モデルチェンジ ランドクルーザー。 BMWにもOEM供給される、次期ランドクルーザー:旬ネタ|日刊カーセンサー

【気になる変更点は?】トヨタ 新型 ランドクルーザー(300系)フルモデルチェンジ情報

モデルチェンジ ランドクルーザー

これまでランドクルーザーのフルモデルチェンジ(次期型ランドクルーザー300の発表)は、「今年(2020年)夏頃」という情報が入っていた。 これは一昨年頃から販売店幹部にもたらされていた情報で、一部有力顧客にもそのようにアナウンスされていたそう。 しかし今年に入ってから販売店幹部に取材を重ねていった結果、最新の有力情報では「新型ランドクルーザーの発売は、2021年夏頃」だとわかった。 以下、本企画のために改めて集めた情報をすべてお伝えしたい。 今回は燃費の測定方法を従来のJC08モードから、WLTCモードに切り替える。 この他の部分はほとんど変更ないと思われる。 WLTCモードに切り替えるだけといっても、メーカーにとっては新たなモードにするために綿密な測定のし直し作業をするわけだから、かなりの手間暇がかかる。 (ランドクルーザー200の前回の改良は2017年7月の一部改良、2018年4月の安全装備変更) 2015年8月時点でフロントマスクを改良した現行型ランドクルーザー200。 トヨタブランドで最高峰のSUV 改良モデルは3月末にも車両本体価格、オプション&付属品の価格を決め、4月上旬から見積書の事前作成が可能になる見込みで、これが実質的な発売開始となりそう。 正式な発売スタートは5月中旬頃になる。 生産立ち上がりは6月初めを予定している。 これを受けて、全国の販売店では(従来モデルの)新規の販売受付を絞っている。 販売台数は3月中旬現在、全国で30台程度と極端に減少中なこともあり(2020年1月のランドクルーザー200の月販台数は170台)、現時点で購入を考えている方は、改良モデルを待ったほうがお勧めといえるだろう。 仕様変更といってもモデルそのものは古いので、車両本体から25万円引き程度からの購入交渉の立ち上がりとなるはず。 次期型である「ランドクルーザー300」(仮称)は現行200の現行モデルの登場が2007年9月18日であったから、実に14年ぶりのフルモデルチェンジとなる。 ベストカー編集部による、次期型ランドクルーザー(300)の予想CG 次期型は(外観デザインは)あくまでキープコンセプトでの世代交代だが、中身はガラリと変える。 国際的に信頼度の高いラダーフレーム構造は引き継ぐものの、トヨタの新しいクルマ作りの考え方である「TNGA」によるプラットフォームを採用。 ボディシェルは直線と曲面を融合させたSUVデザインで仕立てる。 フロントマスクはトヨタの最近の大型グリルではなく、従来モデルのオーソドックスな横長小型グリル枠に横線基調とさらに小さめの横長アンダーグリルをバンパーに埋め込み、両側に配置したヘッドランプも横長のグラスケースに3眼LEDヘッドライトのデザインでまとめている。 歴代ランドクルーザーのワイルド感よりもかなりシンプルで落ち着いた佇まいといえる。 次期型ランドクルーザー(300)のリアスタイル予想CG。 全体的にキープコンセプト ボディサイズは現行モデルの全長4950mm、全幅1980mm、全高1870mm、ホイールベース2850mm、トレッド1635~1650mmに大幅な変更はない。 