安否確認システム 比較。 他社との比較|安否確認システム「ココいるネット」

【2020年最新】安否確認システム徹底比較35選【比較表付き】|ITトレンド

安否確認システム 比較

目次 安否確認システムとは? 災害などの発生時に、従業員やその家族の安全を確認するために、メールや電話等で安否状況の共有を依頼し、Web等で安否状況を回答・共有してもらうことで安否を把握するシステムです。 安否確認システムは学校などでは自治体や学校の先導で導入されていて、保護者のメールアドレスを登録していることが一般的ですが、企業では普段の業務で電話やメールを利用していて連絡に事足りているため、更に緊急時の連絡手段まで用意していないというケースもあるでしょう。 特に中小規模の企業ではそこまで手が回っていないこともあります。 しかし、企業は「事業継続」のためにも、「従業員の安全を守る」ためにも、従業員の安否を確認、把握し、適切な指示出しをする必要があります。 社員が多い場合、災害発生時に、社員や家族一人一人に電話で確認するのは大変ですし、過去の災害時を思い出していただければお分かりの通り、通信が制限されているケースも多いため、すぐに電話がつながるとは限りません。 東日本大震災の時に繋がりにくい電話に代わってTwitterでの情報発信が飛び交ったこと、また電話回線が通じなかったときに備えてLINEなどのインターネットでの通信手段を意識した人が増えたことは、記憶に新しいでしょう。 安否確認システムは企業が取り組むべき、事業継続計画(BCP)の対策として何より有効な手段の一つです。 安否確認システムの仕組み、利用の流れは、以下の通りとなっています。 企業の管理者が安否状況の回答の依頼をシステムに指示(あるいは自動配信)。 安否確認システムから社員に、メール等により安否確認が流れる。 受け取った社員や家族がWEB上や電話に回答。 回答内容をシステムが集計し、管理者が内容を確認。 無事と回答した人へ出社の可否確認や指示を出して業務継続へ向けた体制を整える。 なお、1. の際に管理者が操作できるとは限りませんので、「震度〇以上の際は送信する」などをあらかじめ設定し、自動送信できる仕組みがあるサービスもあります。 安否確認システムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。 とに同意の上、 資料をダウンロードしてください。 安否確認システムの導入メリット 企業が安否確認に取り組むべきなのは分かりましたが、では実際に安否確認システムを導入することでどのようなメリットがあるのか、特にBCP対策においてもご紹介します。 万一の災害発生時に、多数の社員やその家族に対してすばやく安否が確認できる。 安否確認システムを導入することで、指示系統のトラブルに関係なく、あらかじめ設定した連絡先へ連絡し、回答を得られるため、システムに安否確認情報が集約されます。 安否確認システムがなければ、有事の際に管理職が多数の社員に電話やメールで連絡を取って確認する必要があり、非常に時間がかかります。 発信側や受信側の電話回線やインターネット回線の問題で連絡がとれないことも多く想定されます。 さらに、その確認内容を災害対策本部で集計しようとするととても大変で、いつまで経っても全容がわからない、となりかねません。 そもそも管理者自身が被災して部下の確認に当たれない場合も多く想定されます。 災害時のスムーズな指示伝達 災害直後に安全であることが確認できたとしても、企業として通常通りの事業を継続させるためには、次の指示伝達は不可欠です。 安否確認システムがあれば、自宅に待機、会社に連絡がほしい、などの連絡をスムーズに一斉に伝えられ、従業員にとっても安心です。 豪雨や火災であれば事態の収束が比較的予測しやすいですが、地震は余震が続く可能性もあり、細やかな指示出しが必要とされます。 まだ日本で経験していないテロや新型インフルエンザのパンデミックなどの場合は、期間や頻度が想定できないため、長期的にかつリアルタイムでスムーズな指示伝達が必要となります。 