ほうれん草 お弁当。 クックパッドニュース:子どもも喜ぶ!甘くて美味な「ほうれん草のお弁当おかず」6選

【みんなが作ってる】 ほうれん草 お弁当のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ほうれん草 お弁当

材料 (2人前)• 卵 Mサイズ 3個• ちぢみほうれん草 50g• お湯 ゆで用 1000ml• 塩 ゆで用 小さじ1• サラダ油 小さじ2 手順• ちぢみほうれん草は根元に十字の切り込みを入れます。 お湯を沸かした鍋に塩を入れ、1を加えて中火で30秒程ゆでたら流水で洗い、水気を絞ります。 根元を切り落とし、細かく切ります。 同じ様にこの工程を同様にあと2回繰り返します。 焼き上がったら、食べやすい大きさに切り器に盛り付けて完成です。 お弁当の定番のおかず「卵焼き」にちぢみほうれん草を加えたアレンジレシピをご紹介します。 ちぢみほうれん草は肉厚で甘みが強いのが特徴です。 卵と相性がよく、噛む度にほうれん草の甘みが口の中に広がりますよ。 ほうれん草をゆでる際は、根元に十字包丁を入れてくださいね。 火が早く通り、中までしっかりと塩気が浸透し、さらにおいしいほうれん草に仕上がります。 材料 (2人前)• ほうれん草 160g• 水 茹で用 1000ml• 塩 茹で用 小さじ1• 氷水 適量• しめじ 60g• コーン 缶詰 40g• 有塩バター 小さじ2• しょうゆ 小さじ1• 塩 少々• 黒こしょう 少々 手順• コーン缶は水気を切っておきます。 ほうれん草は根元を切り落とし、4〜5cmに切ります。 しめじは石づきを取り、手でほぐします。 お湯に塩を入れ、ほうれん草を30秒ほど茹で、氷水にさらします。 冷えたら水気を切ります。 フライパンで有塩バターを溶かし、しめじを中火で炒めます。 しめじに火が通ったら、2、コーンを入れてさっと炒めます。 全体が絡んだら、しょうゆを入れて中火で炒め、塩、黒こしょうで味を調え、器に盛り付けたら完成です。 きのこの旨味とコーンの甘みが詰まったほうれん草のバター炒めをご紹介します。 幅広い層から人気のしょうゆバター味なので、子どもから大人まで楽しめる一品です。 覚えておけば忙しい朝でもさっと作れる便利な炒め物ですよ!お弁当に入れる時は粗熱をしっかり取ってからお弁当箱に詰めてくださいね。 材料 (2人前)• ほうれん草 100g• お湯 適量• まいたけ 50g• しいたけ 3個• ごま油 大さじ1• 白いりごま 適量 手順• 鍋にお湯を沸かし、ほうれん草を根元の部分から入れ30秒ほどさっと茹でて水気を切り、根元を切り落とし5cm幅に切ります。 しいたけは軸を切りおとし、薄切りにします。 まいたけは石づきを切り落とし、一口大に切ります。 中火で熱したフライパンにごま油をひき、2、3をしんなりするまで炒めます。 器に盛り付け、白いりごまをかければ完成です。 香りが豊かな2種類のきのことほうれん草を使った炒め物のレシピをご紹介します。 ごま油で炒めることで香ばしい風味が食欲をそそる一品に仕上がります。 めんつゆを使えば味付けの失敗が少なく、少ない材料で作れるのが嬉しいポイント!他のきのこで代用も可能です。 お弁当のおかずに迷った時にぜひご活用くださいね。 材料 (2人前)• ほうれん草 150g• お湯 茹で用 1000ml• 冷水 冷やす用 適量• ニンニク 1片• ベーコン 70g• しょうゆ 小さじ2• 有塩バター 20g 手順• 鍋にお湯を沸かして塩を入れて、ほうれん草を1分ほど茹で、冷水にとって冷まし、水気を切ります。 1の根元を切り落とし、3cm幅に切ります。 ニンニクをみじん切りにします。 