イノシシの足跡。 故有事: シカ、カモシカ、イノシシの蹄と足跡 Hoofs and hoof prints of deer, serow & wild boar.

イノシシの足跡の大きさや特徴とは!?

イノシシの足跡

ニホンイノシシとは? ニホンイノシシは、鯨偶蹄目イノシシ科の哺乳類です。 日本国内ではニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2種が確認されており、ニホンイノシシは北海道と沖縄以外、リュウキュウイノシシは沖縄のみに生息しています。 しかしリュウキュウイノシシは非常に数が少なく、絶滅危惧のレッドリストにも記載されているぐらいです。 なので日本でイノシシといえば、ニホンイノシシのことを指すと思って差し支えないでしょう。 以下このページでは、ニホンイノシシを「イノシシ」と呼称して扱っていくことにします。 リュウキュウイノシシのほうがひとまわり体格が小さい。 イノシシの身体的特徴 イノシシは成獣で、体長は100cm~170cm、体重は80kg~180kg程度の大きさになります。 体毛は明るめの茶褐色~黒褐色をしていて、その色にはやや個体差があります。 この体毛は非常に剛毛で、逆向きに触れたときにはかなりゴワゴワした感触を感じるでしょう。 またイノシシの子供の頃は綺麗な縞模様が体色に現れていて、それが瓜の模様に非常に似ていることから、幼いイノシシはよく「うり坊」と呼ばれます。 この縞模様は木漏れ日の中では保護色の役目を果たすと考えられていて、成獣まで成長して天敵がいなくなるにつれて少しずつ消えていってしまいます。 シマシマのままのほうが可愛いのに残念ですね(笑) イノシシの下あごには牙が備わっており、オスの大きな個体であれば、その長さは15cmを超えるほどになります。 下から生えて手前に湾曲している牙を下からアッパーカット気味に振り回すことによって、対象物の肉をえぐりとり、大きなダメージを与えることができます。 人間にとってはこれがちょうど太腿の高さにあたるため、大怪我をさせられる危険性があります。 また意外に知られていないのがその身体能力の高さ。 普段はゆっくり歩いて過ごしていますが、いざ敵と対峙するとなると、走れば時速40km、垂直ジャンプならば1m以上を飛ぶという脅威の身体能力をみせます。 しかも大抵の生物は鼻先が急所ですが、イノシシの場合は鼻先は強靭な武器です。 重さ70kgの岩さえも動かせるその硬い鼻先が、猛烈な加速をつけて突進してくるのはかなりの脅威。 実際に人間が大怪我をさせられた例は数多くあります。 その目的は定かではありませんが、毎年中国地方から四国まで瀬戸内海を泳いで渡るイノシシがいます。 瀬戸内海ほどの距離を泳ぎきれる哺乳類は他にはなかなかいません。 いったいどこで泳ぎ方とか覚えるんでしょうね。 普段は植物性のものを食べていることが多く、ドングリなどの木の実、果実、タケノコ、地下茎、芋などを好みます。 動物性のものでは、ヘビやカエル、ネズミ、ミミズなども摂取します。 また近年では人間が出した生ゴミや畑の作物を狙って人里に現れることが多く、人間との接触事故に発展してしまうケースが危惧されています(詳しくは後述)。 逆にイノシシの天敵となるのは、幼少期はキツネや野犬、フクロウ、カラスなど。 成獣になってしまえば日本国内においては敵は存在しません。 唯一クマがイノシシにとって危険ではありますが、クマは積極的に生きている大型哺乳類を狙うことはありませんので。 ニホンイノシシの住みか・習性 イノシシは山に住んでいる、というイメージが非常に強いですが、実はイノシシは山間部でも低山地域や平地、つまり人里にかなり近い位置に住んでいます。 自分の体が隠れるような草木が生い茂った土地、それも河川が近い湿地帯を好みます。 水場付近に住むのは、給水のほかにも水浴びや泥浴びをする目的があるためです。 イノシシはよく全身を塗らす様に水の中を転げまわり、ダニや寄生虫を落としています。 また理由はよくわかっていませんが、イノシシは小便を水の中ですることが多いようです。 しかし大のほうは普通に陸上でプリッと(笑) どういう意図で小便だけ水中でしてるんでしょうね? イノシシが夜間に人里にやってくるニュースなどのせいで夜行性のイメージが強いですが、実際は昼間のほうが活動的に動いています。 夜間に人里に来るのは、そのほうが人間に見つからずにすむため。 そう、イノシシは学習能力が高くしたたかな生き物なのです。 ニホンイノシシの繁殖サイクル イノシシの発情期は冬です。 この時期になるとオスのイノシシはメスを求めて徘徊し、意気投合したメスと生殖行動を行います。 このとき一匹のメスを巡ってオス同士で争うこともありますが、もちろんここでは強い方のオスだけがメスを獲得することができます。 無事に生殖行動を終えたオスはそこで休むことなく次のメス探しへ。 発情期が終わるまでオスは延々とメスを探し続け、生殖行動を何度も何度も行っていきます。 一方身ごもったメスのほうは草木で巣を作り、4ヶ月の妊娠期間を経て3~6頭程度の子供を生みます。 そして子供がひとり立ちするまで一緒に暮らしていきます。 子供が成獣となって繁殖機能を持つのが約1年半。 そしてまたオスはメスを求めて徘徊を始めるわけです。 イノシシと出会ってしまったら イノシシは生息域が山間の低標高地域であるために、野生動物の中でも人間と遭遇しやすい生き物です。 基本的にはイノシシは臆病で警戒心の強い生き物であるため、人間を見つけてもイノシシのほうから距離をとって離れていきます。 このへんはクマと同じですね。 ただし、いきなり角を曲がったら出会い頭に、というパターンは危険。 興奮したイノシシは人間を倒さねばならない敵とみなし、突撃してくることがあります。 前述した脅威の運動神経で突進されては人間はひとたまりもありません。 1.イノシシと出会わない工夫をしましょう 山登りなどをするときにクマ対策として鈴を鳴らしたり、 皆で談笑をしながら歩くという手法がありますが、これはイノシシにも有効です。 イノシシは聴覚が非常に発達した動物ですので、人間の位置をこちらから知らせてやれば、 むこうのほうから距離をとってくれます。 2.もしイノシシと出会ってしまったら もしイノシシと出会ってしまったら、まずはパニックにならないこと。 とにかく刺激をイノシシに刺激を与えないことを第一に考えてください。 十分に距離があるならば、ゆっくりその場を離れましょう。 もし不幸にも出会ってしまった距離が非常に近くて、相手がすでに威嚇行動に入ってる場合は、目を見たままで決して背を向けずに後ずさりして距離をとっていきましょう。 背を向けて走って逃げると本能的に彼らは追いかけてきます。 これはイノシシに限らずクマの場合でも同じです。 