展示会 お礼メール。 展示会お礼メールの書き方と活用法〜展示会の効果を最大にするために |MAmag.

その展示会のお礼メールは本当に大丈夫ですか?〜展示会のお礼メールのマナーと心得え |MAmag.

展示会 お礼メール

こんなお礼メールはもったいない! これをご覧ください。 _____________________________ タイトル:〇〇エキスポのご来場ありがとうございました。 社名 氏名 様 お世話になります。 先日は、大変お忙しい中「〇〇エキスポ」にて 弊社のブースにお立ち寄り頂き、誠にありがとうございました。 当日はご説明が至らなかった点もあったかと思いますが、 ご容赦頂けますと幸いです。 なお、展示商品に関してご不明な点がございましたら お問い合わせ下さい。 各製品に関するご質問や、資料請求のご要望がございましたら、 どうぞ、このメールにご返信いただければ幸いです。 引き続き、よろしくお願い致します。 これ、お読みになってどうお感じになりますか? かなりイマイチだと思いませんか? この文章では何も言っていないのと同じです。 「流し読みしてください」言っているとしか 思えません。 それに、 「当日はご説明が至らなかった点もあったかと思いますが、 ご容赦頂けますと幸いです。 」 の部分もなぜこの一文を入れているのか、意味不明です。 これでは、もったいないです。 展示会の会期中に、その場で、出展商材が売れることは ほとんどありません。 展示会は、終わってからが本番なのです。 お礼メールは、その本番の幕開けです。 イマイチなままのしていてよいはずが ありません。 効果的なお礼メールのつくり方3つのポイント では、お礼メールの文面はどのようにすればよい のでしょうか? お礼メールの文面を考えるときは、 お礼メールのことだけを考えていてはいけません。 フォローしやすくなる仕掛けを盛り込んでおくことが 重要なのです。 フォローしやすくなる仕掛けは、主に以下の3つです。 ブースの様子を思い出してもらう工夫 展示会にはたくさんのブースがあります。 メールの受け手は、どの商材がどのブースに 展示されていたかを覚えているはずがありません。 だから、お礼メールの中に 必ず、「ブースキャッチコピー」と 「ブースの写真」を盛り込むようにしましょう。 具体的には、お礼メールの文面の中に 必ず、「ブースキャッチコピー」と 「ブースの写真」を盛り込むようにしましょう。 ブースキャッチコピーとは、 ブースの最も目立つ部分=パラペットに掲げる文字のことです。 このパラペットの部分に、社名を書くだけにしている会社が 非常に多いのですが、それでは、非常にもったいないです。 そうではなくて、だれのどんな悩みを解決するブースなのか?が わかる文字を掲げましょう。 ブースキャッチコピーをつくる際は以下の3点を意識するとよいでしょう。 どういう属性の人に立ち寄ってほしいのか?がパッと見てわかること• その属性の人にどういうメリットをもたらす商材なのか?が伝わること• こうしてつくったブースキャッチコピーは、来場者の記憶に残っているはずです。 これをお礼メールの中に盛り込むのです。 そして、ブースキャッチコピーとともに「ブースの写真」も添付しましょう。 来場者は、どのような説明を受けたか?ということよりも、 ブースのデザインや色、雰囲気を記憶していることが多いからです。 ですから、展示会初日の終了後などに、自社のブースの写真を必ず撮っておきましょう。 この時のポイントは、ブースだけを撮ってはいけないという点です。 お礼メールの後、商談につながりやすくするために、 無機質なブースだけでなく、笑顔の説明スタッフも写真に入るようにして、 ナマ感というか人っぽさを出すようにしましょう。 