ウーバーイーツ 仕組み。 ウーバーイーツは割高になる!?利益の仕組みを知れば納得のお値段!

【超初心者向け】ウーバーイーツとは?【意味・仕組みを簡単に解説】

ウーバーイーツ 仕組み

良いところ 評価の高い飲食店も多く扱っている 食べログ評価が3. 5を超えるような、時間帯によっては並ばないと入れない有名店も多々扱っている点が衝撃的であった。 行列というものは、知り合いと並ぶ分にはアトラクション感覚で楽しいかもしれないが、1人で並ぶのは抵抗がある人も多いと思う。 特に、店内が賑わっている中では、ゆっくりと味わえない。 だからこそ、自宅で高評価の料理が食べられるのは嬉しい点。 通常は配達をしていない飲食店に注文が出来る ウーバーイーツの仕組み上、店舗数が多く自前でやろうと思えば宅配の費用を抑えられるチェーン店よりは、個人経営店の方との相性が良いこともあり、ラインナップも、普段は宅配の「た」の字も出てこないような、 個人経営店もしくは規模の小さいチェーン店も多い。 本当にそれ、運べるのか? と伺いたくなるようなジャンルも扱っている。 カフェのラインナップも多く、カフェラテだけの注文も可能。 重役が集まる大事な会議や、大切なお取引先とのアイスブレイクとして、名店の味でもてなす際にも便利かもしれない。 配達員の評価制度があるから、配達員の質は高い 配達員は、言ってしまえば、 見た目は普通の人。 特に制服も指定されていないため、自分が初めて利用した際にはチェック柄のシャツを着た中年の男性が届けに来てくれた。 逆に制服を着ていない分、何か不思議な親しみを感じるから、個人的には私服で届けてくれる点は嬉しい気持ちになる。 一般人だからと言って、変な配達員はいない。 なぜなら、 配達した人の評価が出来るシステムがあるから。 もし雑な接客を続ければ、次第に評価が下がっていき、下手したら配達員が出来なくなってしまう。 配達員の位置がGPSで把握できる 配達員の現在地がアプリ上に表示されるため、 距離だけで単純に計算された「あと何分で着きます」よりも正確にわかる。 宅配ピザの配達時間が遅れた場合、そもそもどれくらいまで進んでいるのか、不安な部分もあると思うが、Uber Eatsの場合は レストランに料理を取りに行っている様子や自転車の向いている方向も把握できるため、 ワクワクすら感じる。 明らかに迷っている場合は、こちらから連絡を取ってあげると良いかもしれない アプリ上からメッセージや電話にて連絡が取れる。 配達員のプロフィールも顔写真付きであるから、どのような人が配達に来るかも事前に確認できて安心。 比較のレストランは恣意的に選択したわけではなく、かなり適当に抜粋した結果。 これはUber Eatsが悪いというよりは、 加盟店側の価格設定に対する考え方 宅配でどれくらいの利益を出すか によるものであり、もちろん店頭価格とほぼ変わらない設定をしている加盟店もある。 大手チェーン店はウーバーとの交渉で強気に出れるのか、店頭販売とそこまで価格の差が無い。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?儲けの仕組みを解説!|デリバリー配達ナビ

