おすすめ 光回線。 【光回線比較】2020年のおすすめ自宅インターネット回線5選!

光回線おすすめ5選|評判・口コミで分かる選ぶべきネットはこれ!

おすすめ 光回線

auのスマホを契約している人:• ソフトバンクのスマホを契約している人:• ドコモのスマホを契約している人: 以上の通り、皆さんが利用しているスマホと同じ系列の会社が提供する光回線を契約するというのが、近年の正しい光回線の選び方となります。 ですから、色々と検討して選ぶのが面倒だという人は、基本的に上でオススメした回線を選んでおけば間違いはないでしょう。 しかし細かい話をしてしまうと、以上の選択肢は「料金を安く抑える」ためにベストな選択肢であって、「もっと早い光回線がいい」となれば選択肢は変わりますし、契約する代理店によってもキャンペーン内容が変わってきます。 なので、突き詰めればオススメの光回線は複数出てきます。 というわけで以下より、複数の選択肢の中から慎重に光回線を選びたいという人向けに解説をしていきます。 現在の光回線 光回線を選ぶにはどんな選択肢があるのかを知っておく必要があります。 木を見る前に森を見る、ということですね。 まずは簡単に光回線の現状を説明させていただきます。 現在、光回線事業者と言えば大きく分けて• 光コラボ• auひかり• NURO光• 電力系 以上の4種類の選択肢があります。 光コラボ NTT回線を使用している光回線が 光コラボです。 と言っても光コラボという名前の光回線があるわけではありません。 元々NTTの光回線と言えば「 回線 フレッツ光 」と「 プロバイダ」の2社と契約をしてそれぞれに料金を支払う必要がありました。 しかし数年前からNTTがプロバイダ各社に回線を卸売りして、回線とプロバイダの窓口をすべて一本化し、全てプロバイダの名前をブランド名として統一するようになりました。 この、 NTTとプロバイダがコラボレーションしたブランドの総称を光コラボというわけです。 さすがNTT回線というだけあって4種類の光回線事業者の中では 最も提供エリアが広いのですが、回線速度に関して言えばauひかりやNURO光には劣ります。 auひかり KDDI回線を使用している光回線がauひかりです。 その名の通りauのスマホを利用していればセット割が適用されるので、auユーザーにはオススメの光回線です。 また、2018年から回線速度が 最大5Gbpsのプランと最大10Gbpsのプランが提供開始されたため、速度を求めているユーザーにもおすすめです。 ちなみにauひかりは光コラボとは異なり、プロバイダとの窓口は一本化されていないため、別途プロバイダも選ぶ必要があります。 提供エリアは光コラボよりは狭いので、auひかりを選ぶ場合には必ず提供エリアの確認をしましょう。 NURO光は参入当初より回線速度を売りにしており、 最大5Gbpsと10Gbpsのプランを提供しております。 auひかりも後から5Gbpsと10Gbpsプランをリリースしたので追い付かれてしまいましたが。 また、NURO光はソフトバンクのスマホを利用していればセット割が受けられるので、ソフトバンクユーザーにオススメしたい選択肢です。 ただしNURO光は完全自前で光回線を構築しているわけではなく、NTTが敷設後に使用していない回線を自社向けに構築しているので現状では限られたエリアでしか使用できません。 徐々にエリアを拡大しているみたいなので、現時点で提供エリア外に住んでいる人も今後に期待をしましょう。 もともと光回線業界はNTTのフレッツ光がダントツで広い提供エリアを誇っていたため、これに対抗すべくKDDIは電力系の光回線を傘下におさめました。 そのため電力系の光回線はすべて auのスマホとのセット割が適用されます。 各電力系の光回線が提供されているエリアに住んでいて、なおかつauのスマホを利用している人は電力系も視野に入れてみましょう。 1 回線速度の違いを知る 光回線は回線事業者によって、プランによって速度が異なります。 さらに集合住宅にお住まいの方は、配線方式によっても速度が変わってきます。 回線速度は高画質な動画を見たりゲームをするような人は速度が速い方が快適に楽しめますし、逆にWEBサイトの閲覧程度でしか利用しないという場合はそこまで速い速度は必要ありません。 いずれにしても選ぶ事業者によって利用できる最大速度が変わってくるということは念頭に置いておきましょう。 光コラボ auひかり NURO光 電力系 最大速度 一戸建て 最大1Gbps 最大1Gbps~10Gbps 最大2Gbps~10Gbps 最大100Mbps~1Gbps 最大速度 集合住宅 最大100Mbps~1Gbps 最大100Mbps~1Gbps 最大2Gbps 最大100Mbps~1Gbps 5 キャンペーンを比較する どの光回線を申し込むか決まり、提供エリア内であることも分かり、いざ申し込み!と行きたいところですがちょっと待ってください。 光回線は各社キャッシュバックや割引といったキャンペーンを実施しています。 さらに言えば同じ光回線であっても契約窓口となる代理店はいくつもあり、代理店によってキャンペーンの金額は大幅に異なります。 少しでもお得に光回線を契約したい人はなるべくキャンペーンを比較しましょう。 今月のオススメ回線 プロバイダでおなじみBBエキサイトが展開する光コラボ「MEC光」は回線速度を重視する人にオススメです。 MEC光は次世代ネットワークであるIPv6 IPoEを採用しており、混雑ポイントを回避することでネット回線が混み合う夜間帯でも快適な速度でインターネットが楽しめます。 現在、新規お申込者限定で初期・工事費用無料&12ヵ月間月額割引のキャンペーンを実施しております。 一戸建てに住んでいる場合とマンションに住んでいる場合とで光回線の選び方は微妙に異なるので、建物ごとに紹介していきます。 戸建てにおすすめランキング まずは戸建てにお住まいの人にオススメの光回線を紹介させていただきます。 戸建てに住んでいる方は電柱から自宅に直接光ファイバーを引き込めるので、提供エリア内であれば基本的に好きな光回線を選ぶことが出来ます。 