大泉 洋 映画。 しあわせのパン

大泉洋×小池栄子W主演映画『グッドバイ』来年2月公開決定 共演に水川あさみ、橋本愛、木村多江ら|Real Sound|リアルサウンド 映画部

大泉 洋 映画

編集部公式ライターのアスカでございます。 2015年5月16日に全国公開となる映画『駆込み女と駆出し男』の完成報告会見が先月の2月18日、都内ホテルで行われました。 主演の大泉洋さん、戸田恵梨香さん、満島ひかりさん、内山理名さん、樹木希林さん、そして原田眞人監督が登壇。 この豪華6名で笑いの絶えなかった会見をリポートします。 笑いの絶えない完成報告会見 この『駆込み女と駆出し男』は女からの離縁が難しい江戸時代が舞台。 その門をくぐれば離縁できる駆込み寺『東慶寺』を中心に、女と男の出会いと別れ、そして、素敵な人生を描いた作品です。 会見で最初に挨拶をしたのは中村信次郎を演じる主演の大泉洋さん。 「井上ひさしさんの『東慶寺花だより』の原作もエネルギッシュでしたし、監督が書いた脚本もエネルギーに満ちていて、勢いを損なわない出来上がったときに時代劇でありながらも物凄く新しい映画ができたなと思った」 とパワーの感じられる作品であることをおっしゃっていました。 続いて、駆込み寺の東慶寺に駆け込む女性・じょご役の戸田恵梨香さんは 「時代劇は初めてやらせていただきました。 笑えて、涙もあって、若い世代の人にも楽しんでもらえる作品になったと思います。 できるだけ若い人にも観ていただきたい作品です」とコメント。 べらんめえ口調を使ったり、着物の肩を落としたり、とても難しいお吟を演じる満島ひかりさんは 「撮影してて難しかったし、苦しかったし、でも楽しかったです。 かつて私達の先祖だった人が生きていた時代を感じられる映画になっているので、みなさんにも楽しんで観てもらえると思います」 と苦労しながらも、完成した映画に感激した様子。 女侍・戸賀崎ゆう役の内山理名さんは 「毎日、刀を片手に稽古をして、撮影に入る前に薙刀、殺陣(たて)などをいろいろ稽古したのが印象に残っています。 時代劇を観たことがない人でもテンポ良く観られる作品になったと思います」 と、撮影を楽しんだ様子が伺えました。 三代目柏屋源兵衛を演じる樹木希林さんは「未だに作品の題名が覚えられない」と会場の笑いを誘っていました。 会見場には劇中で実際に使用した柏屋ののれんが用意されていましたが、こちらは樹木希林さんが文字を書いたんだそうです。 そのフリを受けてご本人は 「経費節減のために書かされたんですよ。 提灯とかにもいっぱい書かされました」 と、樹木希林さんの人の良さがみられる場面も。 ご自身も時代劇と戦争映画と西部劇で育ったとおっしゃる原田眞人監督からは 「若いキャストも本当に素晴らしかったし、初めての時代劇でしたけど、みんなと一緒に学んで1つずつ成長することができました。 非常に現場も楽しかったです」 とコメントをいただきました。 登壇者への質問タイム 初めて時代劇を撮るにあたって心がけたことと原作『東慶寺花だより』の世界観をどのように描こうと思ったのかという質問に対して、原田眞人監督督は 「江戸から鎌倉までの距離感だったり、主人公たちの生き様、生活、風俗っていうのを描きたかったんですね。 作品が女達の連帯や信次郎の成長の物語であるということで、それぞれの背景をリサーチするのに時間がかかった。 原作では時代をハッキリ限定していなかったが、幅があるところで戯作者が弾圧されていた天保の改革のころに時代設定しました」と回答。 大泉洋さんと樹木希林さんの役は女達の縁切りを手伝う役。 映画での2人のやり取りで印象深い場面はあるかといった質問に、樹木希林さんは「大泉さん演じる信次郎と源兵衛のやり取りでは印象的なのは何にもないんですよね」とぶっちゃけ。 大泉洋さんはすかさず「そんなことないです!あります。 多少あります!」と即答。 「なぜ監督が大泉さんを起用したのかを知りたい」とまで言い放つ樹木希林さんに会場は大爆笑でした。 原田眞人監督は「マシンガントークでのやり取りがあって、ここが原作で一番好きなシーン。 これを読んだときにこの役はもう大泉洋しかいないなと思いました」と、大泉洋さんを起用した意外な理由も明らかにされていました。 作品の中には大泉洋さんが早口のセリフを言うシーンが何度かあるのですが、非情に見応えあるシーンで、その早口ぶりに驚く方も少なくないはず。 樹木希林さんは「観た方、セリフが速すぎてあの話わかりました?」と、ここでも会場の笑いを誘っていました。 完成した作品を観て感じたことについて質問された大泉洋さんは 「いただいた台本がすごく分厚くて、これだけシーンが多いと他の監督はカットしていくんですが、原田監督は撮りながらシーンを増やしていくんですよね。 終いには助監督さんがこの映画は4時間になるねなんて。 それが2時間23分になってるんだから、観たときにとにかくスピーディーさが感じられました。 決して長さを感じさせられない」とコメント。 また、離婚についてどう思うかの質問では 「私にとって家庭がすべてで、あの家庭がなくなるのは本当に辛いですし、娘が可愛くて仕方がないですし、離婚すればだいたい娘はお母さんに取られますしね。 やっぱりしない方がいいんじゃないでしょうか」と、家庭を大切にする一面を見せてくれました。 最後に監督は「『ラスト・サムライ』が作ってくれた映像が1つ参考になっていて、ぜひあの圓教寺(兵庫県姫路市)の美しい場所を舞台に撮りたいと思っていたので素晴らしい映像になりました。 また、今回の出演陣みんな素晴らしかった」とコメント。 ぜひ、皆さんにはその美しさを作品でご確認いただきたいと思います。 また、大泉さんは「お話をいただいたとき、江戸時代の女性を助けるという東慶寺の仕組みが面白いと思いました。 描かれている世界は現代でも通じるものがあり、様々な女と男の生き様が描かれている作品なので、ぜひ多くの人に観てもらいたいです」と締めくくりました。 完成報告会見に参加した感想 最初から最後まで笑いっ放しだった会見。 会見のコメントからは出演陣のみなさんや監督の意気込みやこだわりが物凄く感じられました。 美しい映像と笑いと涙の人情エンタテインメント映画『駆込み女と駆出し男』は2015年5月16日(土)公開です。 (文・写真/アスカ).

