喜寿のお祝い。 77歳喜寿のお祝いの祝い方、失敗しないために知っておきたいこと

喜寿 お祝いのプレゼント 人気ランキング2020

喜寿のお祝い

喜寿のお祝いの贈り物は77歳を無事に迎えられた方へ、長寿を祝う気持ちを大切な人と想って贈ることが大切です。 心から喜んでもらえる贈り物として、喜寿を迎える方の趣味や嗜好、ライフスタイル、そして本人の希望などを考慮して選びましょう。 長寿のお祝いは年寄り扱いをされたような気持ちを与えてしまう事があります。 そのため、あまり形式にこだわらずに、喜ばれるような実用的なギフトがオススメです。 昔から紫色は高貴な色とされており、長寿のお祝いにもこの考えが取り入れられているため、喜寿のお祝いにも紫色のプレゼントが贈られています。 いつまでも若々しくとの願いを込めて、若者向きのファッション小物を始め、ウォーキングやスポーツなど本人の気持ちが明るくなるようなギフトは人気があります。 また、家族や親戚と一緒に貴金属などの高級品やリフレッシュ効果のある旅行や食事券も人気です。 既に物はたくさん持っている方も多いため、食べ物やお酒などもプレゼントには喜ばれています。 また、お酒を飲むためのグラスやお湯のみなど普段使いできるアイテムも人気が高く、滑りやすいので持ちやすい形を選びましょう。 ベストプレゼント編集部が「喜寿祝いのプレゼントを贈ったことがある男女200人」に「喜寿祝いのプレゼントを贈る場合の予算」について2020年1月にアンケート調査を実施しました。 喜寿祝いのプレゼントを贈る場合の全体的な相場は、「10,000円~30,000円」という結果になりました。 関係性によって金額が異なり、両親の場合は30,000円程度という意見が最も多く、全体の49%を占めていました。 また、祖父母の場合は20,000円程度という意見が最も多く、全体の52%を占めていました。 また、恩師などお世話になった方への場合は、10,000円程度が最も多い意見で全体の48%という結果でした。 毎年の誕生日プレゼントよりも高価なプレゼントを贈りたい場合には、他の家族や兄弟と共同で購入する方も多くいます。 また、家族と一緒に食事をしたり、旅行にでかけるなど祝いの場を設ける方も多いようです。 あまりにも高額な金額のプレゼントを贈ると、相手に気を遣わせてしまうため、感謝とお祝いの心を込めて無理のない範囲で予算を決めると良いでしょう。 喜寿のお祝いに洋服のプレゼントはオススメです。 若く見えるような洋服や普段は買わない色など贈ることで、オシャレをして外出したりと毎日をより楽しく過ごしてもらうことができ、リフレッシュする事ができます。 特にシャツは自宅でも着ることができ、若々しく魅せることができるアイテムであり、そしてフォーマルシーンでも使うことができるため、使い勝手が良い洋服です。 特に喜寿のシンボルカラーである紫色ではなくても、淡い色のシャツはとてもオシャレにみえます。 家でリラックスしてもらいたい方へはパジャマや作務衣がプレゼントとして人気があり、普段自分では買わないような高級感がある着心地が良いパジャマはとても喜ばれています。 また、作務衣(さむえ)は元々お坊さんが着ている作業用の衣類であり、とても使い勝手が良いと最近の和風ブームで密かな人気が出ています。 オリジナルの衣類も人気が高く、好きな言葉や手書きのイラストを施した服も特別感があるため喜ばれています。 また、スポーツが好きな方でしたら、ユニフォームに模して背番号を「77」にした洋服もユニークなプレゼントとして贈られています。 座布団は長寿のお祝いの定番プレゼントであり、特に喜寿のシンボルカラーである紫色の座布団は特に人気が高い贈り物です。 昔から喜寿のお祝いには紫色の座布団やちゃんちゃんこ、帽子を贈る風習があります。 