いかがお過ごしですか 目上。 「いかがでしょうか」という敬語の正しい意味と使い方

目上の人に「どうしますか?」は失礼?

いかがお過ごしですか 目上

しばらく連絡をしていなかった相手とやり取りするときによく使う「お久しぶりです」はよく使われる挨拶言葉の一つですね。 良く手紙やメールでも使われるだけあって、あまり使い方を気にせずに使っている方も多くいらっしゃるかと思いますが、そもそも「お久しぶりです」が使える期間はどのくらいなのでしょうか? また、「お久しぶりです」は、ごく普通に色々な会話の中で使われる日常的な挨拶ですが、「お久しぶりです」は、目上や上司に使える敬語なのか、また言い換える場合の類義語は何があるのかもすぐに回答できる方は意外と少ないのではないでしょうか。 そこで、今回は 『お久しぶりですの手紙やメールでの使い方』と 『お久しぶりですは上司や目上の方に使える敬語なのか』、『お久しぶりですの言い換えや類義語』などをご紹介したいと思います。。 Topics• 「お久しぶりです」の意味 「お久しぶりです」とは「久し振り」に「お」と「です」をつけた丁寧語です。 「お久しぶりです」の意味は、「前にそのことを経験してから、再び同じことになるまでに長い日数のあったこと」を指します。 「お久しぶりです」の期間 ビジネス以外でも日常的に「お久しぶりです」を使っているかと思いますが、どれくらいの期間のことを指すのかご存知でしょうか? 日頃から顔を合わせている人に対して「お久しぶりです」と言うのはおかしいですよね。 「お久しぶりです」は、前回会ってから・前回連絡を取ってから長い時間空いてしまった時に使われる挨拶言葉で、あくまで目安になりますが、3か月くらい連絡を取っていない相手に対して、「お久しぶりです」を使います。 電話やメールでは何度か連絡はしていたけれど、直接会うのは久しぶりという場合でも、「お久しぶりです」が正しい挨拶です。 なお、前回会ってからあまり時間が経っていないうちに、「お久しぶりです」は使わないようにしましょう。 相手によっては、嫌味や失礼な発言として受け取られる可能性もありますので、注意が必要です。 手紙やメールでの「お久しぶりです」の使い方 「お久しぶりです」は、一般的に同等か目下の人に対して使います。 しばらくの間、相手と会っていなかったときに、「お久しぶりです」と声を掛けることはあると思いますが、手紙やメールでも「お久しぶりです」は使います。 手紙、メールのいずれも文章の一番最初の書き出しで使います。 以下に例文をいくつかご紹介いたします。 「お久しぶりです。 お元気ですか。 「お久しぶりです。 お変わりありませんか。 「お久しぶりです。 いかがお過ごしですか。 「お久しぶりです。 相変わらず、お忙しいでしょうか?」• 「お久しぶりです。 長らく連絡せずに申し訳ございません」 久しぶりに会う、連絡する相手が友人であれば、「お久しぶりです」だけでも再会の喜びや、連絡を取らずに申し訳ないという気持ちは十分に伝わると思いますが、 「お久しぶりです」を使う時は、「いかがお過ごしですか」、「お元気ですか」などの相手に対する気遣いや「長らく連絡せずに申し訳ございません」などの連絡をしなかったことに対する申し訳なさを伝える言葉も一緒に使うのがおすすめです。 「お久しぶりです」は、上下関係を気にしない親しい間柄の相手や友人、ビジネスシーンでは、部下や同僚にとどめておくのが無難です。 取引先や上司、目上の人に対しては、より丁寧な表現である「ご無沙汰しております」を使うのが適切です。 【スポンサードリンク】 「お久しぶりです」は上司や目上の方に使える敬語? 「お久しぶりです」は、先ほどの「意味」の部分でも説明しましたが、「久し振り」と言う単語に対する丁寧語です。 「お久しぶりです」は相手に軽い印象を与えるため、上司や目上の方に使うと失礼に当たることがあります。 また、相手に馴れ馴れしいと感じさせることもあるため、 目上の人や上司に対して「お久しぶりです」は使わないようにしましょう。 ここで使えるのは「ご無沙汰しております」という謙譲語です。 目上の人や上司から「よっ、元気でやってるか?」と、フランクな言い方で問いかけられた場合でも、自分をへりくだり謙遜して「ご無沙汰しております」と返事をしましょう。 「ご無沙汰しております」には、相手を敬い、長い期間会わなかったり、連絡をしないままでいたことを詫びる意味合いも含まてれいるため、「お久しぶりです」よりも丁寧な表現になります。 ビジネスシーンで、取引先や上司に挨拶する場合は、こちらの言葉を使えば問題ないでしょう。 ご無沙汰しておりますとの違い 「お久しぶりです」は丁寧語ですが、普段使いのカジュアルな言い方であり、目上や上司に使える言葉ではありません。 「久しぶり」に対し、 相手に敬意を表すのに一番おすすめの言葉は「ご無沙汰しております」になります。 話す相手やシチュエーションによって言葉を使い分けるように心掛けてみましょう。 「ご無沙汰しております」は目上の人に使える敬語 「お久しぶりです」と同様によく使われる「ご無沙汰しております」との違いは、丁寧語と謙譲語の違いですが、「ご無沙汰」の意味は、次の通りです。 「無」+「沙汰(さた)」からできた言葉で、「沙汰」とは「便り・知らせ」という意味で、類語では「音信(おんしん)」「通信」とも言います。 よく使われる例文で「しばらく音沙汰がない」と言う「沙汰」であり「音信不通」「通信が無い」という意味で多用されます。 つまりは、「ご無沙汰」とは「便りが無い」=連絡をしばらくの間していない、という意味になります。 「ご無沙汰しております」は相手を敬う謙譲表現で、何日か会わなかったことや連絡をしていなかったことに対して、相手にお詫びする気持ちです。 もし相手側から先に言われても、「ご無沙汰しております」とお返事する事を心掛けましょう。 その際に、以下のような文例のように気持ちを込めた一言を添えた形でお返事すると印象もグッと上がります。 こちらこそ大変ご無沙汰しておりまして申し訳ございません。 雑事にまぎれご無沙汰ばかりで心苦しく存じております。 ご無沙汰しておりますが、お変わりございませんでしょうか。 「お久しぶりです」の類語 最後に「久し振り」の類語・類義語には以下のような言い換え表現がありますので、ご紹介します。 久久 久々/ひさびさ• 久方振り ひさかたぶり• しばらくぶり 「久々」、「しばらくぶり」、「久方振り」など、「お久しぶり」と同じ意味の表現はいくつかありますが、挨拶としてはやはり「お久しぶりです」が一般的と言えるでしょう。 まとめ いかがでしょうか? 友人や目下の人に3ヵ月くらい会わなかった場合は「お久しぶりです」でも良いですが、これは丁寧語です。 同様の条件でも、目上の人やビジネスでの取引先に対しての電話やメールでの挨拶などには謙譲語の「ご無沙汰しております」をスマートに言えるといいですね。

