エスパルス 研究所。 鈴与グループ会社一覧

静岡市、シェアサイクル「PULCLE」開始。エスパルス公認

エスパルス 研究所

6月19日から3日間、清水エスパルスと連携し、現役プロ選手によるゴールキーパーに特化したサッカー教室を開催しました。 本学は、これまで清水エスパルスと包括連携協定に基づき、本学のサッカーグランドを活用した地域貢献事業(「SSコラボ」/「SSコラボ+」)を実施しており、今回の「ゴールキーパー教室」もこの事業の一環として開催しています。 J1リーグがサッカーワールドカップ・ロシア大会の関係で中断期間となっているため、清水エスパルス所属のゴールキーパーが講師となり、今回の教室が実現しました。 J1リーグのシーズン中に現役のプロサッカー選手が講師となり、ゴールキーパーに特化した教室を開催するのは全国的にみても珍しい試みです。 参加した中学生は、「普段受けているシュートと重みが違う。 1本セーブできて一生の思い出になります。 」と目を輝かせて語りました。 講師を務めた新井栄聡選手 22 から、「ゴールキーパーというポジションは、直接勝敗を左右する責任あるポジションで、仲間を励ましたり、鼓舞したり、チームを支える重要な役割があります。 責任感のあるチームのリーダーとなってほしい。 」と熱いメッセージが送られました。 また、六反勇治選手 31 は、「静岡大学の素晴らしい人工芝のグランドを提供いただき、心から感謝いたします。 このような教室を開くことにより、地域の小中高生ゴールキーパーのレベルアップや選手として成長につながれば大変嬉しく思います。 」と述べました。

