だ いた ぴ 別れ た 理由。 何も言わずに去る大人の別れ方……さよならを言わない心理やメリット [離婚] All About

彼氏と別れたい理由9つ

だ いた ぴ 別れ た 理由

「これを最後の恋にしたい!」と思っていたのに、お付き合いをしているうちに、彼氏や彼女への気持ちが冷めてしまい、別れを決意…。 残念だけど、恋愛中の男女なら時には起こりうることです。 今回は、「別れを決めるきっかけとなった理由」を、約6,300名の男女のPairs会員様に聞いてみました。 それが彼女の作戦だったと気づいた瞬間に、悲しくなった」(30歳/男性) 「 重度の腐女子だということを知って。 別れるきっかけになりました。 」(25歳/男性) 「 彼女が整形していたと知った時。 気持ちがスーッと冷めてしまった」(32歳/男性) 「付き合って4年も経つのに、彼女が関係の進展を望まなかったので。 自分は結婚したいと思っていたのだけど…」(38歳/男性) 「彼女のワガママに振り回されっぱなしだということに気づいた時。 いい加減開放されたくなった」(26歳/男性) 「彼女のエキセントリックな手料理が許容範囲を超えてしまった。 味噌汁の具がウインナーだったのを見て、別れを決意した」(34歳/男性) 恋人との別れを決めた理由:女性編 「やっぱり大きな決め手は 結婚観の違い。 彼に結婚の意志がないことがわかって、このままでは時間のムダだと思い別れた」(34歳/女性) 「当初はカッコよかったのに、付き合いが進むにつれどんどんだらしなくなってきた。 彼のどこが好きだったのか、思い出せなくなって別れた」(28歳/女性) 「それまでは平気だったのに、急に彼氏の 体臭がダメになった」(27歳/女性) 「彼が急に仕事を辞め、 次の仕事が決まらなかったから。 無職はないな、と思い別れました」(25歳/女性) 「 彼の家族と合わなかった。 将来を考えるとやっぱりお相手の家族との関係って大切だから…」(30歳/女性) 「付き合いが長くなり、お互い遠慮がなくなり過ぎた。 いらない一言を言われたのが別れの決め手に。 親しき仲にも礼儀ありとは、よく言ったものですよね…」(30歳/女性) 「私は話し合いたいのに、彼はケンカをしたくないからと話し合いを避けてばかり。 彼氏や彼女との別れの理由もワンパターンではくくれませんが、大きな理由のひとつに「価値観の違い」が関わってくることはありそうです。 そうはいっても、価値観だって人それぞれ。 お相手の価値観を受け入れたり、歩み寄ったりできるかどうかが、別れを回避するカギとなるのかもしれません。