次の

「お久しぶりです」は敬語?目上や上司に使える?メールや手紙の使い方も!

いかがお過ごしですか 目上

「ご無沙汰しております」の意味とは? まず「ご無沙汰しております」の意味を、読み方と併せて紹介します。 「ご無沙汰しております」の読み方 「ご無沙汰しております」の読み方は「ごぶさたしております」です。 口語では聞きなれた言葉ですが、ビジネスメールや文章で漢字を用いて表現するときはこのように書きます。 「ご無沙汰しております」の意味 「ご無沙汰しております」の「無沙汰」は主に「久しく音信がなく、訪問がない様子」などを指す言葉で、頭に「ご」、最後に「しております」をつけて「謙譲語」となります。 ちなみに「無沙汰」には「ものごとをなおざりにする」「無関心であること」「処置をしないこと」などの意味もある言葉です。 「ご無沙汰しております」の使い方と使える期間 「ご無沙汰しております」の使い方について、「ご無沙汰」に相当する適切な期間と併せて解説しましょう。 「ご無沙汰しております」の使い方 久しぶりに連絡をしたり対面したりした時に使われる「ご無沙汰しております」は、相手に「無沙汰=久しく音信がない」をしていた状態を詫びる意図をもって使わます。 また「ご無沙汰しております」は尊敬語の謙譲語表現のため、目上の人やビジネスパートナー、取引先の相手などに用いるのが正しい使い方です。 手紙・ビジネスメールでの返事 ビジネスメールで「ご無沙汰しております」というメッセージが届いたら、そのまま「こちらこそ、ご無沙汰しております」と返信をしても失礼にあたることはありません。 両者とも敬語でメールのやりとりをしているため、文章的にもスムーズにまとまります。 「ご無沙汰」の期間の目安は3か月程度 「ご無沙汰しております」の「無沙汰」における期間は個人によってそれぞれですが、おおむね3か月程度、もしくはそれ以上、連絡をしていない時に使われるのが一般的には適切です。 長さに合わせて「大変ご無沙汰しております」「本当に長い間ご無沙汰しております」と適切に言葉を足していきましょう。 数週間から一か月程度の間、連絡をしていなかった相手に「ご無沙汰しております」と声をかけると、人によっては多少の違和感を感じる場合もあるでしょう。 場合によっては「印象が薄い」「気に留められていない」と、本意ではない解釈をされてしまうかもしれません。 「ご無沙汰しております」を目上の人に使う時は? 続いて「ご無沙汰しております」を目上の人に使う時に気を付ける点を挙げながら、簡単な例文を挙げてみます。 気遣いの言葉を添える 「ご無沙汰しております」は「久しく音信を途絶えていて、申し訳ありません」という意味のある「お詫び」の気持ちを含む表現です。 相手に「ご無沙汰しております」という時は、相手への気遣いや、連絡が途絶えていた間の状況などを思う一言を添えると良いでしょう。 ただし、いくら丁寧語であっても「ご無沙汰してます」「ご無沙汰です」という表現は目上の人には適切ではありません。 必ず「ご無沙汰しております」と尊敬語の謙譲語を使うようにしましょう。 「ご無沙汰しております」の例文 相手への気遣いの言葉を添えて、「ご無沙汰しております」の例文をいくつか挙げてみましょう。 ご無沙汰しておりますが、その後いかがお過ごしでしたか?• ご無沙汰しております。 皆さまお変わりはありませんか?• ご無沙汰しており、本当に申し訳ありません。 ご無沙汰しておりましたが、元気そうで何よりです。 ご無沙汰しております。 しばらく連絡ができず大変失礼いたしました。 「ご無沙汰しております」の英語表現 最後に「ご無沙汰しております」の英語表現をみてみましょう。 