ニューバランス フューエル セル。 「カーボン入り厚底シューズ」はナイキだけじゃない! 最新2足を詳細レビュー

ニューバランスからカーボンプレートシューズのFuelCellコレクションが登場

ニューバランス フューエル セル

FUEL CELL(フューエルセル)シリーズ4つのシューズ フューエルセルのシューズは以下の4つです。 FUEL CELL 5280 FUEL CELL REBEL(フューエルセルレベル) FUEL CELL PROPEL(フューエルセルプロペル) FUEL CELL ECHO(フューエルセルエコー) 果たしてこの中にお宝シューズはあるのでしょうか? FUEL CELL 5280 フューエルセルシリーズの中で最も尖っており、最もマラソンで使えないと思われるシューズ 笑。 こちらのシューズはアスリートが1マイル走で使用することを想定された上級者用シューズです。 ナイキのヴェイパーフライと同じくカーボンファイバープレートが入っており、ミッドソールには軽くて弾むフューエルセルを使用しています。 マラソンでの使用も危険なのに、このブログのメインの話題は100キロ。 とても使える代物ではありません。 短距離競技者用のシューズです。 お値段は税込24,200円也! ちなみに5280というのは、1マイルが5280フィートであることから名付けられたそうです。 FUEL CELL REBEL(フューエルセルレベル) 私が考えるにウルトラマラソンに最も使えるシューズ。 当然ミッドソールにはフューエルセルが使用されていますが、使用されているのは前足部のみ。 (靴裏からフューエルセルが見えます) とはいっても踵のクッション性が無いか? と言われれば別にありますので踵着地の方でもでも安心です。 ニューバランスのシューズは硬めのシューズが多いので珍しいですね。 このあたりはアディダスのアディゼロタクミセンとは違いますね。 (タクミセンはboostが前足部のみで踵着地すると衝撃が大きい) このシューズ、キロ4分切ってガンガン上げていくような感じではなく(上げられないこともないですが)、比較的一定のペースでダラダラ走るのに向いていそうな性能です。 シューズ自体が厚底に見えるのにかなり軽く、それなりにクッションもありますので、それだけでもウルトラマラソンに向いていそうなのですが、もう一つ大きな利点があります。 それはシューズの安定性! シューズの下部にいくにしたがって広がっているのでアウトソールと地面の接地部分が大きく非常に安定しています。 これもまたウルトラマラソン向けの特性と言えますね。 (ズームフライも少し安定性が欲しいのう…) 幅は何故かD(女性はB)のみなので中足部のホールド力も高く、踵の固定も一応あります。 半面2Eの展開が無いので幅広の足の方には厳しいかもしれません。 たぶんフルマラソン3時間半から4時間くらいの人がトレーニングに使うようなレベルのシューズなんでしょうが、まさしくウルトラマラソン向きのシューズと言えそうです。 税込13,750円也。 FUEL CELL PROPEL(フューエルセルプロペル) 私が考えるにフューエルセルレベルに勝るところがあまりなさそうな残念なシューズ。 レベルと違ってプロペルはフューエルセルが足裏全体に搭載されています。 よりクッション性が高まっているようです。 こちらも厚底のわりに軽く足は動かしやすいですが、踵がちょっと柔らかく走りにくそうなイメージです。 シューズの安定性も抜群で、中足部のホールド、アッパーのフィット感も素晴らしいですが、全てレベルにも同じことが言えるのがつらいところ。 おまけに何故かレベルやエコーよりも踵のホールドが弱いという弱点を持ちます。 フルマラソンで4~5時間くらいの走力を想定したシューズでしょうか… しかしこのくらいのレベルならフレッシュフォームとかHANZOの方がいいかな、と思っていしまいます。 タイプ的にはウルトラマラソンに向いているとは思いますが、レベルの性能が良すぎてプロペルはどうしても地味な存在になってしまいそうです。 税込13,200円也。 FUEL CELL ECHO(フューエルセルエコー) おそらく普段履きとして使われることを想定しているのではないでしょうか?(公式にも書いてあります) フューエルセルの抜群の効果か、ミッドソールは非常に柔らかい。 アウトソールの耐久性はあまりなさそう(見た目的に)。 踵のホールドはレベルやプロペルよりありそうです。 ただ、どうやらアッパーの素材が伸縮性のある素材のようで、これではいくら接地面の安定性が高くても走っている最中に足がシューズの中で動いてしまいそうです。 という訳であまりトレーニングや競技用として作られたシューズではない気がします。 見た目もやけにお洒落だし、無難に使うなら街歩きでしょう 笑 税込13,200円也。

