エリア トラウト ライン。 管理釣り場のトラウトフィッシング用ラインの基本知識まとめ

エリアトラウト向けラインはどれ?太さ(ポンド)と色の選び方とおすすめライン|TSURI HACK[釣りハック]

エリア トラウト ライン

トラウトラインには種類がある トラウトルアーフィッシングにおけるキャスティングラインは、大きく分けて3種類あります。 ナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインです。 順にメリットやデメリットを紹介していきます。 ナイロンライン 最もポピュラーで、オールシーズン多くの釣り方に使えるラインです。 初心者から上級者まで、扱いやすさや取り回しでは1番のラインではないかと思います。  ナイロンラインのメリット• しなやかでスプールなじみが良く、ライントラブルが極端に少ないです。 ラインに伸びがあることでトラウトに違和感を与えづらいため、食い込みが良くなります。 伸びがあるということはアソビがあるということなので、トラウト特有の突然のランにも充分耐えられます。 ノット時にしなやかに糸同士が締め込まれていくために、結束力が高くなります。 伸びがあることでノット1点にかかる負担が少なくなり、結果的に結束強度を長く保つことができます。 柔らかくしなやかに放出できることでガイドへの抵抗が少なく、飛距離を出すことができます。 安価で手に入りやすいです。  ナイロンラインのデメリット• 水や紫外線を吸収することで劣化していく特徴があり、素直な糸質だけにヨレに対しても従順で、耐久性はあまりありません。 伸びがあることで小さいアタリを取ることは難しく、距離を出していたり水深20mなどの深場を攻めている時などはフッキングに至らないことが多くあります。 ライン自体の比重が軽いため、ボトムトレースしているつもりが浮き上がっていることが多々あります。  おすすめの使いどころ 中層~上層の比較的浅いレンジを攻める時、30mまでのあまり飛距離を出さない釣りに適しています。 おすすめのトラウト用ナイロンライン (エリア編) ヤマトヨテグス ファメルトラウト サイトエディション ミストグリーンとライムチャートが50cmずつ交互に入っている、攻撃的な掛けの釣りに最適なライン。 ミストグリーン部分にルアーを結束すればトラウトから見破られにくくなり、視認性の高いライムチャート部分で積極的にアタリを取ることができます。 エリアでの使用であれば、2. 5lbか3lbあたりが使いやすいと思います。 ユニチカ シルバースレッド アイキャッチ 視認性が高い蛍光イエローを採用。 サイトフィッシングに最適なライン。 リーダーの結束は必須です。 耐久性は高くないので釣行ごとに巻き替えが必要ですが、何よりもリーズナブルな価格が嬉しいです。 エリアなら、2lbか2. 5lbが使いやすいと思います。 バリバス スーパートラウトエリア マスターリミテッド SVG SVG製法で生み出された最細・最強ライン。 5lbでも線経が0. 128mmしかありません。 伸びも非常に少ないので、乗せの釣りやヘビーウェイトスプーンの釣りに大活躍します。 他社のラインよりも細いので、強度確保を重視して3lbを基準に選ぶと良いと思います。 フロロカーボンライン ナイロンラインに比べて高価ですが、その分ピンポイントな狙いに応えてくれるラインです。  フロロカーボンラインのメリット• ナイロンよりも伸縮性が少ないために、小さいアタリも取りやすくなります。 光の透過率が高く、ナイロンに比べてトラウトからラインが見えづらくなります。 張りがあるために、ヨレに対してナイロンより強くなります。 摩耗に対して強いために、根ズレに対する強度は1番です。 体感では、トラウトの歯によるスレにも強いと思っています。 吸水性が低くクセに対する耐性が高いために、ナイロンよりも長持ちします。 比重が高く、沈下し易く浮き上がりにくいので、中層からボトムを攻めやすくなります。  フロロカーボンラインのデメリット• 比重が高く張りがあり、伸びが少ないことからガイド干渉率も高く、飛距離の面ではナイロンに比べ、体感できるほどガックリと落ちます。 ラインに張りがあることでスプールなじみが悪く、ライントラブルはナイロンに比べて多くなります。 張りがあることで、ナイロンに比べ結束力が若干落ちます。 根ズレに対する強度は高いのですが、直線強度はナイロンに若干劣ります。 