次の

恋人に振られる理由は3つしかない。

だ いた ぴ 別れ た 理由

スポンサーリンク 彼氏と別れたい理由 彼氏と別れたい理由は倦怠期が続いたから どんなカップルにも倦怠期は付き物ですが、それがあまりにも長く続き過ぎると、修復不可能な状態になることがあります。 倦怠期を乗り越えて、恋から愛に変わってしまえば良いのですが、何ヶ月も悶々とした状態が続くようであれば、別れるか距離を置くかという行動に出た方がお互いのためですね。 だらだらした関係は、今後の人生そのものにも影響してきて、どんどん悪循環になっていきます。 お互いの幸せを願うのであれば、ここで別れた方が道が開けるでしょう。 「今の彼氏と別れてしまったら1人になるから、それはイヤ」という理由でだらだら交際を続けているのは、ただのエゴになってしまいます。 お互いの幸せを願っている彼女であれば、「別れたい」と切り出してきます。 他に好きな人ができたから 「好き」という気持ちはどうしようもないものです。 たとえ、彼氏がいても他の男性が好きで好きで仕方ない、という感情もまた、仕方ないことなのかもしれません。 しかし、今まで好きだった彼氏に対するリスペクトがある彼女は、決して二股はかけません。 自分が悪者になってでも、「別れたい」と願うでしょう。 本気の恋に落ちてしまった以上は、今までの彼氏と関係を続けることは不可能です。 それは相手を苦しめることになります。 だからこそ、別れたいと思うのです。 スポンサーリンク 人生をかけて取り組みたいことが見つかったから 女性であっても、「自分の人生をかけて、本気で取り組みたいもの」が突然できることがあります。 そんな時、恋愛は「やるべきこと」の妨げになってしまう可能性があります。 そのため、大好きな彼氏であっても、心を鬼にして「別れたい」と願う彼女も多いのです。 もしかしたら彼氏は、「目標を達成するまで待っている」と切り出し、別れを回避しようとするかもしれません。 しかし、「保証のない約束でお互いを縛るべきではない」と考える彼女であれば、迷いなく、別れを決意するでしょう。 彼氏と別れたい理由は断れない自分に付け込まれるから 外堀を埋められてしまった、口が上手くて主導権を握られる、上下関係の立場を持ち出されてしまう、意思に背くものなら圧迫される、など色々あります。 つまり、断れないことをいいことに、強引なアプローチを受けていたり、交際中もずっと断りにくい状況をつくられて支配されていたり、振り回されているパターンです。 マインドコントロールを企まれている可能性さえ考えられます。 それを察知して身の危険を感じた女性からしてみれば、逃げたくなるものです。 この人が?と、思うような男性が、意外にも女性にこのようなことをしているなんてこともあり得ないことではありません。 逆に、男性が被害者で女性が支配的になっているカップルも存在します。 これは、強引を履き違えてしまった、もしくは打算的に考える癖のある男性によくあるパターンです。 彼氏と別れたい理由は彼氏の利便性だけしか見ていなかったから 例えば、人間性に問題はあれど、とても稼いでいるからお金のために結婚を考えてしまっていることもあります。 他にも、出会いを探すのが面倒、彼氏の腰巾着でいれば得することが多い、みんなはカッコイイと言っている人だから勿体無くて離れられない、このように利用価値に捕らわれて交際してしまった人達。 自分の感情を押し殺してでも手元に置いておきたいと思ってしまっているパターンです。 厄介なのが、その利用したいという気持ちを愛情と履き違えているところです。 そして、自らが生み出してしまったそのまやかしの愛に気がついたとき、女性側はやるせない気持ちになります。 彼氏の便利なところは好きだけど、便利でなくなったらいっきに冷めてしまって、自分を責めてしまうこともあります。 彼氏側としてみれば、酷い話だと受け取っても当然なことです。 とはいえ、誤解されがちですが、それで別れること自体は悪いことではありません。 本当にこれから先ずっと一緒にいたいのか、いられるのか。 その関係のまま夫婦となって子供ができたとき、築ける家庭は良きものになるのか。 このまま続けることによって、自分は幸せになれるのか。 ようやく向き合うべき現実と、冷静に向き合うことができるのですから。 尚更、その男性が誠実な人であれば、せめて最後だけでも淑女的な考えで判断をし物事を考えて欲しいところです。 スポンサーリンク 彼氏に依存してしまっている自分をやめたいから 気が付けば彼氏のことで頭がいっぱいで、無理やり話を彼氏と結び付けたがったり、彼氏を持ち出すことが癖になっているなんてこともよくあることです。 更には、それをこじらせると、彼氏とのすれ違いや不安で日常生活に支障を来たしてしまったり、気になりすぎてストーカー行為をしてしまったり、いつの間にか常識を逸脱しているなんてこともあります。 相手への好感具合にかかわらず、何かに依存してしまうということは人間を駄目にしてしまうものです。 これが悪い方向にハマると、支配的になったり束縛をしたがります。 そんな自分が恐ろしくなり、異常な状態から抜け出したくて、泣く泣く彼氏との関係を断念される方も多いのです。 男性側にとっては身勝手に映るかもしれませんが、このときの彼女達はとても辛い思いをし、何とか現実的に考えようと自分自身と闘っています。 これは男女逆のパターンだってあり得ます。 人間なら誰しもが陥りやすい泥沼です。 話を聞かない彼氏だから 女性は話にオチがない。 どうでもいい話をダラダラする。 そう思っている男性は多いかと思います。 しかしそこで話を聞いてあげるのが彼氏の役目。 テレビやゲームに夢中になって彼女の話をないがしろにしていると女性はだんだん話すことを諦めます。 この人に話しても意味がないと思い始め、別の男性や女友達との時間を大切にするようになります。 こうなったらもう別れの時。 話を聞かない彼氏とは別れたいとの思いは強くなってしまいます。 つまらなくても興味がなくてもそれで?えー!とオーバーにリアクションして聞かないとだめですよね。 女性はそれだけでスッキリ満たされるのです。 スポンサーリンク 向上心がない彼氏だから 女性は誰しも結婚をゴールとして付き合っています。 そして結婚するからには旦那となる彼氏には経済力も求めます。 しかし付き合っている時から向上心のない男性では先が見えなくなってしまいます。 夢ばかり見ているのも問題ですが、現実的な夢や目標を持って前へ進んでいる男性に魅力を感じますよね。 現状維持をこのんでいたり、とりあえず仕事やってるというスタンスで愚痴ばかりいうような彼氏は問題外。 将来が真っ暗になり、女性は今のうちに別れなければと気持ちが冷めていくのです。 決断力のない彼氏だから つまりは優柔不断ということです。 少し前までは草食男子という言葉が流行し、少し優柔不断なところが可愛いなんて言う女性もいましたが、それは付き合う前の話。 付き合ってからはやはり決断力がない男性では女性はついていけません。 なんでもかんでも決断しなくてもいいのです。 決めるところだけ決めればいいのです。 例えば毎回の食事の場所は彼女の行きたいところでいいですが、一年に数回の旅行なんかは彼氏から提案してバシッと予約するくらいでないと。 そしてなんといっても人生の決断。 就職や結婚などはダラダラとうじうじと悩んでいては、女性は離れていきます。 落ち着いたらなんて思わずに、今を大切に行動する男らしさは必要ですね。 彼氏と別れたい理由は人それぞれ いかがでしょうか。 こうやってみると彼氏と別れたい理由は様々ですし、キッカケも多種多様です。 何となく彼氏と別れたいと漠然と考えている人は一度、その理由を明確にしてみることをおススメします。 理由がはっきりすれば、次に活かすこともできますし、同じ失敗を防ぐこともできます。 何となく・・・なんて人が多いかもしれませんが、時間をかけて理由を探ってみましょう。 意外な発見があるかもしれませんよ。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

