横浜 ドリーム ランド 跡地。 旧ドリームランド敷地内にある相州春日神社の鹿がすごく礼儀正しいって本当?

ドリーム開発ドリームランド線

横浜 ドリーム ランド 跡地

1964(昭和39) 年 8月1日、日本ドリーム観光株式会社によって戸塚区に「横浜ドリームランド」が開園した。 横浜の大型テーマパークとして栄えていたが、バブル崩壊後経営が悪化し2002(平成14)年には閉園が決定。 ドリームランドの跡地の現況 閉園後、横浜市が敷地を買い取り、南部を学校法人都筑第一学園に売却。 北部は市が再開発し俣野公園や市営墓地として利用されている。 南部を買い取った都筑第一学園は、2006(平成18)年に横浜薬科大学を開校する運びとなった。 俣野公園の様子。 公園の奥にはスタジアムも見える 当時ドリームランドへのアクセスとして活躍した「」については、以前、はまれぽでも取り上げている。 今回調査を行ったのは、横浜薬科大学の内部。 情報によれば、ドリームランド時代の建物をそのまま利用している施設もあるということ。 閉園した遊園地の片鱗が残る大学とはどんなものだろうか。 横浜薬科大学の図書館へ 横浜薬科大学正門 横浜薬科大学に到着すると、正門の奥に異彩を放つ建物が見える。 建物というよりタワーのようなそのシンボルこそが、横浜薬科大学が誇る図書館棟だ。 今回案内してくれたのは、図書課長を務める山下さんと、キャリアセンター長補佐の田口さん。 お二人とも陽気な方だった。 ご案内してくれた、田口さん(左)と山下さん この図書館は、 日本ドリーム観光株式会社 がかつて経営していた「ホテルエンパイア」を改装したもの。 当時はドリームランド併設のホテルとして数々の宿泊客をもてなしていたが、バブル崩壊後の1995(平成7)年に廃業。 その後、手が付けられずに残っていたものを、横浜薬科大学が開校する際に図書館として再利用した経緯がある。 図書館の玄関。 ホテル時代はロビーのあった場所 全国初の6年制薬科大学である当大学では、今期初めて卒業生を輩出する。 これまで、学生が増加している状態だったため、図書館内の設備についても常に増設中とのこと。 現在は無線LAN設備の導入を予定しているそうだ。 図書館の内部。 書架と自習用の机が整然と並んでいる 全21階のタワーは、1階から8階までが図書館として利用され、9階より上は研究室や事務室、理事室などに活用されている。 各研究室の案内図。 間取りはホテル時代のままだと言う 基本的にホテル時代の間取りを使っているため、各階4部屋と決まっている。 エレベーターを中心に、全て角部屋となる客室を、そのまま研究室に割り当てる配置だ。 図書館の最上階は? 最もキニナルのは、投稿者の疑問でもある最上階。 最上階21階は展望ラウンジとして学生に開放されている 当時は床が回転する構造で、回転展望レストランとして話題を呼んでいたそうだ。 現在その装置は無くなっているが、自習室として学生が利用している。 最上階(高さ68m)からの眺め。 天気が良ければ富士山もキレイに見えるそうだ ソファーにくつろぎ、こんな景色を見ながら勉強するというのは相当な贅沢だろう。 ホテル時代にあった、五重塔のような「ひさし」は屋上部に残るのみ ホテル時代は、五重塔をモチーフとした外観であったが、屋上部分の屋根以外の「ひさし」は全て取り外されている。 これは、落下の危険性を考慮した為だそうで、本当は屋上部の屋根も改築する予定だったが、地元住民から趣きを残して欲しいという要望があり、それに応える形で対応したそうだ。