好きな光回線が選べると言っても、皆さんにとってお得なのは「スマホとのセット割が適用される光回線」です。 ですから、スマホごとにオススメの光回線を紹介させていただきますので、それぞれのランキングをご確認ください。 さらにキャッシュバックもドコモ系やソフトバンク系の光回線と比較しても非常に高額です。 しかし選択肢が豊富にあり、キャッシュバックも高額であるということは、裏を返せばその分きちんと光回線・申し込み窓口をしっかり比較する必要があるということです。 ここではauユーザーにオススメの光回線・申し込み窓口をランキング形式で紹介します。 auもソフトバンクもセット割が受けられる光回線の選択肢が複数ありますが、良くも悪くもドコモはドコモ光しかセット割が受けられません。 ですので、ドコモユーザーは悩むことなくドコモ光を選びましょう。 ただし、一点だけ注意が必要なのが、ドコモ光は他の光コラボとは異なり、プロバイダを別途選ぶ必要があります。 光コラボは通常、回線とプロバイダが同じ会社で一本化されているのですが、ドコモ光だけはなぜか回線とプロバイダが別々の会社になります。 なぜかは分かりませんが、選ぶ必要がある以上はしっかり比較をしましょう。 基本的に格安SIMがセット割を受けられるのは1社しかないので選択の余地はありません。 NTT回線の契約があれば光コラボ、KDDI回線の契約があればauひかりを利用することになります。 (NTT回線が導入されている集合住宅が圧倒的に多いです) あるいは、そもそも建物で光回線が導入されていなければ、光回線自体が利用できません。 しかし光回線が導入されていなくても、低層階にお住まいの人は、管理会社・不動産仲介・大家さんに相談をすれば戸建てタイプで個別に光回線を導入できる可能性があります。 いずれにしても、集合住宅にお住まいの方は光回線の申し込みをする前に「自分が住んでいる建物では何の回線が契約されているのか」というのを必ず確認するようにしてください。 どの格安SIMでも必ずセット割が用意されているわけではないので、以下の表でご確認ください。 auひかり最大の魅力はなんといってもキャッシュバック金額が非常に高いという点です。 代理店限定キャンペーンで30,000円近いキャッシュバックが受けられるだけでなくプロバイダのキャッシュバックも併用できるので、合計で 5万円近いキャッシュバックが受けられます。 auひかりは取り扱い代理店も非常に多いのですが、キャンペーン条件的に アウンカンパニーか NEXTのどちらかで申し込むことをオススメします。 基本的に光回線は公式サイトで申し込むよりも代理店から申し込んだ方がお得になるケースが多いのですが、NURO光に関しては代理店よりも 公式サイトから申し込んだ方がお得です。 キャッシュバックの受け取り時期に関しても代理店は申し込みから半年以上たたないと振り込まれないところが多いのですが、公式サイトであれば開通から4ヶ月後と若干ですが早めです。 またソフトバンクユーザーはNURO光だけでなく ソフトバンク光もセット割の対象です。 キャッシュバック金額に関してはNURO光には多少劣るものの、他の光コラボに比べればソフトバンク光のキャッシュバック金額は高い方なので、NURO光が提供エリア外だった人はソフトバンク光を申し込みましょう。 ドコモ向け 回線 申し込み窓口 キャンペーン 公式サイト ドコモ光 GMOとくとくBB ・ 最大15,500円キャッシュバック ・ インターネット接続設定パック無料 ・ 無線WiFiルーター無償レンタル ドコモ光 ネットナビ ・代理店限定 dポイント5,000ptプレゼント ・東海地域 dポイント10,000ptプレゼント 残念ながら3大キャリアの中では一番キャンペーン内容が微妙なのがドコモ光です。 ちなみにドコモ光の公式サイトで直接申し込むとdポイントしかもらえないので絶対にやめましょう。 比較的まともなのが15,500円のキャッシュバックが受けられる GMOとくとくBBなので、特別公式サイトから申し込まなければならない理由がないならGMOとくとくBBから申し込むことをお勧めします。 ちなみに格安SIMとのセット割が使える光回線の中でもBIGLOBE光はダントツで取り扱い代理店が多く、キャッシュバック金額もかなり高額な部類に入ります。 と言っても3万円を超えている NEXTがダントツなので、BIGLOBE光はNEXTから申し込みましょう。 NifMo向け 回線 代理店 キャンペーン 代理店HP nifty光 アウンカンパニー 【新規】 ・ 20,000円キャッシュバック ・ 15,000円+次世代高速無線ルーター 【乗り換え】 ・ 10,000円キャッシュバック nifty光 ブロードバンドサービス 【新規】 ・ 25,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 10,500円キャッシュバック nifty光 シナジーパートナーズ 【新規】 ・ 25,000円キャッシュバック nifty光 NEXT 【新規】 ・ 20,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 10,000円キャッシュバック nifty光 ムーン&サン 【新規】 ・ 20,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 10,000円キャッシュバック nifty光はauのスマホだけでなく自社で展開しているMVNO「NifMo」もセット割の対象です。 正直 nifty光はどこの代理店もキャンペーン内容は ほぼ横並びで、振り込み時期に関してもどこも最短2ヵ月と非常にスピーディーです。 強いて言うならアウンカンパニーだけ 無線LANルーターが付いてくるキャンペーンがあるので、無線LANルーターをご自身でお持ちでない人は アウンカンパニーを選択しましょう。 