直線強度を補うため、価格が低めのフロロカーボンラインは、同lbのナイロンよりも線径が太くなります。 一度クセが定着してしまうと、直すことは困難です。 ナイロンに比べ、全体的に高価です。  おすすめの使いどころ ボトム~中層の深いレンジを攻める時や、トラウトにプレッシャーが掛かっている時の釣りに適しています。 おすすめのトラウト用フロロカーボンライン (エリア編) シーガー R18 フロロリミテッド フロロカーボンラインのパイオニア、クレハの最高級フロロカーボンライン。 線経も細く、ミドル~ディープレンジの攻略に申し分無い働きをしてくれます。 100m巻きオンリーです。 エリアであれば、1. 5lbから2. 5lb程度までがメインになると思います。 バリバス スーパートラウトエリア マスターリミテッド プレミアム フロロカーボン バリバスのプレミアムフロロカーボンライン。 線経もR18同様に細く、しなやかなのが特徴です。 R18同様、エリアなら1. 5lbから2. 5lb程度までがメインになると思います。 PEライン フロロカーボンラインに比べてさらに高価ですが、直線強度が強く、使い方次第で最高の能力を発揮してくれるラインです。  PEラインのメリット• 伸縮性が全く無いために、小さいアタリやボトム形状、水流の変化を感じ取りやすくなります。 吸水や紫外線で劣化することが無いので、コーティングが続く限り使用し続けることができます。 同じ強度(lb)でも細い糸を使用することができるので、その分摩擦抵抗が減り、飛距離を出すことができます。 糸ヨレが非常に少なく、ドラグを多く出されるパワーゲームでも快適に使用し続けることができます。 複数の糸を編み込んで1本のラインとして形成されているため、直線強度が非常に強く、パワーゲームでも安心して使うことができます。 比重が低く、沈下しにくいためにラインでアタリを取りやすくなります。  PEラインのデメリット• アソビが全く無い分、対象魚が小さい時はルアーを巻き取る力の方が強すぎてしまい、食い込みが悪くなります。 ラインに張りが無いため、一度絡まると糸同士が食い込みやすく、ほどくのが非常に困難です。 ライン表面がコーティングされているため摩擦が掛かりにくく、PEとルアーを直結する場合はノットに工夫が必要です。 複数の糸を編み込んで1本のラインにしている特性上、傷が少しでも入ると全体強度が著しく落ちてしまいます。 根ズレに非常に弱いです。 ただの編み込み糸のため、トラウトからもろに見えます。 非常に高価です。  おすすめの使いどころ リーダー併用が前提ですが、対象魚が比較的大きめで中層~上層の比較的浅いレンジを攻める時、遠くの魚を掛ける釣りに適しています。 おすすめのトラウト用PEライン (エリア編) バリバス スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE バリバスの最高級8ブレイドPEライン。 「ビッグトラウトを獲ることを追求した」というコピー通り、私も2013年にすることができました。 バリバス独自の特殊加工がシルキーなキャストやリトリーブを生み出し、厳寒期もトラブルレスです。 私はミノーや比較的ライトウェイトのスプーニングであれば0. 8号、ヘビーウェイトスプーニングで1号から1. 2号をメインにしています。 マックスパワーPEは、現在湖の釣りで盛り上がっている、スライドスプーンを使ったゲームに最適です。 湖に潜むモンスタートラウトを狙うスライドスプーニングは、下記コラムでタックルを含め、徹底解説しています。 こちらも後ほど、是非チェックしてみてください。  スライド系スプーンのパイオニアであり、ジャンル内で最もポピュラーなルアーであるM. レイクス。 湖でこのスプーンを操り、各層にいるトラウトをキャッチしていくためのヒントをまとめてみました。 結局どのラインがベストか これだ!というものは無く、対象魚や釣り方によってベストなラインシステムは全く異なるということになります。 私が実際に使用しているシチュエーションで、いくつか例を挙げてみます。 管理釣り場で30cm未満のトラウトと遊ぶ 多くの管理釣り場のアベレージサイズ、30cm未満のトラウトを相手にする時は、ナイロンラインを使用すればまず間違い無いと思います。 糸ヨレは気になりますが、個人的には扱いやすさを優先した方が良いと思っています。 縦釣りなら良いでしょうが、巻いてくる釣りでPEラインを使ってしまうと、小さい魚が対象の場合はアタリを弾いてしまってイライラしてしまうかもしれません。 (ドラグをユルユルにして対応しても良いのですが、周りの方に対して過度の騒音になってしまいます。 ) 冬場やプレッシャーが高い場合は、フロロカーボンラインがおすすめです。 管理釣り場で40cm以上のトラウトと遊ぶ 大型のトラウトが入っている管理釣り場、あるいは魚自体がパワフルな管理釣り場などでは、PEラインという選択肢があります。 フロロカーボンラインかナイロンラインのリーダーを使用することが前提ですが、食い込み力が強い魚、しっかり咥える魚が多ければ、PEラインでも弾くことなく掛けることができます。 何よりドラグを沢山出されても、糸ヨレを全く気にしなくて良いという所が嬉しいですね。 湖で巻きメインで遊ぶ スプーンやミノーの巻きメインで遊ぶ場合は、ナイロンかフロロカーボンのどちらかのラインを使用します。 狙うレンジが低めの場合はフロロカーボン、浅い場合はナイロンを使用しています。 遠くでヒットする場合や、フォールをメインとした縦の釣りも1つのタックルで併用する場合は、PEラインを使用することも多いです。 湖で縦メインで遊ぶ 独特なフォールメインの縦釣りで、時折底を這わせるような釣りをする場合は、PEラインを使用します。 この時のリーダーは、フロロカーボンラインを使用します。 比重が低いPEラインは水面からルアーまでが直線に近くなるため、伸びが無い特徴も合わさり、リフトアップを最小限の力で効果的に行うことができます。 ボトム付近にいるトラウトは、大型になればなるほどアタリがシビアな場合も多く、小さいアタリも取ることができるPEラインはここでも役に立ちます。 心配な根ズレはフロロカーボンラインのリーダーで補えるため、比較的スローな縦釣りであればこのラインシステムが最強だと思っています。 ラインカラーも重要 意外と軽視されがちなラインカラーですが、警戒心の強いトラウトの場合は意外に重要です。 例えば視認性を重視した蛍光カラーラインは、特にプレッシャーが強い管理釣り場やメジャーフィールドでは、そのままフルラインで使うと釣果がいまひとつという場合があります。 人間にとって見やすいものですが、同時にトラウトにとっても見やすいものでもあるからです。 蛍光のラインや色が付いているラインを使用する際に食いが悪い場合は、メインラインの先にリーダーを付けてあげると良いと思います。 おすすめは光の透過率が高いフロロカーボンラインか、スモークカラーか透明のナイロンラインです。 おすすめのトラウト用リーダー シーガー グランドマックス クレハの最高級フロロカーボンハリス。 ラインナップも幅広く、エリアからネイティブまでほぼ全ての状況をカバーできます。 私はエリアでは0. 6号から0. 8号、ネイティブのディープレンジスプーニングでは2. 5号から3号くらいを目安に使用しています。 バリバス スーパーティペット マスタースペック ナイロン バリバスの細く強い、フライ用ティペット。 他のルアー用リーダーよりも多く入っているのでお得です。 エリアのサーフェスゲームには最適です。 私はエリアでは7X(2. 5lb相当)か6X(3. 5lb相当)、ネイティブではトップウォーター用に3X(7. 6lb相当)あたりを使用しています。 ラインシステムを駆使する 色々なシチュエーションを考え、複数種類のラインを組み合わせることを"ラインシステムを組む"と言います。 非常に複雑なシステムもありますが、一般的には以下のようなパターンがあります。 ナイロンラインにフロロカーボンラインのリーダーを付ける プレッシャーが高い管理釣り場で、たまに使用します。 例えば視認性の高いナイロンラインをメインとし、食わせるルアー近辺はナチュラルさを重視してフロロカーボンラインを結束してあげます。 メインラインが蛍光カラーでない場合でも、食いが渋くなってきたらフロロカーボンラインを足してあげるだけで、釣果に差が出る場合も多くあります。 PEラインにリーダーを付ける ラインの気配を消し、摩擦系ノットの結束力を高め、根ズレへの強さを兼ね備える... PEライン単体では欠点となる部分を、他のラインを組み合わせることで補います。 いつも行くフィールドで色々試してみると、釣りの幅が広がって釣果に跳ね返ってくると思います。 是非実践してみてください。 皆さんが使っているラインシステムや、この記事の中で紹介したシステムに対するアドバイスもお待ちしています。 更新記録 2014年1月2日 加筆 2012年9月2日 初版.

