スター ウォーズ ゲーム ps4。 Amazon

『スター・ウォーズ』が初のモバイルフライトSTGに! 『スター・ウォーズ スターファイター・ミッション』事前登録開始

スター ウォーズ ゲーム ps4

本作はシリーズ三作目にあたり、初のPS4タイトルとなっています。 映画スターウォーズのエピソード4~6を舞台にしたゲームで、映画の世界観が見事に表現されています。 ただ、画面分割で協力プレイができるマップ(ミッション)が少ない・・・ トレーニングにある5つのマップと、本編では4つしかないんです。 画面分割をメインにプレイするのなら、ボリュームが少なすぎと言わざるをえません。 今後の追加コンテンツ(有料)で追加されるかもしれませんが、画面分割は「ちょっとお得なおまけ」くらいに考えておいた方がいいでしょう。 また、シナリオを進めていくというより、好きなマップを選んでプレイするスタイル。 スターウォーズ好きの方が、オンラインマルチプレイするのが最も楽しめると思います。 でも、映像のクオリティーはとても高いから、新鮮なうちはテンション上がります。 スターウォーズの世界に行けるという意味では楽しめるでしょう。 ひよっこ 凄く期待していただけに残念です。 二人で協力プレイ動画 今のところ、空中戦とスピーダーバイクは、トレーニングマップでしかプレイできません。 本編では歩兵戦だけです。 公式サイト:• PlayStation公式:• 続作:•

次の

『スター・ウォーズ バトルフロントⅡ』協力プレイが大幅強化された本作を買うなら今がチャンス!

スター ウォーズ ゲーム ps4

ゲームはジェダイが滅びた『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の直後を舞台にした本物のストーリーを背景に展開。 ファンは、ジェダイを皆殺しにせよという皇帝の機密命令「オーダー66」を生き延びた若きパダワンのCalになってゲームをプレイします。 Cal役を担当するのは『シェイムレス』や『GOTHAM/ゴッサム』で知られる米俳優キャメロン・モナハン。 「僕たちスター・ウォーズファンは、暗黒時代に大きな好奇心を抱いていました。 そこで、謎と危険に満ちたその時代をぜひ掘り下げてみたいと思ったのです」Respawn Entertainment. のゲームディレクター、Stig Asmussen氏は語ります。 「帝国の力が頂点を極め、生き残ったジェダイが身を潜めるという時期を深く探り、さらに展開させるという作業において、Lucasfilmのチームには素晴らしい協力を提供してもらいました。 この物語を背景に、ライトセーバーとフォースの力を使った激しいながらもよく考えられた面白い近接戦が楽しめるゲームが出来上がりました。 誰もが夢見るジェダイの空想を実現してくれるゲームです」 「Respawnから当ゲームの企画について話があった時、すぐに協力体制に入りました。 『スター・ウォーズ』シリーズからストーリーが主体のシングルプレイヤーゲーム。 まさに私たちが求めていたものでした。 ファンも待望していることは知っていましたね」Lucasfilmのフランチャイズコンテンツ・ストラテジーディレクター、Steve Blank氏は語ります。 「オーダー66の後で再びジェダイとしての道に足を踏み入れるCalに焦点を当てることで、より楽しめるゲームプレイと、Calという新しいキャラクターや彼のバックストーリーを発展させる豊富なストーリー展開を実現しました」 プレイヤーがCalに会えるのは「Bracca」と呼ばれる新しいスター・ウォーズの惑星。 ゲームに登場するシリーズ初となる場所の1つです。 日常のなかで帝国から身を潜めるCalは、フォースの力を露呈してしまったことで逃亡生活を余儀なくされます。 逃亡の道中でCalは忠実なドロイドBD-1を引き連れ、謎多きCereをはじめとする新しい仲間や、馴染みある面々と出会います。 帝国から逃げまわるなか、Calを仕留めて生き残りのジェダイを絶滅させようと目論見る帝国のエリート尋問官セカンド・シスターに追跡され、Calの前にさらなる危険が立ちはだかります。 セカンド・シスターを補佐するのは、ジェダイ追跡と尋問官の卑劣な任務を補助するための訓練を受けた、帝国軍の特殊部隊、パージトルーパー。 美しい映像と優れた技術を持ち合わせた高品質のゲーム作品で知られるRespawnが生み出した本作で、プレイヤーはジェダイ・トレーニングを活用し、さまざまな近接攻撃を組み合わせ、さらに革新的なライトセーバー戦闘システムやフォースの能力と併せて戦いに挑みます。 さらには横断能力やその他の移動能力を使って敵を戦略的に打ち倒し、この銀河級の冒険で出会う数々の謎を解き明かします。 ゲームにはスター・ウォーズファンなら馴染みのある場所や武器、装備、敵はもちろんのこと、シリーズ初披露となるキャラクターや場所、クリーチャー、ドロイド、敵も登場。

次の

スター・ウォーズ バトルフロント (2015)

スター ウォーズ ゲーム ps4

この情報は、Twitterのbotアカウントによってツイートされ、それ見たネットユーザーによってにも投稿された。 これによると、ヨーロッパのPSNのバックエンドで「Project Maverick」という作品の項目が作られており、ロゴ(下の画像を参照)も存在するという。 「Project Maverick」という名前には聞き覚えがないので、完全に未発表の作品のようだ。 ロゴの画像は、Xウイングがスター・デストロイヤーに向かって飛んでいるように見えるため、一部のファンはドッグファイトが楽しめる『Star Wars: X-Wing』や『Star Wars: Rogue Squadron』のような作品になるのではないかと推測している。 先月、EAが「ヴァイキング」というコードネームが付けられた「スター・ウォーズ」のゲームを2019年にキャンセルしていたことが判明した。 このとき、がいまだにEA Motiveで開発中と報じられていたので、これが「Project Maverick」である可能性はある。 ここ数年、「スター・ウォーズ」のゲームは厳しい道を歩んでいる。 「Ragtag」とコードネームが付けられたエイミー・ヘニグのプロジェクトは、2017年にVisceral Gamesの閉鎖に伴い開発中止。 同作のアセットはEA Vancouverで開発中だった「スター・ウォーズ」ゲームに再利用されるはずだったが、こちらの作品(コードネームは「Orca」)も最終的には開発が中止されてしまった。 「Project Maverick」が同じ道を辿らないことを祈ろう。

次の