同人誌 昭和道。 まんが編集道《昭和の時代からマンガの現場に居続けて》

氷見敦子「『宇宙から来た猿』に遭遇する日」(『氷見敦子詩集』昭和61年=1986年刊より)

同人誌 昭和道

さすがに中3、高校受験を睨まざるを得ないこの時期に、月刊マンガ同人誌を発行するのはどうだろうと考慮した結果、年2回刊という形式に落ち着いたのだった。 出さないという選択肢は始めから無いというわけだ。 潔し!揺ぎ無し! 夏の号は友人が表紙を描き、例によって分解し、それぞれの原稿を返却してしまったため、私は所持していないが、カバーの箱を担当したのでそれをアップした。 これは今回初めての試みなのだが、総ページ数が百科事典並みになったので、廃棄されそうになっていた学校図書の万有百科事典の箱に紙を貼り制作した。 40年以上を経てボロボロだ。 画像では見づらいが、背の部分には貝殻が描かれている。 1巻目は「夏風号」と銘打ち、夏休み明けの9月初旬発行予定、夏休みいっぱいを使って執筆する事になる。 さてその題材だが、前年に挑戦して見事に挫折した、原作物への再挑戦をする事にした。 題材は、幼少時から幾度となく読み返していたサン・テグジュペリの「星の王子さま」だ。 前年の「レ・ミゼラブル」に比べればボリュームも少ないし、何とかなるかもしれないとの楽観的な見通しだったのだと思う。 だが、この時の私には理解が足りていなかった。 前年度の挑戦は、みなもと太郎の「レ・ミゼラブル」に影響を受けて描いたものだったのだが、みなもと版の「レ・ミゼラブル」がいかにうまい事原作をまとめていたかという事実に気づくのは、高校生以降、原作を読了して後の事だったのだ。 四字熟語で表すならば正に「換骨奪胎」散りばめられた要素を巧みにギャグに落とし込みながら、原作の持つ魂はそのままに迫ってくるのだ。 2012年に公開された、ミュージカルの映画化の「レ・ミゼラブル」は中々面白くはあった。 罪を犯してしまったジャン・ヴァルジャンが苦悩の中に光明を見出すシーンでは、ヒュー・ジャックマンが苦悩に満ちた歌い出しから、歌の後半では立ち直ってしまうというのはミュージカルの醍醐味でもあるし、ギャグにも見える感じで面白かったのだが、残念ながら158分という、映画としては長尺ながら、原作のエピソードはこぼしまくりだったので、むしろ、みなもと版読もうよ、というか原作も読もうよと声を大にして言いたい。 そんなプロの技など思いもよらぬ中3の私は、脚色などという知識もないので、兎に角原作をそのまま忠実に描き写していったのである。 そんな未熟な中学生の作品だから、箸にも棒にも掛からぬかと思いきやそうでは無いよ、お立合い!意外にも構成や演出が良いのでなんとか作品として成立しているという寸法だ。 やれば出来る子だった!この演出の感じは後年の「さよならもいわずに」にも通底していると思うのだ。 ただやっぱりセリフが多いな、忠実にただただ描き写しているから。 バラの花のデザインは、アニメ版(1978年)のデザインそのまま真似した感じ、ただ当時は観た事がなく、新聞広告を見ての事だと思う。 あのアニメの主題歌は良いよね。 もちろん、文章の切れが各章を見事に絞めているので、原作の素晴らしさ(この場合は翻訳の素晴らしさとも言えるが)におんぶにだっこで中学生の表現に下駄を履かせまくってくれているのだが。 そしてこの見開き、中学生の頃にこんなのを描いてるんだから、後に「五万節」描くのも必然ですよね。 むべなるかな、ですよね。 中学生にして,156ページの作品をひと夏かけて描き切り完成させたという経験はその後のマンガ家人生に影響を与えたと思う。 自信にもなるし、地道に根気良く取り組むという姿勢も身に付いたろう。 中学3年の夏の思い出となっている「星の王子さま」だが、驚いた事にはこの後、冬号が発行されるのですよ!高校受験はどうなるのだろう!?それはまた次回にお話しさせて頂きます!.