次の

トラウトラインシーン別徹底ガイド!種類別特徴とおすすめライン紹介

エリア トラウト ライン

先日の管釣り(エリアトラウト)で試した高比重PEラインの使用感について。 通常の比重の軽いPEラインと比べて高比重ならではのメリット・デメリットをレポート。 エリアトラウトにおける高比重PEラインの使いどころを解説します。 実釣記事: YGKよつあみ G-SOUL オードラゴン WX4F-1 SS140 PEラインの積年の課題の1つであった、同一糸径対比強度を大きく落とさずに重くすることをついに実現。 特殊マイクロフッ素繊維をコアに超高強度PEを当社特殊技術のWX組工法で、高密度に4本角打ちで組み上げました。 またマイクロフッ素繊維とPEの構成比率を号数ごとに同一とすることにより、比重を全号数1. 40に統一でき号数による使用フィーリングの差をなくしました。 更にマイクロフッ素繊維が組シロに入り込み緩衝材的素材にもなり、結束強度を高め、耐摩耗性、耐切創性を大きく向上しました。 PE100%ラインに比べ風に強く、底取りがしやすくバーチカルでラインスラッグが出にくい、実釣値の高いシンキングPEです。 今回使ったのがよつあみのシンキングPEライン「 G-SOUL オードラゴン WX4F-1 SS140」。 数少ない高比重PEラインで一番細い 0. 4号をラインナップしています。 ウグイスグリーンという色落ちしたようなグリーンカラーで視認性はイマイチなものの、 1m毎に15cmのマーキングあり。 ラインの動きの変化で当たりを取る釣りに適しています。 高比重PEラインのメリット 通常の低比重PEラインと比較した高比重PEラインのメリット。 水に馴染みやすく、ルアーの浮き上がりを抑えられる 比重の軽いPEラインは水に馴染みにくく、ラインが浮き気味になってしまいがち。 高比重PEラインなら、フロロ・ナイロンほどではないものの通常のPEよりは 水馴染みがいいです。 特にボトムをスプーンで探る際に有効で、スプーンのスローリトリーブ時にラインの浮力分の 浮き上がりを抑えることができます。 (水深が深いとなおのこと) その他、ボトムを探るバイブレーション、鉄板系バイブにも有利です。 風でラインが膨らみにくい 比重の軽さ故に横風で膨らみやすいPEライン。 よほどライナーにキャストしない限り、フェザーリングをしていてもある程度は糸ふけが出てしまいます。 高比重PEなら思いの外 ラインスラックが抑えられます。 余計なラインスラックは、その後のトレースに影響を及ぼすので地味な優秀なメリットです。 高比重PEラインのデメリット 続いて、デメリット。 一番細いもので0. 4号 2019年1月現在、高比重PEラインで一番細い号数がYGKよつあみのオードラゴン 0. 4号となります。 高比重PEラインの構造上、これ以上細いものは厳しいのでしょう。 フェザージグや縦釣りには、0. 4号の高比重PEラインより、通常の0. 2号以下の極細PEラインの方が単純な水切れの良さから感度・操作面において上です。 軽いスプーンには不向き そもそもとしてPEライン自体が軽量スプーンに不向き。 ラインの浮力でスプーンが浮き上がりやすく、適度なラインテンションの維持が難しいものです。 高比重といえど軽量スプーンには向きません。 (目安は2. 5g以上) 1グラム前後のスプーンには、ナイロンかフロロカンボンラインが無難です。 【まとめ・総評】 スプーンでの大物狙いに有効 ・ 水馴染みがよく、ルアーが浮き上がりにくい ・ 風に強く、ラインスラックが出にくい ・ 一番細いもので0. 4号(7. 5lb) ・ ウェイトのあるルアー向け(2. 5g以上が目安) 水深のある通天湖や嵐山FAでは、ボトム着底からのスプーン巻き上げが鉄板。 特に通天湖での大物狙いには、使用するスプーンのウェイト(2. 8~5g)、強度(7. 5lb)とのバランスから高比重PEラインの選択は悪くなさそうです。