ベーコンを1cm幅に切ります。 フライパンにバターと3を入れて、中火で加熱したら4を入れて炒めます。 ベーコンに焼き色がついてきたら2を入れてさっと炒め、しょうゆを入れ、全体に味がなじんだら完成です。 続いてご紹介するのは、シンプルながら絶品のほうれん草とベーコンのしょうゆバター炒めです。 にんにくを効かせたしょうゆとバターの味わいは箸が止まらなくなること間違いなし!ほうれん草が苦手な方にもお試しいただきたいおすすめの一品です。 冷めてもおいしいのでお弁当にぴったりですよ。 材料 (2人前)• 鶏ひき肉 200g• はんぺん 100g 1枚• ほうれん草 50g 下茹で用• お湯 1000ml• 砂糖 小さじ1• サラダ油 大さじ1• 鍋に沸かしたお湯に砂糖を入れ、ほうれん草を2分程度茹でたら、流水にとり水気を絞るようにきります。 6等分にし、丸く成形したら中火に熱したフライパンにサラダ油を入れ、入れます。 両面焼き色がつき、中心に火が通るまで8分程度焼きます。 お皿に盛って完成です。 鶏ひき肉とはんぺんを合わせたタネに、刻んだほうれん草を混ぜ込んだハンバーグです。 甘辛い味付けはごはんが進むこと間違いなし。 彩りがよく、ミニサイズで食べやすいので、お弁当にもぴったりですよ。 材料 (2人前)• ほうれん草 200g• お湯 茹でる用 1000ml• 塩 茹でる用 小さじ1• 冷水 冷やす用 適量• ツナ油漬け 70g• サラダ油 小さじ2 手順• ほうれん草はよく洗っておきます。 ツナ油漬けは油を切っておきます。 鍋にお湯を沸かし、塩、ほうれん草を入れ、1分程茹でて冷水に取り、水気を絞ります。 根元を切り落とし、5cm幅に切ります。 中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、ツナを入れてサッと炒めます。 味が馴染んだら火から下ろし、器に盛り付けて完成です。 スパイシーなカレーの風味が食欲をそそる、ほうれん草とツナのソテーです。 味付けにはしょうゆやコンソメも使い、マイルドな辛さに仕上げているので、お子さまも食べやすいはず。 ごはんにもパンにも合うので、お弁当に便利な一品です。 材料 (2人前)• 豚バラ肉 スライス 4枚• ほうれん草 70g• お湯 茹で用 1000ml• 塩 茹で用 小さじ1• にんじん 70g• サラダ油 小さじ1 たれ• 砂糖 小さじ1 手順• にんじんは洗って皮を剥いておきます。 にんじんは6cm長さの細切りにします。 耐熱ボウルに入れてラップをし、500Wの電子レンジで2分程柔らかくなるまで加熱します。 鍋にお湯を沸騰させ、塩を加えてほうれん草を根の部分から入れます。 30秒ほどしたら葉の部分も入れ、30秒茹でます。 流水にさらして水気を絞り、根元を切り落とし6cm幅に切ります。 ボウルにたれの材料を混ぜ合わせます。 豚バラ肉を2の長さに合わせて3枚横に並べます。 手前を1cm空けて2を並べ、手前からきつめに巻きます。 同様に1も巻きます。 フライパンにサラダ油をひき、巻き終わりを下にして焼きます。 巻き終わりがくっついたらひっくり返して弱火でさらに焼きます。 焼き色がついたら取り出し、耐熱皿に乗せて500Wの電子レンジで2分肉に火が通るまで加熱します。 フライパンの油を軽く拭き取ります。 3を加えて弱火で加熱し、5を入れて味が馴染んだら火から下ろし、切り分けて完成です。 ほうれん草とにんじんを使ったうずまき模様の肉巻きです。 ひと手間加えるだけでいつもの肉巻きとは違った見た目に仕上がるので、遠足や運動会などのイベントのお弁当にもおすすめですよ。 