エール ネタバレ。 朝ドラ『エール』感想,あらすじ,ネタバレ

連続テレビ小説 エール

エール ネタバレ

主人公を 窪田正孝さんが、ヒロインを 二階堂ふみさんが演じます。 公式ガイドブック発表前は原作や史実から考察、 発表後は詳細あらすじを、 あらすじネタバレは前半に記事後半では ・エール全体 あらすじ ・キャスト相関図一覧 ・実在モデルの結末まで 盛りだくさんでお届けします。 2週ネタバレ 家が貧しく昼間も学校に行かず家業を手伝っている鉄男(込江大牙)は、学校もやめるという噂。 鉄男が父親からひどく叱られているのを目撃した裕一(石田星空)は鉄男のことを心配していた。 翌日、鉄男が裕一の前に現れるのだが…。 一方、源蔵(森山周一郎)は茂兵衛(風間杜夫)に跡取りを急げとプレッシャーをかける。 祐一はプロを目指すと云う館林信雄を尊敬して彼が会長をつとめるハーモニカ倶楽部に所属していました。 しかし、ある日突然館林が実家の料亭を継ぐからと音楽を辞めると聞かされ落胆した祐一。 「本気でプロの音楽家になるともりだったのか?」と館林から嘲笑されて怒り心頭の祐一。 館林を見返してやろうとハーモニカ公演に取り組もうとする祐一でしたが思うように曲が浮かびませんでした。 同じ倶楽部の楠田史郎からも、怒りを原動力にするのは似合わないと言われてしまう祐一でした。 祐一は仕事に打ち込んでいる様子を見て茂兵衛は心を入り替えてくれたと喜んでいました。 そんなある日、鉄男が訪ねてきます。 彼は『国際作曲コンクール』の募集広告が掲載された雑誌を持っていて挑戦してみないかと祐一を誘いにきたのでした。 しかし、その雑誌を見ようともしない祐一。 その日の夕方に松坂が祐一を励まそうとハーモニカを演奏している音が銀行に響きます。 そして、音に会った瞬間にメロディーがどんどん沸いてきた祐一は音の母親に暫く居させて欲しいと頼み込みます。 母親の光子は祐一に滞在を許す一方で音には深入りしないように釘を刺すのでした。 翌日、音は祐一を連れて豊橋市内を案内しながら、死んでしまった父親のことや自分が歌手を目指す切欠などを話しました。 ふたりが家に戻るとひとりの興行師が裕一の帰りを待っていました。 彼は鶴亀寅吉と名乗り、裕一の演奏会を開くことを提案してきたのでした。 そんなある日の晩に裕一と音は祭りに出掛けます。 ところが何故か音の表情が暗く気になった祐一。 祐一は三郎からの説得できたと云う呼び戻すための嘘電報で戻っていたので驚きます。 留学する前に結婚するなんてあり得ないと言うまさに向かって祐一は音が居なければ作曲できないと必死です。 それを見ていた浩二は、祐一が好き勝手にしすぎだと怒りと嫉妬を露にします。 浩二は、家業を継がされて必死に働かされている自分に較べて、祐一は親から好きなことをやらせてもらっていると思い込んでいました。 留学だけでも腹が立つのに、結婚まで好勝手にする祐一を許せない浩二。 それは、周囲に認められたわけでもなく挙式もあげていない祐一と音との幸せな新婚生活の始まりでした。 コロンブスレコードとの契約は年間3500円と云う大きなものですがヒット曲を出すことが義務付けられていました。 祐一は精力的に作曲したものを廿日市誉に披露しますがなかなか採用になりません。 祐一が21曲連続で不採用になり悩む傍らで同時期に契約した木枯正人も19曲連続で採用されず落ち込んでいました。 季節は廻り音が通う東京帝国音楽学校も新学期が始まりました。 音たちがオペラの練習をしているところに佐藤久志があらわれます。 彼は早稲田大学応援部の団長だと自己紹介します。 そして祐一に唐突に大学の応援歌を作って欲しいと頼みます。 当時から早慶戦は同校にとって負けられないもので慶応大学の応援部に勝つための新しい応援歌が欲しいと言うのでした。 経緯を辿ると佐藤久志が仕向けていました。 従弟が同校の応援団に在籍しているのを知った久志が作曲で悩む祐一の事を考えてのことでした。 一旦は断った祐一ですが、同校の第一応援歌は小山田耕三が作ってことを知って請けることにします。 次の早慶戦までに間に合わせ欲しいと云う依頼でしたが残された期間は10日しかありません。 しかし、またしても作曲に苦悩する祐一。 それを見かねたバンブーでマスターをしていた梶取保が助言します。 ようやく自分らしさを取り戻した祐一はバンブーに鉄男を呼び出して熱く夢を語り始めていました。 