つる なし インゲン。 つるなしインゲン 「サクサク王子®ネオ」|商品情報いろいろ検索|タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ

つる「なし」インゲンって支柱いらずで収穫も早いからいいね

つる なし インゲン

つるなしインゲンの水やり 乾燥には弱いため、土の表面を触って、乾燥しているようであれば水をあげましょう。 ただし、雨にも注意が必要です。 開花時期に雨に当たると受粉が上手くいかず、実つきが悪くなってしまいます。 そのため、日はあたるものの雨にはあたりにくい場所にプランターを置くのが理想的です。 同様の理由から、開花時期の水やりは高いところからやらずに、株元に水を与えるようにして、花が水に濡れないようにします。 また開花時期は特に乾燥に弱いため、土の表面が乾燥することがないように特に注意を払いましょう。 水分が不足していると、花が落ちてしまいます。 開花時期には気温も高くなってきますから、敷き藁をするなどして土の表面からの水分蒸発を抑えることで、乾燥対策になります。 つるなしインゲンの追肥 つるなしインゲンはマメ科の植物ですから、根に根粒菌が付き、根粒菌が空気中の窒素を原料として作った肥料分を根から吸収しています。 過剰な追肥は根粒菌の付きを低下させたり、茎と葉ばかりが成長して実がつかない「つるぼけ」状態を招いたりします。 そのため、追肥は根粒菌の活力が弱まってくるまで待ちます。 花が咲き始める頃になると、根粒菌の活力も弱り始め、反対にインゲンの株はより多くの栄養を必要とするようになります。 開花を目安に、化成肥料およそ10グラムを全体に散らすようにして与えます。 追肥を行った後には軽く土寄せを行うと効果的です。 初回の追肥以降は、2週間に1回を目安に追肥を行うようにしましょう。 つるなしインゲンの支柱立て つるなしインゲンは、支柱がなくとも健全に育つ場合もありますが、丈がある場合には倒れやすくなります。 また、台風などで強い風が吹くことが予想される場合には、支柱を立てて倒伏対策をすることができます。 つるなしインゲンの支柱は、70センチ程度のものを選びます。 根を傷つけないよう、株元から少し離して支柱を立てましょう。 支柱をしっかりと立てたら、麻紐を使って茎を支柱にしばりつけて支えるようにします。 つるなしインゲンの収穫 開花から10~15日で収穫適期となります。 莢が13センチ前後の状態の若莢を収穫するようにします。 収穫が遅れてしまうとみるみる硬くなって食味が悪くなってしまうため、早めの収穫を心がけましょう。 つるなしインゲンは連作障害を受けやすいため、過去3年のうちにマメ科の植物を栽培した土は使わないようにしましょう。 毎年新しい野菜用培養土を購入すれば連作障害を気にせず栽培することができます。 連作を行うことで生育が悪くなるばかりか、病気の原因にもなりえます。 つるなしインゲンの害虫対策 つるなしインゲンにつく主な害虫はアブラムシとハダニです。 アブラムシは初発なら粘着テープで捕殺しますが、大量に発生してしまった場合には粘着くん液剤やスミチオン乳剤を散布して対応しましょう。 アブラムシはウイルス病を媒介することがありますので、特に注意が必要です。 ハダニにはマラソン乳剤を散布して対応しましょう。 マラソン乳剤はハダニ以外にも、吸汁被害をもたらすカメムシ類やマメシンクイガにも適用があります。 つるなしインゲンの病害対策 ウイルス病はアブラムシによって媒介される病害で、一度発生してしまうと薬剤での治療は不可能です。 株の先端から枯れたように色が悪くなり、しおれが徐々に株元に向かって進行していったり、葉にモザイク状に濃淡が現れる病態を示します。 ウイルス病に感染した株は根元から抜き去り、すぐに処分しましょう。

