頭 でかい 帽子。 顔タイプ別 似合う帽子の選び方 [日本顔タイプ診断協会監修]

帽子が似合わないメンズ必見!似合わない原因とおすすめの組み合わせをご紹介します!

頭 でかい 帽子

後ろのベルトを全開にして ここまでしかかぶれてない 椎名林檎みたいな帽子も余裕で入らず 服を見はじめる アメリカ人は頭が大きいはずだ 歩きながら、松井がヤンキーズでいちばん大きな帽子が入らなかったという話題になる。 松井は頭が大きいのだ。 「なんか、それだけで応援したくなるよね」 がんばれ松井!頭の大きな日本人代表として。 だが、アメリカでサイズの大きな帽子をたくさん買ってきたという話を聞いたことがある。 やっぱりアメリカ人は頭が大きいんじゃないか?急遽アメリカ古着の店に寄ることにする。 「どうする?でもおれらアメリカでもでかい頭だったら。 」 「メジャーで通用したら嫌だなあ。 」 頭が大きな人ばかりの国、銀河鉄道999が途中で停まる不思議な惑星みたいだ。 メジャーも現実性を帯びてくる 輸入古着屋にも帽子はたくさんあった。 アメリカっぽいキャップがある。 サイズ調整のベルトをいちばん広げてかぶってみる ………入らない。 いよいよメジャー入りか? メッシュの帽子だったので網目のむこうに実際の頭が透けて見える。 ものすごくかぶれていない。 口数も少なくなり、帽子以外の古着をふたりで見はじめる。 「古着をうまく着こなせるようになりたいよねー。 」 目のまえの問題を見ないようにしている。 でかい頭ポータル 店を出て雨の中を歩く。 そこで話したことは ・頭でかいひとのポータルサイトがあってもいい ・でかい帽子の情報や、頭が大きなことを励ましあう掲示板があるのだ ・「でかい頭ナイト」というイベントをやろう ・そう見えないんだけど頭が大きな女の子がいたらぐっとくる ・着やせするみたいな感じで ・太ってるのはダイエットできるけど頭はできない ・そういえば劇作家は頭の大きな人が多い 少し元気になって、偶然通りかかった帽子屋でXLサイズ以上の帽子があるかきいた。 「ないです」 ないというのはこの店にないのか、この世に存在しないのかと食い下がる。 「存在しないです」 さらに落ち込む。

次の

【徹底検証】顔デカなぽっちゃり男性に似合う帽子はあるのか!

