小倉 さん。 中野美奈子アナ 不仲説の小倉氏を直撃「目が合わない…なんで小倉さん」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

歯科医夫が別居を決断した小倉優子の一言(文春オンライン)

小倉 さん

山梨県道志村は稲川会系金原組が縄張りとしています。 道志村のキャンプ場にも常に稲川会系金原組の組員が常駐しています。 キャンプ場と稲川会は深い繋がりがあるのです。 キャンプ場での消防団員や地域住民による不審者、不審車両の目撃情報もありました。 警察犬が追えなかったのもすぐに車で連れ去られたからですね。 山梨県警は稲川会と完全に通じていますから県警もグルです。 だから最初から山梨県警は顔写真を公開しなかったし、事件性薄いと言って山を捜索していたわけです。 稲川会、住吉会はCIAの傘下機関としてずっと女児誘拐、少女誘拐しての人身売買、臓器売買、悪魔的儀式を行っています。 座間の9人殺しも臓器売買、悪魔的儀式によるものでした。 日本でなぜ稲川会、住吉会が臓器売買を行っているかはこちらをご覧ください。 またCIAの背後にいるイルミナティの悪魔的儀式、アドレノクロム製造のために女児、少女の誘拐を行っているということもあります。 犯人はキャンプ場の駐車場から横道を通り、国道に出るまで防犯カメラに一切写らない位置を熟知して犯行に及んでいます。 これらの綿密な計画性を見てもCIA傘下の工作員であることが明らかですね。 山梨県警の捜査本部もほとんど解散になっています。 ちなみにネット上で霊能力者、教祖的な人が母親が犯人だとFC2ブログで騒ぎたてていますが、その霊能力者、教祖は元右翼で真相から目をそらすためのCIAの傘下工作員です。 母親は募金もしたくないと言っていましたが、CIA傘下の某政治家からコンサル会社を通じて母親に無理やり募金をやらせていました。 募金の集まったお金はCIA、イルミナティに流れているのです。 霧積温泉女性殺害、ワラビ取り殺害、タケノコ堀り女児失踪事件、愛知県常滑市キャンプ場少女失踪事件など山やキャンプ場で失踪、殺される未解決事件が多いですが、CIAの傘下工作員が山やキャンプ場で洗脳工作実験や人身売買、臓器売買などを行っているからだそうです。 世田谷一家殺害事件で仙川沿いから被害者宅の方向に向けて置かれた地蔵を警察は重要証拠として公開していま 覚せい剤を使ったとして、警視庁新宿署が覚せい剤取締法違反(使用)容疑で、読売新聞北海道支社千歳通信部 1990年代~2000年代のコギャル、ギャルブームを作り出した黒幕はアメリカCIAとディープステイト 香川県坂出市の大西有紀ちゃんタケノコ堀り失踪事件はCIA、イルミナティによる犯行だと思います。 前澤さん、読売新 テレビ東京の池上彰さんのリクルート事件の特集でリクルートは銀座8丁目のリクルート本社ビルの地下にリク 1978年12月にアメリカの証券取引委員会でマクドネルグラマン社が日本の政府高官に自社戦闘機売込みの アフガニスタンの国際NGOペシャワール会で働く中村哲医師を射殺したのはCIAですね。 日本の現在の人口は1億2601万人です。 これは日本という国を維持できる人 神奈川県で教師をしていました。 モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。 東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。 7000人以上の女性を幸せにしています。 国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。 心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。 人気記事ランキング• カテゴリー•

次の

小倉久寛

小倉 さん

昨年末、歯科医の夫であるAさん(46)が自宅を飛び出したことが明らかになったタレントの小倉優子(36)。 「週刊文春」の取材によって夫妻の別居に至る経緯が明らかになった。 2人は2018年のクリスマスに結婚。 夫婦関係に暗雲が立ちこめたのは約1年後の、昨冬のことだった。 小倉のママ友が明かす。 「昨夏から夫婦仲が悪かったという報道がありましたが、事実ではありません。 夏休みに家族でハワイ旅行したり、11月1日の小倉さんの誕生日をみんなで祝ったりしていた。 彼女の妊娠が判明し、体調が悪くなってから、口喧嘩が増えていったのです。 小倉さんがAさんを詰問することが増え、Aさんは耐えきれなかった。 時にはAさんの母親が喧嘩に参戦し、息子の味方になることもあったそうです」 昨年12月にAさんが家を飛び出す決定的な場面があったという。 当時小倉は第3子を妊娠したばかりで、重い悪阻に見舞われていた。 「深夜に帰宅したAさんは、臥せっている小倉さんに対し、『なんでごはんがないの? 』という言葉をかけたのです。 彼女は体調が悪いと訴えた上で、逆にAさんに対して父親としての自覚がないと叱責。 最終的に『人間が小さい』などと罵ったのです。 その言葉でAさんは涙目になり、家を出て行ってしまいました」(同前) 3月18日(水)発売の「週刊文春」では、夫妻が別居に至る経緯を詳報。 また直撃取材に応じたAさんが小倉への率直な思いを明かしている。 「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年3月26日号.

次の

街の小さなレストラン 9.9.9 (サンキュー)

小倉 さん

その上で小倉さんは、「お医者様に言われた結論、『全摘』をしなければいけないのかな」と、今回の決意に至った胸の内を明かした。 小倉さんのコメント全文は、以下の通り。 「私事で申し訳ないのですが、ちょっとお時間を頂戴致します。 明日から今週いっぱいお休みをいただくんですね。 それに関して今朝のスポーツ紙に一部、報道がありまして、膀胱がんが再発しているか調べる検査入院だという報道だったんですが、これは少し違います。 膀胱がんがあるかないかなんていうのは、細胞診で尿を調べれば分かりますし、内視鏡を入れれば、すぐ分かることなんですが。 私の体には膀胱がんがあります。 ずっと前からあるんです。 2年半前に内視鏡の手術をして、膀胱がんを取りました。 でも、浸潤がんと言って、筋肉層まで入り込んでいるタチの悪いがんがあったんで、その辺は取れなかったんですね。 当時からお医者様には『全摘をしないと完治できませんよ』と言われておりました。 ただ、どうしても僕は膀胱を温存したくて、様々な免疫療法であるとかいろんな治療をしてきて、幸い、今は転移はありません。 泌尿器科のお医者さんには『奇跡としか思えない』と言われているんですが。 ただ、この夏にですね、激しい出血をして、夏休みをとったと言いながら、病院に入院して出血を止める手術をしたり。 10月にも20日間ほど膀胱炎を併発して、出血が止まらずに大変苦労して。 頻尿などもあって、ハラハラしながら仕事をしてました。 そこで、ついにお医者様に言われた結論、『全摘』をしなければいけないのかなと。 『膀胱がんを根治させるためにはとにかく全摘して下さい』 と言われているんで、全摘することになりました。 ただ、膀胱に代わるもの、ストーマ(人工膀胱)を体の外に付けるのか、代用膀胱を付けるのか。 それは先生がもう一度、膀胱鏡で厳しくチェックをしてみたいということになりましたので、今週いっぱい、お休みをいただきます。 そしてその後に、多分11月の下旬頃だろうと思いますが、本格的に手術をして根治を目指すことになります。 その際は、長期のお休みをいただくことになると思いますんで。 すみません。 今週は伊藤(利尋)君に任せます。 よろしくお願いいたします」.

次の