次の

つるなしインゲン 『2019 大江戸菜豆』 風林火山

つる なし インゲン

つるなしインゲン インゲンはつる性種とつるなしのわい性種があります。 以前はつる性種を栽培していたのですが、ある程度育つと茎の中に虫が入ってきて枯れてしまったり、支柱を作ることも面倒になってしまい、最近は主につるなしインゲンを栽培しています。 このつるありインゲンやつるなしインゲンは莢(さや)ごと食べるので「サヤインゲン」とも呼ばれていますが、この近辺ではテナシインゲンと呼んでいます。 テナシインゲンは草丈が低いから支柱無しを意味するテなのか、それともそれらを含め手間無しだからのテなのか? プランター栽培はこちら 豆関連記事 気候にもよりますが、サヤインゲンは5月に種をまくと50日くらいで収穫が可能になります。 つるなしインゲンの種をまいた日付は記録していませんが、5月8日前後かなと思います。 一ヶ所に3粒づつ畑にまいています。 元肥に化成肥料を忘れて入れなかったので、株間にまいています。 2010-5-25 写真をアップすると雨あがりで葉の裏に泥が跳ねていますが、これではいけませんね。 何らかのマルチングをするといいです。 2010-5-25 この時期は生長が早いですよ。 本葉2枚のころに生長の良い苗を2本残します。 その際苗を引っ張らないでハサミで切ります。 奥にはが植えてあります。 2010-6-9 土寄せしてから消石灰をふりふりしました。 なんでも病気になりにくいとか・・・ に消石灰や苦土石灰をふりふりしたときは確かに満足の出来でした。 2010-6-9 このあとは花が咲く前に、パラパラと化成肥料を追肥しておきました。 インゲンは豆なので根粒菌が付くので窒素は控えるように思えるでしょうが、根粒菌ができるスピードより生長のスピードのほうが早い(自己判断なので、真意のほどは?)ので、チッソ控えめではなく、普通の野菜の化成肥料を与えています。 (ホツ 早いものでもう花が咲き始めました。 これまでのインゲン(さつきみどり)は白い花でしたが、赤紫の花のつるなしインゲンは初めてです。 とても美しい花ですね~ 2010-6-19 この時期は油断したら草で覆われてしまいます。 上から見ると花が隠れています。 つるなしインゲンは草丈が伸びませんから、まめに除草をします。 またこの時期は乾燥させないようにします。 除草と乾燥を防ぐにはマルチングをするとよいです。 2010-6-20 葉の下には沢山の花が咲いています。 2010-6-26 莢(さや)の具合も食べごろになりました。 種をまいてから45日にはならないと思います。 つるなし品種は種まき後35~50日ぐらい(開花後8~12日)から収穫できます。 莢(さや)が若く軟らかいうちに順次摘み取っていきます。 収穫が遅れるとスジっぽくなってくるので、早めに収穫します。 我が家だけの消費なので、それでも食べきれない収穫があります。 他の野菜は天敵も出現するので十分です。 でもインゲンはこの時期になると必ず莢(サヤ)や茎がメイガに食害されてしまいます。 2010-7-16 サヤ、茎や葉柄の中には、このような虫がいます。 昔は「フキノメイガ」といいました。 アズキ、インゲン、ナス、オクラにいるのは アズキノメイガと呼ぶことにしましょう・・・とありました。 メイガの発生する時期が同じなら、もう少し早くポットにまくといいかもしれません。 それとも種をまいたときから防虫ネットをかけるとかすると1ヶ月間は収穫が可能です。 2010-7-16 このように花が咲き始めてまた実がなりだしたので、株を抜けなくなってしまいました。 通常は虫が出てくるようになった時点で抜いてしまいますが、今回は虫を捕殺しつつ、インゲンを育ててみることにしました。 メイガが葉に巻きついているなら天敵がいて退治してくれるのですが、このように茎の中に入ってしまうのはどうしようもないです。 メイガの糞がある茎を見つけたときはほじくって中の虫を捕殺。 がいるときは目の前に差し出したりして・・・ 関連記事 少量の化成肥料をパラパラ程度に撒いてあります。 2010-8-13 結構ワンサカとなっています。 かなり実りすぎたインゲン(でこぼこがある)は外して、素揚げにすると超美味です。 インゲンは一度にたくさん収穫が出来てしまい、料理で余ってしまうので困ることがあります。 そんな時は素揚げしてから熱いうちに塩を振って食べてみてください。 料理と言えないほど簡単なものですが、 だまされたと思ってやってみてください。 私も「だまされたと思ってやってみて」と言われ、今ではすっかりハマっています。 お酒やビールのおつまみに最高ですよ!(揚げすぎないことで短時間がコツ。 余熱での加熱が考慮) 2010-8-19 9~10月は一斉に収穫とはいきませんでしたが、野菜の天ぷらをするときなどはちょうどよい量が収穫できました。 2010-10-2 長期間になったので月に一度の果菜用の肥料を少量施してあります。 