デロイトトーマツコンサルティング。 デロイトトーマツコンサルティング株式会社の評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (8204)

デロイト・トーマツ・コンサルティングのES対策!求める人材を理解して採用レベルの志望動機へ

デロイトトーマツコンサルティング

本記事の目次• デロイトトーマツコンサルティングについて デロイトトーマツコンサルティングはDTCはデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。 企業のさまざまな組織、機能、目的に対応したサービスを提供する専門家に加え、さまざまな業界・業種ごとの専門的知識と豊富なプロジェクト経験をもつエキスパートたちが、クライアントと共に経営課題の解決に取り組んでいます。 さまざまな業界・業種ごとの専門的知識とプロジェクト経験をもつインダストリーサービスと、組織、機能、目的に対応し、特有の課題を解決するコンピテンシーサービスの2つの軸のプロフェッショナルがチームを組み、サービスを展開しています。 また、グローバルに事業展開するクライアントをサポートする体制を有しています。 デロイト トーマツ コンサルティングは、デジタル社会の進展に伴う変革にとどまらず、さらにその先を見据え、企業のエクスポネンシャル(指数関数的)な事業成長の加速を多面的に支援しています。 日本、そして世界を取り巻く環境が目まぐるしく変化する今日、成長を続けると同時に、持続可能な社会の創造とその発展に貢献していくことが、これからのビジネスに求められている価値観であると考えています。 次世代のために、その先にある未来のために、クライアントとともにバリューを創り出し、世界へと届ける。 デロイト トーマツ コンサルティングはクライアントと共に日本を、世界を進化させ続けています。 デロイトトーマツコンサルティングの会社情報 企業名 デロイトトーマツコンサルティング 本社所在地 〒100-6390 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 17階 支店住所 全国に多数 HPのURL 設立年月日 1993年4月 代表取締役 宋 修永 役員 経営会議議長 副社長:川原 均、執行役員 経営会議メンバー:篠田 昌典、日下 明彦、佐瀬 真人、シニアアドバイザー:近藤 聡 上場・非上場 非上場 電話番号 03-5220-8600 FAX番号 03-5220-8601 決済月 5月 売上高 709億7,700万円 従業員数 2,381名 男女比 現在調査中 CM動画 デロイトトーマツコンサルティングの事業内容 主な事業内容は、経営コンサルティングです。 経営理念とビジョン 経営理念 経済社会の公正を守り率先してその発展に貢献する、クライアントの期待を超える知的専門サービスを総合的に提供する、各人の個性を尊重し能力を発揮できる生きがいのある場を創りだす ビジョン 100年先に続くバリューを、日本から。 年収と年度別・年齢別年収 年収(平均年収、年度別平均年収、年齢別平均年収) 年収は486万円~1,448万円で、平均年収は815万円です。 年度別平均年収は、こちらです。 現在調査中 年齢別の平均年収は、下記となっております。 20~24歳:486万6,000円 25~29歳:686万円 30~34歳:787万5,000円 35~39歳:876万,7000円 40~44歳:928万円 45~49歳:970万2,000円 50~54歳:987万2,000円 55~59歳:944万7,000円 60~64歳:667万2,000円 給与制度・福利厚生 初任給も調査致しました。 初任給は現在調査中ですが、初年度530万円程度 では、給与制度やひと月の残業時間、有給消化率、離職率はどうなっているのでしょうか? 給与制度 デロイトトーマツコンサルティングの離職率は現在調査中です。 【給与制度】 昇給:年1回、賞与:年2回 【月間残業時間】 81. 4時間 【有給消化率】 45. 社内制度はフレックスタイム制度があります。 人事制度は「アワーグラス・モデル」を適用しており、始めから専門性を固定するのではなく、 色々な分野のプロジェクトを経験しつつコンサルタントとしての基礎スキルを身につけていき、数年後に自身のこれまでのプロジェクト経験を振り返り、適性や将来を考えて専門領域を絞り込み、その中で更に経験やスキルを積み重ねていきます。 出典元: 会社評判・口コミ・ブラック企業度合いは? 社内外で研修やセミナーに参加する機会が多く、新たな知識や見識を広げることが出来ます。 また、同業および他業種の動向やトレンドを常に追い、勉強し、自己研鑽するすることが求められる会社環境の為、常に最先端のビジネス・シーンの動きを能動的に学習するのが好きな人や、上昇志向が強く、将来的に起業独立を考えているタイプの人にはやりがいのある会社と言えるかもしれません。 出典元: ブラックな口コミは? 就業規則があるのにも関わらず部署の上司によって休みも取れません。 夏期休暇の延長も不可フレックスも使えません。 整えても使えないのでは全く意味がありません。 管理者がマネージメントを怠ってる場合規定にそわない勤務を強いられて労基問題だらけです。 出典元: 会社の著名人は? 現在調査中 デロイトトーマツコンサルティングの採用情報 採用人数、インターン 採用人数は職種により変動で、インターンは擬似プロジェクトを通じ、経営コンサルティング業務を体感できます。 出身大学の傾向・学歴 応募は公募式なので出身大学や専攻等による不利な点はありませんが、結果として大学院卒やMBA等の学歴の方が内定者の中には多いようです。 デロイトトーマツコンサルティングのまとめ いかがでしたか?「デロイトトーマツコンサルティング」はあなたの将来稼ぎたい年収でしたか? 年収チャンネルでは、大企業の年収、ベンチャー企業の年収を随時調査しております。 お探しの企業がある方は以下からお探しください。 学校の先生や両親はなかなか教えてくれない 『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』 などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。 今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい! 大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい! 今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい! などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。 気軽に株本までLINEで相談してください。 なるべく早めにご返信します。