「俺が曲を作って鉄男が詩を書くんだ、、、」 その頃は他の仕事があったので今すぐに夢に向かって動くことはできなかったが素敵だと思った鉄男でした。 そこに久志もやってきて話に加わります。 そして作曲は祐一、作詞は鉄男で、歌うのは久志と言う事になって意気投合して3人で盛り上がります。 その頃、音は東京帝国音楽学校の記念公演の催しものの『椿姫』の配役2次選考に挑んでいました。 そして、選考会の特別審査員として憧れの双浦環が加わっていたため、音は興奮と緊張に包まれていました。 そして、選考会の結果で最後のふたりに残ったのは音と夏目千鶴子。 「どこまで曲を理解して、何を伝えたいの?」 それは音が双浦環からもらった厳しい課題だったのでした。 環の課題を頭の中で反芻する音でしたが、今一つ明確な答えを見つけられずに悩みます。 そして音はすぐに猛特訓をはじめます。 鉄男は寄せられた縁談を破談にさせていたため福島には居づらかったこともあって上京。 そんな鉄男を廿日市に紹介した裕一でしたが取り合ってもらえません。 理由はふたりのデビュー作となった『福島行進曲』が不人気でまったく売れていなかったのでした。 追い込まれている裕一に木枯が嬉しい仕事を持ち込んでくれます。 木枯の曲に詩をつけてヒットさせた作詞家の高梨一太郎と裕一を組み合わせると云うものです。 高梨が『福島行進曲』の旋律が気に入っていて裕一に作曲を頼みたいと言っているとのこと。 高梨が作詞すると聞いた廿日市はすぐにレコード化を決めてくれます。 そして、裕一にこれが最後のチャンスだと宣告する廿日市でした。 そこに、死んだ父親の安隆が目の前にあらわれます。 音は自分の身に起こっている事を何とか受け入れようとしているところに、祐一が帰ってきました。 音から話を聞いた祐一ですが、姿も見えなければ声も聞こえません。 安隆の命日が近いことを知らされた祐一が、豊橋の方角を向いて手を合わせて拝みます。 すると、安隆はまた歌を聞かせてくれと音に言い残して安心した様子で消えてしまったのです。 次に安隆は女房の光子のところに向かいます。 家を守ってくれている事を光子に感謝して姿を消した安隆は、最後に岩城を訪れます。 光子との再婚を許す旨のメモを置いた安隆に、安隆と一緒にいる光子が好きだと応えます。 それを知って、安隆は天国に戻っていったのでした。 時計の針は巻き戻って大正2年。 双浦環はパリの舞台を目指して単身でパリにやってきていました。 そしてパリで新進気鋭の画家の今村嗣人と出会いふたりは恋に落ちますが、環は彼から歌を止めろと頼まれます。 しかし彼女は嗣人ではなく世界的オペラ歌手になる道を選んだのでした。 しかしその頃になっても、福島を飛び出して上京してきた鉄男は目指している作詞家としての仕事では芽が出せずに、おでん屋のおやじから引き継いだ屋台をひき回して生計を立てていました。 喫茶バンブーの保に恵との切欠を与えた佐藤久志も未だに目指しているオペラ歌手としてデビューができていませんでした。 そんな久志にコロンブスレコードの新人歌手オーディションに応募することを勧めた裕一。 それに合格するとデビューが約束され、デビュー曲を祐一が作曲することになっていたのでした。 話を聞いた久志はすぐに応募を決めます。 そして、自分が歌い始めた経緯について明かしはじめたのですs。 少年時代の久志は、ふたりの母親の間で悩まされていました。 本当の母親は別のところで幸せそうに暮らしていて、新しい母親には馴染めなかったのです。 そんな久志が学校で落ち込んでいるとたまたま藤堂が通りかかります。 日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、急速に近代化がすすむ福島の老舗 呉服屋に、待望の男の子が誕生する。 のちに多くの名曲を生み出すことになる天才作曲家・古山裕一である。 老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、周りには 取り柄がない子どもだと思われていた。 しかし音楽に出会うと、その喜びに目覚め、独学で作曲の才能を開花させてゆく。 青年になった裕一は家族に内緒で海外の作曲コンクールに応募。 このことが裕一の運命を変えてしまう。 なんと応募した曲が上位入賞したのだ。 