豆はご存知のように根粒菌があるので、窒素分が多いとツルぼけしてしまいます。 2010-10-7 枯れてしまった枝や株もありますが、まずまず・・ でもこのように古い株を続けて育てるより、新たに種をまいて育てたほうが良い実が収穫できるでしょう。 2010-10-14 太いのやら細いのやら混じっているインゲン。 これにて終了です。 2010-10-20 ******************************* つるなしインゲン(テナシインゲン)の育て方 マメ科野菜との連作は避けます。 2~3年は同じ場所に作らないようにしましょう。 つるなしインゲンはつるありインゲンより栽培期間は短いですが、まく時期をずらせば年に3回は栽培できます。 関西方面では三度豆とも呼ばれています。 我が家ではこのとき化成肥料を少なめにして、堆肥代わりの自家製ぼかし肥料少量を入れています。 直播きの場合は、霜の心配がない時期になってからまきます。 ポットに早まきしておいて、霜の心配がなくなった時期に定植しても良いし、トンネル栽培ならもっと早く準備しても大丈夫でしょう。 株間30~35cmで、1カ所に種を3粒づつ点まきします。 種の大きさの3倍、約2cmくらいの深さの覆土をします。 覆土が少ないと、根の部分が浮き上がったり、種皮をかぶったまま発芽して子葉が開かなくなってしまいます。 最後に手のひらで軽く押さえて土になじませ、たっぷり水をやります。 トンネルにし、防虫ネットや不織布をかけると安心です。 3~4日で発芽しますが、発芽しないところには、新しい種をまき直します。 ポットに別に種をまいておくと、発芽しないところをカバーすることができます。 本葉2枚のころに2本にすると、お互いの体を支え合って倒れにくくなります。 2回目は1回目から約20日後、株当たり化成肥料大さじ1をまきます。 常に葉の裏もよく見ておき、殺虫剤を散布します。 (我が家では散布無しです) アズキノメイガも糞を見つけたら、そこにいるので捕殺します。 Category List• 育てた草花が多いので、このような分類になってしまいました。 下のサイト内の検索をご利用ください。 下のサイト内の検索をご利用ください。 ハーブや山野草は集め始まるとハマリそうな感じがするので、いまのところなるべく見ないようにしています。 特に山野草は究極の美があり、最終的には山野草で終わりそうな感じがします。 もう少し先になってからにしよう・・・• 1996年ごろから集め始まり、一時は約50種類ありましたが、2015年現在では半分になってしまいました。 主に畑で育てていますが、他の樹木と比べると枯れるのが多く、大分入れ替わっています。 開花時期にアシナガコガネの被害に悩まされて諦めてしまったこともありましたが、2016年から再び集め始めました。 球根はほとんど植えっぱなし状態です。 多年草は庭や畑に多種類をランダムに植えています。 手間がかからないので重宝しています。 本格的に多肉を集め始まったのは2012年からです。 2017年現在でその数350~400種になりました。 皆さんがお店よりたくさんある~! お店を開いたら? 2014年から多肉の寄せ植えをしたり春と秋にオークションに数度ほど。 我が家の庭や畑にある花木・樹木・果樹でしたが、身近にあるよく見かけるものも追加しました。 造園のかたや深い知識がある義弟の協力、自分でもネットや本で相当調べていますが、間違っていたらごめんなさい。 室内の観葉植物だけではなく、葉がきれいな植物も含まれています。 約42年間(2014年現在)、自宅近くの畑で、主に自家消費するだけの色々の野菜を栽培してきました。 ブログを書き始めた2006年あたりから、毎年試行錯誤でこれまでとは違った野菜作りをしています。 成功のときもあれば失敗するときもあるので、そのときの様子を記しています。 最初は植物ばかりのカテゴリでしたが、身近なところの虫・鳥・猫などの動物を追加しました。 ムシの苦手なかたはぎょっとするような大きな画像があります。 ご注意ください。 でも見続けることで、慣れますよ。 私がそうでした。 それから素人ですので、名前などの間違いがあるかもしれません。 悪しからず・・・ 幼児期には多様性を持った生物(植物・動物)に触れたりする体験が重要かな・・・と思うこのごろです。 野菜や花には欠かすことのできない虫。 この年になって初めての世界が見え始めてきました。 かなり面白くてドップリ状態です。 素人の寄せ植えやフラワーアレンジメントです。 購入したものや自宅にあるものでつくりました。 フラワーアレンジメントも主に自分で育てた花を使っています。 追肥(ついひ、おいごえ)とは,閉鎖花(へいさか)とは,ボーダーガーデン(境栽花壇),など。 庭づくりに関連した記事ですが、ど素人です。 毎年のようにあれやこれやと庭や花壇をいじっています。 自分が満足すればよいかな・・・と思っています。 身近な出来事、育てた野菜の料理、健康に関することなどを。