現在でもその風習を行っている方は少なくなってきてはいますが、座布団に座って家族と記念写真を撮るのも良い思い出となります。 年齢を重ねると畳やフローリングにそのまま座るのも辛くなるため、座布団は生活の一部に溶け込んでいます。 腰痛や神経痛などに悩まされている方も多い貯め、厚みがある座布団は人気があります。 座布団の材質には木綿わたやウレタンなど様々展開されていますが、お年を召した方の場合、和室で使う事も多く、安定感の高い木綿わたが最も喜ばれているようです。 特別な長寿のお祝いである喜寿には名前やメッセージなどが入った記念に残るプレゼントがオススメです。 これからも続く人生で頻繁に使うような実用的なアイテムに名前を入れて贈ると喜ばれます。 普通にプレゼントで贈ってももちろん喜ばれますが、名入れギフトは世界で一つしか無い特別な喜寿の贈り物として記念に残ります。 そして、大切な家族からのプレゼントとして、特別感が増すと喜ばれています。 特に人気が高い名入れアイテムは、お湯呑みやマグカップ、お酒を飲むグラス、酒器など飲み物を飲む器、そして名入れボトルに入ったお酒などです。 また、ボールペンや箸など普段から使っているアイテムも名入れをすることで特別感が一層増します。 また、高級感溢れるクリスタル時計やフォトフレームなど、インテリアとしていつも目にする機会が多いアイテムも名入れアイテムとして選ばれています。 長寿のお祝いへの贈り物に時計は人気があります。 今まで歩んできた時間に感謝をし、これからも長い人生・時間を大切に楽しく歩んでいってほしいという願いを込めて贈られています。 腕時計はいくつあってもファッションや気分によって変えて着けられるため、何個あっても喜ばれています。 また、時間の変化が刻まれていくのた目に見え、そして目が悪くなっても見やすいアナログ時計がおすすめです。 お店によっては文字盤にメッセージや名前などを刻印してもらえるサービスを行っています。 喜寿のお祝いとして特別なオリジナル腕時計はとても記念になると喜ばれています。 高齢になると自宅にいる時間も長くなることから、掛け時計や置き時計など、目にする機会が多い時計も選ばれています。 家族の写真や孫の写真などオリジナル時計は特別感があるため、喜寿のお祝いとしてとても喜ばれるプレゼントになります。 お箸は毎日食事の際には使うアイテムとして、これからも長く健康に美味しいご飯を食べてほしいという思いからプレゼントに選ばれています。 お箸は古くから食べ物に困らない縁起が良い品として贈られており、長寿祝いにはピッタリです。 材質はプレゼントにピッタリな高級箸に使われる杉、黒檀、紫檀、象牙、桧、松、白樺、竹などがあります。 形状も様々あり奇数角のお箸は手に馴染みやすいと人気が高く、特に七角形は手のひらに違和感無く使えるためオススメです。 また、高齢になると指の力も弱くなっているため、軽めのお箸を選ぶのが無難です。 そして、お箸を新調することで、新たな活力にもつながるため、これからも長生きして欲しいお大切な方へお箸のプレゼントはとても喜ばれている贈り物です。 毎日の食卓に必ず使う茶碗ですが、上質な茶碗を使うだけで毎日の食卓を豊かにし、そして食事の味までランクアップしてくれます。 食事は健康の基本でもあることから、食を大切にする方に喜ばれているプレゼントです。 喜寿のお祝いとして茶碗を贈る方も増えているため、お祝い用の茶碗も展開されています。 喜寿のシンボルカラーである紫色の茶碗を始め、九谷焼や有田焼などの工芸品など上質な茶碗は人気があります。 普通の茶碗よりも作りや焼き方にこだわり、手に馴染む茶碗はとても使いやすいと好評です。 また、伝統工芸品が本来持つ「永く生活に寄り添う」機能美を添えた茶碗は長寿のお祝いとしてもピッタリです。 自分で名入れやお祝いの詩を入れることができるオリジナル茶碗も記念になると人気があります。 