上原美佐 ドラマ。 Tvlog

呪怨 劇場版|市川由衣が上原美佐の秘密を知ってしまう?

上原美佐 ドラマ

同級生というシチュエーションといい、 男女7人という人数といい、 もう王道中の王道。 ただ、この7人のメンバーが、 伊藤英明、小雪、坂口憲二、田畑智子、 小西真奈美、オダギリジョー、長谷川京子、 というのがミソ。 こうしてみると ドラマ界の勢力図も 徐々に新陳代謝が行われているのだなあ、 と感慨深いものがある。 とりあえずチェックは必要かと。 『天体観測』 第1話 プロデュース:笠置高広、森谷雄、渡辺真沙子 主題歌:「WILL」中島美嘉 演出:西谷弘 脚本;秦建日子 脚本協力:渡辺千穂 制作:関西テレビ、共同テレビ 出演:伊藤英明、坂口憲二、小雪、小西真奈美、オダギリジョー、田畑智子、 山崎樹範、長谷川京子、大谷直子、松重豊、上原美佐、安居剣一郎、 奥村公延、浅野和之、山田明郷、田中哲司、岡田めぐみ、青木和代、 星野晶子、加藤明日美、浅見れいな、小池徹平、神保悟志、 金子久美、福山亜弥、他 いくら王道って言っても、 ここまで「愛という名のもとに」と 設定が同じだとツライなあ。 長谷川京子は7人の中には入ってなくて 山崎樹範が同級生メンバーだった。 (八嶋智人がいる劇団カムカムミニキーナの人) まあ、この山崎樹範がチョロ(中野英雄)なんだろうな。 伊藤英明はグループのリーダー的存在で出世頭。 当然、健吾(唐沢寿明)役だ。 定職についてなくて、 卒業から3年後に外国から帰ってきたという、 時男(江口洋介)とまったく同じ設定なのが坂口憲二。 この2人が大学時代、賭けをして奪い合ったマドンナで 教師(今回は採用試験浪人で予備校教師)という 仕事まで貴子(鈴木保奈美)と同じなのが小雪だ。 小西真奈美は尚美(中島宏海)役かな。 有里(小西真奈美)は会社の上司と不倫してるようだったけど、 尚美も森本レオと不倫していたし。 1話で結婚した田畑智子は則子(洞口依子)か。 地味で家庭的な雰囲気があるところは似てる。 ただ、聡美(田畑智子)は義母が寝たきりみたいで かなり複雑な状況みたい。 あ、そういえば「愛と〜」では 則子と純(石橋保)が結婚したんだけど、 純は最後に福祉ボランティアに目覚めるんだよね。 それでこっちの聡美が介護士の役なのか。 ということは、オダギリジョーが純の役。 でもタケシ(オダギリジョー)と純は 今のところあんまり接点がない感じ。 タケシは出会い系サイトを運営してたけど、 「愛と〜」では時男がダイヤルQ2を 立ち上げて稼いでたんだよね。 ちなみにそのダイヤルQ2で バイトしてたのが深津絵里。 当時19歳だった。 あとみんなが集まるお店ね。 入口の雰囲気なんかもほとんど同じだった。 今度はボート部じゃなくて天体観測サークルだったので 店名は「ジュピター」になってたけど。 まあ、そんなこんなで かなり確信犯的な焼き直しをしてるので ストーリーに引き込まれるってことはなかった。 とりあえず来週以降は 長谷川京子がルビー・モレノになっていく様子を楽しもう。 みたいな感じで。 採点 6. 0(10点満点平均6) 『天体観測』 第2話 演出:西谷弘 脚本;秦建日子 脚本協力:渡辺千穂 開き直って見たせいか 初回よりは素直に楽しめた。 今回は有里(小西真奈美)がメインだったけど 恭一(伊藤英明)や聡美(田畑智子)の内面も かなり描けてたし。 長谷川京子はどうやら精神的な病を持ってる役のよう。 となると、健太(山崎樹範)が 騙されて自殺するような展開はないかな。 メンバーに既婚者を入れたのは面白いけど あの状況だと、恭一よりもむしろ聡美が 外出する方が難しそう。 みんなで会うシーンに ムリに聡美を入れなくてもいいんじゃないだろうか。 あんまり頻繁に外出するようだと 聡美の状況に同情できなくなる。 このあたりは注意して欲しいな。 採点 6. 5(10点満点平均6) 『天体観測』 第3話 演出:都築淳一 脚本;秦建日子 脚本協力:渡辺千穂 もったいつけずに どんどん先へ行く展開はいい。 