経営者にとっては危機管理対応の強化 いつまでも被害状況や被害発生の有無がわからないようだと、危機管理対応が遅れてしまいます。 安否確認システムによりすばやく被害の全容がわかれば、それに基づいた企業としてすべき対応をすばやく判断できるようになります。 安否状況確認のための配信• 伝達事項の発信 メールでの一斉配信の他、アプリの一斉通知(アプリプッシュ通知)もあります。 あらかじめ設定し、震度〇以上の場合、また〇〇警報発令時は自動送信といった仕組みが重要です。 システムでの自動送信の他、サービスセンターの担当者からの代行送信の場合もあります。 中には自動配信がオプションのものや、管理者の手動配信しか対応がないものもあるため注意が必要です。 管理者が無事で手動配信できるとは限りませんので、自動配信機能のものを選べば安心です。 安否状況結果のWEBページでの回答• 回答結果の自動集計• 未回答者への再送• 既読か未読かの確認機能• 家族の安否• GPSによる位置情報 有事の際にはパニックになっている場合もあるため、ややこしいログインや詳細の入力は負担となります。 「安全」or「軽傷」or「重傷」、また「出社不可」or「1時間以内に出社」or「3時間以内に出社」or「出社済」など、簡単な選択肢で選んで回答できることが重要です。 また、オプションである場合も多いですが、家族の内容も併せて確認できるタイプかも重要です。 GPSを利用して、管理者が位置情報を把握できるサービスもあります。 掲示板にメッセージを掲載。 利用者がそれを閲覧して情報を確認できる。 家族内掲示板 管理者や社員同士の連絡交換用だけでなく、オプション等で家族内での連絡に使える機能もあります。 インターネットの通信手段がだめになってしまっている状況でも、公衆電話や固定電話、人から借りるなどの手段で利用できるため、いざという時に安心です。 BCP対策として安否確認で取り組むべきポイント 企業としては社員の無事が確認できたら終わりというわけではなく、できるだけ早くの通常業務開始に向け、誰がいつから業務にあたれるかを把握する必要があります。 BCP対策として、取り組むべきポイントは以下の通りです。 従業員や家族の安否情報の確実な確認 従業員やその家族の安否情報を正しくスムーズに把握するために、有事の際にでも確実に届けられる連絡手段の確保が必要です。 そのためには複数の連絡手段をもつ必要があります。 メール送信だけでなく、音声通話、掲示板への登録、アプリへの通知など、複数あれば連絡できる可能性が上がります。 また、未回答の人へ自動的に再送する機能や、未読かどうか確認できる機能も重要となってきます。 また、PCアドレスと携帯電話のアドレスなど、複数の連絡先に配信できるのも良いでしょう。 入力者の負担のない確認方式 災害時は落ち着いて入力できる状況になく、停電になれば電池の残業も気がかりです。 ボタンやプルダウンといった、選択式で状況を簡単に素早く回答できるようにするなど、入力者の負担にならないようにすべきです。 集計側にとっても、フリーフォームで自由に入力されたコメントから状況を把握するのは大変です。 「無事」と選択されたものであれば自動集計ですぐに把握できます。 そのためには、運用に向いた質問フォームを予め設定しておく必要があります。 平時に使い方を周知。 定期的な訓練で使い方をリマインド 災害時に会社がいつどのような対応をするのか定め、周知しておく必要があります。 BCP対策マニュアルには策定されているケースも多いでしょうが、いざその時に自分はどのような行動をとればよいか、理解されていないケースも多々あります。 そのためには、フローの周知徹底だけでなく、安否確認システムを使って定期的に訓練をする等の取り組みが必要です。 実際に体を動かす避難訓練に比べればずっとやりやすく業務への影響もないため、定期的に配信・回答の訓練をしておくべきです。 安否確認システムの比較のポイント 前章でBCP対策として安否確認に取り組むべきポイントをご紹介してきましたが、実際に安否確認システムを選ぶ際にはそのポイントに従って比較をしていくのが良いでしょう。 具体的には、以下の8点をチェックします。 