ちなみにイノシシの威嚇行動は、背中の毛を逆立たせたり、挙動不審に動き回ったり、牙をカチカチと擦り合わせて音を鳴らしたり、後ずさりしながら前足で地面をガリガリ擦ったり、などがあります。 これらの動きをみせているときは要注意。 3.もしイノシシが襲いかかってきたら! もしイノシシが突進してくるという最悪の事態になった場合。 真っ直ぐ走って逃げても、逃げ切るのは不可能です。 なんせ相手は時速40km以上で追いかけてきます。 高い場所に登る、遮蔽物を利用して逃げるのが一応の最善手です。 ただし、もし幸運にもジャンプ傘を持っていたならば目の前で勢いよく広げてやりましょう。 目の前で突然視界をおおう未知の物体に、イノシシは驚いて逃げていってくれます。 民家や畑にやってくるイノシシ イノシシが家庭ごみや農作物を狙って人里に下りてくる行動が、近年非常に大きな問題になっています。 ゴミ捨て場や畑を荒らされる被害はもちろん、人間に対して突進したり咬みついたりするような事例が多く起きています。 ケガで済めばまだ良いですが、下手をすれば死亡事故にも繋がりかねません。 イノシシが出没する地域に住んでいる場合は、やはりその対策が必要になってきます。 1.イノシシが近づかない環境作り まずイノシシは自分の身を隠せる茂みのようなものが好きです。 逆に言うと、隠れられるものがない場所を嫌がります。 山から家・畑までの間に茂みがあるならば綺麗に刈り取りましょう。 身を隠せそうな遮蔽物も取り除けばなおベストです。 あと餌を見える場所に置かないこと。 畑で出てきた野菜クズなどは放置してはいけません。 ゴミも夜間に屋外に出さずに、収集車が来る直前に出すなどしてイノシシが近寄る理由を断ちましょう。 収穫時期になった農作物は後回しにせずに早めに収穫してしまいましょう。 イノシシ用の忌避剤を使用するのも有効です。 オオカミの尿の成分を使用したウルフピーという商品があって、この臭いによってイノシシに限らず野生動物のほとんどが寄り付かなります。 値段はそこそこしますが内容量が多くて持続性も良いので、かなり長期間の効果が期待できます。 【野生動物忌避剤 ウルフピー】 2.もしイノシシが何度も来るようになってしまったら イノシシは学習能力が非常に高いです。 そのためゴミ置き場や畑で一度オイシイ思いをするとそれを覚えてしまい、また再びやってきます。 一度味を占めてしまったイノシシは、茂みを取り除いた程度では引き返してくれません。 ゴミ置き場であれば、金属製のダストボックスを使うなどしてイノシシが手を出せないようにしましょう。 網やブルーシートを被せるだけではイノシシの前では全く役に立ちませんのでご注意を。 畑であれば、対策はちょっと大事(おおごと)になります。 まずは先に紹介したウルフピーの設置。 それで解決しないようであれば、イノシシが越えれないような壁を設ける必要があります。 柵でもいいですが、できればその場合は布などで目隠しを。 イノシシから視覚的に中が見えないことが大事。 壁の高さは1メートル程度で十分ですが、その上部には網などを外側にせり出すように張ってください。 よく刑務所の塀の最上部に有刺鉄線が内側にせり出すように張り巡らされていますよね?アレに近しいのものを作ってください。 予算があるなら、網と言わずいっそ有刺鉄線でもいいです(笑) 理由は、イノシシが垂直ジャンプしかできないからです。 彼らは助走をつけたジャンプをしません。 手前に網(有刺鉄線)がせり出した壁であれば垂直ジャンプでは越えることができず、イノシシは上からの侵入をあきらめます。 次に壁の下方向の処理。 イノシシはその強固な鼻で穴を掘ることができます。 生半可な壁だとその下に20cm程度の隙間を掘って、そこを無理やり押し通って入ってきます。 壁をより深く埋め込むように立てるか、杭などで地面にも網を固定して土を掘れない状況にしてやりましょう。 ちなみにこの壁ですが、完全に囲まないと意味がありませんのでご注意を。 山側だけに設置してもイノシシは平気で回り込んできます。 道路側であろうが民家側であろうとおかまいなしです。 それだけ学習能力が高く、環境に慣れやすい生き物です。 3.どうしてもイノシシの被害を抑えられない、対策するのが経済的に難しい この場合は最終手段としてイノシシを駆除しなければいけませんが、イノシシを勝手に捕獲・駆除することは法律で禁じられています。 お住まいの自治体に相談してください。 被害が深刻であることを報告すれば自治体・猟友会が駆除に動いてくれます。 イノシシと人間の付き合い方 基本的にはイノシシは臆病な生き物で、子供のうりぼうなどは非常に可愛いです。 自然の中でその愛らしい姿を見つけた際には可愛がってあげたい気持ちもあるでしょう。 しかし、 絶対に餌を与えて餌付けしないでください。 人間慣れして人間を恐れなくなったイノシシは、近隣の町に出没するようになり、買い物袋をさげた人などを襲撃するようになります。 最近では神戸市中央区で5日連続でイノシシによる人間への襲撃事件が続き、通学途中の女子生徒らを含む14人が怪我を負いました。 幸い命には別状はありませんでしたが、運が悪ければ万が一が起きていてもおかしくありません。 あなたが餌をあげたイノシシが人を傷つけます。 あなたが餌をあげたイノシシはそのせいで殺処分されます。 それでもあなたはイノシシに餌をあげますか? 野生動物と愛玩動物は違います。 その区別を考えずに可愛がると、人間もイノシシもどちらも不幸にすることになります。 絶対に野生のイノシシに餌を与えないでください。 設置した金網を捻じ曲げて侵入していくイノシシの動画: 関連記事• ヒグマとは? ヒグマ(羆)は、ネコ目クマ科クマ属に属する哺乳類です。 体長はクマの中でもかなり […]• ツキノワグマとは? ツキノワグマ(月輪熊)は、ネコ目クマ科クマ属に属する哺乳類です。 日本では […]• カメムシとは? カメムシは、カメムシ目カメムシ亜目のカメムシ科の昆虫の総称です。 あくまで […]• ドブネズミとは? ドブネズミは、ネズミ目ネズミ科クマネズミ属に属する哺乳類です。 日本の家庭に […]• クマネズミとは? クマネズミは、ネズミ目ネズミ科クマネズミ属に属する哺乳類です。 日本の家庭に […]• クロゴキブリとは? クロゴキブリは、ゴキブリ目ゴキブリ科に分類されるゴキブリの一種です。 […]• イエカとは? イエカは、ハエ目・糸角亜目・カ科・イエカ属に分類されるカ(蚊)の総称です。 総称 […]• マムシとは? マムシは、クサリヘビ科マムシ属に属するヘビの一種です。 正式な標準和名はニホンマ […]• スズメバチとは? スズメバチは、スズメバチ科スズメバチ亜科に属する昆虫のことです。 […]• カミツキガメとは? カミツキガメは、爬虫綱カメ目カミツキガメ科カミツキガメ属のカメ、またはそ […]• イモガイとは? イモガイは、イモガイ科の貝類の総称です。 日本だけでも約120種類の仲間が確認 […]• サメとは? サメは軟骨魚の中でエラが体の側面にある種類の総称です。 サメは全世界で500種以上 […]• ワニガメとは? ワニガメは、爬虫綱カメ目カミツキガメ科ワニガメ属のカメのことです。 名 […]• ヤマカガシとは? ヤマカガシは、爬虫綱有鱗目ナミヘビ科ヤマカガシ属のヘビの仲間です。 […]• ハブとは? ハブは、クサリヘビ科ハブ属のヘビの総称です。 マムシと並び日本ではとても有名な毒蛇 […]• セアカゴケグモとは? セアカゴケグモは、セアカゴケグモはヒメグモ科に分類される毒グモの一種で […]•

