転職 予備校。 【就活予備校PREBIZ(プレビズ)】口コミ・評判!料金・求人は新卒や既卒にお勧め?

学習塾・予備校の講師(正社員)を辞めたい… 転職先の選び方とおすすめの職種を紹介!

転職 予備校

総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)」< >は、2020年7月3日(金)~7月10日(金)の期間、「doda転職オンライン予備校」と題し、3つの個別相談プログラムと3つの集合型プログラムから、転職希望者が自分に合ったプログラムを選択できるフルオンラインのイベントを開催しますのでお知らせいたします。 また、6つのプログラムを通じて、「転職活動の始め方を知りたい」「新型コロナウイルスの影響を受けた中途採用市場の今後を知りたい」など、転職希望者の様々な転職活動の状況に応じたサポートを提供します。 面接手法ではこれまでの対面の面接からオンライン面接へ切り替わりが進むなど、従来の就職活動の各ステップに変化が生じています。 そのような中で多くの転職希望者が、転職活動そのものや採用手法の変化に対して悩みや不安を抱いています。 そこでこの度「doda」は、変化の中にある転職希望者の不安や疑問の解消の支援を目的として、転職活動の様々なステップに応じた6つのプログラムを提供するフルオンライン開催のイベント「doda転職オンライン予備校」を開催する運びとなりました。 また、フルオンラインでの開催を通じて、これまで物理的な理由で転職エージェントの利用ができなかった方も含めたすべての転職希望者が、より自分に合った方法で転職活動ができるよう、今後も積極的にサポートしてまいります。 キャリアコンサルタントが参加者の悩みを整理し、優先順位をつけ、アクションプランを立てるところまでを支援します。 相談後、次に取るべき行動が明確になっている状態を目指します。 使用ツール:オンラインビデオツール 参加方法:本イベントへの参加には、doda会員登録が必要となります。 下記URL上の「申し込み」ボタンをクリックし、登録フォームに必要事項を入力すると、 doda会員登録および本イベントへの申し込みが完了します。 また、参加者のアピールポイントを客観的に引き出し、採用担当者が会いたいと思う自己PR作成のためのアドバイスも行います。 さらに、転職についての不安や悩みにも、キャリアコンサルタントの資格を活かしたアドバイスを行い、自信をもって転職活動が行えるようサポートします。 使用ツール:オンラインビデオツール 参加方法:本イベントへの参加には、doda会員登録が必要となります。 下記URL上の「申し込み」ボタンをクリックし、登録フォームに必要事項を入力すると、 doda会員登録および本イベントへの申し込みが完了します。 また、パネラーに匿名チャットで直接質問をすることができる参加型プログラムです。 使用ツール:オンラインビデオツール 参加方法:本イベントへの参加には、doda会員登録が必要となります。 下記URL上の「申し込み」ボタンをクリックし、登録フォームに必要事項を入力すると、 doda会員登録および本イベントへの申し込みが完了します。 また、現在増えているWeb面接の注意点についてもお伝えします。 採用担当者から「面接で会いたい」「一緒に働きたい」と思われる状態を目指します。 使用ツール:オンラインビデオツール 参加方法:本イベントへの参加には、doda会員登録が必要となります。 下記URL上の「申し込み」ボタンをクリックし、登録フォームに必要事項を入力すると、 doda会員登録および本イベントへの申し込みが完了します。 参加機会の増えたWEB面接にも実践を通じたアドバイスを行い、対面・WEB面接ともにスキルアップができます。 受講後、参加者が自信をもって面接に挑める状態を目指します。 使用ツール:オンラインビデオツール 参加方法:本イベントへの参加には、doda会員登録が必要となります。 下記URL上の「申し込み」ボタンをクリックし、登録フォームに必要事項を入力すると、 doda会員登録および本イベントへの申し込みが完了します。 ワークを通じて自身のキャリアをみつめなおし、自分らしいキャリアへの一歩を踏み出すための新たな気づきを得ることを目指します。 事前ワーク:現在の転職市場についての知識をまとめた動画コンテンツ 約5分 の視聴をお願いします。 使用ツール:オンラインビデオツール 参加方法:本イベントへの参加には、doda会員登録が必要となります。 特設サイト上の「申し込み」ボタンをクリックし、登録フォームに必要事項を入力すると、 doda会員登録および本イベントへの申し込みが完了します。 」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。 2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。 グループの総力をあげて、これまで以上に個人の「はたらく」にフォーカスした社会価値の創出に努め、社会課題に正面から向き合い、すべての「はたらく」が笑顔につながる社会の実現を目指します。 」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」をはじめ、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。 また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ ポスタス 」などのサービスも展開しています。