「従業員や家族の安否情報の確実な確認」の観点• 複数の連絡手段があること メール、SMS、アプリ、音声通話、掲示板機能などです。 最低限としては、メールに加えて、連絡事項を共有できる掲示板があると緊急時の対応の幅が広がります。 インターネット回線が接続しにくい場合のために、電話回線で送信できるSMSに対応していると連絡の到達率が高まります。 データセンターの分散、堅固性 せっかくクラウドサービスを使って自社でサーバー管理する必要がなくても、そのデータセンターが被災して稼働しなければ有事の際に安否確認システムが使えなくなる恐れもあります。 そうならないように、データセンターを複数利用しているシステムを選ぶべきです。 大規模地震に備え、国内と国外、東日本と西日本に分けて設置されている場合もあります。 また当然ながらデータセンター自体の堅固性も重要です。 大量のメールを配信できるか これは大丈夫でしょうが、同時期に大量のメール配信がスムーズにできることは必須です。 ネットワーク対策 震災や集中豪雨などの発生直後は一斉に通信が発生します。 そうなると通信が集中、混雑して届かない懸念があります。 3と4の項目に関しては、3. 11などの時にちゃんと稼働したかどうかの実績が気になるところです。 サービスによっては過去の災害時のシステム稼働状況や対象人数、回答率などの情報を公開していますので確認しておくと安心です。 連絡状況の一覧確認 誰と連絡が取れたか、所属部門や検索等を用いて個別に状況を把握できることがスムーズな安否確認に繋がります。 「入力者の負担のない確認方式」の観点• アンケートフォームの作成機能 安否確認や、出社見込みなどのアンケート時に、ボタンやプルダウンなどの選択式と、補足事項を書き込めるテキスト記入を組み合わせた回答形式が用意できるか確認しておきましょう(基本はどのシステムも対応しているはずですが)。 アンケートの自動集計 従業員からのアンケート回答結果を自動集計できる機能があるか見ておくべきです。 特に社員数の多い企業の場合は一つ一つ手作業で集計して把握するのは困難です。 「平時に使い方を周知。 定期的な訓練で使い方をリマインド」の観点• 訓練ができるか 登録されたメールアドレスへの到達状況の確認や、安否確認の回答訓練などができるか調べておきましょう。 初期費用は無料のところもありますが、数万円~10万円程度で、導入時の一度だけ発生します。 月額料金は100人規模で10,000~20,000円、1,000人規模で40,000円超程度が目安になります。 オプションは、例えば家族安否確認などがオプションになっている場合もあり、1IDにつき月額数十円が目安です。 安いプランだと自動送信ができずに手動送信のみ、などといった場合もありますので、必要な機能をしっかりと見極めましょう。 代表的な安否確認システムの比較表 安否確認システムはそれに特化した企業の他、通信会社、警備会社、メール配信やグループウェア提供企業など、多くの会社から提供されています。 その中で、運営会社の主力サービスの強みを生かしたサービスや特長のあるサービスを中心で比較表でご紹介します。 代表的な安否確認システム 続いて代表的な安否確認システムをぞれぞれご紹介します。 とに同意の上、 資料をダウンロードしてください。 NTTコミュニケーションズの堅牢なデータセンターは複数個所に設置されており、24時間365日監視。 地震だけでなく、パンデミックや台風、大雪なども想定した作り。 家族内掲示板をオプションでつけることで、家族の安否確認も合わせて行える。 数十IDから、数万IDまで、幅広い規模の企業に導入実績あり。 スマートフォンアプリ対応。 利用できる機能によって2段階のプラン設定。 お手軽プランでも地震時の自動送信対応。 家族内連絡や音声での安否確認機能はオプション。 2週間の無料トライアルあり。 安否コール(株式会社アドテクニカ) 出所:安否コール公式Webサイト ID・パスワードが不要で利用できる点が特長の安否確認システム。 11でも熊本地震でも安定稼働した実績あり。 