キシリトール ガム 効果。 キシリトールガムの効果は?噛む時間は?食べ過ぎは下痢に注意|歯科医監修

虫歯予防に効果を発揮!キシリトールの効能

キシリトール ガム 効果

Contents• キシリトールとは キシリトールとはシラカバやカシの木などの天然成分から作られる人工甘味料のことを言います。 天然で?人工甘味料?・・・・・天然と人工どっちやねん!! って感じです(笑) 天然の成分を加工して作られていますので一応天然物にはなりますね。 ややこしいですね~。 キシリトールの効果 キシリトールと言えば歯へ良い影響を与えるイメージが強いですが、歯以外にも影響を与えてくれます。 意外と歯以外への影響は知られてないものです。 虫歯菌の活動を抑える チョコレートや飴などの甘いお菓子などを食べると虫歯になりやすいとよく言われますよね。 これらの食べ物は虫歯菌が喜ぶ食べ物で、虫歯菌が口の中で酸を作るエサとなってしまいます。 しかし、キシリトールは砂糖と同じ甘さを持っていますが酸を作らせるエサにはならず、虫歯の原因にもなるミュータンス菌の働きを抑える効果があります。 やはり甘いものが好きだとチョコレートか食べたくなりますよね~ でも、チョコレートには大量の白砂糖が入っていますので、正直体にはよくないです。 どちらかと言いますと、ガムを噛むことにより唾液の分泌が増えるので、唾液の方が歯を再石灰化を促進させる影響力が強いと言われています。 唾液が沢山出ることは口の中の環境を綺麗に保つのにとても大切なんです!! その他に骨の密度を高め骨粗しょう症を改善させたり、急性中耳炎を防ぐ効果があるともいわれています。 歯以外への効果は私も全然知りませんでした。 キシリトール = 歯に良い イメージでしたもんね。 キシリトールのデメリット キシリトールを食べすぎるとおなかを下す場合がありますが、体への悪影響はありません。 まぁ、何を食べるにしても適量ですね。 食べすぎれば当然、おなか下しちゃいますよ 笑 どの位が適量化ははっきりと言えませんが、1日10粒未満ですかね。 食後に2粒、その他何粒か。 仕事中、口が寂しくてついつい沢山食べすぎることあるので注意してくださいね。 おススメキシリトールガムは キシリトールガムを購入するなら歯医者さんで取り扱っているキシリトールガムがおススメです。 スーパーやコンビニで売っているキシリトールガムにはキシリトール以外の甘味料が入っていますので、100%キシリトールではありません。 まとめ 歯の再石灰化がキシリトールによって効果が促進するかは意見が別れてますが、キシリトールガムを噛むと虫歯ができにくくなるのは本当だと思います。 虫歯菌の活動を抑制させますし、唾液の分泌量を増やすことができますので効果ありです。 しかし、効果があるからと言って沢山摂取すればいいというものではありません。 何事も適度な量、摂取するのが1番です。 キシリトールガムを1番効果的に噛むのはやはり食後です。 朝、昼、晩、食後に噛むことで唾液の分泌量を増やし、口の中を洗浄する効果もあります。 歯磨きがすることができない時は、なおさら噛むことをおススメします。 キシリトールガムで歯の予防をすることは良いことですがあくまでも予防です。 1番は正しく歯磨きを行うことなので毎日の歯磨きを欠かさないようにしましょう。 最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