次の

つる「なし」インゲンって支柱いらずで収穫も早いからいいね

つる なし インゲン

おはようございます 我が家の屋上、家庭菜園&ベランダ菜園へようこそ~ つるなしインゲン <マメ科> 若い鞘(さや)を食べるインゲンには、 つるあり品種(ツルに実がなりツルは伸びて、草丈が2mほどに育つ)と~ つるなし品種(茎に実がなりツルは伸びず、草丈が50センチほどに育つ)があります。 今回は~コンパクトに出来る、つるなしインゲンで・・ ペチュニアとコラボのコンパニオンプランツでの栽培です。 このペチュニアは、コンパニオンプランツの効果の1つ。 先日のブログにも紹介したように、 ( コンパニオンプランツとは・・・種類の違う植物をそばに植えることで お互いによい効果を与える植物のことです。 ペチュニアは、春から秋まで花の時期が長い花でもありますが、 マメ科の植物のそばに植えるとそのマメ科につく害虫の被害を軽減するそうです。 ハモグリバエやアブラムシの害虫を防ぐとか・・・ 見た目も華やかに菜園を華やかにしてくれるので一石二鳥かもしれませんね。 <種まき時期> 種まき時期:4月中旬~6月中旬ころ *ポリポットにて種をまきし、鳥よけの 網をかけて~発芽を待ちます。 <植え付け時期> 本葉が3~5枚になったら、植え付け。 *元肥の栄養分(特にチッソ)が多すぎると葉ばかりが茂り 「ツルぼけ」になりやすいので、元肥は控えめに。 つるなしインゲンは、種まきから収穫まで約50~60日、 開花から10~15日後、サヤの長さが12~13センチに育ったものから ハサミでつけ根を切り収穫をします。 豆のふくらみが目立たない、サヤが柔らかいうちに収穫しましょう。 若採りすることで、株を疲れさせないようします。 *肥料切れすると、葉の色が黄色くなったり~ 実つきが悪くなるので、様子を見ながら追肥をしましょう。 <つるなしインゲンの特徴> つるなしインゲンは、コンパクトに育ちツルを長く伸ばさないので プランター菜園ではオススメな品種。 種まき時期から収穫まで、約2ヶ月と早いですが~ 収穫期間は20日前後と短く、収穫量もツルありに比べると少ないです。 緑色のインゲンの他にも~ こんなイタリア野菜で、黄インゲンや紫インゲンなどの品種もあります。 また、成熟させた豆を乾燥させてから食べるのは「いんげん豆」。 鞘(さや)は固いので食べず、鞘の中に入った熟した豆だけを食用にします。 1つに「インゲンマメ」といっても、 野菜に分類されるインゲン豆(さやいんげん)と 豆類に分類されるインゲン豆があるんですね。 ん~日本語の表現って繊細~ 「頑張って、野菜つくれよっ 」と応援していただける皆様、 ランキングに参加しています。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 そして 毎日の励みとなっています.

次の