あるとすれば全高が若干低くなるくらいである。 全長は5m、全幅は2mといった制約を守りたいとの願いがあるためだ。 最低地上高の225mmも維持し、引き続き国産ラフロードSUV最高の走破性を確保することになる。 シートレアウトは2列シート5人乗りと3列シート8人乗りは従来モデルを引き継ぐ。 パワーユニットは現行の4. 5L、V8を廃止し、3. 5L、V6ガソリン+モーターのハイブリッド、3. 5L、V6ターボの純ガソリン仕様、それに2. 8Lのクリーンディーゼルターボと多彩なラインアップを展開すると思われる。 注目のクリーンディーゼルは弟分のランドクルーザプラドに搭載しており、これが好評なことから、新型の兄貴分にも移植する。 駆動方式は引き続き全グレード4WDで、ディーゼルは6AT、V6は8ATとの組み合わせとなる。 写真は現行型ランクル(200)のシートレイアウト。 これまでランドクルーザーシリーズはトヨタ店の専売モデルだったが、今年5月から全国規模で全系列店併売に拡大する。 これは全車種規模の問題だったのだが、ランドクルーザーについては少しだけ事情が複雑だ。 つい最近までは、他系列店の多くが、サービス工場でのリフト機械の設備が重量のかさむ「大型用」が設置出来ないことから、しばらくトヨタ店の専売継続とする方針だった。 しかし大型リフトについては業者とのリース契約が可能になり、対応できるようになったことで、他の扱い車同様にランクルも同時に全系列店併売に切り替えることにしたようだ。 したがって今回の仕様変更も全系列店併売がほぼ同時に事前受注をスタートさせる。 そうなると、今後ランドクルーザーのトータル販売台数はかなり増えることが予想される。 とはいえ同モデルは世界で年間約38万台が販売されるなかで、日本の需要は約3万台。 中近東が約13万台、欧州約5. 4万台、オセアニア約4. 6万台、(日本を除く)アジア4. 5万台、北米約3. 6万台と、完全な世界戦略モデル。 発表時期や細かい仕様、細部デザインは、こうした世界需要を見ながら細かく調整される可能性もある。 なお、姉妹モデルであるレクサスLXの次期型については、まだ何も情報が入っていない(ランクル300登場後1~2年後のフルモデルチェンジと予想されるが)。 こちらも合わせて、新情報が入り次第、順次お伝えします。 現行型ランドクルーザー200。 4,826,800~6,974,000円と高額車ではあるものの、唯一無二の走破能力とステイタスで、世界中で堅調な販売をキープしている。 昨年(2019年)世界累計販売1000万台を突破した。 とはいえ、中近東、東南アジアなどを中心としたグローバルでは引っ張りだこの人気の高さを誇っており、また根強いファンも多数抱えており、丈夫でオフロード走行に強く故障しないので、高いリセールバリューを維持している。 キープコンセプトでの世代交代するのはこのためであろう。 トヨタ全系列店併売になって、トヨタ系列店同士の販売競争が激しくなる。 他の量販モデルと違い、車両価格が高いことや保有期間が長くなることなど、右から左に簡単に売れる車種ではなく、それなりのアフターケアが必要になるので、引き続きトヨタ店中心の売れ方になると予想している。