また、夫婦でペアになっている夫婦茶碗もこれからもずっと仲良く過ごして欲しい夫婦にオススメのプレゼントです。 1日の3分の1は過ごす寝具は「健康は良い布団から」と言われているほど重要なアイテムです。 毎日使うものだから良いものを使いたいのですが、なかなか自分で買うのにも負担になるため、寝具は喜寿のお祝いとしてとても人気があるプレゼントです。 寝ているだけでも体力を使う睡眠は、加齢と共に体力も低下し、なかなかゆっくりと寝られないという方も多くいます。 夜中に目を覚ます回数が増えたり、熟睡できない方も多いことから、快眠できるような寝具はとても喜ばれています。 最近の寝具は様々な新商品が開発されており、軽くて暖かく、そして通気性が良いものなど、使い勝手が良い高機能な寝具はとても重宝されているプレゼントです。 また、シンボルカラーである紫色の寝具も人気が高く、紫は古来より不老長寿無病息災の色ともされており、また虫が付きにくい色とされています。 そして、紫の寝具に寝ると病気が早く治るというおまじないの意味もあるため、喜寿のプレゼントにピッタリです。 食事の後や休憩など日本茶をよく飲む方への喜寿祝いのプレゼントにお湯呑みはオススメです。 記念に残るのと同時に実用性がある贈り物であり、そして毎日使ってもらえる物であるため贈る側も嬉しくなります。 毎日何度も使うものであるため、手に馴染みやすくて持ちやすく、軽いものを選ぶのがポイントです。 ツルッとした質感よりもザラっとした質感の方が滑りにくいため、落として割れてしまう心配も減ります。 湯のみもさまざまな物がありますが、特に有名な焼き物のお湯呑みが手触りや口当たりが良いためプレゼントとして人気があります。 例えば九谷焼、有田焼、唐津焼などそれぞれ有名な焼き物がありますが、それぞれ特徴が異なり、そして好みがあります。 お気に入りの湯のみを使って貰うために、今どのような食器類が好みなのか、今持っている他の湯のみなども見てリサーチしておきましょう。 喜寿のお祝いとして贈られているランキング上位の似顔絵ギフトは、世界に一つだけの特別なプレゼントとしてとても喜ばれています。 いつまでも心に残り、温かな気持ちを届けることができます。 似顔絵色紙に手書きで書いてもらう似顔絵はさまざまなタイプがあり、プロの似顔絵師による可愛らしいイラスト調から、本格的な感動の仕上がりの絵まであります。 また、完成前に事前に要望などをお願いすることができるため、希望に沿った絵を作成することができます。 中でも人気が高いのは、似顔絵にメッセージを入れてプレゼントをする方法です。 日頃の感謝の気持ちを込めたプレゼントとして、とても喜んでもらえます。 最近ではインターネットでも簡単に注文することができるようになりました。 プロの方に似顔絵を書いてもらうことはなかなか貴重でもあるため、特別な喜寿祝いのプレゼントにピッタリです。 長寿のお祝いである喜寿に最も人気が高いプレゼントはお花です。 お花は頂くととてもうれしいものであり、お祝いの場も華やか華になるため、とても喜ばれています。 長寿のお祝いの際には還暦は赤色、古希や喜寿は紫色、米寿は黄色とシンボルカラーがあり、お祝いの色には健康と幸せを祈る気持ちが込められています。 紫色の花も季節によってさまざまありますので、他の花と合わせて花束を作るのもおすすめです。 特に人気がある花はバラと胡蝶蘭です。 バラは豪華なイメージでお祝い事にぴったりだと選ばれており、胡蝶蘭は花言葉で「幸福がとんでくる」、「あなたを尊敬します」という意味を持つため、長寿の方をお祝いするのに適しています。 お手入れが必要なく、長い間楽しむことができるプリザーブドフラワーも人気があります。 10年程は状態を保つことができるため、いつまでも元気でいて欲しい気持ちを贈るのにピッタリです。 また、フラワーケーキも華やかで可愛いと人気があります。

