じゅ みん ぜ いひ かぜ い。 平家物語 冒頭の解釈(意味)は?ふりがな(ひらがな)有り『祇園精舎の鐘の声』

社会福祉法人 北九州障害者福祉事業協会

じゅ みん ぜ いひ かぜ い

特徴・区画 [ ] 長崎弁はやなどと同じ肥筑方言に分類され、終助詞「ばい」「たい」や準体助詞「と」、逆接の「ばってん」、形容詞語尾の「か」などの共通する特徴を有する。 中でも長崎弁は、「長崎ばってん江戸べらぼう」「長崎ばってん京どすえ」などのことわざに見られるように、古くから「お国なまり」の代表格の一つに挙げられることが多かった。 長崎県の方言は以下のように区分される。 本項では本土の中南部方言と北部方言について記述する。 、、についてはそれぞれの項目を参照のこと。 長崎方言(旧市街地)• 大村・彼杵方言(、、、、旧西彼杵郡域で長崎市に編入された地域)• 南部離島方言・五島方言()• 北部離島方言• 壱岐方言()• 対馬方言() 北部方言と中南部方言はで対立しており、北部方言がアクセントの区別をもたないであるのに対し、中南部方言は鹿児島などと同種の(九州西南部式アクセント)である。 また北部方言は文法面で佐賀県西部の方言に似る点がある。 長崎方言のある長崎市中心部は、江戸時代にとして幕府と深い関係にあり、中国語やオランダ語に由来する語彙が取り入れられた歴史がある。 大村・彼杵方言は旧域、諫早方言は旧域、島原方言はほとんどが旧域であり、方言区分はこれらの藩政による影響が大きいと考えられている。 発音 [ ] 長崎弁は、他の九州方言と同じく、母音のが盛んである。 しかし、「時計」などの連母音「ei」は融合しない。 県内全域で合拗音クヮ、グヮがあるがこれも高齢層に限られてきている。 九州方言ではの区別、つまり「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」の区別を残すところが広いが、長崎弁では区別はない。 またもなくガ行子音はgである。 ラ行子音 語中のラ行子音が、になったり、子音脱落を起こしたりすることがある。 [例]あい(あれ) 促音化・撥音化 県内全域で動詞の語尾「る」の促音化が起こる。 (例)「くっ」(来る)、「かんがゆっ」(考える) また、カ語尾の形容詞・形容動詞でも、「高か」>「たっか」のような促音化が起こる。 語頭以外のナ行音・マ行音が撥音化する傾向がある。 (例)「いん」(犬)、「つんたか」(冷たい) 島原方言 島原方言では、ザ行音とダ行音の交代が顕著である。 また、リをヂ、リョをヂョと発音することがある。 アクセント [ ] 長崎県中南部方言の二型アクセント 型 語例 二拍 三拍 四拍 A型 血・風・川・形 体・小豆・かまぼこ かぜ ちが かたち かぜが かまぼこ かたちが B型 手・春・足・海 命・からす・雷 は る て が いの ち はる が かみな り いのち が 中南部方言はである。 二型アクセントは鹿児島や熊本県西部のアクセントと共通するもので、アクセントの型の種類がA型とB型の2種類を持つものである。 長崎県内の二型アクセントでは、「高低」「高高低」「高高低低」(二拍では第一拍が高く、三拍以上では第二拍まで高い)のように発音されるA型と、「低高」「低低高」「低低低高」(最後の拍のみ高い)のように発音されるB型の2種類のアクセントを持つ。 同じ語であっても助詞がつくかどうかで高く発音する部分の移動があり、たとえばA型の語彙である「風」は、「 かぜ」「 かぜが」のように発音され、B型の語彙である「春」は「は る」「はる が」のようになる。 それぞれの型に所属する語彙と音調は右の表のようになる。 若年層では、A型は第一拍が低くなって「か ぜが」のように発音されるようになっている。 また、佐賀県に近い地域や島原市では「風・川」の類が「 かぜが」のようになることがある。 一方、北部方言はで、アクセントによる型の区別は行われない。 丁寧な発音では全ての語が平板に発音される。 文法 [ ] 動詞 [ ] の活用の種類には、、、、(来る)、(する)があり、ナ行変格活用は長崎県ではほぼ消えている。 下二段活用があるのは九州全体の特徴で、未然形「受け(ん)」、連用形「受け(た)」、終止形と連体形は同形で「受くる」、仮定形「受くれ(ば)」、命令形「受けろ」のようになり終止・連体形と仮定形に共通語との差異がある。 一方で、九州方言各地と同じく長崎弁でも一段・二段活用が「起きらん」「起きれ」のように五段活用化する傾向が強い。 上一段活用は五段化が広く起こるが、下二段活用では五段化は二拍語に限られる。 意志・勧誘形の伝統的な形は、五段「いこー」(行こう)、上一段「おきゅー」(起きよう)、下二段「じゅー・ずー」(出よう)、サ変「しゅー・すー」(しよう)、カ変「くー・きゅー」(来よう)のようになる。 やや新しい語形として、一段・二段活用が五段化した「おきろー」「でろー」もある。 打ち消しでも、伝統的な「書かん」「起きん」「出ん」「せん(しぇん)」「こん」の形のほかに、五段化した「起きらん」「出らん」がある。 動詞に「て」「た」などを付けた場合の、五段動詞での音便は、カ行・ガ行(終止形語尾が「く・ぐ」になる動詞)がイ音便、タ行・ラ行(終止形語尾が「つ・る」のもの)が促音便であるのは共通語と同じである。 共通語と違う形として、ワ行・バ行・マ行(終止形語尾が「う・ぶ・む」のもの)がウ音便に、サ行(終止形語尾が「す」のもの)がイ音便になる点がある。 イ音便やウ音便は、連母音融合によってさらに音変化が起こる。 下記はその一例である。 丁寧形には共通語と同じく「ます」を用いるが、「知りまっせん(しぇん)」のように促音が入ることがある。 仮定形は、共通語と同じかそれが音変化した「書けば・書きゃー」「起きれば・起きりゃー」「すれば・すりゃー」「くれば・くりゃー」を用いる。 命令形は、「書け」「起きろ・起きれ」「出ろ・出れ」「せろ・せれ」「こい」などとなる。 形容詞・形容動詞 [ ] 形容詞の終止形・連体形は、他の肥筑方言のように「赤か」「白か」のようなを用いる。 連用形は、「よーなか」(良くない)、「うれしゅーなる」(嬉しくなる)のようにウ音便を用い、「…て」にあたる言い方では「よーして」(良くて)のように「して」を用いる。 推量(…だろう)を表すには、「良かろー」「白かろー」のように未然形に「う」を付ける場合と、「良かじゃろー」「白かじゃろー」のようにカ語尾に「じゃろー」を付ける場合がある。 仮定形は、「良かれば・良かりゃー」「嬉しかれば・嬉しかりゃー」のようになる。 ほかに、「うれっしゃする」(嬉しがる)、「おとろっしゃする」(恐ろしがる)のような言い方がある。 また、語幹に「さ」を付けたものが文末に用いられ、感動を表すことがある (例)うまさー!。 形容動詞の終止形・連体形は、「元気か」(元気だ)のように形容詞と同じカ語尾になる。 ただ、語によっては「へんなか」(変だ)のように連体形につくものがある。 また、形容動詞は「静かじゃろー・やろー」「静かに」「静かで」「静かじゃった・やった」のように活用して、形容詞との区別はある。 助動詞など [ ] 断定 断定の助動詞()には「じゃ・や」があるが、「じゃろー・やろー」「じゃった・やった」の形で使われる。 普通は「じゃ・や」をそのまま文の終止に用いることはなく、代わりに「ばい」「たい」を用いる。 高年層が「じゃろー・じゃった」、中年・若年層が「やろー・やった」を用いるという傾向がある。 打ち消し 動詞の否定は、未然形に「ん」を付けて表す。 過去打ち消しには「行かんじゃった」(行かなかった)のような「んじゃった」や「んやった」を用い、平戸市・北松地域では「じゃった」(例:行かじゃった)も用いる。 進行相と完了相 長崎弁をはじめ九州方言では、とを言い分ける。 長崎県では、進行相には「よる」を、完了相には「とる」が用いられる。 一部の地域では完了相に「ちょる」を用い 、諫早方言の進行相には「よる」のほかに「おる」も用いる。 これらは「降りよる」「降っとる」のように動詞の連用形に付くが、「良かりよった」のように形容詞に付くこともある。 推量・様態・比況 推量には「じゃろー・やろー」が用いられるほか、形容詞では「無かろー」のような形も使う。 また動詞でも未然形に「う」を付けたものを用いることができるが、その場合は普通文末詞「だい」を付ける (例)はりゅーだい(晴れるだろう。 ただし長崎方言では「だい」を付けない。 様態や比況には「ごと・ごとある・ごたる」を用いる。 可能表現 可能表現では、能力可能と状況可能で別の言い方をする。 能力可能には、「ゆる」(下二段活用)と「きる」(五段活用)が動詞の連用形に付けて用いられる。 状況可能には「るる・らるる」(下二段活用)を動詞の未然形に付けて用いる。 「きる」は九州で広く使われ、「ゆる」は長崎県・佐賀県で使われる。 長崎方言では不可能を表す「ださん」も使われる。 [例] (能力可能)「まだこもーして じてんしゃに のりきらん」(まだ小さいので自転車に乗れない。 「こもー」は「こまか」の連用形) [例] (状況可能)「こんめしゃ ねまっとっけん くわれんばい」(このご飯は腐っているから食べられないよ) [例]「まちさん いこーち おもーとったばってん いそがしゅーして いきださんじゃった」(町へ行こうと思っていたが、忙しくて行けなかった) 敬語 尊敬の助動詞には、「なる」、「なさる(なはる)」(以上2つは連用形に付く)、「す・らす」、「る・らる」(以上二つは未然形に付く。 