ウーバーイーツ 仕組み

テレビCMでも話題のデリバリーサービス『Uber Eats(ウーバーイーツ)』。 個人的には、オフィスの昼食時はもちろん、家に引きこもって「鬼滅の刃」を見てる時、代々木公園でピクニックしてる時など様々シーンでウーバーイーツを利用させてもらってます。 現在は、アプリを利用した配車サービスで世界6大陸63か国700以上の都市で展開しています。 『Uber Eats(ウーバーイーツ)』は同社から2015年12月にカナダでスタートしました。 現在世界36か国500都市以上で展開しており、日本では2016年9月29日に東京でサービススタート。 東京23区をはじめとし、全国10都市以上(東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡、各一部地域)に展開中で、2月から広島、3月以降で岡山県、愛媛県、香川県、宮城県、各一部でサービスがスタートしてます。 東京や神奈川でも徐々にエリアが拡大しているので、今後も全国的にエリアは拡大して行くことが予想されています。 現在国内では約1. 5万人の配達員がおり、サービス利用時間は地域によって異なりますが、東京と大阪の中心部は8〜25時、横浜や川崎は10〜23時、それ以外の地域は9〜24時でアプリを利用することができます。 導入店舗も1万店舗以上に拡大しているので、色々なジャンルの美味しい料理を家にいながらスマホひとつで楽しむことができるようになりました。 内食 中食 外食 2007年 30兆円 7. 9兆円 24. 5兆円 2016年 36. 1兆円 9. 8兆円 25. 4兆円 比率 119. 中食市場が伸びている要因として考えられるのは以下の3つ。 軽減税率の適用とは、ご存知の通り、テイクアウト、イートインで税率が異なります。 軽減税率が適用される内食も、同様の要因で伸びていると考えられます。 一人暮らしで自炊すると意外と高くつくことってありませんか?そういった一人暮らしの人はテイクアウトやデリバリーを使う機会が増えます。 また自宅でYoutubeやNetflixを見ていると外に食材を買いにいったり、食べに行くのも面倒になってきますよね。 飲食店は売上確保に必死です。 夜の業態だけでなく、ランチ営業を始めているお店も多いですよね。 最近ではウーバーイーツなどの飲食店が手軽に始めれるデリバリーサービスが増加したため、新たな収益確保のためにスタートする飲食店が急増しました。 また消費者としても人気店のデリバリーサービスがあったら試しに利用してみたいですよね。 そんな相互の需要が重なり市場が伸びているのかなと思います。 ウーバーイーツも国内に上陸して、約2年間で 2018年12月時点 、ユーザー数は80万人超えになり、着実に伸びてきております。 現在詳しい数字は出ていないのですが100万は余裕で超えてるんじゃないですかね。 その後、お料理が完成したら近くにいるウーバーイーツの配達員が店舗に取りにきてくれるので、受け渡しをしてもらえたら完了です!詳しくは以下の動画をチェックしてください! また、ウーバーイーツに店舗登録をすると、iPadが支給されます。 メニューを増やす減らすときのカスタマイズや、売上の管理、顧客満足度確認もできるので今後の改善や、ある程度の売り上げも把握できるので管理しやすいかと思います。 ただ、週の売上が1,666円未満だった場合は、翌週に繰越になり、その週の売上はお客様へ入金されます。 クレジットカードの決済手数料や、売上金の振込手数料も0円です。 例えば、1年間毎週売上が1,000円だった場合、毎週繰越になるので、初期費用分は天引きされません。 また仮にそのタイミングで 解約しても残債の請求もなく、違約金も不要です。 次に手数料。 35%なので「高くない?」と思う人も多いと思いますが、基本的に手数料分を代金に上乗せしているお店がほとんどです。 ウーバーイーツのアプリを確認すると、割高であることも確認できるので、特に気にすることはないかと。 多少料金が高くても、注文する人は注文します。 笑 注意点としては、Wi-Fi環境がないお店は、SIMカードの貸し出しが可能です。 それか、この機会に店内にインターネットを導入してもいいですね。 あとよく聞かれるのが、容器です。 料理を運ぶ容器はお店負担になります。 ネットで「ウーバーイーツ 容器」で検索してシャレオツな容器がたくさん出てくるので確認してみてください! まとめると、特に固定費がなく、ノーリスクで始めれるので、飲食店はとりあえず導入しておくといいのかな!と思ってます。 固定費や人件費がかからないので、ローリスクで始めれる。 ウーバーイーツの宅配員はウーバー社が確保してくれるため、 お店は配達員確保が不要ですし、使い続けるにあたり固定費がかかりません。 飲食店にとって非常に手が出しやすい経済条件になっています。 売上げアップに繋がる 当たり前ですが、 飲食店は来店した人しか売上になりません。 ということこは売上規模は頭打ちになりやすいです。 ウーバーイーツを導入することでいつも来店しない属性のお客さんからも注文が入るようになります。 例えば、吉野家を食べたいけど入店しづらい女性っているかと思います。 そんな人でもウーバーイーツがあれば、料理を提供できる可能生が生まれます。 広告効果が見込める これは個人的に一番大きいです。 社内でもウーバーイーツを頼むのですが、必ずと言っていいほど「どこのお店?」と周囲の社員に聞かれます。 そして「そんなお店あるんだ。 今度行ってみようかな?」そんな会話が生まれてきたらこれも一つの宣伝効果ですよね。 また、今のウーバーイーツアプリをユーザー数は100万人ほどいるかと思いますが、そのユーザーに無料でお店を知ってもらえるのってすごくないですか?無料の広告と捉えるとすごくおトクに感じると思います。 海外の方も利用できるため、インバウンド需要が見込める ウーバーイーツは日本だけのサービスではないので、海外からきた外国人も日本に旅行に来た時にウーバーイーツを利用するケースがあります。 これも売上アップに繋がりますよね。 例えば、店舗で500円で販売しているものを、1000円で販売することは問題なく可能です。 ・忙しいときは料理が間に合わないかもしれない 忙しいときは販売を停止することができます。 また販売時間も管理画面で設定可能なので、忙しいランチタイムや金曜日の夜などは販売を停止することができます。 ・Uber Eats アプリ内でのランキングをどのように決まっているの? アプリ内でのレストランの表示順は、さまざまな条件を加味した自動アルゴリズムによって決定しています。 条件の一例として、お客様の好みや注文傾向のデータに加えて、レストランを閲覧したお客様の数、注文まで進んだ人数、お客様とレストランとの距離などが挙げられます。 個人的にもウーバーイーツをよく使うので、より多くの飲食店様が導入していただければいろんな料理を注文できるのですごく嬉しいです!笑 弊社のグループ会社である株式会社F2HConsultingの加地がYoutubeでウーバーイーツについて説明をしている動画もあるので、よろしければこちらもどうぞ。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?仕組み、使い方、使えるエリア、登録方法など徹底解説!