「ブースキャッチコピー」と「ブースの写真」をお礼メールに盛り込むことで 来場者に、あなたのブースに立ち寄った時の記憶を思い出させるのです。 来場者限定の特典企画を再度案内する 展示会の成果は、展示会で名刺交換した相手に どのくらい多くアポがとれて面談できるか?、によって決まる と言っても過言ではありません。 そして、お礼メールで、 この特典企画について、お礼メールで再度 強調するのです。 特典企画というと、 『今、買っていただいたら20%価格をディスカウトします』 というようなものをイメージしがちですが、 ここでお伝えしている特典とは、そういうものではありません。 「価格をディスカウトする」というのは、 『案件化』から『受注』の移行率を高めるためには、 有効な施策です。 しかし、お礼メールを送る時点で考えるべきなのは、 「名刺獲得」から「初回面談」の移行率を高めることです。 ですから、特典企画は、価格ディスカウトではなく、 診断、点検、サーベイなどがよいのです。 「診断?点検?サーベイ?そんなむずかしいこと、うちではできないよ」 あなたはそう思ったかもしれません。 でも、安心してください。 むずかしいことを新しくやらないといけないわけではないのです。 そうではなくて、ド新規客に初回面談をした時に、 必ず聞いたり、調べたり、確認したりするようなことを、 チェックリストにして「診断、点検、サーベイ」という名称にして 提供するだけだとお考えください。 この特典企画を必ずお礼メールの文面に含めるようにしましょう。 展示会後のフォローイベントに誘導する このコラムでは、展示会の当日やお礼メールで 特典企画の存在を強くアピールして、 特典企画に申し込んでもらうことで、フォロー面談に つなげる、という必勝パターンをお伝えしました。 では、特典企画に申し込まなかった来場者は、 非見込み客なのでしょうか? 決してそんなことはありません。 単に、まだ買うタイミングでなかっただけで、 時を経て有力な見込み客になる可能性があります。 そういう来場者が、気軽に参加できるセミナーや工場見学などの イベントの開催をあらかじめ設定しておき、 お礼メールで伝えるのです。 展示会の時点ではまだ買うタイミングでなかった 「そのうち客」に、あなたの会社が 定期的にセミナーなどのイベントを開催していることを 知らせるのです。 すると、そうした見込み客が、実際に買うための検討を 開始したタイミングで、かなりの確率で、 このようなイベントに参加してくれるはずです。 おわかりでしょうか? セミナーや工場見学などのイベントが 「そのうち客」が「購入検討客」に変わるタイミングをキャッチする装置になるのです。 こういったことを踏まえて、お礼メールに、セミナーや工場見学などの イベント開催の告知を盛り込みましょう。 公開!成果の上がるお礼メールはこれだ! この3点を考慮したお礼メールの雛型がこちらです。 詳細を以下からご確認いただき、日時をご指定の上、お申込みください。 それ以降ですと、無料の権利がなくなってしまい、 通常の費用が必要となってしまいますのでご注意ください。 また、弊社では、以下のセミナーを実施しております。 お役に立つ情報をご提供できると確信しておりますので こちらもぜひご参加ください。 よろしくお願いいたします。 だからこそ、逆に、きちんと考えて出展すれば、 ライバル企業に大きな差をつけていくことができるのです。 あなたも、しっかり準備をして、 展示会で大きな成果を上げてほしいと思います。 あなたの展示会での成功を心から応援しています! このセミナーに参加すると、 展示会前の仕込みの仕方がわかります。

