マイクラ ゾンビトラップ ドラウンド。 【マイクラ1.13】新MOB「ドラウンド」とは?特性と簡単トラップの作り方!トライデント取り放題!

【マイクラ】1.16対応 トライデント集め放題!ネザー転送式溺死ゾンビ(ドラウンド)トラップ【統合版】

マイクラ ゾンビトラップ ドラウンド

どうも!パイセンです。 今回は新モンスターの ドラウンド(溺死ゾンビ)についての検証! 実はゾンビが水に入って一定時間経過すると、このドラウンドに変化します。 この変化する条件とはいったい何なんでしょうか?! コマンドを駆使して徹底検証してみました。 それではさっそく行ってみましょう! けっこう長くなってしまったので、結果だけ見たい!というかたはしてください。 ドラウンド化するまでの時間を計測する 5体のゾンビを用意 まずはこんな感じにゾンビがちょうど入れるような空間を5つ用意し、その中に水を満たしておきます。 そしてコマンドを使って 同時に5匹のゾンビを召喚し、ドラウンド化するまでの時間を計測してみます! おそらく ドラウンド化までの時間にばらつきがあるだろうと推測し、5匹計測をしてみたのですが、どうなのでしょうか・・・?! ではさっそく結果を発表します。 まさか全員同時にドラウンド化するとは思わなかったのですこしビックリ。 何度か繰り返し検証してみましたが、900tickが変わることはありませんでした。 ではドラウンド化するまでの時間を計測したので、今度は ドラウンド化する条件を色々と調べてみます。 水に触れている場所を変えてみる まずは 水に触れる箇所を変えて調べてみます。 と言っても2か所だけですが・・・。 足元のみに水がある ゾンビの足元だけに水を満たし、変化するか待ってみます。 とりあえず1分まで待ちましたが、 変化するどころかドラウンド化の前に起こる震えすらありませんでした。 どうやら足元だけだとドラウンドには変化しないようです。 では今度は頭のみに水を満たすとどうなるのでしょうか?? 頭のところのみに水がある このように足元には看板を設置して、水が流れてこないようにしました。 頭だけ水に入っているとどうなるのでしょうか・・・? こちらはドラウンドに変化!時間も先ほどと同じ 900tick、つまり45秒でした。 どうやらドラウンド化の条件の1つは水に頭が入っていることのようですね。 では次に、ドラウンド化の途中に水を抜くとどうなるのか調査してみます。 スポンサーリンク 途中で水を抜いてみる 震える前に抜いてみる ゾンビはドラウンド化する前にプルプルと震えるのですが、 震える前に水を抜いたらどうなるのでしょうか? そのままドラウンド化?それともゾンビのまんま? さすがに 震える前に水を抜くとドラウンド化は起こらないようです。 そうじゃないと、ゾンビが少しでも水に入ったらドラウンド化するっていうことになっちゃいますからね! では、震えだした後ならどうなるのでしょうか?? 震えた後に抜いてみる ゾンビが水に入って一定時間経過するとプルプルと震えだすので、水を抜いてみます。 すると・・・。 こちらは ドラウンド化しました! どうやら 一度震えだすと止まらず、そのままドラウンドへと変化してしまうようですね。 スポンサーリンク ゾンビのデータタグを見てみる ふとここでゾンビのデータタグをdataコマンドで取得してみます。 もしかしたら、ドラウンド化に関係するデータタグあるかも・・・? やはり、それっぽいのが2つ。 『InWaterTime』と『DrownedConversionTime』がありますね。 名前を見るに、水に入っている時間とドラウンドへ変化するまでの時間を示すデータタグでしょうか? では、今度はこのデータタグの値を表示させながらゾンビをドラウンド化させてみます。 dataコマンドでデータタグの値を取得して、executeのstoreコマンドでスコアへ代入し、scoreboardコマンドで表示させています。 コマンドを知らなかったらなにいってだコイツ状態になるけど、とりあえず『データを取得してる』って捉えてくれればOKです。 InWaterTime まずはInWaterTimeの方から。 