ウーバーイーツ 仕組み

完全図解でわかる!Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み それでは早速、ウーバーイーツがどんな仕組みで動いているのか図解で解説していきましょう。 まず、把握しておきたいのが3人の登場人物。 ユーザー(注文者)• 配達パートナー(配達員のこと)• レストランパートナー(お店の人) ユーザーは実際に食べ物を注文して食べる人で、アプリを使って注文します。 レストランパートナーはその食事を調理して提供する人。 最後の「配達パートナー」は食事をユーザーのもとに運んでお金を稼ぐ人になりますね。 ユーザーが注文する ウーバーイーツはユーザーが注文した瞬間から動き出します。 ここからすべてが始まるのです。 まずユーザーはUber Eatsのアプリを使って、自分の位置や支払い方法を登録し、Uber Eats(ウーバーイーツ)でフードを注文します。 アプリでは現在位置から近いお店のメニューを表示してくれますので、その中から選んで食事を注文します。 お金の支払いもアプリ上で完結するようになっています。 お店の人、気づく 続いて、視点はレストランパートナー(お店の人)に切り替わります。 注文が入ると、レストランパートナー用のUber Eatsアプリに通知が届く事になります。 僕はお店側の役割をやったことがないので、ここからは推測なのですが、お店の人のアプリでは注文が入ったら通知がくるので、確認して「OK」を押します。 すると、お店の近くにいる配達パートナーを自動で探して指名してくれます。 おそらく、これはタクシーのUberを使うときと一緒。 ドライバーを選べないのと同じように、自動的にウーバーイーツのアプリが配達パートナーに仕事を流してくれるようになっているのでしょう。 配達パートナー、仕事を受ける ここで配達パートナーが登場ですね。 Uber Driverというアプリを配達パートナーは使っていきます。 アプリでステータスを「オンライン」にしておくと、お店側からの依頼が飛んでくるのです。 ぱりぱりぱりぱりん という音が鳴り、案件を受けるかどうか決定する画面になります。 このフェーズではそのお店がどのくらい離れているかの到着予想時間がわかるようになっています。 仕事を引き受けるなら受けて、無理なら拒否できます。 配達パートナーとしては仕事を選べるのがいいですよね。 配達パートナー、お店を目指す 配達パートナーが仕事を受けると、現在位置からお店を目指すことになります。 Uber Driverのアプリに目的地のお店の名前が出ていますので、その下の「NAVIGATE」ボタンを押してやると、地図アプリが起動し、自動的にナビしてくれるようになります。 地図アプリのナビに導かれるまま、一心不乱に自転車や125cc以下のバイクでお店を目指すことになりますよ。 配達パートナー、受け取る 配達パートナーがお店に到着しましたら、まずお店の人から 「番号(コード)は??」 ときかれます。 これはアプリに記載されている英数字の暗号のことで、それを伝えることで、食事の取り違いを防いでくれているわけです。 その番号が一致すると、食事を渡してもらえますので、ここでようやく受け取り完了になります。 「じゃあお願いします」 「はい、よろしくお願いします」 と言うように、お店の人と配達パートナーは言葉を交わし合い、食事をバッグに収納。 この時点で、 お店の人と配達パートナーはお互いをあり・なしの2択で評価。 ここで低評価を受けるとお仕事がもらえなくなってしまう可能性がありますので、真摯に対応するようにしましょう。 食事を受け取ったら、Uber Driverアプリで食事を受け取ったことを通知してあげます。 配達パートナー、マップに現る ここで料理を注文したユーザー側の視点に立ってみましょう。 配達パートナーが食事を受け取るまでは、配達パートナーの現在地がマップ上に現れません。 が、受け取った瞬間に突如、配達パートナーの位置がマップに現れます。 そのため、 この時点で、注文時に予定されていた時刻がちょっとブレることになりますね。 