他にも色々な野菜でアレンジができるので、ぜひお試しくださいね。 材料 (2人前)• 鶏もも肉 1枚 200g• 塩麹 大さじ3• ほうれん草 150g• お湯 茹で用 1000ml• 塩 茹で用 小さじ1• 水 さらす用 適量• しめじ 30g• 塩こしょう ふたつまみ• ごま油 大さじ1• 白いりごま 仕上げ用 適量 手順• 鶏もも肉の余分な脂は取り除いておきます。 しめじは石づきを切り落とし、ほぐしておきます。 鶏もも肉を一口大に切ります。 ポリ袋に入れ、塩麹、すりおろしニンニクを加えて揉み込みます。 冷蔵庫に入れ、30分漬け込みます。 鍋に沸騰させたお湯に、塩を入れます。 ほうれん草を根元から入れ、30秒茹でます。 葉を入れ、さらに30秒茹でます。 水にとり、水気を絞ります。 根元を切り落とし、5cm幅に切ります。 中火で熱したフライパンにごま油をひき、汁気を切った1を皮目から入れ、3分程度焼きます。 皮目に焼き色がついたら、しめじを入れ、炒めます。 鶏肉に火が通ったら3を入れ、さっと炒め合わせ、塩こしょうで味を調えます。 お皿に盛り付け、白いりごまをふり、完成です。 鶏もも肉とほうれん草を塩麹で味付けしたシンプルな炒めものです。 塩麹の優しい味わい中に、ほんのりニンニクの風味がアクセント。 味がグッと引き締まります。 鶏もも肉がゴロッと入って食べ応えがあるので、お弁当のメインになる一品です。

次の

【みんなが作ってる】 ほうれん草 お弁当のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ほうれん草 お弁当

人気のお弁当に合うほうれん草のおすすめレシピ1つ目は、ごま和えです。 食卓では定番ともいえるほうれん草のごま和えですが、お弁当のおかずとしても人気です。 忙しいお弁当作りの朝に、もう1品足りない!という時にもとても便利なおかずなんです。 ごまはお好みでたっぷり入れて作るとおいしいですよ。 ほうれん草のごま和えの材料• ほうれん草 1束• すりごま 大さじ4• しょうゆ 大さじ1• 砂糖 大さじ1 ほうれん草のごま和えのレシピ• ほうれん草を洗い、熱湯でサッと茹でます。 水気を切り、4cm程に切ります。 ボウルにすりごま、しょうゆ、砂糖を入れて混ぜます。 作ったタレの中にほうれん草を入れて混ぜます。 ベーコン以外にもハムやコーン、ウインナーなどでもおいしいです。 ナツメグを加えると、ちょっぴりスパイシーなバター炒めになります。 ベーコンには塩分が多く含まれていますので、塩は控えめの方が食べやすいですよ! お弁当の隙間を埋めてくれるおかずです。 ベーコンの赤とほうれん草の緑でお弁当の見栄えもアップしてくれると思います。 炒め物は1つのフライパンで簡単にできるので、お弁当に便利ですね。 ほうれん草とベーコンのバター炒めの材料• ほうれん草 1束• ベーコン 5枚• バター 5g• 塩こしょう 少々 ほうれん草とベーコンのバター炒めのレシピ• ほうれん草は5cm幅、ベーコンは短冊切りにします。 熱したフライパンにバターを溶かし、ベーコンとほうれん草の茎部分を炒めます。 ベーコンに火が通ったら、残りのほうれん草を加えて炒めます。 塩こしょうで味を付けます。 いつもの卵焼きもほうれん草を入れるだけで色鮮やかに、そして栄養もボリュームもアップします。 卵にほうれん草を混ぜてしまってもいいですが、後から乗せて焼くことで黄色と緑がお弁当を彩ってくれます。 味付けはめんつゆ以外にも、ご家庭の味付けでOKです。 ほうれん草嫌いの子供が食べてくれた!という声も多いので、子供のお弁当にもおすすめのほうれん草おかずです。 