OCNモバイルONE向け 回線 代理店 キャンペーン 代理店HP OCN光 フルマークス 【新規】 ・ 21,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 8,000円キャッシュバック OCN光 NEXT 【新規】 ・ 10,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 10,000円キャッシュバック OCN光 ラプター 【新規】 ・ 10,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 10,000円キャッシュバック OCN光 ムーン&サン 【新規】 ・ 10,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 10,000円キャッシュバック OCN光 ネットナビ ・ 月額利用料1か月無料 OCN光は自社で提供している格安SIM「OCNモバイルONE」のセット割が適用されます。 キャンペーンに関してはフルマークスだけ2万円を超えていて頭一つ抜けているように見えますが、これは「おまかせマルチパック」という有料オプションに加入した場合の金額なので注意です。 とはいえ有料オプションに加入しない場合でも15,000円と他社より高額なので、OCN光を申し込むのであれば フルマークスがオススメです。 DMMモバイル向け 回線 代理店 キャンペーン 代理店HP DMM光 DMM光 公式 【新規】 ・ 工事費無料 18,000円分 + 5,000円キャッシュバック 【乗り換え】 ・ 初月基本料無料+ 3,000円キャッシュバック 格安SIM「DMMモバイル」とのセット割が受けられる光回線がDMM光です。 DMM光はDMMの動画や書籍のダウンロード・ストリーミング時間が時間帯に関係なく7割も削減される「 ダイレクトコネクト」という独自のサービスを提供しています。 当サイトでも総合ランキングではNURO光に次ぐ2位に位置付けるほどオススメの光回線です。 ただしDMM光は取り扱う代理店がないので、 公式サイトから申し込むしかありません。 かなり少額ですが一応公式サイトでもキャッシュバック金額は受けられます。 DTI SIM向け 回線 代理店 キャンペーン 代理店HP DTI光 DTI光 公式 【新規】 ・ ひかり電話を同時契約 …戸建て 19,000円 …マンション 16,000円 ・ DTI光のみ …戸建て 15,000円 …マンション 13,000円 ドリーム・トレイン・インターネットの格安SIM「DTI SIM」のセット割が受けられる光回線がDTI光です。 残念ながらDTI光もDMM光と同じく取り扱い代理店がないので、おとなしく 公式サイトから申し込みましょう。 まとめ 自宅の固定回線の主流がADSLから光回線に変わって長い時間がたち、人によっては光回線は日を重ねるごとに複雑になっている言う人もいます。 ただ、個人的には むしろ分かりやすくなったと考えています。 確かにひと昔前まではNTTのフレッツ光がおおもとの回線を一社で占めていましたが、今はNTT、KDDI、NURO光、地域電力系と沢山選択肢があります。 そして沢山選択肢がある分複雑に見えるかもしれません。 ただし、どれだけ選択肢があろうとも最近各社導入している スマホとのセット割によりお得に利用できる回線・プロバイダは限られているわけです。 光回線を探す際には「光回線」単体で探すのではなく、「スマホ+光回線」という通信費全体でお得かどうかという視点で探してみてください。

次の

騙されるな!光回線はエキサイト光をおすすめできない全理由

おすすめ 光回線

戸建ての住宅か、アパート・マンションかでやることが少し変わってきます。 戸建の場合には… 戸建住宅の場合には、基本的に業者に光回線を通すための 開通工事(1〜2時間くらい)をしてもらう必要があります。 とはいえ、光回線に申し込みをすれば、 業者の方で工事の段取りをしてくれるので、とくに難しく考える必要はありません。 モデムはインターネット会社が用意してくれるので、自分が購入する必要はありません。 Wi-Fiルーターは、自分で用意することもあるのですが、最近では光回線を契約したときに一緒にレンタルとなる場合もあります。 ただし、使える光回線に制限があったり、使いたい回線が部屋まで通っていなければ工事をしてもらう必要があったりもします(規模はまちまち)。 光回線の申し込みをすると「工事が必要かどうかの調査」や「管理会社との連絡」も基本的に業者側で行ってくれます。 参考料金(アパート・マンション) 集合住宅での光回線を考えるために、まずは料金を比較してみましょう。 代表的な光回線をピックアップして並べてみました。 注意したいのが、各社の料金プランはとても複雑で、簡単に比較することはできないということです。 「他回線からの乗り換えなのか」「携帯はどの会社のものを使っているのか」「工事は必要なのか」「何年間使うのか」などなどによって最もお得な回線は変わってきます。 下の価格はあくまでも参考価格として見てくださいませ。 というわけで「通信速度」の視点も含めてもう少し分かりやすく特徴をまとめてみます。 総費用の安さ(キャッシュバックなど諸々含めて考えた場合)は環境によって異なってきますが、あえて評価するなら「auひかり」がお得だと思います。 スマホ割も大きなポイントですね。 例えば「auスマートバリュー」や「SoftBankのおうち割」では、スマホやタブレットとセットで持つことで、家族1人につき1000〜2000円ものの値引きを受けることができます。 ただし、各社共通で、このスマホ割を受けるためには固定電話などのオプションに加入する必要があります(月500円ほどの場合が多いですね)。 アパート・マンションなら結局どこがおすすめ? スマホと合わせて考えるのが良いと思います。 というわけでパターン別におすすめ光回線をまとめていきます。 ソフトバンクユーザーでなくても「インターネットで動画をバンバン見たい」「オンラインに繋げてゲームをしたい」という場合には、NURO光がおすすめです。 NURO光の良いところ• 通信速度は最大2Gbps 業界最速。 実際にはそんなにスピードは出ませんが、それでもダントツで速い• キャッシュバック金額が大きい ほとんど常に数万円のキャッシュバックを行われています。 