次の

喜寿祝いのプレゼントおすすめ21選。お世話になった人へ感謝の気持ち

喜寿のお祝い

プレゼントに添えるメッセージの文例 2. 本人からの感謝の挨拶の文例 3. 教え子からのお祝いの文例 4. おすすめのお祝いプレゼント などを中心に解説しています。 ・喜寿おめでとうございます。 いつまでもご健康で明るくお過ごしくださいますよう、お祈りいたします。 ・つつがなく喜寿を迎えられましたこと、お喜び申しあげます。 いつまでもお元気で。 あわせてご家族の皆様のご健勝をお祈りいたします。 ・喜寿おめでとう。 あんまり無理をしないでね。 いつまでも元気で、優しいおばあちゃんでいてください。 ・おじいちゃん、喜寿おめでとうございます。 人生百年、まだまだ青春時代、キラキラ輝き、ずっと現役でいてください。 ・つつがなく喜寿を迎えられましたこと、心からお祝いを申しあげます。 一層のご健勝とご多幸をお祈りいたします。 ・謹んで喜寿のお祝いを申しあげます。 いつまでも、お健やかでいらっしゃいますよう、心からお祈りいたします。 ・謹んで喜寿のお祝いを申しあげます。 ますますお元気で長生きされますよう、お祈りいたします。 ・めでたく喜寿をお迎えの由、心からお祝い申しあげますとともに、ますますのご健勝をお祈りいたします。 ・めでたく喜寿をお迎えの由、心からお祝い申しあげますとともに、ますますのご健勝を祈念いたします。 本日は、皆様ありがとうございました。 実は、還暦や古希の折にも、お祝いをとのありがたいお話がありました。 そのときには、年寄り扱いされているようでどうも気が進まず、失礼ながらご辞退申し上げました。 今回、お話をお受けしたのは、負け惜しみのようではありますが、自分の老いを認めたからではございません。 「一期一会」という言葉がありますように、ふだんからよくお目にかかる皆さんとも、今日の出会いは一生に一度しかありません。 そんな出会いの機会を、大切にしようと思ったからでございます。 私が、さして大きな病気もせず、喜寿を迎えることができましたのは、本日ご列席の皆様方との出会いがあったおかげと、心から感謝しております。 そして、これからも、皆様と、そして新しい方との出会いを大切にしていきたいと思います。 本日はまことにありがとうございました。 本田先生の喜寿をお祝いし、ひと言ごあいさつを申し上げます。 私もこれまで幾度となく長寿のお祝いの会に出席しましたが、このように盛大で、あたたかい雰囲気の会は初めてです。 これもひとえに、生徒に慕われ続けた本田先生のお人柄のなせる業でしょう。 三十数年間教壇に立ち、担任として受け持った生徒の総数は、 1000人を軽く超えます。 しかし、本田先生は、今でもそのすべての顔と名前を思い出すことができるといいます。 先生が私たち一人一人のことを覚えていてくださるのと同じように、私たちも先生を一生の恩師として尊敬しています。 どうぞいつまでもお元気で、これからも私たちをお導きください。 本日は、まことにおめでとうございました。 ですので、紫色の座布団やセーターやベスト、シャツ、ブラウスといった衣料品がよく用いられます。 また、色にこだわることなく、絵筆や釣り竿といった趣味に生かせる品、日常生活を快適にする品を選んでください。 好きなお芝居の上等の席のチケットなども良いアイデアです。 時期によって、マフラーなども喜ばれます。 いずれにしても、本人が選ぶものよりも少し若向きのものをお選びください。 おすすめの品物:歌舞伎などの観劇チケット、旅行券、釣り竿、絵筆、和装小物、陶磁器、ゴルフクラブ、ゴルフクラブのカバーセット、茶道具、碁盤、漆器、アクセサリー、日本酒やワインなどのお酒 また、 健康を損ねている方には、健康の回復を祈って、「電気毛布」や「羽布団」などを贈るのもオススメです。 「短いスピーチあいさつ実例大事典」より 「手紙・はがき百科」より 「冠婚葬祭 お金のマナー便利帳」より 「贈り物とお返しのマナー事典」より 「神事・仏事のしきたり」より 「大人のマナー便利帳」より 高崎だるま通販サイト 鈴屋 だるまの取り扱い通販サイトについて こちらの「長寿祝いだるま」は、「だるま通販サイト鈴屋 公式サイト」にて、販売しております。 長寿祝いだるま.

次の

77歳の喜寿祝いに喜ばれるプレゼントランキング2020!予算相場、メッセージ文例も紹介!

