くちばし が 黄色い。 カルガモの生態!餌や繁殖期等10つのポイント!

ヘンなくちばしをもつ鳥、写真12点

くちばし が 黄色い

ツバメはよく観察してみると、ほかの鳥とは違う特徴がありますよね。 光沢のあるきれいな羽根、二股に分かれた尻尾、体の色の配色などなど。 見た目の色や形の美しさには目を惹かれますが、くちばしはどうでしょう。 近くでなかなか見ることはできませんし、色や形ははっきりとわかりませんよね。 今回は、ツバメのくちばしの色や形、特徴などを調べてみたいと思います! ツバメのくちばしはどんな色?どんな形? ツバメのくちばしの色は雛と成鳥で違いがあります。 ツバメの雛のくちばしは黄色い色をしており、大人になるにつれ、黒い色に変化していきます。 親鳥は、雛のくちばしが黄色いうちは、せっせと餌を運んで食べさせますが、雛のくちばしが黒くなった時点で、餌を与えることを終えるといわれています。 親鳥は雛のくちばしの色の変化を認識し、餌を与える時期をちゃんと考えているようです。 ツバメはくちばしを開けると、かなり大きいですよね。 餌として大きめの羽虫も食べるため、大きな口になったのかも知れません。 くちばしを開けた時の形は、楕円形といわれていますが、思いっきり開けた時などは、六角形や八角形のようにも見えます。 ツバメが大きな口を開けている姿は、見ていて飽きませんね。 スポンサードリンク ツバメのくちばしの形 ツバメのくちばしの形は、鋭く真っ直ぐに伸びていて、先は尖っています。 ツバメは空中で生活しているため、餌を捕まえるのも空中で行います。 空中に飛ぶ羽虫を飛びながら捕まえるために、このようなくちばしの形に進化したようです。 まとめ ツバメの羽根やくちばしなどの形は、生きていく環境に適応するための進化の証だということがわかりました。 ツバメの雛が餌をもらう時、大きな口を精一杯開けている姿は、本当に可愛いです。 親鳥が餌を捕りに飛んでいくと、大きな口を真一文字に結び、じっとしている、そんな健気な姿は、ずっと見ていたい光景です。 普段、身近に感じるツバメですが、その数は近年、減少しているといわれています。 厳しい渡りを成し遂げて、日本へとやって来るツバメ。 貴重なツバメの命を、生活を、大切に守り続けていきましょう。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

クロウタドリ

くちばし が 黄色い

すずめの姿を思い浮かべてみてください。 パッと頭に浮かんだすずめの嘴(くちばし)は何色ですか?黒?茶色?黄色?意外とぼんやりとしか思い出せない方も多いはず。 そんな細かいところまで見て記憶していることなんてないですよね。 そんなすずめのくちばしの特徴と色について掘り下げて調べていきましょう。 すずめのくちばし まずはくちばしの形。 太くて短い円錐形をしています。 エサをついばむのに適した形になっているんですね。 次にくちばしの色。 よく言われていることが、すずめのくちばしが黄色であれば雛鳥。 黒であれば成鳥。 しかし実際これは見分けが難しいのです。 くちばしの根元が黄色い成鳥も多くいるので必ずしも雛鳥と成鳥を見分けるかと言えば難しく、しかしながら見分ける手段の一つには違いありません。 雛鳥の方が確かに黄色を帯びている部分も多く弾力もあるのが特徴。 黄色から黒へと少しずつ変化していくのは大人への成長の一歩であることに変わりはないでしょう。 くちばしに黄色い部分が見られたら、雛鳥かな?大人になる前の若い鳥なのかな?と思ってください。 この円錐形のくちばしですが、上のくちばしだけが伸びてくるという現象が見られる場合もあります。 比較的に人の元で育てられているすずめに見られることが多いようです。 スポンサードリンク くちばしが伸びることにはいろいろ理由があげられますが、一つは伸びてくるくちばしを削るタイミングがないということ。 野生ではエサをついばむ時に削れていくものですが、飼育されているとエサ箱にたっぷりとエサを入れてもらうわけですから削ることがありません。 タンパク質の不足からなることも言われています。 もし飼育しいているすずめのくちばしが伸びてきたら、先の方だけちょこんと切ってあげてください。 しかし小鳥にとっては非常に繊細な部分です。 失敗しては大変ですので、専門の先生にお願いしてみてもいいかもしれませんね。 まとめ くちばしの色ひとつで成長の変化が見られるなんて鳥ならでは、ですよね。 雛鳥の黄色いくちばしもチャームポイントで可愛らしいものです。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

