大根 と 厚 揚げ の 煮物。 ほっとする味 厚揚げと大根の煮物のレシピ・作り方

切り干し大根の煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com

大根 と 厚 揚げ の 煮物

切干大根の煮物の下準備 切り干し大根はさっと洗ってから、たっぷりの水に20〜30分ほどつけて戻します(もとの重量の4〜5倍にふくれます)。 戻している間に、にんじんは4〜5㎝長さの少し太めのせん切り、油あげは細めの短冊に切ります。 切り干し大根がしっかり戻ったら手でぎゅっと水気をしぼります。 はじめに鍋で切り干し大根を炒めるので、ここでしっかり水をしぼっておくことが大切です。 それから、切り干し大根の戻し汁は大根の甘みが出ているので、 加える水分量200mlの半分くらいまでなら戻し汁を入れても美味しく仕上がります。 ただ、戻し汁200mlにすると少しうま味が足りずにぼんやりした味になるので、半量くらいまでにするとよいと思います。 はじめに炒めるのは 1分くらいでOKです。 続けて、鍋にだし汁と油あげを入れ、Aの調味料をすべてを加えて軽く混ぜ合わせます。 沸いたら 弱火にして落し蓋をして12分前後ほど煮ます。 10分経ったら、落し蓋を取って箸で混ぜ合わせます。 鍋底一面にうっすら煮汁が残っているくらいでちょうどよい加減になっていると思います。 味をみて良ければ火を止めます(少し煮詰め加減があまいようならもう数分煮てあげましょう)。 仕上げにゆでた絹さやを刻んで加えても美味しいです。 コクのある仕上がりにしたいときはサラダ油の代わりにごま油を使っても。 また、青みはなくてもOKですが、加えるなら絹さや以外にも刻んだ三つ葉をさっと煮上がる1〜2分前に入れても美味しいです。 冷蔵庫で3〜4日ほど、冷凍すれば一か月ほど保存ができます。 まとめて作るのもおすすめです。 2倍分量で作るときは、だし汁以外の材料を2倍にして、だし汁だけ1. 5倍の300mlで作るとよいです(だしが400mlだと煮詰める時間が長くかかるため)。 だし汁は、、、などで。 煮干しだしで作っても美味しいです。 保存したものを食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。