次の

予備校運営スタッフ(異業種からの転職可)の転職・求人情報 6233613|エン ミドルの転職

転職 予備校

福利厚生:毎月の給与水準は良い反面、夏と冬の賞与はほぼ1ヶ月分の給与水準でボーナスが低いといえます。 人手不足で校舎運営に余裕がない面があります。 有給は前半休で取得奨励され、全休や連休が取りにくいです。 社員研修は一昨年までは焼津のホテルで一泊旅行でした。 業績悪化のため昨年は各地区での懇親会を開催しました。 日々の業務が多く1年を通して多忙であり、連休はゴールデンウィークとシルバーウィークが長めですが正月休みは4日間で、盆休みはありません。 8月下旬に3連休ほど遅めの夏休みがあります。 集団授業配属の場合、授業が一通りできるまでは予習や授業練習が欠かせず休み返上で勉強する可能性があります。 社内試験に合格するまでは試験対策勉強をしなければなりません。 口コミ投稿日:2020年02月 5日 仕事内容:授業をすることが仕事と思われがちですが、それだけではありません。 この会社は授業、電話がけ、面談、説明会、進路相談、営業、レジュメや配布物の作成、教材申請、模試の採点など全て一般社員が行います。 一人あたりに課せられる仕事量は多いので、授業力・営業力共に身に付き、やりがいはあると思いますが、肉体的にも精神的にもきついと思います。 企画は社員にヒアリングを行わず、管理職で決めたものが下におりてきます。 よって、現場社員の感覚とのズレが生じることが多々あり、それがストレスになることもありました。 体力勝負の業務のため、若いうちにいかに昇進できるかがカギになると思われます。 しかし、家賃補助は5年で切れるので、会社都合の転勤がない限りは6年目からは家賃は全額自腹になります。 また、大きな昇給もないので、家賃を引かれた後に手元に残る額は、10年目を超えた社員でも3年目の社員と同じくらいになります。 ボーナスは多少の差はあります この会社で高年収を得るためには、部長クラスになる必要があります 何100人もいるなかの10数名ほどしかいません ブロック長クラスでもどんどん退社します。 高年次の社員がモチベーションを維持していくには無理があり、私の経験上8~15年目あたりの社員の退社率は高いと思われます。 0~1. 2倍です。 よって、基本給がここより少なくても、ボーナスが3~4倍もらえる企業の方が年収は高いと思います。 口コミ投稿日:2020年04月29日.

次の

【就活予備校PREBIZ(プレビズ)】口コミ・評判!料金・求人は新卒や既卒にお勧め?