次の

映画「恋は雨上がりのように」予告編 小松菜奈と大泉洋の切なすぎる“年の差”恋模様

大泉 洋 映画

いよいよ公開となる『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』は、渡辺一史による同名のノンフィクションを原作にした映画である。 主演は大泉洋。 彼が演じる、ボランティアに夜中にバナナを買いにいかせるような、一見わがままで、好き勝手に生きているように見える鹿野靖明に最初は戸惑うかもしれないが、いつしか彼の魅力に飲み込まれてしまう。 高畑充希演じるボランティアの美咲も、鹿野に戸惑い、怒り、やがて近づいていく。 美咲は、映画の観客の目線とともに動いているキャラクターと言っていいかもしれない。 本作は、美咲とその彼氏である医学生の田中(三浦春馬)と鹿野との三角関係を描いた恋愛ものでもあるし、そんな3人の青春の物語である。 ときにはくすっと笑い、そして気づくと泣けてくる(もちろん、監督や大泉も各所で言っている通り、それを意図しているのではない)、優れた映画だと思ったのだが、二度目は、また違った目線で観ることができた。 二度目により注目したのは、鹿野がなぜここまでして自由を得ようとしているのかだった。 鹿野が自由を求めることは、ほかの人が当たり前に思うこととなんら変わらない。 しかし、鹿野のように筋ジストロフィーの患者がそれを求めるだけで、ときに人から「わがまま」とみられてしまう。 その当たり前を求めることの正当さを、正当でないとみている人々に対して、問題提起している映画にも思えるのだ。 そうなると、鹿野が自由奔放、傍若無人であることには、表面的なだけでない意味がある。 そこで思い出されるのは自己責任論である。 改めて自己責任とは何かと考えると、誰かが人の助けを必要とする状況があったとして、その助けが必要になった原因はその人本人にあると「他人」が突き付けることであるのではないか。 自己責任を突き付ける人は、なぜか社会的に誰かが助けを求める状況があると、自分へのリソースが減ると考えてしまう。 自分も含め、誰もが助けを必要とする状況があるかもしれないことに気づいていないようにも思える。 そんな自己責任論者の意見を飲んでしまうと、鹿野のような者は、楽しんだり、好きなことをしたり、自由なことをしてはいけないということになってしまう。 鹿野が映画の中で、突然電話一本でボランティアを辞めるという学生の発する「鹿野さんて、人生を謳歌してるっていうか、自由だし幸せそうじゃないですか」という言葉に対して、「何言ってんだよ、おれが人生楽しんじゃいけないのかよ」と怒るシーンがある。 学生の言葉が、自己責任論を持つ人の意見をよく表した象徴的な一幕だった。 また鹿野は自分の介助を、母親にゆだねるのではなく、自らが必死にボランティアを集めて実現しようとしている。 そこにも大きな意味があり、それが実は自己責任論に対しての反論にもなっているように思えるのだ。 例えば、一般的に、もしも介護が必要な家族がいた場合、それを家族が助けるのは当たり前と思う人もいるだろうし、それが感動的に描かれることだってある。