次の

獣害の犯人は? 足跡で獣を特定しよう ~動物の足跡12種~

イノシシの足跡

進化史 [ ] イノシシ科の属する鯨偶蹄類は、の真獣類の第二次適応放散において現れた、植物食のグループの一つである。 当初はもう一つの植物食有蹄類の大グループ、に先行されるものの、続くにおいて本格的な放散を開始する。 イノシシ科の属する(猪豚亜目)では、漸新世に現れたおよび(ディノヒウス)などを含むが先んじて繁栄している。 このエンテロドン科は頑健な太い樽状の胴体に短い、長い部を持つ大きな頭蓋をもった、大柄なイノシシに似た生物である。 このグループは、歯列が真獣類の基本形の44本であるなど祖先的な形態を多く留めるが、肢端の趾が二本になるなど、イノシシ科などよりも特殊化した部分を持っていた。 このグループは及びにおいて繁栄したが、に至って衰退し、代わってイノシシ科及びから成るイノシシ上科がその地位を奪っている。 主に新大陸においてはペッカリー科が分布し、イノシシ科は旧世界に割拠した。 イノシシ科は当初ユーラシア大陸のみに分布したが、前期に地続きとなったアフリカ大陸へ進出している。 これらのイノシシ達は、初期の人類達の居住域近くにも分布し、その化石はやの遺跡より、人類の化石とともに多数出土している。 イノシシ科全体の進化傾向としては、後期のグループになるにつれ吻が伸長し、が際立って発達していく事が挙げられる。 しかしその一方で、現生種に至るまで肢端は四本の趾を保持したままである。 これは、姉妹群であるペッカリー科が肢端の指を減らしている事と対照的である。 形態 [ ] 骨格・歯列 [ ] 頭骨、特に部は前後に長いがペッカリー科ほど高さは無い。 やなどよりも脳函は大きい。 吻の伸長とともに歯列も長くなっているが、イノシシ科はなどに独特の形態を持つ。 上下の犬歯は牙状に伸長しつつ、互いに噛み合う事無く顎の外側へと湾曲していく。 は更に上方へと伸び上がるが、中にはの様に鼻上の皮膚を突き破って眉間の側へ巻き上がっているものも存在する。 は特殊化した絶滅属を除いて基本的に低歯冠の(臼状歯、丘状歯とも。 咬頭が鋭くなく、丘状となっている歯)である。 この形態の歯は、など性の動物によく見られる形態である。 摩耗した臼歯は、同じく雑食であるのものと酷似している。 胴体はがっしりしており樽状。 四肢は細く、やや短い。 肢端に関しては、趾の数を減らしていく傾向のあるエンテロドン科やペッカリー科とは異なり、4本の趾を保持している。 肢を構成する骨の数は25本で祖先的な形態を保持したままであるが、走行に支障をきたす事はない。 及びの大きな蹄は塊状になっておらず、ものを掴んだり支えたり出来る構造になっている。 軟組織 [ ] 体表は多くの種では剛毛で覆われるが、バビルサなど体毛をほとんど持たないものも存在する。 耳は大きく、頭部の上方に直立する。 眼は比較的小さいが、サイズ自体はヒトのものとほぼ同じ大きさである。 また色覚などの機能も同様である。 眼窩は頭部側面についている為、約310度もの広い視野を持つ。 イノシシや豚において最も重要な器官の一つは鼻である。 鼻先には多数の神経が集中しており、鋭敏な感覚器官となっている。 また、鼻には軟骨のパッドがあり、これを使って地面を掘り返すことができる。 また、嗅覚は鋭敏である。 消化器官に関しては、や、、など複数の胃を持つものの多い鯨偶蹄類の中にあって、単純な形態の単胃を持つ。 これは、などやなども同様である。 しかしそれらとは異なり、付近が拡大している点が見て取れる。 これは、イノシシ科の胃が食物を貯蔵する機能を備えつつある進化傾向とされる。 生態 [ ] 陸上の偶蹄類は、からにかけて、森林から草原などに進出し、それぞれが異なる進化を遂げていった。 アフリカの広大な草原にはの仲間が、やの草原にはシカの仲間が、開けた山岳地帯にはやの仲間が進出を果たしている。 しかし現在もその多くが森林に残るイノシシ類は、そのまま祖先的な特徴を色濃く残し、また、単純な構造の胃を持ちをしないため、栄養価の高い食物を必要とする。 つまりは農作物の嗜好が高いということでもあり、その農業被害が各地で問題となっている。 雑食性で、や木の実、、など何でも食べるが、その身体的構造から見ても本来は植物質が中心である。 繁殖力が強く、から、にかけて広く分布する。 が野性化したものを含めると、を除く世界中に生息している。 現在16種が分類されており、4属から8属にまとめられると考えられている(特にには多種が生息)。 もイノシシ科の一種であるが、ブタはが家畜化されたものであり、この2種は同一種( Sus scrofa)に括られている。 のものも数種見られるが、基本的にはである。 というのもイノシシ類は色覚を持つと言われ、青を中心とした色に反応を示すのであるが、これはかれらが元来昼行性であることを示唆している。 しかし視力そのものはそれほど発達しておらず、敵や餌の発見は嗅覚・聴覚に頼っている。 見通しの良くない藪や森林に生息しているため、そのような進化を遂げたと考えられる。 人間との関係 [ ] イノシシととの関わりは古く、100万年以上前まで遡る。 アフリカにおいては初期人類と一部分布域が重なっており、ヒトの先祖であるの遺跡からは、処分跡のあるイノシシの骨が出土している。 それ以降も多数の遺跡でイノシシを狩り、食べていた痕跡が見つかっている。 また、されたのも紀元前9000年程前と推定され、中国などの遺跡からブタの骨が出土している。 鋭敏な嗅覚を利用し、ヨーロッパでは地中の探しにと共にブタも利用される。 これは、トリュフが発散する科学物質、の一種、5-アルファアンドロストールがブタにとっては雌を惹き付ける性だからである。 寄生虫 [ ] 本科の動物は、人体寄生性のテニア科条虫のうち、とイヌが終宿主となる(サナダムシの一種)の嚢虫(幼虫)を内臓・筋肉内に宿していることが多い。 