次の

デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティングの年収は以下のようになっているようです。 デロイトの給与は、BIG4の中では最も高いと考えてよいでしょう。 ただ、年齢や経験、役職によってやはり大きく変わってきます。 また戦略コンサルタントに比べれば金額は低くなります。 (戦コンであれば最低800万円程度貰えるイメージ) 某電力会社案件などで潤っているなどと聞きますし、インセンティブや賞与などを考えると高い年収が期待できます。 特に冬の賞与に反映されるため、人によっては、通常の2倍ほどの賞与がもらえることもあったようです。 また、年俸制で新卒でも530万円という高い給与ではあるものの、家賃補助などはないので最初のうちは給与の伸びを感じにくいかもしれません。 マネージャークラスとなれば、1000万円を超えるため余裕が出てくるでしょう。 1.『』 年収800万以上や外資系への転職に強い 2.『』 評判の良い総合転職エージェント 3.『』 フリーコンサル案件に特化したエージェント 福利厚生は充実している? 各種保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、総合福祉団体定期保険、財形貯蓄制度、労災保険 退職金制度、企業年金基金、定期健康診断、自己啓発援助など 諸手当 通勤手当、出張手当のみ 休日休暇 慶弔休暇、年末年始、夏期休暇、有給休暇(初年度10 日、最大20 日) 一般的な福利厚生となっており、目立った特徴はありません。 有給休暇も一般的な日数なので、取りやすいかどうかです。 当然、プロジェクトによって左右されるので、土日出勤しなければならないような時もあります。 閑散期やプロジェクトの間には、長期休暇を取得する人もいます。 コンサルなので当然と言えば当然です。 ただ裁量労働なので、自分でスケジュールが管理できればプライベートも確保できるでしょう。 コンサルとしての仕事の早さが問われるので、アウトプットのイメージがつかめないと深夜までタスクを行っている人も多いです。 どのコンサルにも言えることですが、優秀な上司も多いので、ハングリー精神がある人間にとっては成長できる環境ではあります。 精神的にきついと感じる人もいるため退職者もそれなりにいるため、入れ替わりが激しいのは事実です。 デロイトトーマツコンサルティング合同会社の情報 事業内容 4大監査法人の一つであるDeloitte Touche Tohmatsuのメンバーファームでクライアントの事業戦略立案から実行まで一貫して支援しています。 2,300名規模のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のエリアで最適なサービスを提供することを目指しています。 他の外資系ファームと比較すると穏やかな社風で、人材を育成するという風土があるといわれています。 もし、外資系への転職が不安であれば、お時間がある時に以下記事を読んで頂くと良いかと思います。 参考記事: 会社の特徴 4大監査法人のグローバルネットワークを活かしたクロスボーダー、クロスファンクション(コンサルティング、フィナンシャルアドバイザリー、監査、税務)でのワンストップソリューションの提供が強みといえます。 2006年当時300名程度だった人員は、2017年には2100名以上にまで急増しています。 社内での会社の評価は「堅実な社風」と捉えられており、会社の将来性や成長性、安定性においては高い支持を得ています。 インダストリーサービスでは、日本と米国で混成チームを組成し、日本と米国における銀行業の収支構造やビジネスモデルなどの違いの具体的な調査を行い、トータルサポートを実施しています。 抽象的ではなく具体的なサポートをすることで、クライアントのグローバル展開における大きな足掛かりをつくり貢献することに成功している会社です。 その他にも情報・メディア・通信・資源・自動車などの様々な分野においての活躍が見られます。 あとは、東電案件が何かと話題ですよね。 BIG4について ご存知の通り、デロイトはBIG4の一角です。 日本のBIG4系コンサルとして最も規模が大きく、リーダー企業として存在感を示しています。 その他BIG4については以下にまとめていますので、お時間ある時に読んで頂けると幸いです。 ・ 教育制度の評価と新卒の教育・中途採用の場合の教育は? 