災害時の自動配信、回答情報の自動集計、未回答者への自動再配信、掲示板を通じた被災状況の共有や指示伝達などが行える。 ID・パスワードが不要のため管理の手間が軽減されるほか、メールアドレス不要で携帯電話番号さえあれば登録可能な手軽さにも定評あり。 1画面だけの簡単な操作ステップで、緊急時だけでなく日程調整や出欠確認など、普段使いできる高い操作性も人気。 「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2019」でグランプリ受賞。 独自特許でID・パスワード・メールアドレス不要。 100名までは月額15,000円(家族の安否機能は無料で7名利用可能)。 GPSで家族と従業員の位置情報を共有。 OBCの奉行クラウドと人事データを自動連携。 安否LifeMail(株式会社コム・アンド・コム) (出所:安否LifeMail公式Webサイト) 2000年から安否確認システムの開発・販売を行ってきた、株式会社コム・アンド・コム提供の安否確認システム。 大手企業、地方自治体、医療機関などで約200万人が利用。 東日本大震災他、大きな地震でも安定稼働した実績。 地震や津波時の自動配信機能、家族への安否通知機能、訓練メール機能、通常業務に利用できるアンケート機能など充実。 通信が混雑する災害時でもより確実に連絡が取れるよう、メールの他に、LINE・Twitter・Facebookと連携し、これらのアプリでも通知を受けることが可能。 被災した利用者の救援時にも役立つ、GPS経由の位置情報のデータの利用・確認もできる。 同社の開発した高速配信システム「アンピロイド」を利用し、日本気象協会から発信された災害情報を瞬時に配信。 中小企業でも継続して利用しやすい安価な月額料金設定も人気。 東日本大震災や熊本地震においても安定稼働を続け、高い回答率を誇った実績あり。 一人当たりの連絡先を10件まで登録でき、連絡がつくまで(安否回答またはメッセージ確認があるまで)、自動で繰り返し発信が行える。 繰り返し発信の回数は、最大100回まで設定できる。 Excelなどから大量の社員情報を一括で容易に登録可能。 サービスの安定稼働を継続するため、24時間365日の監視体制で、関東と関西など2拠点で同時稼働。 料金 初期費用200,000円 + 月額費用40,000円(100名まで) 無料で使える安否確認システム 前章で様々なサービスをご紹介し、中でも一番下のサービスは小規模企業でも導入しやすい手頃な価格でしたが、まずは無料で試してみたい、という方のために、無料で使える安否確認サービスをご紹介します。 利用人数や機能、送信回数などに制限がありますが、その中でうまく活用できるとよいでしょう。 e安否(株式会社 ラビックス) 出所:e安否公式Webサイト 地震時の自動配信やGPS位置情報、自動集計、掲示板、スマホ対応など、一連の機能がそろったサービス。 20名まで無料のライトプランあり。 ただし地震時の自動配信や家族安否確認、掲示版などはプランの対象外。 人数が21名以上になった場合や上位プランへの変更を前提に、とりあえず無料で試してみるには最適。 以上のように、連絡網タイプのサービスを利用するのもよいですし、またFacebook上で「友だち」になっている相手に対して無事の報告をする機能のようにSNSを利用することも可能です。 まとめ 以上、安否確認システムについてご紹介してきました。 導入に際しては、本文中でも何度か触れている通り、直近の大災害である東日本大震災や日本各地で多発している大雨の豪雨被災などを想定し、検討することが多いでしょう。 しかし日本でまだ経験のないような爆破テロ、バイオテロ、また新型インフルエンザのパンデミックなど、様々な未知のケースを想定し、体制を整える必要があります。 東日本大震災のような平日の昼間ではなく、休日や夜間の不測の事態に備えて社員を守り、会社を守り、事業を継続していけるよう、安否確認システムの導入は急務と言って間違いないでしょう。 さらに、「何ができるか詳しく知りたい」、「社内上申時の説得力を高めたい」、「活用イメージを膨らませたい」という方は、こちらのサービス紹介資料をご覧ください。