十分火を通さずに肉を摂食すると体内で成長して成虫となり、消化管に寄生する。 そして、この成虫を宿しているヒトやイヌから排泄されるその卵を経口摂取したブタなどの体内で嚢虫となる。 嚢虫は内臓・筋肉内だけでなく脳に入り込む場合もあり、流行地ではの原因にもなっている。 これが有鉤条虫の生活環であり、嚢虫感染肉の生食を避けることによって、この寄生虫の生活環を絶つことができる。 (核脚亜目)• (猪豚亜目)• イノシシ科及びペッカリー科に先行してユーラシア大陸及び北アメリカ大陸で繁栄した。 イノシシ科 下位分類 [ ]• イノシシ科• カイノコエルス亜科 Cainochoerinae• バビルサ族 Babyrousini• カワイノシシ族 Potamochoerini• モリイノシシ属• Suini• イボイノシシ族 Phacochoerini• 亜科不明• 現生群 [ ]• バビルサ属 Babyrousa• babyrussa - とその属島の固有種。 個体数は減少傾向。 モリイノシシ属 Hylochoerus• meinertzhageni - アフリカ大陸の近辺に分布。 Potamochoerus• larvatus - サハラ砂漠以南のアフリカ、に分布。 porcus - サハラ砂漠以南の西アフリカに分布。 scrofa - からヨーロッパ、南部からと世界中に広く分布。 scrofa domesticus - イノシシの家畜化種。 salvanius - のマナス野生生物保護区にのみ生息。 絶滅危惧種。 verrucosus - 、に広く分布。 barbatus - とその属島に分布。 philippensis - 、の固有種。 個体数は減少傾向。 bucculentus - 東南アジアに分布。 cebifrons - フィリピン固有種。 celebensis - スラウェシ島とその属島の固有種。 バビルサに比べて個体数は多い。 heureni - とその属島に分布。 timoriensis - とその属島に分布。 Phacochoerus• aethiopicus - 以南のアフリカに広く分布。 主にに生息。 africanus - アフリカ南部に多く生息する。 イボイノシシの亜種とも考えられる。 1766 — 1828 or 1800-1875• 『哺乳類の進化』 99頁• 『哺乳類の進化』 99 - 100頁• 『絶滅哺乳類図鑑』 191頁• 『思考する豚』 43 - 44頁• 『思考する豚』 142頁• 『哺乳類の進化』 225頁• 『哺乳類の進化』 226頁• 『思考する豚』 312頁• 『思考する豚』 74頁 参考文献 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 『哺乳類の進化』、2002年、99—101, 222—227頁。 『新版 絶滅哺乳類図鑑』伊藤丙雄、岡本泰子、、2011年、190—195頁。 ライアル・ワトソン『思考する豚』福岡伸一訳、、2009年、30—32, 38—44, 50—57, 73—75, 312頁。

次の

食害の犯人は? 食べられた跡で鳥獣を特定しよう

イノシシの足跡

やなど他の家畜の学名では野生種より前に家畜種に命名されている例が多々あり、先取権の点から問題となった(により解決された)が、イノシシとブタの間ではそのような問題は起きなかった。 なおブタの学名は「 Sus scrofa domesticus」であり、「 domesticus(家畜の)」と家畜化されていることが強調されている。 では boarであるが、「していない雄豚」という意味で使われることもあるため 、区別するために Wild boarや Wild pigとも呼ばれる。 古いでは「ヰ(イ)」と呼んだ。 イノシシは「ヰ(猪)のシシ(肉)」が語源であり、シシは大和言葉で「」を意味する(「ニク」はの。 現代では、「猪(豬)」のは主にブタの意味で用いられており、イノシシは「野猪(豬)」と呼んで区別する。 生息域 [ ] 元来はやなどを中心に生息していた。 人間によってイノシシまたはその家畜化されたブタが再野生化したものがやなどにも放され、爆発的に生息域を広げることになった。 分布地域によって個体に大きな差があり、では体長約2. 8、体重約470もある巨大なイノシシが過去には仕留められている。 のイノシシも体重300kg以上に達するものがある。 日本にはを除いてニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2ないしのグループをさらに分けた3亜種が分布する。 いずれもイノシシの亜種ではなく、別種として分類すべきとの議論もなされている。 生態 [ ] 泥浴中のイノシシ 古くからの対象とされてきた動物の一つであるが、非常に神経質で警戒心の強い動物である。 普段より見慣れないものなどを見かけると、それをできるだけ避けようとする習性があり、人間と遭遇した場合でも何もしなければ逃げ出すが、興奮状態だったり挑発を受けると反撃に出る。 基本的にはであるが、人間の生活圏と重なる場合は人間を避けるためを示す。 非常に突進力が強く、ねぐらなどに不用意に接近したり鉢合わせした人間を襲うケースも多い。 イノシシの成獣は70kgかそれ以上の体重がある上、時速45kmで走る事も可能であり、イノシシの全力の突撃を受けると成人男性でも跳ね飛ばされて大けがを負う危険がある。 オスの場合にはも生えているため、たとえ立ち止まっている場合でもオスの場合は鼻先をしゃくり上げるようにして牙を用いた攻撃を行う。 オスの牙は非常に鋭く、訓練されたであってもが必要な大きな裂傷や深い刺傷を負う場合があり 、作業服程度の厚さの布なら容易に切り裂いてしまうという。 牙による攻撃はちょうど成人の太ももの高さに当たるため、人間が攻撃された場合、を破られてするケースが多く、非常に危険である。 メスは牙が短い為、牙を直接用いた攻撃をする事は少ないが、代わりに大きな顎で噛み付く場合がある。 メスであっても小動物の四肢の骨程度であれば噛み砕く程の力があり、遭遇した観光客に噛みついて重軽傷を追わせた事例がある。 多くの匂いに誘引性を示し、等の外部を落としたり体温を調節したりするために、よく ()・水浴を行う。 泥浴・水浴後には体を木に擦りつける行動も度々観察される。 特にイノシシが泥浴を行う場所は「(ヌタバ)」と呼ばれ、イノシシが横になり転がりながら全身に泥を塗る様子から、苦しみあがくという意味の ぬたうちまわる(のたうちまわる)という言葉が生まれた。 知能が高く、障害物の構造を目視で把握し、飛び越せても通過できないなどの判断が出来る。 飼育されている個体が地面を掘る際に木の棒を使うなど、を利用することもある。 