焼いてすぐにキッチンペーパーに包み、筒状に形を整えてそのまま冷ますと丸くてかわいらしい卵焼きになります。 ほうれん草の卵焼きの材料• 卵 1個• ほうれん草 1株• ほうれん草を茹でて、冷水にさらして水気を切ります。 卵をめんつゆをボウルに入れて、ほぐします。 熱したフライパンに油を熱し、卵を流し入れます。 ほうれん草を乗せて、巻きます。 こちらの記事では、卵焼きの冷凍の仕方などをご紹介しています。 作り置きすればお弁当にも便利なので、参考にしてみてくださいね。 人気のお弁当に合うほうれん草のおすすめレシピ4つ目は、豚肉の炒め物です。 がっつりしたほうれん草おかずがいいという方におすすめです。 ほうれん草以外にも、玉ねぎや人参などを加えてもいいですね。 今回は味噌を使っていますが、塩こしょうのみやしょうゆとみりんなど味を変えればバリエーションがたくさんできます。 炒め始める前に調味料を混ぜて味噌を溶かしておくと、調味料が絡みやすくて簡単です。 サッとできる簡単おかずですし、しっかりした味付けなので、お弁当のおかずにおすすめですよ! 豚肉とほうれん草の炒め物の材料• 豚バラ 250g• ほうれん草 1束• 塩こしょう 少々• マヨネーズ 大さじ2• 酒 大さじ2• 味噌 大さじ2 豚肉とほうれん草の炒め物のレシピ• マヨネーズ、酒、味噌を合わせておきます。 豚肉とほうれん草を食べやすい大きさに切ります。 熱したフライパンに油を熱し、豚肉を炒めます。 豚肉の色が変わってきたら、ほうれん草を加えて更に炒めます。 塩こしょう、混ぜ合わせた調味料を加えて炒めます。 ご紹介している白だし以外にも、めんつゆや出汁しょうゆ、塩だけでもおいしいナムルになります。 プチトマトや海苔、にんにく、人参を入れていろんなアレンジができる万能おかずです。 作り置きおかずとしてもおすすめですよ! ほうれん草のナムルの材料• ほうれん草 1束• 白だし 大さじ1• ごま油 大さじ1• 白ごま 大さじ2 ほうれん草のナムルのレシピ• ほうれん草は茹でて冷水にさらします。 水気を切り、5cm幅に切ります。 ボウルに白だし、ごま油、白ごまを入れて混ぜます。 ほうれん草を加えて和えます。 巻いて焼くだけだから、簡単でおいしいがっつりおかずになります。 生姜を加えれば生姜焼き風に、ポン酢でさっぱり肉巻きに、他にもオイスターソース、ポン酢など味付けを変えれば違った肉巻きも楽しめます。 チーズを一緒に巻くのもおすすめです! ほうれん草の肉巻きの材料• ほうれん草 1束• 豚肉(ロース、バラ) 8枚• 小麦粉 適量• 塩こしょう 適量• しょうゆ 大さじ1• みりん 大さじ1• 砂糖 大さじ1 ほうれん草の肉巻きのレシピ• ほうれん草は茹でて冷水にさらし、水気を切る。 肉の幅に合わせてほうれん草を切ります。 肉を広げて塩こしょうを振り、ほうれん草を乗せてきつめに巻きます。 小麦粉をまぶし、熱したフライパンで巻き終わりを下にして焼きます。 火が通ったらしょうゆ、砂糖、みりんを加えて絡めます。 ほうれん草を茹でて巻くだけだから、とても簡単です。 お弁当の隙間を埋めるおかずにはぴったりですね。 巻き終わりは楊枝やピックで止めてもいいですが、パスタで止めると食べる頃には柔らかくなっているのでそのまま食べられますよ。 味付けはマヨネーズの他にも、塩こしょうや巻いた後のほうれん草にしょうゆを垂らしてもおいしいです。 ハムとほうれん草の間に海苔やスライスチーズを乗せて巻くのもいいですね。 ほうれん草のハム巻きの材料• ほうれん草 1株• ハム 1枚• マヨネーズ 少々• 乾燥パスタ 1本 ほうれん草のハム巻きのレシピ• ほうれん草を茹でて、冷水にさらして水気を切ります。 ハムを半分に切って、マヨネーズを中心に乗せます。 