工事費用は実質無料• Wi-Fiルーターは無料レンタル 自分で用意する必要なし• 設定が楽 他の回線と比べて設定や手続きが何かと分かりやすいと思います• ただし、月500円ほどのオプション加入が必要です。 本当に最強の光回線なのですが、 問題は対応エリアが関東に限られるという点…。 ついに中部と関西でもNURO光が使えるようになりました! auひかりの良いところ• 料金が比較的安い(キャッシュバックが大きい)• スピードが(NURO光ほどではないけど)速い• 開設工事が実質無料に So-netのキャッシュバック・キャンペーンを選ぶと(キャッシュバックとは別に)工事費が実質無料になります• ルーターは自分で用意する必要なし(月500円でレンタル) スマートバリュー適用時にはレンタル機器が無料になることも auひかりには、プロバイダがいくつかあるのですが()、大手の「So-netのauひかり」がキャンペーン内容が充実しており、おすすめです。 各社のプランがかなり複雑なので(使用者の方の環境によって料金がコロコロ変わります)、料金を横並びに比較することが難しいのですよね。 これはどのサイトを見ても同じです。 あくまでも参考程度に見て頂ければと思います。 総費用(キャッシュバックや工事費なども含めて考えた場合)は、NURO光、コミュファ光、eo光のエリア限定の光回線が安めですね。 スマホ割とは、スマホやタブレットをセットで持つことで料金の割引が受けられることです(すでに持っている端末にも適用されるようになります)。 どの光回線もau、docomo、SoftBankのいずれかとのセット割が用意されています。 ただし、この割引を受けるためにはどの会社であっても 「固定電話」などのオプションサービスに加入する必要があります。 このオプション代が各社月500円くらいですね。 そのためオプション代以上に割引があるので、合計金額としては安くなります。 【結局】戸建住宅ならどの光回線がおすすめ? パターン別におすすめ回線を紹介します。 基本的には、スマホの割引と合わせて考えるのが良いと思います。 NURO光だと• 通信速度が速い! 業界最速と言われています。 キャッシュバック金額が大きい• 工事費用はキャンペーンで実質無料• Wi-Fiルーターは無料レンタル• 他の回線と比べて何かと手続きや設定が楽です• ただし、月500円ほどのオプション加入が必要です。 ソフトバンクのスマホを使っていればさらに安くなるわけですが、 ソフトバンクユーザーで無くとも、津晋速度を重視するならNURO光がおすすめです。 スマホ割(おうち割)なしでも十分安いですからね…。

次の

【2018年版】おすすめの光回線は?料金の安さや速度で比較!

おすすめ 光回線

光回線ってどんなサービスがあるの?おすすめの光回線は?など、光回線を選ぶときは不明な点が多く困りますよね。 自分にとって最適な光回線を見つけるためには、以下の5つのポイントを比較することが重要です。 ・「料金」 ・「通信速度」 ・「スマホのセット割」 ・「プロバイダ」 ・「工事費無料特典の有無」 結論から言うと、【2020年7月】おすすめの光回線は、以下の5社となりました。 『ドコモ光』『auひかり』『ソフトバンク光』『So-net光プラス』『NURO光』 この記事では、最新キャンペーンや申込み窓口も比較し、インターネットを最もお得に契約するための情報も紹介しているのでぜひお役立てください。 光回線とは? 光回線とは、光ファイバーというケーブルを利用したインターネット回線サービスで、ケーブル回線やモバイル回線などよりも通信速度が速いことが特徴です。 光回線には大きく分けて、 ・『光コラボレーション』 全国エリア対応 ・『独自回線』 一部地域対応 の2つがあります。 『光コラボレーション』は、フレッツ光が保有する回線を使用しているので、光コラボレーション内での乗換時の工事が不要です。 光コラボは数百社以上の事業者が存在しますが、代表的なドコモ光やソネット光プラス、ソフトバンク光を選べば間違いないでしょう。 一方で『独自回線』はNTT回線ではなく、独自に回線を保有しており、回線を独占できるので、通信速度に定評があります。 世界最速回線NURO光やauひかりなどが有名です。 【2020年】光回線おすすめ5社 光回線を選ぶ際は、以下の5つのポイントを比較し自分にとって本当にベストな一社と契約するようにしましょう。 月額料金 2. 通信速度 3. スマホのセット割 4. プロバイダ 5. 工事費無料特典 お得に安くインターネットを利用したいという方は、特に 月額料金、スマホのセット割 スマホ1回線最大1,000円割引 をしっかり考慮にいれることが重要です。 上記の5つのポイントを比較した結果、2020年7月のおすすめ光回線は 「ドコモ光・So-net光プラス・ソフトバンク光・NURO光・auひかり」の5社になりました。 さらに、ファミリー割引というドコモの家族グループを組めば、家族のスマホ代も割引されるので(例:家族4人ドコモなら毎月4,000円も安くなる) ドコモスマホを利用している方は間違いなくドコモ光がおすすめです。 プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ ドコモ光は、プロバイダを24社の中から選ぶことができます。 GMOとくとくBBや niftyなどの大手プロバイダと提携しているので、プロバイダの独自特典や評判を比較して最も良いプロバイダで契約できるのが最大のメリットです。 その中でも 『GMOとくとくBB』を一番おすすめする理由以下2点となります。 ・GMOとくとくBBは満足度96%と評判が良いこと ・GMOとくとくBB公式サイトから申込むと「キャッシュバック」「高性能Wi-Fiルーターの無料レンタル」といったお得な特典が受けられること ・キャッシュバック受け取り時期が比較的早く、受け取り忘れのリスクが低いこと プロバイダは『GMOとくとくBB』を選んで最大限お得にドコモ光を利用しましょう。 高性能Wi-FiルーターレンタルはGMOとくとくBB ドコモ光で契約できるプロバイダ24社中10社がWi-Fiルーターを無料でレンタルできます。 