そしてそれをきっかけに、裕一は歌手を目指しているという女学生と知り合う。 上京すると、二人には個性豊かな人々との出会いが待っていた。 そして不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく。 しかし時代は戦争へと突入し、裕一は軍の要請で戦時歌謡を作曲することに。 自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に心を痛める裕一…。 戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。 そのため、エールの物語は裕一と音の結婚や、裕一が作曲家になるまで、 そして、戦争から戦後までの2人の活動が描かれると思います。 エールは作曲家・小関裕而さんと妻の金子さんを実在モデルにした物語に なりますが、小関裕而さんがどんな人物かは私は知りませんでした。 しかし、小関裕而さんが作曲をした作品は誰もが1度は聞いたことのあるもの だと思います。 それは全国高等学校野球大会の「 栄冠は君に輝く」、阪神タイガースの「 六甲 おろし」、読売巨人軍の「 闘魂こめて」などです。 エールでは古関夫婦をモデルにしたオリジナルストーリーなので、これらの曲が 再現されることはないと思いますが、窪田正孝さん演じる古山裕一がどんな曲を 作っていくのか、とても楽しみですね。 また、窪田正孝さんと二階堂ふみさんの出会いから結婚までの道のりやデコボコ 夫婦ぶりに期待したいと思います。 物語の中で戦争や戦後が描かれるということで、主人公やヒロインにとって、 悲しい展開も待っているのではないでしょうか。 NHKのあらすじネタバレでは、自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に 心を痛める裕一…。 とあるので、裕一は作曲について苦悩するかもしれません。 stardust. html 生年月日 1988年8月6日 31歳 出身地 神奈川県 身長 175 cm 血液型 B型 職業 俳優 事務所 スターダストプロモーション 窪田正孝さんは、2006年4月、フジテレビ系深夜ドラマ『 チェケラッチョ!! in TOKYO』で 初主演を務め俳優デビューしました。 2019年に放送されたフジテレビ系の月9『 ラジエーションハウス〜放射線科の 診断レポート〜』では主演を務めました。 NHKの朝ドラには、2010年に放送された『ゲゲゲの女房』、2014年の『花子 とアン』に続いて 3作目の出演になります。 窪田正孝さん演じる主演の古山裕一は、福島で代々続く老舗呉服屋の長男。 気弱でいじめられがちな少年でしたが、音楽に出会うとその秘めた才能を 発揮し、独学で作曲を始めます。 跡取り息子として周囲の期待から商業を学び、伯父が経営する銀行に勤めますが、 音楽への思いを断ち切れないでいました。 そんな中、歌手を目指しているという女学生・関内音とひょんなことから 知り合い、文通を始めます。 恋に落ちた裕一はついには、彼女とともに音楽の道を歩むことを決めます。 sma. 2011年『 ヒミズ』で ヴェネチア国際映画祭マルチェロマストロヤンニ賞 最優秀新人賞 を受賞。 2014年映画『 私の男』では 日本アカデミー賞主演女優賞を受賞しています。 2019年に公開された映画『 翔んで埼玉』も話題になりました。 大河ドラマ『平清盛』 2012年 、『軍師官兵衛』 2014年 、『西郷どん』 2018年 に出演。 朝ドラには 初出演となります。 二階堂ふみさん演じる関内音は、豊橋市内で馬具の製造販売を行う関内家の 三姉妹の次女として産まれます。 音は、将来はプロの歌手として舞台に立つことを夢見ていました。 ある日、福島に住む青年の古山裕一が英国の作曲コンクールに入賞したことを 新聞で知り、手紙を送り文通を始めます。 二人は結婚し、音は本格的に歌を学ぶために音楽大学に入学。 夫の才能を誰よりも信じて叱咤激励し、時代の流れのなかでさまざまな困難に 遭遇しながら、自らも歌手になる夢を追い続けます。 ken-on. 主な出演作品は、1994年に放送されたフジテレビ系のドラマ『 美味しんぼ』、 2003年に放送されたフジテレビ系の『 白い巨塔』などがあります。 