なぜ円満な別れを目指すのか。

だ いた ぴ 別れ た 理由

円満な別れ方ができれば、恋人関係は解消されますが、友人としての関係が続く可能性があります。 もちろん完全に縁を切るのもいいですが、友人として関係が続いていれば、助けてもらう機会があるかもしれません。 相手にもよりますが、うまく友人に戻ることができれば、あなたのことをよく知る人の1人になるはずです。 人生の一時期を過ごした感謝を示すため 別れることになっても、一緒に人生の一時期を過ごしたのは事実です。 たくさんデートをしてたくさんの思い出もできたでしょう。 恋人のおかげで成長できたこともたくさんあるはずです。 一緒に人生の一時期を過ごした感謝を示す意味でも、乱暴な別れ方より円満な別れ方を目指すのが賢明です。 人としての品格を示すため 別れるときは、人としての本性が現れやすい場面です。 「別れるのだからどうでもいい」と考える人もいれば「最後だからこそきちんとしたい」と考える人もいます。 考え方は自由ですが、やはり円満な別れ方を目指すのが大人の姿勢です。 円満な別れ方ができれば、人生を上手に区切ることができ、次のステップにも気持ちよく進めます。 恋人への感謝を伝える意味だけでなく、人としての品格を示す意味でも、円満な別れ方を目指すのが理想です。

次の