次の

大地震発生直後に連絡を確実にとるために。安否確認システム4社を徹底比較

安否確認システム 比較

日本で一番歴史が長い安否確認システム! 経済産業省表彰システム• 株式会社コム・アンド・コムが提供する「安否LifeMail」は、LINEやTwitter、Facebookなどにも対応した使い勝手の良い安否確認システムです。 本システムの最大の魅力は、日本で一番長い実績を持つという点です。 災害の多い日本において、「新潟中越地震」「東日本大震災」などの数々の大災害での稼働実績を持っています。 専用回線で接続された日本気象協会からの情報発信と連動してメール配信を実施することも可能です。 ここからは、その他おすすめの安否確認システムを紹介していきます。 セコム安否確認サービス 24時間365日体制で専門のスタッフからのサポートを受けられます。 災害時には冷静さを保つのが難しいものですが、専門スタッフの支援を受けることで安心してシステムの操作や必要な行動を実施できるでしょう。 そもそも安否確認システムとは? 安否確認システムとは、災害発生時に企業が従業員の安否を確認するためのシステムです。 近年、日本では地震や台風などの災害が相次いでいます。 2011年の東日本大震災のような大災害も発生する中、企業には従業員の安否を確認するという社会的責任と、事業継続の可否を素早く判断することが求められています。 災害発生という非常事態において、従業員と確実に連絡をとり、安否確認を行うための手段として注目を集めるのが安否確認システムなのです。 安否確認システムの具体的な機能 では、安否確認システムには具体的にどのような機能が搭載されているのでしょうか。 製品により差異はありますが、基本的な機能は共通しています。 それぞれの機能について見ていきましょう。 メールの一斉送信機能 多くの製品において、安否確認は一斉メール送信によって行われます。 あらかじめ社員のアドレスを登録しておくことで、緊急時のメール配信が可能になるのです。 ただ他にもメールではなくクラウド上にアクセスして安否確認を行うものや、スマートフォンアプリを利用するシステムもあります。 未登録者の確認 従業員の中にシステムに登録していない人がいれば、簡単に確認することができます。 異動や新規採用に伴う従業員の変化にもすぐに対応でき、いざというときに漏れなく連絡することが可能です。 リアルタイムデータ集計 従業員たちが一斉メールに返信すると、その安否情報はシステムによって集計されます。 グラフや回答一覧など、視覚的に確認しやすい状態で管理者に提示されます。 安否確認システム選定の3つのポイント 続いて、安否確認システムを選定する際に気をつけるべき3つのポイントを解説していきます。 1.ユーザーにとって使いやすいか 安否確認システムは、災害発生などの非常時に使用するシステムです。 家族の安否が不明であったり、すぐに避難しなければならないという緊迫した状況において、使いづらいシステムを利用することは従業員にとって大きな負担となります。 使用感の悪いシステムは利用が進まないというデメリットもあるでしょう。 2.セキュリティ対策に問題はないか 安否確認のメールを送信する際には従業員の個人データを利用するため、情報漏洩を防ぐためにも、十分なセキュリティ対策がなされているかが問題となります。 また、システム本体であるサーバーに被害が及ぶ可能性もあります。 サーバーを多拠点に設置することで冗長化されているかなど、災害発生時に問題なく使用できるか可用性についても確認しておきましょう。 3.導入・運用コストは自社に見合ったものか 安否確認システムは、その性質上いつ出番が来るか分からないシステムです。 そのため、実際に災害が発生するまでは本格的な稼働が無くとも、運用コストを払い続けることになります。 製品によって料金体系は異なりますが、自社が継続的に料金を払い続けることができそうか、導入前に検討する必要があるでしょう。 安否確認システム導入で災害にも負けない企業を目指そう 災害発生時は多くの企業が自社の事業継続のために奔走することになります。 BCPと呼ばれる事業継続計画を策定しているという企業もあるでしょう。 しかし、いざ災害が発するとBCPを実行するための人員の安否が不明であったり、連絡が取れずに事業再開ができないという事態が起こるのです。 安否確認システムは災害発生後に企業が素早く行動を起こすために必須のシステムであると言えるでしょう。 まだ導入していない企業は検討してみてはいかがでしょうか。 新着記事• 災害発生時の出勤や自宅待機などの指示は、企業に... ハザードマップは、災害による被害の予測範囲を地... 安否確認システムには非常に多くの製品があります... 2011年の3. 11東日本大震災によって多くの企業は、... 災害発生に備えた企業のBCP対策の一環として、安否... 時間を問わない大規模災害はじめ、感染症の全国的... この記事では、なぜ災害時に電話は繋がりにくくな... 地震や津波などに備えてBCP対策を行うことが重要視... 安否確認システムの効果的な活用に向けて意識すべ... 安否確認とは「ある人が生存しているか、どこにい...