各インダストリーやコンピテンシーユニット主催の勉強会などあるようですが、全員が受けるわけではありません。 成長環境かどうかは、所属の上司やユニットの状況に左右されるため、主体的にプロジェクトを選ぶ意思を示すことが必要です。 上司等への相談はしやすいとの話も聞くので、自分の動きによって大きく変わるはずです。 新卒採用の場合には、1. 5か月の研修と1か月のOJTがあるようです。 中途入社になるとペーシックなPCスキルと成果物作成スキルを1週間ほどの研修で教わるようです。 BIG4の中でも年収が高いため、戦略系ファームからの転職者が比較的多い印象です。 専門性の高い人材も募集しているため、事業会社やSIerから転職する方もいます。 転職者に求める資質については、以下のようなものが挙げられます。 「日本の国際競争力の再興」「企業のみならず政府・NGO等を含むクロスセクターでのインパクト創出」という広い視野と志を持つ人• グローバルPJが大半であるため、志向性・語学力は必須のため、英語などを学んできた人• 積極性、協調性、根気強さ・打たれ強さ、泥臭い仕事を厭わない覚悟など、仕事に対して熱意のある人 コンサルファーム出身者であれば、比較的良い条件で、かつ採用可能性も高いため、穴場の転職先と言えそうです。 経験業務 転職を成功させる上で、事業との関連性を経験業務を持って語れることは重要です。 デロイトは、幅広くアドバイザリーサービスを提供しており、一概には言えませんが、代表的な アドバイザリーサービスにおいてどのような経験が求められているかをまとめました。 戦略 ・経営戦略コンサルティングファームでのコンサルタントとしての実務経験 ・事業会社等での経営企画部門・新規事業開発部門での実務経験 ファイナンス ・経理・財務部門における改革プロジェクト経験 ・ 経理・財務部、経営企画部などの計数管理、計画立案を遂行する部門での経験 デジタル ・コンサルティングファームでの実務経験 ・システム開発経験(アプリケーションまたはインフラストラクチャー) ・インターネットサービス企業やWebサイト企画・運営会社などでの実務経験 ・事業会社の経営企画・情報システム部門などでの実務経験 当てはまらないからと言って諦める必要はありません。 自分の経験をデロイトの業務に紐付けることができるか考えてみましょう。 デロイト内部のコンサルタントや転職エージェントに相談すれば、新しいアイデアも生まれるのでオススメです。 求められる人柄や会社の雰囲気など 外資系の割には堅実な社風ではありますが、仕事をこなしていく裁量を持たせてもらうが出来ます。 中途採用者が活躍していることからも、今まで培ってきたコンサルスキル、ITスキルがあれば、非常に活躍しやすい場所であるともいえます。 多忙のためか、飲み会などがあまりされていないとの話もあるので、仕事とプライベートを割り切ってやっていきたい人にも向いているかもしれません。 デロイトトーマツコンサルティングへの転職を検討している方がすべき1つのこと ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。 その理由は下記3点です。 Webには出てこないデロイトトーマツコンサルティングのリアルな情報が手に入る可能性がある• デロイトトーマツコンサルティングおよびその他ファームの非公開求人を紹介してもらえる• 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる デロイトトーマツコンサルティングへの転職を目指す方へのおすすめエージェント デロイトトーマツコンサルティングを目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。 転職エージェント 登録すべき人 ランスタッド 高年収を目指す、すべての方 Type転職エージェント 年収800万以下のすべての方 アクシスコンサルティング コンサルタント転職を目指す、すべての方 ランスタッド は、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業。 39の国と地域で活動し、日本には93の拠点があります。 年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。 世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