次の

圧力鍋で大根柔らか!さつま揚げのしょうがじょうゆの煮物のレシピ

大根 と 厚 揚げ の 煮物

豚バラ肉切り落とし:200g• 大根:12cm• 卵:3個• 玉ねぎ:1/2個• 長ねぎの青い部分:1本分• しょうが:ひとかけ• 青ネギ:お好みで 【A】• 醤油:大さじ3• 酒・みりん:各大さじ2• 砂糖:大さじ1• 塩:小さじ1/2• 水:適量 レシピ 【煮物作りのポイント1】下準備 1. 豚バラに塩を少々ふりかけます。 大根は2cmほどの半月切りに、玉ねぎはくし切りに、生姜は薄切りにします。 卵はお好みの硬さに茹で、殻をむいておきます。 下準備は料理を美味しくする大事な工程です。 丁寧に行いましょう。 【煮物作りのポイント2】具材に火をかける 4. 鍋に大根・長ねぎ・生姜を、かぶるくらいにの水を入れて20分煮込みます。 この時に、煮込む時間がかかる固い具材から入れるのがポイントです。 【煮物作りのポイント3】煮込み途中のアク取り 5. 豚肉・玉ねぎ・Aを加えてアクを取り、落し蓋をしてさらに10分ほど煮込みます。 しっかりアクを取ることによって、素材本来の味を残すことができ美味しさがアップします。 【煮物作りのポイント4】煮込んだ後は寝かせる 6. 長ねぎを取り出し、卵を加え5分ほど煮て火をとめ放置します。 火を止め少しおいておくと、冷めているときに味が染み込みます。 この寝かせる作業が煮物を美味しくする大事な工程。 しっかり寝かせて美味しく食べましょう。 時間がたったら器に盛り、最後に青ネギを添え完成です。 煮物作りの簡単な近道はどの工程も丁寧に行うことです。 丁寧に行うことによって、早く味が染み込み美味しくなりますよ。 煮物の定番おでん レシピ 【煮物作りのポイント1】出汁の準備 1. 鍋に水・だしパック・昆布を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にし、3分ほどでだしパックを取り出します。 調味料を入れてあたためます。 煮物のすべてが決まる煮汁。 しっかり出汁をとって美味しく仕上げましょう。 【煮物作りのポイント2】食材の下処理 3. 大根は皮をむき、面取りをして隠し包丁を入れて下茹でをします。 じゃがいもは皮を剥きます。 蒟蒻は格子に切り込みを入れた後、塩もみして下茹でします。 練り物を湯どおしします。 卵は固茹でします。 丁寧な下処理をすると、完成時に良い香りだしになりますよ。 【煮物作りのポイント3】煮込んで寝かす 8. 出汁に大根・ゆで卵を入れて、ふたの隙間を開けてのせ、弱火で40分~50分ほど煮込みます。 その後、じゃがいも・練りもの・ウインナーを入れ、20~30分ほど煮込んだ後、放置して寝かせて完成です。 食材の入れる時間帯をズラすと均等な味付けになります。 染み込みやすさを意識して食材を入れてみましょう。 簡単に作るポイントは、食材を小さめに切ること。 そうするとことで早く染み込みます。 簡単美味しいひじき煮 材料• ひじき:50g(戻したもの)• しらたき:1袋(130g)• 人参:1/2本• 大豆:1缶(100g)• ごま油:小さじ1• A だし汁:400ml• A 醤油:大さじ4• A 砂糖:大さじ2• A みりん:大さじ1 レシピ 【煮物作りのポイント1】下準備 1. 出汁をとります。 しらたきは調理バサミで短めにカットし、人参は皮をむいて拍子切りにします。 切り方次第で染み込み加減が変わり、美味しさが変わります。 【煮物作りのポイント2】炒める 3. 深めのフライパン、または片手鍋にごま油を入れ、人参を軽く炒め、続いてひじき・しらたきを炒めます。 炒めることにより味が染み込みやすくなりますよ。 【煮物作りのポイント3】煮込む 4. だし汁・Aの調味料・大豆を入れ、アルミホイルなどで落し蓋をし、10分ほど煮込んだら完成です。 簡単に作れるポイントは、耐熱容器に拍子切りにした人参を入れて、レンジ500Wで2分加熱すると少し工程が簡単になります。 