次の

ニューバランス、カーボンプレート採用のスポーツシューズ

ニューバランス フューエル セル

ニューバランスの新作ランニングシューズ「FUELCELL PROPEL v1」の「BLACK MULTI」 今シーズン、ニューモデルとしてリリースされることになった「FUELCELL PROPEL v1(フューエルセル プロペル v1)」は、これまでのニューバランスのランニングシューズとは異なる感覚のクッション性と反発性を発揮し、抜群の推進力を感じられる1足であるという。 ニューバランスは以前にも、「フューエルセル」の名を冠したスポーツシューズをリリースしていたが、ミッドソール上層部がスポーツシューズ業界では最も一般的な「EVA(エチレンビニールアセテート)」系素材、下層部が「TPU(熱可塑性ウレタン)」に窒素を含有させた素材という2層構造を採用していた。 いっぽう今回のプロダクトは、リニューアルした「フューエルセル」をフルレングスで採用。 同新素材は、「EVA」系素材をニューバランス独自の配合によりやわらかく軽量に仕上げており、従来の「フューエルセル」とはまったくの別物だとという。 ウィズ(足囲)は、Dと2Eの2種類で展開 立った状態でもフワフワとした感触を足裏に得られる! 「フューエルセル プロペル v1」は、一見するとかなりボリューミーで、配色もあいまって、「ちょっと重いかも?」という第一印象だったが、手に持ってみると予想に反してかなり軽い。 実際に足を入れてみると、前足部はゆったりとしていて、指が自由に動かせるくらいにつま先部分はルーミーないっぽうで、かかと部分はしっかりとフィットしている。 今回履いたのは、標準的なDウィズ(足囲)だが、カラーコンビネーションによってはDウィズだけでなく、より幅広な2Eウィズも用意しているというから、これまで足幅が原因でシューズ選びに悩まされてきたランナーにも朗報と言えるだろう。 前足部は標準的なDウィズ(足囲)でも、かなりゆったりしている 今回採用された「フューエルセル」フォームは、立った状態でもフワフワとした感触を足裏に得られる。 実際に走り始めると、「こういう感じで弾むような走り心地になるのかぁ……」という、従来のニューバランスのランニングシューズにはなかった走行感。 クッション性も高いが、反発性のほうをより重視しているのは明らかで、推進力を真っ先に感じられる。 それでいて無理やり速いペースで走らされる感覚はないので、自分のペースでファンランしたいランナーにもピッタリだと思う。 ミッドソール自体もかなり厚めで、フワフワした走り心地はファンランナーから支持されそうだ アッパーの中足部からかかと部分にかけて、新機能の「トレース ファイバー」を採用。 抜群の足群の足なじみとサポート性を提供している フワフワした感覚のミッドソールを採用したシューズは、得てして安定性に不安を覚えるものだが、このシューズではその心配は無用。 フレアなアウトソールが着地から蹴り出しまで、余分な揺れを防いでくれた。 アウトソールはかなりのワイドタイプで、走行時にほとんどグラつきを感じないほどに安定性が高い。 アスファルトやコンクリートといった舗装路で最高のグリップ性を発揮するアウトソールパターンだが、土の上でも滑って走りにくいということはなかった 【まとめ】5〜6分/km台で走るのにピッタリなシューズ 1度目と2度目は日課の6kmランで、3度目は距離を伸ばして10km走ったが、本当に推進力が高くて、楽しく走れるシューズだと思った。 メーカー希望小売価格が税込でも13,000円しないという点もうれしいポイント。 しかしながら、ペースが4分/km台になるとスピードを上げにくくなったのも事実であり、個人的には5〜6分/km台で走るのにピッタリなシューズだと思った。 これよりも速いペースで走りたい場合は、同時に発売されている「フューエルセル レベル」のほうをオススメする。 こちらもトライしているが、より速いペースに向いているのは明らかで、「フューエルセル フォーム」の走行感をより速いペースでトレーニングやレースで感じたいというランナーには、「フューエルセル プロペル v1」よりも「フューエルセル レベル」のほうがマッチしているはずだ。 いずれにしろ、「フューエルセル」フォームを採用したプロダクトは、ランニングシューズ選びに新たな選択肢を提供してくれることになるだろう。

次の

【ニューバランス】フューエルセル レベルは今まで履いたことがない新星シューズ

ニューバランス フューエル セル

FuelCell TC Training Competition マラソンとトレーニング、両方シーンで活躍できるよう開発された製品。 5280と同様の高い反発弾性を発揮するFuelCellミッドソールに、剛性を高めるフルレングスのカーボンファイバープレートを組み合わせ、高いランニングエコノミーを発揮するという。 アウトソール前足部にはラバーを採用し、耐久性・安定性を向上。 アッパーは通気性の良いメッシュアッパー。 ウイズサイジングにより、足長だけでなく足回り 甲回り でもサイズを選べる。 Women'sが22から25. FuelCell 5280 1マイルをフィート換算した「5280フィート」が名前の由来。 短距離での高速レースを想定し、ハイレベルのランナーがハイスピードで走れることに特化したシューズとし、Team NB最速のロードマイラーであるジェニー・シンプソン選手のデータから構築されているという。 トラックスパイクの構造をロードシューズに転用。 超高反発のミッドソール素材「FuelCell」ミッドソールに、マルチダイレクションカーボンファイバープレートを組み合わせ、推進力を後押しする。 アッパーは、伸縮性、柔軟性、サポート性にこだわり、戦略的にデザインした「HYPOKNIT」。 アウトソールは地面を引っ掻くように喰いつくという「DYNARIDE」を採用している。 サイズは、Men'sが25から27. 5cm 甲回りD。 Women'sが24から25. 5cm 甲回りB。

次の