ただ、すべてにおいて既視感がある、 というのがツライんだな、このドラマは。 でも今回は 5人が友也(坂口憲二)の引越祝いに 集まったあたりから最後にかけてのセリフは良かった。 何が正しくて 何が間違っているのか 私たちはすぐに忘れてしまう。 それでも私たちは今日もオールを握りしめる。 遠い遠い明日にではなく、 今日、どこかへたどり着くために。 遠い夢に向かってとにかく走れ、 みたいな発想は現実的じゃないからな、今の時代。 全体の流れとしては 恭一(伊藤英明)と 七重(長谷川京子)の関係がポイントか。 そのまま七重が恭一に走るとか。 で、健太(山崎樹範)が傷心するとか。 で、健太はひとり、みんなで天体観測したあの小屋へ行くとか。 とにかく誰か死ななくちゃ、 みたいな見方はよくないな(笑) 採点 6. 5(10点満点平均6) 『天体観測』 第4話 演出:都築淳一 脚本;秦建日子、渡辺千穂 今回はオダギリジョーが最高だった。 有里(小西真奈美)に 借金返済が終わったことを報告した時の表情も、 ドアごしに友也(坂口憲二)と言い合いをした場面も、 そしてもちろん、駐車場のシーンも。 「サトラレ」とダブルブッキングなのに よく頑張ってるなあ。 全体的な内容は青春モノ独特の 熱過ぎるシーンが満載だったけど、 なかなかいい出来だった。 印象的なセリフもいくつかあったし。 ただ、やっぱり聡美(田畑智子)は外出しすぎ。 仕事と家庭を両立させる、とか言っても、 昼も夜も友達と一緒じゃなあ。 聡美の生活は もっとディテールにこだわって描いて欲しい。 あと、最後の出演者テロップで、 ゲストの小木茂光の名前が 小林茂光になっていた。 ディテールにこだわって欲しい(笑) 採点 7. 0(10点満点平均6) 『天体観測』 第5話 演出:西谷弘 脚本:秦建日子 脚本協力:渡辺千穂 長谷川京子が本格的に絡んできて やっと転がってきた。 8人それぞれが抱え込む問題を バランスよく描くようになった点も良かったし、 いちいち全員集合しないところも良かった。 予備校の生徒、アリス(上原美佐)は、 今までも美冬(小雪)や友也(坂口憲二)に つっかかっていたけど、 今回、きちんとスポトが当たった。 ちなみに「愛という名のもとに」で 貴子(鈴木保奈美)に反発し、 そして影響を受けたのは、 「ひとつ屋根の下」に出る前の 山本耕史(足が不自由な文也役)。 鈴木保奈美と山本耕史は最後にマラソンをしたんだけど、 美冬とアリスが水泳やったらかなり笑えるな(笑) 聡美(田畑智子)は今回、 比較的まじめに働いていた感じ。 ただ、あの夫(田中哲司)との関係は やっぱり理解に苦しむな。 ていうか、このドラマの最初が 2人の結婚式シーンから始まったからそう思うんだよね。 結婚後、何年か経っての状況ならまあ受け入れられるんだけど、 新婚でこんな状況ばかりだと、 なんで結婚したんだよ、という根本的な疑問が湧いてしまう。 聡美に関係するエピソードが 今のところ足をひっぱってる感じかも。 採点 7. 0(10点満点平均6) 『天体観測』 第6話 演出:都築淳一 脚本:秦建日子、渡辺千穂 聡美(田畑智子)が 納涼会でみんなに送られるシーンは、 分かってても泣けたな。 ただ、前回に比べると 七重(長谷川京子)に関するエピソードに ウエイトがかかりすぎて 全体的にはアッサリとした印象だった。 とにかく、この七重に関する大きな問題に 思ったより緊張感を見出せなかった。 まあ、このドラマは既視感満載なので それが「天体観測」と言われればそれまでだけど…。 次回はかなり物語が動きそうな感じ。 ここが正念場かな。 採点 6. 5(10点満点平均6) 『天体観測』 第7話 演出:西谷弘 脚本:秦建日子 脚本協力:川嶋澄乃、渡辺千穂 恭一(伊藤英明)をメインで描きつつ 全体にバランスが取れたいい回だった。 とくに恭一が料亭の前で 涙をこらえながら電話をするシーンは秀逸。 