次の

ランドクルーザープラドがモデルチェンジ!?8月にマイナーチェンジ決定!!買いなのかを考える!

モデルチェンジ ランドクルーザー

現行「200」の登場が2007年9月18日であるから、実に12年ぶりの世代交代となる。 次期型は当然のことながら「ランドクルーザー300」として生まれ変わる。 トヨタの次世代クルマづくりの考え方を導入したプラットフォームである「TNGA」を採用。 オフロード走破性に優れたラダーフレーム構造は、より高次元に進化させて引き続き採用する。 ランクル300のデザイン(予想CGイラスト)。 太い3本のフロントグリルはバンパーに食い込むデザイン。 また、バンパーにはルーバー状のスリットがアクセントのように入る パワートレーンは、現行の4. 6LV8から3. 5LV6ハイブリッドに改められる。 トランスミッションは従来の6速ATからCVTに変更され、フルタイム4WDとの組み合わせとなる。 性能は、現行の4. 6LV8が最高出力234kw(318ps)/5600rpm、最大トルク460Nm 46. 9kgm /3400rpmなのに対して、新型車に積む3. 6LV6ハイブリッドユニットは220kw(299ps)/6600rpm、356Nm 36. 3kgm /5100rpmと数値上では若干パワーダウンするが、その分はモーターアシストの作動やボディの軽量化で十分にカバーしている。 ハイブリッドユニット自体も低燃費志向ではなく、パワーアップのほうに振るアレンジメントを施していると思われる。 エンジンはダウンサイジングされ、3. 5LV6ツインターボのハイブリッドとなる。 エンジンのベースはレクサスLS500などに搭載される3. 5Lツインターボで、これをハイブリッド用にチューニングしてマルチステージハイブリッドシステムと組み合わせる ボディサイズは全長4950mm、全幅1980mm、全高1870mmで全長の5m、全幅&全高2m以内はそれぞれ継続となる。 ホイールベースの2850mmは50mm程度延長される可能性がある。 エクステリアデザインは、基本的には現行のSUVシェルを踏襲するが、シンプルなラインからやや直線基調でワイルド感を強調するスタイリングで仕立てる。 フロントマスクは最近のトヨタ車に見られるような、バンパーまで切れ込んだ台形の大型横線メッキグリルで押し出しの強さをアピールする。 室内は3列シート8人乗りと2列シート5人乗りの2タイプ構成だが、4グレードのうち2列シートは1タイプのみで、メインは3列シートが受けもつ。 シートは本革、モケット、トリコットの3種類をグレードによって分けて採用するのは従来と同様になると思われる。 タイヤサイズも20、18、17インチとグレードでわける。 安全対策はアクティブ&パッシブセーフティのどちらも大幅なポテンシャルアップを図って、トヨタ車の最高峰に位置づける。 トヨタセーフティセンスは上級クラスだと現在、クラウン、アルファード/ヴェルファイアが最高の進化バージョンを採用しているが、次期型ランドクルーザー300もこれらに並ぶかそれ以上のデバイスを標準装備する。 メーカーオプションのコネクトナビのサイズは、7インチしか選べないのが8インチまで拡大し、利便性を高める改良もする。 現行モデルの生産枠も次第に絞られつつある。 すでに受注生産方式に切り替えられている。 ボディカラーは8色あるうち、ベージュマイカメタリックとダクブルーマイカはオーダーが止まっている。 ランクル300のリアデザイン(予想CGイラスト)。 ボリューム感のあるフロントマスクに対して、リアコンビランプの面積もそれほど大きくはなく、あっさりとしたデザインとなっている ひとクラス下の「ランドクルーザープラド」はランドクルーザーとは約2年間のモデルレンジの違いがあるので、こちらの次期型は2022年8月か9月あたりの世代交代になりそう。 ボディサイズがひと回り小さく、エンジンは2. 7Lガソリン&2. 8Lディーゼルユニットを搭載している。 それぞれ2列シート5人乗り、3列シート7人乗り仕様があり、こちらは2列シートが中心に売れている。 ランドクルーザー/ランドクルーザープラドを合わせたシリーズ全体としては月販2000台規模をコンスタントに売りさばいている。 ディーゼル車の販売構成比は40%以上で人気が高い。 新ラインアップが出揃えば、さらに人気が高まるに違いない。 国内には対抗するライバル車が輸入車以外は存在しないのが強みになっている。 残価設定クレジットで購入する場合、3年後の残価は60%、5年後は40%と国産陣営では最高のパーセンテージを確保している。 現行型のランクル200。 車両価格は482万6800~697万4000円となっている。 国内では国産でライバルは存在せず一部の輸入車が対抗モデルとなっている。 新型車になればさらに人気が高まるのは間違いない。 5月から全系列店扱いになるので、さらに売れ行きが高まるだろう。 収益車種なので新型になるのを楽しみにしている。