ちなみに、通常、同じ性能のwifiルーターを購入するとなると1万円前後かかります。 ドコモ光のプロバイダを選ぶ際には考慮に入れるようにしてください。 大手プロバイダのWi-Fiルーター性能を比較した結果、 一番高性能なルーターは『GMOとくとくBB』のルーターでした。 プロバイダ ルーター 最大速度 v6 プラス v6プラス 手続き GMO とくとくBB 1733 Mbps 〇 不要 ぷらら 867 Mbps 〇 不要 nifty 867 Mbps 〇 不要 OCN 867 Mbps 〇 必要 GMOとくとくBBが提供しているWi-Fiルーターは『v6プラスという高速通信対応』『最大速度1733Mbps』という特徴があり、快適にインターネットを利用できます。 またv6プラスを利用する際の申し込みが不要なこと、3年以上利用すればWi-Fiルーターをもらえることもポイントです。 工事費完全無料 ドコモ光に新規申し込みで工事費が完全無料になるキャンペーンが実施中です。 auユーザーの方はauスマートバリューが適用されるのでスマホの月額料金が割引きされます。 料金が他社と比べ安いのが特徴で、 料金を抑えたい方におすすめの光回線です。 キャンペーンの適用条件もないので、24ヶ月間誰でもこの価格で利用できます。 2年間の利用総額を比較したのでご確認ください。 2年総額が安い ランキング 戸建て マンション アパート 1位 NURO光 68,810円 So-net光プラス 49,920円 2位 So-net光プラス 73,920円 auひかり 62,400円 3位 auひかり 96,000円 NURO光 68,810円 戸建てタイプではNURO光のほうが総額は安いですが、対応エリアが限られていることなどデメリットも挙げられます。 So-net光プラスは日本全国に対応した光回線なので契約できないということはほとんどありません。 全国エリア対応の光回線の中で、この価格で利用できるのはSo-net光だけです。 全国対応 So-net光プラスはフレッツ光の回線を利用しているので全国エリアで契約することができます。 また、auひかりのように、対応しているマンションが少ないということがないので、マンションでの契約を検討している方も安心して申し込みができます。 auスマートバリューでスマホ代1,000円割引 auユーザーはauスマートバリューを受けることができ、毎月スマホ代が最大1,000円割引になります。 充実したサポート So-net光プラスを申込んだ方は全員セキュリティサービスの「S-SAFE」を最大7台まで無料で使うことができます。 セキュリティサービスの中でもかなり人気で、ウイルス対策だけではなく紛失や盗難への対策もできます。 So-net光プラスはこの他にもサポートサービスが充実しているので、 2019年のオリコン顧客満足度調査で2年連続『プロバイダ関東エリア1位』を獲得しています。 より 工事費実質無料 So-net光プラスの工事費は月額料金に分割工事費を足して請求されます。 ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線 出典:ソフトバンク光 【2020年7月】ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線は『ソフトバンク光』です! ソフトバンクユーザーの方はソフトバンク光を契約すると「おうち割光セット」が適用され、スマホ利用料が割り引かれるため大変お得です。 ソフトバンク光概要 おすすめの人 ソフトバンクユーザー マンション月額 3,800円 戸建て月額 5,200円 スマホセット Softbank Y! おうち割はスマホ1契約につき1つの割引を受けられるので、家族4人でソフトバンクスマホを使っていたとすると、毎月4,000円の割引が受けられるということになります。 工事費実質無料 ソフトバンク光の工事費は工事内容によって24,000円、9,600円、2,000円とわかれていますが、以下の条件に当てはまる方は キャンペーンで工事費が無料になります。 この特典は、他社光回線からの乗り換えの方が対象のキャンペーンとなっています。 他社違約金10万円まで還元 他の光回線からソフトバンク光へ乗り換える場合に発生した 違約金を10万円まで還元する「あんしん乗り換えキャンペーン」を行っています。 解約証明書などが必要になりますが、オプションに加入するなどの条件もないので他社から乗り換えるときは必ず利用しましょう。 他の光回線でも違約金負担を行っていますが、ここまでの金額を負担しているのはソフトバンク光だけです。 v6プラスに対応 ソフトバンク光はIPv6高速ハイブリッド v6プラス という高速通信サービスが利用できます。 簡単にいうとインターネットを快適に利用する為のサービスです。 10Gプランがスタート ソフトバンク光では、2020年4月から「10Gプラン」の提供がスタートしました。 これまでよりも10倍速い「最大速度10Gbps」の速度が体験できるプランとなっているので、速い速度を求める方は検討してみるのもアリです。 ただし現時点での提供エリアは一部の地域のみとなるので、申し込む前にしっかりと確認するようにしましょう。 とにかく速度がはやい光回線が良いという方にとてもおすすめです。 ソフトバンクユーザーの方は『おうち割光セット』適用でスマホの月額が割り引かれるのでお得です。 他社よりも圧倒的な速度でネットを使うことができるのがメリットです。 さらにNURO光はIPv6に対応していて、無料で利用できるONUと一体型Wi-Fiルーターも高性能なので、複数台のスマホやパソコンをWi-Fiで繋いでも速度が期待できるでしょう。 マンションでも平均300Mbps~400Mbpsほどの速さが出るため、オンラインゲーム含め、とにかく速度にこだわりたい人に間違いなくおすすめな回線となっています。 高額キャッシュバックで実質料金戸建て最安値 通常NURO光の月額料金は4,737円で、他社よりも500円~1,000円ほど安く使えることができる中、 現在キャンペーン実施中で45,000円のキャッシュバックが受け取れます。 