赤ちゃん 性別 ジンクス。 赤ちゃんの性別判断におすすめのジンクス・迷信・占い17選

意外と当たる!?胎児の性別ジンクス6つ

赤ちゃん 性別 ジンクス

読みたいところにジャンプ• 赤ちゃんの太もものシワは、上の子の性別が生後2ヶ月までに見ておくこと 上の子の太もものシワの数で、下の子の性別が分かるというものですが、いくつかポイントがあります。 まず、 上の子の性別が2ヶ月までに見ておくことです。 赤ちゃんはどんどん成長するので、シワの数も変わる可能性が出てくるので、早めに確認してくださいね。 そして、性別判断の方法ですが・・ 1本だと男の子、2本以上で女の子という判断になります。 わが家の場合は的中率100% 第1子。 太もものシワは2本 1人目は女の子でした。 長女です。 長女が赤ちゃんのとき、太もものシワが2本ありました。 母に「太もものシワの数が2本あるから、次は女の子だね!」と言われたのです。 3人目を妊娠したときも、女の子の名前しか考えてなかった 第3子。 太もものシワは1本 2人目である次女の太もものシワは 1本なので、このジンクスでいえば次は 男の子となります。 第3子妊娠中は、絶対女の子だという確信がありました 笑 妊娠6ヶ月で、先生に性別知りたい~?と聞かれ、教えてもらったのは・・・ なんと男の子!!!! 実際、生まれてきても男の子でした。 ちなみに・・・ 3人目の太もものシワは、1本でした。 ということは、次に生まれてくる子供も男の子ということに 笑 もう産む予定はないので、答え合わせはできませんが・・・ 男の子ほしかったな~ 笑 スポンサーリンク 【まとめ】赤ちゃんの太もものシワで性別判断 今回は、赤ちゃんの太もものシワについて、次の子の性別が分かるというジンクスについて書きました! すぐに答えが出るようなジンクスではないので、日々の育児や家事に追われて、次の子を妊娠するときには忘れてしまいそうになるのはアレですが・・・ 性別判断やジンクスは色々ありますが、次の子の性別が分かるジンクスなんて斬新ですよね 笑 次の子も考えていらっしゃるのであれば、生まれてきた赤ちゃんの太もものシワ数をチェックしてみてください。

次の

お腹の赤ちゃんは男の子?女の子?性別の確認方法【エコー写真あり】

赤ちゃん 性別 ジンクス

おなかの赤ちゃんの性別、まだ判明していない人は気になりますよね。 そこで今回は性別にまつわるジンクス(!?)をどーんとご紹介しちゃいます。 足のかかとの内側のふくらみで、赤ちゃんの性別がわかる たまごクラブ編集部が取材した、あるリフレクソロジストの先生(たくさんの妊婦さんを診察中)によると、「かかとの内側のふくらみで、赤ちゃんが男の子か女の子かわかる」とのこと。 それって、どういうこと??…さっそく妊娠8カ月の読者妊婦さんの足を見てもらうと「右足のかかとの内側がふくれていますね。 男の子ですか?」と一言。 すると「なんでわかるんですか!?」と妊婦さんは驚愕! 男の子だと右足のかかとの内側が、女の子だと左、または両足のかかとの内側がふくらむんだとか。 理由はわからないそうですが、まだまだ妊婦さんの体には解明されていない謎があるんですね。 ちなみに、先生によると、足のかかとの内側は、子宮の反射区と呼ばれる部位で、妊娠5カ月目ぐらいから大きくなってくるとか。 そして臨月になるとパンパンに張ってくるんだそう(それまでここは、あまりマッサージはせず、やさしくなでる程度にしてくださいね)。 胎動の変化でも男女がわかる!? お次は読者妊婦さんの投稿から興味深い判別法を拾ってみました。 グニュ~という動きが多いときは女の子。 左巻きならば異なった性。 どれも、そのとおり!と言い切れるものはなく、医学的根拠はありません。 でも、「おなかが前にとがっていると男の子!」にいたっては、91%のママが「そのとおりだった」と答えているというデータも(2015年12月号、先輩ママ100人へのアンケート集計結果より)。 昔から多くの妊婦さんが語り継いでいる不思議なジンクス。