次の

ガムでダイエット効果をゲット!? 正しいやり方と注意点

キシリトール ガム 効果

ガムはどういった効果があるのか? ガム言えば歯への健康効果を思い浮かべますが 他にも脳や顔にも良い効果がありますよ! その効果は9つもあります! 虫歯予防 ガムには虫歯を予防する効果があります! 特にガムに含まれる キシリトールという成分が虫歯菌を抑制する効果があるためです。 他にも 唾液を多く分泌するや 歯垢を出来づらく落としやすくするなど歯にいい効果がいっぱいです! ただキシリトールガムにはある食べ方をしないとちゃんとした効果は得ることができないと言われています。 その食べ方とはこちらの3つが大事!• 食後30分以内か寝る前に噛む• 1度に2粒ほど噛む• 噛んだ時に出る唾液は口の中に残しておく 歯並び改善 ガムで歯並びを治せることを知っていますか? ただ噛むだけでも一応効果はあるのですが、ある噛み方をすると歯のバランスが整い歯並びが改善されます! その方法とはこちらです。 ガムを奥で噛んで唾液を出す• ガムを口蓋 葉の奥にあるザラザラしたところ に広げる• 舌で押さえつけながら唾液を飲む 消化促進 ガムを噛むだけで 消化吸収を促進することができます。 その理由は唾液自身に消化促進効果があるからです!ガムは噛むと多くの唾液が分泌されるので非常に良いと言えますね! なので胃腸の調子を整える効果があります! しかしガム自体は消化されないので飲み込むのはやめたほうがいいかも?悪影響もあるのでガムは噛んだら吐き出すのが良い。 記憶力向上 ガムを噛むと脳が活性化し記憶力が高まるらしいです。 これは噛んでいる間はその働きがずっとアップしています。 しかしその効果は「 約20分」だといいます。 つまり20分だけ暗記しよう! って時にガムを噛みながらの暗記が有効だと言われています。 集中力アップ こちらもガムを噛むことで 脳が活性化し、脳のやる気をアップさせます。 やはり噛むという動作は脳には良いようです! さらにリラックスもできますのでおすすめだと思いますよ。 ただガムの噛めない集中したい状況ではどうしようもないですけど…。 リラックス効果 ガムを噛むことで セロトニンというリラックスする効果がある ホルモンの分泌を促進する効果がありあす。 セロトニンは幸せホルモンと言われるくらいスゴイもの! なのでイライラしたりストレスが溜まっている時は ガムを噛むと気が和らぐのでおすすめですよ! ダイエット効果 ガムを噛むことで 脳の満腹中枢に刺激を与えることができます。 満腹中枢が刺激されると満腹感を得ることが出来ると言われています。 実際に人の空腹は量ではなく「噛んだ回数」だということが研究でわかっています。 スルメなどを食べると空腹が和らぐのも同じ理由です。 なのでダイエットで空腹の気を紛らわせるには噛むのが一番! 小顔効果 ガムは顎を使います! なのでその顎の動作により 小顔効果があると言われているみたいです! 今ってなかなか硬い物を食べない習慣の方が多いので顎を鍛えられていない人が多いです。 なのでガムを噛みアゴを鍛え小顔になりましょうー! シワ・たるみ予防 ガムを噛むことで 表情筋を鍛えることができます! 表情筋が鍛えれば肌に ハリが出てシワやたるみなどを予防することができますね。 さらに唾液には 成長ホルモンが含まれていると言われています。 成長ホルモンとは 若返り効果もあり、バストアップにも期待できるそうです! 表情筋を鍛えていい笑顔を手にしましょう! 便秘解消 ガムを飲み込むと便秘解消に良いと噂です。 しかし副作用というか悪影響がないわけじゃないです。 それは「下痢や腹痛」です! ではそれはなんで起こるのか?詳しい事はこちらの記事でご紹介してます。

次の

キシリトール入りガムの効果って? メリットとデメリット

キシリトール ガム 効果

そのためには、「なぜ、むし歯の原因となる歯垢や酸を作らないのか」「なぜ、歯の再石灰化を促進するのか」などを明らかにするだけでなく、その材料を使ったグループは使わなかったグループと比較して、むし歯の発生が少なかったことを証明する必要があります。 多くの長期的な臨床研究で、むし歯予防効果が証明された甘味料は、キシリトールとソルビトールだけです。 さらに、ソルビトールよりもキシリトールの方がむし歯予防効果が優れていることも証明されています。 1975年(昭和50年)に世界で初めて、キシリトールのむし歯予防効果を証明する研究が発表されましたが、1980年代以降は、WHO(世界保健機構)が主宰した研究を始め、日本を含めて多くの研究結果が報告されています。 むし歯予防効果を示す数値は各々の研究で異なりますが、キシリトールを使用した場合、30〜80%の確率でむし歯の発生を防いでいます。 なぜ、キシリトールはむし歯を防ぐのか キシリトールがむし歯を防ぐ理由は、大きく二つに分けることができます。 一つは、キシリトールだけでなく他の糖アルコールも持つ唾液分泌の促進と再石灰化作用であり、もう一つはキシリトールだけが持つ酸を作らないことと、歯垢中の酸の中和促進、ミュータンス菌の代謝の阻害です。 唾液分泌の促進と再石灰化作用では、糖アルコールには甘みがあるため、口腔内に入れると味覚を刺激し、唾液分泌を促進します。 また、ガムとして噛んだ場合には、咀嚼により唾液分泌も促進されます。 ただし、唾液分泌が促進されても、唾液そのものにはミュータンス菌の数を減少させる効果はありません。 また、糖アルコールにより歯垢中のカルシウムレベルが上がるので、歯の再石灰化に役立ちます。 さらに、糖アルコールとカルシウムの複合体は歯の硬組織中に進入して再石灰化を促進し、歯を硬くします。 一方、キシリトールだけが持つ作用ですが、ソルビトールやマルチトールなどの多くの糖アルコールは、少ない量ではありますが、口腔常在菌によって酸を作ります。 しかし、キシリトールは口腔常在菌が利用できないため、全く酸を作りません。 また、キシリトールには歯垢中に存在するショ糖を分解する酵素(シュクラーゼ)の活性を低下させ、歯垢中で酸ができにくくする作用に加え、アンモニア濃度を上げて酸の中和を促進する働きがあります。 ミュータンス菌への影響は非常にユニークで、この作用を理解するとキシリトールを使いやすくなると思います。 それについては、次に詳しく述べます。

次の