よって戸建ての2年実質総額は最安となるので、NURO光を検討している方は今がベストな申し込みタイミングです。 <NURO光forマンション月額料金> NURO光 for マンション 6人以下 2,500円 7人 2,400円 8人 2,300円 9人 2,200円 10人以上 1,900円 速度が速いだけでなく、他社よりもお得に利用できるのもNURO光のおすすめポイントとなっています。 『おうち割』でソフトバンクスマホが最大1,000円割引 ソフトバンクスマホを契約している人がNURO光を契約すると、 スマホ代が最大1,000円安くなるおうち割が適用されます。 NURO光でおうち割を利用するには月額500円の「NURO光でんわオプション」への加入が必要になりますが、おうち割を使えるのはソフトバンク光とNURO光だけなので、提供エリアに住んでいる人であれば月額料金も安いNURO光がおすすめです。 工事費実質無料 工事費については、月額料金から工事分割費が割り引かれ実質0円となります。 通常40,000円かかる工事費が実質無料となるのでとってもお得です。 開通工事は2回ある 光回線の工事は通常1回で終わりますが、 NURO光の場合は宅内と屋外の2回に分けて作業をしていくため、開通までに1~2ヶ月ほどかかります。 5,000円を支払えば2回の工事を1日で終える(同日工事)ことができます。 auユーザーの方は毎月のスマホ料金が割引きされる「auスマートバリュー」が適用されるので、 auユーザーの方にとって大変お得な光回線です。 (例:家族4人でauのスマホを使っている場合、一人一人のスマホ代から毎月最大1,000円が割引かれ、合計で毎月最大4,000円の割引きが適用) 最大10回線まで割引の対象なので、auユーザーの家族が多ければ多いほど割引額も大きくなり、その分お得になります。 プロバイダはGMOとくとくbbがおすすめ 出典:auひかり auひかりは大手8社のプロバイダの中から好きなものを選ぶことができます。 結論から言うと、 プロバイダは月額料金が安くなる『GMOとくとくBB』が一番おすすめです。 各プロバイダとGMOとくとくBBから申し込んだ場合の月額比較表をご確認ください。 工事費実質無料 auひかりは戸建て60ヶ月間・マンション24ヶ月間使うことによって、工事費の分割分と同じ額が割引されていくので、 工事費は実質無料となります。 通信速度 auひかりは独自回線を保有しているので回線が独占でき、速度にも一定の評判があります。 またv6プラス対応なので、比較的安定した速度を提供しています。 自宅でインターネットを利用する際に生じる不満のほとんどが速度に関してです。 利用時にストレスを感じにくい光回線を選ぶことで快適にインターネットを活用しましょう。 マンションタイプによって料金が違う auひかりのマンションプランは建物ごとに契約できるタイプが決まっています。 マンションタイプによって最大速度が速くなる分、月額料金も高くなるのでしっかりと確認しておくことが大切です。 マンションプランごとに料金と速度を一覧で表示しているのでご自身のマンションタイプに合わせてお確かめください。 GMOとくとくBB公式サイトからのお申し込みで月額料金は表に記載している料金よりも安くなります。 マンションタイプの確認は ページ上部「サービス対応エリアを確認してインターネットで簡単お申し込み」をクリックすると、あなたのマンションタイプに応じた料金が確認できます。 料金確認だけでは申し込みは確定しないのでご安心ください。 利用可能エリアは一部地域 auひかりは利用者も多くサービスも充実していて、人気の光回線なのですが独自回線のためまだ一部地域では利用できません。 auひかりと比べ優れたポイントが多い『So-net光プラス』がいちばんおすすめです。 以下を参考にしてください。 So-net光プラスの詳細情報はからご覧いただけます。 ちなみに、地方回線が提供エリア内の場合もあるので気になった方はチェックしてみるのもアリでしょう。 マンション・一人暮らしにおすすめの光回線 マンションで一人暮らしをしている方は、ポケットWi-Fi モバイル回線 も検討してみましょう。 ポケットWi-Fiの1番の特徴は外出先でもWi-Fiが利用できる点になります。 また、工事が必要な光回線に対して工事不要で、申し込みから最短翌日から利用できるのもメリットです。 通信速度やデータ通信量など光回線と比較すると劣るところもありますが、1人暮らしで日常的にネットを楽しむくらいならポケットWi-Fiでも十分です。 これまで、インターネットの契約といえば光コラボやフレッツ光を選ぶのが一般的でした。 とくにマンションでインターネットを引く場合、建物によっては契約できないケースや、マンションの設備の関係上 VDSL で回線速度が遅くなることから多くの利用者を悩ませていましたが、近年サービスの質が格段に向上したポケットWi-Fiの需要が増えています。 おすすめのポケットWi-Fiについてはの記事をご覧ください。 インターネットをマンションで契約する際に必要な情報やおすすめの回線はの記事をご覧ください。 光回線のおすすめキャンペーン窓口 光回線をお得に契約するためにはキャンペーンをしっかり比較する事が重要です。 なぜなら、申し込み窓口によってキャンペーンやキャッシュバックの金額や条件が変わるからです。 家電量販店、公式サイト、プロバイダサイト、ネット代理店などを比較した結果、 2020年7月の時点で1番お得なキャンペーンを実施しているのは以下の申込み窓口になります。 ドコモ光のキャンペーン比較 ドコモ光の申込み窓口は、ドコモ光公式サイト、GMOとくとくBBなどのプロバイダサイト、代理店(ネット)、家電量量販店、ドコモショップの5つです。 2020年7月時点でのキャッシュバック額はどの窓口も1万円前後です。 そのため、『受け取り時期』『手続き回数』なども比較し、トータルでお得な窓口で申込むことが重要になります。 GMOとくとくBBの公式サイトがおすすめ 2020年7月のキャンペーン条件や手続きを比較した結果、『GMOとくとくBBの公式サイト』がおすすめです。 