画像のように、 水に入った瞬間からカウントは徐々に増えていき、600になると増加が止まりました。 そして同時にゾンビが震えだします。 どうやら、InWaterTimeという値が600になるとゾンビがプルルプルしだし、ドラウンド化するようです。 Timeと書かれてあるので、これも恐らく単位はtick、600tickでしょう。 600tickは30秒なので、 つまり水に入ってから30秒経過するとプルプルルするようです。 先ほど震える前に水を抜く、という調査をしたときはドラウンド化しませんでしたが、一度空気に触れるとこのInWaterTimeがリセットされるようですね。 次はDrownedConversionTimeを調べてみます。 DrownedConversionTime DrownedConversionTimeは次のようになりました。 水に入って最初は-1の状態でした。 が、プルプルと震えだすと同時に値は300になり、徐々に減っていきます。 そして0になると同時にドラウンドへ変化! どうやらDrownedConversionTimeはプルプルと震えだしてからドラウンドへ変化するまでの時間のようです。 InWaterTimeと同様に考えると、こちらも単位はtickで15秒になるでしょう。 つまり、 プルプルするまでの時間(600tick,30秒)+プルプル~ドラウンド化までの時間(300tick,15秒)=900tick(45秒)となり、一番最初に調査した結果と一致します! 複数のパーツがカチッとはまった感じがして良いですね! 震えだしてから水を抜いてもドラウンド化は止まらないとわかっているので、このDrownedConversionTimeは一度カウントダウンし始めると止まらないでしょう。 なるほど。 実験を通して色々わかりましたね! 今回の内容をサラっとまとめようと思います。 まとめ 今回の実験から分かったことは• ゾンビからドラウンド化する時間は45秒• ゾンビが水に入ってから30秒経つとプルプルと震えだし、さらに15秒経過でドラウンド化する• 水から抜けるとドラウンド化しなくなるが、一度震えだすと水から出てもドラウンド化してしまう• ゾンビがドラウンド化するには水に頭が入って入ればOK ですね! ドラウンド化する時間は完全にいっしょなので、ゾンビをドラウンド化させるトラップは作りやすいと思います。

次の

【マイクラ】ゾンビトラップの作り方|水流式自動化方法【マインクラフト】|ゲームエイト

マイクラ ゾンビトラップ ドラウンド

関連記事: スポナー式ドラウンドトラップの概要 スポナー式ドラウンドトラップは、ゾンビスポナーでスポーンしたゾンビを一定時間水没させ、ドラウンドに変化させてから落下ダメージを与えて処理するトラップです。 落下ダメージを与えてから処理するまでの構造はゾンビトラップとほとんど同じですが、そこにゾンビを水没させるための設備が加えられています。 仕組み スポナー式ドラウンドトラップは、下の画像のような建築物です。 スポナー式ドラウンドトラップの全体像。 レッドストーン回路を使わずにトラップを作りたかったので、水没用エレベーターを設置しました。 スポナーからスポーンしたゾンビを水流で集め、1つ目のバブルエレベーター(水泡エレベーター)に運びます。 このエレベーターはゾンビを水没させるためのエレベーターで、エレベーターから降りてくる頃にはゾンビは震えています(ドラウンド化のスイッチが入っている)。 ドラウンド化するゾンビ。 地面に到着したあたりで、ゾンビはドラウンド化します。 ドラウンドは2つ目のバブルエレベーターで持ち上げ、落下ダメージを与えてから処理します。 落下ダメージを与えたあとのゾンビをドラウンド化すると体力が回復してしまうようなので、先にドラウンド化させてから落下ダメージを与えるような形になっています。 9アップデートで水中でのゾンビの落下が速くなってしまったため、バージョン1. 9以降は100ブロック程度の高さが必要です。 スポナー式ドラウンドトラップの設計図。 水没用のエレベーターが追加されただけで、構造はゾンビトラップとほとんど同じです。 