼろ状になるまで崩します。 そこにツナ缶、小麦粉、調味料を加え、よく混ぜてタネを作ります。 フライパンに多めの油で、スプーンですくったタネを入れます。 こんがり色づくまで揚げたら完成です。 お豆腐とツナ缶を使ったお財布にもやさしい節約メニューです。 栄養面でもタンパク質がしっかり摂れて、女性にはうれしい大豆イソフラボンを摂れるのにも期待できそうですね。 大人も子供も大好きなナゲットは、夕飯のおかずにも、お酒のおつまみにもぴったりです。 鍋でココナッツオイルを暖めクミンシードを炒めます。 クミンシードがはじけてきたら、みじん切りの玉ねぎ、にんにく、生姜を加えよくいためます。 解凍した豆腐の水気をとり、ぼろぼろにして鍋に入れます。 次に、カレー粉、ケチャップ・醤油、水を加えます。 沸騰したら弱火にし蓋をして10分煮込みます。 最後に、グリーンピースを加え火が通ったら塩で味を調整してできあがりです。 挽肉を使わず動物性油の体への摂取を抑えるので、健康を増進しダイエットにも効果的です。 一味違うおいしい健康的なカレーなのでおすすめです。 冷凍豆腐を解凍ししっかりと水分をきっておきます。 スライスした豆腐を両面こんがりと焼き別の皿に取っておきます。 同じフライパンでピーマン、キャベツ、玉ねぎに火を通したら焼いた豆腐を戻します。 調味料を入れて味を絡め、ご飯を盛り回鍋肉を盛ります。 最後に温泉卵を乗せ出来上がり。 お肉の様なしっかりとした歯ごたえがあり、食べごたえも十分にあるためにダイエット中でも満足できる一品になる事間違いなしです。 水分を切った冷凍豆腐をボールに入れます。 そこに、みじん切りにした玉ねぎやひき肉と卵加えます。 さらに、塩コショウ、ナツメグをいれ混ぜ合わせます。 フライパンに油を引いたら形を整えて両面焼いて出来上がり。 大根おろしと照焼きソースで和風味などソースはお好みで。 冷凍豆腐を入れることで焼き上がりもふわふわのハンバーグになります。 まとめ いかがでしたか?豆腐はアレンジしやすいので、いろんなメニューが楽しめます。 ハンバーグだけでも、何通りものアレンジができますね。 ヘルシーですので、多少食べ過ぎてもカロリーが気にならないのはいいですね。 冷凍豆腐は、わざわざ作らなくても料理などで豆腐が余ったら冷凍しておいてもいいですね。 今晩の夕食のメニューに取り入れてみたはいかがですか?.

次の