外部連結。 高野山・世界遺産きっぷ|南海電鉄

富士通の2019年度連結決算は営業利益62%増、今後は“パーパス”に基づく経営方針や事業戦略を実践へ

外部連結

両方のテーブルで名前が同じ変数はすべてキー変数です。 外部連結は、キー変数の値が一致しているテーブルの行を組み合わせますが、一方の入力テーブルのキー変数が他方の入力テーブルのキー変数と一致していない行も含みます。 キーとして使用する変数。 'Keys' と、正の整数、正の整数のベクトル、文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、string 配列、または logical ベクトルのいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。 名前と値のペアの引数 'Keys' を名前と値のペアの引数 'LeftKeys' および 'RightKeys' と共に使用することはできません。 行ラベルのベクトルは、単独のキーまたは他のキー変数と組み合わせたキーにすることができます。 詳細については、の節を参照してください。 例: 'Keys',[1 3] は、 Tleft と Tright の最初の変数と 3 番目の変数をキー変数として使用します。 例: 'Keys','Row' は、 Tleft と Tright の両方が行名をもつ table の場合、 Tleft と Tright の行名のベクトルをキー変数として使用します。 Tleft でキーとして使用する変数。 'LeftKeys' と、正の整数、正の整数のベクトル、文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、string 配列、または logical ベクトルのいずれかで構成される、コンマ区切りのペアとして指定します。 名前と値のペアの引数 'LeftKeys' は名前と値のペアの引数 'RightKeys' と組み合わせて使用しなければなりません。 'LeftKeys' および 'RightKeys' では、同じ数のキー変数を指定しなければなりません。 outerjoin は、キーの値をその順序に基づいて組み合わせます。 行ラベルのベクトルは、単独のキーまたは他のキー変数と組み合わせたキーにすることができます。 詳細については、の節を参照してください。 例: 'LeftKeys',1 は、 Tleft の最初の変数のみをキー変数として使用します。 Tright でキーとして使用する変数。 'RightKeys' と、正の整数、正の整数のベクトル、文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、string 配列、または logical ベクトルのいずれかで構成される、コンマ区切りのペアとして指定します。 名前と値のペアの引数 'RightKeys' は名前と値のペアの引数 'LeftKeys' と組み合わせて使用しなければなりません。 'LeftKeys' および 'RightKeys' では、同じ数のキー変数を指定しなければなりません。 outerjoin は、キーの値をその順序に基づいて組み合わせます。 行ラベルのベクトルは、単独のキーまたは他のキー変数と組み合わせたキーにすることができます。 詳細については、の節を参照してください。 例: 'RightKeys',3 は、 Tright の 3 番目の変数のみをキー変数として使用します。 Tleft と Tright からの外部連結。 テーブルとして返されます。 出力テーブル T には、キー値の同じ組み合わせを共有するテーブル Tleft と Tright の行のペアごとに 1 つの行が格納されます。 Tleft と Tright に同じ名前の変数がある場合、 outerjoin は T の対応する変数名に一意の接尾辞を追加します。 Tleft から取得した T の変数では、 Tright と一致しなかった行に null 値が含まれます。 同様に、 Tright から取得した T の変数では、 Tleft と一致しなかった行に null 値が含まれます。 T にはまた、各入力テーブルのキー値の組み合わせのうち、もう一方の入力テーブルの行と一致しないものに対応する行も格納されます。 T は、キー変数の値で並べ替えられた Tleft ileft,LeftVars と Tright iright,RightVars の水平連結を格納します。 既定の設定では、 LeftVars は Tleft のすべての変数で構成され、 RightVars は Tright のすべての変数で構成されます。 そうでない場合、 LeftVars は名前と値のペアの引数 'LeftVariables' で指定された変数で構成され、 RightVars は名前と値のペアの引数 'RightVariables' で指定された変数で構成されます。 テーブルには、説明、変数単位、変数名、行名などの追加のメタデータを格納できます。 詳細については、 のプロパティの節を参照してください。 ヒント 入力 table または timetable からの行ラベルのベクトルは、単独のキーまたは他のキー変数と組み合わせたキーにすることができます。 行ラベルは、table の行名または timetable の行時間です。 このベクトルをキーとして使用するには、 table の行名に対して 'Row' として、行時間の timetable ベクトルの名前として、または T. Properties. ここで T は table または timetable です。 一般的に、 outerjoin は、入力テーブル Tleft から出力テーブル T に行ラベルをコピーします。 Tleft と Tright の両方からの行ラベルをキーの組として指定した場合、 outerjoin は必要に応じて Tright からの行ラベルを T からの行ラベルにマージします。 Tleft の行ラベルをキーとして指定し、 Tright の行ラベルをマッチング キーとして指定しなかった場合、 outerjoin は必要に応じて T に既定の行ラベルを作成します。 Tleft と Tright の両方が table で、どちらの入力 table の行名もキーとして指定しなかった場合、 outerjoin は T に行名を作成しません。 Tleft の行ラベルを左キー、 Tright の変数を右キーに使用して外部連結を実行することはできません。 外部連結を実行するには、 Tleft の行ラベルを table 変数に変換して、この新しい table 変数をキーとして使用します。