ハムの長さに合わせて切ったほうれん草を乗せます。 くるくる巻いて、乾燥パスタで止めます。 ほうれん草の手軽にできる簡単おかずといったら、定番ですよね。 鰹節を和えているので、水分を吸ってくれてお弁当にも入れやすくなります。 ほうれん草のみでもおいしいですが、しめじの食感がプラスされて更においしさアップです! ほうれん草としめじのおひたしの材料• ほうれん草 1束• しめじ 1株• 鰹節 適量• めんつゆ 適量• しょうゆ 少々 ほうれん草としめじのおひたしのレシピ• ほうれん草は茹でて冷水にさらし、水気を切る。 しめじはサッと茹でて冷ます。 ほうれん草としめじ、めんつゆ、鰹節を合わせて和えます。 グラタンというと時間がかかりそうに思いますが、フライパンの中で小麦粉と牛乳で作るホワイトソースなら、忙しい朝にも簡単です。 多めに作ってトースターに入れる前で冷凍しておくと、朝焼いてお弁当箱に詰めるだけなので便利です。 ほうれん草のグラタンの材料• ほうれん草 1株• ウインナー 3本• 牛乳 100cc• 薄力粉 小さじ2• バター 5g• 塩こしょう 少々• パン粉 少々• ピザ用チーズ 適量 ほうれん草のグラタンのレシピ• ほうれん草は茹でて水気を切ります。 熱したフライパンにバターを溶かし、ウインナーとしめじを炒めます。 小麦粉を入れて、ウインナーとしめじと馴染ませます。 少しずつ混ぜながら牛乳とほうれん草を加えます。 とろみがついたら、塩で味を調えます。 おかずカップに取り分け、チーズとパン粉を乗せます。 トースターでチーズが溶けるまで焼きます。 胡桃は栄養も豊富ですし、食感が楽しいおかずになります。 胡桃以外にも、ピーナッツなど他のナッツ類でもおいです。 胡桃をフライパンで炒ってから入れると、香ばしい胡桃和えになります。 ナッツ好きにはたまらないほうれん草レシピになると思います。 ほうれん草の胡桃和えの材料• ほうれん草 1束• 胡桃 30g• しょうゆ 小さじ1• 砂糖 小さじ1 ほうれん草の胡桃和えのレシピ• ほうれん草を茹で、冷水にさらして4cm幅に切ります。 胡桃をビニール袋に入れて、めん棒で砕きます。 ボウルに胡桃、しょうゆ、砂糖を混ぜます。 ほうれん草を加えて和えます。 ほうれん草を使ったお弁当のおかず以外にも、下記の記事では鶏肉を使ったおかずもたくさんご紹介しています。 ほうれん草のおかずと組み合わせて、おいしいお弁当を作ってくださいね。

次の

ほうれん草の常備菜レシピ特集!簡単に作れる人気の作り置きおかずをご紹介!

ほうれん草 お弁当

材料 (2人前)• 卵 Mサイズ 3個• ちぢみほうれん草 50g• お湯 ゆで用 1000ml• 塩 ゆで用 小さじ1• サラダ油 小さじ2 手順• ちぢみほうれん草は根元に十字の切り込みを入れます。 お湯を沸かした鍋に塩を入れ、1を加えて中火で30秒程ゆでたら流水で洗い、水気を絞ります。 根元を切り落とし、細かく切ります。 同じ様にこの工程を同様にあと2回繰り返します。 焼き上がったら、食べやすい大きさに切り器に盛り付けて完成です。 お弁当の定番のおかず「卵焼き」にちぢみほうれん草を加えたアレンジレシピをご紹介します。 ちぢみほうれん草は肉厚で甘みが強いのが特徴です。 卵と相性がよく、噛む度にほうれん草の甘みが口の中に広がりますよ。 ほうれん草をゆでる際は、根元に十字包丁を入れてくださいね。 火が早く通り、中までしっかりと塩気が浸透し、さらにおいしいほうれん草に仕上がります。 