鶏と豆腐の塩だれ煮 材料• 鶏もも肉:1枚• 鶏ガラスープの素:大さじ2• みりん:大さじ1• 水:600ml• ごま油:適量• 塩胡椒:適量 レシピ 【煮物作りのポイント1】下味はしっかり 1. 鶏もも肉1枚は食べやすく切って、塩胡椒で味付けをします。 【煮物作りのポイント2】少しずつ煮込む 2. フライパンにごま油ひいて焼き、鶏ガラスープの素大さじ2・みりん大さじ1・水600mlを入れ4分ほど煮込みます。 【煮物作りのポイント3】盛り付け 3. 切った豆腐1丁・水菜も適量入れて1分ほど煮込み、器に盛って残りの水菜を盛り付け完成です。 ・煮物はどの料理も丁寧にすることがポイント。 丁寧さが時短にも味にも繋がります。 レンジでできる簡単で美味しい煮物 煮物を作るのは煮込むだけではなく、料理によっては炒める作業も。 料理が苦手な人は、少しでも調理工程を減らしたいですよね。 続いては、レンジでできる簡単で美味しい煮物レシピをご紹介します。 豚バラ白菜煮込み 材料• 鯖みそ缶:1缶(100g)• じゃがいも:2個• 玉ねぎ:1/2個• にんじん:1/3本• しいたけ:1枚• さやえんどう:5枚• ごま油:小さじ1• A だし汁:100ml• A 酒:大さじ2• A 醤油:大さじ1 レシピ• じゃがいもは皮をむき一口大にして、水にさらします。 にんじんは皮をむき乱切りに、玉ねぎ・しいたけは1cm厚の千切りにします。 さやえんどうは筋をとっておきましょう。 片手鍋にごま油を熱し、じゃがいも・玉ねぎ・にんじんを入れて炒めます。 野菜に油が回ったらだし汁・しいたけを入れ、ふつふつしてきたら鯖みそ缶・酒・しょうゆ・さやえんどうを加えて落し蓋をし、弱火で10分ほど煮込みます。 落し蓋をはずして、お好みの汁加減まで煮る。 器に盛りさやえんどうを上に飾ったら完成です。 豆腐:1丁• 豚肉:うすぎり 200g• 舞茸:1/2個• 青ねぎ:適量• ごま油:小さじ1• だし汁:400ml• 醤油:大さじ2• みりん:大さじ2• 酒:大さじ2• 生姜:小さじ1• 塩こしょう:適量 レシピ• 舞茸はほぐし、生姜はすりおろします。 醤油・みりん・酒と合わせておきましょう。 豆腐は適当な大きさに切り、水から入れ、沸騰して2〜3分ほど茹でます。 両面に塩こしょうをし、中火で熱したフライパンに油を入れて焼き、色が変わってきたところで舞茸を合わせて炒めます。 舞茸に火が通ってきたところで、だし・調味料・豆腐を入れ、一煮立ちしたら蓋をして15分ほど煮込んで完成です。 ミートボールとキャベツのトマト煮込み 材料• 豚挽き肉:250g• 玉ねぎ中:1/2個• A トマトケチャップ:大さじ1• A 塩:小さじ1• A 胡椒:少々• A パン粉:大さじ2• A 牛乳:大さじ1• A 溶き卵:1/2個分• キャベツ:1/4個• カットトマト缶:1缶• トマトケチャップ:大さじ1• B 砂糖:小さじ1• B コンソメ:小さじ1. 5 レシピ• 玉ねぎはみじん切りにします。 ひき肉と一緒にボウルに入れたら、Aの材料を入れてよくこねていきます。 キャベツはざく切りにします。 1を小さい楕円形に成形して、ミニ肉団子を作ります。 中火で温めたフライパンにオリーブオイルをひき、2を並べていきます。 両面がこんがり焼けたら、カットトマト缶と水200mlいれて、少し火を強めます。 3が煮立ったら肉団子をフライパン半分に寄せ、キャベツを入れたらBの調味料も入れ、蓋をして弱めの中火で約15分煮込みます。 蓋を開けて、塩で味を整え、乾燥バジルを入れて混ぜたら完成です。 煮込みハンバーグ 材料• 大葉:6枚• 大根おろし:適量• ポン酢:適量 レシピ• 梅干しは種を取り除き、包丁でたたきます。 大葉は柄を切り落とし、縦半分に切ります。 豚バラ肉は半分の長さに切ります。 豚バラ肉を広げて梅肉を塗り、大葉をのせます。 これを同様に3回繰り返し重ね、最後に豚バラ肉を1枚のせて食べやすい大きさに切ります。 ボウルに天ぷら粉・冷水を入れて混ぜ、2をくぐらせます。 油を切って皿に盛り付け、おろしポン酢を添えて完成です。 アヒージョ味のポテト.