「す・る」が五段・サ変に、「らす・らる」がそれ以外に付く)が使われる。 「なる」が頻用されるほか、「す・らす」も手軽な敬語として広く使われる。 また大村市を中心に熊本弁と共通する「なす」を 、諫早方言で「しゃる」「んしゃる」を用いる。 助詞 [ ] 格助詞・副助詞・係助詞 のには「の・ん」を用い、に「と」を用い、また対格(を)には「ば」を用いる。 方向を表すのに、「に」や「さん・しゃん・さめ・さね・さにゃ・さな」が用いられるが、「に」は「い」に変化して、さらに前の語と融合する。 また、「…(する)ために・(し)に」のような、行為の目標を示すのに「ぎゃ・ぎゃー」を用いる。 これら上記の助詞は、おおよそ他の肥筑方言と共通する特徴である。 このほか、手段・方法を表すのに「から」を用いる。 撥音の後に副助詞「は」が来ると、「ほんな」(本は)のように「は」が「な」に変わる。 [例]「せんせーの こらした」(先生がいらっしゃった) [例]「はなん きれかと つ ば こーてきたばい」(花のきれいなのを買ってきたよ) [例]「こいだいんと?」(これは誰の?) [例]「がっけー」(学校に) [例]「みぎゃいく」(見に行く) [例]「バスから行く」(バスで行く) 接続助詞 「から」にあたる原因・理由を表す接続助詞には、「けん・けー・け」などやそれを強調した「けんか・けんが」などがある。 また北部方言、大村・彼杵方言の西部外海、島原北部では「せん(しぇん)」も用いる。 「けれども」に当たる逆接確定を表す接続助詞には、「ばってん・ばって・ばってー」やその強調の「ばってんか・ばってんが」が広く用いられるほか、諫早方言、大村・彼杵方言、島原北部では「どん・じょん」も用いられる。 仮定を表す順接の接続助詞に、佐世保市を中心に「ぎー・ぎ・ぎん・ぎんた」などが用いられ 、大村・彼杵方言の東部域で「ぎんにゃ」 、諫早方言で「ぎっと」 、主に島原半島北部で「ぎら・ぎらー」 、主に島原半島南部で「ぎりゃ・ぎりゃー」が用いられる (例)「行くぎー」「行くぎら」(行くなら)。 逆接仮定(…ても)には「てん」や「たっちゃ(ー)」が用いられる。 伝聞 伝聞には、助動詞「らしか」や助詞「げな」が用いられる。 終助詞・間投助詞 代表的な文末助詞に「ばい」「たい」があり、名詞に直接付いて断定の助動詞の代わりにもなる。 「ばい」は自己の判断を確認したりそれを穏やかに教示したりするのに使われ、「たい」は自明・客観的な事柄を言うのに使われる。 「ばい」の変種には「ばな」「ばん」「ばいたー」などがあり、「たい」の変種には「たー」「たん」などがある。 意志を表す助動詞「う」の後に付ける助詞に、「い」や「で(ー)」がある。 (例)いこーい(行こうよ)、やみゅーで(やめようよ) 文末詞「な(ー)・の(ー)・ね(ー)」があり、「ね(ー)」が若年層から広がりつつある。 長崎方言では女性が「へ」「とへー」を用いることがある。 また、文末だけでなく文中にも使える「さ」がよく使われる。 終助詞「ぞ・よ・ね」に相当するものとして大村・彼杵方言の東部域で「ざん」が、西彼杵内海地域や北松地域で「ざい」が用いられる。 北部方言で肯定の応答表現に「ない」がよく用いられる。 また長崎方言での女性の応答表現に「はいさー」(そうよね)が聞かれる。 疑問などを表す終助詞に、諫早方言で「かん」、島原北部で「かなし・かなーし」、島原南部で「かない」が用いられる。 諫早方言で文末詞「なた・なたー・のまい」が丁寧表現としてよく用いられる。 「なたー」は「なーあなたー」、「のまい」は「のーおまえ」が変化したものである。 接続詞 [ ] 順接確定には「そりけん・そいけん」(そうだから)、逆接確定には「そっじょん・そるばってん・そいばってん・そがんばってん」(そうだけれども)などがある。 諫早方言で仮定の接続詞(それなら)に「あいば・ないば」がよく用いられる。 脚注 [ ]• , pp. 2-3. , pp. 118-119. , p. , p. 120-121. , pp. 31-33. , p. , pp. 7-9. , p. 128. , pp. 128-129. 125. 121. , pp. 121, 127. , p. , p. , pp. 13, 33. 14-15. , pp. 14-17. , pp. 15-16. 141. , pp. 19-20. 140. 122. , p. 139. , p. 原文の例文はカタカナ表記だがひらがな表記に直した。 , pp. 18-19. 137-138. , p. 138. , pp. 22-23. , pp. 135-136. , p. 135. 137. 原文の例文はカタカナ表記だがひらがな表記に直した。 , pp. 23-24, 31. , pp. 120, 136-137. , pp. 24, 31, 33. 24-25. , pp. 31, 34. , p. 132. , pp. 32-33. , pp. 134-135. 参考文献 [ ]• 坂口至『日本のことばシリーズ 42 長崎県のことば』、明治書院、1998年。 上村孝二「九州方言の概説」『講座方言学 9 九州地方の方言』飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一、国書刊行会、1983年。 愛宕八郎康隆「長崎県の方言」『講座方言学 9 九州地方の方言』飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一、国書刊行会、1983年。 関連項目 [ ]• (長崎弁のイントネーションで標準語を話す)• 外部リンク [ ]•

次の

ねんきんネット|日本年金機構

じゅ みん ぜ いひ かぜ い

平家物語 冒頭の読み方は?ふりがな(ひらがな) 以下は、平家物語の冒頭部分(原文)とその読み方です。 太字が原文となっています。 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。 ぎおんしょうじゃのかねのこえ、しょぎょうむじょうのひびきあり。 沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。 しゃらそうじゅのはなのいろ、じょうしゃひっすいのことわりをあわはす。 おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。 おごれるひともひさしからず、ただはるのよのゆめのごとし たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。 たけきものもつひにはほろびぬ、ひとへにかぜのまえのちりにおなじ。 遠くの異朝をとぶらへば、秦の趙高、漢の王莽、梁の朱忌、唐の禄山、 とほくいちょうをとぶらへば、しんのちょうこう、かんのおうもう、りょうのしゅうい、とうのろくさん これらは皆、旧主先皇の政にも従はず、楽しみを極め、 これらはみなきゅうしゅせんこうのまつりごとにもしたはず、たのしみをきわめ 諫めをも思ひ入れず、天下の乱れんことを悟らずして、 いさめおもおもいいれば、てんかのみだれんことをさとらずして 民間の愁ふるところを知らざつしかば、久しからずして、 みんかんのうれふるところをしらざつしかば、ひさしからずして 亡じにし者どもなり。 ぼうじにしものどもなり 近く本朝をうかがふに、承平の将門、天慶の純友、康和の義親、平治の信頼、 ちかくほんてうをうかがふに、しょうへいのまさかど、てんぎょうのすみとも、こうわのぎしん これらはおごれる心もたけきことも、皆とりどりにこそありしかども、 これらはおごれるこころもはげしきことも、みなとりどりにこそありしかども 間近くは六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人のありさま、 まぢかくは、ろくはらのにふだうさきのだじょうだいじん、たいらのあつそん、きよもりこうともうししひとのありさま 伝え承るこそ、心も詞も及ばれね。 つたえうけたまはる/こころもことばもおよばれね 平家物語 冒頭の解釈(意味) 平家物語の解釈(意味)を一文ずつしていきます。 太字が平家物語の原文です。 参考: 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。 祇園精舎の鐘の音には、「諸行無常」の響きがある。 沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。 沙羅双樹の花の色は、盛んな者も必ず衰えるという道理を表している。 おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。 おごり高ぶっている者も、その暮らしぶりが永遠に続くものでなく、まるで春の夜の夢のようである。 たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。 