状況によっては、長い間音信を途絶えていたという「お詫び」の気持ちを「I am sorry」「I apologize」でつなげたり、「How have you been?(お元気でしたか?)」などの言葉を添えると、より綺麗な文章としてまとまります。 「ご無沙汰しております」の英語例文 「ご無沙汰しおります」の簡単な英語例文を挙げてみます。 I am sorry that I have not been in touch with you for a long time. ご無沙汰しており、申し訳ありません。 How have you been? ご無沙汰しておりますが、お元気でしたか? まとめ 「ご無沙汰しております」は日常生活でも無意識のうちに放たれる言葉の一つですが、目上の人に使う時は、 併せて気遣いの言葉を添えると良いでしょう。 また「ご無沙汰しております」に相応しい期間については厳密な決まりはありません。 しかし、一般的には3か月程度、もしくはそれ以上を目安に「ご無沙汰しております」を使うようにするのが適切です。 一年以上のブランクがあった場合は「大変ご無沙汰しております」「本当に長い間ご無沙汰しております」と表現に強弱を付けるようにしてみて下さい。

次の

体調を気遣うメールで使える言葉18選|目上の人への敬語や返信方法も

いかがお過ごしですか 目上

「ご無沙汰しております」の意味とは、どのような意味が込められているのでしょうか。 まず、「ご無沙汰しております」の「沙汰」という言葉に注目してみましょう。 「沙汰」というのは、「便り」や「知らせ」という意味があります。 また、「ご無沙汰しております」には「無」という言葉も使用しているので、意味としては「便りや知らせがなかったですが、お久しぶりです」という一言に直すことができます。 しかし、「わざわざ便りも知らせもなく、お久しぶりです」という言葉では長くて伝えづらいため、「ご無沙汰」という言葉が生まれました。 また、ご無沙汰の「ご」は相手を敬う謙譲語を使っているため、相手を立てて、自分を下にしている表現となります。 どれくらいの期間で使える? 「ご無沙汰しております」は、会ってからどれくらいの期間を空けて使うのがいいのでしょうか。 さすがに2~3日や1週間程度では、不自然な使い方ですので、相手と自分にとって久しぶりではない限りは、多用しないほうがいいでしょう。 「ご無沙汰しております」は、しばらく連絡をしておらず、久しぶりの気持ちを伝えたいので、だいたい2~3ヶ月以上の期間が空いているのであれば、「ご無沙汰しております」を使うのにはちょうどいい期間でしょう。 また、1年や5年、半年など期間が空いた場合は「大変ご無沙汰しております」と使うのが一般的です。 さらに別の言い方では「長い間、ご無沙汰しております」という言葉でもいいでしょう。 メールでの「ご無沙汰しております」 いかがでしたでしょうか。 「ご無沙汰しております」使う相手を選ばないのもこの敬語のいいところです。 もし、久しく会っていない目上の方や上司に会ったら「ご無沙汰しております」と挨拶をしてみましょう。 基本的に「ご無沙汰しております」は、目上の方に使うことが多いため、目上の人のみにしか使えないというわけではありません。 「ご無沙汰しております」は、目上の人だけでなく友人や同僚に対してもスタンダードに使えますので、長く連絡をとっていない久しい相手がいたら挨拶として使ってみることをおすすめします。 ぜひ、「ご無沙汰しております」の正しい使い方をマスターして、ビジネスシーンや挨拶の場で使ってみてはいかがでしょうか。

次の