次の

恋は雨上がりのように : 作品情報

大泉 洋 映画

解説 冴えないファミレス店長に片思いした女子高生の恋の行方を描き、テレビアニメ化もされた眉月じゅん原作の同名コミックを、「渇き。 」の小松菜奈と「アイアムアヒーロー」の大泉洋共演で実写映画化。 怪我で陸上の夢を絶たれた高校2年生の橘あきらは、偶然入ったファミレスの店長・近藤正己の優しさに触れたことをきっかけに、その店でアルバイトをはじめる。 45歳の近藤はあきらより28歳も年上で子持ちのバツイチだったが、あきらは密かに近藤への恋心を募らせていく。 ついに思いを抑えきれなくなったあきらは告白するが、近藤は彼女の真っ直ぐな気持ちを受け止めることができず……。 「帝一の國」「世界から猫が消えたなら」の永井聡が監督を務める。 2018年製作/111分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト 原作未読なので映画単体としての話をすると、ちゃんと分別のある大人が、ちゃんと分別ある対応をするちゃんとした話だった。 店長とほぼ同世代の者としては、ドラマを盛り上げるために余計な色を付けがちなフィクションの世界で、こういう大人が主人公として機能していることはとても喜ばしい。 ただ、映画を観ることは「突拍子もないものに出会いたいという欲求を満たすこと」という思いもあり、折り目正しさ=面白さではないことも痛感した。 本作が面白くないのではない。 ただ「折り目正しさ」と「映画」って実はあまり相性がよくなく、品の良さが作品の上限を定めてしまうようにも感じるのだ。 もうひとつ、こういう企画物の限界を感じたのは、例えば大学の友人と居酒屋に行くシーンの「おお!学生時代の同人誌かあ、懐かしいな」(うろ覚え)みたいなセリフ。 本来は「おお!懐かしい」だけで充分なのに、過度の説明セリフや説明描写は観客をバカにしているように感じてしまう。 いい作品なだけにもったいない。 原作が漫画で、しかも恋愛映画。 いざ再生し、冒頭で感じた『あ、多分面白いぞ』と言う予感。 的中だった。 細かなコミカルな演出、音楽の良さがストーリーの良さを倍増させており、 演者陣も素晴らしかった。 恋愛映画、というよりは青春映画かな。 中高生が憧れるような恋愛模様はまったくない。 また、主役の一人、大泉洋が作家という夢を抱き、劇中にも芥川龍之介の小説が 登場してきたりしているので、漫画原作ながらより文学的な表現も多かった。 特に友人同士を演じる大泉洋と戸次重幸のナックスコンビの会話シーンは良かった。 ラストシーンにはちょっと感動してしまった。 固定概念を取り除いて観てよかった。 よくよく調べたらこの漫画も少女漫画連載ではなく、 スピリッツとやや大人向けの雑誌連載だったので、 私のような年齢層の高い人間にも受けたのかなと思う。 恐れ入った。 じわじわと小松菜奈ブームが押し寄せてきました。 小松菜奈主演の映画はかなり評価が高めですが、その中でも前々から気になっていた作品を鑑賞。 ちなみに、大泉洋は常にブームです。 ファンですね 最近ではブルーリボン賞の司会をずっと見てます。 うわぁ〜。 最高でした。 ちょっと最近観た映画、高評価過ぎるなー。 