次の

大根丸ごと1本使いきりレシピ!簡単に作れる人気おかず13選。煮物やおでん、保存方法までムダなく使い切るワザ

大根 と 厚 揚げ の 煮物

豚バラ肉切り落とし:200g• 大根:12cm• 卵:3個• 玉ねぎ:1/2個• 長ねぎの青い部分:1本分• しょうが:ひとかけ• 青ネギ:お好みで 【A】• 醤油:大さじ3• 酒・みりん:各大さじ2• 砂糖:大さじ1• 塩:小さじ1/2• 水:適量 レシピ 【煮物作りのポイント1】下準備 1. 豚バラに塩を少々ふりかけます。 大根は2cmほどの半月切りに、玉ねぎはくし切りに、生姜は薄切りにします。 卵はお好みの硬さに茹で、殻をむいておきます。 下準備は料理を美味しくする大事な工程です。 丁寧に行いましょう。 【煮物作りのポイント2】具材に火をかける 4. 鍋に大根・長ねぎ・生姜を、かぶるくらいにの水を入れて20分煮込みます。 この時に、煮込む時間がかかる固い具材から入れるのがポイントです。 【煮物作りのポイント3】煮込み途中のアク取り 5. 豚肉・玉ねぎ・Aを加えてアクを取り、落し蓋をしてさらに10分ほど煮込みます。 しっかりアクを取ることによって、素材本来の味を残すことができ美味しさがアップします。 【煮物作りのポイント4】煮込んだ後は寝かせる 6. 長ねぎを取り出し、卵を加え5分ほど煮て火をとめ放置します。 火を止め少しおいておくと、冷めているときに味が染み込みます。 この寝かせる作業が煮物を美味しくする大事な工程。 しっかり寝かせて美味しく食べましょう。 時間がたったら器に盛り、最後に青ネギを添え完成です。 煮物作りの簡単な近道はどの工程も丁寧に行うことです。 丁寧に行うことによって、早く味が染み込み美味しくなりますよ。 煮物の定番おでん レシピ 【煮物作りのポイント1】出汁の準備 1. 鍋に水・だしパック・昆布を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にし、3分ほどでだしパックを取り出します。 調味料を入れてあたためます。 煮物のすべてが決まる煮汁。 しっかり出汁をとって美味しく仕上げましょう。 【煮物作りのポイント2】食材の下処理 3. 大根は皮をむき、面取りをして隠し包丁を入れて下茹でをします。 じゃがいもは皮を剥きます。 蒟蒻は格子に切り込みを入れた後、塩もみして下茹でします。 練り物を湯どおしします。 卵は固茹でします。 丁寧な下処理をすると、完成時に良い香りだしになりますよ。 【煮物作りのポイント3】煮込んで寝かす 8. 出汁に大根・ゆで卵を入れて、ふたの隙間を開けてのせ、弱火で40分~50分ほど煮込みます。 その後、じゃがいも・練りもの・ウインナーを入れ、20~30分ほど煮込んだ後、放置して寝かせて完成です。 食材の入れる時間帯をズラすと均等な味付けになります。 染み込みやすさを意識して食材を入れてみましょう。 簡単に作るポイントは、食材を小さめに切ること。 そうするとことで早く染み込みます。 簡単美味しいひじき煮 材料• ひじき:50g(戻したもの)• しらたき:1袋(130g)• 人参:1/2本• 大豆:1缶(100g)• ごま油:小さじ1• A だし汁:400ml• A 醤油:大さじ4• A 砂糖:大さじ2• A みりん:大さじ1 レシピ 【煮物作りのポイント1】下準備 1. 出汁をとります。 しらたきは調理バサミで短めにカットし、人参は皮をむいて拍子切りにします。 切り方次第で染み込み加減が変わり、美味しさが変わります。 【煮物作りのポイント2】炒める 3. 深めのフライパン、または片手鍋にごま油を入れ、人参を軽く炒め、続いてひじき・しらたきを炒めます。 炒めることにより味が染み込みやすくなりますよ。 【煮物作りのポイント3】煮込む 4. だし汁・Aの調味料・大豆を入れ、アルミホイルなどで落し蓋をし、10分ほど煮込んだら完成です。 簡単に作れるポイントは、耐熱容器に拍子切りにした人参を入れて、レンジ500Wで2分加熱すると少し工程が簡単になります。 