唐沢寿明さんは、アニメ映画『 トイストーリー』 ウッディーの声優としても 有名です。 NHKの朝ドラには、『純ちゃんの応援歌』 1988年 、『とと姉ちゃん』 2016年 に続いて 3作目の出演になります。 唐沢寿明さん演じる古山三郎は、老舗呉服屋「喜多一」の4代目店主。 三男で、店を継ぐことはないだろうと思っていましたが、長男次男が相次いで 亡くなり、店を継ぐことに。 子どもたちには自分の好きな道を歩んでほしいと願っています。 菊池桃子さんは、2019年にフジテレビ系で放送されたドラマ『 ストロベリー ナイト・サーガ』で 二階堂ふみさんと、同年の日テレ系ドラマ『 ボイス110緊急 指令室』で 唐沢寿明さんと共演されています。 朝ドラには、 初出演となります。 菊池桃子さん演じる古山まさは、織物で栄えた川俣で生まれました。 兄の茂兵衛からの再三の養子要請と裕一の音楽の道を応援したい夫の三郎との 間で板挟みとなり苦労します。 主な出演作品には2019年に日テレ系で放送されたドラマ『 3年A組-今から 皆さんは、人質です-』があります。 朝ドラには、 初出演となります。 佐久本宝さん演じる古山浩二は、責任感が強く、経営が傾く「喜多一」を立て 直そうとします。 東京へと出ていく兄への反発もあり、福島に残って地元のために奮闘していきます。 nhk. cgi? 朝ドラには、『雲のじゅうたん』 1976年 、『おていちゃん』 1978年 、 『甘辛しゃん』 1997年 、『ゲゲゲの女房』 2010 、『マッサン』 2015年 に 続いて 6作目の出演となります。 風間杜夫さん演じる権藤茂兵衛は、まさの兄です。 川俣の銀行を経営する大実業家。 子どもにめぐまれず、古山家の兄弟のどちらかを養子として権藤家に迎えたいと 思っています。 ken-on. 』で23歳で 主演を務めるなど、ミュージカル界のプリンスと呼ばれています。 2011年4月、『モーツァルト! 』の演技により 第36回菊田一夫演劇賞・演劇賞を 受賞されました。 主な出演作品は、2015年にTBS系で放送された『 下町ロケット』や、2019年に テレビ朝日系で放送された『 おっさんずラブ-in the sky-』があります。 また、実写化されたディズニーの名作『 美女と野獣』の 野獣の吹替を担当 していることでも有名となりました。 朝ドラには、 初出演となります。 山崎育三郎さん演じる佐藤久志は、裕一の小学校の同級生で、県議会議員を つとめる裕福な家の息子で裕一の幼なじみ。 のちに東京の音楽学校を卒業し、歌手となって裕一の曲を歌い人気を博します。 lespros. 2006年10月、舞台『 田園に死す』に 主演し俳優としてデビュー。 主な出演作品は、2007年にテレビ東京系で放送されたドラマ『 BOYS エステ』、2015年にフジテレビ系で放送されたドラマ『 無痛〜診える眼〜』 があります。 朝ドラには、 初出演となります。 中村蒼さん演じる村野鉄男は、魚屋「魚治」の長男。 父親の仕事を手伝って魚を売り歩きます。 けんかが強く近所のガキ大将ですが、一方で詩を愛する優しさを持っています。 のちに作詞家となり裕一、久志とともに福島三羽ガラスと呼ばれ人気を博します。 universal-music. 母は「さとうきび畑」の歌で有名な森山良子さんです。 2003年12月31日、 第54回NHK紅白歌合戦に『さくら 独唱 』で初出場を 果たし、2005年には、 第56回NHK紅白歌合戦で親子共演もされて、話題に なりました。 俳優としては、2014年にフジテレビ系で放送されたドラマ『 HERO 第2 シリーズ』や、2020年にNHKで放送されている『 心の傷を癒すということ』に 出演されています。 朝ドラには、 初出演となります。 森山直太朗さん演じる藤堂清春は、裕一の小学校の担任。 音楽教育に情熱を傾けている先生で、裕一の作曲の才能をいち早く見いだして 応援します。 裕一が大人になってからも良き相談相手となり、音楽の道を応援する存在です。 5 cm 血液型 A型 職業 女優、歌手 事務所 ビクターエンタテインメント 薬師丸ひろ子さんは、角川映画の中心的存在として『 セーラー服と機関銃』 1981年 、『 Wの悲劇』 1984年 などで 主演を務め社会現象を巻き起こします。 