ただ、その直後の美冬(小雪)と 友也(坂口憲二)のシーンは今イチだったな。 友也の部屋に来てからのシーンは良かったけど。 そして、実際には死なないと思うけど 自殺を考えたのは聡美(田畑智子)だった。 でもこれは夫(田中哲司)の行動がメチャクチャなので 感情移入しにくい。 次回、聡美の問題をどう描くかがポイントだ。 七重(長谷川京子)は今回のエピソードで 完全に仲間に入る雰囲気。 今度は七重が誰かを救えるのか? 採点 7. 5(10点満点平均6) 『天体観測』 第8話 演出:田澤直樹 脚本:秦建日子 脚本協力:渡辺千穂 うーん、やっぱりそうなるのか。 恭一(伊藤英明)の父親との問題。 そして有里(小西真奈美)の妊娠。 「愛のいう名のもとに」通りだ。 前回の恭一が良かったから もう少し役者を前に出す作りを期待してたんだけどな。 友也(坂口憲二)は秋本奈緒美に認められて 最終回は再び外国へ行く、のか? 採点 6. 5(10点満点平均6) 『天体観測』 第9話 演出:都築淳一 脚本:秦建日子 脚本協力:渡辺千穂 重たい内容ではあるのに何となく深みがなかった。 やっぱり原因は脚本かなあ。 恭一(伊藤英明)の父親との問題と、 有里(小西真奈美)の妊娠問題を絡めた 試みは悪くなかったけど、 逆にひとつひとつが浅くなってしまった感じ。 役者はそれぞれ頑張ってるんだよな。 ちょっと惜しい。 採点 6. 5(10点満点平均6) 『天体観測』 第10話 演出:西谷弘 脚本:秦建日子、渡辺千穂 友也(坂口憲二)が酒に酔いながら 恭一(伊藤英明)と冬美(小雪)に フリーダイビングの事実を告白するシーンから ラストまでの展開は面白かった。 だからまあ許せるんだけど 前半は本当にありきたりでつまらなかったなあ。 今さらこのドラマの既視感に 文句言ってもしょうがないけど、 もう少しプロットの段階で何とかならなかったのか。 タケシ(オダギリジョー)と有里(小西真奈美)の カップルの問題が一番面白くなってきたので 次回はそこに期待してみよう。 採点 6. 5(10点満点平均6) 『天体観測』 第11話 演出:都築淳一 脚本:秦建日子 脚本協力:渡辺千穂 本当にひとり死なせちゃったよ。 ここまでやるとかえって潔いなあ(笑) 結局、ストーリーは何の意外性もないまま 最終回を迎えるわけだけど、 最後まで役者の演技には注目していこう。 今回もオダギリジョーや小西真奈美の演技は良かったしね。 このドラマから学ばなければいけないこと: ・病院内は静かに! ・患者が急変したらすぐにナースコールを! 採点 6. 5(10点満点平均6) 『天体観測』 最終話 演出:西谷弘 脚本:秦建日子、渡辺千穂 お約束の展開なので 何も言うことはないんだけど、 普通に見ると 天文台を焼く理由に感情移入しにくかった。 友也(坂口憲二)がひとりで旅立つ経過も ほとんどカットされて唐突だったし。 七重(長谷川京子)も あそこまでメンバーに入ってくるには エピソードが少なすぎてムリがあったな。 結局、このドラマは、 普遍的なテーマを とくに新しい切り口を作らず、 かなり確信犯的に描いた作品だった。 それはそれでかまわないけど、 だったらもっと印象的なセリフが必要だった。 決めゼリフのほとんどが浮いて聞こえてしまったのは かなり致命的だったと思う。 それでも7話の伊藤英明、 後半の小西真奈美、オダギリジョーは いい演技を見せた。 どうせシンプルなストーリーにするなら もっと役者を活かすような作りも 可能だったような気がして それが残念だった。 このドラマは見る世代によって ずいぶん印象が違っていたと思う。 本来、こういう普遍的なテーマを扱った作品は どの世代が見ても共感できなくては意味がないんだけど、 そうならなかったのが一番の問題だったかもしれない。 やっぱり表面的なスタイルまで ありきたりにしてしまったのが 一番の失敗だったかな。 ラストの有里(小西真奈美)のカットは美しかった。 採点 6. 63(10点満点平均6).