高評価が続くとちょっと怖くなるんですよ。 5になっちゃうから。 アキレス腱断裂により、大得意だった陸上から離れることになってしまった高校生のあきら 小松菜奈 は、とある雨の日に入ったファミレスのバツイチ子持ち45歳の店長 大泉洋 に惚れてしまった。 永井聡監督、あんた天才ですか。 0を付けるほど最高で、今作でもまたすっぽりハマっちゃった。 釘付け ぼく明日のレビューでも書きましたがね、 小松菜奈がめっちゃ可愛いんですよ。 好きにならん男子おらんっすよ。 ラフな格好が結構好き。 大泉洋のおかげで所々で笑えて、コメディ感強くなってます。 かなり素の大泉洋に似てる。 そういえば全然関係ないんですけど、松重豊の大泉洋モノマネ超似てますよ。 YouTubeにあります。 時系列をバラバラにしているのが非常にいい。 こっちいったり、あっちいったりして、全く飽きないので集中してみちゃう。 メイン2人のペアも凄い組み合わせですが、 周りの演者たちも中々の豪華さ。 永井聡監督あるある 清野菜名,磯村勇斗,そして山本舞香。 今日から俺は!! 劇場版のメンツじゃないの。 楽しみだな〜 なんだあの映画は。 どゆことだ と思っていたら、実在する映画なんですねw 知らなかった...。 すんません、古沢良太さん。 ちょっぴり物足りなさは感じた。 多分だけど、ファミレスでの展開が若干弱いかな。 清野菜名や山本舞香ともっと話して欲しかったし 年の差という壁はデカい。 単純に好きといってもそう簡単に響かない。 LOVEなのにLIKEと捉えられる。 日本語って難しいのよ、、、 自分のしたい、したかった、いや、出来なかったことに再挑戦する姿は一回目の挑戦よりも応援したくなる。 陸上、恋愛、雨、小説、全てが上手く繋がり、美しく、自然と「おもしろかった... 」と呟いてしまった。 どことなく、殺さない彼と死なない彼女に似ている気がしたのは気のせいかな。 終わり方もカンペキ。 最高でした... そして完全に小松菜奈ブームが到来したのであった。 『恋は雨上がりのように』鑑賞。 *主演* 小松菜奈 大泉洋 *感想* 女子高生が中年のおっさん店長に恋をする話で、期待してなかったけど、面白かった。 店長役の大泉洋さんは、あのだらしなさが似合ってるし、橘あきら役の小松菜奈さんは、見た目はクールなんだけど、何故かバイト先のファミレス店長に一目惚れをして、好きな気持ちを抑えきれない所とかツンデレ具合が可愛らしかった。 空手チョップのTシャツが地味にじわるww 橘あきらは、元々陸上のエースでしたが、怪我をしてしまい、夢が絶たれてしまい、あきらに思わず感情移入をして、観てるこっちまで切なくなりました。 まさか清野さんが出てたとは!あ!結婚おめでとうございますw 大泉洋さんが演じるだらしない店長のバックボーンが描かれて、あのだらしなさが絶妙! あと、オープニングは爽快感があって凄かった。 まるでミュージックビデオを見せられてるようでした。 エンディングも良かったです! 変に尖った恋愛映画ではなく、ほっこりしました。 清々しさもあって面白かったです。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の