えごま 葉 レシピ。 みゆき先生の簡単&おいしい韓国料理レシピ!「えごまの葉の醤油漬け」

えごまの葉のおいしい食べ方!炒めればあっという間にナムルに【レシピ付き】

えごま 葉 レシピ

種子の2倍弱• トマトの60倍• キャベツの200倍 と言われています。 シソの約1. 2倍あります。 特にえごまの葉は、この機能性成分が高い作物でもあります。 えごまの葉の効能 そのため 体の中の酸化ストレスによって起きると言われている 老化やがん、動脈硬化などの病気にも効果があると 言われています。 また、えごまの葉には、ビタミンk1も含まれています。 そのため、 骨粗しょう症の予防効果も期待できると言われています。 また、えごまの葉は、韓国料理の定番で、 焼肉の時に巻いて食べるのは意味がありそうですよね。 えごまの葉の独特の香りは 肉や魚の生臭さを減らす働きがあります。 シソに比べると、味もミントっぽい感じで 食べ終わると、口の中がすっきりとした感じがします。 シソの成分も同じですが、刺身のつまに必ず ついているのは、 食中毒の予防に 一役買っているというわけですね。 さらに、 炎症緩和やアレルギーの抑制などの 効果もあるようです。

次の

えごまの葉の食べ方や保存方法は?生食でそのままもOK?味噌で肉のせなど人気レシピは?

えごま 葉 レシピ

この前、スーパーへ買い物に行った時、 サンチュの隣に陳列されていたのが 「えごまの葉」。 えごま油は大ブームになっているのでよく見かけますが、 えごまの葉は珍しいな~と思って買ってみました。 クセが強すぎてびっくり! 見た目が青じそに似ているので、 普通に青じそ感覚で食べるつもりでした。 早速使ってみようと袋を見てみると、 えごまの葉の食べ方が書いてあるのを発見! サンチュとえごまの葉で、 焼いた肉を巻いて食べるのがおすすめ。 というようなことが書かれていました。 大量の青じそを口の中いっぱいに入れたかのような、 刺激強めのスースー感。 とにかく クセが強すぎる!!!! ということで、えごまの葉を一緒に食べるのは止めて、 サンチュ+焼肉+白髪ねぎという普通の組み合わせに。 えごまの葉、残り9枚どうしよう??? 困った時はやっぱりクックパッドでしょ! と思って食べ方を調べてみましたが・・・。 「えごまの葉の醤油漬け」が定番 えごまの葉は韓国料理でよく使われているそうで、 定番は「醤油漬け」とのこと。 例えば、韓国料理のプロに教わった、 本格的な醤油漬けレシピをアレンジしたというもの。 醤油漬けしたえごまの葉を巻いたおにぎり。 1ヶ月以上保存可能な「味噌漬け」。 この醤油漬けや味噌漬けにしたえごまの葉で、 焼いたお肉を巻いて食べると美味しいそうです。 「ご飯泥棒」と言われるほど、ご飯が進むとのこと。 でも、漬け込みいらずで、 すぐに食べられるレシピがもあるのがベスト。 ということで、さらに調べてみました。 韓国料理「ジョン」をえごまの葉で 韓国に「ジョン」という、 お祝いの席などに欠かせない料理があります。 「ジョン」には、たくさん種類があるそうです。 その中に、ひき肉と豆腐を大福のような形にした 黄金焼き「トングランテン」があります。 そのアレンジレシピがクックパッドにありました。 ひき肉や豆腐で作ったたねを、 小麦粉をまぶしたえごまの葉で巻きます。 さっと卵にくぐらせてから、 ごま油で焼いてタレかポン酢に付けて食べるというもの。 これなら、えごまの葉を漬け込む時間もかからないし、 美味しそうで良いですよね。 でも・・・もっと短時間で調理できるレシピが欲しい。 醤油漬け、味噌漬け、ジョンに共通するのが、 肉やおにぎりなどをえごまの葉に巻いて食べるということ。 「葉で巻く」ということで思い出したのが、 「なすのしそ巻き」です。 「なすのしそ巻き」とは? 「なすのしそ巻き」は 青森県津軽地方の郷土料理です。 なすを短冊切りにして、 合わせ味噌を塗ってしそで巻いたものを、 フライパンで焼くだけの簡単レシピ。 母が青森県津軽地方の出身だったので、 子供の頃から大好きでよく食べていました。 てっきり全国区の料理だと思い込んでいたら、 青森の郷土料理だったんですね。 青じそを使う場合もあれば、 大判の赤じそを使うこともあり、 合わせ味噌もその家庭によって違います。 でも基本的になすと味噌をしそで巻いて、 フライパンで焼くだけなので簡単。 で、思いついたのが、 しその葉をえごまの葉で代用して作ること。 2.短冊切りにしたなすを1、2本、えごまの葉の上に乗せます。 3.1をなすの横に適量乗せます。 少量でOK。 4.全て葉で巻き終えたら、フライパンにごま油を熱し焼きます。 5.葉に軽く焦げ目がついたら出来上がり。 どうですか?簡単でしょ? これなら時間のない朝にも作れるので、 お弁当のおかずにもおすすめですよ。 えごまの葉の独特のクセが弱まり、 良い感じで味のポイントになってくれます。 抗酸化作用もあり栄養豊富なえごまの葉、 見つけたらぜひ食べてみて下さいね。