2005年には、『 ALWAYS 三丁目の夕日』や『 1リットルの涙』母親役を 演じ、数多くの映画賞やテレビ賞を受賞。 朝ドラには、『あまちゃん』 2013年 に続き、 2作目の出演となります。 薬師丸ひろ子さん演じる関内光子は音の母です。 光子は新しい時代に、女性もしっかり自立すべきと考え、三人の娘たちには それぞれ好きな道を歩ませたいと考えています。 1998年にテレンス・マリック監督の映画『 シン・レッド・ライン』 第49回 ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作品 のオーディションに合格し ハリウッド デビューを果たしています。 朝ドラには、『おしん』 1983年 『はね駒』 1986年 、『ひまわり』、 1996年 、『瞳』 2008年 、『ゲゲゲの女房』 2010年 、『ひよっこ』 2017 — 2019年 に続き、 6作目の出演となります。 光石研さん演じる関内安隆は、主に軍に納品する馬具を製造販売する会社を 経営しています。 娘たちにとっては優しい良き父親。 音楽好きで、娘たちにいろいろな楽器を習わせていました。 php 生年月日 1991年7月27日 28歳 出身地 愛知県豊橋市 身長 162 cm 血液型 O型 職業 女優、タレント、小説家 事務所 Grick 松井玲奈さんは、 SKE48の元メンバーでした。 2015年に卒業後は、女優としての活動を広げています。 主な出演作品は、2018年にフジテレビ系で放送された月9『 海月姫』があります。 朝ドラには、『まんぷく』 2018年 に続き、 2作目の出演となります。 松井玲奈さん演じる関内吟は、音の姉で、おしゃれ好き。 すてきな男性と出会って幸せな家庭を作りたいと願っています。 html 生年月日 2001年8月31日 18歳 出身地 大分県 身長 154 cm 血液型 A型 職業 女優 事務所 アーブル 森七菜さんは、2017年6月、園子温さんオリジナルドラマ『 東京ヴァンパイア ホテル』で後半から登場するヒロインの少女・アカリ役に抜擢され、 女優 デビューを果たしました。 2019年に話題になったドラマ『 3年A組-今から皆さんは、人質です-』にも 出演されています。 また、新海誠監督の映画『 天気の子』の ヒロインを務めたことでも話題に なりました。 朝ドラには、 初出演となります。 森七菜さん演じる関内梅は、音の妹で文学好き。 将来は小説家になることを夢見て、懸賞小説に応募したりしています。 ken-on. 2018年にTBS系で放送されたドラマ『 下町ロケット ヤタガラス編』や、現在 日テレ系で放送されている『 トップナイフ』に出演されています。 2020年公開の映画『 コンフィデンスマンJPプリンセス編』への出演も 控えています。 朝ドラには、 初出演となります。 古川雄大さん演じる御手洗潔は、音の先生で、音楽を学ぶため、ドイツに 留学した経験がある人物です。 alpha-agency. html 生年月日 1953年11月2日 66歳 出身地 愛知県豊橋市 身長 169 cm 血液型 AB型 職業 俳優 事務所 アルファエージェンシー 平田満さんは、1982年に公開された映画『 蒲田行進曲』の村岡安次役として ブレイクしました。 同作で、 第6回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞と新人俳優賞を受賞。 その後はドラマ、映画に多数出演する名脇役として活躍されています。 平田満さん演じる打越金助は、軍関係に物品を納入している業者で、安隆の 商売にも協力している人物です。 第2週のゲスト出演となります。 『エール』は窪田正孝さんが主人公ということで、男性が主人公の朝ドラは、 2014年『マッサン』の玉山鉄二さん以来6年ぶりになります。 現在、公表されているキャスト相関図一覧では、今作も今までの作品に負けず 劣らずの素敵なキャストなので、放送が楽しみですね。 舞台が福島と豊橋ということで、豊橋出身の俳優さん、女優さんがこれからも 出演されることがあるのではないでしょうか。 エールがどんな作品になるのか、これからの情報も追っていきたいです。 朝ドラ【エール 実在モデル 夫婦の結末暴露!

次の

『エール』第9週あらすじネタバレ!鉄男と希穂子は将来結婚する?