次の

上原美佐ちゃん応援サイト「美佐 流」

上原美佐 ドラマ

「はじめまして」のトピがなかったので作ってみました。 以下のフォームでよかったらご記入お願いします。 【はじめて上原美佐さんを見たのは?】 【上原美佐さんのココが好き!】 【ひとことどうぞ。 】 まず、新管理人の自分から。 はじめまして〜。 【はじめて上原美佐さんを見たのは?】 ヤングサンデーのグラビアです。 動いて喋ってるのを見たのはドラマ「天体観測」ですね。 生では・・・見てみたいけど、見たことありません。 【上原美佐さんのココが好き!】 まず、外見。 スレンダーなとこがいいですね。 それから、声。 低くて落ち着いてていいと思います。 そして、表情。 すごく幼く見えるときもあるし、大人びて見えるとこもある・・・いいです。 【ひとことどうぞ。 】 「上原美佐」で検索すると、もう1人の女優さんも引っかかりますよね。 こちらの女優さんもめちゃくちゃキレイなんですが、「上原美佐」という芸名となにか関連あるんでしょうか? ちなみに、もう1人の「上原美佐」さんは黒澤明監督「隠し砦の三悪人」等に出演されています。 というわけで、よろしくお願いします〜。

次の

上原美佐 (1983年生)とは

上原美佐 ドラマ

映画『 劇場版』では、千春(演:)が遠山いづみ(演:)の秘密を知ってしまい驚愕してしまいます。 そこで、さんのプロフィールや、秘密などを紹介するので参考にしてみて下さい。 映画『 劇場版』を見られる動画配信 劇場版を見られる動画配信は です。 U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『 劇場版』を30日間は見る事ができます(2020年5月時点)。 さらに、アニメや映画・など多くの物を見る事も可能です。 映画『 劇場版』のキャスト 映画『 劇場版』は、2003年1月25日に上映されました。 監督&脚本• 監督:• 脚本: 女優&男優• 雄(演:尾関優哉)行方不明になった少年• 佐伯伽椰子(演:藤貴子)雄の母親• 佐伯剛雄(演:)雄の父親• 遠山雄治(演:)呪いの家の事件を担当した刑事• 遠山容子(演:藤井亜紀)遠山雄治の妻• 遠山いづみ(演:)遠山雄治の娘• 仁科理佳(演:)呪いの家で気絶してしまう女性• 露木真理子(演:)仁科理佳の友達• 徳永勝也(演:)妻と母の狭間で悩む男性• 徳永和美(演:松田珠里)徳永勝也の妻• 徳永仁美(演:)徳永勝也の妹• 中川健一(演:)ベテラン刑事• 千春(演:)遠山いづみの友達 主題歌 映画『』の主題歌は、の『鍵が開かない』になります。 映画『 劇場版』のストーリー 仁科理佳は、会社の人に無理な頼みごとをされてしまって、仕方なくサチエの介護をする事になります。 ところが、その家の押入れには俊雄という6歳ぐらいの男の子がいて驚いてしまうのです。 すぐに連絡を取りますが、黒い影のような亡霊がサチエに迫っていき、あまりの恐ろしさに気絶してしまうのです。 実は、この家は恐ろしい悲劇が起きていて、サチエの息子夫婦たちも幽霊に襲われていました。 正気を取り戻した仁科は、すぐに刑事たちに事情を聞かれてしまうので「俊雄という男の子がいたんです」と説明します。 