次の

ランドクルーザー フルモデルチェンジ情報|2021年ランクル300系として新型発売予定か

モデルチェンジ ランドクルーザー

トヨタ新型ランドクルーザー フルモデルチェンジ【最新情報】 トヨタ ランドクルーザーが新型にフルモデルチェンジか? 2016-2017年モデル トヨタ ランドクルーザー ランドクルーザーを良く知るファンの間では、現行モデルの200系ランドクルーザーがここ1~2年の間にフルモデルチェンジされるであろうという見方が強まっていました。 2018年はランドクルーザーの次期モデルとなる300系が発売される可能性が高いとみられています。 2017年は200系がデビューして10年目に入ります。 世界中を股にかけ活躍するランドクルーザーであれば、車の流行やハイテク装備に左右されず継続して売れていくモデルであるため、長年同モデルであっても不思議はありません。 しかし、デビューから50年が経つランドクルーザーはすでに完成しつくした感があります。 歴代モデルをたどれば、新型デビューから約9年で次期モデルへとフルモデルチェンジされています。 欧州で厳しくなる排ガス規制などクリアするため、次期モデル300系では排ガスのクリーン化と燃費性能の向上が重要になってくるでしょう。 トヨタ・ランドクルーザーについての記事はこちら トヨタ・ランドクルーザー200系の試乗レビュー記事はこちら コンセプトカー「FT-AC」新型ランドクルーザーである可能性は低い 事前に公開されたFT-AC ティザー画像 新型コンセプトカー「FT-AC」がロサンゼルスモーターショー2017にて公開されました。 「FT-AC」は本格的なアウトドアを楽しむユーザーのためのコンパクトになるとのことです。 ロサンゼルスモーターショー2017が開幕される前に公開されたティザー画像からは、「FT-AC」が新型ランドクルーザーになるのではないかと噂されていました。 しかし「FT-AC」はコンパクトSUVになるとのことから、新型ランドクルーザとなる可能性は低いでしょう。 トヨタ新型コンセプトFT-ACについての記事はこちら ロサンゼルスモーターショーに関連するおすすめ記事はこちら コンセプトカーFT-4Xとは? トヨタのコンセプトカー FT-4X トヨタが以前発表したコンセプトカーに「FT-4X」があります。 過去にトヨタが「FT-4X」という名前で商標登録した際に、この車が次期型ランドクルーザーになるのではないかと噂されていました。 実際はこの「FT-4X」の市販車は「TJクルーザー」と名前を変えて、東京モーターショーに登場しました。 ランドクルーザーの次期型と予想されていた「FT-4X」が別車種だったこともあり、今度の「FT-AC」こそは新型ランドクルーザーなのではないか?という期待も込められて噂されていましたが、今回の発表で可能性はかなり低くなりました。 MOBY編集部訳:トヨタは65年の歴史と「クオリティ・耐久性・確実性」は、ランドクルーザーのワールドプレミアを持って、形をなします。 出典:欧州トヨタプレスリリースより 2017年8月31日、上記のプレスリリースを「トヨタは9月12日に開催されるフランクフルトモーターショーに、トヨタ新型ランドクルーザーを出展すると発表した」とニュースが流れました。 しかし、公式発表として報道されたにも関わらずフランクフルトモーターショーでは発表されませんでした。 実は、フランクフルトモーターショーが開催されるドイツでは「ランドクルーザー」といえば「ランドクルーザー プラド」を指します。 多くのメディアが勘違いし、新型ランドクルーザー300系が9月12日に世界初公開されると報じてしまったのです。 代わりに、ランドクルーザー プラドはフランクフルトモーターショーで世界初公開されました。 フランクフルトモーターショーで新型ランドクルーザーの発表はなし! おはようございます! フランクフルト・モーターショーが昨日開幕! マイナーチェンジの新型ランドクルーザー(国内ではプラド)や、今冬の発売開始を控えたYaris GRMN等を披露。 8月28日、ポルトガルからスタートした5大陸走破プロジェクト欧州編も紹介します。 新型ランドクルーザーの発表は次のモーターショー? フランクフルトモーターショーでは新型ランドクルーザーは発表されませんでしたが2017年11月のドバイ国際モーターショー、もしくは東京モーターショーでの発表の可能性もあります。 期待して待ちましょう。 