エール ネタバレ

『エール』第9週のあらすじネタバレ 第41話:あなたは何を伝えたいの? 幼馴染の村野鉄男(中村蒼)と佐藤久志(山崎育三郎)に声をかけて、一緒に曲作りをしようと提案した古山裕一(窪田正孝)。 しかし、福島で記者の仕事をしている鉄男は、まずはきっちり働いて安定した給料を貰い、家族を養えるようにしたいという。 裕一は、鉄男の都合も考えずに東京に呼んでしまったことを謝ります。 けれど、もともと東京には来る用事があって、最近も何度か東京に来ていたとのこと。 とりあえずここでは、3人での曲作りはお預けとなりました。 早稲田大学応援歌「紺碧の空」が話題を集め、コロンブスレコードのディレクター・廿日市誉(古田新太)や同期の木枯正人(野田洋次郎)から絶賛を受けます。 そんな裕一に、廿日市は横浜の地方小唄(いわゆるご当地ソング)の作曲を依頼。 作詞は、廿日市曰く第二の西條八十と言われている大型新人・磯貝王次郎とのこと。 この地方小唄には社運を賭けているという廿日市。 はじめて廿日市に期待を寄せられ、舞い上がる裕一でした。 木枯からも応援歌ヒットを祝して、カフェーに誘われました。 女給の希穂子(入山法子)が福島出身ということで意気投合します。 翌日、記念公演プリマドンナ選考会の二次審査が行われました。 審査員には、音が憧れ歌手を目指すきっかけとなった世界的オペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)も。 二次審査を合格し、最終選考に進めたのは、最有力候補と目されている夏目千鶴子(小南満佑子)と古山音(二階堂ふみ)の二人だけでした。 審査の後、環に声をかけ、感謝を伝える音。 環は、音が技術的に十分審査基準を満たしていたと説明するとともに、けれど最終選考で勝つのは難しいだろうと告げました。 音の歌からは何も伝わらず、惹かれるものがなかったというのです。 第42話:社交場に咲く華になる! 環の言葉にショックを受けた音は、喫茶「バンブー」でやけ食い。 久志や店長の梶取保(野間口徹)恵(仲里依紗)夫妻は、歌に想いを込めるには、まずはその世界観と恋愛の機微を理解する必要があると助言。 記念公演の題目『椿姫』について、ざっと解説しました。 田舎の青年貴族・アルフレードが、社交場の華・ヴィオレッタ(椿姫)に恋します。 けれどアルフレードの父が二人の交際を反対。 ヴィオレッタに「息子の幸せのために別れてほしい」と要求します。 そこでヴィオレッタは「あなたのことなど愛してないわ。 ほかに好きな人がいるの。 さようなら」と心にもない手紙を残し、アルフレードに別れを告げました。 その後、結核を患っていたヴィオレッタの命が尽きようとしていたその時、再びアルフレードがヴィオレッタのもとにやってきて愛の告白。 しかし時すでに遅く、ヴィオレッタはアルフレードの腕の中で天に召されてしまったのでした。 そんな女性の恋心に疎い音に、恵は、恋愛小説を片っ端から読みまくることを勧めました。 しかしそれも大した効果がなく、すぐに飽きてしまう音。 そこで、裕一が以前、木枯に連れられたというカフェーを思い出します。 カフェーといえば男女の社交場。 そこで働けば、何かを得られるだろうと、裕一に頼み込んで、一週間の期間限定で、「音江」という源氏名で女給として働くことに。 ママ(黒沢あすか)や先輩の希穂子に指導を受けながら、夜遅くまで働く音。 裕一は音のことが心配で、許可したことを後悔します。 しかし音は「わたし、社交場に咲く華になる!」と宣言し、やる気を漲らせました。 一方、廿日市から地方小唄「横浜囃子」の作曲を頼まれた裕一は、またもや行き詰ります。 歌詞が、観光地や名産の単語を書き連ねただけの、ほとんど中身のないものだったのです。 これでは、どんな気持ちで曲をつけていいのかわからないと、頭を抱える裕一でした。 第43話:恋の機微 なんとか「横浜囃子」の曲作りを終えた裕一は、廿日市に提出。 けれど「ダメだね」と却下され、他の者に依頼すると言われてしまいます。 これに裕一が肩を落としていると、木枯から、そもそも「横浜囃子」を作詞した磯貝王次郎は、大型新人でもなんでもなく、ただの重役の息子で、親の七光りで作詞家になろうとしているボンクラだと明かされます。 だからそんな貧乏くじに付き合ってやる必要はないと言われ、少し気が楽になる裕一でした。 女給に勤しむ音は、歯に衣着せぬ物言いで、相談事をもちかける客からなかなかの好評を得るようになり、一人で接客を任されるようにもなりました。 