次の

まんが編集道《昭和の時代からマンガの現場に居続けて》

同人誌 昭和道

詩の同人誌、季刊「銀紗」詩と音楽の散歩道 同人詩誌・ 季刊・ 「銀紗」・ 詩と音楽の散歩道・ 責任編集 近藤敏広 銀紗(ぎんしゃ)は昭和63年から平成5年までの間に16冊の本を発行した詩と音楽の同人誌です。 ここに20年の時を経て再開することにしました。 あなたは、どうやってこのホームページまで来られたのでしょうか?名前で?それとも同人だった方? 初めてご覧になった方も長年の友人も、ゆったりした時間をお過ごし頂けると幸いです。 お知らせ 銀紗33号(令和2年5月31日号)を発行しました。 こんかいの銀紗は手持ちの表紙と遊び紙を使いました。 みなさんから綺麗な本だねと言っていただき編集部一同喜んでいます。 引き続き銀紗34号(令和2年8月31日発行予定)の作品を募集をしています。 読んでみたい方、同人に参加される方、投稿希望の方、お便りお待ちしています。 今号は同人と投稿者のかたが増えましたので部数を少し多めに作りました。 もくじはブログに掲載しましたので上記からアクセスしてください。 たいへんな世の中です。 体に気をつけてお過ごしください。 銀紗は小さい同人誌ですが日本文藝家年鑑に掲載されています。 それではお便りお待ちしています。 銀紗をはじめて読まれるかたに 銀紗は昭和63年9月10日創刊されました。 最終号の16号までに20人を超える同人と一緒に本を作ったりお茶会をしたり楽しい 時間でした。 できあがった銀紗を図書館や書店、喫茶室などに置いて頂いて銀紗の輪も少しずつ 広がってゆくのに胸がときめいていたのを今でも思い出します。 観光地のホテルで銀紗をご覧になった方からお手紙を頂いたり有名な詩人や、ある 国の大統領府からもお手紙を頂いたりと銀紗は幸せな同人誌だったと思います。 銀紗には誰でも参加できます。 銀者は穏やかな同人誌です。 それでは最新号からご覧ください。