学習能力や記憶力も優れており、イノシシの「」では芸を仕込み舞台で披露させることに成功した。 一度侵入に成功した場所には繰り返し出没するが、危険な場所も把握して近寄らないため、農作物の被害が深刻化する (「」で後述)。 生息域と食性 [ ] 生息域は低山帯から平地にかけてのが繁茂するから草原であり、特に身を隠せる や水場が近い場所を好む。 食性は基本的に山林に生えている植物のや(など。 芋類は嗅覚で嗅ぎ付け、と牙で掘り起こして食べる。 動物質は季節の変化に応じて、、、などを食べる。 食味が良く簡単に手に入れられる農作物を求めて人家近辺にも出没することがある。 も採餌対象であり、田畑で実った やも食害に遭う。 やなど小型なども採餌し、死骸が落ちていた時に食餌する。 寿命および生育 [ ] イノシシの授乳 野生下での寿命は長くて10年であり、一年半でに達する。 幼少期には(縞瓜)に似た縞模様の体毛が体に沿って縦に生えており、成体よりも薄く黄褐色をしている。 イノシシの幼少期は天敵が多く、この縞模様は春の木漏れ日の下ではを成す。 その姿かたちから ウリ坊(ウリン坊とも言う)、 うりんこ、 うりっことも呼ばれ、この縞模様は授乳期を過ぎた生後約4か月程度で消える。 繁殖期は12月頃から約2か月間続く。 繁殖期の雄は食欲を減退させ、した雌を捜して活発に徘徊する。 発情雌に出会うと、その雌に寄り添って他の雄を近づけまいとし、最終的にはより体の大きな強い雄が雌を獲得する。 雌の発情は約3日で終わり、交尾を終えた雄は次の発情雌を捜して再び移動していく。 強い雄は複数の雌を獲得できるため、イノシシの婚姻システムは一種の一夫多妻であるとも言える。 雄は長い繁殖期間中ほとんど餌を摂らずに奔走するため、春が来る頃にはかなりやせ細る。 巣は窪地に落ち葉などを敷いて作り、出産前や冬期には枯枝などで屋根のある巣を作る。 通常4月から5月頃に年1回、平均4. 5頭ほどの子を出産する。 秋にも出産することがあるが、春の繁殖に失敗した個体によるものが多い。 妊娠期間は約4か月。 雄は単独で行動するが雌はひと腹の子と共に暮らし、定住性が高い。 子を持たない数頭の雌がグループを形成することもある。 身体能力 [ ] イノシシの骨格 視力は0. 1以下で100m程度が視認範囲とされる。 また眼球が顔の側面にあるためは不得意とされる。 嗅覚は鋭く土中の根菜の位置を詳細に把握することが確認されている。 聴覚も良くも聞き取ることが出来るが忌避反応は示さない。 獣医学部講師の実験により200-500Hzの音に逃避反応を示すことが分かっている。 短い脚とに似た体形に見合わない優れた運動能力を持ち、最高ではの世界記録保持者(100mを約9秒台後半〜10秒、時速36km強)をも凌ぐ約45の速さで走ることが可能で、5m程の距離であれば人間が反応できない速度で詰め寄ることができる。 跳躍力も高く近畿中国四国農業研究センターの実験では、70の成獣が121の高さのバーを助走もなしに跳び越えたことが確認されている。 また吻と牙で土を掘り起こせるため、飛び越えられない高さの柵でも支柱の下の土を掘る、背の力を使って下から押し上げる、突進して破壊するなどの行動により柵で囲われた農地にも容易に侵入できる。 ただし立体視が不得意なため94cmの柵でも忍び返しを設置するとより高い柵だと錯覚し、踏切位置を下げすぎて飛び越せなくなる。 扁平になった鼻の力(実際には首~上肢の力)はかなり強く、雄で70kg以上、雌でも50-60kgもある石を動かすことができる。 これを利用して倒木などの障害物により直接口を付けられない餌も採餌できる。 基本的には水を嫌い泳ぐことはないが、追い立てられたりして止むを得ず泳ぐこともあるため、海辺で遭遇する事例もある。。 犬かきで4km程度を出せ、30kmの距離を泳ぐことも不可能ではないという。 瀬戸内海では島の間を渡る猪がたびたび目撃されている。 欧米でも「グッド・スイマー」と呼ばれているという。 積極的に前進することや向こう見ずに進むことを「」といい、これはイノシシが真っすぐにしか進めないところからきていると言われている。 実際には他の動物と同様前進している際、目の前に危険が迫った時や危険物を発見した時は急停止するなどして方向転換することができ、真っすぐにしか進めないという認識は誤りである。 天敵 [ ] 大型肉食動物(、、、、、、など)とイノシシの生息地が被る際には、主に幼獣を含む中小の個体が他の有蹄類と同様に捕食対象となるが、普段から藪に隠れて行動し危険を察知すると即座に逃走するため容易には捕食されない。 逆にオスの大型個体であれば牙と突進により返り討ちにするケースも見られる。 なお、それらが生息していない地域や、過去には生息していたが現在では絶滅している地域では、成獣を殺害・捕食する大型動物は人間以外にはほぼ存在しない。 そうした地域では野犬や、や大型の猛禽類等が幼獣を捕食する程度である。 分類 [ ] 亜種 [ ] Mammal Species of the World, 3rd edition によれば、イノシシには16の亜種が確認されている。 ただしこの資料はブタを扱っていない。 Sus scrofa algira• Sus scrofa attila• Sus scrofa cristatus• Sus scrofa davidi• Sus scrofa leucomystax - ニホンイノシシ• Sus scrofa libycus• Sus scrofa majori• Sus scrofa meridionalis• Sus scrofa moupinensis• Sus scrofa nigripes• Sus scrofa riukiuanus - リュウキュウイノシシ• Sus scrofa scrofa• Sus scrofa sibiricus• Sus scrofa taivanus• Sus scrofa ussuricus• Sus scrofa vittatus 日本のイノシシ [ ] ニホンイノシシの脚 ニホンイノシシ(日本猪、 S. 足が短くが苦手なため、には分布しないとされてきたが、では平年値のが2mを超えるの山間部にも出没するようになった。 、など北部の市街地でも目撃され、人的な被害も報告されている。 また、では南部が分布域の北限とされていたが、近年は北上傾向にあり、同県の西部にある・の裾野での生息や用の竹の被害などが報告されている。 にはを泳いで渡ったイノシシが定住しつつあり、特産品のを含む農作物への被害が深刻化している。 九州の離島では本土や他の島から泳いで渡ったとみられるイノシシによる農作物への被害が相次いでいる。。 においてはに農業被害に悩んだが9年間で約5千人を動員し約8万頭を駆除した。 