勢いが盛んな者も結局は、滅亡してしまい、まったく風の前の塵と同じである。 遠くの異朝をとぶらへば、秦の趙高、漢の王莽、梁の朱忌、唐の禄山、 遠くの外国を調べると、秦朝の趙高、漢朝の王莽、梁朝の朱异、唐朝の祿山 これらは皆、旧主先皇の政にも従はず、楽しみを極め、諫めをも思ひ入れず、 これらはみな、もとの主君および前の皇帝の政治にも従わずに、享楽の限りを尽くし、人の忠告も気にすることなく、 天下の乱れんことを悟らずして、民間の愁ふるところを知らざつしかば、 世の中の乱れることに気づかず、人民が心を悩ませていることも知らなかったので、 久しからずして、亡じにし者どもなり。 長く続かず、滅亡してしまった者たちである。 近く本朝をうかがふに、承平の将門、天慶の純友、康和の義親、平治の信頼、 近ごろの我が国の(例を)探すと、承平の平将門、天慶の藤原純友、康和の源義親、平治の藤原信頼、 これらはおごれる心もたけきことも、皆とりどりにこそありしかども、 これらはおごり高ぶった心も、勢い盛んなことも、皆それぞれにあったけれども、 間近くは六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人のありさま、伝え承るこそ、心も詞も及ばれね。 最近で言えば、六波羅の入道で前の太政大臣平朝臣清盛公と申した人の有様は、伝え聴き申し上げても、心で想像することも、言葉で言い表すこともできないほどである。

次の

長崎弁

じゅ みん ぜ いひ かぜ い

関連ページを参照したい場合は番号をクリックしてください。 配列はキーワードで アイウエオ順にソートとしています。 どうしたらよいか? おむつかぶれ オリーブ油とは? おりーぶゆ オリゴ糖は何に効くか おりごとうとこうのう オリバナム油とは おりばなむゆ オクタコサノールとは おるたこさのーる オレイン酸とは おれいんさん オレンジ油とは おれんじゆ オロチン酸とは おろちんさん 肩こりや腰痛の貼り薬に含まれる温感刺激成分は何ですか? おんかんしげきせいぶん 遠志(オンジ、おんじ) とは おんじ 温度計に使われている赤い色は何か おんどけい カイカクとは? かいかく 槐角丸 (かいかくがん)とは かいかくがん 槐花 かいか)とは かいかくがん 開気丸 (かいきがん)とは かいきがん 海金砂 かいきんしゃ)とは かいきんしゃ 懐牛膝とは(かいごしつ) かいごしつ 疥癬(かいせん)の治療法 かいせん 海桐皮とは(かいとうひ) かいとうひ カイニン酸とは かいにんさん カイネチンとは かいねちん 薤白 がいはく)とは がいはく 海馬補腎丸(かいまほじんがん)とは かいまほじんがん 艾葉(がいよう)とは がいよう カオリン (白陶土、陶土、酸性白土) とは かおりん 華蓋散(かがいさん とは かがいさん カカオ脂とは かかおし カギカズラ(かぎかずら)とは かぎかずら 柿葉(かきのは)とは かきのは 核酸(DNA,RNA)は何に効くか かくさんとこうのう 覚せい剤とは かくせいざい 加減涼膈散(かげんりょうかくさん)とは かげんりょうかくさん 加工大蒜(かこうだいさん、カコウダイサン)とは かこうだいさん 加香ヒマシ油とは かこうひましゆ 夏枯草(かごそう)とは かごそう 発疹や発赤があってカサカサの時に有効な漢方薬とは かさかさ、かんぽうやく 発疹や発赤がなくカサカサの時に有効な漢方薬とは かさかさ、かんぽうやく 消毒用過酸化水素水ありますか? かさんかすいそ 過酸化水素は医薬品か?劇物か? かさんかすいそすい 何首烏(かしゅう)とは かしゅう 訶子(かし)とは かし ガジュツエキスとは がじゅつえきす ガスタミンとは? がすたみん かぜやインフルエンザにビタミンCは効くか かぜ 風邪でビタミンCが有効といわれる理由は何でしょうか? かぜ 胃腸症状を伴う風邪に効く漢方薬とは かぜ、いちょうしょうじょう 風邪のひきはじめに有効な漢方薬とは(かぜのひきはじめ) かぜ、かんぽうやく こじれた風邪に有効な漢方薬とは(こじれたかぜ) かぜ、こじれ 節々が痛い風邪に有効な漢方薬とは かぜ、ふしぶし カセイソーダ(水酸化ナトリウム、NaOH)は劇物だが,未成年に販売しても良いか かせいそーだ 妊娠しているとき風邪薬を飲んでもよいか かぜぐすり 中学生(13才)ですが、体格は大人並なので風邪薬を大人量飲ませても良いか。 かぜぐすり 風邪薬に含まれる解熱鎮痛成分 かぜぐすり 風邪薬とドリンクの同時服用は可か かぜぐすり 風邪薬や花粉症薬で緑内障や前立腺肥大の人は禁忌とあるのはなぜか かぜぐすり、かふんしょうやく、 70代の男性ですが,かぜ薬を服用後、尿の出が悪くなった。 薬のせいか かぜぐすり、にょう かぜ薬を服用後、尿の出が悪くなることがあるか かぜぐすり、にょう かぜ薬をのんだら便秘になってしまいました。 便秘をおこさないかぜ薬はないか かぜぐすり、べんぴ、 かぜ薬の使用上の注意に「緑内障のある方は相談」とあるがなぜか かぜぐすり、りょくないしょう 風邪薬や消炎鎮痛剤を飲むと胃が悪くなるのはなぜですか? かぜぐすりとしょうえんちんつうざい かぜ薬を服用中ですが、頭痛がなおりません。 別の鎮痛薬を一緒に飲んでよいですか? かぜぐすりとずつう 華陀膏 (かだこう)とは かだこう 千寿製薬の白内障治療薬カタリンは効果がないのか かたりん カチオンやアニオンとは かちおん、あにおん 霍香(かっこう)とは かっこう 霍香正気散とは(かっこうしょうきさん) かっこうしょうきさん 葛根(カッコン、かっこん)とは かっこん 葛根黄連黄ごん湯(かっこんおうれんおうごんとう)とは? かっこんおうれんおうごんとう 葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう)とは かっこんかじゅつぶとう 葛根湯加辛夷川弓(かっこんとうかしんいせんきゅう)とは? かっこんとうかしんいせんきゅう 葛根湯加川きゅう辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)の効能 かっこんとうかせんきゅうしんいとこうのう 葛根湯の効能 かっこんとうとこうのう 滑石(かっせき)とは かっせき カットバンタイプの裏が赤い絆創膏ありますか かっとばん 瓜蒂散とは (かていさん) かていさん 流動食用カテーテルに塗る薬 かてーてるぬりぐすり 腫れて化膿しやすいときに有効な漢方薬とは かのう、かんぽうやく カノコソウ(鹿の子草,バレリアン)とは かのこそう カフェインとは? かふぇいん カフェインと無水カフェインの違いとは かふぇいん カプサイシンとは? かぷさいしん カプサイシン(唐辛子)とは かぷさいしん カプセルとは かぷせる カプレットとは? かぷれっと 花粉アレルギー薬を飲み始めて甘味が感じられませんでした。 味覚異常がおこるのか かふん、あれるぎーやく 花粉症に鼻炎用内服薬の「使用上の注意」に「長期連用しないこと」とありますが何日ぐらいまでなら大丈夫か? かふんしょうとびえんやっく 子供用の花粉症用の目薬はないか。 かふんようめぐすり カマグとは かまぐ 加味温胆湯とは(かみうんたんとう) かみうんたんとう 加味帰脾湯(かみきひとう) の効能 かみきひとうとこうのう 薬を噛み砕かないで飲んでくださいといわれることがあるがそれはなぜか かみくだく 加味四物湯(かみしもつとう)とは かみしもつとう 加味逍遙散(かみしょうようさん)の効能 かみしょうようさんとこうのう かみそりまけで常に膿んでいる状態なのですが、良い市販薬はありますか? かみそりまけ カミツレとは かみつれ カヤとは(かや) かや カユプテ油とは かゆぶてゆ かゆみが強いときに有効な漢方薬とは かゆみ、かんぽうやく かゆみ止めの飲み薬タイプの市販薬はありますか? かゆみどめ カラミンローションとは? からみんろーしょん カラムス根とは からむすこん 顆粒(かりゅう)とは かりゅう カルキとカルキ抜きの方法とは かるきぬき カルシウムは何に効くか かるしうむとこうのう カルシフェロールとは かるしふぇのーる カルナウバロウとは かるなうばろう カルバゾクロムとは? かるばぞくろむ カルボキシビニルポリマーとは かるぼきしびにるぽりまー カルボシステインとは? かるぼしすていん カルボマー とは かるぼまー カルミン酸とは かるみんさん カルミンとは かるみんさん 括呂薤白白酒湯(かろうがいはくはくしゅとう)とは かろうがいはくはくしゅとう カロ薤白半夏湯とは(かろがいはくはんげとう) かろがいはくはんげとう 括呂枳朮湯(かろきじつとう)とは かろきじつとう 瓜呂根(かろこん)とは かろこん カロニン(瓜呂仁、括楼仁)とは かろにん 乾姜(かんきょう) とは かんきょう 冠元顆粒 (かんげんかりゅう)とは かんげんかりゅう 甘草(カンゾウ、かんぞう)とは かんぞう 甘草の煎じ方とは かんぞう 甘草になぜ免疫増強作用があるのか かんぞう、めんえきぞうきょうさよう 甘草乾姜湯(かんぞうかんきょうとう)とは かんぞうかんきょうとう 乾燥酵母とは かんそうこうぼ 甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)とは かんぞうしゃしんとう 肝臓水解物とは かんぞうすいかいぶつ 乾燥水酸化アルミニウムゲル(制酸剤)とは かんそうすいさんあるみにうむげる 乾燥炭酸ナトリウムとは かんそうたんさんなとりうむ 甘草湯(かんぞうとう) の効能 かんぞうとうとこうのう 甘草附子湯(かんぞうぶしとう)とは かんぞうぶしとう 甘草麻黄湯(かんぞうまおうとう)とは かんぞうまおうとう 乾燥硫酸アルミニウムカリウムとは かんそうりゅうさんあるみにうむ 款冬花( かんとうか かんとうか 甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)とは かんばくたいそうとう dl-カンフル とは かんふる 漢方薬は長く飲まないと治らないのか. 