ゾンビトラップは以下の記事で詳しく解説しています。 建設方法なども同じなので、合わせて読んでおいてください。 関連記事: 水路 スポナーでスポーンしたゾンビは、スポーン部屋の床の水流(設計図には書かれていません)と水路によって、1つ目のエレベーターに運ばれます。 ゾンビトラップではチキンジョッキーを振り分ける設備を作っていましたが、BE版の場合はスポナーからチキンジョッキーがスポーンしないようなので省略しています。 エレベーターの手前でゾンビが数体たまってしまうことがあるので、エレベーターの入口をスポナーから離してあります。 水没用エレベーター 1つ目のエレベーターは、ゾンビが降りてくる場所も水で満たされています。 この中を通ってくる間に、ゾンビがドラウンド化するだけの水没時間が経過します。 ゾンビの頭が水から出てしまうと水没時間がリセットされてしまうので、エレベーターの上部は頭が水に浸かるように設計されています。 そのかわり、子供ゾンビが水から出てしまうことがたまにありますが、数は多くないので気にしなくて大丈夫だと思います。 このエレベーターに必要な高さは 66ブロック100~105ブロック分です(バージョン1. 9で水中でのゾンビの落下が速くなったため100ブロック程度の高さが必要になりました)。 下降途中でゾンビが震えだし、下にたどりついてから少ししてドラウンド化します。 エレベーター接続部分 下まで降りてきたゾンビは、そのままの水流によって2つ目のエレベーターまで運ばれます。 ほとんどの場合エレベーターの直前あたりでドラウンド化するので、地面にはホッパーを設置してドラウンド化したときにドロップするアイテムを回収できるようにしました。 ドラウンド化が多少早まっても、だいたいはこのホッパーでアイテムを回収可能です。 ドラウンド化が遅れた場合も、落下地点のホッパーでアイテムを回収できます。 落下トラップ 2つ目のエレベーターは、ゾンビトラップと同じように落下ダメージを与えるためのバブルエレベーターです。 22ブロックの高さからドラウンドを落とし、剣で攻撃したときに一撃で倒せる状態にして集めます。 設計図ではスポーン部屋、1つ目のエレベーター、2つ目のエレベーターが同じ方向に描かれていますが、実際に作るときは2つ目のエレベーターを作る方向を変えて、スポーン部屋から待機場所が離れすぎないようにしています。 スポナー式ドラウンドトラップの作り方 ここからは、実際の建築手順を解説していきます。 地下のゾンビスポナーを使ってトラップを作ることを想定していて、数が数えやすいよう周囲のブロックを鉄ブロックに変えた状態での建築です。 上画像の金ブロックは、高さがわかりやすいように設置しているものです。 実際は設置せず、スポーンブロックの上下には2ブロック分の空間を開けておきます。 この水路は1つ目のバブルエレベーターにゾンビを運ぶための水路です。 スポーン部屋の床に流される水によってゾンビがこの水路に落ち、バブルエレベーター方向へ運ばれます。 設計図どおり作ると水路には15ブロックの長さが必要になるので、途中で水流が延長されるように水路の始点から8ブロック目で段差をつけています。 水没用エレベーター 水路の先には、壁に看板2枚と、地面にソウルサンドを設置します。 ソウルサンドの上は水で満たすので、看板でその水が流れ出てこないようにせき止めます。 水路によって流されてきたゾンビはこの看板の前まで運ばれてきて、後ろからきたゾンビに押されて最初のエレベーターに入っていきます。 ソウルサンドの上にゾンビが上昇するための穴を掘り、看板の上にはフェンスを設置していきます。 フェンス部分は普通のブロックのままでもいいですが、フェンスにすることでゾンビがバブルエレベーターで持ち上がりやすくなります。 地上に露出したバブルエレベーターの上部。 1つ目のエレベーターには100ブロック程度の高さが必要なので、上部は地上に出てしまうと思います。 水路で運ばれるゾンビが燃えてしまわないように、フェンスの上には光を遮るブロックを設置しておきましょう。 BE版のハーフブロックは光を通すようなので、他のブロックを使う必要があります。 