クロウタドリ

くちばし が 黄色い

みなさんこんにちは。 今回は、 カルガモについてお伝えします。 皆さんは カルガモという鳥をご存知ですか? 水鳥の一種でアヒルのような見た目をした可愛らしい鳥です。 カルガモの画像!カルガモを見れる季節はいつ? こちらがカルガモです! 水辺でよく見かける鳥ですね。 カルガモはカモ目カモ科マガモ属に分類される鳥です。 先っぽが黄色いくちばしと翼に生えている青い光沢のある羽が特徴です。 全体的に白褐色と茶色なので余計に鮮やかな部分が目立ちますよね! 基本的に留鳥ですが気温が低い地域に住んでいる個体は冬になると南下するようですよ。 留鳥のため一年中見られる身近な鳥です。 カモ類だと他のカモ類が渡りを行うので夏にも見られるカモとして和名の「軽の池」が付けられたと言われています。 見た目についてはばっちりですね! 次は鳴き声について見ていきましょう! カルガモの鳴き声の特徴は? カルガモの鳴き声ですがここではさえずりについてお伝えします。 さえずりは繁殖期にオスが出す鳴き声のことでメスへのアピールなんです。 何となくカモの鳴き声って種類にかかわらず「グワァーグワァー」ってイメージがありますよね! カルガモのさえずりはというと…笑います。 「クァックァックァックァッ」と少しダミ声で鳴くんです。 悪の親玉のようなまがまがしい鳴き声に聞こえてしまうと思いますよ! 求愛が無事に成功してツガイになると勿論可愛いヒナが生まれますよね。 次はヒナの特徴について見ていきましょう! カルガモの雛の特徴は? 冒頭でも書いた通りカルガモの引っ越しは可愛らしく有名です。 一列になってよちよち歩く姿は応援せずにはいられませんよね! 特徴の話をするとこの写真を見ていただいて分かる通り親鳥との違いは一目瞭然です。 そのためここでは親鳥とヒナのちょうど中間の幼鳥についてお教えします! カルガモに限らず幼鳥は羽毛の生え変わりが完全ではなく成鳥に比べあか抜けない印象が強いです。 カルガモの場合はくちばしの色がくすんだ黄色であること、クチバシから目に伸びる黒い筋が薄いです。 くちばしから頬に伸びて笑っているように見える筋も幼鳥のうちは出てきませんね。 何の気なしに見ると成鳥と見間違えてしまう幼鳥ですが特徴を知っておけば容易に見分けられることも多いです。 もしカルガモを見かけたら是非細かく見てみてください! この幼鳥ですが幼鳥の時点で巣立つものから幼鳥でもしばらく親と行動するものまで種類によって様々です。 カルガモの巣立ちの時期も見てみましょう! カルガモの巣立ちの時期っていつなの? カルガモは巣立ちまで長い期間を要する鳥です。 春頃に孵化し初夏に巣立つようですね。 大体2か月近くの時期を巣立ちまでに要します。 巣立ちの時期になるとあどけなかった幼鳥も親鳥と区別がつかないくらいにまで成鳥しているんです。 ヒナの時から追って見ていたら感慨深い場面になること間違いなしですね! そうして繁殖期を無事終えるとその瞬間から親鳥とヒナの関係は解消されてしまうんです。 なんだか少し寂しい気もしますよね… ヒナと成鳥の違いは分かりましたね! 次はツガイの見分け方すなわちオスとメスの見分け方です! カルガモのオスとメスの違いは? カルガモは雌雄同色です。 そのため単体で見かけた時には見分けるのが難しいですが見分け方がないわけではありません。 オスに比べてメスは全体的に色が薄くなります。 こちらがメスのカモです。 そして、下がオスのカモです! 頭頂部のこげ茶の部分の濃さや、羽の白褐色とこげ茶の割合なんかに雌雄の違いが出るんですね。 いずれもオスのほうが色も濃く翼の色の割合もこげ茶が多くなります。 しかし、カルガモのオスは、繁殖期が終わってしまうと、なんとメスのカモのように地味目な羽に変わってしまうのですよ! この点は注意したいですね! またオスとメスでは体のサイズも違います、ここで見分けられるようになったら玄人と言って、間違いないでしょう! 