次の

外部式フィルターの連結について

外部連結

最初に外部結合について簡単に説明しておきます。 外部結合とは2つのテーブルでそれぞれ結合の対象となるカラムを指定し、それぞれのカラムに同じ値が格納されているデータを結合して取得するものです。 内部結合の場合は、一致しないデータは取得しませんでしたが、外部結合の場合は一致しない場合もデータとして取得します。 次の図を見て下さい。 左側のテーブルと右側のテーブルを外部結合します。 結合の対象となるカラムは左側のテーブルが「部署ID」、右側のテーブルが「ID」です。 この2つのカラムの値が同じデータ同士を結合し取得します。 左側のテーブルのデータの中で「部署ID」カラムの値が右側のテーブルの「ID」カラムの値の中にない場合にもデータを取得している点について注意してください。 注意点 外部結合の場合、左側のテーブルにしかないデータも取得する方法を左外部結合、右側のテーブルにしかないデータも取得する方法を右外部結合、左側のテーブルにしかないデータも右側のテーブルにしかないデータもすべて取得する方法を完全外部結合といいます。 ただ SQLite の場合は左外部結合を行う LEFT OUTER JOIN 句のみサポートしています。 右外部結合を行う RIGHT OUTER JOIN 句や完全外部結合を行う FULL OUTER JOIN 句を使おうとすると Error: RIGHT and FULL OUTER JOINs are not currently supported というエラーが発生しますので注意してください。 SELECT 文と LEFT OUTER JOIN 句を組み合わせることで2つのテーブルを外部結合させてデータを取得することができます。 書式は次の通りです。 SELECT 取得するカラム FROM テーブル名1 LEFT OUTER JOIN テーブル名2 ON 結合条件 ; SELECT 文で取得するデータは2つのテーブルを結合したものから取得します。 取得するカラムはどちらのテーブルにあるどのカラムなのかが分かるように「テーブル名. カラム名」の形式で指定します。 結合条件のところでは結合の対象となるカラムについて「テーブル名1. カラム名2」の形式で指定します。 外部結合は内部結合の場合と似ているのですが、 LEFT OUTER JOIN 句を使用する場合は結合の対象となっているカラムの値が一致しているデータに加えて、カラムの値が FROM の後に書かれたテーブルにしかなかった場合でもデータとして取得します。 -- -- それでは簡単な例を使ってどのように使用するのかについて確認します。 社員の一覧が登録された staff テーブルと、部署が登録された dept テーブルを用意しました。 それぞれ INSERT 文を使ってデータを格納してあります。

次の

SQL講座 LEFT JOIN とRIGHT JOIN(表の外部結合)

外部連結

この講で学習すること ・連結会社間の仕入・売上の相殺消去 ・子会社から外部へ販売した場合 ・子会社の在庫として残っている場合 連結会計でやること 1.開始仕訳(過年度分の連結修正仕訳の復元) 2.当該年度の連結修正仕訳 (1)のれんの償却 (2) (3) (4)その他親子会社間取引の相殺消去 のうち、この講では(4)その他親子会社間取引の相殺消去について学習します。 連結会社間の仕入・売上の相殺消去 親会社から子会社への売上があった場合、親会社の計上した売上高と、子会社の計上した売上原価を相殺消去するという連結修正仕訳については、すでに学習しました。 (2)P社は、(1)で仕入れた商品Aを、¥10,000で子会社であるS社に販売し、代金は掛けとした。 (3)S社は、(2)でP社から仕入れた商品Aを、得意先に¥150で販売し、代金は掛けとした。 【P社・S社それぞれの仕訳】 (1) P社 (借)仕 入 100 /(貸)買掛金 100 (2) P社 (借)売掛金 10,000 /(貸)売 上 10,000 S社 (借)仕 入 10,000 /(貸)買掛金 10,000 (3) S社 (借)売掛金 150 /(貸)売 上 150 【P社・S社それぞれの個別P/L】 親会社P社側で¥9,900もの利益が出ますが、子会社S社では¥9,850の損失なので、合算すると¥50の利益(つまり¥100で仕入れた商品を¥150で売った利益)になります。 ただし、親子会社間の売上高と売上高と売上原価は、連結会計上「自分から自分への売上」ということで、連結修正仕訳で相殺消去するんでした。 では、同じ商品Aを、子会社で在庫のまま持っていたとしたら、どうなるでしょうか? 子会社の在庫として残っている場合 【設例2】 (1)P社は、仕入先から商品A¥100を仕入れ、代金は掛けとした。 (2)P社は、(1)で仕入れた商品Aを、¥10,000で子会社であるS社に販売し、代金は掛けとした。 (3)S社は、(2)でP社から仕入れた商品Aを販売せず在庫のまま期末決算日を迎えた。 【P社・S社それぞれの仕訳】 (1) P社 (借)仕 入 100 /(貸)買掛金 100 (2) P社 (借)売掛金 10,000 /(貸)売 上 10,000 S社 (借)仕 入 10,000 /(貸)買掛金 10,000 (3) S社 (借)繰越商品 10,000 /(貸)仕 入 10,000 となり、親会社のP/Lと子会社のP/Lを通算しても、親会社の売上総利益¥9,900が残ります。 では、¥10,000の仕入原価はどこへ行ったのでしょうか? (3)の仕訳、つまり売上原価から繰越商品へ振り返る決算整理仕訳により、資産としてB/Sの方に移っていました。 この状態で、親子会社間の売上を相殺消去する連結修正仕訳 (借)売 上 高 10,000 /(貸)売上原価 10,000 を行うと、 なんと、売上原価がマイナスになるという、わけのわからない連結財務諸表になってしまいます。 そこで、親会社から仕入れた商品が子会社で外部販売されずに在庫のまま残っている場合には、次のような連結修正仕訳を加えます。 (借)売上原価 9,900 /(貸)商 品 9,900 親会社側で仕入原価に上乗せした利益分を、商品からマイナスします。 これで、商品の資産価値は、親会社が外部の仕入先から仕入れたときの原価と同じになります。 借方は売上原価ですが、(3)の決算整理仕訳で減らした(=貸方に計上した)売上原価を、¥10,000から¥100に修正する意味合いになります。

次の