次の

男の子・女の子の産み分けや性別判断の迷信・ジンクス・言い伝え

赤ちゃん 性別 ジンクス

赤ちゃんの性別にまつわるジンクス1つ目は、お腹の出方がどうかということです。 これは昔からよく聞くジンクスです。 妊娠中、お腹が突き出た形をしていたら男の子、お腹が横に広がっていたら女の子と言われています。 お腹が突き出るか、お腹が横に広がるかは、骨盤の広さによって決まってきます。 骨盤が広いと、赤ちゃんが奥の方に収まるため、あまりお腹が前に突き出してきません。 逆に、骨盤が狭いと、奥の方に収まらなくて、お腹が突き出てくると言われています。 これで男の子か女の子かを確証できるわけではありませんが、実際に性別が当たっていたという人もいます。 妊婦さんの幸せ効果で、ご利益があるということなのか、妊娠したい女性は触らせてもらうことが多いです。 妊娠に関するジンクス2つ目は、「トイレ掃除をすると美人な子が産まれる」ということです。 トイレ掃除をすることで美人な子が産まれるのかは定かではありませんが、妊娠中にトイレ掃除をして動くことで、陣痛が起きやすくなり、赤ちゃんがスルッと産まれてきてくれる可能性はあります。 妊娠に関するジンクス3つ目は、妊娠中にお葬式に出てはいけないということです。 これは昔から言い伝えられていることです。 妊娠中にお葬式に出たら、お腹の中にいる赤ちゃんを一緒に連れて行ってしまうとのことです。 どうしても妊娠中にお葬式に出る必要があれば、お腹の中に鏡を入れて行くと、大丈夫だという話もあります。 以下の記事には、妊娠できるおまじない、妊娠ジンクスで子宝に恵まれる方法が載っています。 参考にしてみてください。 陣痛のジンクス1つ目は、「オロナミンCを飲む・焼肉を食べる」ということです。 これは誰もが聞いたことのあるジンクスではないでしょうか。 科学的根拠があるわけではありませんが、この方法を取ったことで、翌日に出産したという話もあります。 なかなか陣痛が来ないと悩んでいる女性は、簡単にできることなので、試してみる価値はあります。 陣痛のジンクス2つ目は、「階段の昇り降り・スクワットをする」ということです。 これらは、上下運動になるので、赤ちゃんが骨盤にはまる手助けになり、いい動きと言えます。 骨盤にはまれば、自然と出産に繋がっていきます。 陣痛のジンクス3つ目は、「雑巾がけ」です。 雑巾がけは、四つん這いになってする動きなので、この四つん這いになるという姿勢が、陣痛を起こすのに効果的だということです。 陣痛が来ないと焦りが見えてきます。 どんなジンクスにも頼りたくなることでしょう。 ジンクスにあやかりたい女性は、試してみてください。 出産に関するジンクス 出産に関するジンクス1つ目は、「満月・新月に出産が多い」ということです。 月の満ち欠けが関係しているようですが、実際に満月や新月に出産になる人は多いです。 今日は満月だから、そろそろかもしれないと期待を胸に待ってみるのもいいです。 出産に関するジンクス2つ目は、「ラズベリーリーフティーを飲む」ということです。 ラズベリーリーフティーには、子宮を収縮させる作用があるので、安産になると言われています。 妊娠中はなかなかカフェインも取ることができません。 ラズベリーリーフティーを飲んで、心をゆったり休めるのもいいことです。 出産に関するジンクス3つ目は、おっぱいマッサージをすることです。 おっぱいマッサージをすると、ラズベリーリーフティーと同じく、子宮を収縮させる作用があるので、陣痛を促し、出産することができるのです。 ただし、おっぱいマッサージは正産期に入ってからにしましょう。 早産になってしまう危険性があります。 赤ちゃんの性別をチェックして妊娠期間を楽しみましょう!.

次の