次の

横浜市戸塚にあった遊園地「横浜ドリームランド」の跡地と俣野公園

横浜 ドリーム ランド 跡地

大船駅とドリームランドを結んでいたモノレール かつて大船駅と、1964(昭和39)年~2002(平成14)年まで営業していた遊園地「ドリームランド(戸塚区)」を結んでいたモノレール。 大船駅近辺で高架のレールが長年立っていた姿を記憶している人も多いのではないだろうか? 過去にについての記事もあるが、今回はその跡地について紹介したい。 『全国鉄道事情大研究 湘南篇(川島令三)』によると、1966(昭和41)年5月に運行会社であるドリーム交通が開通。 15分間隔で3両編成の袴座式(こざしき:レール上を走る)モノレールが大船~ドリームランド間の5. 3kmを所要時間8分で運行していた。 大船駅付近の軌道跡。 2002(平成14)年ごろ また、1965(昭和40)年前後はモノレールブームがあり開発競争が進んでいた。 その状況下で、モノレールの設計などを行った東京芝浦電気(現・東芝)は、他社の成功の焦りからか、車両が重くなったのにその重量に見合った軌道桁(きどうけた)への強化を怠った。 そのため、1年後には各所で軌道桁にひびが入ってしまい、開業から1年余り経った1967(昭和42)年ごろに運休になった。 以後何度か復活の話はあったが再開していないとある。 車両の重さにレールが耐えられなかった そして、大規模な団地であるドリームハイツ(詳しくは後述)の概要を記したパンフレット『県ドリームハイツ30年史』には、ドリームランド線はモノレールの開発競争の初期に登場した画期的な路線だったとあった。 これらの情報を得てから、現地の様子を確認するために、JR大船駅に向かった。 大船駅(緑矢印)と元「ドリームランド」(青矢印)の間を結んでいた(Googlemapより) 大船駅近くの不動産店の主人に、ドリームランド線について伺うと「60代の人なら一度はあのモノレールに乗ったのではないでしょうか? 1966(昭和41)年ごろ、モノレールは満席でした。 ほかにドリームランドのような娯楽施設はなかったので、このあたりの人にとっては楽しみな場所でした」という。 大船駅には、今もモノレールが運行しているが、その湘南モノレールは、有名な観光地の江の島まで10数分とのことで人気を集めているようだ。 ドリームランド線も遊園地「ドリームランド」への乗客の夢を乗せて走る乗り物だったのだろう。 湘南モノレールの改札口 大船駅に滑り込む湘南モノレール 『県ドリームハイツ30年史』にあった「ドリームランドモノレール」の路線図を手に、そのレールの跡地を大船駅からドリームランド線の終着駅であったドリームハイツを目指した。 この路面図には新設する駅舎の理想的な場所が記されていたが、実際に駅舎は完成しなかったようだ。 路線図には理想的な駅舎の場所が記されている 駅舎の場所を現在の地図と対比したもの まずは大船駅西口のあたりで、モノレールの駅舎があった場所を探した。 大船駅西口 駅舎跡地には、現在マンションが建っていて、近所の女性に話を伺うと「1966(昭和41)年ごろにモノレールに乗りましたが、1年ほどで中止になりました。 現在マンションが建っている場所に駅舎があり、建物の高さも同じくらいでした」とのこと。 駅舎跡地に建つマンション 次に駅舎の計画が立っていた場所のひとつ、玉縄台(たまなわだい)方面に向かった。 山を一つ越えた先の住宅地のはずれにレールの走っていた場所を発見、周辺住民に話を伺った。 ドリームランド跡地の様子は? レールは玉縄台の住宅地の脇を走っていた(青矢印) (Googlemapより) 散歩中の住民の男性に話を伺うと「地上数メートルの高さにレールがあり、その上をモノレールが走っていました。 今では跡地には一戸建てが建ち、住宅が増えています。 当時は近くに駅ができる計画があったので、私たちは期待していました」とのこと。 玉縄台のレール跡地には住宅が建っている 画面中央あたりをレールが走っていた 現在跡地には、住宅が建設中で、モノレールの跡は残されていなかった。 かつて小雀信号所があった場所 さらにドリームハイツに向けて進むと、列車交換のためのホームが設けられていた小雀信号所があった場所に着いた。 小雀信号所があった場所(青矢印)(Googlemapより) この場所は、現在、農園になっており、ビニールハウスなどがあった。 跡地は農園になっているようだ サングラスが決まっている、通りすがりのダンディーな初老の男性に話を伺った。 男性は「ここにはモノレールが行き違いをするための中継所がありました。 私たちは1961(昭和36)年に引っ越してきましたが、モノレールの途中駅ができると聞いていました。 駅ができるということだったので、土地の価値が上がることやこの場所で商売をした際の収益に期待していた人もいました」と話してくれた。 小雀信号所跡地の近くには小雀浄水所がある 続いて、近くで畑仕事をしていた中年男性に伺うと「現在私は66歳ですが、モノレールには中学生のころパスを買って何十回も乗っていました。 とても思い出深いです。 揺れもせず乗り心地は良く、開通当初はいつも満席でした」という。 そしてこの男性の土地にはレールの橋脚が建っていたとのことで、案内してもらうことにした。 「私の持っている土地にモノレールの柱が立つことになり、その際はそこの土地を売りました。 しかし中止が決まり、レールを撤去するときに、ほかの人の手に渡りお墓などになったら嫌なので、また買い戻しました」とのこと。 男性が持参している開通記念に買ったモノレールの温度計はまだ作動している 裏には、1966年の4月28日に開通した内容が記されていた この男性のように、施設があった土地を元の所有者が買い戻した例もあるようだ。 また、男性の所有する温度計も興味深く、「今でも動作しているのを持っている人は少ないのでは?」とのことで、男性のモノレールに対する愛情が感じられた。 モノレールの橋脚の跡地には、土台しか残されていなかったが、周りは緑豊かな山が広がり、自然の起伏に富んだ土地をモノレールが走っていたことを思わせた。 男性の土地に残る橋脚の土台 山の稜線に沿ってレールが走っていたという.