なぜなら、GMOとくとくBBは開通から5ヶ月後に受け取れて手続きも1回なので、他の窓口よりも『受け取り時期』『手続き回数』などの条件が良いからです。 さらに、テレビオプションに加入すれば2万円キャッシュバックを受け取ることも出来るのも嬉しいところ。 ドコモ光で1番高性能なwifiルーターも無料でレンタルできる点も踏まえると、2020年7月のドコモ光を申し込みなら絶対『GMOとくとくBB公式サイト』がおすすめです。 So-net光プラスの場合は申込み窓口によって受けられるキャンペーンが全くことなるので注意が必要です。 総額を比較してみると圧倒的にSo-net光プラス公式サイトから申し込むのがお得です。 So-net光プラス公式サイトからの申込みがおすすめ So-net光プラス公式サイトから申込むと、月額料金割引で3年間戸建ては3,080円、マンションは2,080円でネットが利用できます。 さらにv6プラス対応の高速Wi-Fiルーターが永年無料で利用できるので、お得に快適なインターネット環境がゲットできるでしょう。 他の窓口だとキャッシュバックを貰う代わりにオプションに加入しなければならず、かえって月額料金が高くなる可能性もあるため、以下のSo-net光プラス公式サイトからの申込みが1番おすすめです。 ソフトバンク光のキャンペーン比較 ソフトバンク光の申込み窓口は、『公式サイト、家電量販店、ソフトバンクショップ、ネット代理店』の4つです。 工事費無料キャンペーンと違約金10万円還元キャンペーン(あんしん乗り換えキャンペーン)はどの申込み窓口から申し込んでも受けられます。 なので申込み窓口はそれにプラスしてもらえるキャッシュバック金額と条件で選びましょう。 申込み窓口 キャッシュバック額 手続き ネ ッ ト 代 理 店 ゼロプラス 30,000円 なし エヌズ カンパニー 33,000円 あり NEXT 33,000円 アウン カンパニー 33,000円 エフプレイン 30,000円 ライフ サポート 35,000円 アイネット サポート 35,000円 ソフトバンク ショップ 10,000円 家電量販店 10,000円 ソフトバンク光 公式サイト なし より高額なキャッシュバックが受け取れるのはネット代理店からの申込みで、その中でも最も条件がいいのが「ゼロプラス」です。 ゼロプラスからの申込みがおすすめ ソフトバンク光のネット代理店のキャッシュバックはだいたい30,000円~35,000円です。 その中でもゼロプラスは30,000円キャッシュバックを行っていて、金額としては飛びぬけていいというわけではなありませんが、申込と同時にキャッシュバックの受取り申請が完了するので面倒な手続きをする必要がないのがメリットです。 また、高額なキャッシュバックを提示しているネット代理店は必要のないオプションに加入させたり、ソフトバンクエアーやポケットWi-Fiも同時契約させてきたりするので大変危険です。 ゼロプラスはオプションに加入する必要もなく簡単に30,000円キャッシュバックがもらえるので初めて光回線を引く方にもおすすめの窓口です。 それぞれ独自のキャンペーンを用意していますが、併用することができないので申し込み窓口は慎重に選びましょう。 2020年7月の時点で1番おすすめなのが NURO光の公式サイトが実施している45,000円キャッシュバックキャンペーンになります。 申し込み窓口 キャッシュバック額 NURO光公式ページ 45,000円 PS4プレゼント (43,000円) 月額980円になる (1年間) ネ ッ ト 代 理 店 ブリンク コミュニケーションズ 42,000円 価格com 41,370円 アウンカンパニー 30,000円 ライフサポート株式会社 19,000円 ブローバンドサービス 19,000円 スローダイニング 19,000円 フルマークス 19,000円 ジェイハック 19,000円 Life Bank 3,000円 NURO光の公式サイトからの申込みがおすすめ 先程も紹介した通り、NURO光を申し込むのであれば公式サイトの45,000円キャッシュバックキャンペーンを使って手続きするのがおすすめです。 さらに金額の多さだけでなく、メールに返信するだけで6ヶ月後にはキャッシュバックが届くようになっているため、簡単な手続きだけで受け取りができるのもメリットといえるでしょう。 ネットを初めて申し込む人でも確実にキャッシュバックを受け取ることができるので、NURO光の中で1番人気な申込み窓口となっています。 どこから申し込んでも工事費は実質無料となります。 また、違約金を3万円まで負担してくれる公式キャンペーンも行っていて、これもどこから申し込んでも受けられます。 ただし、auひかりの場合は申込み窓口によって受け取れるキャッシュバックにかなり差があるので慎重に比較する必要があります。 GMOとくとくBBの公式サイトがおすすめ ネット代理店も高額なキャッシュバックを実施していますが、キャッシュバックは代理店独自キャッシュバックとプロバイダが提供しているキャッシュバックに分かれているため受取り手続きが大変です。 月額料金割引によって、月額料金が戸建ては4,000円・マンションは2,600円となるのでauひかりを1番安く使うことができますし、月額割引を適用させず、キャッシュバックのみの特典を選ぶと最高額の還元を受けることができるのでお得です。 最大限お得にauひかりを利用したいならGMOとくとくBBから申込むようにしましょう。 料金 ・2. 通信速度 ・3. スマホのセット割引 ・4. プロバイダ ・5. 工事費無料特典 1. 料金 各光回線の平均料金と、検討している回線の月額を比較することで、料金が割高か割安なのかを判断することができます。 マンション 4,000円 戸建て 5,200円 多くの光回線は2年~3年の契約期間が設定されていますが、中には契約縛りの無いプランもあります。 その場合月額料金は1,000円程高くなります。 実際に光回線15社の料金を比較した結果、 マンション、戸建てともに『auひかり』が2年間の実質総額で一番安いことが分かりました。 