サザンドラ 育成論 oras。 サザンドラ

【ORASシーズン7

サザンドラ 育成論 oras

特性「ようりょくそ」で 天候が晴れの時に素早さが2倍になり、1度ダイジェットをした最速調整の「トゲキッス」よりも早く動くことが可能です。 この対面だと「ダイアシッド」で自分の特攻を上げつつ、計2回攻撃できるので、トゲキッスを倒すことができます。 特性が「ひでり」のポケモンと組み合わせて使うと、天候を晴れ状態にしやすくフシギバナが活躍できる状況が作りやすいです。 「ダイソウゲン」で威力150になる。 晴れ状態で攻撃と特攻を2段階上昇できる。 眠り状態により、勝ち筋を生み出すことができる。 一定確率で外すデメリットを持つ。 フシギバナの役割と立ち回り 晴れを活かしたアタッカー 前作では「メガ進化」が主流となった「フシギバナ」ですが、今作では特性「ようりょくそ」を活かした、アタッカー型がメインとなるでしょう。 天候が晴れ状態の時、素早さが2倍になるので、相手より早く動けるメリットがあります。 特攻・特防種族値が一定に高く、対面に強いポケモンです。 フシギバナの対策 タイプ相性で有利をとる 「フシギバナ」のタイプ「毒・草」は、6タイプに耐性がありますが、環境トップに存在するポケモンに対してはタイプ相性で有利とは言えません。 適格に弱点を突ければ、難なく倒せるポケモンです。

次の

サザンドラ

サザンドラ 育成論 oras

ページ:• 投稿者:Raru• コメント 23 みんなの評価 :• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:ピュア• コメント 42 みんなの評価 :• 投稿者:エグゾディア• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:タカフミ• コメント 24 みんなの評価 :• 投稿者:けーき• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:クロート• コメント 31 みんなの評価 :• 投稿者:orca• コメント 32 みんなの評価 :.

次の

サザンドラの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

サザンドラ 育成論 oras

サザンドラ 育成論概要 サザンドラは悪とドラゴンという特有のタイプを持っています。 6世代からはフェアリー技が4倍抜群になってしまったので肩身が狭いですが、カロスダブルの時から徐々に数を増やしつつある ギルガルドに対して受け出しと悪技で高速で処理することが可能です。 また、 ヒードランに対しても優秀な耐性を持っており、高種族値なので抜群技を受けたとしても確定1発で倒されることは少ないです。 今回は受け出しから有利対面を作り出し、高火力で制圧するこだわりメガネを持ったサザンドラについて紹介します。 運用方法 基本的にサイクル戦になった場合に有利対面から受け出しを許さず、相手を制圧できるようにこだわりメガネを持たせることで火力増強をしています。 悪タイプの技は 一貫性が取りやすく、このサザンドラのあくのはどうを半減以外で2発以上受けることのできるポケモンは非常に少ないでしょう。 また、 初手からでも投げやすいようにメガガルーラや霊獣ランドロスの攻撃を耐えれるところまで耐久を振ることにしました。 そうすることによって味方のいかくの恩恵を受けやすくなり、 サイクルを回すことの出来る回数も増えるので立ち回り的に優位に立ちやすくなります。 それらの前で行動が保障されているという点も大きく、相手が倒せると思って横のポケモンを動かしてきた場合に大きなアドバンテージを得ることも出来ます。 技の範囲を確保する上でもあり、タイプ一致技である命中が100%安定技の あくのはどうは外すことは出来ません。 りゅうせいぐんに関しても最大火力を出すことでサイクルを崩すという点から採用しない選択肢はないでしょう。 ただし、命中率が90%であるということは把握しておく必要があるでしょう。 今回は残りの2つの技を だいちのちからと かえんほうしゃを選択しました。 だいちのちからはヒードランに対して非常に有効な技であるのは間違いありませんが、だいちのちからという単体技の地面タイプという点が非常に優秀です。 本来、地面タイプの技はじしんなどの味方を巻き込む全体技しかないため、味方が地面タイプを無効にするタイプでない場合は使いづらい場面が多いですが、地面タイプの優秀な一貫性と単体技である点を考慮すると採用するに足る技であると考えられます。 だいもんじに関しては炎技を持ってないという理由からナットレイやハッサムなどのサザンドラが元々強いはずである鋼タイプのポケモンに負けるのはあまりに悪いと言う点が挙げられます。 また、モロバレルといったような高耐久草タイプを素早く処理する手段としても重要であるため、今回は命中の安定するかえんほうしゃではなく、だいもんじを採用するに至りました。 火力 あくのはどう H252メガリザードンY ダメージ: 91〜108 割合: 49. しかしながら、今回の型では耐久面と攻撃面と重視して配分をしたため、素早さがあまり早くありません。 そのため、 味方に素早さ操作を行えるポケモンがいる構築に入るべきだと考えられます。 その中でも特においかぜやこごえるかぜといったような技を使うポケモンと相手の受け出しをほぼ許さないこのサザンドラとの相性はとても良いと考えられます。

次の