しかしになって、経緯は不明ながら野生イノシシが再定着している。 従来は「」と判断されてきたでも目撃件数が増え、農作物被害も出ている。 は2003年発行の「やまがた」で「絶滅」に区分したが、2017年度時点で、県内に3200頭(推定)生息しているとみられる。 では、2012年2月に県南部の内で初めて目撃され、2017年度の目撃は43件だったが、2019年度は1月21日までに69件目撃され目撃現場も北上しており、既に定着していると考えられる(同県自然保護課)。 さらに北のでも、南部ので2017年8月に初めて確認された。 2019年度は目撃情報が12月までに13件に上り、生息域が北上している。 本亜種は対象獣であり、その商品価値は食肉用として高く、他の対象鳥獣と比較しても人気がある。 その結果高い狩猟圧がかかるようになり、局所的なの衰退も見受けられるが、逆に分布を拡大させている地域も多い。 体長は雄110—170cm、雌100—150cm、肩高60—90cm、尾長30—40cm、体重80—190kg(で約220kgもの雄個体が捕獲されたこともある)で、雌は雄よりも小さくが見られる。 全身茶褐色から黒褐色の剛毛で覆われる。 指の数は前後ともに4本で、2個のを持つ。 雌雄共に下顎のが発達して牙状になっており、雄は特に長い。 雄の牙は生後1年半ほどで確認できるようになり、半月型に曲がった形で終生成長を続け、最大で15cmほどまでになる。 上顎の犬歯も大きく、それが擦り合わさるよう下顎の犬歯が生えているため、常に研磨された状態の牙は非常に鋭い。 ただ、この牙は後方に湾曲しているため、攻撃用というよりもむしろ護身用である。 湾曲の度合いもブタと比べると緩い。 雑食性でやなどの根やシイ類の(ドングリ)、小動物(や等)を捕食する。 繁殖期は年1回(春頃)であるが、年2回出産することもある。 リュウキュウイノシシ [ ] 詳細は「」を参照 リュウキュウイノシシ(琉球猪、 S. ではヤマシシ またはヤマンシー と呼ばれる。 では「シシ」と呼ばれ 、西表島では「カマイ」と呼ばれる。 生態的な特徴はニホンイノシシと同様であるが、生息域がのためか、春と秋、双方に繁殖期がある。 各島でその体長・体重には差異があり、いずれもニホンイノシシと比較するとかなり小さく、体長は90—110cm、体重20—70kg程度である。 ニホンイノシシが(とうしょか)現象で小型化したとも考えられるが、頭骨の形状の違いなどから別種の原始的なイノシシとする見解もある。 西表島及び石垣島の個体群はさらに小型で50kg程度にしかならない。 また、沖縄本島及び奄美群島の個体群と遺伝的に異なっている上に頭骨の内、上顎骨にある涙骨と口蓋裂の形状、乳頭の数や位置に相違点があるとの報告があり、今後検討を経て別亜種とされる可能性が高い。 は雑食で、等の木の実や小動物(や等)を捕食し、夜間に農耕地に出没し、農作物を食害することもある。 繁殖期は年に2回(10—12月、4—5月)で、年に1〜2回出産すると考えられている。 のリュウキュウイノシシは頻繁にの卵を食べるようになったことが知られている。 徳之島の個体群は、で地域個体群に、鹿児島県版レッドデータブックでも絶滅危惧I類で掲載されており、保護の重要性は高い。 西表島には比較的多くの個体が生息するが、森林開発や狩猟により全体的な個体数は減少傾向にある。 絶滅のおそれのある地域個体群():徳之島の個体群• 鹿児島県版レッドデータブック - 亜種:絶滅危惧II類、徳之島の個体群:絶滅危惧I類• 沖縄県版レッドデータブック - 情報不足 ブタ [ ] 「」も参照 日本で獣肉食が表向きとされた時代も、山間部などでは「 山鯨(やまくじら)」(肉の食感がに似ているため)と称して食されていた。 「薬喰い」の別名からもわかるように、滋養強壮の食材とされていた。 「に」という成句から、獅子を猪に置き換えて(ぼたんにく)とも呼ばれる。 文芸では『』などに登場する。 イノシシ肉の鍋料理を「」と称する。 の、、などにおいては、歴史的にも肉の影響がないまま、リュウキュウイノシシが貴重な源としてよく食べられている。 も奄美大島で好んで食べたとされる。 日本においては、多くがシシ汁、シシ鍋として食べられてきた。 近年は、バーベキュー、にすることも増えている。 農業への獣害防止を兼ねて、捕殺した野生イノシシをとして販売する取り組みも行われているが、供給に比べて需要が少ないのが現状である。 奄美大島では保存性を目的にリュウキュウイノシシ肉のも作られ、「ましゅちけぃしし」と呼ばれた。 また、にする例もある。 やなどでは、豚肉と同様にイノシシの肉も忌避される。 食肉加工 [ ]• イノシシは、に基づく検査(と畜検査)の対象にされておらず、食肉として供給する際の疾病確認や解体時における衛生対策などの法定基準は設けられていない。 捕獲されたイノシシの食肉加工はが自ら行う場合がほとんどであり、野生のイノシシの肉が流通することはまれである。 このため、イノシシ肉の品質や味は、イノシシの健康状態や肉質のほか、加工を行った猟師によって大きく変化する。 イノシシに限らないが、によって得られた肉は、当たり外れが大きいため、イノシシ肉を提供する店舗では、イノシシの牧場から仕入れることで、品質を一定にする試みが行われている。 内では(15年)より市町村の補助金で県内数箇所にイノシシ専用の食肉加工処理施設が設置、現在も稼働中である。 では、(平成19年)4月よりでイノシシ専用の加工施設が設置された。 現在「あがしし君」のブランドで販売されている。 では、イノシシなどの野生獣畜の食肉に起因するなどの健康被害の発生もみられることから、(平成18年)9月、猪肉を安全に供給するシステムを構築するため、の概念など食品安全基本法の趣旨を取入れた「猪肉に係る衛生管理ガイドライン」を独自に作成した。 では(21年)4月に「いのしし課」を新設。 それまでの、個体数調整事業に偏りすぎていた対策に、捕獲したイノシシ肉の利活用まで取り組むことで、地域の資源として有効に活用、特産品・ブランド化を目指し食肉加工センター「やまんくじら」と連携して武雄産イノシシ肉のPRをはじめ新たな商品、加工品の共同開発を進めながら販路開拓に努めている。 また、地元の商工会議所青年部、商工会青年部やまちおこし・まちづくり団体と協力・連携して、シシ鍋、シシ汁や等の試食・振舞を実施しながら地元でのPR、普及に努めている。 を受けて、に基づく食品に関する出荷制限により、捕獲地域によっては出荷が制限されている。 県の定める出荷・検査方針に基づき管理されるイノシシの肉は制限が除外される場合がある。 食用上の注意 [ ]• を保持していることがあり、調理する際には十分に加熱処理を行う必要がある。 