次の

古旗照美

エスパルス 研究所

から見る鈴与本社 市場情報 非上場 本社所在地 〒424-0942 入船町11番1号 : 設立 事業内容 総合物流事業 代表者 8代目()(7代目の息子にあたる) () 資本金 10億円 売上高 1353億2300万円(2019年08月31日時点) 営業利益 8億1600万円(2019年08月31日時点) 経常利益 19億7600万円(2019年08月31日時点) 純利益 3億7600万円(2019年08月31日時点) 純資産 222億6400万円(2019年08月31日時点) 総資産 1923億0200万円(2019年08月31日時点) 従業員数 連結:1,100名 (2018年9月30日現在) 決算期 8月31日 主要株主 株式会社 20. , Ltd. 市場情報 非上場 略称 鈴与HD 本社所在地 〒424-0942 入船町11番1号 : 設立 事業内容 金融業・コンサルティング業 代表者 新間克樹(代表取締役社長) 資本金 1000万円(2007年8月31日現在) 総資産 185億88百万円(2007年8月31日現在) 従業員数 22名(2007年8月31日現在) 決算期 8月31日 主要株主 鈴與株式会社 72. の 鈴与ホールディングスは、(Jリーグ)に加盟するの運営会社である株式会社エスパルスやとを拠点とする航空会社などを傘下におさめる。 鈴与株式会社は年商約4,000億円の 鈴与グループの中核企業の一つであり 、国内の有力企業グループの一つ でもある。 に本社を置く。 沿革 [ ] 、初代鈴木與平(現社名はこの鈴木與平の名前を略したものが由来とされる)がでを利用した物流業「播磨屋」を創業。 その後明治時代にの母体となる「郵便汽船三菱」との母体となる「帝国海上保険会社」の代理店となった。 鈴木家に養子入りし、(大正6年)に家督相続をした六代目(のちに議長、などを歴任)が多角経営を始め、(大正7年)には、倉庫部門を「鈴与倉庫株式会社」として分離。 昭和に入ると、にメーカーの「清水食品」、に石油を開設。 には会社組織の「株式会社鈴与商店」に改組(これを会社設立年度としている)。 その他、までに清水、清水木材倉庫、駿遠塩業、清水運送、鈴与機械製作所、清水精機などを設立。 には清水食品がのを薬品として利用することを目指した「清水製薬」を設立(に発行済み株式をに完全売却)。 戦中~戦後には「鈴与建設」()「鈴与自動車運送」()等を設立し、静岡県を代表する総合複合企業へ発展した。 には創業170年記念として企業発祥の地・当時の(現・静岡市)に「清水総合運動場・鈴与記念体育館」を寄贈した。 (平成2年)に鈴与倉庫株式会社は、「株式会社 」と商号変更した。 同社は現在も、鈴与本体との資本関係はあるものの、鈴与グループからは独立している。 、(Jリーグ)入会を目指して創設されたの運営母体・株式会社エスラップ・コミュニケーションズ(筆頭株主は、並びに市民後援会)の運営に参画。 また女子サッカークラブ「」を(Lリーグ)に参加させた(1998年にLリーグ脱退、1999年廃部)。 末に株式会社エスラップ・コミュニケーションズが経営危機に陥ったため、鈴与の子会社で出版業を手掛けていたサッカーコミュニケーションズ株式会社を1月7日に株式会社エスパルスへ商号を変更し、同年1月14日に株式会社エスパルスを受け皿会社として株式会社エスラップ・コミュニケーションズより営業権を譲り受けた。 、日本で初めて「」セルフ24を開店させる。 、「鈴与ホールディングス株式会社」(鈴与HD)を設立。 2008年8月29日に、鈴与株式会社が、によりグループ子会社管理事業を鈴与HDに吸収させ、鈴与本体は物流商流事業に特化している。 業績が悪化し、3月自主廃業。 、を拠点とする事業への参入を表明。 6月、を設立し、の開港と共に就航開始した。 、市場の拡大に伴い、通販物流を中心としたフルフィルメントサービスの展開を開始。 、・・・の物流サービスを開始。 鈴与グループの主な企業 [ ] 鈴与ホールディングス株式会社は、2000年に設立。 2008年8月29日に、鈴与株式会社が会社分割を行い、グループ会社管理事業を鈴与ホールディングスに移管させた。 これにより、鈴与株式会社は物流商流事業に特化し、鈴与ホールディングスの株主となる(新株530株付与)。 鈴与株式会社の株主は、鈴木家及び鈴与グループ各社で多くを占められている。 鈴与ホールディングス株式会社は、鈴与株式会社の株式は2. 物流事業 [ ]• 株式会社• 鈴与カーゴサービス・静岡・浜松• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社 商品流通事業 [ ]• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 有限会社• 株式会社• 株式会社 建設・ビルメンテナンス事業 [ ]• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社 食品事業 [ ]• 株式会社(旧清水食品)• 株式会社• 株式会社(旧焼津エスエスケイ食品。 清水食品より分社)• 株式会社 情報事業 [ ]• 株式会社• 株式会社 航空事業 [ ]• 株式会社(FDA -、 を拠点とした• 株式会社 SACC• 株式会社 SAS - 上記FDA就航地のを担う• 株式会社 - 旧名古屋、で業務を担う• 中部スカイサポート株式会社 CSS - 中部国際空港で業務を担う• 鈴与スカイサポート株式会社 SASCO - で業務を担う 地域開発・その他 [ ]• 株式会社 -• 株式会社エスパルス(の運営他)• 株式会社ドリームプラザ(運営)• 株式会社• 株式会社(・FMしみずマリンパル運営)• - とが合併して誕生• 株式会社• 水口屋ギャラリー テレビCM [ ]• ()や()などにおいて、(月曜日)に番組提供を行い、企業イメージCMを放映していたが、2009年3月末をもって、番組提供を一旦降板した。 時代から長年、グループとしての番組提供を続けていたが、地元・静岡地区以外でのテレビCMの放映は一旦打ち切られた。 しかし、2015年10月頃より報道ステーション(火曜日)で番組提供を復活している。 2018年4月から岡山、香川ローカルにの番組提供をしている。 静岡県内の民放各局でも、上記の企業イメージCMを放映するほか、駿河湾フェリー・エスエスケイフーズ・清水すし横丁など鈴与グループ各社関係だけでなく、清水エスパルスの次回ホームゲーム告知や後援会募集のCMが流れている。 企業イメージCMに流される楽曲は、「くじら~いつかきっと~」(作詞:、作曲:、歌:鳥山あかね)である。 提供番組 [ ]• (岡山・香川ローカル、2018年4月-) 関連 [ ]• - かつて庶務課に在籍していた。 が医薬関連事業を分社化して新設した医薬製造子会社・味の素ファルマに買収された。 のち味の素に残る医薬関連事業の一切を企業分割により分社、(実質)3社合同で現社名となる。 鈴与スマイルパーソナルカード - 鈴与系ガソリンスタンドにおける個人向けカード 法人向けには鈴与スマイルクラブカード。 信販会社のアプラスにおいて発行している。 ガソリンの地域最安値を謳い文句とする他、スマイル加盟店(2012年現在約1,700店舗)でもオリジナルポイントを貯めることができる。 株式会社 - 2010年11月25日にの傘下に移る。 本社は現在も鈴与情報センタービル内に所在する。 株式会社 - と鈴与商事が共同出資する持株会社。 傘下でENEOSサービスステーションを運営していた一光と鈴与エネルギーは2013年10月1日にに統合。 脚注・出典 [ ] [].

次の

古旗照美

エスパルス 研究所

ORANGE MEMBERS オレンジメンバーズ• 乾医院• ウインズ• 上野工業• M-TEC• 尾崎博史税理士事務所• 柴田内科医院• 清水コンテナターミナル• スノークラフト• 竹内内科• ダスキン清水• 田村医院• 中部化学工業• 土地家屋調査士 池上大介事務所• 内藤労務事務所• 菜の花薬局• 富士農商事• White-Wall• マキタテック• 三富紙業• 宮澤電池産業• 村上クリニック• リアはぴ•

次の