集英社 プレイボーイ。 週刊プレイボーイ 創刊50周年特設サイト

週刊プレイボーイ

集英社 プレイボーイ

週刊プレイボーイ42号 紹介記事より: 美しすぎる51歳がいる、との情報をキャッチした週プレ"美女特捜班"は西に東に大捜索。 すると…。 いました、いましたよ。 週プレの要望に応え一肌脱いでビキニ姿でポーズをとる女性は、よし江さん。 51歳。 どうです? このスタイル。 それに、そんじょそこらのキレイな50代とは訳が違うんだな。 某テレビ番組で紹介されると、彼女が出演した時間帯は視聴率がグンとアップした。 同時に、よし江さんが横浜の名所を紹介する個人サイト『よし江NET』は、 ウェブ上の「急上昇検索ワード」ランキング1位になった。 と、まさに時の人として脚光を浴びることに。 「主人ともども驚いています」少し戸惑う彼女はパート勤めに出る普通の主婦。 娘さん2人に恵まれ、3歳になるお孫さんもいるとか。 お孫さん? ってことは、よし江さんはオバ、オバ、オバァ…(絶句)。 緊張したけど、カメラマンの高田さんやヘアメイクの市瀬さんにとても良くして貰って。

次の

週刊プレイボーイ/週プレのバックナンバー

集英社 プレイボーイ

月刊プレイボーイ 愛称・略称 PLAYBOY日本版 ジャンル 男性誌 刊行頻度 発売国 言語 出版社 刊行期間 - (1月号) 発行部数 55,000部(2008年) 特記事項 アメリカの「」を日本向けに翻訳・編集して刊行。 『 月刊プレイボーイ』(げっかんプレイボーイ)は米国の成年誌『』を日本向けに翻訳・再編集した雑誌。 PLAYBOY日本版とも呼ばれる。 概要 [ ] が5月に「7月号」として創刊。 発行人は若菜正、編集人は岡田朴。 のノンフィクションやの小説など読み物も充実していた。 『』専属モデル「プレイメイト」の掲載ヌードを直輸入掲載していた。 1990年頃まで日本ではヘアヌード解禁前であったが、加工編集はありながらも掲載をし続けた。 グラビア以外は日本版独自要素が強く、小説やコラム、インタビュー記事などを掲載。 同誌の編集者をめざし集英社に入社したは「宣伝戦略も含めて内容がとても面白かった」と述べている。 スタイリッシュな誌面デザイン、洗練された記事といった独自路線の影響は大きく、創刊以降、月刊プレイボーイを真似たような大人向けビジュアル誌が続々創刊された。 、同年発売の1月号をもって休刊しプレイボーイ・エンタープライズ社とのライセンス契約も年末で終了することが発表された。 「終刊号」では、、、など各界の著名人が「PLAYBOYと私」ついて語る総集編となっていた。 1975年創刊当時の発行部数は約90万部。 休刊前の2008年は5万5000部程度となっていた。 編集部も末期は内に置かれていた。 同じ出版社の同誌名の週刊誌と月刊誌でありながら、上記理由もあり1966年に先行して創刊された『』との関係性は希薄。 特に記事については類似点もない。 脚注 [ ] [].