注文時から、配達パートナーが地図上に出現するまでの時間は 配達パートナーが店に着くまでの時間 ということになりますね。 その時間はさすがのウーバーイーツのアプリも完璧に予測できないため、到着時刻は予定時刻は若干ぶれることになりますね。 配達パートナー、ユーザーの家を目指す さあ、食事を受け取った配達パートナー。 食事が冷えないうちに、ユーザーのもとに届けなければなりません。 食事を届ける時にも同様に、Uber Driverのアプリの「ナビゲート」というボタンを押してやると、地図アプリが立ち上がり、自動でナビしてくれます。 配達パートナーとしては、この時点で初めて 、 店からユーザーまでの距離 がわかりますので、どれくらい配達に時間がかかりそうだ、ということがこの時点で判明するのです。 配達パートナー、ユーザーの家に到着 なんとか自転車を必死に漕ぎまくってユーザーの家に着いたとしましょう。 そこでインターフォンを鳴らすなりして、 「ウーバーイーツです」 と名乗り、到着したことを告げます。 すると、無言でオートドア開けてくれるので、玄関まで食事を運んで行きましょう。 ユーザーによっては、階段の前で待ってくれている人がいますので、そこはよりけりという感じですね。 注文したユーザーからは、Uber Eatsのアプリで配達パートナーの位置がモロわかりしているので、インターホンを押す前に誰がきたか知られています。 そこはお互いに安心ですね。 配達パートナー、食事を渡す ユーザーの自宅の前に到着しましたら、運んできた食事を渡してあげましょう。 料金のやり取りはアプリ上で完結していますので、お金の受け渡しをする必要はありません。 ただ、 「ありがとうございました」 とお互いに挨拶し、笑顔で立ち去ることになります。 このユーザーと配達パートナーのコミュニケーション時間はたったの2秒。 煩わしを感じることなく配達を完了できるのはこのサービスも魅力だと思います。 僕は接客が苦手なタイプだったのですが、すぐコミュニケーションが終わるのでまったく苦痛ではありませんでしたね。 配達パートナー、配達完了させる 配達が完了しましたら、ドライバーのアプリで配達完了したことを登録。 あとは相手がちゃんとピックアップしてくれたかどうかを、あり・なしの二択で評価してこの1件の配達は終了になりますね。 また、この時点で自分の配達がどうだったのかをユーザーから評価されることになります。 この時点で1つの案件は終了。 次の仕事を受けるならば再びアプリをオンラインの状態にし、疲れてやめたいならオフラインにして帰宅すればいいです。 配達パートナーとしてはノルマもありませんし、タイムカードもありませんので、自分のペースで自由に働けるのが魅力ですね。 お金と料理の動きをまとめると・・・ ということで、注文から食事の受け渡しまでの流れを見てきました。 ここで気になってくるのがお金の流れ。 じつは、お金はこれらの登場人物たちでやり取りするわけではなく、 すべてUber経由でなされることになります。 ユーザーはUberに支払い、Uberが配達パートナーとレストランパートナーに支払うといった感じですね。 で、配達パートナーとレストランパートナーはUberに手数料を支払うのです。 初めて注文した時はこのサービスの便利さに感動し、 「一体、ウーバーイーツの仕組みはどうなっているんだろう??」 と興味が湧き、実際に自分も配達パートナーとなって食事を運んでみました。 実際に配達してみた結果、 ウーバーイーツの裏側で多くの人が動いていたことに驚きました。 注文するだけだと、配達パートナーのゴールシーンしかみえませんが、そこまでには• お店の人が調理する• 配達パートナーがお店に行く• 配達パートナーがお店からここまでやってくる というサービス提供側の労力が隠れていたことに気づきました。 このように、注文する側のユーザーとしても、配達する側の配達パートナーとしても、双方に魅力があるサービスです。 食事を注文したい方は、配達してお金を稼ぎたい方はに登録してみてくださいね。 「もっと報酬の仕組みを知りたい!」 という方は「」の記事がおすすめですよ。

次の