漢方は副作用がないと思って良いか。 またはインスリンの代用品か。 しはんやくとびょういんにやく ジフェンヒドラミンとは? じふぇんひどらみん ジブカインとは? じぶかいん 地膚子(じふし)とは じふし ジプロピレングリコール(DPG)とは じぷろぴれんぐりこーる ジプロフィリンとは? じぷろふぃりん 至宝三鞭丸 (しほうさんべんがん)とは しほうさんべんがん 次没食子酸ビスマスとは? じぼっしょくしさんびすます シミやそばかすにビタミンCがよいというがどれくらいの期間服用したらよいか? しみ しみや、しもやけに有効な漢方薬とは しみ、かんぽうやく しみ、そばかすに何が効きますか しみそばかす 耳鳴丸(じめいがん)とは じめいがん シメチジンとは しめちじん ジメチルポリシロキサンとは? じめちるぽりしろきさん ジメンヒドリナートとは(商品名:ドラマミン) じめんひどりなーと 四物湯(しもつとう)の効能 しもつとうとこうのう 瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)とは しゃかほじんがん 瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう=竜胆瀉肝湯りゅうたんしゃかんとう)とは しゃかりしつかりゅう 炙甘草(しゃかんぞう)とは しゃかんぞう 炙甘草湯(しゃかんぞうとう)とは しゃかんぞうとう 赤石脂(しゃくせきし)とは しゃくせき 芍薬 シャクヤク、しゃくやく)とは しゃくやく 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)とは? しゃくやくかんぞうとう 芍薬甘草附子湯(しゃくやくかんぞうぶしとう) とは しゃくやくかんぞうぶしとう 麝香とは(ジャコウ) じゃこう 蛇床子(じゃしょうし)とは? じゃしょうし 沙参とは(シャジン) しゃじん ジャスターゼとは? じゃすたーぜ 車前子 シャゼンシ、しゃぜんし とは しゃぜんし 車前草(しゃぜんそう)とは しゃぜんそう 蛇退皮( じゃたいひ とは じゃたいひ ジュアールティー(ジュアール茶)とは じゅあーるてぃ 充蔚子(じゅういし)とは しゅういし 臭化水素酸スコポラミンとは しゅうかすいそさんすこぽらみん 臭化水素酸デキストロメトルファンとは? しゅうかすいそさんできすとろめとるふぁん 臭化チメピジウムとは? しゅうかちめぴじうむ 臭化ブチルスコポラミンとは? しゅうかぶちるすこぽらみん 臭化メチルアトロピンとは? しゅうかめちるあとろぴん 臭化メチルアニソトロピンとは しゅうかめちるあにそとろぴん 臭化メチルオクタトロピンとは? しゅうかめちるおくたとろぴん 臭化メチルベナクチジウムとは? しゅうかめちるべなくちじうむ 重質酸化マグネシウムとは? じゅうしつさんかまぐねしうむ 十全大捕湯(じゅうぜんだいほとう)とは じゅうぜんだいほとう 十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)の効能 じゅうぜんたいほとうとこうのう 重曹(重炭酸ソーダ、炭酸水素ナトリウム : NaHCO3 ・NaHCO3)とは じゅうそう 重曹の効用とは じゅうそう 首烏片(しゅうへん)とは しゅうへん 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)とは? じゅうみはいどくとう 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)の効能 じゅうみはいどくとうとこうのう ジュウヤクとは(十薬) じゅうやく 収斂剤(しゅうれんざい)とは? しゅうれんざい 収斂作用とは? しゅうれんさよう 十六味流気飲とは (じゅうろくみきりゅういん)) じゅうろくみきりゅういん シュクシャとは(縮砂) しゅくしゃ 酒石酸とは しゅせきさん 酒石酸アリメマジンとは? しゅせきさんありまめじん 十神湯とは(じゅっしんとう) じゅっしんとう 十棗湯とは(じゅっそうとう) じゅっそうとう 授乳中の母親が飲んだ薬は乳児に影響があるか じゅにゅう、にゅうじ 授乳中ですが風邪薬を飲んでもによいですか? じゅにゅうとかぜぐすり 棕櫚葉(しゅろよう)、棕櫚実(しゅろじつ)、棕櫚花(しゅろか)とは しゅろよう 純水とは じゅんすい 潤腸湯(じゅんちょうとう)とは じゅんちょうとう 消化酵素にどのようなものがあるか? しょうかこうそ 小陥胸湯 (しょうかんきょうとう)とは しょうかんきょうとう ショウキョウとは( ショウガの根) しょうきょう 生姜(しょうきょう)とは しょうきょう 生姜瀉心湯(しょうきょうしゃしんとう)とは? しょうきょうしゃしんとう 菖蒲根(しょうぶこん)とは しょうぐこん 小建中湯(しょうけんちゅうとう) の効能 しょうけんちゅうとうとこうのう 錠剤やカプセル剤の種類 じょうざい 錠剤、カプセル剤、散剤、水剤の開封後の使用期限 じょうざい 錠剤とは じょうざい 小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう) しょうさいことうかききょうせっこう 小柴胡湯(しょうさいことう)の効能 しょうさいことうとこうのう 錠剤やカプセルが飲みにくいのですがどうしたらよいか じょうざいとかぷせる 硝酸エコナゾールとは しょうさんえこなぞーる 硝酸オキシコナゾールとは しょうさんおきしこなぞーる 硝酸チアミンとは しょうさんちあみん 硝酸テトラヒドロゾリンとは? しょうさんてとらひどろぞりん 硝酸ミコナゾール しょうさんみこなぞーる 勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)とは しょうしつかりゅう 小承気湯(しょうじょうきとう)とは しょうじょうきとう 小青竜湯(しょうせいりゅうとう) の効能 しょうせいりゅうとうとこうのう 小続命湯とは(しょうぞくめいとう) しょうぞくめいとう 消毒用エタノールと消毒用エタノールIPとのちがい。 IPがついているのとついていないのとはどう違うのか しょうどくようえたのーる 小児用ドリンク風邪薬を大人が飲んでもよいか しょうにようかぜどりんく 小児用バッファリンは医家向とOTC向とでは成分に違いがあるのか しょうにようばふぁりん 小麦 (しょうばく)とは しょうばく 小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)とは? しょうはんげかぶくりょうとう 消風散とは(しょうふうさん) しょうふうさん 消風散(しょうふうさん) の効能 しょうふうさんとこうのう 升麻( しょうま)とは しょうま 升麻葛根湯(しょうまかっこんとう) しょうまかっこんとう 静脈血管叢エキスとは じょうみゃくけっかんそうえきす 椒目 (しょくもく)とは しょうもく 逍遥散とは(しょうようさん) しょうようさん 蒸留水、精製水、滅菌精製水の違い じょうりゅうすい 舒筋立安散とは(じょきんりつあんさん) じょきんりつあんさん 薬を飲むときに食後、食前、食間とあるが、どういう意味ですか? しょくご 市販薬、医者から出される薬を問わず、多くの薬が食後に飲む薬が多いのはなぜか しょくご 痔に用いるステロイドを含まない坐薬 じょくそう 褥瘡患部の肉が露出している状態(黄色,赤色期)に使用する消毒薬と濃度とは じょくそう 食物繊維とは しょくぶつせんい 食物繊維は何に効くか しょくぶつせんいとこうのう 疲労感が強く食欲不振の方に有効な漢方薬とは しょくよくふしん、かんぽうやく 女性ホルモンとは じょせいほるもん 男性にも女性ホルモンがあるか じょせいほるもん、だんせい 食間とは、いつくすりを飲めば良いか? しょっかん 女貞子とは(じょていし) じょてい 女貞子(じょていし)とは じょていし 徐放剤(じょほうざい)とは じょほうざい 処方箋とは何ですか? しょほうせん 処方箋がなくても同じ薬(一般名が同じで商品名が異なる)であれば薬局から貰えますか? しょほうせん パウダータイプのシラミ退治薬と使用方法 しらみたいじ シャンプータイプのシラミ退治薬と使用方法 しらみたいじ 地竜(ジリュウ、じりゅう)とは じりゅう シルクパウダーとは しるくぱうだー シルバーのアクセサリーを磨くのに重曹を使う場合の濃度とは しるばー、じゅうそう シロップと ドライシロップ の違いとは しろっぷ、どらいしろっぷ 辛夷(シンイ、しんい)とは しんい 辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)とは? しんいせいはいとう) 神麹(しんぎく)とは しんぎく 秦ぎょう(じんぎょう)とは じんぎょう 疲れやすく神経質な方に有効な漢方薬とは しんけいしつ、かんぽうやく 沈香とは(ジンコウ) じんこう 「新セデス錠」と「セデス・ハイ」」の違い しんせですじょう、せですはい 神仙太乙膏(しんせんたいつこう)とは しんせんたいつこう 参蘇飲(じんそいん。 