鶏と豆腐の塩だれ煮 材料• 鶏もも肉:1枚• 鶏ガラスープの素:大さじ2• みりん:大さじ1• 水:600ml• ごま油:適量• 塩胡椒:適量 レシピ 【煮物作りのポイント1】下味はしっかり 1. 鶏もも肉1枚は食べやすく切って、塩胡椒で味付けをします。 【煮物作りのポイント2】少しずつ煮込む 2. フライパンにごま油ひいて焼き、鶏ガラスープの素大さじ2・みりん大さじ1・水600mlを入れ4分ほど煮込みます。 【煮物作りのポイント3】盛り付け 3. 切った豆腐1丁・水菜も適量入れて1分ほど煮込み、器に盛って残りの水菜を盛り付け完成です。 ・煮物はどの料理も丁寧にすることがポイント。 丁寧さが時短にも味にも繋がります。 レンジでできる簡単で美味しい煮物 煮物を作るのは煮込むだけではなく、料理によっては炒める作業も。 料理が苦手な人は、少しでも調理工程を減らしたいですよね。 続いては、レンジでできる簡単で美味しい煮物レシピをご紹介します。 豚バラ白菜煮込み 材料• 鯖みそ缶:1缶(100g)• じゃがいも:2個• 玉ねぎ:1/2個• にんじん:1/3本• しいたけ:1枚• さやえんどう:5枚• ごま油:小さじ1• A だし汁:100ml• A 酒:大さじ2• A 醤油:大さじ1 レシピ• じゃがいもは皮をむき一口大にして、水にさらします。 にんじんは皮をむき乱切りに、玉ねぎ・しいたけは1cm厚の千切りにします。 さやえんどうは筋をとっておきましょう。 片手鍋にごま油を熱し、じゃがいも・玉ねぎ・にんじんを入れて炒めます。 野菜に油が回ったらだし汁・しいたけを入れ、ふつふつしてきたら鯖みそ缶・酒・しょうゆ・さやえんどうを加えて落し蓋をし、弱火で10分ほど煮込みます。 落し蓋をはずして、お好みの汁加減まで煮る。 器に盛りさやえんどうを上に飾ったら完成です。 豆腐:1丁• 豚肉:うすぎり 200g• 舞茸:1/2個• 青ねぎ:適量• ごま油:小さじ1• だし汁:400ml• 醤油:大さじ2• みりん:大さじ2• 酒:大さじ2• 生姜:小さじ1• 塩こしょう:適量 レシピ• 舞茸はほぐし、生姜はすりおろします。 醤油・みりん・酒と合わせておきましょう。 豆腐は適当な大きさに切り、水から入れ、沸騰して2〜3分ほど茹でます。 両面に塩こしょうをし、中火で熱したフライパンに油を入れて焼き、色が変わってきたところで舞茸を合わせて炒めます。 舞茸に火が通ってきたところで、だし・調味料・豆腐を入れ、一煮立ちしたら蓋をして15分ほど煮込んで完成です。 ミートボールとキャベツのトマト煮込み 材料• 豚挽き肉:250g• 玉ねぎ中:1/2個• A トマトケチャップ:大さじ1• A 塩:小さじ1• A 胡椒:少々• A パン粉:大さじ2• A 牛乳:大さじ1• A 溶き卵:1/2個分• キャベツ:1/4個• カットトマト缶:1缶• トマトケチャップ:大さじ1• B 砂糖:小さじ1• B コンソメ:小さじ1. 5 レシピ• 玉ねぎはみじん切りにします。 ひき肉と一緒にボウルに入れたら、Aの材料を入れてよくこねていきます。 キャベツはざく切りにします。 1を小さい楕円形に成形して、ミニ肉団子を作ります。 中火で温めたフライパンにオリーブオイルをひき、2を並べていきます。 両面がこんがり焼けたら、カットトマト缶と水200mlいれて、少し火を強めます。 3が煮立ったら肉団子をフライパン半分に寄せ、キャベツを入れたらBの調味料も入れ、蓋をして弱めの中火で約15分煮込みます。 蓋を開けて、塩で味を整え、乾燥バジルを入れて混ぜたら完成です。 煮込みハンバーグ 材料• 大葉:6枚• 大根おろし:適量• ポン酢:適量 レシピ• 梅干しは種を取り除き、包丁でたたきます。 大葉は柄を切り落とし、縦半分に切ります。 豚バラ肉は半分の長さに切ります。 豚バラ肉を広げて梅肉を塗り、大葉をのせます。 これを同様に3回繰り返し重ね、最後に豚バラ肉を1枚のせて食べやすい大きさに切ります。 ボウルに天ぷら粉・冷水を入れて混ぜ、2をくぐらせます。 油を切って皿に盛り付け、おろしポン酢を添えて完成です。 アヒージョ味のポテト.

次の