喜寿のお祝い

まずは喜寿のお祝いとは? 「喜寿お祝い」とは、 60歳にお祝いする還暦や、 70歳の古希と同じく長寿の節目を迎えたときのお祝いの一つです。 喜寿の由来 長寿のお祝いのルーツは中国と言われていますが、喜寿のお祝いは日本発祥行事とされています。 還暦や古希をお祝いしたのだから、77歳という年齢も節目としてお祝いしようというのが由来です。 元は数え年の77歳が喜寿でしたが、現在では 数え年という風習がないため満77歳でお祝いするのが一般的になっています。 のし(熨斗)とは? のしとは、お祝いなどの(進物)に添える飾りを表します。 贈り物にのし紙を掛けた際に、右上の辺りにある飾りの部分をのし(熨斗)と言います。 紅白の紐の部分を表すと思っている方も多いようですがこちらは水引と呼ばれます。 主に婚礼以外に使われる赤白と、結納や結婚祝いに使われる金銀に分かれます。 (色の使い分けをしない地域もあります) ただし喜寿のお祝いを贈る際に 包装紙のみで贈っても特に問題はありませんが、のしを添えることによってさらに改まった気持ちで贈ることができますし、正式にお祝いをしますと言う気持ちを相手に伝えることができます。 のし選びで注意するポイント ・ 結び切り(本結び)・・・結び目が固く 簡単にほどけないことから、繰り返さないという意味を込めお祝いごと、結婚など「何度もあってはいけない事」として使用します。 ・ 花結び(蝶結び)・・・蝶結びは結び目が 何度でも結び直せることから「何度繰り返してもいい」お祝いごとや、お礼のときに使用します。 一生に一度しかない喜寿のお祝いは「結び切り」と勘違いをされることがありますが、長寿のお祝いは何度あっても良いことですので 「花結び(蝶結び)」を使用するのが正解です。 のしの書き方 水引を境にして、熨斗紙の上段を「表書き(おもてがき)」といいます。 表書きの箇所に「御祝」や「感謝」といった、いわゆるタイトルを書いて贈り物に掛けましょう 上段(表書き) のし(熨斗)紙の水引を境に、上部を「表書き(おもてがき)」といいます。 ・祝喜寿 ・喜寿祝い ・喜寿御祝 ・寿喜寿 ・御祝 など 下段(水引の下) 水引の下段には、贈り物を贈った人の名前を書きます。 個人で贈る場合は フルネームを書き、家族全員で贈る場合は 苗字を、さらに連名で贈る場合は それぞれの名字を書きましょう。 ただし、連名の場合はいくつかの注意点があります。 名前は3名までとし、それ以上は一同と記載するようする• 名前は向かって右から年長順に書いていく• 年齢に差があっても名前の文字の大きさは同じにする のしを書くときのマナー のしを書くときに使用する筆記具は、黒墨を用いて毛筆で書くのが正式なマナーですが、毛筆は慣れていないという方は、筆ペンやサインペンを用いても問題ありません。 ただし、 濃く鮮やかな黒で書くのがマナーですので、ボールペンなど細字のものは避けましょう。 包装紙がなかった時代は、品物にのしをかけて風呂敷で包んで持っていくのが一般的でしたので、昔ながらの方法で言えば内のしが本来の贈り方に近いと言えるかもしれません。 しかし、いずれの方法も どちらが正しいという決まりはありません。 地域によっても習慣が異なりますので、気になるようであれば身内の方に尋ねてみるといいでしょう。 喜寿のお祝いにおいてもどちらを使用しても、マナー的には問題はありません。 喜寿祝いに贈るおすすめの商品13選 ポエム 友禅和紙で縁取った「名前ちりばめ詩」は、中央にちぎり絵もデザインされていてとても素敵なひと品。 また大切な方のお名前にちなんだポエムは、世界でたった一つの贈り物です。 字体やデザインなどを自由に選べるのも嬉しいポイントです。 前日に今年は日曜日に私たちと義父母で外食しようということに。 しかし77歳で喜寿であること、息子たちに子どもが生まれてから全員で集まったことなかったので、内緒で弟2人の家族たちも参加してもらうように計画。 そこでプレゼントを何物にしよう。 日曜日までに間に合うもので探していると、即日対応という文字が…。 とってもありがたかったです。 ヒントだけで、私たちの想いをのせてくれてとっても素敵な文章に。 さらにフクロウの絵で家族構成を表現してくださる粋な演出にとても感動しました。 義母は内容が本人向けなので驚いていました。 フクロウの絵の意味も説明すると嬉しそうな顔で笑っていました。 本当にありがとうございます。 こちらの記事もおすすめ 名入れ商品 メッセージを彫刻できるガラスのフォトフレームです。 シンプルなデザインなので、リビング、玄関、寝室どのようなところに飾ってもぴったりとマッチします。 オリジナルのアイテムを贈りたいという方にいかがでしょうか。 両親の、長寿記念旅行 半寿・喜寿 で渡す記念品として購入。 宿泊先ホテルでの夕食中、和やかな雰囲気の中、手渡しました。 届いて直ぐ商品の出来具合を確認しましたが、段ボール箱の中にプチプチに包まれており、綺麗な紙でラッピング。 仕上がりも希望通りで両親も大変喜んでいました。 購入時にサンプルからデザインを選択。 備考欄にて仕上がりの細かい指定や希望等を連絡できます!.

次の