またキャッシュバック額を考慮に入れトータル料金を比較するのも、お得な光回線を見つける上で重要なポイントとなります。 住居タイプによっても、光回線の利用料金は異なります。 自分の状況と合わせ一番お得な光回線を選びましょう。 通信速度 快適にインターネットを利用するために速度が速い光回線を選ぶことはとても重要です。 auひかりやNURO光など一部の光回線では1Gbps以上のプランを提供していますが、相場より月額料金が高くなる場合や、提供エリアも限られているため慎重に検討を進めるようにしてください。 また、光回線の最大速度はあくまでも理論値で、実際に利用する際の速度は、利用時間帯や回線の混雑度合いなど、環境によって差が出る場合があります。 v6プラス対応の光回線は比較的快適にインターネットを利用できるので、光回線を選ぶ際に考慮に入れてみてください。 また速度は、契約するプロバイダによっても変わってきます。 プロバイダが選べる『ドコモ光』『auひかり』『コミュファ光』を契約する際はプロバイダをしっかりと比較しましょう。 スマホのセット割 最近の光回線の選び方で主流なのが契約しているスマホと光回線をまとめることです。 また、この割引は家族全員対象なので契約者が多いほどスマホ料金がどんどん割引されていくのがメリットです。 スマホとのセット割引について結論を言うと、 『ドコモユーザーの方はドコモ光』『auユーザーの方はauひかり』『ソフトバンクユーザーの方はソフトバンク光』を選べば間違いありません。 スマホセット割がある10社それぞれの内容を比較しました。 スマホ 光回線 対応 エリア 最大 割引額 最大 適用数 docomo ドコモ光 全国 1000円 20 au auひかり 関西・東海 福井・沖縄 以外 1000円 10 BIGLOBE光 全国 So-net光 プラス 全国 nifty光 全国 コミュ ファ光 東海 eo光 関西・福井 Soft bank ソフト バンク光 全国 1000円 10 NURO光 関東・東海 関西・九州 北海道 楽天 モバイル 楽天 ひかり 全国 楽天ひかり 月額1年間 無料 ー auユーザーの方は、ご自身がお住まいの地域が対応エリアとなっている光回線を選ぶことで、auひかりじゃなくてもスマホセット割 auスマートバリュー が適用されます。 また、それぞれのキャリアによって、光回線1回線ごとに、スマホ回線が最大何回線割引適用なのかも違うので、しっかりと確認しましょう。 スマホセット割の有無でお得度が全く違うので、 光回線を選ぶ際は、利用料金だけではなくスマホとのセット割の有無を必ず考慮に入れるようにしてください。 プロバイダ 「プロバイダ」とは光回線をインターネットに接続する業者のことを指します。 光回線によって契約できるプロバイダが変わり、「速度」や「サービスの料金・条件」が変わってきます。 速度についてはデータが公表されていないので、一概に言えませんが設備環境や契約人数は多少影響するとも言われています。 知名度のあるプロバイダ So-net、OCN、GMOとくとくBB、Biglobe、niftyなど だと、サービスが充実している傾向にあるので迷った場合は大手プロバイダを選ぶと良いでしょう。 スマホセット割適用でプロバイダを複数から選べる光回線『ドコモ光』『auひかり』のプロバイダは GMOとくとくBBがおすすめです。 工事費無料特典 通常、新規申し込みの際にかかる工事費は15,000円から40,000円ぐらいが一般的ですが、キャンペーンで実質0円に抑えることができる場合があります。 『分割工事費分が月額料金から割引されるパターン』の場合は、工事費完済前に解約してしまうと残債を支払わなければならなくなるので注意が必要です。 一方で、『工事費が完全無料になるパターン』は途中解約したとしても、工事費の残債を請求されることはありません。 光回線を契約する際は、「工事費無料キャンペーン」を実施している業者を選び、初期費用を安く抑えましょう。 実際に各社通常工事費と工事費無料特典の詳細を比較しました。 キャンペーン内容により、解約時の残債の返済義務の有無など、注意事項もあるのでしっかりと特典を確認してください。 光回線の契約前によくある疑問 光回線とモバイル回線の違いってなに? 自宅でインターネットを利用する際、多くの方が光回線またはモバイル回線 ポケットWi-Fiなど を利用しているかと思います。 光回線とモバイル回線はどう違うのか表にまとめたのでご確認ください。 一方で、モバイル回線は自宅でも外でも、自分の好きな場所でインターネットを使用したい方向けです。 現在のインターネット利用状況と、光回線、モバイル回線の特徴を合せてみることで、自分にベストのインターネット回線を選びましょう。 特に今は需要の高まりに伴い2ヵ月またはそれ以上かかる場合もあります。 しっかりと余裕をもって申し込むようにしましょう。 光コラボへの転用にかかる費用は手数料の3,000円のみで、以下のNTT窓口から「転用承諾番号」を発行してもらい、乗り換え先で手続きすればおよそ2週間ほどで自動的に新しい光回線へ切り替わります。 フレッツ光の解約違約金を払う必要がなく、新しい光回線の工事をする必要もありません。 事業者変更は、現在使っている光回線の解約違約金や、乗り換え先の工事も必要なく、同じ電話番号をカンタンに引き継げるといったメリットがあります。 事業者変更にかかる費用は3,000円だけです。 現在の光回線に連絡して「事業者変更承諾番号」を発行してもらい、乗り換え先に番号を伝えるだけで手続きが完了します。 まれに壁に穴を開ける必要がありますが、その場合は当日にキャンセルしても費用はかかりません。 開通工事費 光回線の工事費は2万円~4万円になります。 支払いは「一括払い」「分割払い」「毎月の割引で実質無料」になります。 例えばソフトバンク光の場合は解約手続きをしてから正式に解約処理されるまでに6営業日かかります。 上記のポイントを押さえれば自分にあった光回線を選べるでしょう。 また申し込み時のキャンペーンやキャッシュバックを上手に活用すれば、さらにお得に光回線を契約することができます。 情報は随時更新していきます。

次の