そんな中、気難しい客の接待を任され、ひと悶着起こしてしまった音。 ママはそれを厳しく叱り、一人接客はまだ早かったと、音の面倒をみている希穂子をしばらく一緒につかせることに。 次に音が指名された席で、希穂子も同席します。 指名してきたのは、鉄男でした。 東京へ来たついでに裕一の様子を見に行ったら、音のことが心配だから様子を見に行ってほしいと頼まれたという。 鉄男は、音とともにやってきた希穂子を見て驚きます。 鉄男は希穂子の腕を掴むと「ずっと捜してたんだ」と言って、強引に店から連れ出してしまいました。 とりあえず古山家で話をする鉄男と希穂子。 二人は以前、福島で付き合っていました。 希穂子も貧しい家庭で育ち、病気の親の面倒をみていた苦労人で、それでもけなげに明るく振舞う姿に、鉄男は惚れ込んでいたのです。 そんな中、鉄男が勤めている新聞社の堂林社長(斉木しげる)の娘・仁美(春花)が鉄男に想いを寄せており、縁談を進めているという話を耳にした希穂子は、自ら身を引くため、何も告げず福島を去ったのでした。 しかし鉄男としては、縁談を断って、希穂子と結婚するつもりでいました。 けれど、わけもわからず急に希穂子が姿を消してしまい困惑。 その後、東京へ行ったらしいという噂を聞きつけ、とりあえず会って話がしたいと何度も東京へ足を運んでは希穂子を捜していたのでした。 そうしてようやく希穂子と対面できた鉄男でしたが、希穂子は取り付く島もなく「話すことなんてありません」と立ち去ってしまいます。 その後、音と二人っきりで話をした際も、想う気持ちを伏せて、鉄男のことを「今はただの知り合い」と説明する希穂子でした。 第44話:福島行進曲 女給の仕事で寝不足続きの音。 学校であくびをしていると、音楽一筋で頑張ってきた千鶴子から「あなたみたいに、音楽のほかにも結婚や仕事にと色々と手を出す強欲な人に、わたしは負けない。 すべてを懸けてヴィオレッタを勝ち取ってみせる」と食って掛かられました。 けれど音は千鶴子の言い分に納得できず、姉の吟(松井玲奈)に「わたしって強欲かな?」と問います。 すると「今頃気付いたの?」と返す吟。 しかしそれこそが音の良いところだとし、「強欲上等!」と応援しました。 女給として働き始めてから一週間。 最終日を迎えました。 その日も、鉄男は懲りずにカフェーへとやってきて、希穂子への面会を求めました。 ボーイ(蔵原健)から門前払いされるも引き下がりません。 そこで希穂子が、「福島を離れたのはあなたが重荷になったから。 勘違いされて困ってたの」とわざと心無いことを告げて鉄男を帰らせました。 その様を見て、女給勤務最終日にして、恋の機微を感じ取る音でした。 希穂子からフラれ傷心の鉄男は、裕一宅で飲んだくれます。 久志も呼び寄せ、3人は、福島での昔話にも花を咲かせました。 その中で、福島と恋心を織り交ぜた詩を書いてみたと明かす鉄男。 タイトルは「福島行進曲」。 歌詞を読んだ裕一は「すごくいい!こんな心にグッとくる歌詞を待っていたんだ!」と絶賛。 この歌詞に曲をつけさせてくれと懇願します。 もちろん鉄男は快諾。 歌は久志に歌ってくれと頼みました。 曲が出来上がり、廿日市に提出すると、まずまずの感触。 秘書の杉山あかね(加弥乃)から、他のレコード会社が目を付けてない東北方面の地方小唄なら話題にもなりやすいだろうとの後押しもあり、レコード化のGOサインが出ました。 ただし、さすがに無名の歌手を使うわけにはいかないと、久志ではなく、廿日市が選んだ女性歌手・川野三津代(山田麗)が歌うことに。 こうして、上京して2年、ついに裕一はプロの作曲家デビューを果たしたのでした。 第45話:切ない恋の結末 梶取夫妻の提案で、喫茶「バンブー」で裕一と鉄男の初レコード化のお祝い会をすることに。 そこで音は、希穂子にもお祝い会に参加してほしいと声をかけました。 けれど、それはできないと断る希穂子。 福島にいた時、堂林社長から、鉄男は娘婿になる男だから別れてほしいと要求され、「この金でお父さんの病気を治しなさい」と手切れ金まで渡されたという。 そして、もしこの申し出を拒めば鉄男を解雇する、とも。 希穂子は、鉄男の幸せを願い、そして自分の気持ちに踏ん切りをつけるためにもそのお金を受け取りました。 だからもう、鉄男と復縁することはないと告げる希穂子でした。 しかしその夜のお祝い会で、希穂子は祝い品を持参して、顔だけ出してくれました。 そこで久志が、せっかく来てくれたのだからと、せめて「福島行進曲」を聴いていってほしいと促します。 歌に耳を傾けながら、この歌詞を書けたのは希穂子のおかげだと口にする鉄男。 