さんそいんではない) じんそいん 血圧が高いが仁丹を飲んでも良いか? じんたん、けつあつ シンナーとは しんなー 秦皮( シンピ、しんぴ)とは しんぴ 神秘湯(しんぴとう)とは しんぴとう 真武湯(しんぶとう)とは しんぶとう 参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)とは じんりょうびゃくじゅつさん スイートアーモンドオイル(アルモンド油)とは すいーとあーもんどおいる スイートマジョラム油とは すいーとまじょらむゆ 西瓜糖とは(すいかとう、スイカトウ) すいかとう 水銀中毒とは(すいぎんちゅうどく) すいぎんちゅうどく 水酸化アルミナマグネシウムとは? すいさんかあるみなまぐねしうむ 水酸化アルミニウムゲルとは? すいさんかあるみにうむげる 水酸化カリウム すいさんかかりうむ 水酸化クロムとは すいさんかくろむ 水酸化マグネシウムとは? すいさんかまぐねしうむ 膵臓性消化酵素TAとは? すいぞうせいしょうかこうそ スイッチOTCとは? すいっちOTC 水蛭(すいてつ)とは すいてつ 水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン すいようせいびたみん 水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの種類 すいようせいびたみん 杉葉油とは すぎばゆ スクラルファートとは? すくらるふぁーと スクワランとは すくわらん 頭痛の薬はいつ飲めばよいか ずつうやく スッポン(土鼈甲、鼈甲)とは すっぽん ステアリン酸とは すてありんさん ステアリン酸ナトリウムとは すてありんさんなとりうむ ステロイド(副腎皮質ホルモン)を化粧用に塗らない理由 すてろいど ステロイドとは すてろいど ころんで肘や膝をすりむきました。 どのように処置をしたらいいですか? すりむきとしょち スルファジアジンとは? するふぁじあじん スルファメトキサゾールとは するふぁめときさぞーる スルフィソミジンとは するふぃそみじん 清湿化痰湯(せいしつけたんとう)とは せいいしつけたんとう 星火温胆湯 (せいかうんたんとう)とは せいかうんたんとう 星火逍遥丸(せいかしょうようがん)とは せいかしょうようがん 胃腸薬に含まれる制酸剤が、便秘または下痢を起こすと聞きましたが、本当ですか せいさんざい、べんぴ、げり 胃腸薬に含まれる制酸剤が、便秘または下痢を起こすことがあるのか せいさんざい、べんぴ、げり 清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)とは? せいじょうぼうふうとう 清暑益気湯(せいしょえっきとう) とは せいしょえっきとう 清心蓮子飲(せいしんれんしいん) とは せいしんれんしいん 精製水、純水とは せいせいすい 茜草根とは(セイソウコン) せいそうこん 青そう子とは(せいそうし) せいそうし 青黛(せいたい)とは せいたい 整腸剤(新ビオフェルミン、新ラクトーン、エビオス、強力ワカモト、正露丸など)はなぜ5歳以上と規定されているのか? せいちょうざいとねんれい 食事をしないで整腸薬を飲んでよいか? せいちょうやく 清熱補血湯(せいねつほけつとう)とは せいねつほけつとう 清肺湯(せいはいとう)とは せいはいとう 青皮(せいひ)とは せいひ 青蒙石( せいもうせき)とは せいもうせき セイヨウトチノキエキスとは せいようとちのきえきす 西洋ヤドリギ(セイヨウヤドリギ、せいようやどりぎ)とは せいようやどりぎ 生理の前から痛む方に有効な漢方薬とは せいり、かんぽうやく 生理が遅い方に有効な漢方薬とは せいり、かんぽうやく 生理が早い方に有効な漢方薬とは せいり、かんぽうやく 生理の周期が不安定な方に有効な漢方薬とは せいりしゅうき、かんぽうやく 3日後から修学旅行なので生理を遅らせたいのですが、お薬ありますか? せいりちょうせつ 生理痛が激しいのですが毎月痛み止めを飲んでも大丈夫ですか せいりつう 13才の生理痛に効く薬はないですか?小児用バファリン(アセトアミノフェン)では効きません。 せいりつう 生理の後半に痛みが強い方に有効な漢方薬とは せいりつう、かんぽうやく 生理日を遅らしたり、早めたり生理日をずらす薬はありますか? せいりび 正露丸の効能効果、成分および用法用量 せいろがんとこうのう 黄色い痰を伴う咳に有効な漢方薬とは せき、かんぽうやく 急な激しい咳に有効な漢方薬とは せき、かんぽうやく 石葦とは(せきい) せきい 石蒜(セキサン、せきさん)とは せきさん ゼキサンチンとは ぜきさんちん 赤芍(せきしゃく)とは せきしゃく 石菖根(せきしょうこん)とは せきしょうこん 咳止め薬の含有成分 せきどめ 石留実皮(せきりゅうじっぴ)とは せきりゅうじっぴ セサミンとは せさみん セタノールとは せたのーる 舌下錠(ぜっかじょう)とは ぜっかじょう 石決明(せっけつめい)とは せっけつめい 石膏(せっこう)とは せっこう 石斛(せっこく)とは せっこく 折衝飲(せっしょういん)とは せっしょういん 2001. 20 に医療用「セデスG」「サリドン錠」などフェナセチン含有医薬品が供給停止なった理由 せです セトリミドとは せとりみど セネガ(せねが)とは せねが セネガエキスとは せねがえきす セミアルカリプロチナーゼ(セアプローゼS)とは? せみあるかりぷろちなーぜ セラペプターゼ(セラチオペプターゼ)とは? せらぷたーぜ セラミドとは せらみど セリサイト (絹雲母)とは せりさいと セレニウムは何に効くか せれにうむとこうのう セレン、セレニウムとは せれん、せれにうむ 仙鶴草とは(せんかくそう) せんかくそう めまいを伴う前額部痛に伴う漢方薬とは ぜんがくぶつう、かんぽうやく 全蠍 (ぜんかつ)とは ぜんかつ 川キュウ(センキュウ、せんきゅう)とは せんきゅう 川きゅう茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)とは せんきゅうちゃちょうさん 千金内托散(せんきんないたくさん)とは せんきんないたくさん 前胡(ぜんこ)とは ぜんこ 川骨(せんこつ)とは せんこつ 蟾酥とは(センソ) せんそ 喘息治療薬と缶コーヒは飲みあわせが悪いと聞いたのですが ぜんそくちりょうやく 蝉退(せんたい)とは せんたい センナはどのような作用がありますか せんな センナ葉とは せんなよう センノシドとは? せんのしど 旋覆花(せんぷくか) とは せんぷくか 旋覆花代赭石湯(せんぷくかたいしゃせきとう)とは せんぷくかたいしゃせきとう センブリとは? せんぶり 染毛剤(毛染め)でかぶれてかゆいのですが。 せんもうざい 川れん子とは(せんれんし) せんれんし ソイステロールとは? そいすてろーる 草果(そうか)とは そうか 皀角刺とは(そうかくし) そうかくし 桑寄生(そうきせい)とは そうきせい 皀莢(そうきょう)とは そうきょう 総合栄養剤の説明書に「服用の前後30分は、お茶・コーヒー等を飲まないでください」と記載されているがなぜか そうごうえいようざい、こーひー 総合感冒薬を飲んで便秘になったがなぜか そうごうかんぼうじょう 薬の相互作用(のみ合わせ)とは そうごさよう、くすり 薬と食べ物との相互作用とは そうごさよう、たべもの 桑枝とは(そうし) そうし 蒼耳子(そうじし)とは そうじし ソウジュツとは(蒼朮) そうじゅつ 草荳蒄とは(そうずく) そうずく 桑白皮(ソウハクヒ、そうはくひ)とは そうはくひ 桑票蛸(そうひょうしょう)とは そうひょうしょう 双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)とは そうりょうさんじょうがん 続断(ぞくだん)とは ぞくだん 冷えるとおこる頭頂部痛に有効な漢方薬とは そくとうぶつう、かんぽうやく 側柏葉(そくはくよう )とは そくはくよう 続名湯(ぞくめいとう)とは ぞくめいとう 疎経活血湯(そけいかっけつとう)の効能 そけいかっけつとうとこうのう 蘇子降気湯とは(そしこうきとう) そしこうきとう ソバカスに良く効いて早く治る物はないか そばかす 蘇木(そぼく)とは そぼく 蘇葉 ソヨウ、そよう とは そよう ソラニンとは(そらにん) そらにん ダイアルミネートとは? だいあるみねーと ダイオウ(大黄)とは? だいおう 大黄甘草湯とは(だいおうかんぞうとう) だいおうかんぞうとう 大黄附子湯(だいおうぶしとう)とは だいおうぶしとう 大黄牡丹皮湯 とは(だいおうぼたんぴとう) だいおうぼたんぴとう 大陥胸湯 とは(だいかんきょうとう) だいかんきょうとう 大建中湯とは(だいけんちゅうとう) だいけんちゅうとう 大柴胡湯去大黄(だいさいことうきょだいおう)とは だいさいことうきょだいおう 大柴胡湯(だいさいことう) の効能 だいさいことうとこうのう 大蒜(ダイサン、だいさん)とは だいさん 代赭石(たいしゃせき)とは たいしゃせき 大承気湯(だいじょうきとう)とは だいじょうきとう 大豆エキスとは だいずえきす 大青葉とは(だいせいよう) だいせいよう 大青竜湯(だいせいりゅうとう)とは だいせいりゅうとう 大棗 (タイソウ、たいそう)とは. たいそう 大腹皮(だいふくひ)とは だいふくひ 大防風湯(だいぼうふうとう)とは だいぼうふうとう 大麻(タイマ、たいま)とは たいま タイム油とは たいむゆ リポビタンDのタウリン1000とは?