次の

展示会来場者へのお礼メール 名刺交換から始めるマーケティング

展示会 お礼メール

展示会のノウハウを無料でダウンロード BtoBマーケティングの展示会のノウハウを「 」でまとめました。 無料でPDFダウンロードができます。 ご興味のある方はぜひダウンロードしてみてください。 展示会の来場者のお礼メールでは、必要以上にあなたの会社の製品情報やイベントの情報などの宣伝をしないように注意しましょう。 展示会のお礼メールにも関わらず、過度な頻度のメールや強引な勧誘をすれば、あなたの会社についてあまり良い印象を持たれません。 展示会のお礼メールからのフォローアップの方法 展示会のお礼メールの目的は、展示会の来場や来訪の御礼です。 展示会直後に送信する展示会のお礼メールの内容は、展示会のお礼にとどまるべきです。 などのフォローアップは、展示会のお礼メールの開封者や、お礼メール内の関連製品のURLをクリックした見込み客に限定します。 情報収集が目的で、あなたの会社の製品やサービスを視察しただけの展示会の一部の来場者や、ノベリティをもらうだけの理由で名刺交換した見込み客には、を実施しても、営業引合いに結びつきません。 展示会のお礼メールの中にも、オプトアウト(配信停止)用のリンクを必ず設定します。 オプトアウト用のリンクによって、あなたの会社の製品やサービスに関心が薄い見込み客をフィルタできます。 また、受信者にとって不要なメールを無理矢理送り続けると、あなたの会社のマイナスイメージにつながりかねません。 展示会で獲得した名刺の全てが見込み客になるとは限りません。 展示会で獲得した全ての名刺へと熱烈なフォローアップする行為は、追いかける側にも追いかけられる側にもメリットがありません。 展示会のお礼メールの書き方〜要はシンプルに 展示会の後でおくるお礼メールはシンプルな内容を心がけましょう。 非常に長いお礼メールもありますが、来場のお礼がメール内容の骨子であるなら、不必要にメール本文を長くする必要は無いでしょう。 展示会の来場者がメールを開封した際に、スクロール無しでメールの全文が読める程度が展示会のお礼メールの長さのひとつの目安です。 また、展示会の来場者があなたのブースをより良く思い出すよう、展示していた代表的な製品のURLをお礼メール内に入れてあげるのも良いでしょう。 間違っても会社のトップページのURLを挿入しないようにしましょう。 展示会のあなたのブースの展示内容だけでは満足できない方のためにも、ショールームなどの案内を入れるのも良いでしょう。 展示会のお礼メールの書き方〜サンプル 展示会のお礼メールの例です。 少しラフな文面となっております。 必要に応じて、書きかえなどをしてお使いくださいませ。 私は当社(株式会社XYZ)の展示ブースの総括を務めました(氏名)と申します。 当日はご説明が至らなかった点もあったかと思いますが、ご容赦頂けますと幸いです。 展示商品に関してご意見やご不明な点がございましたらお問い合わせ下さい。 まずは略儀ながら<来場者氏名>様のご来場のお礼を申し上げます。 引き続き、よろしくお願い致します。 今後配信を希望されない場合には、以下のフォームにて登録の解除をお申し付け下さい。 <配信解除用のURL> まとめ|展示会お礼メールの書き方と活用法〜展示会の効果を最大にするために 展示会のお礼メールは、事前にテンプレート化して、展示会後にすぐに送信できるようにしましょう。 展示会であなたの会社の展示内容に興味・関心を抱いていただいた来場者の記憶に残っているうちにフォローすれば、高い効果が得られます。 今から展示会のお礼メールを準備して、展示会やにもどんどん活用しましょう。

次の

展示会来場お礼|メール例文.com

展示会 お礼メール

BtoB企業にとって、展示会への出展は新規リード獲得のための重要なマーケティング活動です。 しかし、展示会で接触したお客様とどのように関係を構築したらよいのか悩んでいる担当者様は少なくないのではないでしょうか。 「展示会後のフォローが大事」とは至る所で言われていますが、継続的にアプローチするには大規模なデータベースを構築して顧客管理するなど高いコストがかかるイメージがあり、「すぐ始められる具体的なフォロー方法」についてはあまり目にする機会がありません。 そこで当社エイジアからは、展示会後のフォローメールを工夫したことで大きな成果をあげているX社(当社ユーザー企業様)の事例を元に、 すぐに始められる展示会フォローの方法とその成果についてご紹介いたします。 X社では、下記のようにステップメールを計11回配信し、約半年にわたりフォローする計画を立てました。 しかし、X社が企画したステップメールはあくまで 「営業マンの代わり」です。 営業マンからのメールが週に何度も来たり、構成が素晴らしく整っていたり、大量のコンテンツが盛り込まれていたりすると却って不自然な印象を与えてしまいます。 そのため実際に営業担当がフォローしたいと考える適度な頻度と、営業担当が書くであろう適度なコンテンツ量を意識してステップメールの設定を行いました。 X社が属するITサービス業のメールクリック率は平均で3. 5%程度(2013年、MailerMailer社調べ)と言われているため、コンテンツによって差はあるものの、平均値と比較しても大変高いクリック率を記録していることがわかります。 また、 「今すぐに案件はありませんが引き続き参考情報を送ってください」という返信が複数人から来たうえ、ステップメールによるアポも多数獲得できました。 以前X社は展示会から半年後、放置されてしまったリストに対し「自社セミナーのお知らせ」をメールで一斉配信したことがありましたが、クリック率は0. 8%に留まった上、すでにメールアドレスのドメインもしくはユーザーが存在しないため17%ものメールがエラーで届かなかったという苦い経験をしていました。 今回の施策により、「リストが放置されてしまう」という以前の課題が解決し、お客様との良好な関係を構築することに成功しました。

次の