エレベーター上部で設置する看板の位置は、左右の穴の間(一段目)でゾンビトラップのときとは異なっています。 この位置に看板を設置しておくことで、ゾンビの頭部で水が流れるようになり、ゾンビを水没させたまま下降用の穴に移動させることができます。 エレベーター接続部分 1つ目のエレベーターから2つ目のエレベーターへは、スポーン部屋の水路とは90度方向を変えています。 こうすることで、待機場所がスポナーから離れすぎないようにしてあります(プレイヤーがスポナーから離れすぎると、スポナーからゾンビが湧かなくなります)。 1つ目のエレベーターと2つ目のエレベーターの接続部分は、下画像のように作ります。 画像の矢印が表しているのは水流です。 1つ目のエレベーターから降りてくる水流が、そのままゾンビを2つ目のエレベーター方向へ運んでくれます。 2つ目のエレベーター直前の看板の下にはホッパーを設置し、ちょうどこのあたりでドラウンド化するゾンビのドロップアイテムを回収できるようにしておきます。 ここのチェストはすぐにいっぱいになってしまうので、複数のチェストをつなげるかこまめにアイテムを取り出すようにしましょう。 水を流すとこうなります。 落下用エレベーター 2つ目のエレベーターでは、22ブロックの高さからドラウンドを落として落下ダメージを与えます。 ゾンビトラップで使用したエレベーターと全く同じ設備です。 2つ目のエレベーターの上部。 このエレベーター上部の看板は、穴の上に設置します。 落下地点の整備 落下地点の地面にはホッパーを設置しておき、ハーフブロックを使って0. 5ブロック分の隙間を作ります。 子供のドラウンド(ゾンビ)が出てこないように、ハーフブロックを使って着地地点を塞ぎます。 5ブロック分の隙間があるので、ここからたまったドラウンドを攻撃しましょう。 ホッパーに経験値オーブが引っかかることがありますが、近づけば回収可能です。 もし気になるようなら、手前のハーフブロックを外してホッパーの上に設置するといいかもしれません(Java Editionならソウルサンドをホッパーのフタとして使えますが、BE版ではソウルサンドの上のアイテムは回収できないので使えません)。 水を流す 最後に、水を流せばトラップの完成です。 スポーン部屋の床に、水路とは反対側の壁際から水を流します。 水路にも水を流します。 1つ目のバブルエレベーターは、最上段から水を流します。 Java Editionではソウルサンドの上がすべて水源である必要がありましたが、BE版では水流でも泡が発生します。 そのため、上画像の赤枠部分1箇所に水を設置するだけで全体に水がいきわたり、エレベーターを稼働させることができます。 2つ目のエレベーターの水流。 こちらも1箇所にだけ水を設置すればOK。 これでトラップの完成です。 スポナー式ドラウンドトラップの効率 難易度をノーマルに戻してゾンビがスポーンすることを確認し、いったいどれだけのトライデントを回収できるのか30分間放置してみました。 たまっていくドラウンド。 30分放置しようと思ったんですが、20分弱放置した時点で確認したところ、すでにドラウンドがいっぱいになり窒息ダメージを受けていました。 30分放置するなら、落下地点をもう少し広げておく必要がありそうです。 20分弱で入手できたアイテム。 落下場所をきちんと整備しておけば、Java Editionとは比較にならないくらい多くのトライデントが入手できそうです。 オウムガイの殻もすぐにたまりそう。 オウムガイの殻は落下ダメージでドラウンドを倒したときにもドロップするようなので、完全自動で集めることもできます。 入手できた装備品。 ドラウンド化するときにドロップする装備品もたくさん入手することができます。 耐久値が減っていないものが手に入るというのがスゴイ。 鉄のシャベルや鉄の剣が手に入るのも嬉しいですね。 ということで、BE版で使えるスポナー式ドラウンドトラップの作り方の紹介でした。 掃いて捨てるほどのトライデントが入手できるので、武器として気兼ねなく使用することができるようになります。 ぜひ建設に挑戦してみてください!.