何のことか たうりん タウリン(アミノエチルスルホン酸)は何に効くか たうりんとこうのう 沢瀉(たくしゃ)とは たくしゃ 沢瀉湯(たくしゃとう)とは たくしゃとう 沢蘭(たくらん) たくらん 托裏消毒散(たくりしょうどくさん)とは たくりしょうどくさん 多糖類とは たとうるい 疲れやすく尿量が減少または多尿の時に有効な漢方薬とは たにょう、かんぽうやく タバコの臭いの元となる成分とは たばこ、におい 煙草を吸うためのどがいがらっぽい。 のど用消毒殺菌薬を使用するとのどの調子がよいので、このままずっと使用してもよいのですか? たばことしょうどくさっきんやく タラ根皮(たらこんぴ) とは たらこんぴ 陀羅尼助丸の効能効果、成分および用法用量 だらにすけがんとこうのう 胃腸の働きが衰えてだるい症状に有効な漢方薬とは だるい、かんぽうやく タルクとは たるく うすい水様の痰を伴う咳に有効な漢方薬とは たん、かんぽうやく 炭酸水素ナトリウムとは? たんさんすいそなとりうむ 炭酸マグネシウムとは? たんさんまぐねしうむ 胆汁エキスとは たんじゅうえきす 胆汁末 とは たんじゅうまつ 丹参(たんじん)とは たんじん 炭水化物とは(たんすいかぶつ) たんすいかぶつ 男性ホルモンの入った一般用医薬品 だんせいほるもん 男性ホルモンとは だんせいほるもん 女性にも男性ホルモンがあるか だんせいほるもん、じょせい 男性ホルモンや女性ホルモンはどこで作られる だんせいほるもん、じょせいほるもん タンニン酸アルブミンとは? たんにんさんあるぶみん タンポポは何に効くか たんぽぽとこうのう チアミンとは ビタミンB1 ちあみん チアミンジスルフィドとは ちあみんじするふぃど チアントールとは ちあんとーる 竹酢液は水虫に効くか ちくさくえき 竹茹とは(ちくじょ) ちくじょ 竹如温胆湯(ちくじょうんたんとう)とは ちくじょうんたんとう チクセツニンジンとは? ちくせつにんじん 竹節人参(ちくせつにんじん)とは ちくせつにんじん 竹葉(ちくよう)とは ちくよう 葉石膏湯(ちくようせっこうとう) ちくようせっこうとう 治頭蒼一方(ぢずそういっぽう)とは ぢずそういっぽう 治打撲一方(ぢだぼくいっぽう)とは ぢだぼくいっぽう 知柏地黄丸とは(ちばくじおうがん) ちばくじおうがん 知母(ちも)とは ちも チモールとは? ちもーる 地楡(ちゆ)とは ちゆ 中将湯の効能効果、成分および用法用量 ちゅうじょうとうとこうのう 調胃承気湯(ちょういじょうきとう)とは ちょういじょうきとう 丁香茯苓湯とは(ちょうこうぶくりょうとう) ちょうこうぶくりょうとう どの薬局でも調剤してもらえるのですか? ちょうざい チョウジとは(丁字 ) ちょうじ 丁子( ちょうじ)とは ちょうじ 朝鮮人参とは ちょうせんにんじん 釣藤鈎 チョウトウコウ、ちょうとうこう とは ちょうとうこう 釣藤散(ちょうとうさん)の効能 ちょうとうさんとこうのう アシドフィルス菌 ちょうないさいきんそう 超微粒子酸化チタン ちょうびりゅうしさんかちたん 腸溶錠とは? ちょうようじょう 腸癰湯(ちょうようとう)とは ちょうようとう 猪苓(ちょれい)とは ちょれい 猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう)とは ちょれいとうごうしもつとう 猪苓湯(ちょれいとう)の効能 ちょれいとうとこうのう チロシンとは ちろしん チンク油とは ちんくゆ 沈降炭酸カルシウムとは? ちんこうたんさんかるしうむ 胃が弱いのですがどのような鎮痛剤がよいか ちんつうざい 鎮痛薬を長年にわたって毎日飲んでいますが大丈夫でしょうか? ちんつうやく 鎮痛薬を服用したが、2時間たっても歯の痛みがおさまりません。 成分の異なる他の解熱鎮痛薬をさらに服用してよいでしょうか? ちんつうやくとこうのう 鎮痛薬を服用したら発疹が出ました。 この薬は何回か服用したことがあり,これまで異常はありませんでした。 このようなことは?あるのでしょうか? ちんつうやくとほっしん チンピとは(陳皮) ちんぴ 通導散とは(つうどうさん) つうどうさん ハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎の場合年間を通じて鼻炎薬を使用してもよいか つうねんせいあれるぎーせいびえん 痛風のひとが飲むと逆に発作の誘因となりうる解熱鎮痛剤があったと思うのですが? つうふう、ほっさ 全身がだるく疲れやすい時に有効な漢方薬とは つかれ、かんぽやく 月見草油とは つきみそうゆ ツバキ油とは つばきゆ 爪水虫には飲み薬しかないそうすが、内臓に影響がでる場合があると聞いたことがあり、あまり飲みたくありません。 塗り薬がでる予定はないのでしょうか。 つめみずむし 爪水虫の治療法 つめみずむし、ちりょう テアフラビンとは てあふらびん ティートリー油とは てぃーとりーゆ 低血糖を起こした時に飲めるブドウ糖入りジュースとは ていけっとう 抵当湯とは(ていとうとう) ていとうとう 低融点パラフィンとは ていゆうてんぱらふぃん 蒂瀝子とは(ていれきし) ていれきし テオクル酸プロメタジンとは ておくるさんぷろめたじん テオフィリンとは? ておふぃりん 酢酸デキサメタゾンとは できさめさぞん 鉄剤を飲む時、お茶やコーヒーで飲んで良いか てつざい 鉄は何に効くか てつとこうのう テレピン油(てれぴんゆ)とは てれぴんゆ 電解質とは でんかいしつ 天花粉とは(てんかふん) てんかふん 手がふるえてうまく点眼できない高齢者などが,こぼさないで点眼する良い方法はないか てんがんやく、てのふるえ ECGの電極に塗る薬 でんきょうくぬりぐすり 天竺黄とは(てんじくおう) てんじくおう 天南星(てんなんしょう)とは てんなんしょう 天然ビタミンEと天然型ビタミンEのちがいは? てんねんびたみんE 天王補心丹とは(てんのうほしんたん) てんのうほしんたん 点鼻によるアレルギー検査でパッチテスト,スクラッチテストとは てんびやく、ぱっちてすと 癜風とは(でんぷうとは) でんぷう 天門冬 (てんもんとう)とは てんもんとう トイレが近く時間がかかるヒトに有効な漢方薬とは といれ、かんぽうやく 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)の効能 とうかくじょうきとうとこうのう 冬瓜子(とうがし)とは とうがし 桃花湯とは(とうかとう) とうかとう トウガラシチンキとは? とうがらしちんき 当帰 トウキ、とうき とは とうき 当帰(とうき)とは とうき 動悸、息切れ、気つけに効く薬局で売っている薬はありますか どうき 疲れやすく、動悸・息切れを伴う時に有効な漢方薬とは どうき、かんぽうやく 当帰飲子(とうきいんし) の効能 とうきいんしとこうのう 当帰建中湯(とうきけんちゅとう) とは? とうきけんちゅとう 独活葛根湯(どっかつかっこんとう)とは? とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)とは? とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう 当帰四逆湯とは(とうきしぎゃくとう) とうきしぎゃくとう 当帰しゃく薬加附子湯(とうきしゃくやくかぶしとう)とは とうきしゃくやくかぶしとう 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の効能 とうきしゃくやくさんとこうのう 当帰湯(とうきとう)とは とうきとう 銅クロロフィンナトリウム(カリウム)とは? どうくろろふぃりんなとりうむ 唐胡麻( とうごま)とは とうごま 党参 (とうじん)とは とうじん 灯心草 とうしんそう)とは とうしんそう 導水茯苓湯(どうすいぶくりょうとう) どうすいぶくりょうとう 冬虫夏草(とうちゅうかそう)とは? とうちゅうかそう 糖尿病患者が風邪をひいたとき、市販の風邪薬を飲んでもよいか。 とうにょうびょう、かぜ 糖尿病で疲れ易いので、栄養剤やドリンク剤を 飲んでも良いか。 とうにょうびょう、どりんく 糖尿病治療薬(医師の処方せん必要)。 とうにょうびょうちりょうやく 使用上の注意に「糖尿病の人は、服用前に医師又は薬剤師にご相談下さい」とあるが、どうしてですか? とうにょうびょうとちゅうい 糖尿病によいといわれる薬、健康食品、生薬 とうにょうびょうやく 桃仁(とうにん)とは とうにん 橙皮(とうひ)とは とうひ 豆腐の凝固剤に使うニガリは何のマグネシウムか?