アンティ キティ ラ 島 の 機械。 「最古のコンピューター」発見の難破船、最新機器で調査開始 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

【話題】再現された古代ギリシャのコンピュータ、『アンティキティラ島の機械』(動画あり) : 付録部 blog

アンティ キティ ラ 島 の 機械

1994年3月4日に発売された。 意味は「古代の遺物」。 [] 概要 アンティキティー(古代の遺物)の名の通り、古代のの遺物を用いたとのを題材にしている(時代設定は0-64AR)。 このセットは、兄弟戦争で使われた数多くのと、それに関連するで占められており、強力なアーティファクトが多く「秘宝の宝庫」と言われた。 アーティファクトへの偏りっぷりはすさまじく、アンティキティーのカードにおいて、「アーティファクト」という単語が書かれていないカードはと3種類、合計4種類しかない(また、とには、で登場している)。 有名なカードには、、、、、、、、、、などがある。 ここに挙げたものの多くは、やであるいは、リメイクされている。 アンティキティーのカードは、約1,500万枚が印刷された。 [] デザイン デザイン&デベロップ・チーム アート・ディレクター [] 参考• Wisdom Guild• (小説)• (アメコミ版アンティキティー)• (アメコミ版兄弟戦争)• (日本漫画版兄弟戦争)•

次の

BC100年頃に作られた謎多きガジェットの秘密がまた1つ発見されました。

アンティ キティ ラ 島 の 機械

アンティキティラ島の機械と呼ばれる大昔のガジェットを知っていますか? 紀元前150年ー100年頃に作られたと推測されている、天体運行を計算するために作られた古代ギリシアの歯車式機械です。 多くの歯車が使われており、 最古のアナログコンピュータと呼ぶ人もいます。 太陽、月、その他の天体の位置や古代ギリシャの五輪の開催日を示します。 1901年に沈没船から回収され、1951年から科学史家による、系統的調査が始まっていますが、現在でもまだ 謎が多い機械です。 そんなアンティキティラ島の機械に関して、また新たな発見が報告されました。 地球が太陽の周りを回る軌道は、円ではなく 楕円のため、地球から太陽を見ると、 太陽の速度は変化しているように見えます。 ある季節には太陽は早足で動き、他の季節にはゆっくり動くというように。 月でも同じ現象が起きます。 アンティキティラ島の機械は月の楕円軌道に関しては、この微妙な狂いを 2つの小さな歯車で修正できるようにしています。 しかし、太陽の楕円軌道が引き起こす差異は、月よりももっともっと微妙なので、歯車は( もし存在したと仮定すると)もっと小さい歯車である必要があります。 しかし、そこまで小さすぎる部品は実際的ではないので、太陽の楕円軌道を計算するには、もっと別の機構があったのではないかというのが今回の発見です。 それはとても 幾何学的な機構です。 Puget Sound大学の科学史家である James Evansとその同僚らは、太陽が動く速度の変化に対応するのに、もっと シンプルな方法を使ったのではないかという説を提唱しています。 歯車の中心をずらすと、 中心から歯車の外周までの幅はそれぞれ異なることになります。 これで歯車は同じ速度で動いていても、太陽の針の速度を変化させることができます。 このようにして、おうし座の季節は天秤座の季節よりも太陽の針がゆっくり動くようしていたのではないでしょうか。 [] 左の画像が「歯車の中心をずらした」イメージです。 Evansの提唱するこのモデルにはまだ議論の余地があるものの、この説は X線の検査でもある程度までは裏付けられています。 確実なことは、紀元前100年という大昔に作られたガジェットが 未だに驚きと発見に満ちているということです。 ロマンのある話ですね。 このまま、沢山の謎が解き明かされていくのを期待します! [] Jack Loftus (/mio)• Tags :•

次の

アンティキティラ島の機械

アンティ キティ ラ 島 の 機械

【9月17日 AFP】紀元前2世紀に製作され、世界最古のコンピューターと称される「アンティキティラ島の機械()」が見つかった難破船を、革新的な次世代型潜水服を使って調査する考古学プロジェクトが15日、エーゲ海()で始まった。 クレタ()島とペロポネソス()半島の間に位置するギリシャ領の小島アンティキティラ()島の沖合で1900年、海綿を採取する潜水士たちによって発見された「アンティキティラ島の機械」は、約40個の銅製の歯車からなる非常に複雑な構造を持っており、古代ギリシャ人たちが太陽系の運行周期を計測するために用いていた。 同程度の機能を備えた天文時計が欧州で製作されるようになったのは、その1500年後のことだった。 調査に使われるのは、カナダの深海探査研究所ニュイコ・リサーチ()が開発した、水深150メートルでも緻密な作業が可能な潜水服「エクソスーツ()」。 従来の調査では、水深60メートルまでしか潜ることができなかったが、エクソスーツによってその2倍以上の潜水が可能となり、しかもより安全に、長時間にわたって作業ができる。 1か月にわたる同調査に参加する考古学者、セオトキス・セオドゥールー()氏はAFPの取材に対し、宇宙服が膨らんだような外観を持つエクソスーツによって「作業遂行能力が向上する」と述べ、「つかむ、つまむ、握る、掘るといった作業が数時間も可能になる」と説明した。 「アンティキティラ島の機械」は、戦利品をローマ()に輸送中だったとみられる船の残骸から、優美な若者の銅像とともに発見された。 考古学者らは船内とその周辺にまだ多くの考古学的遺物が未発見のまま残されているとみている。 また、発見場所からさらに250メートル離れた海底に眠っているとみられる別の船の存在も確かめたいとしている。 現在ではわずか44人の島民が暮らすのみのアンティキティラ島は、古代の重要な交易路に位置し、キリキア()の海賊たちの拠点ともなっていた。 こうした海賊らの一部はかつて、身代金目的に若き日のユリウス・カエサル()を捕らえたこともある。 カエサルは後に、自分を人質に取った海賊たち全員を追い詰め、張り付けの刑に処した。

次の