ところが、その敏夫というのは数年前に行方不明になっていて、今も生きていれば11歳になっているハズでした。 その話を聞いた仁科は『それじゃあ、自分が見た男の子は』と恐ろしくなってきたのです。 仁科は何とか退院をしますが、友達の真理子から電話をかけられますが、受話器越しに不吉な鳴き声が聞こえてきました。 はたして、 真理子はどこから電話をかけてきたのでしょうか? 『がの秘密を知ってしまう』 千春(演:)は、遠山いづみ(演:)のために撮影した写真を持っていきますが、部屋に入ったら異様な光景を目の当たりにします。 それは窓という窓に、全て新聞紙が貼られていたのです。 いづみは「外から三人が見てくるの。 あの行方不明になった3人とは、実は一緒にいたの。 でも、あの家に入ったら怖くて自分だけが逃げてきた」と告白してきました。 千春たちは「なんで言ってくれなかったの」と驚いてしまいますが、未だにその3人は見つかっていませんでした。 そして、 3人が行方不明になった家こそ、人間が最後に恨みを残していったの家だったのです。 『のプロフィール』 さんは可愛らしいルックスと、女優としての確かな実績で高い人気を誇っていた方でした。 しかし、俳優の戸次重幸と結婚してしまったので、多くの男性ファンたちはガックリときたものです。 私も『やっぱり、あれだけ可愛い女優さんであれば結婚できるよなぁ』としみじみと思ったものです。 そんな人気の高いさんのプロフィールは、以下の通りです。 名前:• 出身地:東京都• 生年月日:1986年2月10日• 星座:• 趣味:和太鼓 映画『 劇場版』と他の作品を比較 邦画のに負けないほどの怖さを感じられる映画が、洋画にあるのか?と問われたら、私は間違いなく『シャイニング』だと思います。 は呪われた家が舞台ですが、シャイニングでは呪われたホテルが舞台です。 舞台は大きな違いがありますが、 それぞれ生きている人間が亡霊によって精神がおかしくなりはじめて、狂気の世界に引きずり込まれるのはスリルがあって良いですね。 映画『 劇場版』のネットの評価 ホラー映画として、完成度の高い作品として多くの方たちが満足していました。 しかし、あまりにも怖すぎてトラウマになった方さえいたので、ホラー映画が好きな方でなければオススメできないですね。 ただし、 笑いを取りに行く怖さと評価している方もいて、この辺りは幽霊を生身の人間のように見せている所が大きく関係しているでしょう。 ネックとなるは、やはり白い肌の俊雄でしょうね。 俊雄はあまり怖くないのですが、伽倻子とタッグを組む事によって怖さが倍増されます。 : 映画『 劇場版』のまとめ 劇場版では、登場人物が多すぎるのでストーリーでは全て紹介しきれていませんが、 千春(演:)が遠山いづみ(演:)の秘密を知ってしまうシーンは恐ろしかったですね。 怖い演出という訳ではないのですが、呪いの家が再びクローズアップされて、なかなか興味をそそられるシーンではありました。 やはり、 全ての窓に新聞紙が貼られている光景を見たら、誰もが驚いてしまうでしょうね。 はビデオ版と劇場版などがありますが、劇場版のほうが丁寧に怖い演出が行われているので良かったです。 どちらのほうを見るべきか悩んでいる場合であれば、劇場版のほうが断然おすすめですね。 akira2013web.

次の