次の

【ASKUL】災害時の安否確認システム「Safetylink24」 価格

安否確認システム 比較

日本で一番歴史が長い安否確認システム! 経済産業省表彰システム• 株式会社コム・アンド・コムが提供する「安否LifeMail」は、LINEやTwitter、Facebookなどにも対応した使い勝手の良い安否確認システムです。 本システムの最大の魅力は、日本で一番長い実績を持つという点です。 災害の多い日本において、「新潟中越地震」「東日本大震災」などの数々の大災害での稼働実績を持っています。 専用回線で接続された日本気象協会からの情報発信と連動してメール配信を実施することも可能です。 ここからは、その他おすすめの安否確認システムを紹介していきます。 セコム安否確認サービス 24時間365日体制で専門のスタッフからのサポートを受けられます。 災害時には冷静さを保つのが難しいものですが、専門スタッフの支援を受けることで安心してシステムの操作や必要な行動を実施できるでしょう。 そもそも安否確認システムとは? 安否確認システムとは、災害発生時に企業が従業員の安否を確認するためのシステムです。 近年、日本では地震や台風などの災害が相次いでいます。 2011年の東日本大震災のような大災害も発生する中、企業には従業員の安否を確認するという社会的責任と、事業継続の可否を素早く判断することが求められています。 災害発生という非常事態において、従業員と確実に連絡をとり、安否確認を行うための手段として注目を集めるのが安否確認システムなのです。 安否確認システムの具体的な機能 では、安否確認システムには具体的にどのような機能が搭載されているのでしょうか。 製品により差異はありますが、基本的な機能は共通しています。 それぞれの機能について見ていきましょう。 メールの一斉送信機能 多くの製品において、安否確認は一斉メール送信によって行われます。 あらかじめ社員のアドレスを登録しておくことで、緊急時のメール配信が可能になるのです。 ただ他にもメールではなくクラウド上にアクセスして安否確認を行うものや、スマートフォンアプリを利用するシステムもあります。 未登録者の確認 従業員の中にシステムに登録していない人がいれば、簡単に確認することができます。 異動や新規採用に伴う従業員の変化にもすぐに対応でき、いざというときに漏れなく連絡することが可能です。 リアルタイムデータ集計 従業員たちが一斉メールに返信すると、その安否情報はシステムによって集計されます。 グラフや回答一覧など、視覚的に確認しやすい状態で管理者に提示されます。 安否確認システム選定の3つのポイント 続いて、安否確認システムを選定する際に気をつけるべき3つのポイントを解説していきます。 1.ユーザーにとって使いやすいか 安否確認システムは、災害発生などの非常時に使用するシステムです。 家族の安否が不明であったり、すぐに避難しなければならないという緊迫した状況において、使いづらいシステムを利用することは従業員にとって大きな負担となります。 使用感の悪いシステムは利用が進まないというデメリットもあるでしょう。 2.セキュリティ対策に問題はないか 安否確認のメールを送信する際には従業員の個人データを利用するため、情報漏洩を防ぐためにも、十分なセキュリティ対策がなされているかが問題となります。 また、システム本体であるサーバーに被害が及ぶ可能性もあります。 サーバーを多拠点に設置することで冗長化されているかなど、災害発生時に問題なく使用できるか可用性についても確認しておきましょう。 3.導入・運用コストは自社に見合ったものか 安否確認システムは、その性質上いつ出番が来るか分からないシステムです。 そのため、実際に災害が発生するまでは本格的な稼働が無くとも、運用コストを払い続けることになります。 製品によって料金体系は異なりますが、自社が継続的に料金を払い続けることができそうか、導入前に検討する必要があるでしょう。 安否確認システム導入で災害にも負けない企業を目指そう 災害発生時は多くの企業が自社の事業継続のために奔走することになります。 BCPと呼ばれる事業継続計画を策定しているという企業もあるでしょう。 しかし、いざ災害が発するとBCPを実行するための人員の安否が不明であったり、連絡が取れずに事業再開ができないという事態が起こるのです。 安否確認システムは災害発生後に企業が素早く行動を起こすために必須のシステムであると言えるでしょう。 まだ導入していない企業は検討してみてはいかがでしょうか。 新着記事• 災害発生時の出勤や自宅待機などの指示は、企業に... ハザードマップは、災害による被害の予測範囲を地... 安否確認システムには非常に多くの製品があります... 2011年の3. 11東日本大震災によって多くの企業は、... 災害発生に備えた企業のBCP対策の一環として、安否... 時間を問わない大規模災害はじめ、感染症の全国的... この記事では、なぜ災害時に電話は繋がりにくくな... 地震や津波などに備えてBCP対策を行うことが重要視... 安否確認システムの効果的な活用に向けて意識すべ... 安否確認とは「ある人が生存しているか、どこにい...

次の