頭 でかい 帽子

忙しい朝、時短に便利な帽子が欲しかった まずこのキャップを買った経緯について。 約3ヶ月間の語学留学に行くことになり、忙しい朝に、少しでも 時短がしたいと思い、使いやすい帽子が欲しくなったのがきっかけだ。 帽子にもキャップ、ベレー帽、ハンチング、ニット帽などたくさんの種類があるが、『手持ちの帽子』や『使いやすさ』を考慮した結果、『黒色のキャップ』を探すことになった。 『シンプル』であること。 もちろん留学には、『荷物の制約』がある。 つまり、持っていける服にも限りがあるということ。 限られた服の中からコーディネートを組んでいくには、デザインが突飛なものでは無く『無難な』帽子が必要だという結論に至った。 また、最近の自分のファッションの志向が『シンプル』であることもあり、ロゴがない、もしくはロゴが目立たない『シンプル』なものを探すことになった。 『サイズが合っている』こと。 この条件が、探す上で意外と曲者だった。 まず、ぼくの頭は、すごく大きい。 日本人らしく『横長』で、さらにいわゆる『絶壁』に近い頭の形をしている。 (小学校低学年の頃から、頭が大きすぎて大人用の帽子をかぶっていたというから驚きである。 ) だから、普通の『男女共用』のキャップでは頭が入らないことも多い。 これはキャップを探す上で、大きな制約だった。 何しろ、最近流行りの 『ローキャップ』(=帽子の高さが低いキャップ、つまり浅いキャップ)が頭にうまくフィットしないことが多い。 浅いキャップの何が嫌って、絶壁頭のぼくがかぶると、風が吹いた時にすぐに飛場されてしまうことだ。 だから、ローキャップの代表格とも言えるNEWHATTANのようなキャップは大嫌いである。 この『シンプル』で『サイズが合う帽子』が意外と見つからない。 国内最大手のECサイト、 ZOZOTOWNで調べたいところだが、そもそもECサイトは試着ができない。 今までECサイトで帽子を買って失敗したことが多く、今回も危険が伴うためやめておいた。 そこで『シンプル』コーデの頼みの綱、 ユニクロ・無印良品を調べた。 しかし、まずユニクロにはサイズ・デザインがいい感じの商品があったけれど、『黒』というカラーラインナップがなかった。 (ギンガムチェックシャツとか、ユニクロって変なところで黒を避ける傾向があるよね。 ) 無印良品にはメンズ用のキャップが無く、サイズが全く合わなかったため却下。 ECサイトもダメ、ユニクロと無印もダメ、その他の大手セレクトショップもダメ・・・ 半ば諦めかけていたとき、たまたま大名古屋ビルヂングのショップで出くわしたのが、このsnow peakのキャップだったのだ。 snow peakの帽子のいいところ スノーピークは、厳しい自然での検証に裏打ちされたハイスペックな製品群を提供するキャンプ・登山・アパレルを中心としたアウトドアブランド。 snowpeak. 一応アウトドアブランドだから、商品の耐久性にも一定の期待が見込めるってのが個人的な感想。 そんなスノーピークの『メンズコットンキャップ・ブラック』はこちらである。 肝心のサイズは、頭部を後ろまですっぽり覆ってくれる感じ。 要は、結構深めだ。 (ココが購入の大きな決め手。 ) そしてコーディネートを邪魔しない、ロゴ主張の 『さりげなさ』と、なんとも言えない 高級感に惹かれた。 値段も割とリーズナブルで、 3,000円ほどだ。 ユニクロのキャップでも2,000円ほどだから、大して高い金額ではない。 でもこれだけの特徴だったら、ぼくはブログで紹介しない。 いいところがもう1つある。 それは、 サイズ調整ベルトがマジックテープタイプであることだ。 というのも、キャップのサイズ調節部分によくあるのは、 アメリカンホックタイプと ベルト・バックルタイプ。 でもこの部分がマジックテープである利点は、 ・アメリカンホックタイプより サイズ調節が柔軟に、気軽にできる点と、 ・ベルトタイプより 手軽に、カバンなどに取り付けることができる点。 この両立ができるところが、本当に素晴らしい。 海外などで帽子の着脱が激しくなることなどを考えると、マジックテープタイプであるメリットは結構大きいと思っている。 帽子の表面に、 ホコリがつきやすいことだ。 (そして黒色だから、割とそれが目立ちやすい。 ) 適当に部屋に置いておくと埃がついてしまう コットンという繊維の仕様上、それは仕方のないことといえばそうなのだが・・・ この点についてはこまめに手入れをするなど、ある程度注意して使う、もしくはホコリが目立つものと割り切って使う必要があると感じている。 久しぶりに良い帽子に巡り会えた気がする。 カラーラインナップも ブラック・ブラウン・ベージュというカラー展開になっていて、バリエーション豊富だ。 実店舗で見た感じ、どれも良い感じの色だったし、どの色も欲しいと感じさせる色味であった。 デザイン的にも アウトドアだけでなくタウンユースでも使える、本当な素敵な帽子を手にすることができたと思っている。 「シンプルなキャップが欲しい」という人、 もしくは、ぼくみたいに 「頭が大きくて、サイズが合うキャップが無くて困っている」という人にオススメします。