次の

横浜市戸塚にあった遊園地「横浜ドリームランド」の跡地と俣野公園

横浜 ドリーム ランド 跡地

概要 [ ] 遊園地のに併設される形で(40年)に開業し、ちょうど30年後の(7年:月日不明)に閉鎖された。 1965年(昭和40年)に、業務の取扱いを開始し 、(昭和56年)に、となった。 開業当初は周辺にホテルが少なかったため、の全盛期に、俳優が本ホテルに泊まり込んだという逸話もある。 (昭和43年)当時の宿泊料金は一人あたり4,000円 - 10,000円(ツインルーム)だった。 隣接するホテルドリームランドが一人あたり700円 - 1,500円(同)だったことから、本ホテルを高く位置づけていたことがわかる。 建築物として [ ] により1965年(昭和40年)に竣工した。 完成当時は地下2階地上21階、高さは建物部の高さが68、尖塔と避雷針を含めて93mであり、工事期間は僅か1年という突貫工事だった。 最上階の21階は回転する構造になっており、として使用された。 五重塔を伸ばして二十段にしたような独特の形状で、高台の上に建っており近くに高い建物や大きな山が存在しないことから、多少離れた場所からでも目立つ建造物で、周辺が田畑ばかりだった完成当初は、ひときわ異彩を放つ存在であった。 その後開発によって周辺の宅地化が進んでも、ホテルエンパイアの建物は横浜ドリームランドのとともに周辺一帯(戸塚区南西部および北部)のとして長年親しまれた。 営業していた当時のホテルエンパイア(中央やや左奥)。 1990年1月撮影。 横浜ドリームランドが(平成14年)に閉園して以降、モノレール()の軌道、観覧車・潜水艦等の遊戯施設など、ドリームランドに関連する多くの施設、建造物が次々に解体撤去される中、往時を偲ぶことのできる数少ない建物の一つとなっていた。 また、閉業当時は撤去する予定であったようだが、一年という短い期間での突貫工事の影響なども有り、アスベストが大量に使用されていたため、撤去費用が膨大なものになるというもので結局解体は行われず現在に至る。 現在 [ ] その後、紆余曲折を経てドリームランド跡地を買収したが、2005年(平成17年)に改装工事に着手し、同学園が(平成18年)に開校したの図書館棟になった(1〜8階が図書館、9〜20階は学長室・研究室など、21階は展望ラウンジとして使用 )。 この工事により、屋根先端のを模したや中間階の屋根状の装飾が撤去された。 外壁材も明るい色のパネルに交換されたため、五重塔のようだった外観は大きく変貌し、最上階の屋根だけがかつての面影を残している。 脚注 [ ] [].

次の