雌雄同色の鳥はパッと見でオスかメスか判断できません。 根気強く観察することが重要になりますね! カルガモの特徴もそこそこつかめてきたのではないでしょうか? 次はカルガモの食生活を見ていきましょう! カルガモは何を餌にしているの? カルガモは基本的に植物食です。 植物の種子や葉を主に食べます。 水辺に住んでいるということもあり米農家からは稲を荒らす害鳥として狩猟対象に入ってしまうこともあります… また基本は植物食というのも動物食を行わないわけではないらしく一匹のカルガモからなんと30尾のオイカワが見つかったこともあるんだとか! 何を食べているかを知っていくと飼育欲も出てきてしまいます。 次はカルガモの飼育について見ていきましょう! カルガモは飼うことができるの? 結論から言いますがカルガモの飼育は違法です。 カルガモは野鳥ですので鳥獣保護法によって保護されています。 そのためケガをしている個体を保護してもその後動物病院等に相談するという形をとるようにお願いします! また迷子のようにさまよっている場合もうかつに保護したりは絶対にしないでください。 親鳥が近くで見ている場合が多く、カルガモの場合は自分の元から離れてしまうと子育ての対象から外してしまうので、 行く当てのないヒナになってしまいます。 観察していてとても可愛らしいカルガモですが観察者としての一線を越えてしまうとただの迷惑者になってしまうということを肝に銘じてくださいね! 飼うことはできなくても見守ることができるのが留鳥のうれしいポイントです。 次はカルガモの繁殖期についてです! カルガモの繁殖期はいつなの? カルガモの繁殖期は4~7月です。 日本で留鳥であったり日本を繁殖地にしていると自然とこの時期が繁殖期になることが多い気がします。 子育てはメスだけが行い子育ての期間中オスはオスだけの群れを形成します。 なんだか少し寂しい家族構成ですよね… 子育て後もツガイは一緒に行動するわけではなく雌雄混同の大きな群れに戻るのであまり家族という者に関心がない鳥なんです。 繁殖期を知っていればいつ頃引っ越しが行われるのかも分かります。 是非孵化から引っ越しまで見守ってあげたいところですよね! 紹介も終盤になりましたね。 次はカルガモの寿命についてです! カルガモの寿命はどれぐらいなの? カルガモの寿命は野生で5~10年程だと言われています。 人間の飼育下にいると 20年生きることもあるというのでそれだけ自然界が厳しいということですね! カルガモの場合はサイズもそれなりに大きくヒナともずっと一緒にいるので、外敵の多い小型の野鳥に比べて平均寿命が長い気がします。 野鳥の寿命にはその野鳥がどのような危険と共に生きているかを示す指数的な役割も持ちます。 同じサイズの野鳥でも気性や体色、住む場所によっても左右されるんです。 長生きしてくれることを祈るばかりですね! 次で最後になりました! 最後はカルガモの英名についてです! カルガモは英語でなんていうの? カルガモの英名は「Eastern spot-billed duck」です。 「Eastern」は東のという意味ですね。 「spot-billed duck」でカルガモを表しますので「東のカルガモ」という意味になります。 ということは英語圏にも別種のカルガモがいるんですね! 英名を知ると日本とは違った側面でその鳥を見ることができます。 また名前の由来も着眼点が日本と違う場合が多く文化を教えてくれるんです。 是非身近な鳥の英名も調べてみてくださいね! カルガモについて生態、雑学とかなり詳しくなったと思います。 いかがでしたでしょうか? 普段野鳥って見かけても興味を持たないことが多いですよね! でも詳しく調べてみると思わぬ個性を持っていたりしてとても楽しいんです。 これを読んで野鳥に興味を持っていただけたら嬉しいです! 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の