次の

週刊プレイボーイの本誌進行表/料金表

集英社 プレイボーイ

週刊プレイボーイ WEEKLY PLAYBOY 愛称・略称 WPB・週プレ ジャンル 男性誌 刊行頻度 (月曜日発売) 発売国 言語 定価 440円(2020年6月現在) 出版社 発行人 松丸淳生 編集長 安楽竜彦(2020年6月現在) 20673 刊行期間 - 発行部数 175,000部(2018年7月 - 2018年9月 調べ) レーベル プレイボーイコミックス ウェブサイト 『 週刊プレイボーイ』(しゅうかんプレイボーイ、 WEEKLY PLAYBOY、略称: WPB、 週プレ)は、が発行する向け。 に(現・)より創刊された『』に対抗するかたちで、に創刊された。 ABC調査による2018年「実売部数」は7万9675部 と低迷している。 概要 [ ] 創刊前後の予告として、「読書の秋を独占する! 国際感覚の新男性週刊誌誕生! の集英社が総力を結集しておくる超豪華版!」 、「イメージを破る斬新なアイディア! 国際感覚あふれる新しい男性週刊誌!」とアピールされていた。 また、六か条としては、• 「プレイボーイの名は、カッコいい魅力ある青年のイメージです。 「プレイボーイは、青年の週刊誌です。 「プレイボーイは、読者に楽しみを売る週刊誌です。 「プレイボーイには、人生の知恵があります。 「プレイボーイには、読者のみなさまの暮らしに直結した実用性に徹します。 「国際感覚の雑誌、10月28日創刊です」 とある。 2020年現在は基本的に毎週月曜日発売。 なお、頃までは毎週火曜日発売だった(一部地域では現在も毎週火曜日発売)。 の成人向け雑誌「」との関係はない。 またカタカナ名であるため名前の盗用にも当たらない。 このため電子書籍など世界販売する媒体はプレイボーイではなく「週プレ」の屋号を使用している。 なお発行元の集英社は「PLAYBOY日本版」 月刊プレイボーイ の発行元でもあった。 グラビア、ニュース、漫画、芸能ネタなどのほかに、「バカ記事」と呼ばれるジャンルを持つ。 ほかの週刊誌と違い、文章の言葉遣いがさほど丁寧ではないのも特徴である。 1971年頃までは欧米、日本女性のグラビアやピンナップ、自動車、世界情勢、ファッション・モード、旅行、ギャンブルといった内容のいわば総合情報誌的な役割を果たしていた。 1988年に休刊となった『』と共に、男性向けセクシー週刊誌の双璧をなしていたが、『週刊プレイボーイ』のほうは今なお20歳代から30歳代男性を中心に購読者がある。 - の時期に角ばったタイトルに変更していたが、元に戻した。 秋からは、元のロゴを若干アレンジするかたち(右肩上がり調)で変更した。 にまた元に戻した。 したがって現在のロゴは5代目である。 から同誌発のグラビアアイドルオーディションとして『』を開始したが2年で終了。 からは『』との共同開催による『』オーディションが行われているが、は開催されていない。 頃まで定価で販売することはほとんどなく、毎号特別定価として販売していた。 2013年7月現在の定価は380円となっている。 2016年10月17日号を創刊50周年記念号 とし、創刊号の表紙を復刻。 また表紙のロゴを2016年11月14日号まで5週にわたり、創刊時の字体に戻した。 連載 [ ] 署名コラム [ ]• 真実のニッポン()、右派リバタリアン• 政経塾!!、新自由主義者• のライクの森• の笑えるニュース解説• の一蹴両断! 池田和隆の政界斬鉄剣!!! 、保守• なんかヘンだよね…、保守• の人生相談 シーズン2• の挑発的ニッポン革命計画、保守、共和党支持者• の気になるコト• との大人になってもわからない• の占い放浪記• の最後のどうぶつ回顧録• (アナウンサー)の人生はロックだ!! の白目むいちゃいました。 流 恋愛裏作法• の激ウマ!! バカレシピ研究所• 読者さまの雄叫び!! 漫画 [ ] 連載漫画の単行本はプレイボーイコミックスレーベルからの発行が多い。 (、1999年頃 - ) - には載っていない。 (、2009年 - ) - 主に『キン肉マンII世』や『彼女のカレラ』休載時に、特別として掲載。 (企画・監修:、漫画:、2012年 - )• (、2015年 - )• (、2016年 - ) WEB漫画 [ ]• (、2011年 - )• (、2013年 - )休載中• (、2018年 - ) WEBコラム [ ]• (、2014年 - ) 小説 [ ]• (、2016年 - ) 過去の連載 [ ] 署名コラム [ ]• (TBSアナウンサー(連載当時))の毎日がクリスますだ! のリーディング一直線• のウオッカはストレートで! (TBSアナウンサー〈連載当時〉)のみなみんみんぜみ• の俺はお前のかませ犬だ! の夢叶ッ! ヨンヨマ! 〜読んだら読まねば〜(、、、のリレー書評)• とのスクール・オブ・ヒット• の日記 タダ見ですけど、何か? (TBSアナウンサー) あっきーよのなんか、すみません。 人生相談を掲載した人物 [ ]• 過去の連載漫画 [ ] この節のが望まれています。 野獣( 1970年)• ( 1970年)• 丈八しぐれ(原作:、作画: 1971年 - 1972年)• (原作:、作画: 1972年 - 1973年)• せくさんぶる(真崎守 1973年 - 1974年)• 修羅雪姫(第二部)(原作:小池一夫、作画:上村一夫 1973年 - 1974年)• 連作/せくさんぶる(真崎守 1974年 - 1975年)• ( 1977年 - 1980年)• ( 1979年 - 1980年)• ( 1980年)• (原作:、作画: 1981年)• ( 1981年 - )• ( 1981年 - 1982年)• ( 1983年)• (松田一輝 1984年 - 1986年)• Beat Shot!! (池沢さとし 1985年 - 1989年)• (原作:小池一夫、作画: 1987年 - 1995年)• (原作:小池一夫、作画:伊賀和洋 1988年 - 1994年)• (原作:、作画: 1988年 - )• (池沢さとし)• (原作:伊津木敏弘、作画:)• (つの丸、2004年 - 2005年)• 天然美少女ロボ ロボ子ちゃん! (原作:、・、2005年 -? (、2007年 - )• (原作:、漫画:田辺洋一郎、2010年 - 2011年) 『漫'sプレイボーイ』からの移籍連載。 など 過去の連載WEB漫画 [ ] この節のが望まれています。 ()1968年5月21日号 - 同年10月8日号• () 未出版• (橘真児) など 本誌出身の人物 [ ]• 歴代編集長 [ ]• 松丸淳生(2018年 - )• 増田真晃(2015年 - 2018年)• 伊勢村一也(2011年 - 2015年)• (2010年6月 - 2011年)• 樋口尚也(2005年7月 - 2010年6月)• (2005年6月)• 五十嵐洋(創刊号より) 増刊 [ ] 漫画作品を集めた増刊として、2009年4月30日に第1号刊行。 以降、第2号は8月17日、第3号は10月13日、第4号は2010年1月30日、5月30日号(第5号)は4月30日に発行されている。 店舗 [ ] 週プレ酒場 2017年6月10日、週刊プレイボーイ創刊50周年企画として新宿歌舞伎町にグランドオープンした公式酒場。 定期的にアイドルイベント、連載陣によるトークイベントが行われており、当初は1年間の営業を予定していたが延長され、2019年6月1日をもって終了した。 脚注 [ ]• 一般社団法人 日本雑誌協会. 2018年12月19日閲覧。 月刊明星、集英社、1967年1月号、64頁。 月刊明星、集英社、1967年2月号、105頁。 月刊明星、集英社、1967年2月号、106頁。 週プレNEWS. 2016年10月3日. 2018年12月19日閲覧。 ナターシャ. 2009年4月28日. 2018年12月19日閲覧。 2019年5月7日時点のよりアーカイブ。 2019年11月5日閲覧。 、 2019年11月5日閲覧。 関連項目 [ ]• (『』との共同開催・アイドル発掘オーディション)• 外部リンク [ ]• - 週刊プレイボーイ公式ニュースサイト• - 公式グラビアPCサイト• - 公式モバイルサイト(NTTドコモ、au、ソフトバンクからのみアクセス可能)• - 公式ケータイ写真集サイト(NTTドコモ、au、ソフトバンクからのみアクセス可能)• shupure -.

次の