イノシシ問題 [ ] ニホンイノシシ イノシシによる食害は、日本でが始まって以降、深刻な問題となってきた。 のでは、天候不順による不作とイノシシの食害によるが「猪飢渇(けがち)」と呼ばれた。 イノシシの田畑への侵入を防ぐ(シシ垣)を作った地域もあった。 のの「伊我利比女命」(いがりひめのみこと)は、その名の由来が「猪狩」であり、を食い荒らすイノシシを狩る女神だとされている。 に打撃を与えるの媒介役にもなっており、農業被害抑制と合わせて野生個体の駆除が強化されている。 近年、人里に出没するニホンイノシシの数は増加傾向にあり、特にや高齢化集落において、農林業被害(食害、踏みつけ、掘り起こし)を及ぼすことが問題となっている。 とくに山林でが少なくなる8月には田畑が格好の採餌対象となる。 やなどを始め本州の各地で住宅地付近にまで出没し、民家の庭や路上のゴミを荒らす生活環境被害や、噛み付きなどの人的被害も頻出。 イノシシに襲われた結果、死亡事故に繋がる場合 もあり、行政も対策に頭を悩ませている。 近年では線路に進入して列車との衝突事故を起こしダイヤを乱した事例 もみられる。 被害対策としては爆竹音を鳴らしたり、石油臭を利用したりするなどの方法があるものの、高度な学習能力を持つため設置箇所や時間帯が回避され継続的な効果は期待できない。 完全に防ぐにはや強固な鉄柵を張るしかないが、経費の問題もあり、あまり現実的ではない。 広島県のやなどは防護柵の設置に補助金を支給している。 駆除経費の確保と地域振興を兼ねて、狩猟や罠で確保したイノシシの肉を、他の野生鳥獣肉と並ぶとして加工・出荷する取り組みも行われている。 のでは2000年代から海を渡ってきたイノシシが繁殖し特産の畑に被害が出ているが、11月から2月の狩猟期間では間に合わず特別な許可を得て通年で駆除を行い、特産品として販売するなど産業化する動きもある。 有効利用できない場合、死骸は地面に穴を掘って埋めたり、槽に水・とともに入れてによるで減容したりして処理する必要がありコストがかかる。 として処理されることが多い未利用部位をさせたも、のにより生産されている。 かつてはの補助事業も行われたが、2009年の(WG3)に諮られた際に、「重要な課題であるということは認識しつつも、国(が実施すべき事業)ではない。 」 との意見が示され、2010年度からは都道府県に対する交付金となった。 のでは野生のイノシシとの接触機会が多く、1960年代より登山者によってが行われるようになり、大規模な餌付け場として「芦屋イノシシ村」が作られるなど、六甲山系全体でイノシシに対して餌付けが行われたが、人馴れしたイノシシによるトラブルが増加し、2002年には全国で初めてイノシシへの給餌などを禁止した イノシシ条例を制定した。 ニホンイノシシの個体数の増加傾向の原因として、畜産用に飼われていたイノシシととの間のであるが飼育中に逃亡し、野生のイノシシと交配し、ブタの多産性質を広めているという説がある。 過去にイノシシが絶滅したでは狩猟目的でイノブタ及びイノシシを放した証言があり、近年出没する個体はその子孫ではないかとする見解もある()。 の季節には胃内容物の大半がタケノコであり、放置が問題であるとする説もある。 中山間地の過疎化による休耕地やの広がりがイノシシに格好の餌場や住処を提供し、そのために人里近くまでイノシシが出没するようになったことが原因であり、イノシシの個体数そのものは、従前とあまり変わらないのではないかとの考えもある。 を整備したり再び畑として利用したりする事で、イノシシが近寄りにくい環境にする取り組みも行われている。 では1980年代よりイノシシによる農業被害の対策として、耕作地にイノシシを接近させないために森林内での給餌が行われている。 しかし、給餌の恒常化は人の餌に慣れることによって森林の食物資源としての価値を下げてしまうことや、イノシシの個体数の管理リスクが生じるなど問題点も指摘されている。 日本においては、やなどを利用した銃猟捕獲は人家近くでの発砲は原則として出来ないため、捕獲範囲が限定されている。 に所属するの高齢化による作業人員の減少により、必ずしも本格的な駆除には至っていない。 一般市民がを用いて捕獲する場合はの取得や自治体への届出が必要であり、実際の駆除開始まで時間や手間がかかることも多い。 イノシシのわな猟では主に箱罠やくくり罠が用いられるが 、いずれの猟具を用いた場合でも罠に掛かったイノシシの「止め刺し」は、銃器を用いない場合には非常に大きな危険が伴う。 例年わなに掛かったイノシシの止め刺しに際しては事故が多発 [ ]しており、特にくくり罠の場合には抵抗するイノシシによってが断裂したり 、止め刺しに入った際に反撃を受けたり 、狩猟者自身がワイヤーに巻き込まれたりするなどによって死亡事故 に繋がるケースもある。 やは止めさしの技術向上や銃器による止めさしの要件緩和などが事故防止の喫緊の課題であるとしている。 ではイノシシとの接触によるの感染例が報告されている。 また、日本のイノシシは高い確率でウイルスに感染しているという報告があり、イノシシと人間の接触機会が増えると伝搬の危険性も増加すると考えられる (も参照)。 飼育 [ ] 飼育はブタが中心であり、イノシシを飼育する場所は少ない。 のにある自然公園ではイノシシが飼育されている。 では近郊のに農場があった。 には、国内唯一のイノシシの「」があったが、観光客減少のため、(20年)に閉鎖された。 花札の「萩に猪」 イノシシは多産であることから、東アジアでは子孫繁栄を祈願すると呼ばれるやを食べる風習がある。 日本の縄文時代には豊穣の象徴として、縄文時代の精神世界においても重視されていたとされ、としてイノシシ装飾が見られる。 金生遺跡の焼骨も何らかのに関わる遺物であると考えられている。 にある日ノ浜遺跡からは本州から交易品として伝わったと推測される瓜坊のが出土している。 イノシシは古代から狩猟の対象であったため、各地の神話には狩猟と関連するエピソードがある。 日本ではにおいてに求婚するを殺そうとしたが赤い猪を捕らえるように命令する話があり、がこの舞台とされる。 ヨーロッパではによる ()などイノシシを仕留める狩猟伝説がある。 においては山の恵みや多産の象徴とされたが、農耕社会が始まると田畑を荒らす害獣として認識されるようになり、神の怒りの象徴やイノシシを狩る田の神のような神話が発生したとされる。 狩猟の神であるは人間への怒りとしてやなど巨大なイノシシを放ったとされる。 日本では狛猪はの一つとされ、を始め多くの神社に祀られており、のと大石神社のように安産や子孫繁栄など多産と関連する御利益がみられる。 は冬のである。 では七月の表現に「と猪」として描かれている。 では豊饒多産のの聖獣とされ、はを、はを所有している。 