次の

えごまの葉の選び方と保存方法や食べ方:旬の野菜百科

えごま 葉 レシピ

この前、スーパーへ買い物に行った時、 サンチュの隣に陳列されていたのが 「えごまの葉」。 えごま油は大ブームになっているのでよく見かけますが、 えごまの葉は珍しいな~と思って買ってみました。 クセが強すぎてびっくり! 見た目が青じそに似ているので、 普通に青じそ感覚で食べるつもりでした。 早速使ってみようと袋を見てみると、 えごまの葉の食べ方が書いてあるのを発見! サンチュとえごまの葉で、 焼いた肉を巻いて食べるのがおすすめ。 というようなことが書かれていました。 大量の青じそを口の中いっぱいに入れたかのような、 刺激強めのスースー感。 とにかく クセが強すぎる!!!! ということで、えごまの葉を一緒に食べるのは止めて、 サンチュ+焼肉+白髪ねぎという普通の組み合わせに。 えごまの葉、残り9枚どうしよう??? 困った時はやっぱりクックパッドでしょ! と思って食べ方を調べてみましたが・・・。 「えごまの葉の醤油漬け」が定番 えごまの葉は韓国料理でよく使われているそうで、 定番は「醤油漬け」とのこと。 例えば、韓国料理のプロに教わった、 本格的な醤油漬けレシピをアレンジしたというもの。 醤油漬けしたえごまの葉を巻いたおにぎり。 1ヶ月以上保存可能な「味噌漬け」。 この醤油漬けや味噌漬けにしたえごまの葉で、 焼いたお肉を巻いて食べると美味しいそうです。 「ご飯泥棒」と言われるほど、ご飯が進むとのこと。 でも、漬け込みいらずで、 すぐに食べられるレシピがもあるのがベスト。 ということで、さらに調べてみました。 韓国料理「ジョン」をえごまの葉で 韓国に「ジョン」という、 お祝いの席などに欠かせない料理があります。 「ジョン」には、たくさん種類があるそうです。 その中に、ひき肉と豆腐を大福のような形にした 黄金焼き「トングランテン」があります。 そのアレンジレシピがクックパッドにありました。 ひき肉や豆腐で作ったたねを、 小麦粉をまぶしたえごまの葉で巻きます。 さっと卵にくぐらせてから、 ごま油で焼いてタレかポン酢に付けて食べるというもの。 これなら、えごまの葉を漬け込む時間もかからないし、 美味しそうで良いですよね。 でも・・・もっと短時間で調理できるレシピが欲しい。 醤油漬け、味噌漬け、ジョンに共通するのが、 肉やおにぎりなどをえごまの葉に巻いて食べるということ。 「葉で巻く」ということで思い出したのが、 「なすのしそ巻き」です。 「なすのしそ巻き」とは? 「なすのしそ巻き」は 青森県津軽地方の郷土料理です。 なすを短冊切りにして、 合わせ味噌を塗ってしそで巻いたものを、 フライパンで焼くだけの簡単レシピ。 母が青森県津軽地方の出身だったので、 子供の頃から大好きでよく食べていました。 てっきり全国区の料理だと思い込んでいたら、 青森の郷土料理だったんですね。 青じそを使う場合もあれば、 大判の赤じそを使うこともあり、 合わせ味噌もその家庭によって違います。 でも基本的になすと味噌をしそで巻いて、 フライパンで焼くだけなので簡単。 で、思いついたのが、 しその葉をえごまの葉で代用して作ること。 2.短冊切りにしたなすを1、2本、えごまの葉の上に乗せます。 3.1をなすの横に適量乗せます。 少量でOK。 4.全て葉で巻き終えたら、フライパンにごま油を熱し焼きます。 5.葉に軽く焦げ目がついたら出来上がり。 どうですか?簡単でしょ? これなら時間のない朝にも作れるので、 お弁当のおかずにもおすすめですよ。 えごまの葉の独特のクセが弱まり、 良い感じで味のポイントになってくれます。 抗酸化作用もあり栄養豊富なえごまの葉、 見つけたらぜひ食べてみて下さいね。

次の