現状ではデザインがどのようなものか解りませんので、これからの新型ランドクルーザー最新情報に注目していきます。 トヨタ新型ランドクルーザーのパワートレイン予想 欧州仕様は3. 5Lツインターボエンジンに変更? 2018年新型レクサスLS500エンジン 300系新型ランドクルーザーには、次期レクサスLSに搭載される3. 5Lツインが搭載される可能性もあります。 近年、エンジンにを搭載する傾向にある欧州車に合わせるため、欧州に輸出される仕様ではこのエンジンが採用されると予想します。 ツインターボについては以下の記事を参考にしてください。 5L V8) — しろいとらっく ななまるさん GRJ79K 200系の北米仕様では設定されていた搭載モデルが全世界で販売されることが濃厚です。 搭載エンジンの型式は1VD-FTVで、4. 5L V型8気筒ツインであり、燃費の向上、排ガスの浄化へ改良したものになると思います。 トヨタ ランドクルーザープラドに搭載されている2. 8LのTX ディーゼルターボエンジンが搭載される可能性は低いでしょう。 ディーゼルエンジンについては以下の記事で詳しく説明してあります。 7Lエンジン搭載のハイパワーモデルも? 2014-2017年 トヨタ タンドラ搭載5. 7Lエンジン 300系新型ランドクルーザーのラインナップには5. 7L V型8気筒エンジンが搭載される可能性もあります。 これはトヨタ タンドラやレクサスLXに搭載されるエンジンと同じものです。 V型8気筒エンジンについては以下の記事をご覧ください。 5L V型6気筒 ツインターボエンジン 原動機型式:3UR-FE 5. 7L V型8気筒 エンジン 原動機型式:1VD-FTV 4. 5L V型8気筒 ディーゼルエンジン 燃費 8. 5 6. 5 8. 0 実燃費 5. 6 4. 3 5. トヨタセーフティセンス(Toyota Safety Sense)は、トヨタ自動車が2015年から自動車への搭載を始めた衝突回避支援パッケージです。 衝突被害軽減ブレーキを中心に、衝突事故を未然に防ぐことを目的とした装備で構成されます。 トヨタセーフティセンスPが初めて搭載されたのは、2015年8月に行われたランドクルーザーのマイナーチェンジの時となります。 初搭載から2年が経過していることや、世界的に有名なランドクルーザーのフルモデルチェンジであることを考慮すると、トヨタセーフティセンスPがバージョンアップしたものが搭載される可能性もあります。 現行型ランドクルーザーの北米価格が84,775ドルであり、エンジン変更から値上げが予想されるためです。 日本での販売価格予想はベースグレードが550万円です。 現行モデルのベースモデル価格が513万円であり、排気量が4. 6Lから5. 7Lへと変更されると予想すると、車両本体価格は約40万円アップといったところでしょう。 頑丈な作りのため多走行距離でも値段が落ちず、国内のみならず海外へ輸出目的で購入するバイヤーも多いことが理由です。 100万円台で購入したい方は、ランドクルーザープラドや前モデルの100系を購入するのが良いでしょう。 2020年以降の発売か、早くても2019年となると予想します。 トヨタ新型ランドクルーザーは全世界自動車メーカーの標的となる? 300系新型ランドクルーザー 予想まとめ 搭載エンジン 3. 5L V型6気筒DOHCツインターボ 欧州仕様 5. 7L V型8気筒DOHC3 自然吸気 全世界共通 4. 5L V型8気筒DOHCディーゼルツインターボ 全世界共通 燃費 JC08モード燃費 3. 5L V型6気筒DOHCツインターボ:8. 7L V型8気筒DOHC3 自然吸気:6. 5L V型8気筒DOHCディーゼルツインターボ:8. 5L V型6気筒DOHCツインターボ:5. 7L V型8気筒DOHC3 自然吸気:4. 5L V型8気筒DOHCディーゼルツインターボ:5. 陸の王者とまで言われる300系ランクルは、全世界自動車メーカーのSUV開発における標的とされます。 しかし、圧倒的な性能と頑丈さを兼ね備えたランクルは他を寄せ付けない存在感とユーザーの信頼を持っています。 陸の王者がどれほどパワーアップするか世界中が注目しているでしょう。 今後も300系新型ランドクルーザーの最新情報について追っていきたいと思います。 トヨタの新型車についてはこちら 同じエンジンを搭載する車の記事はこちら ランドクルーザーのライバル車についてはこちら 現在の愛車を売って購入費用に充てるなら「一括査定」がおすすめ!.

次の