次の

詩の同人誌、季刊「銀紗」詩と音楽の散歩道

同人誌 昭和道

急いで部屋を出る。 で神保町へ。 バスを待つ間、近くの書店へ立ち寄り、 『小鳥たちのために』を購入。 道が混んでいる。 視線の先まで、車の列が続いている。 信号が変わるたびに、 列が伸びたり縮んだりする。 を流れていく。 車という車が、苛立っている。 十二時十六分前、バスが来ない。 井上さんが手を上げて、タクシーを止める。 * 十二時数分前に、病院に着く。 三十分ほど待たされたあと、三浦先生の診察を受ける ナースの目に促されて、二階へ。 手術室の前を横切って、 青いベッドの並ぶ部屋に入る。 あの日から、脳の奥で、手術室がしんと静まり返っている。 十二月二十五日に、そこへ、入った。 わたしから潰瘍のできた胃の、 三分の二が切除されていく。 胃の、三分の二が、切除されていく。 わたしから切り離された臓器が、呪いとなって、奈落へ、 吸い込まれていった。 あの日を境に、手術室は、 水を打ったように静かだ。 ナースが点滴の容器を持って現れる。 血管に針を突き刺すとき、 決って、痛いかと聞く。 痛いと、いつも答える。 入院中は毎日、 点滴を打たれた。 毎日、針を刺すので、内出血の跡が消えることはない。 日増しに、血管が固くなり、針を拒絶する。 針を、見ただけで、 腕が黒ずんでいく。 ピンク色の液体が、ゆっくりと血管のなかを流れ始めている。 目を閉じると、の声が蘇ってくる。 「ほら、うすももいろの星雲が見えて来たでしょう」 ……。 いまでは、ピンク色の液体が無数の星となって、 わたしのを、駆け巡っているのだ。 ベッドに横たわっているわたしのそばで、 井上さんが、を読む。 『殺人事件』が、 しだいに、クライマックスへ向かっていく。 緊張が伝わって来て、 井上さんの目玉の奥に、血まみれの死体が転がっている。 だれが、を殺したのか? 意識に嵐を巻き起こす猿が殺人者なのだと、井上さんが、 押し殺した声で呟く。 犯罪を犯す猿。 知的な猿のシンジケート。 そして、 猿を堕胎する謎の女たち。 井上さんの、脳に、がとり憑いている。 最初に、 猿が姿を見せたのは、一九八三年十一月三十日のことである。 一行が、不思議な閃光となって、 宇宙を横切っていく。 * 午後一時二三分。 受付で薬をもらい病院を出る。 再びバスに乗って神保町へ。 「ランチョン」で遅い昼食。 食後、胃が膨らみ腸が痛み出す。 食物の移動にともなって、 痛みが、少しずつ下の方へ移っていく。 同時に、睡魔が、 脳細胞を侵し始めている。 しばらくは身動きもできず、 仮死状態のまま、夢の入江に沈んでいる。 * わたしが その猿のすみかを見つけたのは 四月十日、井上さんといっしょに病院へ行った日ではなく、 未来から絶えまなく訪れる「四月十日」が 脳の地平から放射状に飛び散っていくところに向かって 無限に砕かれていくわたしが とどめようもなく舞い狂っているのです 気がつくと 地下鉄に乗っている女が神保町へ近づいている 途中、光の壁に耳を押し当てて 巨大な赤ん坊の夜泣きが宇宙の井戸から落ちてくるのを聞く わたしはもう長い間 熱病のように震えるからだで 夢の焼跡ばかりをさまよってきたのだ、そこから 水の目を茫洋と見開き 胎児の意識から生え出す景色という景色が 燃えるような光の渦に覆われていたのを見ていたことがある わたしは脳が柔らかく崩れて行く岸辺に立ち 燃え上がる樹木、燃え上がる路上、燃え上がる建築物、 燃え上がる人骨を数千年にもわたって恍惚とながめ続けてきた というのは ほんとうなのだろうか けれども 燃える猿の影を追ってきた女がひとり神保町に来ていて 神話のように笑う。 氷見敦子の略歴、遺稿詩集『氷見敦子詩集』の制作背景は、これまでご紹介した12篇をご紹介した際にたどってきましたので、特に内容に即して病状の推移を詳述した前回をご参照ください。 『小鳥たちのために』の訳書は詩誌「」の特集号とともに当時詩の世界では話題の本でした。 「犯罪を犯す猿。 氷見敦子が亡くなった月でもある昭和60年10月に商業誌発表されており、また病床で書かれ没後翌月発表の絶筆となった「の『地獄谷』へ降りていく」が昭和60年9月24日付けで同人誌に送られている 全集年譜による ことからも、本篇は容体が急速に悪化した8月下旬より前に「」用に完成され入稿されていたと推測されますが、氷見敦子本人に病名が告知されたのは逝去前月の9月に迫ってからでした 両親と「井上さん」には手術当日に告知されていました。 連作化・断片化の進んだ詩集中盤以降でも本作は前述の通り「井上さんといっしょにへ行く」と並んで独立性・完成度が高く、また商業誌「」発表であることから本作で一気に氷見敦子への注目が高まるとともに、翌月の詩誌 当時の商業詩誌は「」「」「」に、女性詩誌「ラ・メール」がありました では逝去が報じられるのです。 当時筆者は~九段下のすぐ隣の市ヶ谷の大学に通って添いでアルバイトしていたので固唾を飲んで本作掲載の「」を読み、翌月氷見敦子の逝去を知った衝撃は忘れられません。 '70年代の立中潤・の自殺に続き、唯一の商業詩誌転載「遥るかする、するするながらIII」 昭和45年=1970年 のみで伝説化して人知れず亡くなっていた 1943- の『遺稿詩集』 昭和61年=1986年5月刊 とともに、同時代の詩人の死として氷見敦子の逝去はもっとも痛ましいものでした。 あと詩集からご紹介していないは絶筆となった最後の1篇「の『地獄谷』へ降りていく」を残すのみになりました。 次回ご紹介いたします。 今回も詩集目次を上げておきましょう。

次の