他に凝固剤には何を使うか とうふ、にがり トウモロコシデンプン(コーンスターチ)とは とうもろこしでんぷん 糖類の分類とは、糖類とは とうるいぶんるい 土瓜根(どかこん)とは どかこん 土槿皮チンキ (どきんぴちんき)とは どきんぴちんき ドクダミ化粧水の作り方 どくだみ、けしょうすい 特定毒物とは? とくていぼくぶつ 毒物とは? どくぶつ 毒薬とは? どくやく 時計草(トケイソウ、とけいそう)とは とけいそう トコフェロールとは? とこふぇろーる 兎絲子(としし)とは としし 独活 どっかつ とは どっかつ 禿鶏とは(とっけい) とっけい 独歩丸(どっぽがん)とは どっぽがん とびひ(伝染性膿痂疹)と治療法 とびひ 土別甲(どべっこう)とは どべっこう ドライアイはどのような疾患で治療法は? どらいあい ドライアイの治療はどのようにしたらよいか どらいあいちりょう トラネキサム酸とは? とらねきさむさん ドラマミンとは どらまみん トリアムシノロンアセトニド とりあむしのろんあせにど トリコマイシンK錠とは とりこまいしんK カフェインが入っていない肉体疲労に効くドリンク どりんく トルナフタートとは とるなふたーと トレハロースとは とれはーす 5才未満の子供にのどあめ、トローチは販売できますか とろーち トローチ剤,バッカル錠とは とろーち、ばっかる 頓服薬(とんぷくやく)とは とんぷくやく ナイアシン(ビタミンB3)とは ないあしん ナイスタチンとは ないすたちん ナスの漬物を作る時に焼きみょうばんを入れるがどうしてか: なす、やきみょうばん 焼ミョウバンとなすの早漬け なすはやづけ、やきみょうばん 納豆菌(なっとうきん)とは なっとうきん 撫子 なでしこ、別名:瞿麦くばく)とは なでしこ ナメクジの退治法とは なめくじ 軟膏とクリームの使い分けを教えてください なんこう 軟膏とクリームの相違と使い分け なんこう 軟膏、クリーム、ローションの違いとは なんこう、くりーむ 南天実 なんてんじつ)とは なんてんじつ ナンバの毛(南蛮毛)とは なんば ニアウリ油とは にあうりゆ ニカワとは にかわ にきび、おでき、とびひ、水疱瘡などの細菌性あるいはウイルス性感染症にステロイド(副腎皮質ホルモン)を使用しない理由 にきび 化膿しやすいニキビに有効な漢方薬とは にきび、かんぽうやく 肉従容(にくしょうよう)とは にくしょうよう 肉豆蒄とは(にくずく) にくずく ニクズク油(にくずくゆ)とは にくずくゆ ニコチン酸アミドとは? にこちんさんあみど ニコチン酸 プロビタミンB)の種類と効能効果 にこちんさんとこうのう ニコチン酸ベンジルとは? にこちんさんべんじる ニコチンパッチとは にこちんぱっち 禁煙補助剤のニコレットとは?どのようなものですか にこれっと 二朮湯(にじゅつとう)とは にじゅつとう 二陳湯(にちんとう)とは にちんとう 煮豆に用いる保存料とは にまめ、ほぞんりょう ニューキノロン(ピリドンカルボン酸)類(抗菌剤)との併用で注意すべき薬剤(副作用) にゅーきのろん 乳酸カルシウムとは? にゅうさんかるしうむ KW乳酸菌とは にゅうさんきん 乳酸菌とは? にゅうさんきん 乳幼児の下痢に止瀉剤と一緒に乳酸カルシウムが併用されているのはなぜか にゅうようじ、げざい 薬で尿の色が変わることがありますか? にょう、いろ 尿酸を下げる薬はどんなものがあるか にょうさん 尿素とは? にょうそ ミョウバンと焼ミョウバンの違い にょうばん 尿もれにはどのような薬が使われるか にょうもれ 女神散とは(にょしんさん) にょしんさん ニラ種とは にら ニンジンとは? にんじん 人参栄養湯(にんじんえいようとう)とは? にんじんえいようとう 人参湯(にんじんとう)とは にんじんとう 妊娠中ですが花粉症で弱ってます。 点鼻薬なら使ってもよいですか? にんしんとびえんやく 妊娠しているかもしれないが歯痛の薬を飲んでもよいでしょうか? にんしんとびえんやくはいたやく 人参養栄湯(にんじんようえいとう)の効能 にんじんようえいとうとこうのう 忍冬 (にんどう )とは にんどう ネオ・シーダーTM(販売元:アズウェル)とは? ねお・しーだー ネオシーダーにニコチンとタールが含まれるそうですが、本当ですか ねおしーだー ネオブラーゼ(ねおぶらーぜ)とは ねおぶらーぜ 眠気をとるドリンクとは ねむけ ねむけざまし薬ありますか ねむけざまし うちの子供は5才ですが標準体重よりかなり重いのですが年齢で服用量を決めるべきかあるいは体重で決めるべきか? ねんれいとくすり ノイシリンとは? のいしりん 脳下垂体から分泌されるホルモン のうかすいたい、ほるもん ノスカピンとは? のすかぴん のどに何かつまった感じのする方に有効な漢方薬とは のど、かんぽうやく ほてりがありのどの渇きが強いときに有効な漢方薬とは のどのかわき、かんぽうやく ノニル酸ワニリルアミドとは? のにるさんべんじる ノノキシールとは ののきしーる 冷えて、のぼせに有効な漢方薬とは のぼせ、かんぽうやく 乗り物酔いの薬は症状が発症してから服用しても効果があるか のりものよい 砂糖不使用(ノンシュガー)とは のんしゅがー バージンオイルとは ばーじんおいる パーム核油とは ぱーむかくゆ パーム油とは ぱーむゆ 馬油とは ばーゆ 梅寄生 (ばいきせい)とは ばいきせい 敗毒散とは(はいどくさん) はいどくさん 排尿困難に効く薬とは はいにょうこんなん 排尿痛が強い方に有効な漢方薬とは はいにょうつう、かんぽうやく 排膿散(はいのうさん)とは? はいのうさん 排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)とは はいのうさんきゅうとう 排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)とは はいのうさんきゅうとう バイモ 貝母)とは ばいも 検査薬でどうして排卵日がわかるのか はいらんび 麦芽(バクガ、ばくが) とは ばくが 白芥子とは(はくがいし) はくがいし 柏子仁(はくしにん)とは はくしにん 伯州散(はくしゅうさん)とは はくしゅうさん 白色ワセリンとは はくしょくわせりん 白豆蒄とは(はくずく) はくずく 白鮮皮とは(はくせんぴ) はくせんぴ 白頭翁とは(はくとうおう) はくとうおう 白頭翁湯とは(はくとうおうとう) はくとうおうとう 白内障の治療薬 はくないしょうちりょう 白扁豆(はくへんず)とは はくへんず 麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう=生脈散しょうみゃくさん )とは ばくみさんかりゅう 麦門冬(バクモンドウ、ばくもんどう) とは ばくもんどう 麦門冬湯(ばくもんどうとう)とは? ばくもんどうとう 巴戟天とは(はげきてん) はげきてん 破胡紙(はこし)とは はこし はしかや風疹の予防接種は何歳に受けるのですか? はしかとふうしん バシトラシンとは ばしとらしん 肌のあれ、いぼに有効な漢方薬とは はだあれ、かんぽうやく 子供にできる「はたけ」とは、その治療法とは はたけ 八味丸 (はちみがん)とは はちみがん 八味地黄丸(はちみじおうがん)とは? はちみじおうがん パチュリー油とは ばちゅりーゆ 薄荷(はっか、ハッカ)とは はっか ハッカ油とは はっかゆ 薄荷葉(はっかよう)とは はっかよう 八正散とは(はっしょうさん) はっしょうさん 八仙丸 (はっせんがん)とは はっせんがん パッチテストは皮膚科に行かずに出来ますか? ぱっちてすと 八珍湯とは(はっちんとう) はっちんとう なぜ発熱するのか。 低い熱でも解熱剤を使わねばならないか はつねつ パップ剤とは? ぱっぷざい 急性の鼻づまり、黄色い鼻水に有効な漢方薬とは はなづまり、かんぽうやく 慢性の鼻づまり、粘っこい鼻水に有効な漢方薬とは はなづまり、かんぽうやく うすくて多い鼻水、くしゃみに有効な漢方薬とは はなみず、かんぽうやく バポナの使用制限とは(ジクロルボス(DDVP)蒸散剤の安全対策 平成16年11月2日 厚生労働省医薬食品局安全対策課) ばぽな、しようせいげん 浜防風とは(はまぼうふう) はまぼうふう ハマメリス水(ウイッチヘーゼルウォーター)とは はまめりすすい パモ酸ピランテル 製品名コンバントリン)とは ばもさんびらんてる パラオキシ安息香酸エチル( エチルパラベン )とは ぱらおきしあんそくこうさん パラオキシ安息香酸メチル( メチルパラベン )とは ぱらおきしあんそくこうさんめちる パラフィン( 固形パラフィン )とは ぱらふぃん 春ウコンと秋ウコンの違いとは はるうこん、あきうこん のみ薬の風邪薬と「貼る風邪薬」を併用してよいか はるかぜぐすり パルミチン酸レチノールとは ぱるみちんさんれちのーる 尿もれに効くハルンケア内服液とは何ですか はるんけあ パロチンとは? ぱろちん 蕃果(ばんか)とは ばんか パンクレアチンとは? ぱんくれあちん 半夏(はんげ、ハンゲ)とは はんげ 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ、はんげこうぼくとう)とは