次の

エリアトラウト3年生:ライン思考論。

エリア トラウト ライン

イエローやピンクの色付きラインってどう思いますか? 視認性が良いとしても釣果に差があるのか?ないのか? 色付きラインは昔から各メーカーで製造され続けて売られているのですから、ユーザー側の支持がない、ということはないのでしょう。 なにせよく見えるし。 しかしまあ、ユーザー一個人としてはあまり正確な検証もできないのは事実。 一人やふたりで同じラインを使って釣ってみたところでラインの色のせいで釣れなかったのかどうかを計る手段がないのです。 最近、とある釣り雑誌で数人が同時に様々なカラーのラインで釣果を検証するという特集記事を見ました。 その内容は、派手なカラーは魚にプレッシャーを与えているようだという結論。 釣れる魚の本数に実際に差が出ているようでした。 (実験方法としては、まあ普通にやれるだろう、妥当性のある考え方ではありました) がしかしまあ、この記事とて実質的にはあるメーカーの新型ラインのちょうちん記事の域を出るか出ないかという程度の事であり、マジに検証しようと思えば、日を変えてもっと回数を重ねた実験が必要なのは明らかでしょう。 さて、私は個人的には派手なカラーラインは避ける方です。 明らかに魚に見えていて、それなりな反応をしているのは確かだと思えるのです。 たとえば、カラーラインを使っていて普通ルアーを引くと、ルアーが付いているラインの先端部とほとんど関係が見破られないであろう、手元付近のラインに魚が反応しています。 その反応とは、よくあるケースでは好奇心おう盛な若い小型の魚がラインそのものをつついてみたりです。 そして何度も同じラインを見せていると今度は逆に寄り付かなくなったりです。 これは同じルアーにスレてくるという現象に近いものがありそうです。 逆に魚のサイズが大きくなるに従って、ラインについては敏感に警戒を表しているように思えます。 もしかすると、鱒類も成長過程で経験を積むとラインやルアーを学習することがあるかも知れないなと思わせます。 さて、これらのことは私自身の観察結果なのですが、もしかしたら思い込み、勘違いが多いに含まれている可能性は否定できませんよね。 そして魚が反応すると言ってもそれが直接釣果に関係するのかどうか?謎は深まります。 「自分が思っているほどラインのカラーは釣果に関係ないぞ」 「いや、今釣れないのはカラーラインのせいではないか?」 こんな悩みを抱えてしまいそうになります。 そこで解決策は簡単。 気になるなら「カラーラインを使うな!」です。 ですので私は視認性を目的としたカラーラインを使いません。 きっぱり。 これだけで悩みは解消してしまいます。 逆にインビジブル系、魚に見せないためのカムフラージュとしての色付きは使うことがあります。 つーか、何らかのカラーが付いたラインの方がどうしても多いしね。 単なるクリアなラインというのは意外に魚に見られているという説もあり。 ですからまあ、釣り人にとっての視認性のみを考えたカラーのラインは使いません。 「しかし、視認性の良いラインの方がラインでアタリを取るには絶対的に有利でしょ」という意見もあるでしょう。 そう、私の釣りはほぼ100%ラインを見てアタリを取ってます。 意外なことかも知れませんが、カモフラ系のラインだけを使う私の釣りはラインでアタリを取るのがほとんど。 で、私としてはラインがピンクやイエローをしてなくても「見えてます」。 問題ありません。 これは私が他魚種で夜釣りを多くしていた経験から出てきたことのように思われます。 その夜釣りではラインの視認性と釣果の検証のために各色様々試したのですが、普通のカモフラ系ラインでも最終的には派手なカラーのラインとほとんど変わらず「見えます」。 慣れとは恐ろしい物で、新月で漆黒の夜でもない限り、月明かりだけでラインを結ぶなんてことは普通にできるようになります。 (手が慣れるという意味でなくてね) まあ、確かに派手なカラーの方が見やすいのは私も同じなのですが、慣れさえすれば、見えるようになれさえすれば!釣果に差がでるほどカムフラ系ラインが見えないということはないのです。 私が愛用しているラインは、管釣り以前に他の釣りでもかなり信頼を置いているユニチカ製品。 シルバースレッドのシリーズは本当にお世話になりました。 シルバースレッドの対トラウト用ラインとしてはイエローなラインもありますが、私はあえてカモフラ系のクリアに近いラインをお勧めしたい。 すごいベーシックなラインだと思う。 大袈裟なコピーもない地味なラインだと思えますが、メーター当たりの単価も安く、古くからあるシルバースレッドというブランドに恥じない性能を持っていると思います。 また150M巻きですが、ボビンは75M毎に分かれていて半分をスプールに巻き、残りを予備に持つのに好都合。 またボビンは薄く、携行性に優れております。 ただし今は普通になった平行巻きではありません。 しかし、平行巻きって本当に何か影響ありますか?私はきっぱりないと思う。 特にナイロンラインは、使い始めてすぐに吸水してクセが取れてしまいます。 平行巻きというのは実質的に意味のない「売り」だと感じている。 こちらは300M巻きでストックするのに便利な物。 平行巻きです。 このボビンの形では平行巻きせざるを得ないのでしょうが、このボビンの形はかさばります。 現場へ携行するよりも家のストックね。 ラインの性能としてはまずまずといったところ。 使う現場の水によってはカモフラ性では上のシルバースレッドよりも優れているかも知れません。 それと75Mごとのマーキングは巻き替え管理に便利。 ま、今どき他のラインでもそれが多いけど。 ところで、上のライン2種類は、対応ポンド数のわりには太めな方です。 それでも極限的に軽いルアーとかでないとまあ違いは出ないと思います。 そして「太め」ということは、最終的にやっぱり強いです。 吸水してへたる時間、根ズレに対する強度はやはり太い方が有利です。 あ、そういえばラインと言えば、魚は色だけでなく、ラインが水を切る音を聞いてますね。 これは本当です。 機会があればまた書きます。

次の