次の

デロイト トーマツ コンサルティング|会社案内|デロイト トーマツ グループ|Deloitte

デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)は、日本最大級の経営コンサルティングファームでありマネジメントコンサルティングのリーディングファームのひとつ。 Deloitte Touche Tohmatsu(世界140カ国に16万人以上のプロフェッショナルを抱える)のメンバーファームで、監査法人トーマツ(最大級の会計事務所)、DTC-FAS(財務アドバイザリー)とも連携し、あらゆるサービスラインで、かつ、クロスボーダー案件にも対応している。 人を育てる社風があると言われており「Up or Out」といわれる外資系に顕著な厳しい社風というよりは、厳しい中でもコンサルタントとして一人前になるまで社内でしっかり面倒を見るという考え方が浸透している。 そのため、採用の段階においても「一人前のコンサルタントに成長できる素質を持っているかどうか」を基本的な選考の視点としている。 コンサルティングプロジェクトにおいては純粋な戦略立案のみならず、実行支援まで含めたプロジェクトが多く、昔から業務改革コンサルに強く、案件の割合としてはどちらかというと戦略系よりも業務系が多い傾向にある。 2010年10月に、トーマツ コンサルティング(中京・関西・西日本)と統合し、東京以外にも、中京 名古屋 ・関西 大阪 ・西日本 福岡 での拠点採用もある。 社名 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 URL 日本: 設立 平成5年4月 代表 佐瀬 真人(代表執行役社長) 人員数 3,138名(2019年11月末日現在) 所在地 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング17階 沿革 1981年 等松・トウシュロス コンサルティング設立。 1993年 経営コンサルティング部隊とIT部隊へと分離し、経営コンサルティング部隊が独立してトーマツ コンサルティングを設立。 1997年 残っていた等松・トウシュロス コンサルティングのIT部隊がデロイト トーマツ コンサルティング(旧DTC)に社名を変更。 この時点でトーマツコンサルティングと旧DTCの2組織が存在。 2003年 旧DTCが監査法人トーマツとの資本関係を解消、デロイト トウシュ トーマツより脱退。 トーマツコンサルティングのみが監査法人トーマツの傘下に残る。 2008年 トーマツ コンサルティング(東京)がデロイト トーマツ コンサルティング(現DTC)へ社名を変更 2010年 トーマツコンサルティング 中京)(関西)(西日本)の各社と経営統合 2015年 グループを構成する4つのコアビジネス(監査・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリー・税務)のひとつを担う事業会社として、監査法人の100%子会社である株式会社から、監査法人などと同列の事業体である合同会社へ転換 2018年 デロイト トーマツ50周年。 日本初となる全国規模の監査法人を創設してから50年。 2018年 2018年6月、デロイトグループの戦略コンサルティング部隊として「モニター デロイト」始動。 【オンライン開催】アクセンチュアStrategy 女性向けケース面接ワークショップ開催! 【オンライン開催】会社紹介及びコンサルタントとしての働き方を疑似体験して頂くグループディスカッション形式のワークショップも実施します。 大手総合系コンサルティングファーム出身者のキャリアコンサルタントがお答えします! 地方・遠距離の方など直接お会いして対面でのご面談が難しい方向けに、お電話や、Skype、Zoomなどを使ったオンライン面談を随時開催しております。 元コンサルの女性キャリアコンサルタントが対応させて頂きます。 転職について、これからのキャリアについて個別相談会を実施しています。 戦略コンサルタントになるために必要なことなど意見交換・ご相談をさせて頂きます。 大阪開催決定!ムービンではコンサルティング業界の情報や人気ファームの最新ニーズにご興味をお持ちの方を対象に、今後のキャリアについてのご相談や、コンサルティング業界についての個別説明会を随時実施しています。 お気軽にご相談ください! 20代、30代の東工大出身者のために、今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しております。 ざっくばらんにお話をさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。 20代、30代の東大・東工大・一橋・慶應・早稲田大学出身者の方々のための今後のキャリアについての個別相談会を随時開催しています。 戦略ファーム各社のコンサルティング内容や求める人材像などお話を伺って参りました。

次の