美術 [ ] 欧米ではイノシシの狩猟を題材とした絵が古くから存在する。 日本ではの猪狩りのエピソードを描いたの絵が知られている。 1921 画 Johannes Gehrts ことわざ [ ] 日本には古くから生息しているため様々な諺がある。 しし食った報い 禁を犯して一時的に良い思いをしても、後で必ずそれ相応の悪い報いを受けるという意味。 イノシシ肉をよく食べるでは、本当は「しし食うて温(ぬく)い」で、いのししを食べると精力がつき、体が温まるという意味だが、他人様には食べさせたくないので、「しし食った報い」と言うという説があることを紹介している。 も「しし」と言うことがあり、いのししにかぎらず、獣肉を食べると障りがあるという意味だとも言われている。 猪突猛進 「ちょとつもうしん」と読み、一つの物事に対して、猛烈な勢いで一直線に突き進むことを指す。 前述のように実際の生態とはやや異なる。 猪武者 読みは「いのししむしゃ」。 進むことだけを考え、退くことを知らない武者すなわち(ひいては人物全般)を指す。 浅慮ぶりが含意される表現なので、あまり良い意味では用いられない。 脚注 [ ] []• - ・教員養成センター• 西日本新聞社. 2012年1月4日. の2012年5月3日時点におけるアーカイブ。 2019年1月6日閲覧。 - 日本版サイト• 農研機構. 2019年1月6日閲覧。 産経新聞社. 2014年4月5日. 2019年1月6日閲覧。 2016年11月16日. 2016年11月17日閲覧。 - 『産経新聞』• Don E. Reeder.. Mammal Species of the World, 3rd edition.. Smithsonian National Museum of Natural History. 2013年6月22日時点のよりアーカイブ。 2019年1月6日閲覧。 山崎(2010)、p.149• 山崎(2010)、p. 152• 『』朝刊2018年4月30日(社会面)2018年10月1日閲覧。 2009年4月16日. の2009年4月17日時点におけるアーカイブ。 - 『産経新聞』• 『日本経済新聞』. 2013年10月26日. 2013年10月30日閲覧。 - 『産経新聞』• (ホームページ)2019年2月13日閲覧。 毎日新聞 2019年1月31日. 2019年1月31日閲覧。 北村力馬 編『奄美大島語案内』p50、1927年、東方村、窓月堂• 社 2016年12月30日. 2017年2月19日閲覧。 2013年6月3日. 2016年6月4日時点のよりアーカイブ。 2016年5月10日閲覧。 WWFジャパン 2009年1月9日. 2017年4月2日時点のよりアーカイブ。 2016年5月10日閲覧。 小山田了三、小山田隆信『材料技術史概論 第3版』、2001年、31頁。 Agricultural Research Service , United States Department of Agriculture , National Nutrient Database for Standard Reference , Release 26• 2015年12月31日閲覧。 『日本経済新聞』朝刊2019年2月7日(首都圏経済面)2019年2月15日閲覧。 2014年5月10日閲覧。 穴吹温泉. 2012年6月17日時点のよりアーカイブ。 2019年1月6日閲覧。 厚生労働省 2018年5月28日. 2019年1月31日閲覧。 www. radioactivity-db. info. 2019年1月31日閲覧。 [ ]• 『日本経済新聞』朝刊2018年9月26日(文化面)2018年10月1日閲覧。 『お伊勢さん125社めぐり』別冊『伊勢人』、平成20年12月23日、151pp. (38ページより)• 農林水産省(2019年10月5日閲覧)。 『毎日新聞』2018年8月31日• 『』、2012年1月3日 [ ]• 2011年12月19日. の2012年4月12日時点におけるアーカイブ。 2019年1月6日閲覧。 日本ジビエ振興協会(2018年10月1日閲覧)。 『』2019年9月24日(14面)2019年9月25日閲覧。 「イノシシ炭」試して/石川県羽咋市 食肉処理業者/不要部位で肥料生産『日本農業新聞』2020年1月22日(18面)。 2012年5月11日時点のよりアーカイブ。 2019年1月6日閲覧。 71-86. 2016年11月2日時点のよりアーカイブ。 2019年1月6日閲覧。 [ — ]• 2016年11月2日時点のよりアーカイブ。 2019年1月6日閲覧。 [ — ]• 2016年11月3日時点のよりアーカイブ。 2019年1月6日閲覧。 [ — ]• 環境省 自然環境局. 2019年1月6日閲覧。 - 猪子石神明社公式ホームページ• 229• 大澤水牛. NPO法人双牛舎. 2019年1月6日閲覧。 2013年5月25日閲覧。 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2013年4月)• 山崎京美「イノシシ飼育」『縄文時代の考古学5 人と動物の関わりあい 食料資源と生業圏』同成社、2010年 習性、特徴及びニホンイノシシに関して [ ]• 阿部永ら著・財団法人自然環境研究センター編『日本の哺乳類【改訂版】』東海大学出版会、2005年、。 ・石井信夫・伊藤徹魯・金子之史・前田喜四雄・三浦慎吾・米田政明『日本の哺乳類』阿部永 監修、財団法人 編集、、2008年7月5日 第1刷発行、改訂2版。 リュウキュウイノシシに関して [ ]• 沖縄県文化環境部自然保護課編『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(菌類編・植物編)-レッドデータおきなわ-』、2006年。 鹿児島県環境生活部環境保護課編『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物-鹿児島県レッドデータブック植物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年。 環境省自然環境局野生生物課『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物1 哺乳類』財団法人自然環境研究センター、2002年、。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 イノシシに関連する および があります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 に関連の辞書項目があります。

次の