転職 予備校

管理人のにゃもも実践しています。 「教員を辞めて他の仕事をしたい」 こんな思いを抱いている教員の方も多いのではないでしょうか。 実際に教員から他の職業に転職する人も少なくないですが、どのような理由で転職に踏み切ったのか気になるところですよね。 ここでは、教員から転職した人の転職理由や、転職活動で有利になる転職理由の説明の仕方について紹介していきます。 教員から転職することを考えている方は、転職する際の参考にしてみてくださいね。 先生になりたい・先生を辞めたい方は、をご覧ください。 それぞれの転職方法について詳しくまとめています。 教員という仕事にはとてもやりがいを感じることができましたが、子ども達が学校に登校する前に学校へ行き、学校を出るのが20時や21時になるため、1日の労働時間は12時間を越えていました。 また、勤務時間内に休憩時間が設けられているものの、子ども達が学校にいるうちは休憩時間を取ることができなかったり、休憩時間に会議が設定されていたりしたため、実質休憩時間はありませんでした。 学校で仕事を終わらせることができないと、土日に出勤して仕事をしたり、持ち帰って仕事をしたりすることもありました。 毎日の長時間労働に耐えることができなくなってしまったため、定時出勤・定時退社ができるような企業への転職を考えるようになり、実際に転職に踏み切ることにしました。 教員は、かなりの長時間労働になることが大きなデメリットです。 きっとあなたもこの方と同じように悩んでいるのではないでしょうか。 こうした環境もあってか、教員は離職率が高いです。 で、その理由を詳しく説明しています。 残業しても手当てがつかない 教員をしていると時間外労働をすることがとても多いのですが、時間外労働した分は時間外労働手当として給料に上乗せされることはありません。 教員の給料は、残業代や早朝手当などがあらかじめ見込みとして給料に上乗せされています。 そのため、それ以上の残業をしたとしても給料が増えることはありません。 企業であれば、時間外労働をした分はきちんと給料として自分に返ってくるのに、 教員はどうして仕事に見合っただけの給料がもらえないのだろうと不満に思うようになりました。 教員は仕事内容がハードなだけに、手当もしっかりもらえると働きやすいのにと思います。 今は、転職して企業に勤めていますが、残業手当もしっかりもらえるので、働いていても給料面で不満を感じることはありません。 いくら残業代が最初から見込みとして上乗せされていても、やはり頑張って仕事した分は残業代として支払われないと納得できませんよね。 それだと24時間働かされていても残業代がゼロということになってしまい、とてもじゃないですがやってられません。 教員と違って、講師は更に待遇がよくありません。 では、両者の違いについて詳しく説明しています。 保護者との関係づくりが大変 教員は子ども達に授業をしたり生徒指導をしたりするだけではなく、保護者とも連絡を取り合ったりする必要があります。 そのため、保護者との関係づくりがとても大切になります。 しかし、保護者によっては教員のことを見下していたり、クレームを付けてきたりする人もいるため、良い関係を築くことができないケースもあります。 そうなってしまうと、保護者と連絡を取り合うことにストレスや負担を感じてしまうようになります。 実際に僕は、保護者から電話口で怒鳴られたり、学校にまで話をしに来られたりして精神的に参ってしまいました。 子ども達に授業をしたり、関わったりしたりすることに対してはやりがいを感じていましたが、保護者とのトラブルが苦痛すぎて転職することにしました。 人間関係が原因で転職したくなったケースです。 生徒と向き合うのが先生の本来の仕事のはずなのに、それとは無関係のところで消耗してしまい先生を辞めたくなってしまった例です。 両親が子どもを心配する気持ちはわかります。 しかし、 子どもへの教育が最優先にされるべきなのに、その教育者を苦しめていては良い指導ができるはずもありませんよね。 そんなことにさえ頭がまわらないモンスターペアレントに当たってしまっては、仕事をするのも嫌になってしまって当然です。 なんと、先生が育休を取ったら親からクレームを受けるなんていう事例もあります。 で、詳しく見ていきます。 教師も一人の人間なのに、子供可愛さのあまりひどいことを言う人もいるんです。 面接で有利になる転職理由の説明の仕方 ここで注意が必要なのですが、先に紹介したような転職理由をそのまま企業の面接で話すと印象が悪くなってしまう可能性が高いです。 なぜなら、これまでしていた教員の仕事を悪く言ってしまっているからです。 転職理由は教員の良くないところが見えてしまったからだということは分かります。 しかし、それをそのまま話してしまうと「うちの会社に来ても、同じような理由で退職してしまうのではないか」と思われてしまいます。 そのため、面接時には次の二つのポイントを押さえて、転職理由を説明することをおすすめします。 一つ目は、 ポジティブな話をすること。 転職理由をするために、「どうして教員を辞めたのか」という退職理由を説明する必要はありません。 退職理由を説明しようとすると、どうしてもネガティブな話になってしまいがちですが、「どうしてこの転職先を選んだのか」「企業に勤めてどんな仕事をしたいのか」というような前向きな内容を転職理由に含めると、とても良い印象を与えることができます。 もちろん、聞かれれば答えないわけにはいきませんが、ネガティブな理由は避けましょう。 たとえば、 「もっと幅広く社会との関わりを持ちたくなったから」や、 「自信があるコミュニケーション能力を活かして、営業という仕事を通して自分の力を試してみたくなった」など、とにかく前向きで面接先の仕事につながるような理由に関連付けるのが最良です。 新しい職場でどんな働き方がしたいかということを念頭において、転職理由を説明するようにしましょう。 二つ目は、 退職理由を元に転職理由を考えること。 退職理由は教員の仕事に対する不満ですが、その不満が解消されたらどうなるのか、どんな風に仕事がしたいのかとステップを踏んで考えていくことで、転職理由をうまく説明できるようになると思います。 具体的にどのような考えを持って転職を希望しているのかを伝えることができれば、面接官への印象も良くなると思うので、転職理由はしっかりと考えて話すようにしましょう。 教員から転職するときに有利なスキルがあります。 で詳しく見ていきます。

次の