次の

BE専用の全自動ドラウンドスポナートラップはクモの巣で超簡単に経験値トライデント

マイクラ ゾンビトラップ ドラウンド

ver1. 1でソウルサンド上の移動速度が変化したのか、ドラウンドになるまで少し放置が必要になります(装置にゾンビがつまってドラウンドに変化する)。 ゾンビを運ぶ通路部分であるソウルサンド部分を、3個につき1マス下に下げていく形で何段かさらに追加すれば、安定してドラウンドになると思いますが、どのみち放置するトラップですので、ブログのままの形でも運用可能です。 筆者はWindows10版 Win10版 で作りましたが、統合版であるPE版、XBOX版、Switch版でも同様に動作します。 今回のドラウンドトラップはソウルサンドを使った水流エレベーターによる落下ダメージを与える方式で作りました。 無事ドラウンドになったゾンビ。 ゲットした腐肉は司祭の村人がエメラルドに交換しててくれます! 目次• 装置の概要 基本的にはゾンビスポナーで発生したゾンビを30秒ほど溺れさせ、ドラウンドに変化させることで「オウムガイの殻」や「トライデント」を狙うトラップです。 サバイバルだとバケツが無いとちょっとめんどくさいことになります。 装置の外観 だいたい装置の外観はこんな感じです。 スポナーから発生したゾンビを水流で運びます。 チビゾンビは装置を詰まらせるので、仕分けします。 ソウルサンドをしいた水路をゾンビに歩かせます。 ソウルサンドをしいたことによって、ゾンビの歩行が遅くなり、確実にドラウンドに変化させられます。 ソウルサンドはネザー 暗黒界 に行かないと入手できませんが、ゾンビを上昇させる水流エレベーターで1個は絶対に必要ですので、今回は少しだけ採用しています。 水流エレベーターで上へ。 落下させてダメージを与えます。 なんでもいいので1個ブロックを置くと、落下ダメージでちょうどモンスターが倒れないように調整できます。 ちびゾンビとチキンジョッキーは邪魔なので処理する機構を作りました! 今回4時間ほど検証した結果、BE版 統合版 ではゾンビスポナーからチキンジョッキーがスポーンしなかったのですが、いつか実装されるかもしれないので、事前に対策をしておきます。 水流とマグマで両方ともうまく処理ができます。 簡単な機構なので、作る手間も全くかかりません。 1時間放置して集まった結果! 1時間で回収したアイテム 腐肉 369個 オウムガイの殻 17個 金の防具 28個 チェーンの防具 9個 鉄の道具 1個 皮の防具 16個 ラージチェスト7個分ほど放置して検証しましたが一本もトライデントはでませんでした。 モンスターはプレイヤーが直接倒さないと装備品はドロップしないようです。 金の防具は金塊へ、鉄とチェーンの防具は鉄塊へ、精錬 かまどで燃やすこと で変換できます。 鉄塊と金塊はそれぞれ9個で、1個の延べ棒 インゴット へ変換できます。 今回で言えば鉄の延べ棒4. 2個、金の延べ棒3. 1個の収穫です! 鉄はともかく、めんどうなゾンビピックマントラップを作らなくても金が手に入るのは嬉しいですね。 スポナー周辺 まずモンスタースポナーを制圧します。 上記のようにスポナーの4方向と上にたいまつを置けばOKです。 次にスポナーを中心として前後左右に4マスずつ掘り抜きます。 次に部屋のどこでも良いので、部屋の一辺を高さ2マス分掘ります。 2マス堀り抜いたあとです。 次に赤丸の部分をさらに3マス掘ります。 掘り抜いたあと、奥に8マス 足下を含めれば9マス 堀ります。 今はこの部分を作っているわけですね。 横から見るとこんな感じで作っていることになります。 これから登場するシーランタンは全て不要なので、置かなくてOKです。 青線の部分に後ほど水を流します。 次にこの部分を作ります。 この画像の一番奥のマスを下に2マス堀ったあと、この画像でいうと右の方に堀り進めます。 次にこのように掘り進めます。 画像の赤丸の方は処理層になるので、がっつり掘っちゃうといいかもです。 反対側から見た図です。 画像の位置にボタンをつけます。 金ブロックの横はホッパーとチェストです。 ゾンビはドラウンドになった瞬間に新品の装備を落とすので、それを回収するためのチェストになります。 赤丸の部分は上に1マス確保します。 ガラス張りにしたverです。 ボタンを置いてあるブロックの 上のブロックに後ほど水を流します。 実際に今ガラスをおいている所は、ガラスにすると装置の中が見れて綺麗です。 これは完成図の例なのですが、今はちょうどここの部分を作っています。 