希穂子のおかげで、貧しい家庭で育ち世の中を恨んで人を妬んでいた自分が「世の中捨てたもんじゃない」と思えたという。 そして、人の痛みに敏感で、いつだって人の幸せを願っている優しい希穂子のことだから、先日の心無い言葉も、きっと自分のためについた嘘だと鉄男は察していました。 そこであらためて「俺と一緒に生きてくれねえか?」とプロポーズ。 けれど希穂子の答えは変わらず、「私、結婚が決まったんです。 とてもいい人なの。 だから心配しないで」と嘘をつき、鉄男に別れを告げたのでした。 ヴィオレッタ役の最終審査日。 音は、先日の希穂子の姿を思い浮かべ、愛する男のために自ら身を引く切ない想いと覚悟を乗せて歌い上げました。 結果、見事プリマドンナ・ヴィオレッタ役を射止めたのでした。 スポンサーリンク 『エール』第9週のネタバレ感想 『椿姫』さながらの鉄男と希穂子の悲恋に、泣けてきました。 とくに、愛する男の幸せのために自身の幸せを投げうった希穂子のいじらしさといったら…! 希穂子と鉄男、結ばれてほしかったです。 あんなに強く互いを想い合っていたんですもの。 もう二人が結ばれることはないのかしら…うぅっ。 その二人の悲恋を目の当たりにして、切ない恋心を歌い上げた音。 狂おしいほどの愛を秘めた歌声に鳥肌が立ちました。 一週間前に「社交場に咲く華になる!」と宣言して、何度もコントちっくなキス顔をみせていた音とは、まるで別人ですね。 笑 でも、そんなお茶目な音も大好き!二階堂ふみさん、ほんと可愛いな~。 鉄男と希穂子は将来結婚する? きほこさん、皆の前から去る。 「お金持ちと結婚する」と嘘をついてしまった以上、お店にもいられないものな… 潔いが悲しい。 どうか幸せになって…物語後半で女実業家として大成功!と再登場しても文句言わないし、むしろ拍手で迎えるわ… — ぬえ yosinotennin ・マフラーを掛けてあげるという愛情表現 — ひぞっこ musicapiccolino の希穂子役、 さん。 昔、秋田のPR映画で主役を務められた時は山口百恵さんみたいだと思ったのよね。 ショートカットだったこともあって。 でも、 の彼女は本当に竹久夢二の美人画そのもの。 複雑な胸の内の表現もお見事。 女優さんって、凄いね。 — t e o 8 2 5 teo825 季穂子さん心に踏ん切りがついたからバンブーにお祝いしに来れたんだ。 新聞社社長からお金を受け取った以上、自分は消えるべき女だという固い決意。 強い強い女性。 結婚は嘘だと思うから、作詞家としていつか季穂子さんを迎えに行って欲しい。 — マルマルコ marukodorama おはよーございます!今日は暑いねー😄 鉄男くんと希穂子さん、切ないなぁ。 ドラマだなぁ。 椿姫のお話とのリンクもいいなぁ。 それを裏で支えた鉄男と希穂子の切ない恋に泣かされました。 鉄男の幸せを思っての希穂子の言動。 なんて優しい、愛の強い人なんでしょう。 鉄男のモデルの野村俊夫さんは、福島で新聞記者をしていた時に付き合っていた女性(ハツさん)と結婚しています。 希穂子がハツさんをモデルとしているかは不明ですが、鉄男と希穂子には、将来感動の再会・結婚を果たしてもらいたいですね。 その話で1週使ってもいいでしょう! ネットでも、希穂子の再出演および鉄男と結婚することを待望する声が続出しています。 果たして、『エール』制作陣は、視聴者の声に応えるか!コロナ休止後の展開が楽しみですね。 朝ドラ『エール』第10週のあらすじ 公式サイトが発表している『エール』第10週のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。 ヒット曲に恵まれない裕一 窪田正孝 は、木枯 野田洋次郎 から売れっ子作詞家の高梨一太郎を紹介される。 高梨に見込まれ裕一が作曲した「船頭可愛いや」は藤丸 井上希美 の歌でレコードに。 しかし廿日市 古田新太 の期待もむなしく全く売れない。 そこで起死回生で取られた手段とは!? 一方、音楽学校のオペラ公演に向け、音 二階堂ふみ らは、環 柴咲コウ のもと本番に向けて稽古に励んでいたが・・・。 nhk. html スポンサーリンク.

次の

【エール】ネタバレ!最終回の結末はヘタレな裕一が自信に満ち溢れた表情になる!

エール ネタバレ

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/• またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の