はんげこうぼくとう 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)の効能 はんげこうぼくとうとこうのう 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)の効能 はんげしゃしんとうとこうのう 半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)とは? はんげびゃくじゅつてんまとう 番紅花とは(ばんこうか) ばんこうか 半枝連(はんしれん、 ハンシレン)とは はんしれん 蕃爽麗茶とは ばんそうれいちゃ パンテチンとは? ぱんてちん パンテノール(プロビタミンB5) ぱんてのーる パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)とは ぱんとてんさんかるしうむ 反鼻(はんぴ)とは? はんぴ 板藍根とは ばんらんこん 肌が若返るヒアルロン酸とは ひあるろんさん ヒアルロン酸とは ひあるろんさん ヒアルロン酸ナトリウムとは ひあるろんさんなとりうむ 足腰が冷え疲れると足がむくむ時に有効な漢方薬とは ひえ、かんぽうやく 腰や膝がだるく手足の冷えに有効な漢方薬とは ひえ、かんぽうやく お腹が冷えると胃が痛む方に有効な漢方薬とは ひえ、かんぽうやく 冷え性に効く薬とは ひえしょう 鼻淵丸(びえんがん)とは びえんがん 眠くならない鼻炎薬はないか びえんやく 鼻炎薬の含有成分 びえんやく 鼻炎用内服薬の「使用上の注意」に「長期連用しないこと」とありますが何日ぐらいまでなら大丈夫か びえんやく、ちょうきれんよう 鼻炎用内服薬の使用上の注意に「糖尿病の人は、服用前に医師又は薬剤師にご相談下さい」との記載があるが、なぜか びえんやく、とうにょうびょう ビオジアスミンFとは びおじあすみんF ビオジアスターゼとは びおじゃすあーぜ ビオチン(ビタミンH)とは びおちん 卑解とは(ひかい) ひかい 髭人参(ひげ人参 )とは ひげにんじん ピコスルファートナトリウムとは? ぴこするふぁーとなとりうむ 膝に水がたまるむくみに有効な漢方薬とは ひざ、かんぽうやく ピサコジルとは? ぴさこじる 榧子とは(ひし) ひし ヒスチジンとは ひすちじん ビスベンチアミンとは びすべんちあみん ビタミンとは びたみん ビタミンB17とは びたみん17 ビタミンAとは びたみんA ビタミンAは何に効くか びたみんAとこうのう ビタミンB1(塩酸チアミン)に便秘の効能がないのにB1誘導体(フルスルチアミン)にあるのは びたみんB1,べんぴ ビタミンB12は何に効くか びたみんB12とこうのう ビタミンB15(パンガム酸)とは びたみんB15 ビタミンB1は何に効くか びたみんB1とこうのう ビタミンB2は何に効くか びたみんB2とこうのう ビタミンB6は何に効くか びたみんB6とこうのう ビタミンCは何に効くか びたみんCとこうのう ビタミンDとは? びたみんD ビタミンD1(エルゴカルシフェロール)とは びたみんD1 ビタミンD3 (コレカルシフェロール)とは びたみんD3 ビタミンE(トコフェロール)とは? びたみんE ビタミンEは更年期障害に効くのか? びたみんE ビタミンEの1IU(国際単位)は何mgか びたみんE ビタミンEの合成、天然、天然型の3つの違いとは びたみんE ビタミンEは何に効くか びたみんEとこうのう ビタミンF(リノール酸)とは びたみんF ビタミンKとは びたみんK ビタミンP(ルチン)とは びたみんP ビタミンQとは?何ですかどのような効果がありますか? びたみんQ ビタミンTとは びたみんT ビタミンUとは びたみんU 必須アミノ酸と非必須アミノ酸とは ひっすあみのさん ヒドロキソコバラミンとは ひどろきそこばらみん ヒノキチオールとは? ひのきちおーる 美肌水の作り方を教えてください びはだすい 市販のかぜ薬の箱に非ピリン系と記載されているのはなぜか ひぴりんけい、かぜぐすり ビフィズス菌とは? びふぃずすきん 皮膚炎に外用薬を使用する場合、1回に塗る量の目安 ひふえん 皮膚病薬の一般用医療薬(薬局で扱う薬) ひふびょうやく ヒベンズ酸チペピジンとは? ひべんずさんちぺぴじん 樋屋奇応丸(ひやきおうがん)の金粒、銀粒の違いは ひやきおうがん 樋屋奇応丸(ひやきおうがん)は生後何ヶ月から飲ませられるか ひやきおうがん 桶屋奇應丸の効能効果、用法用量および成分 ひやきおうがんとこうのう 白及とは(びゃくきゅう) びゃくきゅう 白強蚕 びゃくきょうさん、ビャクキョウサン とは びゃくぎょうさん 百合とは(びゃくごう) びゃくごう 百合固金湯とは(ひゃくごうこきんとう) ひゃくごうこきんとう 白止(びゃくし、ビャクシ)とは びゃくし 白朮 ビャクジュツ、びゃくじゅつ とは びゃくじゅつ 百草丸の効能効果、成分および用法用量 ひゃくそうがんとこうのう 白檀とは(びゃくだん) びゃくだん ビャクダン油とは びゃくだんゆ 白薇とは(びゃくび) びゃくび 百部根(びゃくぶこん、ヒャクブコン)とは びゃくぶこん 日焼け止め効果が高い製品の表示方法 ひやけどめ 白くなりにくい日やけどめクリームはないですか? ひやけどめくりーむ 赤ちゃんの日やけ止めありますか? ひやけどめとあかちゃん 白花蛇舌草(びゃっかじゃぜっそう、ビャッカジャゼッソウ)とは びゃっかじゃぜっそう 白花蛇舌草とは(ビャッカジャゼッソウ) びゃっかじゃぜんそう 白虎加桂枝湯 (びゃっこかけいしとう)とは びゃっこかけいしとう 白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう) の効能 びゃっこかにんじんとうとこうのう 白虎湯(びゃっことう)とは びゃっことう 病院の薬と薬局で買った薬をいっしょに飲んでもよいか びょういんやく ヒョウタンの中身を腐らせる酵素水とは ひょうたん ピルとは ぴる ビルベリーとは びるべりー 眠りが浅く疲労感がある方に有効な漢方薬とは ひろう、かんぽうやく ピロキシカムとは? ぴろきしかむ ピロリドンカルボン酸ナトリウムとは ぴろりどんかるぼんさんなとりうむ 貧血気味で動悸、息切れが強い時に有効な漢方薬とは ひんけつ、かんぽうやく ビンダスS(久光)やレーブジェル(三共)のようにケトプロフェンを含む外用薬を塗って太陽にあたるとやけどすると聞いたのですが びんだす 檳榔子(びんろうじ、ブクリョウ)とは びんろうじ ファモチジンとは ふぁもちじん フィトナジオンとは? ふぃとなじおん フィトンチッドとは ふぃとんちっど プール水のpH調節には何を使うか ぷーる、ph フェカリス菌(フェカーリス菌)とは ふぇかりす フェノール とは? ふぇのーる フェノキシエタノールとは ふぇのきしえたのーる フェノバリンとは? ふぇのばりん フェルビナクとは? ふぇるびなく フェンジゾ酸クロペラスチンとは ふぇんじぞさんくろぺらすちん フェンプロバメートとは? ふぇんぷろばめーと 副甲状腺ホルモンとは ふくこうじょうせんほるもん 茯神(ぶくしん、ブクシン)とは ぶくしん 副腎皮質ステロイドホルモンにはどのような副作用があるか ふくじんひしつすてろいどほるもん 副腎皮質ステロイドホルモンを強さ別に分類してください。 とは? めんとーる メンフェゴールとは めんふぇごーる もぐさとは? もぐさ 木賊 (もくぞく)とは もくぞく 木通(もくつう)とは もくつう 木防已湯(もくぼういとう)とは もくぼういとう 没薬(もつやく)とは もくやく 木瓜(もっか)とは もっか 木香(もっこう)とは もっこう モノステアリン酸ポリエチレングリコールとは ものすてありんさんぽりえちれんぐりこーる ものもらい(結膜炎、めいぼともいう)にはどの目薬が有効か ものもらい モビラート軟膏は心臓疾患に禁忌か? もびらーとなんこう、しんぞうしっかん 射干(やかん)とは やかん 薬剤の副作用で舌が黒くなることはあるか やくざい、した 益智(やくち)とは やくち 益母草とは(やくもそう) やくもそう 軽いやけどの治療法 やけどとちりょうほう 夜交藤(やこうとう)とは やこうとう ヤシ油脂肪酸とは やしゆしぼうさん ヤシ油脂肪酸エチルエステルスルホン酸ナトリウムとは やしゆしぼうさんえちるえすてるするほんさんなとりうむ ヤシ油脂肪酸サルコシンナトリウムとは やしゆしぼうさんさるこしんなとりうむ ヤシ油脂肪酸ナトリウムとは やしゆしぼうさんなとりうむ よく腹痛をおこし夜尿症もある方に有効な漢方薬とは やにょうしょう、かんぽうやく 落ち着きがなく夜尿症のある方に有効な漢方薬とは やにょうしょう、かんぽうやく ヤマブシタケとは やまぶしたけ ユーカリエキスとは ゆーかりえきす ユーカリ油とは? ゆーかりゆ 薬の有効期限と使用期限とは ゆうこうきげん 熊胆とは(ユウタン) ゆうたん ユキノシタエキスとは ゆきのしたえきす 百合根(ゆりね)とは ゆりね ヨウ化イソプロパミドとは? ようかいそぷろぱみど 葉酸とは ようさん 葉酸(プロビタミンB)の効能効果 ようさんとこうのう 溶接で、目がおかしくなった人に何を出していますか?。

次の