最終的に右のホッパーとチェストがある部分を処理層として使います。 なのでここの部分付近を大きく掘ってあげると、のちのちサバイバルでは楽かもしれませんね。 水流エレベーター作製 次は、水流エレベーターを作ります。 水流エレベーターために一番奥のソウルサンドの上を合計27マス空洞を確保します 上にブロックあるようなら25マスくり抜くということです。 画像でいうと、赤丸の部分を上に掘っていきます。 この時どちらの方向に何があるか覚えておいて下さい。 この画像でいうと手前の方向に処理層を作りたいので、通路から見て右の方向に、上に上がってから掘り進めるので、方向感覚を失わないこと! なぜ右に掘り進めるかというと、処理層とスポナーの位置が半径16マス以内でないと、スポナーからゾンビが湧かないので、なるべくスポナーと処理層を近づけたいからです。 上まで掘り抜いた図。 画像の土ブロックには壊しやすいブロックをおいて下さい。 土ブロックから奥に8マス掘ります。 8マス目を下に掘り進めますが、水流を流したあとで掘り進めて下さい。 ここで最初に用意しておいた水バケツを使います。 土ブロックの位置に流して下さい。 水を流したあと、この土ブロックを壊すことで、水流が奥に行きつつ、土ブロックの下にも流れます。 なので、忘れずに土ブロックを壊して下さいね! この様に泡が出ていれば完璧です! 一応この上の部分は他のモンスターが入ったりするのを防ぐために、閉じておいて下さい。 下までくり抜いたら、画像のように回収機構を作ります。 次は、一旦スポナー付近まで戻ります。 壁をくり抜いたりして戻りましょう。 チビゾンビとチキンジョッキー処理機構 次にチビゾンビとチキンジョッキーの処理層を作っていきます。 まずは画像の緑の部分を幅1マス分掘ります。 こんな感じに5マス掘ります。 上から見るとこんな感じです、画像のように掘ります。 奥の段は1マスだけ下げて掘っています。 画像の赤部分は天井にぴったりとくっつけて下さい 編集の都合上天井をとっているだけです。 別角度から。 画像の赤丸の位置にボタンをつけます。 ボタンをつけたマスを少し掘り下げてマグマ 溶岩 を入れます。 このマグマでチビゾンビとチキンジョッキーを同時に処理するわけですね! 最後に画像のように掘った場所を閉じて、画像の土ブロックの位置に壊しやすいブロックなどをおいて下さい。 後で壊すのでわかりやすく壊しやすいブロックがいいです! 最終的にこんな感じで水が流れますね。 画像の手前側にはチビゾンビが流れ、奥側からはジョッキーが流れてきます。 最後に水を流す! スポナーまで戻ります。 スポナーの上にはハーフブロックを置いておくとゾンビがスポナーの上にわかず、落ちるまで待たなくてよいので効率がいいです。 画像の通りに水を流します。 わきつぶし たいまつなど は一番最後に外すか、ゲームモードをピースにして行いましょう ピースにしても実績は取得可能です。 画像の赤丸の位置に水を流します。 次に、この画像でいう手前の金ブロックの位置におりて、水を流します。 このようになると思います。 次に先ほど設置しておいた土ブロックを壊しましょう。 必ず水を流してから壊して下さいね! ここの壁は今は壊しませんが、壊してみるとこのように水が流れる仕組みになっています。 次はこの部分のボタンの上のブロックに水を流します。 拡大するとここのブロックですね。 つまりソウルサンドの列の始まりの ボタンの置いてあるブロックの 上のブロックに水バケツで水を流します 直接ボタンに水を流してしまうと水源化してしまうので、ボタンがおいてあるブロックには水を流さないでください。 さらに先へ進み、二段目のソウルサンドの部分に設置しておいたこのボタンを壊せば、装置は完成です!! 他の画像でいうと、ここのボタンのことですね。 ボタンを壊したあと、そのまま先へ進むと落下ダメージで死んでしまうので、一旦横の処理層 この画像でいうと手前 の部分に戻るとよいと思います。 追記 地表にこのソウルサンドの通路の部分が出ている場合、日光でドラウンドが燃えてしまうので、赤丸の部分 ちょうどホッパーがある部分 の上の部分には丸石など不透過ブロックを置いてください。 終わりに とっても長い記事でしたがここまで読んでくれてありがとうございました!! 丁寧に解説したらとても記事が長くなってしまいました、申し訳ない。。。 何か疑問点やわかりづらい点などありましたら、コメントまでよろしくお願いします!! Writer はんぺん ————追記あり————- 説明がわかりづらかったのでコメントの編集と記事の編集を致しました 画像も足しました。 