次の

snow peakの帽子がかなり良い。頭が大きい・絶壁頭にオススメのキャップ、UG

頭 でかい 帽子

こんにちは!ライターの髙木くまのすけです。 ポジビッグをご覧の皆さんは普段どんな格好をしていますか?キレイめ?ストリート?それともアメカジ? 本当に様々だと思います。 しかし、多くのファッションでに共通しているのは「 小物使い」ですよね。 そこで今回は、小物アイテムの中でも比較的 オシャレをしやすいにフォーカスしてお伝えしていきます。 の服専門店「」オンラインショップから、男子にオススメの帽子も紹介しますので、参考にしてくださいね。 あなたも帽子マスターな男子を目指しましょう! 顔デカおデブメンズは帽子を探すのも一苦労? いきなりこのような格好で失礼します。 見ての通り私は頭のてっぺんでお団子が作れるほどに髪の毛が長く、正直に申し上げて髪の毛をセットすることが非常に面倒くさいのです。 そのため毎朝毎夕に子供の送り迎えをするときは、ほぼ100%の確率で帽子を着用してボサボサヘアーをごまかしています。 しかし、顔デカな私の場合、 実際に着用できる帽子はこの世の中でもごくわずか…。 普通の方が着用している帽子では、顔の大きさと帽子の大きさがマッチしていないことはもちろん、頭に入らず「 のっている」という印象になってしまうのです。 実際に、大きなサイズの帽子や、顔デカタイプのおに似合う帽子はあるのでしょうか。 帽子選びの基本は自分の頭のサイズを知ること いきなりですがみなさん、自分の頭のサイズを正確に知っていますか? このサイズをきちんと把握せず、ただお店に行って試着している方も多いと思います。 帽子選びの基本は、 頭囲に合ったサイズを選ぶことです。 頭囲とはその名の通り「 頭のまわりの長さ」のことを指し、自分に似合う帽子サイズを決定するために必要な数値となります。 まずお店に行く前に、頭囲を計測しておきましょう。 実際に頭囲を測ってみよう! 頭囲の測り方はいたってシンプル。 下の画像のようにお裁縫に使う 「巻き尺」を頭の周りでぐるっと一周させるだけでOKです。 この時のポイントは 実際に自分が帽子を着用したときのラインに併せて巻きつけること。 そうすることで着用可能な帽子のサイズを正確に知ることができます。 ちなみに私の実測値は ジャスト60cmでした!普通のが入らないという私が60cmなので、顔デカだと思っている方は参考になるかと思います。 ではサイズがわかったところで、実際にいくつかの帽子を見ていきましょう。 ぽっちゃり顔デカ男子に似合う帽子4種類 実際に着用してオススメできると感じた帽子は全部で4種類ありましたので順にご紹介していきます。 ハンチング おすすめの形1つ目は、ハンチングキャップです。 ハンチングキャップは顔デカなおデブが着用すると 非常にバランス良く収まり、さらに 落ち着いた大人の雰囲気を醸し出します。 カラーは、下手に柄物を選ぶのではなく 濃い単色を選びましょう。 今回のような黒一色では地味すぎるかも…と思われがちですが、柄物や派手な色使いでは少しだけ下品に映りかねません。 そのため、少しでも 落ち着いた上品さを求めるには 濃い単色を選択するとGOODでしょう。 おすすめの形2つ目は、ハットです。 ハットの種類は非常に多く、言葉では全てを語り切れないためここでは「 丸シルエットのストローハット」としておきます。 丸シルエットのストローハットは顔デカなぽっちゃり男性との相性が非常に良く、おデブのキャラを活かした 可愛いオシャレを表現するにはもってこいのアイテムでしょう。 またハット自体も前後で幅が変わらないため、 非常に被りやすく締めつけ感などはありませんでした。 サイズ感も 小さければより可愛く、 大きければ大人っぽさを演出できますのでぜひお試しください。 BBキャップ「ニューエラ」 おすすめの形3つ目は、BBキャップです。 BBキャップで有名なメーカーと言えばご存知の方も多いでしょう…「 New Era(ニューエラ)」ですよね。 私も大好きです!今回は私の手持ちであるお気に入りのキャップをチョイスしました。 BBキャップの良さは ラフ~カジュアルまでの幅広いファッションにマッチし、さらに 収まりが非常に良いという点です。 また、元々ベースボールように作られていたものをファッションに転用しているため、 耐久性なども申し分ありません。 サイズの選択肢も非常に幅広く、私のような 60cm級の頭以上の方でも選択することができる場合が多いのです。 そのため、顔デカなおデブメンズ界ではマストアイテムといっても過言ではないでしょう。 バックキャップ おすすめの形4つ目は、スナップバックキャップです。 BBキャップと並んで最近大人気のスナップバックキャップですが、その人気の秘密は「 誰にでもサイズが合わせられること」でしょう。 もちろん限界値はありますが、スナップバックキャップの多くは 頭囲60~62cm程度まで対応している場合もありますので顔デカなおデブ男性にも安心です。 ちなみに私のニューエラのスナップバックは後ろの留め具の状態が 残り3つでちょうど、 残り2つで締めつけ感なく着用感は良好でした。 オススメの素材はズバリ「 メッシュ」です。 をかきやすいタイプのぽっちゃり男性は、これからの季節、帽子を被ると不快感が上昇しますよね。 帽子を被った状態で汗をたくさんかくと薄毛や帽子汚れの原因となってしまうこともあり、 髪の毛と帽子双方に大きなダメージとなるでしょう。 しかしメッシュ素材であれば 通気性も抜群でありながら、多くは野球やなどの用として 速乾性も兼ね備えている場合があります。 顔デカなおデブ男子の帽子選びは• 自分のサイズをきちんと知ること• 自分のサイズに合ったものを必ず選ぶこと さえ覚えておけば大丈夫です。 帽子大好きな私が言うのですから間違いありません。

次の