材料 (2人前)• ほうれん草 160g• 水 茹で用 1000ml• 塩 茹で用 小さじ1• 氷水 適量• しめじ 60g• コーン 缶詰 40g• 有塩バター 小さじ2• しょうゆ 小さじ1• 塩 少々• 黒こしょう 少々 手順• コーン缶は水気を切っておきます。 ほうれん草は根元を切り落とし、4〜5cmに切ります。 しめじは石づきを取り、手でほぐします。 お湯に塩を入れ、ほうれん草を30秒ほど茹で、氷水にさらします。 冷えたら水気を切ります。 フライパンで有塩バターを溶かし、しめじを中火で炒めます。 しめじに火が通ったら、2、コーンを入れてさっと炒めます。 全体が絡んだら、しょうゆを入れて中火で炒め、塩、黒こしょうで味を調え、器に盛り付けたら完成です。 きのこの旨味とコーンの甘みが詰まったほうれん草のバター炒めをご紹介します。 幅広い層から人気のしょうゆバター味なので、子どもから大人まで楽しめる一品です。 覚えておけば忙しい朝でもさっと作れる便利な炒め物ですよ!お弁当に入れる時は粗熱をしっかり取ってからお弁当箱に詰めてくださいね。 材料 (2人前)• ほうれん草 100g• お湯 適量• まいたけ 50g• しいたけ 3個• ごま油 大さじ1• 白いりごま 適量 手順• 鍋にお湯を沸かし、ほうれん草を根元の部分から入れ30秒ほどさっと茹でて水気を切り、根元を切り落とし5cm幅に切ります。 しいたけは軸を切りおとし、薄切りにします。 まいたけは石づきを切り落とし、一口大に切ります。 中火で熱したフライパンにごま油をひき、2、3をしんなりするまで炒めます。 器に盛り付け、白いりごまをかければ完成です。 香りが豊かな2種類のきのことほうれん草を使った炒め物のレシピをご紹介します。 ごま油で炒めることで香ばしい風味が食欲をそそる一品に仕上がります。 めんつゆを使えば味付けの失敗が少なく、少ない材料で作れるのが嬉しいポイント!他のきのこで代用も可能です。 お弁当のおかずに迷った時にぜひご活用くださいね。 材料 (2人前)• ほうれん草 150g• お湯 茹で用 1000ml• 冷水 冷やす用 適量• ニンニク 1片• ベーコン 70g• しょうゆ 小さじ2• 有塩バター 20g 手順• 鍋にお湯を沸かして塩を入れて、ほうれん草を1分ほど茹で、冷水にとって冷まし、水気を切ります。 1の根元を切り落とし、3cm幅に切ります。 ニンニクをみじん切りにします。 ベーコンを1cm幅に切ります。 フライパンにバターと3を入れて、中火で加熱したら4を入れて炒めます。 ベーコンに焼き色がついてきたら2を入れてさっと炒め、しょうゆを入れ、全体に味がなじんだら完成です。 続いてご紹介するのは、シンプルながら絶品のほうれん草とベーコンのしょうゆバター炒めです。 にんにくを効かせたしょうゆとバターの味わいは箸が止まらなくなること間違いなし!ほうれん草が苦手な方にもお試しいただきたいおすすめの一品です。 冷めてもおいしいのでお弁当にぴったりですよ。 材料 (2人前)• 鶏ひき肉 200g• はんぺん 100g 1枚• ほうれん草 50g 下茹で用• お湯 1000ml• 砂糖 小さじ1• サラダ油 大さじ1• 鍋に沸かしたお湯に砂糖を入れ、ほうれん草を2分程度茹でたら、流水にとり水気を絞るようにきります。 6等分にし、丸く成形したら中火に熱したフライパンにサラダ油を入れ、入れます。 両面焼き色がつき、中心に火が通るまで8分程度焼きます。 お皿に盛って完成です。 鶏ひき肉とはんぺんを合わせたタネに、刻んだほうれん草を混ぜ込んだハンバーグです。 甘辛い味付けはごはんが進むこと間違いなし。 彩りがよく、ミニサイズで食べやすいので、お弁当にもぴったりですよ。 