ご参照頂けると幸いでございます。 ——————————— こんにちは、いつも見て頂いてありがとうございます! 水は、ボタンの上のブロックにバケツで水を普通に流せばボタンの上に水が流れる仕様になっているんですね。 なので、ボタンの上のブロックに水をバケツで流せば 置けば OKです! もしご質問がバケツで水を流すタイミングがわからない、という意味でしたら、1番最後に流して頂ければOKです。 スポナーを中心に、上から順番に水を流していくイメージで、装置は完成します。 何かわからないことがあれば、またお気軽にコメントしてくださいませ! えびちりさんが上げてるタイプがおすすめ. ゾンビ貯留槽,溺死槽,ドラウンド圧殺槽をトラップドアで仕切り,溺死時間に調整した対向ホッパーカウンターでトラップドアを開け閉めするメインカウンターでレッドストーンブロックを移動させて,ホッパーの機能制限,圧殺ピストンの駆動,圧殺時間調整カウンターの起動を行うもの. ・ドラウンド化するためゾンビスポナーの沸きに影響しなくなるため,高効率でゾンビが沸きます. ・ゾンビの装備品はドラウンド化時に無傷でドロップするため,大量の装備品が手に入りその処理に困ります. ・使いきれないほどのトライデントとオウムガイの殻が手に入ります. ・村人ゾンビも選別しやすいため,有益な村人のみ治療を施すことが来ます. BEでは仕様でトライデントとオウムガイの殻が手に入るので,絶対作るべきトラップだと思いますよ. はじめまして。 Switchにてプレイをしております。 流す!上げる!落とす!という原始的なトラップが大好きなので、丁寧な設置記事は大変有難いです。 溺死パターンは初作成でして、とても参考になりました。 全て組み上げた後にソウルサンドの設置を最後の3マス分作り忘れてしまい、ホッパー前の通常ブロック3マスをソウルサンドに変更して修正、稼働してみました。 最後のソウルサンド3つの終点のすぐ隣にホッパー、水流エレベーターの順で並んでる感じです。 ホッパーの上には水がありませんが、そこで詰まったゾンビがドラウンド化してました。 エレベーターのてっぺんでドラウンド化したり、落ちてから変化するゾンビもいました。 バージョンの違いか、水中で変化していないからか…変化の際の装備ドロップはありませんでした。 しかし、トライデントや金の延べ棒は手に入るので、常々満足です。 私は経験値タワーとして、湧きすぎ対策でマグマも置いて改造してます。 ご参考まで! はじめまして。 統合版1. 10アップデートにあわせまして新しくワールドを作成しこちらを参考にドラウンドトラップを作成。 普通のゾントラよりは少し手間はありますが流れて行くゾンビがドラウンド化するのを見るのが楽しく、ちょうどホッパーあたりで変化し装備を落とす仕様は完璧な計算、素晴らしい。 ホッパーで止まると書いてる方もいますが大体、ゾントラなども一旦、水流エレベーター前で詰まります。 押し出し方式は普通です。 ホッパー付きトロッコや回路より格段に低コスト、簡単です。 様々なトラップをつくりましたがドラトラは初めてで、ゾンビより腐肉をあまり落とさないのを初めて知りましたが新品の装備や道具がたくさん!使ってよし焼いてよしでまさに資材不足の序盤にこそ作るべきトラップですね!ありがとうございました。 ゾンビスポナーからドラウンド化する為の簡単な方法は蜘蛛の巣一つです。 落下させる一マスの穴に水源を設置して蜘蛛の巣を設置するだけです。 蜘蛛の巣から設置してしまうと水流で流されて蜘蛛の糸にアイテム化してしまう。 まずはボタンを設置してその上に水源を二つほど設置 落下水流を作らないこと 縦に二つ設置した下の水源に蜘蛛の巣を設置で完了です。 制作場所は完成された水流エレベーターを5マスほど高くして折り返し高くした分を落下させる部分を作る、蜘蛛の巣を設置スペースに活用。 あとは瀕死のなる高さから落下させるだけ。 自分も段々を作りましたがアップデートにより水流に逆らうモブや水源と一緒に置けるブロックが出来たので考えた結果蜘蛛の巣を設置で詰まることなくなりました。 人気記事ランキング• 5,100ビュー• 3,000ビュー• 2,800ビュー• 2,700ビュー• 2,300ビュー• 2,200ビュー• 2,000ビュー• 1,900ビュー• 1,600ビュー• 1,600ビュー 最近の投稿• カテゴリー• 9 最近のコメント.

次の