材料 (2人前)• ほうれん草 200g• お湯 茹でる用 1000ml• 塩 茹でる用 小さじ1• 冷水 冷やす用 適量• ツナ油漬け 70g• サラダ油 小さじ2 手順• ほうれん草はよく洗っておきます。 ツナ油漬けは油を切っておきます。 鍋にお湯を沸かし、塩、ほうれん草を入れ、1分程茹でて冷水に取り、水気を絞ります。 根元を切り落とし、5cm幅に切ります。 中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、ツナを入れてサッと炒めます。 味が馴染んだら火から下ろし、器に盛り付けて完成です。 スパイシーなカレーの風味が食欲をそそる、ほうれん草とツナのソテーです。 味付けにはしょうゆやコンソメも使い、マイルドな辛さに仕上げているので、お子さまも食べやすいはず。 ごはんにもパンにも合うので、お弁当に便利な一品です。 材料 (2人前)• 豚バラ肉 スライス 4枚• ほうれん草 70g• お湯 茹で用 1000ml• 塩 茹で用 小さじ1• にんじん 70g• サラダ油 小さじ1 たれ• 砂糖 小さじ1 手順• にんじんは洗って皮を剥いておきます。 にんじんは6cm長さの細切りにします。 耐熱ボウルに入れてラップをし、500Wの電子レンジで2分程柔らかくなるまで加熱します。 鍋にお湯を沸騰させ、塩を加えてほうれん草を根の部分から入れます。 30秒ほどしたら葉の部分も入れ、30秒茹でます。 流水にさらして水気を絞り、根元を切り落とし6cm幅に切ります。 ボウルにたれの材料を混ぜ合わせます。 豚バラ肉を2の長さに合わせて3枚横に並べます。 手前を1cm空けて2を並べ、手前からきつめに巻きます。 同様に1も巻きます。 フライパンにサラダ油をひき、巻き終わりを下にして焼きます。 巻き終わりがくっついたらひっくり返して弱火でさらに焼きます。 焼き色がついたら取り出し、耐熱皿に乗せて500Wの電子レンジで2分肉に火が通るまで加熱します。 フライパンの油を軽く拭き取ります。 3を加えて弱火で加熱し、5を入れて味が馴染んだら火から下ろし、切り分けて完成です。 ほうれん草とにんじんを使ったうずまき模様の肉巻きです。 ひと手間加えるだけでいつもの肉巻きとは違った見た目に仕上がるので、遠足や運動会などのイベントのお弁当にもおすすめですよ。 他にも色々な野菜でアレンジができるので、ぜひお試しくださいね。 材料 (2人前)• 鶏もも肉 1枚 200g• 塩麹 大さじ3• ほうれん草 150g• お湯 茹で用 1000ml• 塩 茹で用 小さじ1• 水 さらす用 適量• しめじ 30g• 塩こしょう ふたつまみ• ごま油 大さじ1• 白いりごま 仕上げ用 適量 手順• 鶏もも肉の余分な脂は取り除いておきます。 しめじは石づきを切り落とし、ほぐしておきます。 鶏もも肉を一口大に切ります。 ポリ袋に入れ、塩麹、すりおろしニンニクを加えて揉み込みます。 冷蔵庫に入れ、30分漬け込みます。 鍋に沸騰させたお湯に、塩を入れます。 ほうれん草を根元から入れ、30秒茹でます。 葉を入れ、さらに30秒茹でます。 水にとり、水気を絞ります。 根元を切り落とし、5cm幅に切ります。 中火で熱したフライパンにごま油をひき、汁気を切った1を皮目から入れ、3分程度焼きます。 皮目に焼き色がついたら、しめじを入れ、炒めます。 鶏肉に火が通ったら3を入れ、さっと炒め合わせ、塩こしょうで味を調えます。 お皿に盛り付け、白いりごまをふり、完成です。 鶏もも肉とほうれん草を塩麹で味付けしたシンプルな炒めものです。 塩麹の優しい味わい中に、ほんのりニンニクの風味がアクセント。 味がグッと引き締まります。 鶏もも肉がゴロッと入って食べ応えがあるので、お弁当のメインになる一品です。

次の